« 2010年09月 | メイン | 2010年11月 »

2010年10月31日

芸術祭参加作品

 芸術の秋です。
 私は芸術家ではありませんが、
 形成外科医には…
 創る喜びがあります。
 恩師の大浦武彦先生は、
 形成外科の楽しみは
 「美しさを求めて創る楽しみ」
 一人一人の患者様が一つ一つの作品で、
 サインをしたくなるほど美しく仕上げる
 創造の楽しみが他科にはない喜びである
 …とお話しされています。
      ■         ■
 私が芸術祭参加作品と呼ぶ手術があります。
 小陰唇縮小手術がそうです。
 ただ切るだけではダメです。
 複雑な3次元的な形態を、
 いかに自然に…
 美しく仕上げるか…
 とても難しい手術です。
 特に…
 俗にクリトリス包茎と呼ばれる、
 恥骨に近い部分まで出ている人を、
 きれいに治すのは、
 とても難しい手術です。
      ■         ■
 婦人科の先生は、
 卵巣とか子宮は得意ですが、
 外陰部については…
 形成外科が専門です
 私は大学病院で、
 外陰癌(がいいんがん)の手術を、
 婦人科の先生と一緒にしました。
 婦人科病棟へ回診に行きました。
      ■         ■
 婦人科の看護師さんからは、
 形成の先生が縫うと…
 こんなにキレイ!
 毎回、必ず驚かれました。
 私が手術を受ける時も
 先生にお願いしていいですか?
 …とよく言われました。
 もちろんOKです
      ■         ■
 小陰唇縮小手術や乳頭肥大手術。
 どうやって治すのだろう…?
 …と思うような重度の方を、
 もくもくと手術して治します
 手術が終了して…
 札幌美容形成外科の女性職員から…
 わぁ…きれいと…
 感動されます。
 他人に見せることはない、
 公開されない芸術祭参加作品を創って…
 しあわせになっていただくことを祈っています。

投稿者 sapporobiyou : 17:41 | コメント (0)

2010年10月30日

恥ずかしい相談

 札幌美容形成外科のHP。
 検索でヒットしている文字は、
 意外にも
 小陰唇
 陥没乳頭
 です。
 眼瞼下垂
 二重より、
 ずっと多いのです。
      ■         ■
 小陰唇が大きくて悩む人は多いのです。
 残念なことですが、
 せっかく勇気を出して…
 婦人科に相談に行っても…
 正常ですとか
 何ともありません
 この位の方はたくさんいます
 …と言われてしまいます。
      ■         ■
 そもそも、
 他の患者さんもいる婦人科や、
 レディースクリニックで、
 声に出して、
 あの~
 しょういん…
 と言うこと事体が恥ずかしいです。
 看護師さんや事務員さんは女性ですが、
 同姓に聞かれるのも嫌です。
      ■         ■
 そんな…
 口に出して言いにくい…
 恥ずかしい相談は、
 小さな紙に書いて、
 先生にそっと渡すとよいです。
 百均に売っている、
 小さな封筒を利用する方法もあります。
 待ち時間に、
 メモに書く方法もあります。
      ■         ■
 専用用紙でなくても、
 問診票の裏でもOKですし、
 問診票に記入されるのもよい方法です。
 恥ずかしい相談以外でも、
 たくさんの病気をしていらっしゃる方は、
 病歴を履歴書のように…
 A4の紙にプリントしておくと便利です。
 とにかく、
 口に出して言いにくいことは、
 紙に書いて渡してください。
      ■         ■
 当院の相談コーナーからは、
 24時間365日相談ができます。
 なるべく、
 24時間以内に返信を書くようにしています。
 メールで相談なさると、
 クリニックでは言えないことも、
 相談しやすいです。
 プライバシー保護のため、
 SSL暗号化通信を採用しています。
 恥ずかしがらずに相談なさることが、
 解決への早道です。

投稿者 sapporobiyou : 18:50 | コメント (0)

2010年10月29日

ホルモン補充療法の効果

 昨日の院長日記、
 女性ホルモン補充療法の続きです。
 NHKでは放送しない内容です。
 卵巣機能が低下して、
 女性ホルモンのレベルが低下すると…
 生殖器の粘膜も萎縮(いしゅく)します。
 外陰部のうるおいが少なくなります。
 その結果として…
 掻痒感(かゆみ)や膣粘膜の乾燥が起こります。
      ■         ■
 簡単に言うと…
 下着のよごれが少なくなります。
 膣粘膜が萎縮(いしゅく)して、
 乾燥すると…
 性交時疼痛の原因となります。
 更年期以降の性生活を障害します。
 このような生殖器症状に対して、
 「ホルモン補充療法」は…
 非常に有効です。
      ■         ■
 先日の市立札幌病院医師OB会で、
 産婦人科の大先輩である、
 吉尾弘先生(吉尾産婦人科理事長)が、
 教えてくださいました。
 健康で長生きするには、
 性生活の充実が、
 とても大切なのだそうです。
 世界中でいろいろな研究がなされており、
 洋の東西を問わず同じ結論だそうです。
      ■         ■
 札幌美容形成外科には、
 たくさんの女性のお客様がいらっしゃいます。
 ホルモン補充療法を…
 受けていらっしゃる女性の皮膚には、
 弾力があります。
 みずみずしいうるおいがあります。
 保険適応で…
 ホルモン補充療法を受けて、
 若々しく元気になりましょう!
 骨も丈夫になり、
 アルツハイマーにもなりにくいそうです。

投稿者 sapporobiyou : 22:28 | コメント (0)

2010年10月28日

女性ホルモン補充療法

 昨夜のためしてガッテンで、
 女性ホルモン補充療法をやっていました。
 タイトルは、
 オンナをあきらめない!
 40代からのカラダ管理
 NHKも変わりました。
 とても参考になる内容でした。
      ■         ■
 見逃した方は、
 11月2日(火)午後4時05分~4時50分
 11月3日(水)【2日深夜】午前2時00分~2時45分
 に再放送があります。
 是非、ビデオに録画して、
 ご覧になってください。
 次が放送の要旨です。
      ■         ■
 エストロゲンは、
 妊娠や出産をコントロールしたり、
 女性らしい体つきを作る大切なホルモンです。
 閉経が起こる50歳前後に近づくと
 分泌量が激減してしまいます
 どんなにキレイな女性でも、
 年齢によるホルモン分泌の低下は防ぐことができません。
      ■         ■
 卵巣機能の低下によってエストロゲンが減ります。
 そうするとエストロゲン分泌に関係する、
 脳の視床下部(ししょうかぶ)というところが混乱します。
 その結果として…
 視床下部がコントロールしている
 自律神経のバランスまでが崩れます。
 ほてりや汗、冷え
 人によっては、
 不眠や気分の落ち込み、頭痛、肩こり、疲労感などが出ます。
      ■         ■
 2002年のためしてガッテンでは、
 ホルモン補充療法で、
 乳がんと子宮癌のリスクが増すと放送されました。
 ところが…
 その後の研究で、
 しっかり癌検診を受けながら治療をすれば、
 安全に治療できることが、
 科学的に証明されました。
      ■         ■
 残念なことに…
 日本でホルモン補充療法を受けているのは、
 対象年齢の女性のわずか2%です。
 欧米先進国に比べると…
 とても低い数字です。
 エストロゲンだけではなく、
 プロゲステロン(黄体ホルモン)というホルモンも使うのがポイントです。
 2つのホルモンを使うことで、
 癌のリスクが減りました。
      ■         ■
 このホルモン補充療法は、
 更年期障害に効くだけではありません。
 美容外科では、
 究極の若返りといわれています。
 をすると…
 キレイになるのは、
 女性ホルモンが分泌されるためです。
      ■         ■
 50歳を超えてから…
 はちょっと難しいことがあります。
 生理が不順になってきたら、
 婦人科でホルモン補充療法を受けてください。
 私の同級生に藤井美穂先生という女医さんがいます。
 札幌医大産婦人科講師→天使病院産婦人科部長を経て
 現在は時計台記念病院産女性総合診療センター長です。
 とてもよい先生です。
      ■         ■
 私が女性だったら、藤井先生にかかります。
 ホルモン補充療法は保険適応です。
 お肌もキレイになります。
 骨も強くなります。
 悪玉コレステロールも減ります。
 欠点は、
 生理のような出血があることです。
 エストロゲンとプロゲステロンで、
 子宮内膜が脱落するために起こります。
 若返ったためだと考えてください。

