« 2010年01月 | メイン | 2010年03月 »

2010年02月28日

札幌医大の熱傷患者受入中止問題

 昨日の日記に書いた…
 小学生の子どもさんが…
 札幌→東京まで、
 自衛隊機で
 搬送されなけれならなかったのには、
 大きな理由があります。
 札幌医科大学高度救命救急センターが、
 2年間もの間、
 熱傷患者診療を停止しているためです。
      ■         ■
 札幌市内には、
 重症熱傷の治療ができる施設として、
①市立札幌病院、
②北海道大学病院先進急性期医療センター
③札幌医科大学高度救命救急センター
 の3つがあります。
 このうち最も熱傷治療の歴史が古いのが、
 札幌医科大学高度救命救急センターです。
      ■         ■
 私が学生だった30年前から…
 札幌医大には、
 北海道が作った…
 道民のための大学…
 道民のための大学病院…
 という意識がありました。
 札幌医大高度救命救急センターは、
 災害外傷部という、
 地下にあった救急部がはじまりでした。
      ■         ■
 私が学生の頃から、
 札幌医大には、
 重症熱傷の患者さんが搬送されていました
 学生実習で…
 はじめて重症熱傷の患者さんを見た時…
 ‘うゎ…すごいなぁ…’
 と思ったのをよく覚えています。
 まさか自分が熱傷治療をすることになるとは…
 夢にも考えませんでした。
      ■         ■
 ロシアから来た…
 有名なコンスタンチンくんを治したのは、
 私の先輩である阿部清秀先生です。
 北海道で、
 歴史と実績があり、
 高度救命救急センターに指定されている、
 札幌医科大学附属病院が、
 院内感染の後処理のために、
 2年間も重症熱傷患者の受け入れをしていません。
      ■         ■
 医科大学には、
診療
教育
研究
 という3つの役割があります。
 熱傷治療に関して言えば…
 札幌医大で現在行われているのは、
 研究だけです。
      ■         ■
 昨日の学会でも、
 札幌医科大学救急・集中治療学講座と
 微生物学講座の…
 耐性緑膿菌(たいせいりょくのうきん)についての
 素晴らしい研究成果が発表されていました。
 昨年夏に…
 もし札幌医大病院で、
 小学生の子どもさんを受け入れてくれたら…
 わざわざ自衛隊機で…
 東京まで搬送しなくてもよかったのです。
      ■         ■
 小学生の子どもが…
 身内も友だちもいない東京で…
 数ヶ月も入院して、
 大きな手術を受けなくてもよかったのです。
 私はとても残念に思いました。
 札幌医大の浅井教授も…
 無念の表情をしていらっしゃいました。
 大学の教授でも、
 組織が決めたことには抵抗できません。
 札幌医大高度救命救急センターの
 浅井康文教授は立派な先生です。
      ■         ■
 昨日の地方会で、
 浅井教授が残念そうに…
 札幌医大で治療できなくて、
 申し訳ございません。
 と話されていたのが印象的でした。
 院内感染対策も大切ですが、
 2年間も受入停止をする必要性の…
 エビデンスレベルがどの程度なのか?
 一人の医師として疑問に思います。
      ■         ■
 この院長日記を…
 ぜひマスコミの方に読んでいただき、
 札幌市と北海道内の…
 重症熱傷治療の危機的状況について、
 広く世間に知らせて欲しいと思います。
 北海道の高橋はるみ知事さん。
 もし…
 あなたの子どもさんや
 お孫さんが…
 大やけどをしたら、
 東京まで自衛隊機で搬送しますか?

投稿者 sapporobiyou : 19:08 | コメント (0)

2010年02月27日

第16回日本熱傷学会北海道地方会

 今日は北海道大学学術交流会館で、
 第16回日本熱傷学会北海道地方会がありました。
 北大正門を入った左手にある建物です。
 昨年は大雪で来れなかった、
 まみ子師長さんも
 学会に参加してくださいました。
      ■         ■
 今日は10題の演題がありました。
 今日の学会で印象に残ったのが…
 市立札幌病院救命救急センターの
 牧瀬博先生の発表でした。
 小児重症熱傷患者の東京への搬送経験
 という演題でした。
      ■         ■
 昨年夏に、
 札幌で小学生の子どもさんが、
 遊んでいる時に、
 何かが爆発して、
 全身に大やけどをしました。
 体の約70%が焼けてしまった…
 きわめて重症なやけどです。
      ■         ■
 設備が整っている、
 救命救急センターでも…
 命が助かるかどうか…?
 というほど重症のやけどです。
 重症のやけどの患者さんは、
 たくさんの人手や設備が要ります。
 救命救急センタでも…
 一度に入院できる…
 重症熱傷の患者さんは限界があります。
      ■         ■
 子どもさんが搬送された時に、
 市立札幌病院には…
 3人の重症熱傷患者さんが入院していました。
 それ以上の患者さんが入院しても、
 人的にも…
 設備面でも…
 十分な治療ができません。
 札幌市内には、
 他の救命救急センターがありますが、
 そちらも満床でした。
      ■         ■
 小学生の子どもさんを助けるには…
 設備の整った…
 熱傷治療の専門施設へ搬送する必要がありました。
 これだけのやけどを助けられる施設は限られています。
 牧瀬先生は、
 悩んだ末に…
 東京の杏林大学救命救急センターへ依頼しました。
 牧瀬先生のネットワークです。
      ■         ■
 やけどの子どもさんは、
 医師2人が付き添って、
 市立札幌病院→救急車で
 丘珠空港→自衛隊機で
 立川基地→救急車で
 杏林大学救命救急センターへ
 搬送されました。
      ■         ■
 何度かの大手術で、
 子どもさんの命は助かりました。
 札幌→東京への搬送は、
 患者さんにも…
 医療者側にも…
 とても大変なことです。
 狭い航空機の中では、
 十分な処置ができません。
      ■         ■
 牧瀬先生のご発表を聴いて…
 子どもさんの命が助かって…
 ほんとうによかったと思いました。
 ご両親や
 ご家族も
 何ヵ月も東京へ行かなければならず、
 とても大変なことだったと思いました。
 東京まで行かなくても…
 重症のやけどが治せるとよいのにと思います。

投稿者 sapporobiyou : 17:40 | コメント (0)

2010年02月26日

ネットワークの強み

 私は形成外科医になって30年です。
 毎年、
 日本形成外科学会へ出席しています。
 日本熱傷学会にも…
 2つある…
 日本美容外科学会にも…
 毎年、参加しています。
      ■         ■
 学会へ参加する目的は…
 もちろん新しい知識の習得です。
 医学は日々進歩しています。
 昨日まで‘正しい’と言われていたことが…
 急に‘ダメ’と言われることもあります。
 常に新しい知識を求めています。
      ■         ■
 韓国など…
 同じ東洋人として…
 共通する課題もあります。
 キズの目立ち方は、
 欧米人とは明らかに違います。
 米国やヨーロッパで開発されて…
 素晴らしい結果が出ているのに…
 東洋人には向かないこともあります。
      ■         ■ 
 学会へ行くと…
 旧知の先生との楽しい会話があります。
 発表できないような…
 企業秘密を教え合うこともあります。
 学会では、
 自然と親しい先生ができます。
 私と同年代の先生は…
 形成外科部長だったり…
 教授だったり…
 私より偉い先生ばかりです。
      ■         ■
 昨日の日記、
 弁護士さんの選び方
 に書きましたが…
 弁護士さんにも…
 札幌医療事故問題研究会という会や…
 全国医療弁護団の集いなどの、
 研究会があります。
 このような会に出る先生は、
 勉強熱心で真面目な方です。
      ■         ■
 私には…
 形成外科医30年としての、
 形成外科のネットワークがあります。
 高橋智先生も、
 医療問題を扱う弁護士さんとしての…
 ネットワークをお持ちです。
 私は遠方から相談を受けた時には、
 私の信頼する先生をご紹介しています。
 チェーン店にはない…
 ネットワークの強みを持っています。

投稿者 sapporobiyou : 22:21 | コメント (0)

