« 2008年04月 | メイン | 2008年06月 »

2008年05月31日

専業主夫

 平成20年5月30日、朝日新聞-声-の欄への投稿記事です。
 専業「主夫」は
 情けないのか
 派遣社員(東京都狛江市、41歳)
      ■         ■
 「『専業主婦』も立派な仕事だ」(15日)を読み、
 なぜ家を守るのは
 みな女性なのかと思った。
 我が家は共働きで3歳の子供がいる。
 子供が1歳の頃、
 家庭と仕事の両立が難しいため、
 専業主夫になりたいと妻に申し出た。
      ■         ■
 「家庭に入るのは、
 男としてちょっと情けないと思う」
 と却下された。
 「女として」と妻に言ったことがない私は
 「男として」という言葉に少々カチンときた。
 妻は看護師で、
 職場は2交代制だ。
 勤務時間外も勉強会や学会などで忙しい。
 妻が不在の間は私が家事を切り盛り、
 育児をする。
      ■         ■
 仕事と家庭生活に追われ、
 夫婦は疲れきっていた。
 少し収入が減っても、
 片方が家庭に入れば人間らしく
 幸せに暮らせると思った。
 妻の方が高給取りだが、
 引け目を感じたことはない。
      ■         ■
 しかし、
 仕事を辞めて家事に専念するなら、
 身分が不安定な私の方だろうと考えた。
 キャリア志向の女性が増える中、
 男性が家庭を守るという選択肢が
 あってもいいと思った。
 (以上、朝日新聞より引用)

      ■         ■
 看護師さんが、家庭と仕事を両立するのは大変です。
 私が今まで勤務した総合病院は、
 例外なく夜勤がありました。
 病院に附属保育園があるところもありましたが、
 夜間の保育はしていませんでした。
      ■         ■
 私:「夜勤の時は、子どもさんはどうするのですか?」
 看護師さん:「お父さんとお留守番」
 私:「朝はどうするのですか?」
 看護師さん:「お父さんが保育園までタクシーで連れてきてくれて、
 その後、会社へ出勤」
 「子どもが熱を出したり、病気した時が一番困るのよねぇ~」
 私:「子どもさんが病気の時は?」
 看護師さん:「実家の母に応援を頼むの。おばあちゃんがいないと無理ょ」
      ■         ■
 こんな具合でした。
 総合病院の病棟は、定時には終わりません。
 保育園の延長保育も、19:00頃まででした。
 保育園から、子どもさん2人を連れてきて、
 病棟の詰所で、子どもさんにおやつを与えて、
 お母さん看護師さんは、記録を書いていました。
 ダダもこねずに、とても良い子たちでした。
      ■         ■
 北大病院の女医さんは、
 私の非常勤(医師)のお給料より、
 子どもの保育園の保育料の方が高いのょ!
 いったい何のために働いているのか?
 なんてことをよく言っていました。
 医療従事者に限らず、
 仕事と家庭の両立はどんな職種でも難しいものです。
      ■         ■
 私は、主夫にはなれないと思いますが、
 もし私が主夫になったら…
 きっと完璧を目指して、
 家の中はピッカピカ。
 週に一度は、フルコースのディナー
 なんて…
 ことは無理かなぁ~
 と考えたりします。

投稿者 sapporobiyou : 23:53 | コメント (0)

2008年05月30日

札幌のタクシー料金

 私はめったにタクシーを使いません。
 大部分は地下鉄とかバス。
 近くでしたら必ず歩きます。
 自転車もよく使います。
 昨年購入した、電動自転車は便利でラクチンです。
      ■         ■
 先日、アマの花を撮りに行って気づきました。
 以前は、小型と中型に別れていた、
 札幌駅のタクシー乗り場が…
 小型も中型もなくなっていました。
 法人の小型タクシーも、
 個人の黒塗りの中型タクシーも、
 みんな一列に並んでいました。
      ■         ■
 私はケチなので、
 以前は、小型と中型があると、
 必ず料金が安い小型に乗っていました。
 小型でも、特に料金が安い、
 プリウスのタクシーがありました。
 このプリウスのタクシーを見つけると、
 何だか得した気分になっていました。
      ■         ■
 札幌駅北口のタクシーをよく見てみました。
 小型も黒塗りの中型も
 みんな650円のシールが貼ってありました。
 以前は、㊥と青いシールが貼ってあった、
 中型タクシーからシールが消えていました。
 個人タクシーの運転手さんに、
 おそるおそる聞いてみました。
 『あのぉ~、すいません』
 『この車も、あちらの小さい車も料金は同じですか?』
      ■         ■
 答えは意外にも、
 運転手さん:
 『同じですよ』
 『去年の改定で同じになったんですよ』
 『まだ、高いと思って乗らないお客さんもいらっしゃいますよ』
 私:
 『初乗り料金が同じでも、
 走ったら上がるのは高いんじゃないですか?』
 運転手さん:
 『同じですよ』
 『一部の大型(センチュリー、セルシオ、クラウンマジェスタ)
 以外はみんな同じです』
      ■         ■
 ネットで検索してみました。
 <タクシー>札幌地区で10年ぶり値上げ 初乗り650円
札幌地区(札幌、江別、北広島、石狩市=厚田・浜益地区除く)のタクシー運賃が2007年12月17日から10年ぶりに値上げされた。
値上げ率は平均9.2%。初乗り料金は従来の小型車600円と中型車610円が「普通車」に統合されて650円にアップした。
国土交通省北海道運輸局は「乗務員の労働条件改善のため」として、3ヶ月後をめどに改善状況の報告を各社に求める。
12月17日午前、JR札幌駅前で客待ちをしていた乗務員(57)は値上げの影響について「客は減っていない」と安堵(あんど)の表情。
別の乗務員(61)は「月12~13万円では暮らしていけないので若い乗務員が減った。手取りが少しは増えるよう期待している」。
これまでは中型車に分類されていた黒塗りの個人タクシー経営者(57)は「(割安の小型車に流れていた)お客さんが乗りやすくなった」と歓迎した。
 今回の値上げで距離に応じた加算額は従来の334メートルごとに80円から309メートル80円にアップ。深夜割増も1時間早まって午後10時からとなる。一方、7,000円を超えた額の1割引だった遠距離割引は5,000円を超えた額の3割引へと割引率が上がった。【斎藤誠】 (毎日新聞)

tax2.jpg
札幌駅北口のタクシー乗り場
小型と黒い中型が並んでいます
tax1.jpg
この黒塗りの中型と
一回り小さな小型が同一料金
(法人タクシーさんごめんなさい)
黒塗りの個人タクシーが
圧倒的に快適です
個人タクシーには
小型550円のタクシーもあります

投稿者 sapporobiyou : 22:59 | コメント (0)

2008年05月29日

電話帳広告

 美容形成外科クリニックの経営者にとって、
 生命線とも言えるのが、広告宣伝です。
 他の診療科目と違って、
 『クチコミ』はまずありません。
 「私、○○美容形成でキレイになった!」
 「あなたも行ってみたら!」
 なんて言ってくれる方は、
 まずいらっしゃいません。
      ■         ■
 キレイになった方は、
 夜、鏡を見て…
 『私、キレイになった!』
 『嬉しい!』
 と一人で微笑むのです。
 これは、いくつになっても女性なら同じです。
 まして、ワキガなんかは…
 まず、絶対に言いません。
      ■         ■
 ひと昔前までは、電話帳広告が効果的でした。
 どの家にも、‘イエ電’がありました。
 今ほど、個人情報がうるさくなかったので、
 友だちの家の番号なんかも、
 電話帳で調べた時代でした。
 家内も、私の家の電話番号を
 住所を頼りに電話帳で調べてかけてくれたと、
 もう30年近く前に聞いたことがありました。
      ■         ■
 昔は、黒い‘電話機’がある家が珍しく、
 電話の呼び出しなんてのもありました。
 下宿や寮に住んでいた友人は、
 電話011-611-○○○○(呼▽○方)
 なんて名簿に書いてあったものです。
 札幌医大の望嶽寮という学生寮では、
 交代で電話番という係りがあり、
 かかってきた電話を、
 「先輩、お電話です」と
 取り次ぐ当番があったそうです。
      ■         ■
 そんな時代は過ぎ去り…
 今は携帯電話やIP電話の時代です。
 NTTの電話帳はyahoo!BBなどの
 IP電話を引いているご家庭には配布されません。
 また、駅や公共施設に設置してある、
 公衆電話もどんどん撤去されています。
 従って、当然のように若い人は電話帳を知りません。
      ■         ■
 電話帳を知らなくても、
 携帯で十分に電話番号が検索できます。
 携帯で‘札幌 美容外科’と検索した時に
 いかに上位にランクされるようになるかが、
 生き残りをかけた、
 美容形成外科の広告戦略になります。
      ■         ■
 私は札幌美容形成外科を開業する時から、
 NTT電話帳会社に、
 電話帳をコンビニに置いて、
 フリーペーパーのように、
 自由に持ち帰れる制度にしなさい!
 と声を大にして言っていました。
 そうしないと、
 電話帳そのものの存続が危ぶまれます。
 今は電話帳が欲しいというと、
 正式には販売することになる筈です。
      ■         ■
 平成20年秋に発行される、
 NTT電話帳の広告をどうするか…
 6月末までに決めなくてはなりません。
 東京などの美容外科は電話帳広告を止めています。
 札幌美容形成外科はどうしようか…
 と頭を悩ませている毎日です。

投稿者 sapporobiyou : 23:50 | コメント (1)

2008年05月28日

歴史香る3㌔の彩り

 平成20年5月28日、北海道新聞朝刊の記事です。
 北8条通に「亜麻とホップ」
 5年かけこつこつと
 地域で整備
 「見に来て」
      ■         ■
 「私たちの花の道ができました。
 どうぞ見に来てください」
 -札幌市東区の北八条通に、
 地域住民が整備してきた
 「アマとホップのフラワーロード」が、
 当初の500㍍から、
 約3㌔の長さにまで伸びた。
 五月の風に揺れる空色の亜麻の花と
 みずみずしい緑のホップの葉が、
 道行く人たちの心をなごませている。
 (本庄彩芳)
      ■         ■
 北八条通周辺にはかつて官営麦酒醸造所
 (現・サッポロビール園)や
 帝国製麻の工場が並んでいた。
 「花の道」は、
 産業振興の歴史を担ってきたホップ(ビール原料)
 と亜麻で地域を明るくしようと、
 同区のフラワーコディネーター
 走川貴美(はしりかわよしみ)さん(62)が
 2003年に発案。
 ボランティア団体「AMAサポーターズ倶楽部
 を設立し、
 亜麻とホップの苗を、
 北八条通沿いの植え込みに植えてきた。
      ■         ■
 初めは10人だった会員は現在約400人。
 東区以外からも多数参加する。
 5月17日に開いた苗植え今では、
 地域住民ら150人が亜麻の苗4,000株を植えた。
 沿道の企業や地元町内会も賛同。
 一団体ずつ植え込みを受け持ち、
 「花の道」はどんどん伸びて…。
 いまでは北区の北八西三から
 東区の苗穂町4丁目まで広がった。
      ■         ■
 東区も
 「歴史を生かして地域活性化をはかる取り組み。
 応援していきたい」
 (地域振興課)と区役所職員が
 苗植え会やイベントを手伝っている。
      ■         ■
 「花の道」が亜麻とホップなのを
 広く知ってもらうため、
 今月末までには道路沿いに
 全部で18基の看板を立てる。
 亜麻は11月上旬まで花をつけるが、
 一番の見ごろは、
 5月下旬から6月いっぱい。
 ホップもつるを空に向かって伸ばし、
 葉を広げている。
      ■         ■
 これまでアマとホップを見て、
 きれいだけど名前がわからない、
 という人も多かった。
 看板を見て、
 親しみを感じてくれるはず」
 と走川さんは話す。
 (以上、北海道新聞から引用)

      ■         ■
 この亜麻とホップの花の道は、
 札幌駅北口にあります。
 札幌美容形成外科は札幌駅南口ですから、
 ちょうど駅の反対側になります。
 札幌駅北口に出ると、
 40階建の大きなマンションが目に入ります。
 そのマンションの下に花の道があります。
      ■         ■
 5年間も手塩にかけて育てていただいた、
 走川さんに感謝いたします。
 お花は心を和ませてくれます。
 私も時間ができたら、
 是非、AMAサポーターズ倶楽部に
 入会したいと思っています。

has.jpg
満開になった亜麻の花を前に
「5年間かけてここまで広がりました。」
「子どもみたいにかわいい」
と笑顔の走川(はしりかわ)さん
(北海道新聞より引用)


n8-2.jpg
札幌市北区北8条西3丁目付近
マンションの前です


dg1.jpg
札幌駅北口から見える
大きなマンションが目印です
この下にお花が咲いています

投稿者 sapporobiyou : 23:17 | コメント (0)

