« 釧路の夏休み | メイン | 釧路労災病院の想い出② »

2009年08月07日

釧路労災病院の想い出①

 私は釧路労災病院へ二度赴任しました。
 一度目は、昭和57年(1982年)でした。
 2年目の研修医の時です。
 当時は3ヵ月単位で研修先が変わりました。
 5人の新人研修医が…
 なるべく機会均等に研修を受けられるように…
 という医局の方針でした。
      ■         ■
 当時の北大形成外科は、
 まだ人数も少なく、
 あたたかい家庭的雰囲気の医局でした。
 2年目の研修医でも…
 貴重な戦力でした。
 実際には何もできなかったのですが、
 それでも、傷の縫合とか、
 外傷の処置は一人でしていました。
      ■         ■
 赴任したのは10月でした。
 新婚3ヵ月目で… 
 人生で一番♡しあわせ♡だった頃です。
 北区新琴似の公団住宅には、
 荷物をそのままにしておき…
 最低限の荷物だけを…
 カローラに満載して、
 釧路へ出発しました。
      ■         ■
 当時は高速道路もなく、
 日勝峠も砂利道でした。
 苫小牧まで行き、
 日高経由で日勝峠を越えました。
 道路工事のため、
 いたるところで片側交互通行でした。
 今から思えば時間がかかりました。
 車も父親からいただいた車でした。
 とても新車を買う余裕はありませんでした。
      ■         ■
 今、想い出してみても…
 喧嘩をした覚えもないし、
 辛かった記憶もありません。
 おそらく人生で最高にしあわせだった頃です。
 10月の釧路は快晴の日が多く、
 労災病院の窓からは、
 雌阿寒岳がよく見えました。
 住宅は古かったのですが、
 2DKの公団住宅とは…
 比べ物にならないくらい広く、
 快適に生活をしました。
      ■         ■
 労災病院は中園町というところにありました。
 近くに、
 石黒ホーマー(現、ホーマック)があり、
 ちょっと離れたところには、
 イトーヨーカドーがありました。
 駅前には、
 長崎屋と和商市場(わしょういちば)があり、
 よく買い物に行きました。
      ■         ■
 勤務は10月から12月までの3ヵ月間でした。
 当時、はじまったTVが…
 北の国からでした。
 ビデオはありませんでしたので、
 仲良く北の国からを見ていました。
 秋から冬にかけて…
 3ヵ月はあっという間でした。
 阿寒湖、摩周湖、屈斜路湖、
 厚岸、根室などに行きました。
 もう二度と経験できない…
 若き青春の日々です。

投稿者 sapporobiyou : 2009年08月07日 20:26

コメント

コメントしてください




保存しますか?