« 2006年01月 | メイン

2007年02月19日

ニジェールでの手術

形成外科の手術が中心で唇裂、腫瘍、あとは風土病である『ノーマ』という病気です。
ノーマは感染症の一種ですが健康な人にはほとんど影響を及ぼすことはありません。
栄養状態の悪い乳幼児の口腔内に感染し、唇、骨、皮膚を溶かして広がっていきます。
そのため昔は「水癌」と呼ばれていました。
ノーマに感染した子供達の実に90%以上は亡くなってしまうのですが、
かろうじて生存した場合でも重篤な変形を残してしまいます。
この変形はなかなか一般の手術では治療できず形成外科的な技術を必要とします。
ニジェールは今回で3回目、スタッフの中にも見慣れた顔が笑顔で迎えてくれ
いつもの通りに手術することができました。

アフリカの子供達は泣きわめく事が少ないようです。
それがまた健気で手術の結果を高めたくなります。
一回で終わらない変形なので継続して訪れる必要があります。

来年もいかねば。

ニジェール手術.jpg

http://www.face-line.jp/

投稿者 674530 : 23:38 | コメント (6) | トラックバック