2008年05月27日

内閣総理大臣

 昨夜、フジテレビのCHANGEを見ました。
 木村拓哉さんが扮する
 朝倉啓太(35)という補欠検挙で当選した新人議員が
 内閣総理大臣になりました。
 家内は、
 私はキムタクが立候補したら投票すると言っていました。
 (家内は郷ひろみのファンですが…)
      ■         ■
 現実には、‘ありえない話し’だから、
 ドラマのおもしろさがあるのでしょう。
 番組中にキムタクが言っていました。
 『小学校5年生にもわかる言葉で話して!』
 まったく、その通りだと思います。
 今の政治には夢もロマンもありません。
 何がなんだかわかりません。
      ■         ■
 後期高齢者医療制度なんてのができて、
 これを支持している、
 お年寄りもお医者さんもいないと思います。
 このままで、日本はいったいどうなっちゃうの?
 というのが正直な感想です。
 私は今の国の政策に失望しています。
      ■         ■
 私が札幌西高校の生徒だった時に、
 田中角栄さんが内閣総理大臣になりました。
 ‘コンピューター付きブルドーザー’とか
 ‘よっしゃよっしゃ’とか
 ‘小学校しか出ていない総理大臣’とか
 ‘田中のカナ振り英語’とか
 いろいろ言われた内閣総理大臣でした。
      ■         ■
 ロッキード事件で逮捕され、
 晩年は病気になられました。
 いろいろな批判はあると思いますが…
 私は今でも田中角栄さんが好きです。
 小学校しか出ていないのに、
 苦学して内閣総理大臣にまでなって…
 田中さんの時代に、
 日本はよくなったと思います。
      ■         ■
 私は政治にも、夢やロマンが必要だと思います。
 日本国憲法第25条第1項の生存権。
 すべて国民は、
 健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
 この生存権を保障してくれる政治。
 これに
 ‘頑張って働いていれば、いつかきっといいことがあるさ!’
 という夢とロマンを与えてくれる政治家が
 内閣総理大臣になってほしいと願っています。
 こんなことは無理でしょうか…?

投稿者 sapporobiyou : 23:54 | コメント (0)

2008年05月26日

役に立った写真部

 私は写真部に所属していましたが、
 写真そのものは、さっぱりダメでした。
 撮影はしましたが…
 センスがなく、展覧会に出品とか…
 写真展に出展なんてのは考えませんでした。
 好きに撮って、適当に引き伸ばして…
 年に一度、クラブの写真展に出しただけでした。
      ■         ■
 それでも、5年間、写真部に所属しました。
 そのおかげで、暗室技術とか…
 カメラの使用方法などは一通りマスターしました。
 これが、形成外科医になってから役立ちました。
 ご存知のように、
 形成外科では術前・術後に写真を撮ります。
 専門医試験でも、写真判定で合否を決めます。
 どんなに上手に手術ができていても…
 写真がピンボケでは落第です。
      ■         ■
 北大形成外科に入局すると、
 ちょっと写真をかじっただけの私が…
 写真のプロとなってしまいました。
 医局の野球大会、学会の写真など、
 私は写真係長になったようなものでした。
 後輩の写真の指導も私が担当しました。
 たまたま、
 旅行に行けるからと入った写真部が役立ちました。
      ■         ■
 日本形成外科学会で、
 形成外科医に必要な写真の基礎知識という発表をしました。
 ある有名な大学の教授から褒められました。
 その後、日本形成外科学会学術講習会で、
 写真の撮り方の講師まで仰せつかりました。
 写真部の仲間や先輩が聞いたら…
 『あのカメラを持っていなかった本間が!写真の講師か!』
 と驚かれるに違いありません。
 人間、いつどこで何が幸いするかわからないものです。
      ■         ■
 私は、皮弁の微小循環というのを研究テーマにしました。
 札幌医大に在職中も、解剖学教室で研究をしました。
 その時に、写真の暗室技術が役に立ちました。
 自分の博士論文でも写真の暗室技術が役に立ちました。
 学生時代には考えもしなかったことでした。
 私が考えた、皮弁の血管造影法は、
 外国雑誌に学術論文として掲載されました。
 恩師の大浦武彦教授に、
 今までこんなにキレイな血管の写真は見たことがない。
 と褒められた記憶は、生涯忘れられない感動です。
      ■         ■
 J Reconstr Microsurg. 2000 Jul;16(5):367-70
 Technique for selective microangiography of skin flaps with high contrast and fine detail.
 Homma K, Sugihara T, Igawa HH,
 Department of Plastic and Reconstructive Surgery,
 Hokkaido University School of Medicine, Sapporo, Japan.
 The technical factors of microangiography were studied, and the authors found that the main limiting factors in resolution were the injection pressure of the contrast medium and the thickness of the materials. A gentle manual hand pressure injection, with the aid of visual monitoring under the operating microscope, were keys to obtaining beautiful microangiograms.
 これが学術論文のタイトルと要旨です。
 皮弁の選択的微小血管造影法
 この方法は、後世に残る有用な方法だと今でも思っています。 

mia.jpg
私が撮影した血管の写真です。
ラット(ネズミ)の皮膚です。

投稿者 sapporobiyou : 23:34 | コメント (0)

2008年05月25日

人生の師

 私が札幌医大写真部で
 ‘人生の師’と仰ぐ先輩が水谷羊一先生です。
 水谷先生は、秋田県角館(かくのだて)町出身。
 みちのくの小京都と呼ばれる、
 桜の美しい町です。
 早稲田大学商学部を卒業後に、
 札幌医大に入学されました。
      ■         ■
 当時の札幌医大は、他大学を卒業していても、
 歯科医師免許を持った人以外は、
 全員、1年生から入学し全科目を履修(リシュウ)しました。
 年令は私より6歳年上でしたが、
 学年は1年上でした。
 とても面倒見のよい先輩で、
 『水谷さん、みずたにさん』
 と全員から慕われていました。
      ■         ■
 全国どこの医学部でも同じですが、
 医師国家試験を受験するまで、
 全員が同じ勉強をします。
 将来、内科になる人も耳鼻科になる人も、
 すべての科目を勉強するのが医学部です。
 入学後も定期試験が厳しく、
 当時の札幌医大では、
 1科目でも落とすと(不合格となると)、
 翌年、すべての科目を再履修しなければなりませんでした。
      ■         ■
 進級判定も厳しく、
 100人の入学者のうち、6年間で卒業するのは、
 毎年、80%台でした。
 つまり、毎年、数人が進級できず…
 下の学年に落ちて行きました。
 勉強そのものも、予備校のように‘熱心な’先生は少なく、
 学生は自分で勉強するものという方針でした。
 入学はしたものの、
 5月病に罹って体調を崩す学生もいました。
      ■         ■
 医学部の勉強は、とにかく丸暗記です。
 解剖学を例にとっても…
 頭の先からつま先まで、
 ずべての構造と機能を丸暗記。
 しかも、日本語、英語、ラテン語で覚えます。
 かなり要領よく効率的に勉強しないと落第です。
 水谷先輩は、この勉強法を教えてくれました。
 また、過去の試験問題や教授の傾向などなど…
 同じ勉強するなら効率よく能率的に…
 と教えてくれた先輩でした。
      ■         ■
 19歳~24歳までの6年間は、
 勉強ばかりではなく、
 生涯の伴侶となる相手を見つける時期です。
 つまり、彼女(彼)を見つけて、
 仲良くなる時期です。
 水谷先輩は、
 彼女の見つけ方、
 女性との付き合い方、
 などなど、
 人生に必要な、さまざまなことを教えてくれました。
      ■         ■
 この時期にどういう先輩と付き合い、
 どういう影響を受けて、
 どういう生き方をするか、
 という方向性が身につくと思います。
 水谷先輩は、
 明るく前向きで真面目な先輩でした。
 私が困っていると、
 『本間、どうした?』
 と気さくに声をかけてくださる先輩でした。
      ■         ■
 私の生き方は、この水谷先輩に影響を受けました。
 水谷先輩は、札幌医大を卒業後、
 秋田大学整形外科に入局されました。
 現在は、秋田市で城東整形外科を開業されています。
 秋田県で、もっとも流行っている整形外科だと思います。
 昨夜は、整形外科学会で札幌へいらした水谷先生を囲んで、
 写真部の仲間が集まりました。
 とても楽しい夜でした。 

08-05-25.jpg
写真部の仲間
前列、向かって左端が水谷羊一先生です。

投稿者 sapporobiyou : 22:17 | コメント (1)

2008年05月24日

写真部

 私は昭和49年(1974年)4月に、
 札幌医大へ入学しました。
 一浪して入学したので、19歳でした。
 入学した頃は、
 革マル派(カクマルハ)という派閥の学生が、
 毎日、教室でアジ演説をしていました。
 私には何だかわからないことを…
 休み時間に、ずーっとしゃべっていました。
      ■         ■
 当時は学生運動が下火になってはいましたが、
 革マル派と民生派という派閥が対立していました。
 私が入学する数年前には、
 学生運動に端を発した殺人事件まであったほどでした。
 その頃、盛んに学生運動をしていた学生も、
 今ではその面影もないくらい、
 おじさん先生・おばさん先生になっています。
      ■         ■
 入学すると、熱心な先輩が、
 クラブへ入ろうと勧誘してくれました。
 とても人のよさそうな先輩が、
 弓道部へ誘ってくれました。
 弓道に興味があったというより、
 その先輩に惹かれて弓道部へ入ることにしました。
 ところがこれが失敗の原因でした。
      ■         ■
 弓道を甘く考え過ぎました。
 弓道部には立派な道場がありました。
 北海道神宮の祭典では、
 神宮で弓を引くほど、先輩は弓道の達人でした。
 弓道を‘弓を引くお遊び’の延長、
 程度にしか考えていなかった私は、
 早々に弓道部をやめました。
      ■         ■
 その後、しばらくクラブには入っていませんでした。
 2年生になってからだったと思います。
 『本間、写真部が夏休みに奥尻に撮影旅行に行くんだって』
 『まだ、空きがあるそうだから一緒に行かない?』
 と友人の服部くんが誘ってくれました。
 『だけど、俺カメラ持ってないょ』
 『俺も持ってないょ』
 『カメラもってなくても、いぃらしいょ』
      ■         ■
 奥尻に旅行に行けるという動機で、
 私はカメラも持っていないのに写真部に入りました。
 奥尻へはJRとフェリーで行きました。
 当時は、テントと寝袋を持って行きました。
 キャンプ場は『賽の河原(サイノカワラ)』というところでした。
 先輩が選んだのだと思います。
 どうして?賽の河原?
 と今ではわかりません。
 大小無数の石塔で埋め尽くされた霊場でした。
      ■         ■
 カメラを持っていないので、当然写真は撮りませんでした。
 先輩と数日間のキャンプを楽しんで撮影旅行は終わりました。
 真面目な先輩が聞いたら怒ると思います。
 カメラなしでもOKの写真部が気に入りました。
 行っても行かなくてもOKの写真部でした。
 こんな写真部の雰囲気が気に入って、
 卒業まで入っていました。
      ■         ■
 私がカメラを買ったのはそれから1年以上たってからです。
 毎年夏に撮影旅行と称した旅行に行きました。
 撮影もしましたが、楽しみしていたのは‘旅行’でした。
 テントと寝袋は辛かったので、
 翌年から、車と民宿を使うようになりました。
 6年間の間に
 奥尻
 天売・焼尻
 知床・阿寒・釧路
 函館・道南
 利尻・礼文
 道内の離島はすべて行きました。
      ■         ■
 利尻では、利尻岳に登り…
 礼文では島の北端から南端まで歩いて縦走しました。
 旅行中に毎晩先輩や後輩と楽しく話しをしました。
 私の楽しい学生時代の想い出です。
 写真部で知り合った先輩や後輩は
 私の人生や生き方に大きな影響を与えてくれました。
 写真部の先輩後輩は、真面目でいい先生ばかりです。
 よい友人は人格形成に大きな影響を与えます。

投稿者 sapporobiyou : 23:59 | コメント (0)

2008年05月23日

脂肪注入による豊胸術

 平成20年5月19日にご質問をいただきました。
 私は体重は太っているほうなんですが
 胸だけペッタンコで友達と温泉などに行けません。
 悲しいです。
 今流行り?
 の脂肪注入の豊胸は危ないんでしょうか?
 勧める先生とそうじゃない先生がいますよね。
 まあ、やはりなんの手術にもリスクはあると思いますが・・・
 痩せてるのに胸がある人もいるのに
 本当神様って不平等だなと思います・・・

