« 車の運転と手術 | メイン | 抜糸の痛み »

2009年08月21日

痛みの察知(さっち)

 さくらんぼさんから、
 次のコメントをいただきました。
 よく 美容室などで シャンプーをして
 「どこか 痒いところはございませんか?」 とか
 「首は苦しくないですか?」 とか
 聞かれますが 、
 なぜか 痒いところがあっても
 少しくらい首が苦しくても 「ないです」と答えてしまいます。
 局部麻酔なども同じで
 なぜか 少しくらい 苦しくても 我慢してしまいます。
      ■         ■
 痛いとかは 言うのですが、
 手術している部位以外のことで
 医師が気を使って言ってくださったとしても
 少しくらい苦しくても
 「これくらいで苦しいなんて言っては失礼だ」
 とか思ってしまいますし、
 検査で3D-CT(すりーでぃーしーてぃー)を受けた事がありますが、
 「熱くなりますが、あまり熱かったら 知らせてください」
 と言われたのですが、
 かなり熱く感じて気分も悪かったのですが、
 どの程度 を熱いというのかわからなくて我慢しました。
      ■         ■
 確かに、
 痛みの感じ方には個人差があります。
 同じ量の麻酔薬を使っても、
 効きかたが悪い方や、
 効くまでに時間がかかる方が、
 いらっしゃいます。
 一番、一般的な麻酔薬は、
 キシロカインという商品名で売られている、
 塩酸リドカインという薬です。
      ■         ■
 歯科で使う麻酔薬も同じです。
 韓国へ行っても、
 中国へ行っても、
 米国へ行っても、
 同じ麻酔薬を使っています。
 スウェーデンのアストラ社という会社から、
 1948年に発売された薬です。
 もう50年以上も使われています。
      ■         ■
 とてもよい薬なので、
 50年以上も使われています。
 ただ使い方を誤ると怖い薬です。
 ベテランの先生はこの薬の使い方が上手です。
 一年に一人くらいの割合で、
 この薬の効きが悪い方がいらっしゃいます。
 その場合には他の薬を使います。
 手術で一番痛いのは…
 麻酔の薬を針で注射して、
 薬が入っていく時です。
 私は痛みが少ないように工夫しています。
      ■         ■
 薬を注射する時や、
 を注射した後も、
 術者は患者さんの反応を常にみています。
 ちょっと顔をしかめるとか、
 ちょっと動くとか、
 ちょっとした反応から…
 上手に痛みを察知(さっち)します。
 患者さんが寝息を立てて、
 眠ってくださると、
 痛みがない証拠になります。
      ■         ■
 さくらんぼさんのように、
 痛みをガマンなさる方や、
 どの程度になったら言えばよいのか…?
 わからないこともあります。
 歯医者さんで歯科衛生士さんに、
 歯石などの処置をしていただく時も同じです。
 私が通っている歯医者さんは、
 痛くありません。
 私は、歯の処置中に居眠りしてしまったことがあります。
      ■         ■
 安全で快適な飛行機と同じで、
 ベテランの医師は、
 常に気をつかって痛みを察知しています。
 もう少しですからしんぼうしてください
 と言うこともあります。
 3D-CT(すりーでぃーしーてぃー)で熱くなるのは、
 造影剤のためです。
 ゆっくり入れると熱さが少なくなります。
 ガマンなさらずにお話ししてください。

投稿者 sapporobiyou : 2009年08月21日 21:57

コメント

コメントしてください




保存しますか?