投稿者 sapporobiyou : 19:11 | コメント (0)

2010年10月27日

こんにちは『そら』です

 娘の犬をたまに借りています。
 平成21年6月24日生まれです。
 オスです。
 ポメラニアンと
 ミニチュアダックスの雑種です。
 今はミックス犬というようです。
      ■         ■
 愛犬のチェリーが亡くなってから…
 ペットショップを見に行きますが、
 なかなか次の犬を飼えません。
 私はまたシェルティーを飼いたいのですが、
 奥さんが…
 死ぬと辛いと反対しています。
      ■         ■
 世話をするのは私だから!
 という強い一言で一蹴されています。
 そこで、
 娘の犬をたまに借りてきて…
 自分の犬のように可愛がっています。
 私はしつけが厳しいので、
 犬は私の言うことはよく聞きます。
      ■         ■
 私も…
 犬のおしっこを始末したり、
 脚を洗ったり、
 ひげを切ったり、
 耳掃除をしたり、
 まめに世話をしています。
 もちろんうんこの始末もします。
      ■         ■
 朝、寝ていると…
 顔をなめて起こしてくれます。
 すばしっこい犬です。
 ソファーの上で寝ていても、
 ぴょんと飛び乗ってきます。
 疲れて寝ていると、
 気を使って?
 静かにしています。
 犬が一匹いるだけで…
 家に帰るのが楽しみになります。


ぼくそらです

投稿者 sapporobiyou : 17:21 | コメント (0)

2010年10月26日

抱きしめキスして送り出す

 昨日の院長日記でご紹介した、
 朝日新聞、平成22年10月25日朝刊、声の欄への投稿です。
 抱きしめキスして送り出す
 主婦 須山みさち(東京都板橋区58)
「『頑張れ』夫に言えず悩む朝」(14日)投稿の方へ。私は、近くの会社に出勤する夫を送り出す時、「気をつけてね」と言ってキスをしてあげます。成人した2人の子どもたちからは「いい年をして」とあきれられますが、気にせず、堂々と抱き合ってキスします。そして、夫が帰宅した時には必ず「お疲れさま」と頭を下げます。
 夫とはお見合いで、私に一目ぼれしたようです。私が体を壊した13年前に、体調を気遣ってくれる夫を、病床でキスして見送る習慣が始まりました。
 結婚30年の私たちは、一緒に近くの公園を散歩する時は必ず手をつないで歩きます。それはスキンシップと同時に、薬の副作用で視神経を患う私が転ばないようにするためです。夫とは話も弾んで、子どものことや仕事のことなどいろいろ話します。こういう励ましもあろうかと思います。
      ■         ■
 気になったので…
 帰ってからもう一度読み直してみました。
 やはり私には…
 今日はさんま
 の方が似合っています。
 抱きしめキスは、
 新婚の頃でもなかったです。
      ■         ■
 このご夫婦のように…
 お見合いで結婚なさった2人が、
 いつまでも仲良しで…
 50歳を越えてからも、
 仲良く…
 いっしょにお風呂に入るというご家庭があると、
 伺ったことがあります。
      ■         ■
 奥様のご病気をきっかけにして、
 このように仲良くなれるのは素敵なことです。
 私の顔にキスをしてくれるのは、
 娘から借りた…
 愛犬のそらだけです。
 犬でも、
 家に帰ると…
 しっぽを振って喜んでくれるので、
 とても嬉しいものです。

sora

投稿者 sapporobiyou : 21:21 | コメント (0)

2010年10月25日

朝のひとこと

 平成22年10月25日、朝日新聞朝刊、声の欄への投稿です。
 身近な話題を一言添えては
 団体職員 剣持涼子 (埼玉県鳩ケ谷市 35)
 現在育児休業中で、毎朝出勤する夫を見送っています。私も自分を奮い立たせて「頑張って」出勤していましたから、頑張れと言われるのが嫌な方の気持ちもわかります。
 見送る立場になった今は、「行ってらっしやい」に、聞くと思わず足取りが軽くなるような一言を添えるようにしています。例えば「今晩はカレーだよ」「娘の6ヵ月健診に行ってくるね」などの言葉には、帰宅を楽しみに、今日一日を無事に過ごしてほしいという思いを込めています。
 疲れが出てくる週の後半には「今週もやっと後半ね」気分が沈みがちな雨の日には「帰りにはやむといいね」と声をかけます。特別なことがなくても「サボテンが大きくなってきたよ」と、夫が見過ごしがちなニュースを報告して送り出しています。
 何か言わないと、と考え過ぎず、家族や身の回りの自然、家事の合間にふと感じたことなどを感じたままに添えてみてはいかがでしょうか。
 (以上、朝日新聞より引用)
      ■         ■
 朝、ご主人を送り出す時に、
 『がんばってね』と夫に言うのをためらう…という、
 平成22年10月14日の投稿
 『頑張れ』夫に言えず悩む朝
 に対する、
 助言の投稿です。
 今朝の投稿には
 抱きしめキスをするという、
 58歳の女性からの投稿もありました。
      ■         ■
 そのキスをなさる女性は、
 お見合い結婚でご主人と結婚され、
 病気でご主人が看病してくださった時から、
 キスをする習慣になったそうです。
 すごいことです。
 私には考えられませんが…
 そんなご夫婦もいらっしゃるようです。
      ■         ■
 本間家は、
 「いってらっしゃい」です。
 学生の息子がサッカーに出かける時は、
 気をつけてね
 ケガをしないようにね
 …になります。
 たまに…
 今日はさんま
 …になることもあります。
      ■         ■
 週のはじめや…
 休み明けは…
 どうしても…
 朝、起きるのが辛くなります。
 最近は寒くなったので、
 布団のぬくもりから…
 よいしょ!
 …とがんばらなくては起きられません。
 今日も健康で働けることに感謝して、
 がんばっています。