      ■         ■
 余っている脂肪を、お腹や太ももから吸い取って
 胸に注入して膨らませるのは…
 とても理にかなった、合理的な方法のように思います。
 東大形成外科で脂肪幹細胞移植を発表されてから
 また、脚光を浴びています。
 でも私は施術しておりません。
      ■         ■
 脂肪注入による豊胸術は…
 最近、流行ってきたものではなく、
 かなり以前から行われていました。
 ところが、安易に行われて…
 脂肪は定着しない…
 胸はしぼむ…
 脂肪が溶けて胸にたまる…
 などなど、副作用が問題になり…
 誰も施術しなくなりました。
      ■         ■
 東大の先生が学会で発表した時も、
 脂肪幹細胞といっても完全に生着するのか?
 生着せずにしこりとなって残った場合は、
 乳癌との鑑別ができなくなるのでは?
 というコメントが学会場で出されました。
 美容外科の広告では、
 このような討論があったこと…
 副作用のことなどは…
 一切触れられていません。
      ■         ■
 東大の先生が施術しても、
 チェーン店の先生がしても、
 一度吸引した脂肪を、
 100%生着させるのは難しいものです。
 私が施術しない理由は、
 乳腺や乳腺下注入して、
 万一しこりとなった場合に、
 癌と区別できなくなったら困るからです。
 『余命1ヶ月の花嫁』ではありませんが、
 乳癌は死につながります。
      ■         ■
 この脂肪注入による豊胸術は、
 うまく生着すると、
 いらない脂肪が胸について理想的に思われます。
 吸引した脂肪が、生着するには、
 注入した脂肪細胞に血管がつながることが必要です。
 そのためには血流のよい部位に、
 少量ずつ注入するワザが必要です。
 私はこの手術の‘名人’といわれる先生の
 手術を見せていただいたことがあります。
      ■         ■
 その手術を見せていただいて、
 こりゃぁ~、自分じゃやらないと思いました。
 ですから今でも施術していません。
 シリコンバッグを使った豊胸術は、
 皮膜拘縮というリスクはあるものの…
 いざとなればバッグを除去できます。
 脂肪注入による豊胸術は、
 元に戻してと言われても、戻せません。
 これが私が施術しない一番の理由です。
      ■         ■
 もし、脂肪注入による豊胸術をお考えでしたら…
 東京大学形成外科をおすすめします。
 東大の同意書にも、
 100%生着するとは書いてありません。
 また、
 しこりになることがあるとも書いてあります。
 リスクのない、
 魔法のような手術はありません。

投稿者 sapporobiyou : 23:59 | コメント (0)

2008年05月22日

実刑か、執行猶予か

 平成20年5月17日、北海道新聞朝刊、
 朝の食卓から引用しました。
 実刑か、執行猶予か
 三上英昭
 先日、光市母子殺害事件について
 死刑判決が言い渡された。
 担当裁判官は、死刑にするか、
 無期懲役にするかで悩みに悩んだことだろう。
      ■         ■
 裁判官の多くがこれと同様に、
 あるいはそれ以上に悩むのが、
 実刑にするか、執行猶予にするかである。
 裁判官は、被告人の社会内での更生を期待して、
 執行猶予にできるならしてやりたいと考えているが、
 もう一つ決め手に欠け、悩むことも多い。
      ■         ■
 例えば、地方から上京して就職したものの
 勤務先が倒産、職を転々とし、
 ついにはホームレス同然の状態にある被告人が、
 酒に酔って通行人をビール瓶で殴り、
 全治三ヵ月の重傷を負わせたといった事件の場合。
      ■         ■
 被害者との示談が成立し、
 しっかりした身元引受人がいるなどの事情があると、
 安心して執行猶予にできるが、
 そうでなければ、
 どんな刑にすべきかと悩み続けることになる。
      ■         ■
 そうしたケースで、弁護人の懸命の努力により、
 被告人との音信も途絶えていた母親が示涙金を出してくれ、
 情状証人として出廷。
 「被告人を郷里に連れ帰り更生させます」
 と証言した場合には、
 すぐに連れ帰ってもらうため、
 暫時休廷した後、
 即決で執行猶予の判決を言い渡すこともある。
      ■         ■
 判決後、法廷を出ていく被告人の後ろ姿を見送りながら、
 「もう二度とここには来るなよ」
 「親孝行しろよ」と念じるのである。
 (公証人・札幌)
 (以上、北海道新聞から引用)

      ■         ■
 三上英昭先生は元札幌地方裁判所所長。
 現在は札幌公証役場の公証人です。
 公証人の仕事は公正証書という書類を作成することです。
 詳しくは、上記のHPリンクをたどってください。
 私は父親の影響で、公正証書が好きです。
 これ以上、確かな契約書はないと思っています。
 大切な契約書は公正証書にすることが多く、
 遺言書も公正証書で作成してあります。
      ■         ■
 三上先生にもお世話になりました。
 優しそうで温和な先生という印象でした。
 この新聞記事を引用させていただいたのは、
 判決を下す裁判官も悩むのだなぁ~
 としみじみ思ったからです。
 私は弁護士の高橋智先生の日記を毎日読んでいます。
 2008年5月16日の日記に、
 弁護士と裁判官の相性について書かれていました。
      ■         ■
 2009年5月21日から裁判員制度がはじまります。
 法律の専門家である裁判官ですら、判決に悩むのに
 もし自分が裁判員になったら…
 と思う人は多いのではないでしょうか?
 私は中学校・高校ともに政治経済が好きでした。
 大学入試では政治経済を選択したため、
 受けられる大学が限定されてしまったほどです。
 法律や判例を読むのも好きです。
 しかし…
 自分で量刑を判断するのは難しいと思います。
 プロの裁判官ですら、悩むのですから…

投稿者 sapporobiyou : 23:59 | コメント (0)

2008年05月21日

ライラックさんへの回答です

 昨日(平成20年5月20日)の日記に、
 ライラックさんからご質問をいただきました。
 小陰唇は 左右対象でないので気になります。
 大きい方の小陰唇は なんだか色も黒ずんでいるのですが、
 手術した場合 色はピンク色とはいかないまでも 治りますか?

 はみ出した小陰唇が黒くなるのは、
 慢性的に刺激を受けて(こすられる、かぶれるなど)
 そこに色素沈着が起こるからです。
 黒くなった部分を切除してしまうので、
 見た目がよくなるだけではなく、
 生理用品や下着によるかぶれや刺激も少なくなります。
      ■         ■
 処女膜再生手術
 これは多くの美容外科の診療メニューにあるので、
 札幌美容形成外科でも掲載しています。
 実際には不要な手術で、
 私自身は一例も施術したことはありません。
 手術自体は簡単です。
 ただ、妊娠出産した方には、絶対にできません。
 処女膜というのは、粘膜のヒダのようなものです。
 出産するとなくなってしまいます。
      ■         ■
 年を重ねると筋肉がゆるみ
 尿失禁になったり
 腟が緩んだりしてきますよね。
 尿失禁には 肛門や腟部に力を入れる体操がありますが
 腟部の緩みは手術で治せますか?
 それは永久的なもの ですか?

      ■         ■
 まず尿失禁です。
 高齢化とともに、
 女性は尿失禁、
 男性は前立腺肥大が高頻度で起こります。
 女性の尿失禁には、骨盤筋群を鍛える体操があります。
 腟のゆるみにも、この体操はよいようです。
 ただ体操で治らない尿失禁は、手術があります。
      ■         ■
 泌尿器科や婦人科で相談されるとよいと思います。
 私の同級生に藤井美穂先生という女医さんがいます。
 札幌医大産婦人科講師→天使病院産婦人科部長を経て
 現在は時計台記念病院産女性総合診療センター長です。
 とてもよい先生です。
 私が女性だったら、藤井先生にかかります。
 尿失禁や婦人科疾患でお悩みでしたら、
 是非、藤井先生にご相談下さい。
      ■         ■
 腟縮小手術は、受ける方がいらっしゃいます。
 弛みを治すというより、
 腟の入り口を小さくする手術です。
 ゴムではないので簡単には弛みません。
 ‘美容?’目的で受ける場合が大部分ですが、
 出産時に重度の会陰裂傷になると…
 肛門まで裂けることがあります。
 それを避けるために、会陰切開をします。
 分娩時の損傷による、腟の弛みやキズは
 健康保険の適用になることもあります。
      ■         ■
 ある週刊誌に 男性自身に 真珠の玉を何個が入れたとか、
 亀頭部にヒアルロンサン?注入とか読んだ事がありますが、
 そんなもの入れて 邪魔になりませんか?
 そういった手術をするのも美容形成なのですか?
 でも上記のような男性の手術は
 コンプレックスという点からとは
 違っていると思いますいますが・・

      ■         ■
 前任の中央クリニックでは、
 シリコンボール挿入術や
 亀頭強化術というシリコン注入をしていました。
 真珠やハブラシの柄を削ったものを
 刑務所やロシアに抑留されていた時代に入れた…
 という方がいらっしゃいました。
 『シャバに出てから、女にもてようと思った』
 とういうのが動機だそうです。
      ■         ■
 看護師さんは全員、
 私ならイヤだと言っていました。
 私自身も、
 シリコンボールや真珠を入れようとは思いません。
 皮膚の下に入れるので…
 意外と痛みや不自由はないようです。
 何個も入れてくださいという方もいらっしゃいました。
 『女にもてた?』かどうかはわかりません。
 ただ、普通の女性はイヤだと思います。
 たまにお問い合わせがあります。
 私は、自分自身にしようとは思わないので、
 札幌美容形成外科では、
 シリコンボールや真珠挿入の施術はしておりません。 

投稿者 sapporobiyou : 23:26 | コメント (0)

2008年05月20日

バレる確率が低い手術

 手術を受けたことが周囲にバレる。
 手術を受けたことが、
 のちのちまでバレる可能性がある…
 なんて手術はイヤなものです。
 ずばり!
 バレる確率が低い手術は…
 包茎手術や小陰唇縮小手術です。
      ■         ■
 まず、他人から見える部位ではありません。
 人に言わなければ、わかりません。
 また血流がよく治りがよい部位です。
 上手な先生に手術を受けて…
 しっかり術後管理をすれば…
 プロの看護師さん、助産師さんが見ても…
 小陰唇縮小手術を受けたことはわかりません。
 産婦人科の先生が見ても…
 気づかないくらい、キレイに治ります。
      ■         ■
 外陰部は女性も男性も人には見せません。
 ですから、目や鼻の手術と違って…
 手術をしたこと自体が外から見てもバレません。
 でも、一番気になる部位でもあります。
 小陰唇縮小手術を受ける、多くの方は…
 同性でも‘標準’がどの程度か知りません。
 札幌美容形成外科では、
 解剖学の教科書に載っている写真をお見せして、
 それと同程度に手術をしますとご説明をしています。
      ■         ■
 包茎手術のキズは…
 手術をしてくれる先生の腕によります。
 上手な先生にしてもらうと…
 プロの看護師さんや
 風俗の女性に見られても
 わからないくらいキレイに治ります。
 包茎手術は手術をしてくれる先生の腕や…
 手術方法によって仕上がりが違います。
      ■         ■
 包茎手術は、
 上手だといわれている先生が手術しても…
 目立っている人がいます。
 皮膚の性状が違う部位で…
 切り取り、縫い合わせると…
 ツートンカラーになってわかります。
 縫い目がどんなにキレイでも目立ちます。
      ■         ■
 手術の上手下手もありますが、
 慣れとか、手術の極意みたいなのがあります。
 幸いなことに…
 私は前任の中央クリニック札幌院で、
 たくさんの包茎手術をしました。
 男も悩んでいるのです。
 女性の何気ない一言でキズつきます。
 『あら…』
 これだけでダメです。
 男は意外とデリケートです。
      ■         ■
 外陰部は顔や胸と違って見えない部位です。
 人に見せる部位でもありません。
 ただ、必ず見られることがある部位でもあります。
 彼(彼女)ができた。
 病院に入院して手術を受けることになった。
 将来、介護を受ける時に恥ずかしい。
 見えない部位だからこそ気になります。
 勇気を出して手術をすれば…
 一生、気にせず自信を持って生きて行けます。
 どんなに偉い人でも…
 どんなにお金持ちでも…
 気になるところは気になるものです。

投稿者 sapporobiyou : 23:43 | コメント (0)

2008年05月19日

豊胸は彼にばれてしまう?

 昨日(平成20年5月18日)の日記のコメントに、
 バックでの豊胸では
 やはり彼にはばれてしまうのでしょうか?
 触ってもばれませんとか、
 セックスをしても気づかれませんとか、
 本当なんでしょうか?