2010年02月25日

弁護士さんの選び方

 私の医療ミスの経験という日記に、
 京都の方からコメントをいただきました。
 とてもお気の毒な事故です。
 事故後の診療所側の対応にも
 問題があります。
 京都の冨士森先生に診ていただき…
 形成外科医として…
 ほんとうによかったと思いました。
      ■         ■
 コメントに次のように書かれていました。
 私が弁護士に依頼しても
 弁護士費用で、結局私には何も残らない
 弁護士相談で言われたりと、
 どうしたものかと、
 やられ損」とはこのことなんだと、
 思いは巡り・・・
 あちこち、当たってはいますが、
 頼むにしてもどの弁護士さんが
 勝てる人なのかの情報もなく、
 困っています。
      ■         ■
 弁護士さんを選ぶのも…
 医者選び以上に難しいものです。
 私も苦労しました。
 こちらの日記に書いてあります。
 京都の方のように、
 医療事故となると…
 特に引き受けてくれて…
 勝訴できる弁護士さんは少ないと思います。
      ■         ■
 私の経験からアドバイスすると…
 弁護士さんにも専門があります。
 医療の標榜科(ひょうぼうか)…
 つまり…
 形成外科とか
 美容外科とか
 という診療科目とまではいかなくても、
 離婚専門家
 破産専門家
 交通事故専門家
 という得意分野があります。
      ■         ■
 医療事故専門家の弁護士さんは…
 なかなか探すのが難しいです。
 札幌の弁護士さんには…
 札幌医療事故問題研究会という会があります。
 高橋智先生は、
 長い間、事務局長をされていました。
 全国医療弁護団の集いなどにも
 積極的に参加なさっていらっしゃいます。
 先生のSammy'sダイアリーに書いてあります。
 2010年は札幌で大会があり、
 高橋智先生が責任者です。
      ■         ■
 最近、
 TVで盛んにCMを流している…
 弁護士事務所があります。
 駅にも看板を見かけます。
 私はTV-CMを流している弁護士さんは選びません。
 TV-CMには莫大な広告宣伝費がかかります。
 TV-CMの分だけ、
 着手金や弁護士報酬が高いと考えます。
      ■         ■
 弁護士会の無料相談や…
 当番弁護士にも…
 慎重に頼むと思います。
 たまたま…
 よい弁護士に当たれば(失礼!)
 よい結果が出ますが…
 悪い弁護士に当たる可能性もあります。
 弁護士にもいろいろな人がいます。
      ■         ■
 私が高橋先生を選んだ決め手は…
 北大・給湯族の思い出
 という先生の文章でした。
 この先生なら信頼できる!と思いました。
 市立札幌病院の先生にもお伺いして、
 先生のお人柄を知りました。
 先生が書かれていらっしゃる、
 Sammy'sダイアリー
 私のことを書いていただきました。
 弁護士さんを選ぶ時には、
 HPやブログを読んで選んでください。
 毎日ウソは書けないものです。
 文章に人柄が出ると思います。

投稿者 sapporobiyou : 20:38 | コメント (0)

2010年02月24日

人生で一番ひまな時

 医師国家試験も…
 看護師国家試験も…
 終わりました。
 今年の医師国家試験は…
 難しかったようです。
 3月末の発表までは、
 人生で一番ひまな時です。
      ■         ■
 私が医師国家試験を受けたのは…
 1980年(昭和55年)でした。
 ちょうど30年前です。
 当時は4月に国家試験があり、
 合格発表は5月でした。
 仕事は、
 5月の連休明けからが…
 一般的でした。
      ■         ■
 運転免許証は…
 試験場に行って…
 学科試験に通ると即日交付となります。
 (昔は交付まで時間がかかりました)
 医師免許証は…
 合格発表から…
 免許証の取得まで時間がかかります。
      ■         ■
 合格発表の後で、
 診断書などを提出して…
 医籍(いせき)という…
 お医者さんの戸籍のようなところへ登録して、
 医籍登録番号をいただいて、
 はじめて医師免許取得となります。
 医籍登録の前は、
 無免許です。
 私の登録は5月26日でした。
      ■         ■
 国家試験が終わってから…
 仕事を始めるまでの期間は、
 免許証がないので…
 何もできない時期です。
 多くの医学生は、
 この人生で最後の…
 一番ひまな時期を有意義に使っています。
      ■         ■
 一般的なのは旅行です。
 私が卒業した30年前でも…
 海外旅行へ行く友人もいました。
 当時も格安航空券がありました。
 ヨーロッパへ行った友人が、
 格安航空券のために…
 帰りの飛行機に乗れなかった…
 …なんて事件もありました。
      ■         ■
 私は離島が好きだったので…
 医師になったら…
 絶対に行けないだろうと考えた、
 小笠原に行きました。
 おがさわら丸という船で、
 東京の竹芝桟橋から丸一日以上かかりました。
 小笠原の父島に着き、
 民宿に泊まりました。
 今でも小笠原には飛行場がありません。
 人生で一番のんびりと過ごした、
 私の忘れられない時期です。

is.jpg
私の医師免許証です

投稿者 sapporobiyou : 19:37 | コメント (0)

2010年02月23日

医療ミスの経験

 前にも一度書いたことがあります
 私には苦い経験があります。
 私がJA帯広厚生病院の
 形成外科主任部長だった時のことです。
 JA帯広厚生病院は、
 十勝地方で最大規模の病院です。
 夜間の救急患者さんも診ていました。
 形成外科の夜間の担当は…
 2年目の形成外科医でした。
      ■         ■
 私の下に形成外科専門医が一人いて、
 3人体制で形成外科を担当していました。
 夜間は、
 病院の近くに住む若い医師が呼ばれて、
 患者さんの診察や手術をしていました。
 自分で手に負えないと判断すると、
 私の次の先生を呼ぶのが…
 当時の暗黙のルールでした。
      ■         ■
 若い先生は、
 有名国立大学を卒業し、
 医師国家試験も一発で合格した…
 ‘優秀な’先生でした。
 残念なことですが…
 私が‘こうしてはいけない’と
 口うるさく注意していた
 医療ミスをしてしまいました。
 実に単純なミスでした。
      ■         ■
 次の日の外来で…
 そのミスに気付きました。
 外来が終了してから、
 私に報告がありました。
 幸い後遺障害にはなりませんでした。
 私は担当副院長に報告し、
 医事担当次長、
 医事課長と相談しました。
      ■         ■
 ベテランの事務方は、
 事故の対応にも慣れていらっしゃいました。
 事務次長が菓子折りを準備してくれました。
 私は研修医と一緒に…
 患者さんのご自宅まで…
 謝りに行きました。
 幸い後遺障害がなかったこと、
 痛みもなく、
 キズも治ったので、
 患者さんからは訴えられませんでした。
      ■         ■
 それどころか…
 『そんなに謝らないでください』
 『言われなければ…』
 『私はミスに気付きませんでした』
 とまで言ってくださいました。
 この事例は…
 明らかに医療者側に原因がある、
 医療ミスでした。
      ■         ■
 今の医学教育や、
 臨床研修システムでは、
 自分が医療ミスを起こした時に、
 どのように対処して…
 誰に報告して…
 どう謝ったらよいか…
 なんてことは教えません。
 ベテラン医師でも…
 患者さんの家まで、
 謝りに行った先生は少ないと思います。
      ■         ■
 交通事故と同じです。
 医療事故は、
 誰でも起こす可能性があります。
 出身大学とか…
 センター試験の成績には関係ありません。
 大切なのは…
 自分も事故を起こすことがある
 …と自覚することです。
 もし事故を起こしたら、
 誠心誠意、患者さんと対応することです。
 これが30年の経験から言えることです。

投稿者 sapporobiyou : 21:14 | コメント (0)