投稿者 sapporobiyou : 21:14 | コメント (0)

2010年10月24日

グリム会2010

 昨夜、市立札幌病院の医師OB会、
 グリム会がありました。
 141年前に開院した時の、
 初代院長、米国人グリム博士の名前を記念し
 グリム会という名前です。
 今の院長は、
 私の恩師である吉田哲憲先生です。
      ■         ■
 昨夜の参加者は16名でした。
 56歳の私が最年少で、
 最高齢は86歳の先生でした。
 お元気で、
 今でもゴルフを楽しんでいらっしゃるそうです。
 私があと30年生きられる自信はありませんが、
 医師として…
 人生の先輩として…
 素敵な先生です。
      ■         ■
 吉田哲憲院長から、
 市立札幌病院の現況についてご説明がありました。
 脳死者からの臓器提供が多い病院として、
 全国的にも有名になっています。
 臓器提供は、 
 病院にとってどんなに大変か…?
 あらためてよく理解できました。
      ■         ■
 全病院的な協力体制がなければ、
 決してできない仕事です。
 吉田院長からは、
 コーディネーターとして活躍している、
 看護師さんの活躍。
 麻酔科や手術部の協力。
 提供者から、
 もし癌細胞の疑いが見つかった時のために…
 夜を徹して待期する…
 病理医のことなど、
 病院全体としての取り組みが紹介されました。
      ■         ■
 私が臓器提供カードを持つきっかけとなった、
 腎移植科の平野哲夫先生は、
 定年退職後の今も、
 腎移植外科の医師として活躍していらっしゃいます。
 平野先生から、
 腎移植で救われる患者さんのことが紹介されました。
 脳死者からの腎移植が増えているものの、
 まだ数としては近親者からの、
 生体腎移植が多いことも知りました。
      ■         ■
 腎臓内科の、
 上田峻弘先生からは、
 日本の透析患者さんは約29~30万人もいて、
 人口の410人に一人は、
 人工透析を受けていることを教えていただきました。
 他の先生からも、
 高齢になってからの人生の楽しみ方
 病気になった時の大変さ
 など…
 人生の先輩としての生き方を教えていただきました。
      ■         ■
 市立札幌病院は、
 私が勤務した病院の中で、
 一番、充実して楽しかった病院です。
 他科の先生とすぐに相談できて、
 何でも協力できる病院でした。
 20年前に勤務した病院ですが、
 その時にできた他科の先生とのつながりが、
 今も毎日の診療に生かされています。
      ■         ■
 以前に書いた言葉です。
 人間は成長する過程でどんな人と出会い、どんな影響を受けるかで、その人の人格や人間性が形成されます。
 医師も、成長する過程で、どんな先輩や同僚と出会い、どんな経験を積むかで、医師としての技量や人格が形成されます。
 私は医師としての‘青春時代’を市立札幌病院で過ごしたことにより、目に見えない貴重な財産を得ました。
 研修先を選ぶ時には、給与だけではなく、こんなことも考えていただきたいです。

投稿者 sapporobiyou : 17:03 | コメント (0)

2010年10月23日

美容外科への偏見

 昨日の院長日記に、
 さくらんぼさんからコメントをいただきました。
 まだまだ 山形では 美容外科に対する偏見があると思いました。
 保険適用でわきが眼瞼下垂症の手術ができる事を知らない方がまだまだいるし、
 美容とつくとなんだか エステとか 美顔とか 痩身的なリッチな方だけの贅沢な事と思っている方がまだまだおります。
      ■         ■
 美容外科の中には、
 偏見で見られても仕方がないクリニックもあります。
 詐欺(さぎ)まがいの広告宣伝や、
 稚拙(ちせつ)な医療で死亡事故もあります。
 私たちから見ても…
 絶対に行ってはいけない美容外科があります。
 保健所や厚生労働省も取り締まってくれません。
 警察も事件でもなければ動きません。
      ■         ■
 一方で、 
 美容外科を上手に利用なさって、
 長年の苦悩から開放されている方も、
 実はたくさんいらっしゃいます。
 内科や婦人科もそうですが、
 先生との相性もあります。
 どこの美容外科にかかるかで、
 その人の運命が決まります。
      ■         ■
 形成外科専門医だから…
 100%安心なんてことは絶対にありません
 形成外科専門医でない、
 優秀な美容外科医もたくさんいます。
 どの先生にかかるかが難しい選択です。
 私が手術をしても…
 100%満足されている方ばかりではありません。
 できる限りのことはしますが、
 力が及ばないこともあります。
      ■         ■
 私は、大学をクビになった8年前に、
 ネットでいろいろな美容外科を検索してみました。
 正直なところ、
 調べれば調べるほどわからなくなりました。
 誹謗中傷もありました。
 チェーン店の美容外科にも面接に行きました。
 最終的に、
 医療機器メーカーの社長さんのご紹介で、
 中央クリニックへ就職しました。
 中央クリニックの社長さんは医師ではありませんが、
 たくさんのことを教えてくださいました。
 今でも感謝しています。
      ■         ■
 美容外科は…
 興味もないのに、 
 無理して行くところではありません。
 歯が痛くて、
 歯医者さんに行くのとも違います。
 ただ、
 もし自分で悩んでいることがあれば、
 思い切って行くのは良いことです。
 わからなければ、 
 何軒かの美容外科を受診して、
 自分と最も相性が良さそうな先生を選んでください。
 【彼】や【旦那さん】を選ぶのと同じです。 

投稿者 sapporobiyou : 17:21 | コメント (0)

2010年10月22日

お医者さんの奥さん2010

 お医者さんの奥さんという院長日記を、
 2008年10月4日に書いています。
 旦那が医者だと、安心できると思うのは間違いです。
 医師が、一番最初に診なければならないのは、自分の患者さんです。
 家族は後になります。
 どこの先生の奥さんも、‘母子家庭’を経験していると思います。
 私も、‘いい旦那さん’ではありません。
 家内には、
 ‘院長日記の中だけ愛妻家ぶっている’と非難されています。
 家内はこの院長日記を…
 ‘腹が立つから見ない!’と言っています。

      ■         ■
 私が考える…
 お医者さんの奥さんの条件です。
 孤独に強くて、
 忍耐強い人です。
 医師には当直があります。
 緊急の呼び出しもあります。
 学会出張も、
 関連病院への出張もあります。
 家にいないことが多い職種です。
      ■         ■
 医師は肉体労働者です。
 精神労働もあります。
 疲れることが多いです。
 早死にするとも言われています。
 子育てや家のことは…
 奥さんが一人で…
 何でもしなくてはならない時もあります。
      ■         ■
 最近は、
 男性も育児休業を取得するようですが、
 現役の臨床医でしたら、
 『私、今日から一年間、』
 『育児休業を取得させていただきます。』
 『あとの患者さんのことは…』
 『よろしくお願いします。』
 …なんてことは100%無理です。
      ■         ■
 私が…
 一番、奥さんに感謝したのは、
 失業した時です。
 子ども2人が学費のかかる…
 私立大学私立高校でした。
 この時は、
 人生で一番困りました。
 いつもは文句を言われますが、
 黙って協力してくれました。
      ■         ■
 今も、毎日、弁当を作ってくれます。
 前の晩と同じおかずでも感謝しています。
 弁当箱は洗って帰ります。
 ダイヤモンドの指輪は買っていませんが、
 感謝して洗って帰ります。
 ダイヤモンドの指輪が欲しい女性は、
 お医者さんではなく、
 社長さんと結婚したらいいかもです。