 というご質問をいただきました。
      ■         ■
 豊胸手術は、バレてしまうリスクがあります。
 現在行われている、
 シリコンバッグを用いた豊胸術には、
 カプセル拘縮という副作用があります。
 これは異物を用いて胸を膨らませる上では、
 避けては通れない副作用です。
      ■         ■
 この拘縮を防ぐために、表面をザラザラにしたり
 シリコンの性状を変えたりしています。
 世界中のメーカーが競って開発していますが、
 残念なことに副作用をゼロにはできません。
 表面がザラザラなタイプは拘縮が起こりにくい、
 と宣伝しているクリニックやメーカーがあります。
 私の師匠であるナグモクリニックの南雲先生は、
 有意差がないという論文を発表されています。
      ■         ■
 この拘縮が一番バレやすいリスクです。
 触ると硬くなってしまっています。
 昨日書いた、スマステで、
 室井佑月さんもマッサージを怠ったために、
 一時硬くなったと発言されていました。
 室井さんは、番組中に…
 『私は、硬くなった後に妊娠出産で胸が大きくなり』
 『その後は気にならなくなりました』

 とおっしゃっていました。
 私自身は、このようなケースは経験していませんが、
 妊娠出産で乳房が大きくなり、
 その時にカプセルが伸びたことが推測されます。
      ■         ■
 豊胸手術は、私が手術をしても…
 他の名医と言われている先生が手術をしても…
 ある程度の確率で、拘縮を起こす可能性があります。
 札幌美容形成外科では、
 手術同意書に拘縮のリスクを記載しています。
 拘縮を予防するためには…
 手術中にできる限りバッグを汚染しないこと。
 術後にしっかりマッサージをしていただくこと。
 信頼できる技術力のある医師に手術を受けることです。
      ■         ■ 
 日本人で豊胸術を希望する方は…
 Aカップでもパットを必要とするような…
 平らな胸の方です。
 皮下脂肪も薄くて骨が見える方もいらっしゃいます。
 このような方に乳線下や筋膜下に、
 バッグをいれると、バッグが見えみえになります。
 肉がないので…
 皮膚から透けて見えるのです。
      ■         ■
 バッグの縁(ヘリ)が見えたり触れたりすることもあります。
 そこで、バッグを大胸筋という‘肉’の下に入れます。
 シリコンバッグの上に、
 厚いステーキの肉をのせたような状態です。
 そうすると、人工物であるバッグが肉で隠れます。
 大胸筋下法が自然に見える理屈です。
      ■         ■
 大胸筋下法は、術後の痛みが多いなど…
 欠点もありますが…
 自然に見えるのは…
 ワキから大胸筋の下にバッグを入れる方法です。
 これでもすべての方がバレないわけではありません。
 マッサージを続けるという本人の努力も必要です。
      ■         ■
 札幌美容形成外科HPに症例写真が出ている方は、
 女性スタッフが見ても自然で、
 触っても‘本物’と見分けがつかないほどです。
 こうなるために…
 手術後に、麻酔までしてマッサージを続けました。
 自然に見える豊胸術は手術だけではなく…
 手術後のケアーが大切です。
 追記:
 豊胸術を受けるとマンモグラフィーはできません。
 超音波検査やMRIになります。
 札幌美容形成外科では、
 札幌乳腺外科クリニックをご紹介しています。

投稿者 sapporobiyou : 23:53 | コメント (0)

2008年05月18日

彼に言うべきか?

 昨夜(平成20年5月17日)のスマステで、
 若返り美容手術を放送していました。
 番組中に…
 視聴者からの質問がありました。
 『私は、目と胸をいじっています。』
 『彼に打ち明けるかどうかで悩んでいます…』
      ■         ■
 香取慎吾さんが室井佑月さんにきいていました。
 昔、豊胸手術をなさいましたね。
 彼には、打ち明けましたか?と
 室井さんは、きっぱり
 『言わない方がいい』
 『男の人は、整形というだけで引いてしまう人もいる』
 『言わないのは、ウソをついたことにはならない』
 さすが、室井さん。
 言わないのが正解だと私も思います。
      ■         ■
 私は平成10年から14年まで、
 4年間札幌医科大学で形成外科の講師をしていました。
 学生さんに形成外科を教えていました。
 講堂での講義では、個別に話す時間はありません。
 6年生で、形成外科を選択した学生さんとは
 時間をとってディスカッションをすることがありました。
 この時間に雑談を含めて、
 ゆっくりと話す機会がありました。
 これは、今でも楽しい想い出の一つです。
      ■         ■
 当時は約70%が男子学生でした。
 医局で5~6人の小グループに教えていた時です。
 美容外科に興味を持っていた学生がいました。
 学生:『先生、整形したかどうか、どうやったら見分けられますか?』 
 私:『わかるような整形は失敗だよ』
 学生:『エ~っ?本当ですか?』
 私:『目だって、鼻だって、わからないょ』
   『彼女が整形美人じゃイヤかぃ?』
 学生:『そりゃ~、整形じゃない方がイイっすょ』
      ■         ■
 私:『それじゃ、自分が包茎の手術を受けたら彼女に言うかぃ?』
 学生:『先生!冗談はよしてくださいょ!』
     『言うわけないじゃないっスか!』
 男とは勝手なものです。
 こういう人に限って…
 ススキノでは、
 美人で胸が大きな女性が横に座ってくれると…
 鼻の下を長くして喜びます。
      ■         ■
 私は個人的に…
 医学の力を借りてキレイになるのはよいことだと思います。
 女性はキレイな方が、面接でも就職でも得をします。
 同じ人生でしたら、
 キレイでいた方が10倍も100倍も得です。
 夜の世界で働く方だけではありません。
 外国では高学歴で高収入の女性が、
 医学の力を借りてキレイになっています。
 彼に言う必要はありません。
 あなたも医学の力でキレイになりましょう!

投稿者 sapporobiyou : 20:31 | コメント (0)

2008年05月17日

さくらんぼさん②

 さくらんぼさんから果樹園の写真を送っていただきました。
 私はスーパーや青果店で売っている果物しか知りません。
 イチゴ好きなので、自分で苗を植えたことがあります。
 残念なことに自宅で育てても、
 食べられるようなイチゴはできませんでした。
      ■         ■
 今は高齢でマンション住まいになった父親が…
 私の子どもが生まれた20年以上前に、
 実家にサクランボの木を植えました。
 40坪ほどの狭い敷地の裏庭に…
 子どもが大きくなったら喜ぶからと…
 サクランボの苗木を2本植えました。
      ■         ■
 何という種類かも知りませんでした。
 数年で少しずつ実が生るようになりました。
 最初は何とか手が届く高さでしたが、
 そのうち3階の窓の高さ以上になってしまいました。
 こうなると、ちょっと大き目の脚立でも届きません。
      ■         ■
 それでも子どもが小学校のうちは、
 『じいちゃん家のサクランボ』
 を楽しみにしていました。
 せいぜい中学校くらいまでだったでしょうか?
 高校生になると…
 『じいちゃん家のサクランボ』
 よりも、友だちと遊ぶ方がよくなりました。
      ■         ■
 私もたまに、サクランボをとりに行きましたが、
 高いところの美味しいサクランボは
 鳥たちの餌になっていました。
 その家も階段があるため、
 両親が住まなくなり昨年売却しました。
 売る前に、家内と草取りに行き…
 数個のサクランボをとったのが最後でした。
 今年は、家を買っていただいた方の子どもさんが
 サクランボを楽しみにしてくれるでしょうか?
      ■         ■
 私は数個をとるのでも大変でした。
 果樹園でたくさんの果実を育てるのは、
 本当に大変なことと思います。
 果物は収穫の時だけではなく、
 花が咲いた時にも、花を摘むことを知りました。
 そうしないと、実が大きくなりませんね。
 仕事をやめて時間ができたら…
 さくらんぼさんの果樹園に行って
 美味しい空気をたくさん吸ってみたいです。
      ■         ■

ap1.jpg
 千秋(センシュウ)というリンゴの花
 (5月4日)

ap2.jpg
 紅玉というリンゴの花
 (5月6日)

ap3.jpg
 摘花後のリンゴ
 (5月17日)

ya-5.jpg
 果樹園の風景
 (5月17日)

投稿者 sapporobiyou : 22:21 | コメント (0)

2008年05月16日

ライラック開花

 5月に入ってから寒い日が続いています。
 4月の気温が例年より高かったために、
 今年の札幌は、お花がつぎつぎと開花しました。
 今、札幌の花であるライラックが開花しています。
 英語はライラック「Lilac」。
 フランス語はリラ「Lilas」。
 和名はムラサキハシドイといいます。
 札幌市の花です。
       ■         ■
 「リラ冷えの街」という、渡辺淳一さんの小説があります。
 例年、ライラックの花が咲く頃は、寒くなります。
 ライラックは木です。
 札幌市内には、たくさん植えられています。
 有名なのは紫色ですが、白もあります。
 近づくとよい香りがします。
 北大構内にも、医学部にも植えられています。
 私の好きな花の一つです。
      ■         ■
 札幌には、花好きな人がたくさんいます。
 札幌駅北口につながる北8条通りでは、
 アマの花が咲いています。
 アマサポターズクラブという、
 お花の愛好者が、道路を花で飾っています。
 JR札幌駅から札幌ビール園までを
 花で埋めようという、
 ボランティアの方が育てた花です。
      ■         ■
 こちらがアマサポーターズクラブHPです。
 子どもを育てるように、
 アマの種から苗を育てる里親を募集します。
 里親が育てた苗を、移植して育てます。
 今、咲いているアマの花は、
 宿根草タイプのアマです。
 亜麻とホップのフラワーロードという
 素敵な名前がつけられたのが、
 札幌駅北口の北8条通りです。
 アマの花は可憐で小さな花です。
 花好きの人たちが、
 慈しんで(イツクシンデ)
 花を育てている様子がわかります。
 私も時間ができたら是非参加したいと考えています。 

li.jpg
 札幌の花、ライラック

ama.jpg
 アマの花
 (札幌駅北口の北8条通りで)

投稿者 sapporobiyou : 23:29 | コメント (0)

2008年05月15日

心躍る待ち受け画面

 平成20年5月15日、朝日新聞 ひとときへの投稿です。
 心躍る待ち受け画面
 60歳目前のこの春、
 私は体も心もどことなく、すっきりしませんでした。
 でも、一つだけ明るくしてくれるものがありました。
 それは、携帯電話の待ち受け画面です。
      ■         ■
 家族内通話を無料にするために、
 新しい機種に買い替えました。
 使い方が簡単な中高年向けの携帯で、
 真っ赤な色を選びました。
      ■         ■
 待ち受け画面の候補をみると、
 花咲く野原に小さな家が一軒、
 白い犬がちょこんといて、
 真っ青な空に、
 白い雲がぽっかり浮かんでいました。
      ■         ■
 それからが驚きの連続です。
 何日かして、
 時間によって空の色が変わることに気づきました。
 夕方はあかね色に、
 夜は群青の空に星が瞬き、
 流れ星がすーっと流れます。
 早朝はほの白く、
 そしてまた真っ青な空に戻ります。
      ■         ■
 ある時、桜の花びらが舞い、
 犬がいなくなりました。
 少しすると、桜ではなく、
 黄色と白のチョウチョが飛び出しました。
 ここで初めて気づきました。
 これは、季節によって何かが出てくるんだと。
 さらに注意してみると、
 夕方、家の煙突から煙が出始め、
 夜には窓に明かりがともり、
 ちかちかします。
 なんてすてきなんでしょう。
      ■         ■
 若い人はゲームでこんな面面、
 あたり前かもしれませんが、
 私にとっては、
 この仕組みを作った会社の粋な計らいに拍手喝采です。
 埼玉県川越市
 伊藤和代
 主婦59歳
 (以上、朝日新聞から引用)

      ■         ■
 素敵な投稿をありがとうございました♪
 私の携帯待ち受け画面でも…
 同じような設定を検索してみましたが、
 残念なことに見つけられませんでした。
 今はANAのHPからダウンロードした、
 B747が待ち受け画面になっています。
      ■         ■
 以前は愛犬のチェリーを待ち受けにいれたり…
 自分で育てたコスモスを待ち受けにしていました。
 私は、日記のチェック
 (携帯でちゃんと見れるか?)
 とか、HPの確認程度にしか携帯を使っていません。
      ■         ■
 携帯の待ち受け画面にも、
 季節の移ろいとか…
 白い犬とか…
 流れ星とか…
 ちょっとした、ロマンがあると…
 毎日、楽しくなります。
 次回は是非このような待ち受けがある
 機種を選ぼうと思いました。

投稿者 sapporobiyou : 23:59 | コメント (0)