2010年02月22日

裁判傍聴のすすめ

 2008年10月8日に…
 裁判の傍聴という日記を書きました。
 弁護士の高橋智先生が担当されている、
 医療訴訟の公判を傍聴しました。
 被告は札幌の公立学校法人でした。
 大学病院で行われた手術の結果…
 手術前よりも症状が悪化したという医療訴訟でした。
      ■         ■
 私は北海道内の総合病院に、
 25年間、形成外科医として勤務しました。
 幸いなことに…
 私自身は訴えられたことはありませんが、
 医療訴訟がない病院はありませんでした。
 他科の訴訟で、
 病院が和解金を払ったとか…
 他の先生が訴えられたので…
 私が書類を準備したことがありました。
      ■         ■
 医療は…
 どんなに気をつけていても…
 必ず事故が起きます。
 いかに事故を回避するか…
 同じような事故を起こさないようにするか…
 一番大切なことは…
 他人の失敗から学ぶことです。
 残念なことですが、
 自分がした失敗
 発表する先生はいません。
      ■         ■
 山形大学の事件は…
 医療事故の責任を…
 執刀医の上司である、
 荻野利彦先生一人になすり付けた点、
 事故が起こった根本原因を…
 病院側も大学側も…
 まったく改善していないところに…
 問題があります。
      ■         ■
 山形大学医学部に…
 形成外科の診療体制ができていれば…
 事故は起こらなかったと思います。
 患者さんが…
 皮膚科病棟ではなく、
 整形外科病棟に入院していれば、
 後遺症が少なかった可能性があります。
 一人しかいない形成外科専門医を、
 大学が、
 都合のいいように使ったために起きた事故です。
      ■         ■
 医療関係者にとっては…
 医療事故が起こった場合の、
 報告義務。
 担当医や、
 執刀医の上司と、
 患者さんが入院していた、
 所属科のリスクマネージャーや
 診療科長の責任範囲など、
 実に興味深い事件です。
      ■         ■
 過去の懲戒事例と比べて、
 荻野利彦教授だけが、
 不当な扱いを受けたことも、
 見逃してはならない争点です。
 現職の教授でも、
 いつ何時…
 紛争に巻き込まれて…
 職を失うかわかりません。
 失業を経験した者にしかわからない、
 無念さがあります。
      ■         ■
 お医者さんは失業しない、
 大学教授は失業しない、
 …というのは幻想です。
 自分もいつ医療事故を起こすかわかりません。
 自分もいつ失職するかわかりません。
 事故が起きた時にどうするか…?
 事故後の報告義務や対応をどうすべきか…?
 荻野先生の事件は、
 医療関係者や
 大学病院の医師・医学生にも、 
 是非、傍聴していただきたい訴訟です。

投稿者 sapporobiyou : 21:03 | コメント (0)

2010年02月21日

荻野教授の裁判傍聴のお願い

 山形大学整形外科の荻野利彦教授は、
 手の外科の世界的権威です。
 の先天異常の、
 OGINO分類は世界中に認められています。
 整形外科医の中でも、
 繊細な先生が多いのが
 手の外科の専門医です。
      ■         ■
 荻野教授は、
 北大→札幌医大→山形大学と
 整形外科一筋に生きてこられました。
 先生の手術はすばらしく、
 私の患者さんもお世話になりました。
 動かなかった手が…
 荻野先生の手術で
 動くようになりました。
 その荻野先生が…
 山形の地で…
 窮地(きゅうち)に陥(おとしい)れられました。
      ■         ■
 私がさくらんぼさんと知り合うきっかけとなった事件です。
 この事件については、
 2008年6月に
 シリーズで取り上げています。
 山形大学の事件①
 山形大学の事件②
 山形大学の事件③
 山形大学の事件④
 山形大学の事件⑤
 山形大学の事件⑥
      ■         ■
 事件の概要は次の通りです。
 2005年5月一人の女性患者さんが、
 下肢の手術のために、
 山形大学病院の皮膚科に入院しました。
 主治医は皮膚科の先生です。
 手術を引き受けて、
 入院の指示をした皮膚科には、
 形成外科専門医はいませんでした。
 経緯はわかりませんが、
 整形外科に所属する形成外科専門医が手術を執刀しました。
      ■         ■
 手術の結果が思わしくなく、
 結果的に手術前より状態が悪化しました。
 その事実については、一人の形成外科医として、
 患者さんに本当に申し訳なく思います。
 皮膚科に入院していた患者さんは、
 2005年8月山形県外の病院に転院。
 2006年 9月患者側が、山形地裁に証拠保全の申し立て。
 2006年11月27日 山形地裁、証拠保全の決定。
 事件は山形地裁の証拠保全命令が出て、
 初めて明るみに出ました。
      ■         ■
 2007年6月山形大学医学部附属病院長は、
 荻野教授に対し整形外科科長解任および診療中止の処分。
 2007年11月山形大学教育研究評議会が
 荻野教授に対し7日の停職処分決定をしました。
 この事故で整形外科の荻野教授が処分されました。
 それは手術を執刀した形成外科専門医が
 整形外科の所属だったからです。
 荻野先生は診療も手術もできなくなりました。
      ■         ■
 事故の当事者である、
 患者さんにはほんとうに申し訳なく思います。
 事故原因は、
 山形大学が、
 形成外科という診療科を作らなかったことにあります。
 処分されるべきは、
 医学部長であり、
 附属病院長です。
 医学部長と病院長は…
 荻野先生に罪を被せました。
      ■         ■
 荻野先生を支援する…
 山形大学の有志の方が…
 山形大学職員組合のお力を借りて、
 荻野先生の処分は不当だったという…
 裁判を山形地方裁判所に起こしました。
 今まで9回の公判がおこなわれました。
 2010年2月23日(火)午後1時30分から…
 山形地方裁判所で…
 第10回の公判が行われます。
 これが最終審理になる公算が高いのです。
 勝訴を勝ち取るために、
 多数の方々の傍聴をお願いいたします。
 私とさくらんぼさんからのお願いです。

投稿者 sapporobiyou : 09:25 | コメント (2)

2010年02月20日

アップルパイ作りの楽しみ

 昨日さくらんぼさんから、
 ふじりんごの剪定作業中の
 主人も畑で食べましたが
 おいしい』の一言。と…
 とても嬉しいコメントをいただきました。
 おいしい
 おいしかった
 うまかった
 作る者への一番の喜びです。
      ■         ■
 私がアップルパイを作るきっかけとなったのは…
 札幌美容形成外科の…
 お料理上手な職員が、
 先生、いただいたリンゴで、
 アップルパイを作りました。
 と自分で作ったアップルパイを、
 全員にごちそうしてくれたことでした。
 絶品のアップルパイでした。
 このアップルパイ
 どうしてこんなに美味しいの…?
 ここがスタートでした。
      ■         ■
 パイシートを買ってきて、
 リンゴを煮て、
 アップルパイを作る方法を…
 丁寧に教えてくれました。
 結婚して30年になりますが…
 私が本格的に台所で仕事をしたのは…
 おそらく…はじめてでした。
 包丁を研いで切れるようにしたり…
 凝り性なので…
 いろいろ研究しました。
 ネットで検索するのが一番でした。
      ■         ■
 私が台所を使うのは…
 夜です。
 深夜まで起きている息子が…
 『いいにおいがする…』
 とやって来ました。
 昼は家内が使っているので…
 自由に使える夜を選びます。
 また私には…
 夜しか時間がありません。
      ■         ■
 試行錯誤を続けて、
 アップルパイを上手に焼くには…
 最後の5分が勝負だとわかりました。
 焦げる寸前まで…
 オーブンを見ながら…
 焼き上げます。
 パイから…
 プツプツと泡が出て焼けます。
 この泡が出なくなるまで焼きます。
      ■         ■
 一番の楽しみは、
 おいしいって言ってもらえるかなぁ~?
 と…
 嬉しそうな顔を想い浮かべながら…
 作っている時です。
 形成外科や美容外科の、
 キレイを作るのと、
 アップルパイ作りは、
 喜んでいただけるという…
 共通点ががあります。 

投稿者 sapporobiyou : 18:34 | コメント (0)

2010年02月19日

アップルパイ[完成版]

 昨年秋に…
 さくらんぼさんから、
 紅玉(こうぎょく)という、
 真っ赤なリンゴをいただきました。
 アップルパイ好きの私は…
 料理経験ゼロからスタートし、
 COOKPADで検索して、
 私のアップルパイ作りが始まりました
      ■         ■
 最初に試食したのは…
 息子です。
 『お父さん、美味しいょ。』
 息子の評価に気をよくして…
 アップルパイ作りがはじまりました。
 札幌美容形成外科の、
 お料理上手な…
 野菜ソムリエの資格を持つ、
 職員にも作り方を教えてもらいました。
      ■         ■
 最初は…
 今から思うと…
 焼く時間が不足していました。
 焦げるのを心配して…
 焼き加減が不十分でした。
 パリパリ感も少なくて…
 リンゴが美味しいので、
 なんとか救われていました。
      ■         ■
 次に苦労したのが…
 いかにパリパリ感を出すか…?
 でした。
 答えは意外と簡単でした。
 最初の頃は、
 パイシート2枚で
 一個のアップルパイを作っていました。
 そうすると…
 下にしたパイシートが
 リンゴの水分を吸ってしまいました。
      ■         ■
 いろいろ考えた末に…
 パイシート3枚で…
 一個のアップルパイを作りました。
 つまり…
 リンゴを載せる‘台’の部分を、
 パイシート2枚重ねにしました。
 単純に重ねるだけです。
 オーブンで焼くと見事にくっつきます。
 これでパリパリ感が増しました。
      ■         ■
 リンゴの切り方も工夫しました。
 ネットで読むと…
 8等分とか、
 イチョウ切りとか、
 リンゴを小さく切るように書いてあります。
 私は贅沢に、 
 リンゴを4等分に切りました。
 こうすると…
 リンゴたっぷりの豪華なアップルパイになりました。
      ■         ■
 昨日…
 さくらんぼさんから、
 リンゴの木の写真を送ってたいだきました。
 紅玉の木は…
 老木で…
 手入れも大変で伐採しようかと…
 考えていらしたそうです。
 昨日も雪の上で、
 足が冷たくなるのに…
 ご主人が剪定をされ…
 さくらんぼさんが枝を集める作業をなさっています。
      ■         ■
 山形のリンゴは最高です。
 特にさくらんぼさんの果樹園のリンゴは、
 世界一美味しいリンゴです。
 果樹園の作業は大変でしょうが、
 無理のない範囲で、
 果物作りを続けていただけたら…
 とファンの一人として、
 お願い申し上げます。
 春になるとキレイな花が咲きます。