投稿者 sapporobiyou : 20:36 | コメント (0)

2010年10月21日

ダイヤモンドの指輪

 平成22年10月19日火曜日、北海道新聞朝刊、いずみへの投稿です。
 以心伝心
 結婚10年はスイートテンダイヤモンド…。どこかの宝石店のコマーシャルを覚えている。それにひっかけて、「結婚25年目ならダイヤは25個つくんだね!」。前もって夫にそれとなく「刷り込み」をしておいた。
 しかし、めったに贈り物などしない夫なので、当然、全く期待もしていなかった。ところが25年目の記念日に指輪をくれた。残念ながら25個のダイヤはついていないが、キラキラと輝いてなかなかすてきだ。
 指輪は少しだけきつかったので、サイズを伸ばしてもらうため、私ひとり店に出向いた。若く美しい店員さんにサイズ変更のお願いをしていると「結婚記念日の品ですよね?」と確認された。「ご主人は、何にしたら良いか、どんなのが良いか、とても迷っていましたよ」。直接対面した店員さんではないのに、1週間前の夫の様子を覚えていた。
 親切にアドバイスしてくれた店員さん、夫が大変お世話になりました。
 そして、夫があれこれ悩んでいる様子を思い浮かべると、なんだか口元が緩んだ。おかしいような、切ないような、ありがたいような。いつも妻ひとりで夫の物を選ぶ苦労を、少しは味わってくれたようだ。
 後日談。かねてより特売を特っていた薬屋のチラシがやっと入ってきた。忘れないようにテーブルの上に置いて仕事に出た。夜、家に帰ると必要な品物が買ってあった。
 中南孝子(53歳・会社員)=札幌市東区
 (以上、北海道新聞より引用)
      ■         ■
 本間家は来年で結婚30周年です。
 投稿者の中南様のご主人はすごいです。
 私など…
 何も買っていません。
 指輪のサイズも知りません。
 薬屋さんの特売には行きますが…
 だいたい奥さんが行くか…
 いっしょに行くことが多いです。
      ■         ■
 最近、奥さんから感謝されたこと。
 魚の骨がのどにひっかかりました。
 何度、ご飯を丸のみしても取れません。
 私が、
 ペンライトとピンセットで取りました。
 魚の骨がひっかかった時は…
 お医者さんと結婚してよかった。
 …と思うそうです。
 世の中…
 こんなものと思うのですが…

投稿者 sapporobiyou : 20:14 | コメント (0)

2010年10月20日

形成外科医としての強み

 神戸大が美容外科開設
 という院長日記を2007年9月28日に書きました。
 その一部を引用します。
 大学病院で美容外科を担当する‘先生’はどこで美容外科を習得するのでしょうか?
 大部分の‘先生’は、民間で開業している美容外科や形成外科へ行って、美容外科手術を習得します。
 形成外科医は眼瞼下垂症手術などは得意ですから、手術のアルバイトに行って、ついでに他の手術も覚えることもあります。
 国立大学では、おおっぴらにアルバイトに行くことは禁止されていますから、土日の休みなどを利用することもあります(厳密に言うと土日でもバイトは禁止ですが…)。
      ■         ■
 大学病院で美容外科診療をしようとすると、料金も大学の規則で決めなくてはいけません。
 市立病院や公立病院では、条例で料金を決めなくてはならない場合もあります。
 美容外科で普通に使っている、厚労省が認めていないコラーゲンやヒアルロン酸も使えません。
 手術を決めて、麻酔科に麻酔を依頼すると、自由診療だからと麻酔科から断られることもあります。
 さまざまな制約を受けるのが大学病院の美容外科です。
      ■         ■
 ただ、全国的に見ると、国立大学でも形成外科を形成外科・美容外科とするところは増えています。
 医学部の学生が美容外科手術を見学したいと願っても、なかなか実現しません。普通の美容外科でしたらまず断られます。
 医学部の教育の中で、美容外科が一般化するには、形成外科が普及した以上に時間がかかると思います。
 日本の医学部・医科大学の中には、形成外科すらない医育機関がまだかなりあります。       ■         ■
 形成外科医には、
 褥瘡(じょくそう)やフットケア(足のきず)など、
 キズの処置が得意な先生と、
 美容外科手術など、
 細かい手術を得意とする先生がいます。
 私は美容外科学会の会員ですが、
 フットケア学会には入っていません。
      ■         ■
 形成外科医は、
 創傷治癒という、
 キズの治りに関する知識が豊富です。
 頭蓋顎顔面外科という、
 顔の骨を切る手術を得意としていると、
 美容外科でも骨を切るのが得意になります。
 (私は骨を切る手術はしていませんが…)
      ■         ■
 形成外科から美容外科を志し、
 転向しようとした時に、
 形成外科の知識は役に立ちます。
 美容外科しか知らない先生との…
 一番の違いは、
 キズがトラブルになった時の対処です。
      ■         ■
 キズを治すプロである形成外科医は、
 美容外科手術でトラブルになったキズを治せます。
 手術後に…
 もし万一トラブルになったとします。
 二重埋没法と…
 ヒアルロン酸やボトックス注射、
 包茎手術しか知らない先生は、
 トラブルに対処できません。
 形成外科でキズの処置をしていると…
 どうしたら治せるか?
 わかるようになります。
      ■         ■
 また、ふつうの美容外科では、
 手術用顕微鏡は使いません。
 私のように、
 マイクロサージャリーに慣れた形成外科医は、
 たとえ老眼になっても、
 顕微鏡という強い武器があります。
 細かさとキレイさでは、 
 若い先生の肉眼に勝てます。
      ■         ■
 世の中には、
 どんなにわがままな望みでも、
 はい承知いたしました
 手術をいたします
 と聞いてくれるのが美容外科だと…
 勘違いされている人がいます。
 美容外科でもできない手術はあります。
      ■         ■
 美容外科で手術をしてもキズは残ります。
 できない手術はできません。
 技術力だけでは解決できないこともあります。
 どこまでやっても大丈夫で、
 これ以上やると危険だというのは、
 いろいろなトラブルを見たことがある、
 形成外科医の方がよく知っています。
 また形成外科専門医でも、
 医療事故は起こします。
 形成外科出身だからと安心もできません。
 難しいところです。

投稿者 sapporobiyou : 21:22 | コメント (0)