2008年05月14日

札幌の精神科病床数-世界一

 平成20年5月12日北海道新聞朝刊に掲載された記事です。
 論説委員室から
 風
 上村英生(かみむらひでき)
 精神科病床を減らそう
      ■         ■
 札幌の精神科の病床数は日本一、と聞いた時は信じられなかった。
 7,200床あり、市町村(東京は特別区)別では全国一になる。
 人口一万人当たり38。
 世界保健機関によると、世界全体では人口一万人につき1.5だ。
 「日本が世界一だから、札幌は世界一多いまち」と言われる。
      ■         ■
 札幌の精神科は民間病院が大半を占め、
 公立を合わせて35病院に上る。
 病院の開設は許可制である。
 病床数は医療法に基づく地域医療計画で規制されているが、
 権限は都道府県にあり、札幌市にはない。
      ■         ■
 「全道一区」のため、
 医師や看護師を確保しやすい札幌に民間病院が集中した。
 病院が増えたので全道から患者が集まった。
 その結果、
 患者は住んでいた地域社会から離れざるをえなくなった。
 入院期間が長いため、帰る家や家族をなくし、
 札幌で入退院を繰り返しているという。
      ■         ■
 札幌市は4年かけて
 退院可能な400人を社会に帰す目標を揚げた。
 本年度、まず約1,000万円をかける。
 国は、受け入れ条件が整えば退院可能な
 「社会的入院」を、入院者全体の2割とみている。
 札幌にあてはめると、1,400人台になる。
 目標は控えめすぎる。
      ■         ■
 どう進めたらいいか。
 先行例となる札幌の病院2ヵ所を見学した。
 日本の精神科の平均入院期間が300日を超える中、
 昨年度の平均が114日だった民間病院を訪ねた。
 フェンスや鉄格子もなく精神科に見えない。
 代わりに、危険防止を考えて窓ガラスを厚くし、
 全開できないよう工夫していた。
      ■         ■
 ストレス疾患に対応した病棟を見た。
 3ヵ月以内に退院させている。
 部屋はホテル並みで快適そう。
 長期入院患者を退院させるため、
 家族を2年かがりで説得し、
 クループホームに送り出した例もある。
      ■         ■
 病状が悪化すると、
 家族が「病院に入れておきたい」と思うからだ。
 難しいのは地域でその人らしい生活をすることにある。
 楽しみや役割、住民との連携など、
 生活の質を大切にしている。
      ■         ■
 この病院は長期入院者の退院先として
 民間アパートの一室を借り上げ、
 女性2人で暮らす共同住居を18年前に開設した。
 当時は偏見が強く、賃貸契約にも苦労した。
 だが、病院が支え、家主の信頼を得た。
 現在はグループホームを含め
 7ヵ所の住居を運営している。
      ■         ■
 市立病院静療院は、5つあった
 成人・老人病棟院患者を少しずつ減らし、
 すでに3棟を閉鎖した。
 安田素次院長は
 「良い薬がどんどんできて、今は3ヵ月ぐらいで退院できる」
 と語る。
 その分、外来患者が膨れあがっている。
      ■         ■
 問題は長期の患者を多く抱えた民間病院だろう。
 病床を減らせば、
 それまでいた看護師らスタッフの人件費が賄えなくなる。
 どう軟着陸させるか。
 もうひとつの課題は、地域の受け皿づくりだ。
 札幌には、受け皿となる地域生活支援センターが5ヵ所ある。
 そのうちの一つでは、
 退院した人や入院患者も来て、
 話をしたり、お茶を飲んだりしていた。
 相談窓口もある。
      ■         ■
 市は各センターに、
 地域と病院の双方に働きかける調整役と
 自立支援員を置くことにしている。
 退院した人たちが、
 社会で生きられる仕組みを充実させたい。
 道内には、十勝管内に全国的な先進例がある。
 入院する必要がない人を
 病院の都合で入院させてはいけない。
 (以上、北海道新聞より引用)

      ■         ■
 私は何回か書いたことがありますが、
 学生時代に精神科医になろうと思った時期がありました。
 『血を見るのが怖かったからです』
 今となっては笑い話ですが、
 当時は本当に血を見るのを想像しただけで、
 背筋がぞっとしたものでした。
      ■         ■
 医療費を含む社会保障費の中で、
 精神科や精神病院の費用がどの程度かは知りません。
 長期入院中の精神科患者さんは…
 大部分が生活保護を受けていらっしゃいます。
 医療費と生活費に税金が使われています。
 うつ病で長期に職場を離れる人も増えています。
 国は、精神疾患に対する根本的な対策をとるべきです。
      ■         ■
 札幌の精神科病床数との因果関係は不明です。
 札幌は同規模の他都市と比較して、
 重大犯罪が少ないと聞いたことがあります。
 北海道新聞の記事に掲載されてはいませんでした。
 精神疾患をどう扱うかで、犯罪率にも影響すると言えます。
 重大な犯罪を犯した犯人の弁護士さんは、
 精神鑑定の結果、責任能力がないと…
 無罪を請求します。
 社会問題の一つとしてもっと政府に取り組んで欲しい課題です。

投稿者 sapporobiyou : 21:33 | コメント (0)

2008年05月13日

美容外科のお客様②

 この日記を書きはじめた頃に、一度書いたことがあります。
 平成18年10月30日の日記です。
 美容外科のお客様は、
 きれいで年齢より若く見える方が多いのが特徴です。
 若くてキレイなら美容外科へ行く必要がない、
 と思われる方がいらっしゃるかもしれませんね。
 生まれつき美人でキレイな方も歳をとります。
 どんなに美人でも、
 手間と暇とお金をかけなければ美しさを保てません。
 女優さんがいくつになってもキレイなのには理由があります。
 努力なさって手間も暇もお金もかけていらっしゃるからです。

      ■         ■
 最初の頃の日記は、この程度でした。
 もう少し付け加えます。
 若くてキレイな方でも、美容外科を受診されます。
 ‘医学の力’を借りて…
 もともとのキレイに磨きをかけます。
 言われなければ、
 どこをどう‘お直し’したか全くわかりません。
      ■         ■
 私たち、形成外科医は事故でケガをなさった方とか…
 生まれつき、口唇とか指とかが…
 他の子どもと、少し違うとかの…
 いわゆる‘病気’の治療を得意とします。
 美容外科は…
 『美しい人をより美しく!』です。
 つまり、スタート時点が違うのです。
 健康で正常な方に‘治療’を施す(ホドコス)のが…
 美容外科です。
      ■         ■
 形成外科は確かに、
 技術的に優れたものを持っています。
 技術力があるので、
 『あなたの目は切った方がよいです』
 と自信を持って言えます。
 ところが…
 たとえ、医療従事者でも
 『切るのが怖い!』
 という方もいらっしゃいます。
      ■         ■
 ここで、形成外科と美容外科の違いが出ます。
 形成外科医は、
 『あなたの目は、下垂していて、黒目が隠れています。』
 『埋没法でプチ整形をしても、すぐにとれます。』
 『私は切開する手術をおすすめします。』
 『糸で留める手術はダメですょ』
 美容外科医は、
 『切るのは誰でも怖いものです。』
 『糸で固定する手術は、数年後に元に戻る可能性があります。』
 『ただ、腫れは切る手術より少ないです。』
 『2~3日もあればお仕事にも復帰できます。』
 『まず糸で固定する手術をしましょう。』
      ■         ■
 形成外科医と美容外科医は、
 このくらいの違いがあると、私は考えています。
 私は、まだまだ形成外科医の領域です。
 なかなか美容外科医になり切れません。
 この違いに悩みます。
 さくらんぼさん、わかっていただけますか?

投稿者 sapporobiyou : 23:59 | コメント (0)

2008年05月12日

十仁スピリット

 こんなことを書くと、
 十仁病院の梅澤先生に叱られるかもしれません…
 私が勝手につけた名前です。
 私に美容外科を指導してくださったのは、
 中央クリニック新宿院の日高先生でした。
 日高先生は、東海大学医学部をご卒業後、
 正確に言うと、東海大学在学中から…
 美容外科に興味を持っていらした先生です。
      ■         ■
 日高先生に形成外科の講義をなさったのが、
 昨日、特別講演をしてくださった、
 東海大学形成外科の谷野隆三郎教授でした。
 日高先生は東海大学卒業後に十仁病院へ入職。
 私が形成外科医として経験したのと同じ歳月を、
 美容外科医として活躍された、生粋の美容外科医です。
 日高先生と中央クリニック新宿院で、
 ご一緒に手術をさせていただいた日々は、
 私にとって何物にも代えがたい、
 貴重な財産となりました。
      ■         ■
 2002年(平成14年)春に札幌医大をクビになって、
 毎日落ち込んでいて…
 うつ病になりかけていた私を救ってくれたのが、
 日高先生と中央クリニック新宿院のスタッフでした。
 人生でもっとも辛かった時期でした。
 この時期に、
 日高先生から教えていただいたのが、
 十仁スピリットです。
      ■         ■
 日高先生から教えていただいた…
 美容外科スピリット
 美容外科は‘技術’だけでは食べて行けません。
 ‘お客様のニーズ’に合わせた手術や治療を提供できるのが
 美容外科だと日高先生から教えていただきました。
 私はまだまだ修行が足りません。
 横柄な形成外科医のままです。
 自分の考えに合わない手術はお引き受けしていません。
      ■         ■
 十仁系の日本美容外科学会に出席すると…
 この美容外科スピリットが気になります。
 私は自分の技術を安売りするつもりはありません。
 ただ、自分の技術を押し売りしてはいないか?と反省します。
 つまり、切らない手術を希望される方には…
 たとえ数年後には効果が少なくなる方法でも…
 お客様のニーズに合わせた手術を‘売る’ことができるのが
 真の美容外科医のような気がします。
      ■         ■
 その意味で、梅澤先生や高須先生の率いる、
 日本美容外科学会(十仁系)は、貴重な存在だと思います。
 私たち形成外科医は、技術重視のあまり…
 顧客の要望に耳を貸さない風潮がある?
 ような気がしています。
 美容外科が、大学病院よりも、
 新橋駅前で繁盛したのは…
 お客様に支持された賜物だったと感じています。

投稿者 sapporobiyou : 23:50 | コメント (0)

2008年05月11日

第94回日本美容外科学会

 平成20年5月11日、東京お台場で開催された、 
 第94回日本美容外科学会に参加して来ました。
 今回の学会長は、銀座みゆき通り美容外科の水谷和則先生です。
      ■         ■
 何回か書いていますが、
 日本美容外科学会は、同姓同名の2つの学会があります。
 今回の学会は、十仁学会と呼ばれている学会です。
 今年は、
 今まで参加していなかった形成外科の先生が多数参加していました。
 水谷会長が形成外科の先生に声をかけて、
 有名な先生の教育講演や
 パネルディスカッションを企画して下さったからです。
      ■         ■
 学会を開催するのは、
 大学医局ですら大変なことです。
 開業医が日常診療の合間に、
 企画・交渉をして、準備をするのは、
 肉体的にも精神的にも経済的にも大変です。
 今回の日本美容外科学会は、参加人数も多く、
 韓国や中国からの参加者もありました。
 内容も充実していました。
 水谷和則会長に、心から感謝します。
 本当にご苦労様でした。
      ■         ■
 今回の学会で、
 ノエル銀座クリニックの保志名先生、
 シエル美容クリニックの小田先生など、
 十仁病院OBの先生のご発表をお聞きしました。
 保志名先生が出された、
 十仁病院の古い美容外科のスライドを拝見して、
 改めて十仁学会の歴史を感じました。
      ■         ■
 形成外科系美容外科は、どちらかというと技術や理論を重視。
 十仁病院の美容外科は、顧客ニーズを重視。
 お客様が、切る手術がイヤと言えば、
 多少無理でも、できる限り切らずにやるのが、
 十仁スピリットと感じました。
      ■         ■
 発表内容では、
 日本人を外人の顔にしてしまう、
 ヴェリテクリニック銀座院の、 福田慶三先生。
 顔面骨を見事に切って、
 小顔の美人を作る、
 リッツ美容外科東京院の広比利次先生。
 どちらの手術も私はしておりません。
 見事な仕上りでした。
      ■         ■
 高須クリニックの高須克弥先生は、
 糸を使った顔面若返り手術の歴史を、
 ご自身が海外へ行かれて撮影されたビデオ。
 また、高須先生ご自身が、
 海外の学会で金の糸を入れられたビデオなど、
 ふだんわれわれが見ることができない、
 貴重な映像をみせてくださいました。
      ■         ■
 学会に参加して、他の先生の手術を見たり、
 旧知の先生とお話しするのは楽しいことです。
 韓国の先生ともお話ししました。
 最後の講演で、東海大学病院長を務められた、
 谷野隆三郎先生から
 美容外科にとって必要な医療安全と医事法制について、
 ご自身のご経験を踏まえた講義がありました。
 身の引き締まる思いでお聞きしました。
 また、明日から頑張って診療を続けます。
 水谷先生ありがとうございました!