ko.jpg
 紅玉の木
 (2010年2月18日)

ap2.jpg
 紅玉(アップルパイ用リンゴ)の花
 (2008年5月6日)

ap2.jpg
 完成版アップルパイ
 (2010年2月19日)

投稿者 sapporobiyou : 22:13 | コメント (0)

2010年02月18日

痛くない抜糸法

 2009年8月22日に
 抜糸の痛みという日記を書きました。
 現在の医学部では、
 OSCE(おすきー)という実習があります。
 ここで一通りの縫合法と抜糸を習います。
 残念なのは…
 医学生が練習するのは、
 縫合も抜糸も模型です。
 模型は痛いと言ってくれません。
 痛くない抜糸を習得するには、
 上手な先生について修行を積むことです。
 と書いてあります。
      ■         ■
 平成22年2月15日で…
 3日間にわたる…
 過酷な医師国家試験が終わりました。
 受験生のみなさんお疲れ様でした。
 これから医師免許を取得する…
 医学生のために…
 医師免許を持っているけど…
 抜糸の度に…
 患者さんに痛いと言われている、
 先生のために…
 特別に企業秘密を公開します。
      ■         ■
 痛くない抜糸をするためには…
 まず、
 キズをキレイに縫合することです。
 どんなに上手な先生でも、
 がちがちに縫われた糸は、
 抜糸する時には痛いものです。
 上手な先生は…
 抜糸のことも考えて縫います。
 キズを縫合する時には、
 きつく縫わないことです。
      ■         ■
 2009年4月5日に
 縫い方の練習という日記があります。
 私が形成外科の教員をしていた時期に、
 縫合法を教えたことがありました。
 医学部6年生で、
 形成外科を選択してくれた学生さんへ、
 私が縫い方を教えました。
 一週間以上教えて…
 ようやく、
 ある程度できる人がいた程度でした。
 この時に抜糸法も教えました。
      ■         ■
 2007年4月23日に、
 何針縫いました?という日記があります。
 一番大切なのは、
 皮下縫合と言って
 皮膚の下で縫ってある糸なのです。
 正確には真皮縫合(しんぴほうごう)と言い、
 真皮の中で縫ってあります。
 透明な糸や白い糸を使うので
 表面からは見えません。
 この真皮縫合で
 いかに正確に
 ピッタンコに合わせられるかどうかが
 術者の‘’です。
      ■         ■
 長くなりましたが、
 痛くない抜糸は、
 まずキズを真皮縫合でしっかり縫い、
 抜糸する糸は…
 ナイロン糸でゆるめに縫うだけにします。
 ゆるめに縫ってあるので…
 糸を引っぱらなくても…
 鋏で糸を切れます。
 糸を引っぱると痛いので、
 最初に引っぱらないで糸を切って…
 最後にそっと引き抜くのが…
 痛くない抜糸コツです。

投稿者 sapporobiyou : 19:12 | コメント (0)

2010年02月17日

お母さんの手

 2007年10月28日に…
 手のぬくもりという日記を書きました。
 はじめての手術で、
 ガチガチに緊張している人がいます。
 緊張すると交感神経が働き、
 手足の血管を収縮させます。
 すると手足はスーっと冷たくなります。
      ■         ■
 他の人の温かい手で、
 冷たい手を握ってもらうと、
 温かさが伝わり緊張もほぐれます。
 手を握るだけで、
 『がんばってください!』
 という声援が伝わります。
 手を握ってもらっていると安心感があります。
 人の手は、
 どんなに優れた鎮静剤や麻酔薬より効果的です。
 副作用もありません。
      ■         ■
 二重埋没法の手術や…
 眼瞼下垂症手術で…
 不安そうな…
 お嬢様の手術に…
 お母さんに
 手術室に入っていただき…
 娘さんの手を…
 握っていただくことがあります。
      ■         ■
 逆パターンで…
 年配のお母さんの手を、
 看護師さんをしている娘さんが、
 握ってくださることもあります。
 お母さんの手、
 娘さんの手、
 身内が手術室にいるというだけで…
 安心感が…
 何倍にもなります。
      ■         ■
 札幌美容形成外科の職員も…
 手を握るのが上手です。
 手を握らせていただきます
 と声をおかけして…
 そっと手を握るだけで、
 脈拍数(心臓のどきどき)が減ります。
 でも…
 どんなに上手に手を握っても…
 お母さんの手のにはかないません。
      ■         ■
 お母さんに…
 手術室に入っていただくと…
 手術中に…
 出来上がりを確認していただけます。
 二重埋没法や、
 眼瞼下垂症手術では、
 手術中に鏡で確認していただきます。
 親子で確認できると…
 安心感が倍増します。
      ■         ■
 私は、
 手術用の手袋をしたまま…
 お母さんと、
 お嬢さんの、
 2人の♡嬉しい顔♡を見ることができます。
 手術して…
 満足していただけると、
 疲れも吹き飛びます。
 残念なことに…
 お父さんが手術室に入ることは、
 極めてまれです。

投稿者 sapporobiyou : 20:00 | コメント (0)

2010年02月16日

痛くない麻酔

 二重瞼の手術を経験した方に…
 別の病院でした時に…
 麻酔がすっごく痛かった
 と不安でいっぱいの人がいます。
 札幌美容形成外科で手術を受けると、
 あれぇ~?
 もう麻酔したんですかぁ~?
 という程度の人もいます。
      ■         ■
 よくわきが手術の宣伝に…
 当院の麻酔は、
 カリフォルニア式無痛麻酔。
 とか…
 当院の麻酔は、
 無痛麻酔です。
 という広告を見ます。
 PH(ぺーはー)という、
 酸性か…アルカリ性か…?
 というのを調節する方法です。
 これでも…
 麻酔薬を注射する時には痛いです。
      ■         ■
 企業秘密ですが、
 札幌美容形成外科では…
 二重瞼の手術や、
 小陰唇縮小手術の時には、
 局所麻酔でも…
 できるだけ麻酔の痛みが無いように…
 さまざまな工夫をしています。
 他の手術でも…
 できるだけ痛みが少ないようにしています。
      ■         ■
 こうした局所麻酔の工夫は、
 麻酔科の先生よりも…
 私たちのように…
 開業して…
 毎日、
 手術をしている外科医が上手です。
 身体の部位によって、
 痛みの感じ方も違います。
 麻酔薬の濃度や、
 使う針の太さも変えます。
      ■         ■
 企業秘密は…
 経験に基づいて…
 少しでも…
 患者さんの苦痛を少なくして…
 という現場の…
 創意工夫から生まれます。
 瞼(まぶた)は…
 針を刺しただけで…
 内出血(皮下出血)を起こします。
 少しでも痛みの少ない局所麻酔を…
 いつも考えて手術をしています。

投稿者 sapporobiyou : 18:18 | コメント (0)