2010年10月19日

形成外科医の現実

 大学を卒業して、
 臨床研修を終えた若い先生
 形成外科を選ぶ人が増えているそうです。
 形成外科医になったら、
 美容外科でアルバイトができて、
 儲かる
 …と幻想を抱(いだ)くようです。
      ■         ■
 現実はそんなに甘くはありません。
 大学病院の形成外科医局から、
 チェーン店の美容外科アルバイトへ行っている…?
 …なんて…
 少なくとも私は知りません。
 ○○美容外科の今日の担当医。
 先月、臨床研修を終えたばかりの、
 若くてイケメン△☐先生です。
 美容外科の手術はしたことがありません。
      ■         ■
 そんなアルバイトの先生に…
 手術を任せる経営者はいません。
 どんなに愛想が良い先生でも、
 技術が未熟では訴訟になります。
 お客さんも見る目があります。
 自分の大切な顔の手術を、
 アルバイトドクターに任せる人はいません。
      ■         ■
 私が知っている、
 形成外科専門医で、
 現在、バリバリの美容外科医は、
 大学病院や関連病院で、
 専門医を取得した先生です。
 頭蓋顎顔面外科
 つまり顔の骨の手術を専門とした先生もいます。
 顔のことは表面から脳の手前まで、
 知り尽くした先生です。
      ■         ■
 形成外科の関連病院では、
 美容外科手術は多くありません。
 大学病院を離れてから…
 市中の美容外科で、
 たくさん手術をして…
 美容外科をきわめた先生が多いです。
 大学病院や公立病院の…
 美容外科患者数は、
 チェーン店の美容外科より
 ずっと少ないのが現実です。
      ■         ■
 私が知っている形成外科研修医は、
 だいたいアルバイト先としては、
 老人病院などの当直をしていました。
 美容外科へ行ったとしても、
 せいぜい見学です。
 とてもお給料がいただけるような…
 仕事はできません。
      ■         ■
 形成外科には入ったけれど…
 仕事は汚いキズの処置ばかり。
 手術は上の先生がして、
 自分は縫合すらやらせてもらえない。
 そんな生活に嫌気がさして…
 辞めてしまう先生が多いとも聞きます。
 儲かる仕事なんて…
 ありません。

投稿者 sapporobiyou : 21:01 | コメント (0)

2010年10月18日

形成外科医の兼業(けんぎょう)

 大学病院に勤務する医師の給与は、
 想像以上に低いものです。
 医師の給与という、
 2007年2月4日の院長日記に書きました。
 私が研修医になった昭和55年(1980年)頃は
 研修医の給料が一番安かったのが、
 なんと慶応病院でした。
 あの有名な‘王選手まで手術した’
 慶応義塾大学病院の研修医の月給が約3万円。
 北大病院の研修医が約10万円でした。
 慶応病院はお給料が安くても
 たくさんの研修医が集まるため
 高くする必要がなかったのだと思います。
      ■         ■
 研修医だけではなく…
 医学部の教授職でも…
 大学からいただくお給料は高くありません
 大学病院のお医者さんは、
 学会出張もありますし、
 高価な外国雑誌の年間購読料。
 高価な医学書。
 高価な学会参加費。
 たくさん入っている学会の年会費。
 お金がいくらあっても足りません。
      ■         ■
 独身のうちや、
 共働きだと大丈夫ですが…
 子どもの教育費がかかるようになると…
 生活はとても大変になります。
 私は家内から…
 大学のお給料ではやって行けませんと…
 何度も言われました。
 それほど薄給でした。
      ■         ■
 結婚が決まってから、
 北大病院の給与明細を見せた時に…
 絶句されたのを覚えています。
 私の研修医としての給与は、
 手取り10万円未満。
 ボーナスも無しでした。
 家内が勤めていた会社は、
 大手のお給料が良い会社でした。
 短大卒後4年目で、
 私の2倍以上の手取りがありました。
      ■         ■
 大学病院に勤務する医師が、
 海外出張にも行けて、
 学会にも参加して、
 何とか生活して行けるのは、
 兼業(けんぎょう)というアルバイトのおかげです。
 国公立大学ですと、
 兼業届(けんぎょうとどけ)というのを提出して、
 許可を得てアルバイトへ行きます。
      ■         ■
 医師不足の世の中ですから…
 地域医療のため
 高度な技術が必要なため
 他に手術ができる医師がいないため
 技術指導のため
 さまざまな理由をつけて、
 兼業を許可してもらいます。
 不許可になることはまずありません。
      ■         ■
 ところが… 
 チェー店の○○美容外科で、
 美容外科研修のために、
 兼業を許可してください…
 という兼業願はいかがでしょうか?
 少なくとも…
 私が知っている先生で、
 堂々とチェーン店の美容外科へ行った先生はいません。
 だいたいは、
 休日である土日などに、
 こっそりと行っていました。
      ■         ■
 国公立大学の場合は、
 土日でも営利企業でのアルバイト禁止です。
 スタッフと呼ばれる、
 助手以上の教員は、
 この兼業規定が厳しくなります。
 症例数が多い、
 チェーン店の美容外科で、
 美容外科を研修しようとしても、
 なかなか難しいのが現実です。
 私がアルバイトに行っていたのは、
 函館にある病院でした。
 褥瘡(じょくそう)の処置などをしていました。

投稿者 sapporobiyou : 20:34 | コメント (0)

2010年10月17日

形成外科専門医と美容外科

 私はもともと形成外科医でした。
 形成外科医=美容外科医
 ではありません。
 今でも、美容外科医ではない…?
 …かもです。
 形成外科から美容外科への転向は、
 簡単ではありません。
 やっている仕事の内容が違います。
      ■         ■
 日本形成外科学会の認定施設は、
 毎年、学会へ手術件数を報告します。
 手術内容による分類があります。
 その中に…
 美容外科という項目があります。
 形成外科学会認定施設は、
 大部分が大きな病院です。
 保険診療が大多数です。
      ■         ■
 皮膚腫瘍の手術という
 2007年7月29日の院長日記に書いてあります。
 学会認定施設で、
 圧倒的に手術件数が多いのが、
 皮膚良性腫瘍の手術です。
 つまり…
 形成外科の先生は、
 日常診療では、
 皮膚のできものを取る手術を多くしています。
 美容外科手術の件数はわずかです。
      ■         ■
 美容外科手術に健康保険は適用できません。
 国公立病院で、
 自費診療の美容外科手術をするのは、
 なかなか大変です。
 病院によって違いますが、
 公立病院では、
 料金徴収に関する条例を、
 定めなくてはならないところもあります。
 ヒアルロン酸などの未承認薬は、
 大部分の公立病院で使えません。
      ■         ■
 形成外科学会認定施設で、
 美容外科を標榜する病院は少しずつ増えてはいます。
 ただ、手術件数に関しては、
 チェーン店の美容外科にかないません。
 美容外科手術をして欲しいと、
 大きな病院へ行く人はまれです。
 日本の美容外科手術は、
 形成外科認定施設以外で行われている数が、
 大多数です。
      ■         ■
 形成外科専門医で、
 美容外科にも精通している先生がいらっしゃいます。
 バリバリの美容外科医として、
 大活躍している先生もいらっしゃいます。
 その先生たちは、
 大学病院以外の、
 美容外科で、
 美容外科を勉強された先生です。
      ■         ■
 これから美容外科医へ転向したい、
 形成外科専門医の先生が、
 どこで美容外科を勉強したらよいか…?
 とても難しい問題です。
 一つ確実に言えることは、
 腕の良い先生につくことです。
 一流を学ぶことが、
 将来、役に立ちます。

投稿者 sapporobiyou : 16:44 | コメント (0)