投稿者 sapporobiyou : 23:59 | コメント (0)

2008年05月10日

焼身自殺の悲惨さ

 平成20年5月10日の北海道新聞朝刊で、
 私の日記(ブログ)のことを取り上げていただきました。
 平成20年5月1日に書いた硫化水素自殺についてです。
 記事を書いてくださった、記者さんに感謝します。
 これで少しでも、硫化水素自殺が減ることを願っています。
      ■         ■
 硫化水素自殺よりもっと悲惨なのが…
 焼身自殺です。
 平成19年5月29日の日記に書いてあります。
 もう一度繰り返します。
 焼身自殺は簡単に死ねると思うかもしれません。
 ところが自殺法の中で、
 一番最後まで意識があって苦しむのが焼身自殺です。
      ■         ■
 人間や動物が死ぬ時は心臓や呼吸が止まり、
 脳や臓器に酸素が行かなくなって死にます。
 熱傷を受傷しても簡単に心臓は止まらず、
 意識もあります。
 自分の体が黒焦げになって、
 手も指も炭のようになっているのが見えます。
      ■         ■
 何度もなんども手術を繰り返しても、
 ‘絶対’に元のキレイな皮膚には戻れません。
 指もなくなってしまいます。
 さらに、自殺は自己の重大な過失による外傷なので
 原則的に健康保険は使えません。
 救命救急センターに入院すると、
 入院費が最高で一ヵ月に1,000万円にもなることがあります。
      ■         ■
 私が治療を担当させていただいた患者さんで
 数ヵ月に及ぶ治療費が2,000万円にもなって、
 両親が家を売って支払った症例もありました。
 残念なことに結局その方は亡くなりました。
 医療従事者にとって…
 懸命に治療したけれど命を救えなくて、
 治療費の借金だけが残った症例はとても悲しくつらいものです。
 (ここまでが、昨年の日記の内容です。一部改変)

      ■         ■
 平成20年5月10日、朝日新聞朝刊には、
 自殺で死に切れなかったので、
 人を殺して死刑にしてもらうために…
 殺人を犯したという、記事が掲載されていました。
 自殺者は増えており、避けては通れない問題です。
 自分が死にたいから、他人を殺して死刑にしてもらう…
 考えただけでも、ぞっとします。
      ■         ■
 われわれ医療従事者、
 特に救急医療に携わった者は、
 自殺の悲惨さをよく知っています。
 自殺したら…
 こんなになっちゃうょ!
 こんな屍(シカバネ)になっちゃうょ!
 それでも、そんな死に方を選ぶの?
 という情報が少ない気がします。
      ■         ■
 医学部6年間の教育の中で…
 焼身自殺をしたら、
 こんなになってしまうという授業はありません。
 熱傷(ヤケド)についての講義はありますが、
 どんな自殺法で…
 どんな状態になるか…?
 法医学の講義を真面目に聴いていると、
 少し出てくる程度でしょうか?
 それでも、救命救急センターで行われている…
 広範囲熱傷(重症のヤケド)の実態はわかりません。
      ■         ■
 焼身自殺をすると…
 自分の体が、
 動物の丸焼き(トリとかウシ・ヒツジなど)と同じになります。
 激しく焼けると、顔かたちもわからなくなります。
 一部だけ激しく焼けて、
 両下肢の切断になってしまった方もいらっしゃいました。
 とにかく、身体の損傷が一番激しい死に方の一つです。
      ■         ■
 また、焼身自殺を自宅や建物の中ですると…
 火災になります。
 自殺による火災には、保険がおりません。
 そればかりか、高額の損害賠償請求が待っています。
 つまり、残された家族は高額の治療費の他に
 自殺の巻き添えで火災に遭った人から…
 莫大な金額を請求されます。
 火災で他人を殺してしまったり…
 消火作業に当たった消防士さんが殉職なんてこともあります。
      ■         ■
 それだけ焼身自殺は悲惨です。
 自殺が未遂に終わり…
 全身大ヤケドで生き残ると… 
 生涯そのキズは元には戻せません。
 硫化水素自殺も
 焼身自殺も
 決して楽な死に方ではありません。
 人殺しをして死刑になろうと思っても…
 簡単に死刑にはしてくれません。
 長い裁判が待っています。
 国や厚生労働省は、
 自殺予防をもっと積極的に取り上げて欲しいです。
 マスコミの方も、よろしくお願いいたします。

投稿者 sapporobiyou : 10:27 | コメント (1)

2008年05月09日

日記を続ける理由

 私が夫婦喧嘩までして、
 日記を書き続けるのには理由があります。
 まず、私という一人の人間が生きた証(アカシ)
 として残したいという思いです。
 自分の考えを誰にも邪魔されずに、
 発信することができます。
 また、自分の治療方針とか医療に関する考えも
 ストレートに伝えられます。
 誰にも検閲されず、修正もされません。
      ■         ■
 治療方針について何度も書いているので、
 日記を読んで受診してくださる方は、
 まず、トラブルになることはありません。
 逆に、私のような偏屈オヤジが嫌いな方は受診されません。
 私には、形成外科医としてキズに対するこだわりがあります。
 手術をしたら、キズをキレイに治すために禁煙していただきます。
 こんなウルサイのが嫌いな方は受診されません。
      ■         ■
 たまにしか書かない日記でしたら、適当にウソも書けますが…
 毎日まいにち、ウソは書けません。
 日記に書いてあることは、すべて私の本音です。
 私は自分で手先は器用だと思いますが、
 生き方は不器用です。
 ウソをついて、他人を騙す(ダマス)ことは大嫌いです。
 そんな私の生き方を、日記に書いています。
      ■         ■
 もう一つは、自分自身のために書いています。
 年をとったのでしょう。
 昔のことはよく覚えていますが、
 最近のことはすぐに忘れます。
 あれアレが多くなりました。
 札幌美容形成外科の職員や看護師は…
 アレでわかってくれます。
 ありがたいことです。
 メガネを置き忘れても、すぐに見つけてくれます。
      ■         ■
 日記を読み返すと…
 自分で言ったことや書いたことが記載してあり
 備忘録(ビボウロク)になります。
 いつ何をしていたかもわかります。
 また、書く前には、かなり考えます。
 新聞を読んだり、ネットで調べたりします。
 自分の勉強にもなります。
 最高のボケ防止だと思っています。
      ■         ■
 自分の子どもを含めて、
 今の若い人は新聞を読みません。
 新聞には、
 ネットでは得られないたくさんの情報があります。
 新聞を読まない、若い人に…
 自分が知ってためになったことを、
 伝えたいという思いがあります。
 私が、日記で新聞記事をよく取り上げるのはこのためです。
 若い方に…
 もっと新聞を読んで欲しいという思いがあります。
      ■         ■
 最初は、新聞社にリンクを貼るだけでした。
 ところが、新聞社HPの記事は、
 一部を除いて…
 時間が経つと読めなくなることに気づきました。
 そのため、手入力で新聞記事を拾います。
 手間はかかりますが、
 自分で読み返す時も楽です。
      ■         ■
 新聞の情報ですら、間違っていることがあります。
 特に、新聞の折り込み広告には、
 胡散臭い(ウサンクサイ)広告がたくさんあります。
 北海道新聞に広告が出ていたから…
 TVで宣伝していたから…
 と信用して…
 手術を受けて可哀想な結果になった方が、
 受診されることもあります。
      ■         ■
 同業者の嫌がらせと思われる…
 仕打ちを受けることもあります。
 私は、何をされても…
 一人の医師として許せないことは摘発し続けます。
 それも、この日記の一つの目的です。
 私が好きなのは、
 この道一筋何十年という、頑固オヤジです。
 偏屈な頑固オヤジの日記を今日も読んでいただき、
 ありがとうございました。

投稿者 sapporobiyou : 23:59 | コメント (1)

2008年05月08日

デュオ・リサイタル

 今日は札幌コンサートホールKitaraに行ってきました。
 デュオ・リサイタル
 松本佳奈子&松本瑠衣子
 2008年5月8日(木)
 7:00PM開演
      ■         ■
 松本佳奈子 ヴァイオリン
 1981年 札幌生まれ。4歳よりヴァイオリンを始める。
 桐朋学園大学音楽学部を経て
 2007年3月ドイツのロストック音楽大学を卒業。
 現在、兵庫芸術文化センター管弦楽団団員
 (ヴァイオリン フォアシュピーラー)として在籍。
      ■         ■
 松本瑠衣子 チェロ
 1986年 札幌生まれ。3歳よりヴァイオリンを始める。
 桐朋学園大学ソリスト・ディプロマコースを経て
 現在、ベルリン音楽大学“ハンスアイスラー”にて留学中。 
 このお二人は姉妹です。
      ■         ■
 私はクラシックファンではありません。
 ヴァイオリンもチェロもめったに聴きません。
 普段は、葉加瀬太郎さんとか…
 アンドレギャニオンとか…
 ヒーリング、または
 癒し系の音楽を好んで聴いています。
      ■         ■
 この松本姉妹のリサイタルに行ったのは、
 姉妹のお父さんが、
 札幌スキンケアクリニックの
 松本敏明先生だからです。
 平成20年4月11日の日記に書いたように、
 松本先生は私の札幌医大の先輩であり、
 北大形成外科の先輩です。
      ■         ■
 私が、北大形成外科に入局したのも、
 松本敏明先生にお電話をいただいたからです。
 2008年1月5日の日記に書いた、新年家族会の写真で、
 前から3列目、左から4人目の
 お母さんに抱かれた子どもが、松本佳奈子ちゃんです。
 今日は、
 元北大形成外科の先生、奥様、看護婦さんが、
 たくさんいらしてました。
 ある看護婦さんが、同窓会みたいだと言われてました。
      ■         ■
 私に、注射の仕方やガーゼのたたみ方、
 包帯の巻き方を教えてくださった、
 元北大形成外科外来の看護婦さんもいらしていました。
 とても懐かしい時間でした。
 私は、シュトラウスもブラームスもラヴェルもわかりません。
 松本先生は学生時代から、音楽を趣味にされていました。
 奥様も藤女子大学で、音楽をなさっていたとお聞きしました。
      ■         ■
 二人のお嬢様が、
 晴れて音楽家になられたのは…
 ご両親からの血筋と教育の賜物です。
 いつも学会で元気のよい松本先生の背中が…
 今日は少し小さく見えました。
      ■         ■
 お二人のお嬢さんが立派になられて…
 感無量の想いで聴いていらっしゃるように見えました。
 私はあらためて、
 北大形成外科という
 とても家族的な医局で修行ができたことを感謝しました。
 今日は懐かしい先輩にお会いできてとてもよい日でした。
 もちろん仲良く家内と聴きに行きました。
 

mkr.jpg
 佳奈子さん&瑠衣子さん

投稿者 sapporobiyou : 23:59 | コメント (0)