2010年02月15日

局所麻酔の実習

 深夜にケガをして…
 救急病院に搬送されたとします。
 小さなキズでしたら…
 研修医か、
 せいぜい卒後2~3年目の先生が、
 縫合をすることがあります。
 医学部6年間で、
 針を刺して…
 局所麻酔をするという実習はありません。
      ■         ■
 学生同士で採血の練習を…
 1~2回程度することはあります。
 ただ…
 局所麻酔、
 通称、局麻(きょくま)と言います…
 ができるのは、
 医師免許をいただいてからです。
 簡単なオリエンテーションで、
 慣れない手つきで、
 局麻薬を注射器に吸います。
      ■         ■
 免許取り立ての‘先生’は、
 注射器の扱いにも慣れていません。
 バイアルから、
 液を吸うのさえ大変です。
 注射の針も…
 太さが何種類もあります。
 どの位の太さの針(G:ゲージという単位です)で
 局所麻酔をするかも知りません。
      ■         ■
 私は(個人的には)…
 医学部6年間の間に…
 一度くらいは…
 自分の腕や腹に…
 針を刺して…
 局所麻酔をする練習をするべきだと思います。
 注射液を入れる強さ
 (指の押し加減)
 針の太さ、
 部位によって、
 微妙に痛さが変わります。
      ■         ■
 残念ですが、
 現在の法律では、
 医学生が局所麻酔をしてOKとはなりません。
 また、
 もし万一、
 麻酔薬によるショックなどの事故があれば、
 賠償責任保険の対象とはなりません。
 ケガの処置に必要な、
 局所麻酔さえできないのに、
 医師国家試験というペーパーテストに合格すれば、
 医師免許証がいただけるのが実情です。

投稿者 sapporobiyou : 21:20 | コメント (0)

2010年02月14日

血の止め方

 昨日の日記で、
 実技実習について書きました。
 キズの処置で難しいのは…
 実は、
 切って縫う
 よりも…
 血を止めるのが…
 ずっと難易度が高いのです。
      ■         ■
 スーパードクターといわれる先生が、
 TVに出て…
 手術の映像が流れます。
 脳外科医にしても、
 消化器外科医にしても、
 実に血の止め方が上手です。
 周囲の組織を傷つけないように…
 すばやく正確に
 血を止めています。
      ■         ■
 ケガをすると… 
 血が出ます
 少しのだったら…
 押さえて圧迫すると…
 止まります。
 血管が収縮したり…
 血液が凝固(ぎょうこ:固まること)して…
 血が止まります。
      ■         ■
 ある程度以上の血管が切れると…
 圧迫しただけは止まりません。
 ここから先は企業秘密です。
 札幌美容形成外科の…
 部分切開や
 眼瞼下垂症手術で…
 切っているのに…
 腫れが少ないのは、
 丁寧に血を止めているからです。
      ■         ■
 血が出ている血管を見つけて…
 そこを押さえて… 
 血を止めるのが…
 実は難しいのです。
 医師免許をいただくと…
 ケガをした方の手術ができます。
 医学部では…
 6年間も学ぶのに…
 この血を止める実習がありません。
      ■         ■
 血は生きていないと出ません。
 解剖学実習で血管を覚えても…
 血管ってこんなもんだ…
 という程度しかわかりません。
 血の止め方の実習を、
 実験動物でするのも…
 なかなか難しいと思います。
      ■         ■
 一人の学生に
 血の止め方を覚えてもらうのに…
 自動車の仮免許以上の…
 実習が必要です。
 今の医学部には…
 これができる教員数もなければ、
 実習に必要な機材もありません。
 血も止められないのに…
 医師免許証はいただけます。
 これが日本の医学教育の現状です。

投稿者 sapporobiyou : 16:56 | コメント (0)

2010年02月13日

実技実習

 医学部の6年間で、
 膨大な量の知識を覚えなければ…
 医師国家試験に合格できません。
 講義で教えられることは…
 その知識の一部です。
 医学生は、
 分厚い参考書を手にして…
 自分で国家試験の勉強をしています。
 講義で習っていないことも…
 国試に出ます。
      ■         ■
 縫い方の練習という日記を…
 2009年4月5日に書いています。
 医師免許証がないと…
 切ったり縫ったりできないのに…
 実際の医学教育では、
 この切って縫う練習は、
 必須科目ではありません。
 自動車の運転免許証を与えるのに、
 学科だけで、
 コースも路上もなしで、
 ペーパーテストだけで免許をもらえるようなものです。
      ■         ■
 キズを縫うのは…
 形成外科がプロです。
 残念なことですが…
 山形大学医学部のように…
 形成外科がない大学があります。
 今は、
 OSCE(Objective Structured Clinical Examination)
 客観的臨床能力試験、
 オスキーと呼ばれる科目で、
 一応、縫い方の練習をします。
      ■         ■
 残念なことに…
 縫うのは皮膚に見立てた材料です。
 血も出なければ…
 麻酔なしでも…
 痛いとも言いません。
 いい加減に縫って…
 キズが汚くなることもありません。
 今の医学教育で…
 一番、欠如しているのが…
 この実技実習です。
      ■         ■
 政府は医師不足なので…
 医学部の入学定員を増やそうとしています。
 教員定数を変えないで…
 入学定員だけ増やしても…
 粗製濫造のお医者さんができるだけです。
 形成外科のの字も知らない…
 医学生が日本にはいます。
 形成外科を学びたくても…
 医学部の授業で教えていないところが…
 日本にはたくさんあります。
      ■         ■
 私は…
 一生に一度、
 診るか診ないかもわからない…
 珍しい病気を勉強するよりも…
 基本的な縫合法程度は…
 実験動物を使って…
 形成外科専門医が教えるのが、
 医師にとっては必要だと思います。
 も出ない…
 材料を縫う練習よりも…
 痛くないように麻酔をして、
 を止めて…
 キズを縫う実習をすべきだと思います。

投稿者 sapporobiyou : 20:23 | コメント (1)

2010年02月12日

医師国家試験2010

 明日から3日間、
 第104回医師国家試験が実施されます。
 昔は年に2回医師国家試験がありました。
 今は一年に一度だけです。
 これに落ちると…
 タダの人です
 また一年間、地獄の勉強が…
 待っています。
      ■         ■
 一般の方は… 
 医師国家試験から…
 どんな試験を連想されますか?
 大学病院のような病院で…
 白衣を着た医学生が、
 厚生労働省の試験官から…
 問診の仕方…
 診察の仕方…
 縫合法の実際…
 などを細かくチェックされて…
 最後に合格はんこをいただく…
      ■         ■
 ここまでしなくとも…
 実技試験はある…?
 と思われている方も…
 多いのではないでしょうか?
 実際の医師国家試験は…
 膨大な量の問題を…
 センター試験のような試験会場で…
 疲れきった医学生が…
 自由な服装で受験しています。
 昨年の札幌会場は…
 札幌コンベンションセンターでした。
      ■         ■
 私が…
 医師国家試験を受けたのは30年前です。
 当時は4月に医師国家試験がありました。
 試験会場は…
 札幌南高校でした。
 南高出身の友人は…
 懐かしがっていました。
 高校生が使う…
 机と椅子で受けました。
      ■         ■
 私たちが30年前に受けた試験より…
 今の医師国家試験は格段に難しいです。
 医学の進歩とともに…
 こんなに覚えるの…?
 と…
 想像を絶する量の‘知識’を…
 とにかく覚えなくては…
 国家試験に合格できません。
 受験生はとにかく大変です。
      ■         ■
 過去問(かこもん)と言われる…
 過去の国家試験問題を…
 これでもか…
 これでもか…
 というくらい繰り返し覚えます。
 私の個人的な意見ですが…
 忍耐力テスト
 持久力テスト
 と言ってもいいくらい辛い試験です。
      ■         ■
 平均的な受験生は…
 半年以上の間…
 寝てる時以外は、
 とにかく勉強しています。
 大学の図書館とか…
 自習室と呼ばれる…
 クラブの部室のような部屋…
 を準備している大学もあります。
 (意外と学生に好評です)
      ■         ■
 実技試験は、
 今の国家試験制度では無理です。
 厚生労働省には、
 担当できる数の試験官がいません。
 私は(個人的に…)
 半年以上も…
 昼夜を問わず勉強して…
 膨大な量の知識を詰め込むだけの… 
 医師国家試験を改善すれば…
 もっと‘お医者さん’の質が上がるのに…
 と思います。
      ■         ■
 医学生のみなさん!
 ただの人にならないように…
 しっかり頑張ってください。
 マークシートの欄を間違わないでください。
 私の知っている先生で、
 とても優秀なのに…
 マークシートの欄を間違えて…
 医師国家試験に落ちた人もいます。
 ご健闘をお祈りしています

投稿者 sapporobiyou : 22:14 | コメント (0)

