2018年05月20日

第44回日本熱傷学会(東京)①

 今朝の札幌は晴れです。
 まだ少し寒いですが、
 昨日までの雪が降りそうな寒さではありません。
 日本美容外科学会(JSAS)の後で、
 第44回日本熱傷学会に参加してきました。
 帯広のまみ子師長さんも参加なさってました。
      ■         ■
 私の印象に残ったシンポジウムです。
 シンポジウム2
 第2日目:5月18日(金)13:05~15:05_第1会場
 『熱傷後瘢痕拘縮および肥厚性瘢痕の治療戦略
 座長:
 小川 令(日本医科大学形成外科学教室)
 田中克己(長崎大学大学院医歯薬学総合研究科形成再建外科学分野)
SY2-1 熱傷後肥厚性瘢痕・瘢痕拘縮の発症メカニズムを理解することで治療方針が決まる
 小川 令 日本医科大学形成外科
SY2-2 当科における熱傷後瘢痕拘縮およびケロイド・肥厚性瘢痕の治療の現況と展望
 樫村 勉 日本大学医学部形成外科学系形成外科学分野
SY2-3 熱傷患者の瘢痕治療のために、当院はどうあるべきか?
 村松英之 きずときずあとのクリニック 豊洲院
SY2-4 長期治療経験に基づいた熱傷後瘢痕拘縮および肥厚性瘢痕の治療戦略
 鈴木茂彦 浜松労災病院形成外科
SY2-5 培養表皮移植部位の瘢痕に関する多施設共同前向き研究
 林田 志 長崎大学形成外科グループ
SY2-6 熱傷後高度腹部瘢痕女性の出産に対する手術適応についてのプロトコール
 三川信之 千葉大学医学部形成外科学講座
SY2-7 長期経過観察より見た乳幼児手指深達性熱傷後の瘢痕拘縮の治療戦略
 奥田良三 京都第二赤十字病院形成外科
SY2-8 広範囲熱傷患者の頸部瘢痕拘縮を予防するための手術戦略
 藤岡正樹 国立病院機構長崎医療センター形成外科・熱傷センター
SY2-9 熱傷後瘢痕拘縮による耳介変形に対する外科的治療
 -62症例108耳介の治療経験から-
 四ッ柳高敏 札幌医科大学医学部形成外科
SY2-10 当科における手指熱傷瘢痕拘縮の治療戦略
 鳥谷部荘八 仙台医療センター形成外科・手外科

      ■         ■
 やけどのきずを、
 いかにきれいに治すか?
 簡単なようで難しいテーマです。
 各演者の先生の、
 とても熱心な講演をお聞きして、
 とても感動しました。
 医学が進歩した現在でも、
 深いやけどを、
 きれいに治すのはとても難しいです。
      ■         ■
 今年のシンポジウムをお聞きして、
 フィブラストスプレーが登場したことで、
 やけどの治療が飛躍的に進歩したことを再認識しました。
 熱傷受傷早期から、
 フィブラストスプレーを使用することで、
 やけどが、
 早く、
 きれいに、
 治ります

      ■         ■
 電気ケトル・炊飯器、
 カップ麺・コーヒー・スープなど、
 子供のやけどによく効きます
 やけどはしないのが一番ですが、
 ちょっとした不注意で起こります。
 一番身近な外傷がやけどです。
 注意しましょう

投稿者 sapporobiyou : 20:50 | コメント (0)

2018年05月19日

春なのに雪_2018年5月19日

 昨夜東京から帰ってきました。
 札幌は寒いです。
 昨日はANAの機長さんが、
 新千歳空港に着陸してから、
 わざわざ、
 気温差があります。
 体調にお気をつけください。

 …と機内アナウンスをしてくださいました。
      ■         ■
 平成30年5月19日、北海道新聞朝刊の記事です。
 春なのに雪 道内19日も荒天
 道内は18日、前線を伴った低気圧が北海道の南側を通過して4月中旬並みの寒気が入った影響で、道南で強風被害が出たほか、道北や道東などの山間部で雪が降った。19日にかけても荒天が続く見通しで、札幌管区気象台は強い風や積雪、路面凍結に注意を呼び掛けている。
 気象台によると、18日午後9時までの最大瞬間風速は、日高管内えりも町襟裳岬で27.8メートル、檜山管内せたな町で25.8メートル、函館市で21.1メートルなど。渡島管内松前町では午後7時ごろ、強風で民家の木造納屋が倒壊した。住人にけがはなかった。函館市内の小中学校5校は、下校時間を1~2時間繰り上げた。
 気温も下がり、最低気温は稚内市沼川で氷点下0.6度、オホーツク管内滝上町で同0.5度と、平年より4度以上低かった。
 上川管内上富良野町の十勝岳温泉や、日高山脈をまたぐ国道274号の日勝峠は季節外れの降雪に見舞われ、日勝峠は午後8時から通行止め。十勝管内清水町側ではゲート前で引き返す車が目立ち、帯広出張から札幌に帰る途中の公務員清水竜一さん(34)は「この時期に雪とは。高速で札幌に帰るか、帯広で1泊するしかない」と肩を落とした。
 19日の最大瞬間風速は太平洋側西部と日本海側南部で海上30メートル、陸上35メートルに達する可能性がある。19日午後6時までの24時間降雪量はオホーツク海側の山間部で10センチ、日本海・太平洋側の山間部で5センチと予想されている。(石田礼、鰐渕小百合)

 

季節外れの降雪に見舞われた十勝岳温泉=18日午後5時40分、上川管内上富良野町(打田達也撮影)
(以上、北海道新聞より引用)