2010年10月16日

解雇通告と就職活動

 私は2002年3月7日木曜日に、
 札幌医科大学医学部長室で、
 神保孝一医学部長から解雇通告を受けました。
 公務員なので…
 『辞めろ』とは言えません。
 周到に準備された、
 【本間追い出し計画】により、
 形成外科医局の女医さんが文章を準備していました。
      ■         ■
 私は皮膚科教授の神保孝一が、
 医学部長に再選された時から、
 札幌医大を辞める決意をしていました。
 私は、対立候補を応援していました。
 神保が再選されたら、
 自分が辞める決意をしていました。
      ■         ■
 そのまま放置すれば、
 私から辞めたものを…
 よほど追い出したかったのか…?
 神保医学部長は、
 満面の笑みを浮かべて、
 女医さんが準備した書面を読み上げました。
 横で下を向いて聞いていたのが、
 信じてはいけない人である助手でした。
      ■         ■
 2002年3月7日以降は、
 私はすべての業務から外されました。
 飼い殺しとはまさにこのことです。
 私の就職活動はそこからスタートしました。
 私の考えは甘すぎました。
 大学病院の形成外科講師だったら、
 すぐに美容外科へ就職できると考えていました。
      ■         ■
 これから転職を考えている形成外科の先生に言います。
 美容外科や医療機関の経営者が欲しいのは、
 肩書きではありません。
 経歴でもありません。
 美容外科の経営者が欲しい先生は、
 大学病院で論文をたくさん書いた先生ではなく、
 患者さん受けがよくて、
 スタッフや他の先生と協調性の良い医師です。
 たくさん売上を稼げるともっと良いです。
      ■         ■
 私は、昨日の神奈川クリニックを含めて、
 何軒かの美容外科に面接に行きました。
 開業資金もなく、
 美容外科経営のノウハウも知りませんでした。
 私にあったのは、
 形成外科の知識と技術だけでした。
 札幌医科大学形成外科講師の肩書きより、
 元札幌中央形成外科副院長の経歴が、
 就職活動では有利でした。
      ■         ■
 チェーン店の美容外科に勤務することを…
 批判的な目で見る形成外科医がいます。
 確かに…
 問題があるチェーン店もあります。
 絶対に就職してはいけない美容外科もあります。
 神奈川クリニックの山子大助先生を批判する人もいますが、
 神奈川クリニックからは、
 たくさんの美容外科医が育ちました。
 立派に活躍されている先生もたくさんいらっしゃいます。
 私は一つの時代だったのだと思っています。
 みねぎしクリニックの成功を祈念しています。

投稿者 sapporobiyou : 20:14 | コメント (1)

2010年10月15日

神奈川クリニックの思い出

 昨日の院長日記に、
 平成22年5月に神奈川クリニックが倒産したことを書きました。
 ネットで検索してみると…
 現在も…
 神奈川クリニック
 みねぎしクリニック
 として診療していらっしゃいました。
 院長は峯岸祐之(みねぎし_まさゆき)先生です。
 東大形成外科にいらした、
 形成外科専門医です。
      ■         ■
 峯岸先生は、
 神奈川クリニックの院長をなさっていらっしゃいました。
 勤務していた、
 前の神奈川クリニックが倒産したために、
 みねぎしクリニックとして、
 引き継がれたように思います。
 優秀な形成外科医で、
 美容外科医としての経験も豊富な先生です。
      ■         ■
 倒産したのは、
 医療法人社団博美会_神奈川クリニックで、
 オーナーは山子大助先生でした。
 大きな先生です。
 私も札幌医大をクビになった時に、
 神奈川クリニックへ面接へ行きました。
 新宿の立派な事務局で
 山子先生の面接を受けました。
      ■         ■
 当時の神奈川クリニックは、
 全国にチェーン店を次々と開店していました。
 神奈川クリニック札幌院も
 新札幌から札幌市中央区の一等地である、
 名門、札幌グランドホテル別館へ移転し、
 札幌で一番広くて…
 立派なクリニックでした。
 朝9:00~夜21:00までの営業でした。
      ■         ■
 私が面接に伺った時にも…
 かなりの好条件を提示してくださいました。
 ただ、私は朝9:00~夜21:00まで働き、
 繁忙期には…
 深夜まで残業する元気がありませんでした。
 何軒かの美容外科に面接に行き、
 私は中央クリニック札幌院の院長として、
 中央クリニックへ就職しました。
      ■         ■
 私が中央クリニックへ就職した理由は、
 札幌で働けるということと、
 経営者の方が医師ではなく、
 診療や手術内容については、
 医師の裁量に任せるということでした。
 私が就任してからも、
 多くの患者さんがいらしてくださいました。
 手術のしすぎで、
 手にまめができました。
      ■         ■
 その当時…
 神奈川クリニックの山子先生と、
 品川美容外科の綿引先生は、
 日本の高額納税者にいつも出ていました。
 信じられないほどの税金を、
 毎年、払っていらっしゃいました。
 当時はそれほど儲かったようです。
 経営が傾いたのは、
 安売り競争が原因だと思います。
      ■         ■
 美容外科はひとつひとつが…
 手づくりです。
 海外で生産して、
 安く大量に売ることはできません。
 過度の安売りと、
 多額の広告宣伝費で、
 あっという間に経営は悪化します。
      ■         ■
 たくさんの店舗を抱えると、
 それだけコストがかかります。
 いいときは、
 高額納税者になるほど所得があっても、
 転落しはじめると…
 坂道を転げ落ちるのも早いようです。
      ■         ■
 現在の神奈川クリニックは、
 みねぎしクリニックとして診療されています。
 峯岸先生が…
 お一人でなさっていらっしゃるので、
 安心だと思います。
 峯岸先生は、
 大変だと思いますが、
 困っている患者さんを助けていただきたいです。

投稿者 sapporobiyou : 20:18 | コメント (0)

2010年10月14日

目がごろごろします

 ○○美容外科で5年前に埋没法をしました。
 ラインが消えて… 
 目がごろごろします。
 そちらでまた埋没法を受けようと思いますが、
 無料で診てもらえますか?
 というようなご相談を受けます。
      ■         ■
 他院で埋没法を受けて、
 目がごろごろする場合は、
 まず、手術を受けたクリニックに相談してください。
 カルテや手術記録は、
 法律によって5年間の保存義務があります。
 どんな方法で受けたかにもよっても、
 ごろごろの原因が違います。
      ■         ■
 埋没法を受けたクリニックが、
 閉院してしまっていることもあります。
 チェーン店大手だった、
 神奈川クリニックは、
 平成22年5月に倒産しました。
 札幌院は札幌グランドホテルにありました。
 立派なクリニックで、
 たくさんの患者さんがいらっしゃいました。
      ■         ■
 そのような場合は、
 ごろごろする目の診察は、
 保険診療で行っています。
 埋没法が原因とも限りません。
 目に霰粒腫(さんりゅうしゅ)という、
 できものができていることもあります。
 瞼の炎症でごろごろすることもあります。
      ■         ■
 眼科で目を診ていただく時に、
 初診料がかかるのと同じです。
 他院で行った、
 二重手術のアフターケアーを、
 無料ではできません。
 美容外科相談とは違います。
 公立病院の形成外科や眼科にかかっても、
 診察料はかかります。
      ■         ■
 私が釧路労災病院形成外科に勤務していた時です。
 昔、二重瞼の手術を受けたという女性が来院されました。
 細い釣り糸のような糸が出てきました。
 私がはじめて埋没法の糸を見た時でした。
 東京の美容外科で二重の手術を受けて、
 何十年もしてから糸が出たそうです。
      ■         ■
 眼瞼下垂症手術の際には、
 埋没法の糸を除去しています。
 もともと眼瞼下垂症だったことを知らずに、
 埋没法の手術を受けて、
 二重にならなかったり、
 二重が取れたりすることがあります。
 眼瞼下垂症の手術時に、
 糸を除去する理由は目に悪いからです。
 保険の規定で糸を抜去しても…
 追加料金はかかりません。
 除去するのは私のボランティアです。
 マンガも参考になさってください。