2010年02月11日

目尻切開

 目を横方向に大きくするには…
 目頭切開
 目尻切開があります。
 目頭切開の欠点は…
 キズが目立つことがあることです。
 目頭切開と…
 目尻切開は…
 同じようで…
 まったく違う手術です。
      ■         ■
 目頭切開は…
 蒙古襞(もうこひだ)という…
 目頭にかぶった皮膚を切開し、
 目頭にある、
 涙湖(るいこ)という…
 ピンクの粘膜部分を見せることで…
 目の横幅を広くします。
 涙湖(るいこ)というのは、
 涙がたまる場所なので…
 涙の湖(みずうみ)と書きます。
      ■         ■
 これに対して、
 目尻切開は、
 目尻の部分を切開して、
 白目が出る部分を増やします。
 切りすぎると…
 赤い粘膜部分が出ます。
 白目の端が赤い
 目の充血に見えます。
 赤い部分が見えるとダメです。
      ■         ■
 上手に手術をすると…
 目尻切開のキズは目立ちません。
 キズを目立たせない…
 ポイントは、
 切りすぎないこと、
 必ず抜糸する糸(ナイロン糸)を使うこと。
 上手な先生に手術を受けることです。
      ■         ■
 目尻切開は…
 目頭切開ほど変化が出ません。
 目尻切開の適応になる方は、
 黒目の外側の…
 白目部分が狭い方です。
 目を大きく見開いても…
 目尻側が狭いので、
 目が丸くならない方です。
      ■         ■
 札幌美容形成外科のメニューにはありませんが…
 ご希望であれば…
 ご相談を承ります。
 残念ですが…
 目頭切開にも…
 目尻切開にも…
 健康保険は適用になりません。
 どちらも…
 手術費用16万円と
 血液検査代1万円の
 合計17万円がかかります。

投稿者 sapporobiyou : 19:25 | コメント (0)

2010年02月10日

垂れ目形成

 垂れ目形成について、
 ご質問をいただきました。
 ‘垂れ目形成’で検索すると…
 確かにいろいろなサイトが出てきます。
 ‘自然な形’に出来上がっているものから…
 あらら…ぁぁぁ…
 という症例写真もありました。
 札幌美容形成外科のメニューには
 垂れ目形成はありません。
      ■         ■
 目が小さく釣り目で
 いつも濃い化粧でごまかしてる
 という方は…
 結構いらっしゃいます。
 目の横幅が小さく、
 目を丸くしようとしても…
 横方向が狭いので…
 縦に大きくできないことがあります。
      ■         ■
 2010年2月8日の日記で解説したように、
 眼球は眼窩(がんか)という…
 丈夫な骨でできた‘容器’に入っています
 瞼の組織を…
 骨に固定しているのが…
 靱帯(じんたい)という固い組織です。
 白いヒモ状の組織で、
 骨にガッチリとくっついています。
      ■         ■
 この靱帯が…
 外側の骨につく位置が…
 1㎜上になるか…
 1㎜下になるか…
 で…
 上がり目(釣り目)にも
 下がり目(垂れ目)にもなります。
 目の外側を指で押さえて…
 上下に動かすとわかります。
      ■         ■
 交通事故などで、
 この外眼角靱帯がとれることがあります。
 骨がバラバラになった時も、
 靱帯が外れてしまいます。
 元に戻す時に…
 慎重に治さないと…
 釣り目になったり…
 垂れ目になったりします。
      ■         ■
 形成外科医、
 とくに顎顔面外科を専門にする先生は、
 この靱帯の処理が上手です。
 なんちゃって美容外科医で、
 目の解剖や構造を…
 よく知らない先生が、
 この垂れ目形成をすると…
 悲惨な結果になることもあります。
      ■         ■
 日帰り手術で抜糸無し。
 通院も不要というクリニックで、
 この手術を受けて…
 キズと赤味だけが残って…
 助けてください
 という相談を受けたこともあります。
 上手な先生が…
 ほどほどにすれば…
 効果的な手術ですが…
 先生を選ばないと後悔するのが…
 ‘垂れ目形成手術’です。

投稿者 sapporobiyou : 18:50 | コメント (0)

2010年02月09日

目の下のくまとヒルドイドローション

 目の下のくまのうち…
 茶くまは、
 アトピー性皮膚炎、
 くまを気にしたこすりすぎ、
 化粧品による炎症が…
 原因となることがあります。
 アトピー性皮膚炎の方には、
 皮膚科から…
 ヒルドイドローション
 処方されることがあります。
      ■         ■
 まれに合わない方もいらっしゃいますが…
 ヒルドイドローションの保湿力は…
 抜群に優れています。
 どんなに高価な化粧品でも…
 入れられる成分は…
 薬事法という法律で決められています。
 ヒルドイドローションはお薬です。
 皮膚組織血流量を増加させた…
 という実験データーもあります。
      ■         ■
 目の下のくまは保険適応にはなりませんが…
 アトピー性皮膚炎や、
 手の皮脂欠乏症でいただいた、
 ヒルドイドローションを、
 ほんの少しだけ(たくさんはダメです)、
 目の下のくま
 塗ってみて下さい。
 かぶれが気になる方は、
 耳の後ろなどの…
 目立たない部位で…
 一度試してからつけてください。
      ■         ■
 ヒルドイドローションの説明書にも、
 効能・効果にも…
 目の下のくまに効くとは書いてありません。
 私の個人的な経験だけです。
 皮膚科医の中には、
 反対される方もいらっしゃると思います。
 私がお伝えしたいのは…
 目の下のくまは…
 手術で治すよりも…
 まず生活改善やスキンケアーを…
 試してみていただきたいということです。

ヒルドイドローション

ヒルドイドローション

投稿者 sapporobiyou : 21:09 | コメント (0)

2010年02月08日

目の下のクマ

 函館の看護師さんから、
 目の下のクマについてご質問がありました。
 ‘目の下のくま’
 ‘目の下のクマ’
 ‘目の下のくま解消法’
 ネットで検索すると…
 多数のサイトが出てきます。
 ある美容外科クリニックのサイトでは、
 数千例の症例数があると書いてありました。
 そんなに手術して大丈夫…?と思いました。
      ■         ■
 目の下のクマにも、
 いくつかの原因があります。
 美容外科手術の対象となるのは…
 そのうちの一部だけです。
 クマの分類を、
 くま
 くま
 くま
 と色で分類したサイトもありました。
 よい分類法だと思います。
      ■         ■
 眼球というのは、
 ものを見るための…
 とても大切なところです。
 大切な陶器やガラス製品は…
 輸送する時に、
 パッキンを入れた
 頑丈な容器に入れて送ります。
 壊れないように保護するためです。
      ■         ■
 眼球は眼窩(がんか)という…
 丈夫な骨でできた‘容器’に入っています。
 パッキンの役目をするのが、
 脂肪です。
 目の周囲には…
 厚い脂肪組織があります。
 目が衝撃を受けても壊れないように、
 目は周囲の脂肪組織で包まれています。
      ■         ■
 脂肪で包んだ目を、
 眼窩(がんか)という容器に入れて…
 そこに蓋(ふた)をしてあります。
 蓋の役割をするのが…
 眼輪筋(がんりんきん)という筋肉と、
 目の周囲の皮膚です。
 目の下を触ると固い部分があります。
 そこが目の入物である骨です。
      ■         ■
 赤ちゃんや子どもの皮膚は…
 柔らかくて弾力があります。
 触るとぷくぷくしています。
 おじいさんや
 おばあさんの皮膚は、
 しわしわで…
 伸びて弾力性がありません。
 年齢とともに伸びてしまったからです。
      ■         ■
 30歳台~40歳台になると、
 眼窩の蓋をしている…
 眼輪筋や筋肉が…
 少しずつ衰えてきます。
 疲れて筋肉が弱くなってくると…
 目の下の一部が…
 ‘ぽこっと’膨らむことがあります。
 この‘ぽこ’の陰になって、
 黒い‘くま’ができます。
      ■         ■
 手術をすすめる先生も多いようですが、
 私はまず…
 疲れた眼輪筋を休ませることをおすすめします。
 皮膚の小さなシワは、
 保湿剤で改善することもあります。
 気にして…
 こすり過ぎると…
 炎症を起こして…
 クマになることもあります。
      ■         ■
 目の下のくまは、
 身体が疲れている信号です。
 原因を取らないで…
 手術で脂肪だけを除去しても…
 またくまになる危険性もあります。
 くまの治療は、
 原因を考えてみて、
 ご自分でできる方法から試してみてください。
      ■         ■
 目のくまができたら…
 手術よりも…
 まず原因を考えてみましょう。
 疲れていたら、
 ゆっくり休むことです。
 眠れなくても…
 目を閉じているだけで…
 筋肉は休んでいます。

投稿者 sapporobiyou : 20:57 | コメント (0)

2010年02月07日

整形は罪悪?