      ■         ■
 北海道生まれで、
 北海道育ちの私ですら、
 5月下旬に雪は想定外です
 今朝も寒くて、
 暖房を入れてます。
 寒さで、
 農作物に被害が出ないことをお祈りしています。
 山形の果樹園のことも心配です。

投稿者 sapporobiyou : 22:23 | コメント (0)

2018年05月18日

あっかんベーの修正手術

 2018年5月16日と5月17日に品川プリンスホテルで開催された、
 第106回日本美容外科学会(JSAS)
 私が一番感動して勉強になったのが、
 ヤスミクリニック(美容外科
 木村知史先生のご発表です。
 あっかんべーの修正手術
 …と私が勝手にタイトルをつけました。
      ■         ■
 2018年5月17日
 一般演題③9:00-10:20
 術後の下眼瞼縁外反・下垂過大に対して早期に行える簡便で有効な修正法
 木村知史
 Tomofumi Kimura
 ヤスミクリニック(美容外科)
 術後の下眼瞼縁外反に対する治療法は、切開・剥離して眼輪筋を外側に牽引し目尻側の骨膜に固定、もしくは瞼板軟骨を外側に引き同様に固定などが行われている。
 いずれも再手術なので、術後早期に行えず待機期間として3 ヶ月以上経っての手術となるケースが多い。
 しかし社会復帰上、早々に治療を希望する患者は多い。 当施設ではメスで切開など行わず、早期に拘縮もしくは皮膚の足りない部分を伸ばした上で外側に牽引し目尻側に固定する治療法を行っている。
 また近年の下瞼縁下垂手術(タレ目形成、グラマラスライン形成)では、患者は術前の希望と異なり、術後に少し戻して自然な感じにしたいなどということも時折ある。
 そのような場合も早期にメスを使わない修正治療を行っている。
いずれも有効な結果を出しており、これらについて症例供覧・報告を行う。

      ■         ■
 素晴らしい手術法です。
 美容外科では、
 下眼瞼のしわ取り手術、
 タレ目形成、グラマラスライン形成手術
 形成外科では、
 下眼瞼切開による、
 眼窩底骨折や頬骨骨折手術、
 下まぶたが、
 あっかんべーになることがあります。
      ■         ■
 アッカンベーの手術
 まぶたのトラブル症例2017
 下眼瞼変形の原因②美容外科手術の失敗
 下まぶたの修正手術2014
 私の院長日記の中だけでも、
 これだけアッカンベーが出てきます。
      ■         ■
 あっかんべーになった患者さんはお気の毒ですが、
 手術をした術者にもストレスです。
 木村知史先生の手術法は、
 私が今までに見た手術法の中で、
 一番効果的で侵襲が少ない手術です。
 手術後のあっかんべーで困っている患者さんは、
 巣鴨のヤスミクリニックです
 信頼できる優しい先生です。
 A simple method for the crrection of lower eyelid retraction
 Tomofumi Kimura
 Yasumi clinic

投稿者 sapporobiyou : 22:24 | コメント (0)

2018年05月17日

第106回日本美容外科学会(JSAS)東京③

 品川プリンスホテルで開催されている、
 第106回日本美容外科学会(JSAS)は勉強になります。
 美容外科医の本音が聞けます。
 シンポジウム2テーマ:
 10:20-11:40
 座長:保志名 勝
 SY-5
 吸収性プレートを利⽤した⽿介軟⾻L 型フレームによる⿐尖形成術と⿐翼縮小+挙上術による効果の検討
 田中真輔 
 城本クリニック新宿院
 SY-6
 側貌を改善させるための⿐中隔延⻑術時の付加⼿術
 村松英俊 
 湘南美容外科大阪梅田院
 SY-7
 外⿐(nasal envelope)の整⿐術
 室 孝明 
 ビスポーククリニック
 SY-8
 ⿐背のspindle 切除で、正⾯の丸みは改善できるのか
 大橋菜都子 
 ヴェリテクリニック

      ■         ■
 どの先生の発表も素晴らしかったです。
 でも鼻のシンポジウムを聞いて、
 つくづく鼻は難しいなぁ~
 …と思いました。
 私はプロテーゼを使った隆鼻術しかしません。
 私のは控えめなI型プロテーゼです。
 それでも、
 元に戻してくださいという人がマレにいます。
      ■         ■
 シンポジウムをお聞きして、
 L型プロテーゼが気に入らないので、
 鼻中隔延長術の手術をしたものの、
 やっぱり元のプロテーゼがよかった
 …という患者さんいると、
 会場の有名な先生が発言されました。
 L型プロテーゼを抜くのはできますが、
 鼻中隔延長術は、
 元に戻すのが困難です。
 私は鼻の手術はしませんが、
 ベテランでも難しい手術だと感じました。
 美容外科医は大変です。

投稿者 sapporobiyou : 16:06 | コメント (0)

2018年05月14日

さようならコンタクトオフビル

 昨日、駅前通りを通ったら、
 コンタクトオフビルの解体工事が進んでいました。
 無くなる前に、
 もう一度見ようと、
 今朝の出勤前に寄ってきました。
 ちょうど、
 札幌美容形成外科の手術室が見えました
      ■         ■
 手術室の横に大きな穴があいていて、
 そこから手術室内部が見えました。
 なんと!
 無影灯が残っていました。
 無影灯の架台もしっかり天井についていました。
 うちの奥さんは、
 つらい
 悲しい
 …と言います。
      ■         ■
 私には、
 不思議と涙が出るような感情はなく、
 移転が間に合ってよかった
 (無影灯を)頑丈に固定してくれてよかった
 …という思いしかありません。
 今週は学会出張なので、
 おそらく来週にはもう解体されていると思います。
 13年間ありがとうございました。
 頑丈に無影灯をつけてくださって、
 ありがとうございました。

投稿者 sapporobiyou : 21:45 | コメント (0)