2008年05月07日

苦労しています

平成20年5月から日記にコメントをいただけるようになりました。
美容の杜にいただいたコメントです。
気で気を病む者さん(平成20年5月5日)
夫婦に温度差が出来たり
背中合わせに成ってしまった時
夫婦は修復の手段として
どんな前向きな行動が安穏により近づけられるのだろうか?
■         ■
優しい言葉を選んでみたり
こうすれば喜んでくれるのではなかろうか 等
模索して早10年以上が過ぎて
辛抱と忍耐?の生活が進行形です
世間的には?離婚は留まっていますが
勿論
皆様はこんな苦労はして居ないとお察ししておりますが〔苦笑〕
■         ■
さくらんぼさん(平成20年5月6日)
何回もcommentしてすみませんm(_ _)m
先生の日記は美容形成に関しては
もちろん 親切・丁寧に説明されているのですが
私が一番好きなのは 先生の姿が 古いアルバムのように見える 内容です
(Blog内で先生の写真を拝見しただけで お会いした事も電話で声を聞いた事もありません)
■         ■
炭鉱町の様子は何か 癒されるような記述で情景が目に浮かびました。
また 遠距離恋愛で奥様を見送る姿は
遠くなる飛行機をいつまでもみている先生の姿が目に浮かび、
と、同時に若かりし頃の熱い思いが思い出され、
そんな気持ちもう 忘れてしまっていたっけ、
なんて 思いました。
ここまではセピア色の白黒写真で目に浮かびました。
■         ■
カラーで目に浮かぶ姿は
ホワイトデーの白い恋人を買いに札幌の町を歩く先生の姿です。
先生は 国文科?と間違えるほど 情景が浮かぶ記述で、
それがとても ほのぼのとしていて 大好きです。
これからも 無理しないで 楽しませてくださいね。
■         ■
私は平成20年2月4日にも書いたように、よく夫婦喧嘩をします。
喧嘩をしなかったのは、結婚してから2年間程度?
あの頃は、幸せでした…。
今、考えても人生で最良の日々だったように思います。
子供が生まれてからは、よく喧嘩になりました。
他愛もないことが原因です。
開業してからは、
医師としての診療や手術以外で困ることが多く、
よく喧嘩になります。
■         ■
この日記も苦労して書いています。
ほぼ毎日、何を書こうか構想を練っています。
新聞もよく読むようになりました。
朝、草稿をPCに下書きします。
内容に不安がある時は、時々職員にチェックしてもらいます。
(女性の目で見てどうだろうか…?など)
夜、自宅でもう一度チェックしてからUPしています。
先日のサーバートラブルのようなアクシデントがあると…
草稿の準備ができないことがあります。
■         ■
また、毎日まいにちスラスラと書けるのではありません。
途中まで書いて行き詰まることもよくあります。
そんな時に、嫁さんに横でガタガタされたり…
TVの音量が大きいと、イライラが爆発します。
『ドッカーン』と原子爆弾が落ちたようになります。
■         ■
私に八つ当たりしないでよ!
少しはオレのことも考えろよ!
そんなに言うなら、代わりに院長日記書いてよ!
院長婦人の日記なら、みんな見たがってるょ!
私にはそんなことはできません。
できないって言う前にやってみたら…
ボクだって最初から書けた訳じゃない。
最初の日記は短いよ!
■         ■
ご期待を裏切るようで…
大変申し訳ございません。
私は手術は丁寧で、診療も手を抜いたりしませんが…
決して良い夫ではありません。
気で気を病む者さんの、
温度差とか背中合わせはよくあります。
これはどこの夫婦でも同じではないでしょうか?
完璧な人間なんていませんょ!
私だって苦労して、努力して生きています。

投稿者 sapporobiyou : 23:28 | コメント (1)

2008年05月06日

こいのぼり

 私が小さい頃、家に鯉のぼりはありませんでした。
 家内もお雛様を持っていなかったそうです。
 今から23年前に、長男が生まれました。
 家内の両親が、こいのぼりを贈ってくれました。
 当時、私は北大形成外科のチーフレジデントをしていました。
 以前にも書いたように…
 長男が生まれた時刻に、
 私は北大病院で、患者様の病理解剖に立ち会っていました。
      ■         ■
 当時住んでいたのは、札幌市北区新琴似のマンションの1階でした。
 3LDKで、家賃が管理費込みで6万円でした。
 北大病院のお給料では、マンションを購入する余裕はありませんでした。
 転勤も多かったので、賃貸マンションをお借りして住んでいました。
 JR新琴似駅からすぐで、
 近くにフレッティーというスーパーもあり便利なところでした。
 私はこのマンションが気に入っていました。
      ■         ■
 家内の両親が贈ってくれた鯉のぼり。
 マンションの1階だったので、ベランダ外側の、
 敷地内に立てました。
 今でしたら、管理規約でダメと言われるかも知れません。
 そこのマンションでは、特にお咎め(オトガメ)もなく、
 鯉のぼりを黙認してくれました。
      ■         ■
 鯉のぼりを上げるのは、家内の役目でした。
 雨の日は上げられません。
 朝、上げて…
 夜、しまいます。
 私は休日程度しか、上げませんでした。
 鯉のぼりは、この上げ下げが結構面倒だと知りました。
      ■         ■
 新琴似から、釧路労災病院へ転勤しました。
 釧路労災病院でも官舎の敷地内に立てた記憶があります。
 ただ、釧路の5月は寒くて、霧も出ました。
 あまり、鯉のぼりの出番がなかった記憶があります。
      ■         ■
 釧路の次は、函館中央病院に一年間勤務しました。
 函館の住宅は、五稜郭公園のお堀の前でした。
 自宅の窓から、
 五稜郭公園の桜が見える最高の場所でした。
 ただ、そこは3階建のアパートだったので、
 鯉のぼりを立てる場所がありませんでした。
      ■         ■
 札幌へ帰って来たのが、平成元年でした。
 私が35歳。
 長男が4歳でした。
 まだ、鯉のぼりを喜ぶ年齢だったので、
 西区山の手に新築した自宅で、
 久しぶりに鯉のぼりを立てました。
 住宅ローンで、家計は火の車でしたが、
 久々に空を泳いで、鯉のぼりも楽しそうでした。
      ■         ■
 ただ、山の手の家は川のそばにあり…
 風が強い場所でした。
 家内いわく、鯉のぼりを上げても…
 ポールに絡まって(カラマッテ)しまい…
 鯉が上手に泳がない。
 山の手には、
 平成元年から平成6年まで住んで、
 帯広厚生病院に転勤となりました。
      ■         ■
 帯広で、鯉のぼりを上げたかどうか…?
 記憶が定かではありません。
 帯広では、西帯広の住宅地に、
 一軒家をお借りして住んでいました。
 とても快適な家でした。
 私の記憶では、最後に鯉のぼりを上げたのは…
 子供が小学生だった、山の手の家だったと思います。
      ■         ■
 さくらんぼさんが、
 昨日の日記でコメントしてくださったように…
 子供が大きくなると、
 鯉のぼりより、
 部活のサッカーや友人との釣りが楽しくなり、
 家で鯉のぼりを上げても喜ばなくなったためでしょう。
 鯉のぼりは…
 男の子が生まれて喜んだ、
 親と祖父母のためにあったのか?
 と考える年齢になりました。

投稿者 sapporobiyou : 20:52 | コメント (0)

2008年05月05日

こどもの日

 今日はこどもの日です。
 わが家には、
 もう、こどもと呼べるような、小さな子はいません。
 こどもは交通機関の料金体系を見ても、
 せいぜい小学生まででしょう。
      ■         ■
 こどもの定義は、はっきりしていません。
 小児科は従来は中学生までを診療していました。
 高校生になると、小児科は卒業でした。
 現在、日本小児科学会ではHPに次のように書いています。
 ■■小児科医は子ども達が成人するまで見守ります ■■
 日本小児科学会では、小児科が診療する対象年齢を、
 現在の「中学生まで」から「成人するまで」に引き上げること、
 そして、その運動を全国的に展開することを、
 平成18年4月に決定しました。
 これまで小児科に通院していた15~20歳の方はもちろん、
 これまで小児科に通院していなかった15~20歳の方も、
 どうぞ、気軽に小児科医に御相談下さい。
 小児科医は、積極的に診察して参ります。
      ■         ■
 私たち形成外科医も、こどもの病気を治療します。
 今は入院施設がないので、小児の手術はしていません。
 私が総合病院や大学病院の形成外科医だった時は、
 唇顎口蓋裂などの手術をよくしていました。
 生まれつき口唇が割れている唇裂の手術は、
 私が得意とする分野でした。
 口唇を治すだけではなく、鼻の形を整えたり、
 矯正歯科の先生と歯並びのために骨を移植したりしました。
      ■         ■
 今でも、昔、手術をさせていただいた方をたまに診察しています。
 もう、すっかり大きくなっていて、
 こどもとは言っては失礼な年齢になっています。
 それでも、赤ちゃんの時から診ている
 ○○くん、
 ○○ちゃん、
 たちは自分の子供のように可愛いものです。
      ■         ■
 私自身も市立札幌病院に勤務していた時に、
 小児科を受診しました。
 おたふくかぜ(正式には流行性耳下腺炎)が流行しました。
 私は、おたふくかぜに罹った記憶があいまいでした。
 小児科の先生に相談したところ、
 ワクチンを接種した方がよいと言われました。
 ワクチンは小児科にしかなく、自費だったので、
 小児科のカルテをつくり、
 小児科でワクチンを注射してもらいました。
      ■         ■
 市立札幌病院では、小児科学会の決定以前から、
 中学生以上の方も小児科で治療していました。
 小児糖尿病や喘息など、
 高校生になったからといって、
 すぐに小児科を卒業できない病気もあります。
 私は、こどもの時から診てくださった先生が
 ‘大人’になってからも診察してくれるのはよいことだと思います。
      ■         ■
 元気なこどもさんばかりではありません。
 病気で苦しんでいるこどももたくさんいます。
 中には、こどもなのに亡くなってしまう、
 とても可哀想な病気もあります。
 立派な先生の子どもさんも、ガンで亡くなってしまいました。
 こどもも親もかわいそうです。
 医療者にできることには限りがあります。
 医学も万能ではありません。
 医学が進歩して、
 不幸な病気が一日も早く根絶されることを願っています。

投稿者 sapporobiyou : 22:40 | コメント (0)

2008年05月04日

階段男

 平成20年5月4日、朝日新聞日曜版の記事です。
 元気の秘密
 常に鍛えるそれがプロ
 喜劇役者
 伊東四朗(いとうしろう)さん
      ■         ■ 
 5階までなら、必ず階段を使うように心掛けている。
 1階だけでもエレベーターに乗るのを見ると
 「もったいない」と思う。
 「人に見てもらう仕事をしている。
 鍛えておかなければいけない。
 それがプロだろう」。
 そう語る厳しい表情が一転、ほほ笑みに。
      ■         ■
 「階段男ですね」
 自宅に戻ると、
 都内などの街の様子が映し出されるウォーキングマシンで4~8㌔歩く。
 その後、風呂に入りながら、百人一首などを声に出して覚える。
 覚えるものは大リーグの全球団名だったり、全米の州名だったり。
 その日によって変えている。
      ■         ■
 5、6年前、「脳の細胞は毎日死滅している」
 と聞いたことがきっかけで始めた。
 「脳を休ませちゃだめだと、
 時間があれば台本の脇に暗記したい数字を書き連ねることも。
 「つまらないだろうと言われるけど、そんなことはない。
 仕事のためにやっているんだから。せりふの入りもよくなった」
      ■         ■
 テレビ番組の司会のほか、映画、ドラマでシリアスな役もこなす。
 ただ、あくまでも自らのことは「喜劇役者」と呼ぶ。
 「世の中、普通の生活の中に喜劇的なことがいっぱいある。
 それを見過ごしているだけですからね。
 刑事役を演じていても
 『こう言ったら和むだろう』なんて、
 喜劇の視点で考えたりしている」
 いつでも仕事を活力にしているようだ。
 文・本多昭彦 写真・安藤由華
      ■         ■
 1937年、東京生まれ。
 1962年、三波伸介、戸塚睦夫と
 「てんぶくトリオ」を結成し人気に。
 テレビ番組の司会やコント、
 「おしん」(NHHK)など
 多数のドラマ・映画の役者と、幅広い分野で活躍。
 6月7日公開の
 映画「築地魚河岸三代目」(松原信吾監督)で
 2代目店主役を演じている。
 「伊東四朗一座」を作り、舞台喜劇も続ける。
 (以上、朝日新聞より引用)
      ■         ■
 私も平成18年11月6日の日記に書いたように…
 ‘階段男’です。
 きっかけは、健康診断で中性脂肪が正常値の3倍だったことでした。
 内科の友人に相談し、運動をすすめられました。
 当時は今よりもっと働いていました。
 休日もありませんでした。
 もちろんスポーツクラブに行く時間もありませんでした。
      ■         ■
 日常生活の中で、できる運動法を探しました。
 以前にも書いたように…
 整形外科教授の石井清一先生が、
 朝、エレベーターを使わずに…
 1階から10階まで、
 歩いて上がられるのを見てチャレンジしました。
      ■         ■
 私の形成外科医局は13階にありました。
 札幌医大の最上階でした。
 最初は、5階まで上がっただけで…
 息が切れました。
 その後、8階、10階と少しずつ休まずに上がれるようになりました。
 退職する頃には、
 地下一階の外来から13階まで…
 ヒョコヒョコ上がれるようになりました。
      ■         ■
 大学時代には学生実習も担当していました。
 臨床実習に来た学生さんに言いました。
 『エレベーター来ないから、階段で上がろう!』
 『先生、マジっすかぁ?』
 『13階っすよ!』
 勇気ある学生さんが、私に着いてきました。
 全員、8~10階付近で、
 『もう、ダメっす!』
      ■         ■
 私は今でも…
 毎朝、札幌美容形成外科のスノー会舘ビルの階段を上がります。
 6階建ですが、屋上の7階まで階段があります。
 たまに、下の雪印パーラーの店員さんと会います。
 変なおじさんと思われていることだと思います。
 階段のおかげで、中性脂肪は下がったままです。
 これからも、階段を愛用したいと考えています。

投稿者 sapporobiyou : 22:04 | コメント (1)