 世の中には…
 いろいろな考えの方がいます。
 親からもらった身体に…
 病気でもないのに…
 メスを入れるなんて…
 整形なんて…
 とんでもない!
 という考えの方もいます。
      ■         ■
 大きなぱっちりとした目は憧れだけれど…
 自分のパーツを変えるのは
 どうも…
 抵抗があるなぁ…
 生まれてきた子どもが…
 元の私と同じ目だったら…
 どうしよう…
 バレたらこまるなぁ…
 何て言い訳しようかなぁ…
      ■         ■
 医学部の男子学生に聞くと…
 『そりゃ…』
 『整形した二重より…』
 『生まれつきの二重がいいっすょ…』
 と言う人もいます。
 でも…
 そんな男子に限って…
 『そりゃ…』
 『美人の方がいい…』
 『顔がいい方がいい…』
 なんてことを平気で言います。
      ■         ■
 人間なんて勝手なものです。
 人それぞれに…
 いろいろな考えがあります。
 私自身も…
 美容外科はある意味で虚飾を作る外科かも知れません。
 手術で「私は生まれつきの二重美人です」
 「私のオッパイは元々Dカップです」
 と他人をだます手伝いをしているのでは?
 疑問を抱いたこともありました
      ■         ■
 私はHPにも書いたように…
 イメージは自然
 自然な仕上がりを大切にします
 をモットーにしています。
 美容形成外科医という仕事をしていると、
 いろいろな方に出会います。
 私は…
 整形は罪悪とは思いません。
 整形で、
 明るくキレイになった女性を
 たくさん知っています。
      ■         ■
 親からもらったが、
 瞼を上げる力が弱くて…
 いつも眠そうな目で…
 どんなにアイプチでがんばっても…
 自然な二重にならなければ…
 眼瞼下垂症手術で、
 目の開きを大きくすれば良いと思います。
 視界が広くなって…
 世の中が明るく見えます。

kapre.jpg
手術前です

kapo1.jpg
手術直後です

kapo3.jpg
手術3週間後です

投稿者 sapporobiyou : 18:01 | コメント (0)

2010年02月06日

アイプチとは違います

 二重埋没法の手術をご希望の方から、
 アイプチのラインで留めてください。
 アイプチと同じ目にしてください。
 ちょっとだけ幅を広くしてください。
 …などのご要望を
 承(うけたまわ)ることがあります。
      ■         ■
 二重のラインは、
 皮膚が…
 瞼板(けんばん)
 という組織に引っ張られてできる、
 折り目です。
 この折り目が、
 生まれつき付いている人が
 二重です。
      ■         ■
 二重の人は…
 目がパッチリと大きく見えます。
 大きな目になりたくて…
 糊で二重を作るのが…
 アイプチ
 メザイクです。
 糊でくっつけるので、
 二重のラインはできても…
 浅い二重になります。
      ■         ■
 埋没法の糸は、
 瞼の裏側から…
 皮膚を引っ張ります。
 引っ張る時に、
 皮膚が窪んで…
 埋没法がバレる
 になります。
 瞼の状態や…
 糸の結び方によって…
 食い込みになります。
      ■         ■
 アイプチで簡単にくせがつく、
 薄い瞼の方は、
 食い込みも少ないですが、
 瞼の厚い方や、
 アイプチによるカブレがある方は、
 どうしても…
 食い込みが目立ちます。
 糊で作った二重と…
 糸で作った二重は違います。
 アイプチと同じ二重にはなりません。
 目の印象も変わります。
 バレないように注意してください。

投稿者 sapporobiyou : 21:17 | コメント (0)

2010年02月05日

埋没法はバレます!

 2月~3月は、
 高校の卒業式が終了し、
 大学の合格発表も終わり、
 医師国家試験、
 看護師国家試験、
 保健師国家試験、
 助産師国家試験が終了し
 埋没法で二重に…!
 とお考えの方が多い季節です。
      ■         ■
 札幌美容形成外科で行っている…
 二重埋没法は、
 腫れの少ない、
 目立ちにくい手術です。
 それでも…
 アイプチやメザイクとは違います。
 気をつけないと気付かれます。
 一番最初に気付くのは自分です。
 鏡を下に置いて…
 伏目がちにするとわかります。
      ■         ■
 糸を通したが、
 窪んで見えます。
 そので、
 皮膚を引っぱっています。
 次第に目立たなくなりますが、
 1ヶ月程度は誰でも気になります。
 下を向いた時…
 目を瞑(つぶ)った時が要注意です。
      ■         ■
 私は手術の後で…
 下を向くときは…
 頭を下げてお辞儀(じぎ)すること
 彼とK♡SSをする時に…
 目を閉じないこと!
 字を書く時に下を向いて…
 気付かれることがあるので…
 髪の毛で隠すようにすること!
 などの注意をお話ししています。
      ■         ■
 自分の次に気付くのは…
 同じ手術を受けた人です。
 どうしても…
 他人の目元を気にして見ます。
 目の印象が変わるので…
 『あら…』
 『どうしたのかしら…』
 と気付きます。
 ふつうの人なら…
 見逃してしまうような小さなに気付きます。
      ■         ■
 医学部でも、
 看護学部でも、
 二重埋没法の講義はありません。
 医師国家試験にも、
 看護師国家試験にも出ません。
 医学生や
 看護学生で、
 気付くのは…
 自分で受けた人。
 姉や妹、元カノが受けた人です。
 魔法の種がバレないように…
 気をつけてください。

投稿者 sapporobiyou : 21:32 | コメント (0)

2010年02月04日

FMアップルに出演しました

 昨日[平成22年2月3日(水)]
 札幌市豊平区平岸2条5丁目の
 第5平岸グランドビル2階にある、
 FMアップルへ行って来ました。
 札幌市豊平区平岸には、
 昔、りんご園がありました。
 豊平区内には…
 リンゴ並木がある環状通りもあります。
 平岸のFM放送局なので、
 FMアップルなのかなぁ~と思いました。
      ■         ■
 FMアップルでは、
 担当の塚本薫さんが、
 ぶっつけ本番とは思えないような…
 巧みな話術で…
 私が伝えたいことを…
 上手に引き出してくださいました。
 番組で私がお話ししたことは…
 美容形成外科の中でも、
 わきが
 眼瞼下垂症
 陥没乳頭
 などは健康保険で治療ができること。
      ■         ■
 自分が開業する時は…
 できるだけ他人に知られないように…
 プライバシーを尊重した待合室で…
 人知れず…
 ひっそりと治療を受けていただける…
 ということを重視しました。
 総合病院の形成外科では…
 わきがの手術は入院してしていました。
 でも…
 入院しても手術後はじっとしているだけ。
      ■         ■
 回診に行っても…
 今日も処置はありませんょ。
 じっとしていてください。
 というだけが…
 わきが手術の入院でした。
 入院すれば治療費もかかるし…
 もし万一…
 入院中にお友だちにでも遭ったら…!
 『何で入院しているの…?』…と
 大変なことになります。
      ■         ■
 自分で開業する時には、
 大きな病院の形成外科ではできなかった…
 プライバシーを確保した待合室。
 安心できる治療を、
 リーズナブルな価格で提供する。
 という私の理想を…
 できる限り実現したいと考えました。
 札幌美容形成外科には、
 若い方から、
 80歳台の方まで、
 幅広い年齢層の方にいらしていただいています。
      ■         ■
 塚本様からは、
 女性ならではの…
 たくさんのご質問をいただきました。
 10万円の化粧品を…
 いくら使っても限界がある…。
 と申し上げました。
 化粧品には薬事法上の規定があります。
 コラーゲンやヒアルロン酸は、
 医師が注射する…
 高価なお化粧とお考え下さい…
 とお話しいたしました。
 放送内容は、
 こちらからお聴きいただけます。

投稿者 sapporobiyou : 18:56 | コメント (0)