投稿者 sapporobiyou : 20:13 | コメント (0)

2010年10月13日

子育てと当直

 私が20年以上前に…
 勤務していた病院でのことです。
 一人で子育てをしていらした…
 女性の先生がいらっしゃいました。
 小さな子どもさんが一人いました。
 両親に頼らずに…
 一人でがんばっていらっしゃいました。
      ■         ■
 その病院には当直がありました。
 小さな子どもさんがいるという理由で、
 当直免除にはなりませんでした。
 院内保育施設もありませんでした。
 当時、多くの女医さんが利用していたのは、
 無認可の保育所や…
 ベビーシッターでした。
 夜遅くまで預ってくれる、
 認可保育所はありません。
      ■         ■
 女医さんたちがよく言っていた言葉です。
 保育料が高くて…
 何のために働いているのかわからないゎ。
 当直が当たると…
 完全に赤字ょ
 今はどうかわかりませんが、
 女性医師が就業したくても…
 子育てと当直はなかなか両立しません。
      ■         ■
 一人で子育てをしていた女医さんは、
 子どもさんを連れて、
 当直室でいっしょに泊まっていたこともありました。
 ベビーシッターの手配がつかなかったのでしょうか?
 幸い、
 夜間に急患が来るような病院ではなかったので、
 子連れ当直でも…
 何とかなったのだと思います。
      ■         ■
 20年以上たってから…
 たまたま成人した子どもさんに会う機会がありました。
 たくましい青年に成長しており、
 一瞬、昔、当直室に泊まった子とはわかりませんでした。
 『お母さんは苦労して僕を育ててくれた』と…
 その子は話してくれました。
 さすがに当直室に‘お泊り’したことは…
 覚えていないようでした。
      ■         ■
 とても優しい青年になっていました。
 私はその苦労された先生の顔と…
 たくましく育った青年を見比べて…
 『大変だったけど…』
 『こんなに立派に成長されて…』
 『よかったですね』
 と心の中でつぶやきました。

投稿者 sapporobiyou : 18:58 | コメント (0)

2010年10月12日

育児休業後の復職

 現在の国の制度では、
 育児休業は原則として1歳までです。
 特例として…
 1歳6ヵ月まで認められることもあります。
 厚生労働省HPによると…
 1歳6ヵ月まで延長できるのは、
 次の場合です。
      ■         ■
 1歳6か月まで育児休業ができるのは、
 次の(1)、(2)のいずれかの事情がある場合です。
 (1)保育所に入所を希望しているが、入所できない場合
 (2)子の養育を行っている配偶者であって、1歳以降子を養育する予定であったものが、死亡、負傷、疾病等の事情により子を養育することが困難になった場合
 育児休業中の労働者が継続して休業するほか、子が1歳まで育児休業をしていた配偶者に替わって子の1歳の誕生日から休業することもできます。
      ■         ■
 お役所の文章はわかりづらいです。
 ①保育所に入所できない時。
 ②お母さんが亡くなるか病気になる。
 ③お父さんが亡くなるか病気になる。
 ということだと思います。
 復職するどころの話しではありません。
      ■         ■
 保育所は…
 どこもすごい順番待ちです。
 保育所に入れるかどうかも…
 ギリギリまでわかりません。
 札幌市の保育所の場合は、
 親の収入によって保育料も違います。
      ■         ■
 子どもさんが1歳になった頃は…
 よく熱を出します。
 私が北大形成外科の病棟チーフだった時、
 1歳頃の子どもの患者さんが、
 手術当日に熱を出して…
 よく手術が中止になりました。
      ■         ■
 大学病院は、
 手術室を使える日が科によって違います。
 熱を出して手術が中止になると…
 次の手術はいつになるかわかりませんでした。
 せっかく期待して手術に臨んだのに、
 両親もがっかりということがありました。
      ■         ■
 1歳でお母さんが復職したとたんに…
 子どもさんが病気がちになり、
 その度に、保育園から呼び出される…
 というのがよくあります。
 保育園としても…
 病気の子どもは預かれません
 他の子にうつると困ります
 という方針です。
      ■         ■
 病気で保育園を休んでも…
 保育料はしっかり定額を取られます。
 復職後に…
 子どもが熱を出しても、
 安心して職場に出られるように、
 病気の子をみてくれる…
 おばあちゃんでもいなければ、
 安心して働くことはできません。
      ■         ■
 昨日の院長日記に引用させていただいた、
 勝ち負けと違う幸せの方が
 退職された理由はわかりません。
 働く女性が安心して子育てができる政策が必要です。
 病気の子どもでもみてくれる、
 保育園などの整備ができていません。
 子どもは熱を出すものです。
 お母さんが出張中でも、
 子どもを安心して預けられる…
 そんな施設が必要だと思います。

投稿者 sapporobiyou : 20:52 | コメント (0)