2008年05月03日

サーバー移転と不具合

 平成20年5月1日から、
 札幌美容形成外科HPのサーバーを移転しました。
 開院時から、NTT関連会社のサーバーを使用しています。
 以前は容量の関係で、
 日記のコメントも入れられませんでした。
      ■         ■
 新しいサーバーは、容量が大幅にUPしたので、
 日記のコメントも入るようになりました。
 サーバーの移転は、簡単な作業ではありませんでした。
 日記で使用しているプログラム。
 セキュリティの設定など、
 私には無理な部分がたくさんありました。
      ■         ■
 今回も、オフィスクロスロードの須崎克之さんにお世話になりました。
 4月上旬から準備をはじめました。
 何回かテストをして、万全の体制で臨みました。
 須崎さんに設定していただいた、プログラムは問題ありませんでした。
 ところが、昨夜からメールの送受信ができなくなりました。
      ■         ■
 NTTの関連会社は連休でお休みです。
 途方に暮れて、自分でいろいろ設定を変更してみました。
 それでもつながりません。
 困りました。
 連休中に病気になったり、ケガをして困るのと一緒です。
 原因はサーバーの基幹ソフトウェアの動作異常でした。
      ■         ■
 こちらからNTTの関連会社に連絡しようにも、
 連絡はできませんでした。
 インターネットは便利ですが、
 サーバーに不具合があると困ります。
 一番、信頼できそうな会社を選んだのですが、
 それでもこの状態です。
      ■         ■
 須崎さんには電話でも、メールでもすぐに連絡がつきました。
 NTTには電話は通じません。
 連休でお休みです。
 HPの工事・障害情報の項に
 お知らせ
 メールサービス動作不安定
 原因
 基幹ソフトウェアの動作異常
 お客さまにはご迷惑をお掛けし、誠に申し訳ございませんでした。
 現在は復旧しておりますので、お客さまにおかれましても動作のご確認をお願い申し上げます。

 と記載されただけでした。
      ■         ■
 こっちは、昨夜から自分のPCの不具合だと思って…
 何度も、あっちをいじったり、こっちをいじったりして、
 どうしてもダメで須崎さんに電話をしました。
 NTTにもメールをしましたが、返信はなし。
 大企業なんてこんなもんでしょうか?
 札幌美容形成外科は中小企業ですが、
 何かトラブルがあった時には対応できるようにしております。
 でも、その根幹であるメールが使用できないと困ります。
 NTTさん、もっとサービスをよくしてください!

投稿者 sapporobiyou : 23:59 | コメント (3)

2008年05月02日

千の風になって

 平成20年5月2日、北海道新聞朝刊に掲載された、
 千の風になっての特集記事から、一部を引用しました。
 この記事は平成20年4月25日に七飯町文化センターで開催された、
 「ななえ講演会とシンポジウム」の要旨をまとめたものです。
 訳詩・作曲 新井満氏の基調講演要旨
 死は命の再生 風は地球の呼吸
 なぜ七飯町大沼で暮らすようになったのか。
 二十年前に芥川賞を頂き、
 函館の文学サークルから講演会に招かれました。
 終わって帰ろうとすると、
 主催者が「いい所へ連れていく」。
 車で四十分、そこが大沼でした。
      ■         ■
 森の中の崩れそうな一軒家を紹介され、
 売りに出ているから買いなさいという。
 安くはない買い物です。
 駒ケ岳から飛び降りるつもりで買いました。
 購入を決めた第一の理由は、風景が美しいこと。
 取材や講演で日本中を訪ねた経験から自信を持って言いますが、
 七飯は最高です。
 人工的な騒音がなく、
 訪ねてくる人もいない。
 来るのはキタキツネやタヌキ。
 リスもエサをくれと扉をノックします。
 美しい自然は表現活動を変えました。
      ■         ■
 もう一つの理由は人情です。
 自然は美しいだけでなく残酷です。
 四年前の九月、
 台風18号で別荘の周辺は壊滅状態になりました。
 倒木で道路が寸断され、
 家の外には一歩も出られません。
 三日聞飲まず食わずで絶望のどん底にいると、
 木を切りながら誰かが近づいてくる音がします。
 地元の方がチェーンソーで避難路を切り開いてくれて、
 私と妻、娘二人、犬は辛くも脱出できました。
      ■         ■
 助けてくれたのは七飯でできた友人の画家
 木村訓丈さんたち。
 木村さん以外は初対面です。
 自分たちも大変なのに、
 私を助けてくれた。
 涙があふれ、
 この恩は忘れないと誓いました。
      ■         ■
 その翌月、故郷の新潟で中越地震がありました。
 救援物資はすぐに届きますが、
 何もすることのない一ヵ月すぎが被災者には一番つらい。
 家族会議で、今こそ花だ、
 七飯特産のカーネーションを送ろうと決め、
 千本を送りました。
 被災者の方々は、
 けなげに咲く花の姿に涙したそうです。
      ♪         ♪ 
 「千の風」の話をさせてください。
 故郷に弁護士の友人がいます。
 奥さんと子どもが3人。
 その奥さんが、
 がんの転移で48歳で亡くなりました。
 何と声を掛ければいいのか。
 「ご愁傷さま」はしらじらしい。
 「力を落とすな」は酷です。
      ■         ■
 奥さんの追悼文集で変わった詩を目にしました。
 12行、作者不詳の英文詩です。
 作者は死者に違いないと思いました。
 「元気でいるから泣かないで」
 と死者が生者を慰めている。
 不思議な力があり、
 読む人の魂をぐいぐい揺さぶる。
      ■         ■
 訳してみよう。
 メロディーを付けて歌にしたら、
 友人の家族を少しでも癒やせるのでは、
 と思いました。
 簡単だと思って訳し始めましたが、難航しました。
 最後の最後、詩を叫ぶように朗読しました。
 七年前の夏、
 誰もいない湖畔の森の真ん中で。
 目を閉じてしばらくすると、
 遠くからザーッという音が聞こえました。
 目を開けると、
 風で森全体の木々が揺れているのを見ました。
 そうか、この詩の根幹は風なんだと気付きました。
      ■         ■
 風は至る所にあり、すぐにやむ。
 しばらくすると息を吹き返す。
 風は地球の呼吸なんだ。
 死んだけど本当は死んでない。
 人間以外の姿に生まれ変わった―。
 死と再生の歌だと分かり、
 スラスラと翻訳できました。
      ■         ■
 ギターでメロディーを付け、
 録音したCDを友人に送りました。
 奥さんをしのぶ会で披露されて、
 聴いた人が皆泣いたそうです。
 既に百人以上の歌手がこの曲を歌っています。
 一昨年、秋川雅史さんが紅白歌合戦で歌うと話題になり、
 CDの売り上げは百万枚を突破しました。
 ヒットによる心境の変化をよく聞かれます。
 「すっかりいい人になりました」
 と答えています。
      ■         ■
 それまでは欲深かった。
 地位、名誉、お金。
 この曲を歌うようになって、
 それらがばかばかしく思えるようになりました。
 人間、生まれる時は無一物。
 死んで風になる時、
 そういったものは荷物になるだけです。
               
 七飯という町は十分に魅力的です。
 では、なぜ観光客が減ったのでしょうか。
 魅力的な町が全国に増えたからです。
 どうすれば人の目が向くのでしょう。
 観光客がお金と時間を使って旅に出る動機は「物語」です。
 「千の風」は日本中が知っています。
 「どうやら七飯の大沼でできたらしいぞ」
 「じゃあ行ってみようか」
 となる。
      ■         ■
 大沼のモニュメントは、
 日本では珍しく、
 景観の邪魔にならない「マンホール型」です。
 今日見てきたら、既に観光客でにぎわっていました。
 「千の風」は大沼で生まれましたが、まだ赤ちゃん。
 七飯の皆さんに育ててもらう必要がある。
 丈夫で明るい子どもに育ててほしい。
      ■         ■
 私の母は助産師として何千人もの赤ん坊を取り上げ、
 91歳で亡くなりました。
 その母は自分の中で生きている。
 親から子、
 孫へ命はバトンタッチされるのです。
 命は不滅です。
 心が苦しい時、
 思い出していただきだい。
 大切な人は風や星になり見守ってくれている。
 だから勇気を出して生きていこう、と。
 死ぬ時は誰にも来ます。
 その時には風や星になって
 後に残した人を見守ってあげればいいんです。
 死は命の終わりではなく再生なのです。
a-m.jpg
 あらい・まん 作家。
 作詞・作曲のほか、写真i環境映像プロデューサーなど多彩に活動する。
 1946年新潟県生まれ。
 上智大法学部卒業。
 1988年「尋ね人の時間」で芥川賞。
 1998年の長野冬季五輪では開・閉会式のイメージ監督を務めた
 (以上、北海道新聞より引用)


      ■         ■
 私は、自分のお葬式に、
 千の風になってを流して欲しいと家族に言っています。
 函館中央病院形成外科に勤務していた時、
 よく大沼に行っていました。
 七飯には美味しいイチゴも売っています。
 秋には、美味しいリンゴもできます。
 七飯のリンゴで作ったアップルパイは最高です。
      ■         ■
 この記事を読んで、
 「千の風になって」ができた経緯がわかりました。
 医者も弁護士も、
 家族の死には無力です。
 この「千の風になって」が、
 どれだけ多くの人の心を癒してくれたのでしょうか?
 歌には、医学でも法律でも解決できないことを…
 魔法のように解決してくれる不思議な力があります。

投稿者 sapporobiyou : 23:59 | コメント (2)

2008年05月01日

硫化水素自殺

 硫化水素による自殺が各地で問題になっています。
 報道すればするほど…
 硫化水素による自殺者が増えているような気がします。
 ネットで調べると…
 今でも‘簡単に’
 硫化水素の作り方を見つけられます。
 私だったら、次のような報道を考えます。
      ■         ■
 人間は誰でも、
 ‘死にたい’と思う瞬間があります。
 私も、思ったことがあります。
 ただ、本気で自殺してしまうかどうかが問題です。
 私を含めて、大部分の人は…
 ‘死ぬよりは…’
 と考え直して、
 自殺を思いとどまります。
      ■         ■
 また、‘死のう’と思っても…
 簡単に死ねないのも事実です。
 自殺しようと思った人でも…
 苦しんで死ぬのはイヤだ。
 痛い思いをして死ぬのはイヤだ。
 ぶざまな格好で死ぬのはイヤだ。
 汚くなって死ぬのはイヤだ。
 などなど…
 死ぬ間際まで、人間はワガママなものです。
      ■         ■
 私たち医師は、さまざまな自殺者を治療してきました。
 救命救急センターに搬送される患者さんの中には、
 多くの自殺未遂患者がいます。
 私たち形成外科医が一番多く経験したのが、
 焼身自殺による自殺者です。
 マスコミは、自殺の事実と、
 亡くなったか?
 意識不明の重体か?
 という程度までしか報道しません。
      ■         ■
 焼身自殺をして、死ねなかったらどうなるか?
 想像できますか?
 どのくらいの治療費がかかるか?
 想像できますか?
 これを報道するだけで、
 焼身自殺は減ると思います。
 それ位、焼身自殺は悲惨であり、
 元の美しい顔が台無しになってしまいます。
      ■         ■
 本題の硫化水素自殺に入ります。
 硫化水素を検索してください。
 Wikipediaにも書いてあります。
 硫化水素は悪臭防止法に基づく特定悪臭物質のひとつです。
 おならやウンコが臭いのは、硫化水素のためです。
 下水処理場、ごみ処理場などのにおいも、
 硫化水素が原因の一つです。
      ■         ■
 つまり、硫化水素で自殺をすると…
 臭くなります。
 それも、おならやウンコの臭いです。
 髪の毛や皮膚に臭いがつくととれません。
 硫化水素で自殺をすると…
 棺桶(カンオケ)の中まで臭くなります。
 棺桶の蓋をして、
 火葬場で焼かれるまで臭いのです。
 私は、これを報道すれば、
 明らかに、女性の自殺者は激減すると思います。
      ■         ■
 どんなに死にたい人でも…
 ウンコの臭いが身体に染み付いた状態で死ぬのはイヤです。
 ウンコ臭いまま、棺桶に入れられ…
 棺桶の蓋をする時に…
 参列者が、
 ハンカチで涙ではなく…
 臭いをガマンできなくて鼻に当てます。
 思わず言います。
 『くさい』
 専門家に出演していただき、
 硫化水素がいかに臭いかをお話ししていただくのが効果的です。
 ぜひ、ワイドショーで取り上げていただきたい話題です。

 平成20年5月1日から、
 札幌美容形成外科HPの院長日記にも、
 コメントが追加できるようになりました。

投稿者 sapporobiyou : 21:58 | コメント (5)