2010年02月03日

医科と歯科の協力

 昨日の日記(顔面骨骨折⑥)に
 歯科のtetsuko先生からコメントをいただきました。
 卒後在籍した教室は、
 大浦教授時代の形成外科とチームを組んでいたので、
 医科、歯科合同で症例に取り組む良さを実感しました。
 患者さんの口もとを美しくしたい大浦先生側と、
 患者さんにしっかり咬める歯並びを残したい歯科側の先輩とで
 「どの歯を残す?抜く?」
 と激しいやりとりをしていたのを思い出しました。
      ■         ■
 私が北大形成外科に在籍していた頃…
 北大では、
 医学部と歯学部が、
 合同でカンファレンスをしていました。
 当時の医学部と歯学部は、
 狭い渡り廊下でつながっていました。
 医学部附属病院外来棟の奥に…
 誰も気づかない扉がありました。
 その扉を開けると、
 冬でも暖房がない渡り廊下でした。
      ■         ■
 そこを通って…
 歯学部へ行けました。
 同じ北大でも、
 医学部と歯学部は組織も異なり、
 当時は附属病院も別でした。
 私は札幌医大を卒業したので…
 口腔外科で抜歯の実習も、
 連続歯牙結紮の実習もありました。
 北大医学部を卒業した同期は、
 北大ではそんな実習はなかったと…
 札幌医大を羨ましがられました。
      ■         ■
 今は北大も変わって…
 医学部と歯学部の病院が一緒になりました。
 30年前に、
 大浦武彦先生がなさった、
 医学部と歯学部の合同カンファレンスは…
 実に画期的なことでした。
 Medical(医科)のM
 Dental(歯科)のDをとって
 MDカンファレンスと呼んでいました。
      ■         ■
 私の恩師である、
 北大形成外科初代教授の大浦武彦先生は、
 素晴らしい先生です。
 良いことは…
 何でも積極的に改革されました。
 私の記憶では…
 歯学部の
 矯正科と
 第二補綴(ほてつ)科の先生が、
 カンファレンスにいらしてくださいました。
      ■         ■
 唇顎口蓋裂という、
 生まれつきの病気があります。
 その子どもたちが、
 大きくなると…
 口唇の他に、
 顎骨(がっこつ)や
 歯ならびなどの問題が生じます。
 MDカンファレンスで
 歯学部の先生から
 たくさんのことを教えていただきました。
      ■         ■
 歯学部の先生との協力で…
 私が得たことの一つに…
 咬み合せは歯科の先生の専門分野。
 医科の医師免許で、
 医師は
 抜歯をするべきではない!
 安易に歯は抜くものではない!
 …ということを強く思いました。
      ■         ■
 私たちは0.1㎜の精度でキズを縫います。
 歯科の先生は0.1㎜以下の精度で…
 咬み合せを調整されます!
 北大形成外科には、
 医師免許と歯科医師免許を両方持った
 林利彦先生がいらっしゃいます。
 大浦武彦先生がはじめられたMDカンファレンスは
 今は顎顔面(MF)外来として、
 北大形成外科の特殊外来で続けられています。 

投稿者 sapporobiyou : 18:02 | コメント (0)

2010年02月02日

顔面骨骨折⑥

 顔面骨骨折①
 顔の骨の骨折は形成外科です。
 と偉そうに書きました。
 ところが…
 形成外科だけではできない骨折があります。
 歯の損傷を伴った骨折です。
 特に…
 下あごの骨折…
 下顎骨骨折(かがくこつこっせつ)は、
 形成外科だけでは無理なことがあります。
      ■         ■
 医科点数表という…
 厚生労働省が定めた料金表があります。
 保険診療で…
 医師免許でできる…
 手術・処置・検査などについて…
 詳しく書いてあります。
 この中に…
 K404抜歯手術(1歯について)
 というのがあります。
      ■         ■
 1乳歯 120点
 2前歯 150点
 3臼歯 260点
 4難抜歯 460点
 5埋伏歯 1,000点
 と書かれています。
 つまり…
 医師免許で抜歯をしてもいいですよ
 と厚生労働省が認めています。
      ■         ■
 前歯を一本抜いて…
 料金は150点。
 つまり1,500円です。
 これに診察料や
 麻酔料が入りますが、
 正直に言って安すぎます。
 歯医者さんがかわいそうです。
 医師免許で…
 抜歯をする‘先生’は…
 いても…極めて少数だと思います。
      ■         ■
 私は30年前の学生時代に…
 札幌医大で…
 口腔外科の講義と実習がありました。
 口腔外科の先生は…
 大部分が歯科医師の先生です。
 私たち札幌医大の学生は、
 歯科の先生から…
 抜歯の仕方を習いました。
      ■         ■
 下顎骨骨折の講義も…
 口腔外科の先生からありました。
 実習で…
 連続歯牙結紮というのもしました。
 今から思うと…
 私たちはラッキーでした。
 現在の医学教育では、
 抜歯とか…
 連続歯牙結紮の実習がない医学部もあります。
      ■         ■
 歯の損傷を伴った顔面骨骨折は、
 形成外科単独で行うより…
 歯科の先生と共同で行うのが…
 ベストだと思います。
 単独の下顎骨骨折でしたら、
 形成外科より…
 口腔外科がよいと思います。
 私は歯科の先生に何度も助けていただきました。
      ■         ■
 私が勤務した時代の…
 帯広厚生病院、
 市立札幌病院、
 には口腔外科や歯科がありませんでした。
 もともと歯並びが悪い人が…
 顎骨骨折になると…
 咬み合せがわかりません。
 夜中に歯科の先生を呼ぶこともできません。
 ひどい‘むし歯’があって…
 そこが骨折していることありました。
      ■         ■
 顔の外傷がひどいので…
 歯科医院へ通院することもできません。
 歯科の先生に…
 往診していただいたこともありました。
 北大歯学部の…
 補綴(ほてつ)科
 矯正歯科
 口腔外科
 保存科の先生には、
 とてもお世話になりました。
      ■         ■
 美容外科で…
 顎骨の骨切手術が得意な先生がいます。
 美容外科医にも、
 歯科医師と医師の、 
 両方の免許を持った人もいます。
 私は(個人的には…)
 顎の骨の手術は…
 歯科と医科が仲良く手術をするのが、
 一番良い結果が出ると思っています。
      ■         ■
 明日[平成22年2月3日(水)]
 午前11:30頃から、
 札幌のFMアップルという、
 FM放送に出演することになりました。
 http://www.765fm.com/
 PCの方は…
 QuickTimeがインストールされていると、
 ネットでも聴取できます。
 お時間があればお聞きになってください。

投稿者 sapporobiyou : 21:56 | コメント (0)

2010年02月01日

顔面骨骨折⑤

 顔面骨骨折の治療法も…
 30年の間に大きく変わりました。
 整形外科で骨折を治療する時は、
 さまざまな金具を使います。
 整形外科学会へ行くと…
 世界中の業者さんが展示しています。
 整形外科で使う金具を…
 ずっと小さくしたのが、 
 形成外科の金具です。
      ■         ■
 私が医師になった頃は、
 ステンレスのワイヤーで…
 顔の骨折を固定していました。
 1㎜以下の…
 細い針金状のワイヤーを…
 骨にドリルで穴を開けて…
 その穴にワイヤーを通して…
 骨を固定していました。
      ■         ■
 簡単なようですが…
 穴をあけるのも大変でした。
 ちょっとでも周囲組織に触れると…
 ドリルの刃が…
 組織を巻き込んでしまいます。
 助手が組織を押さえる役目です。
 助手が下手だと叱られました。
 ドリルは圧縮空気や、
 電気で回していました。
 ドリルの刃も1㎜以下でした。
      ■         ■
 ワイヤーの操作も… 
 慣れないと…
 すぐに切れてしまいました。
 絡(から)まることもありました。
 大学では習わないことばかりで…
 針金細工の職人さんの方が…
 よほど上手にできるかなぁ~
 と思ったものでした。
      ■         ■
 今から20年前くらいになると…
 ワイヤーから、
 プレートに代わりました。
 最初は…
 ステンレスのプレートとスクリュー(ねじ)でした。
 それが…
 チタン製に変わりました。
 ワイヤーと違い…
 穴を通す必要はなくなりましたが、
 ねじが‘ばか’になることがありました。
      ■         ■
 プレートとスクリューはドイツ製でした。
 初期の製品には…
 ねじの頭が折れてしまう不具合がありました。
 このプレートとスクリューが高価でした。
 小さなねじが一個5千円程度、
 プレートが数万円もしました。
 一度の手術で何枚か使ったので…
 手術代より材料費が高くなりました。
      ■         ■
 今は吸収性のプレートやスクリューもあります。
 若い形成外科の先生には、
 ワイヤー固定なんて…
 知らない人もいると思います。
 顔面骨骨折の手術で得た知識は、
 顎の骨を切る手術に役立ちます。
 美容外科で、 
 骨切手術が得意な先生も、
 入門編は…
 顔面骨骨折の手術だった方も多いと思います。

投稿者 sapporobiyou : 20:41 | コメント (0)