2010年10月11日

勝ち負けと違う幸せ

 平成22年10月10日、朝日新聞朝刊、ひとときへの投稿です。
 勝ち負けと違う幸せ
 7年勤めた会社を先日、やめた。出産後に復職し、家事も育児も仕事も必死にこなしてきた1年だったが、諸事情から退職を選択せざるを得なくなった。会社や大学の同期がバリバリ働く姿を見て、少し負けたような気持ちにもなった。
 さて、初めての専業主婦。2歳の娘とべったりの毎日。何をして過ごしたらいいのだろうと戸惑い、手始めに夫のワイシャツを洗うことから始めた。
 漂白剤と洗剤をドサッと洗濯機に入れるのをやめ、襟汚れはセッケンと歯ブラシでこすってから。胸ポケットのほこりも丁寧に取り除く。酷暑に負けず、掃除洗濯に毎日大汗を流した。
 急に涼しくなった朝、さて今日も襟汚れを……と見ると、それほど汚れていない。そうか、秋が来たんだ。季節の変わり目を夫のシャツで感じたら、とても幸せな気持ちになった。
 娘と毎日行く公園でも落ち葉が舞い始めた。砂場で砂のケー牛を作り、どんぐりと枯れ葉で飾った。
 今まで通り過ぎてしまっていたことを、感じることができる。勝ち負けで考えていた自分がバカらしくなった。子どもが大きくなれば、こんな時間もまた持てなくなるだろう。
 私自身も、また会社勤めに戻りたい。それまでは主婦業に必死に取り組み、今しか感じられない幸せを積み重ねていきたいと思う。
 広島市 川上麻子 主婦30歳
 (以上、朝日新聞より引用)
      ■         ■
 私の子どもが小さい頃に…
 高熱が続いて入院しました。
 幸いにも、
 伝染性単核球症という病気で、
 一週間の入院で元気になりました。
 当時、
 小児科の大先生から、
 子どもさんと遊んであげてください
 といわれました。
      ■         ■
 函館の想い出③という、
 2009年5月13日の院長日記に書きました。
 仔犬と同じで、
 子どもは小さいうちが一番可愛いのです。
 大きくなったら…
 どんなに遊ぼうと言っても…
 勝手に自分たちでどこかへ行ってしまい…
 親とは遊ばなくなります。
 そのうち、家にはいなくなります。
 自分たちもかつてそうだったことに…
 自分が親になって気付きました。
      ■         ■
 子育ては大変です。
 24時間365日、休みなし。
 有給休暇も代休もありません。
 他に代わってくれる人もいません。
 保育園に預けて仕事へ出ても…
 ちょっとでも熱が出ると…
 すぐに保育園から電話で呼び出しです。
 同僚や上司に謝って…
 保育園までお迎えに行き、
 ようやく小児科へ行っても順番待ち。
      ■         ■
 働きながら子育てをするのは、
 想像以上に大変です。
 投稿者の30歳の主婦の女性も、
 きっと仕事がよくできる方だと思います。
 仕事は…
 子どもさんが大きくなってからでも…
 またチャンスはあります。
 今は、小さな幸せを見つけて、
 二度と得られない貴重な時間を、
 大切になさってください。

投稿者 sapporobiyou : 19:18 | コメント (0)

2010年10月10日

第33回日本美容外科学会(京都)③

 学会報告の最後です。
 今回の日本美容外科学会は、
 いわゆる形成外科系の日本美容外科学会です。
 形成外科専門医の先生が多い学会で、
 発表してくださった先生も、
 大多数が形成外科出身です。
      ■         ■
 学会に参加して感じることは…
 先生によって…
 実に手術方針が違うことです。
 私は、
 イメージは自然
 自然な仕上がりを大切にします
 をコンセプトとして手術をしています。
      ■         ■
 同じ形成外科専門医でも、
 その先生の考え方によって、
 実にさまざまな手術法があります。
 私とは正反対に、
 患者(お客)さん求め(ニーズ)に応じて…
 技術的に可能ならば、
 どんな手術でも、
 引き受ける先生がいらっしゃいます。
      ■         ■
 私たちのような、
 ナチュラル派の医師が見ると…
 あんな手術やっちゃって…
 あの20歳の女性が…
 50歳になったら…
 どんな顔になるのかなぁ~?
 というような手術もありました。
      ■         ■
 私は…
 もの足りない…
 もう少し二重の幅を広く…
 と言われることがあります。
 幅の狭い二重は広くすることができますが、
 一度、広く全切開された二重を…
 元に戻すのは至難のわざです。
      ■         ■
 人間は後悔する生き物です。
 整形したけど、
 よ~く考えたら…
 やっぱり元に戻したい
 と思った時に…
 回復不可能なほど…
 お直しする勇気は、
 とても私にはありません。
 自分と相性が合った先生を見つけるのは、
 を選ぶ以上に大切だと思います。 

投稿者 sapporobiyou : 09:37 | コメント (0)

2010年10月09日

第33回日本美容外科学会(京都)②

 今回の学会第2日目、
 平成22年10月8日(金)の発表で
 印象に残ったのが、
 パネルA-9
 PRP療法は効果があるのか
 でした。
 座長はこまちクリニック
 土井秀明先生でした。
      ■         ■
①PRP注射による老化皮膚改善は期待できるか
 久保田潤一郎クリニック
 久保田潤一郎先生
②PRP注入療法の臨床効果を左右する要因に関する考察
 柴田美容皮膚科クリニック
 柴田節子先生
③塩基性線維芽細胞成長因子(b-FGF)添加PRP注入治療の効果と副作用についての症例検討~フィラー治療として~
 飯尾形成外科クリニック
 飯尾礼美(よしみ)先生
④新しいフィラーとしてのPRP療法の有用性とリスク対策
 烏丸姉小路クリニック
 林寛子(ともこ)先生
⑤血小板血漿(Platelet Plasma :PP)を用いたアンチエイジング治療の基礎から臨床
 (医)貴順会吉川病院美容皮膚形成
 川添剛先生
①~⑤の5人の先生がパネリストでした。
      ■         ■
 PRP療法というのは、
 自分の血液から血小板という成分を取り出し、
 これを顔に注射することによって、
 シワや『たるみ』の改善をはかるものです。
 久保田潤一郎先生と
 松田先生が日本ではじめて発表されました。
      ■         ■
 自分の血小板を取り出して、
 それを注射するので…
 安全というのが売りです。
 ところが…
 血小板だけでは、
 効果が不十分なので、
 グロースファクター(bFGF)を入れた治療を、
 ⑤の川添先生がはじめられました。
      ■         ■
 このグロースファクター(bFGF)とは、
 やけどの治療でご紹介した、
 フィブラストスプレーです。
 発表された5人の先生のうち、
 飯尾先生、
 林先生、
 川添先生の3人が、
 bFGFを使っていらっしゃいました。
      ■         ■
 飯尾先生は、
 ご自身のお母様にも使われ…
 先生の額に注射して、
 そこを切除して、
 病理検査までなさっていらっしゃいました。
 副作用が出た症例も発表され、
 飯尾先生の正直なお人柄が出ていました。
      ■         ■
 私は、
 今回のご発表を聞いて…
 将来、bFGFを使った…
 美容医療が、
 若返り治療の主流になると感じました。
 ただ、残念なことに、
 不適切な使われ方によって、
 良くない結果が出ていることも事実です。
      ■         ■
 こういう治療こそ、
 大学医学部の美容外科部門で、
 しっかりと研究を重ねて…
 正しい使われ方をして欲しいと思いました。
 よく効く薬ほど、
 使い方を誤るととんでもないことになります。
 札幌美容形成外科では、
 まだこの治療法は行いません。

投稿者 sapporobiyou : 20:14 | コメント (0)

2010年10月08日

第33回日本美容外科学会(京都)①

 京都で行われた、日本美容外科学会の報告です。
 10月7日(木)と8日(金)に
 京都駅にある、
 ホテルグラヴィア京都で開催されました。
 とても立派なホテルでした。
 駅とホテルが同じ建物です。
      ■         ■
 学会長は…
 カメイクリニックの亀井康二先生です。
 10月7日(木)の学会一日目で、
 一番印象深かった講演は、
 沖縄の新垣形成外科
 新垣(あらかき)実先生のご発表でした。
 痩身希望の治療戦略
 ご自身の体験から、
 医学的に正しいダイエット法を勉強され、
 見事に痩せられて
 先生ご自身が、
 とてもスマートな体型でした。
      ■         ■
 脂肪吸引でも吸引できないのが、
 内臓脂肪です。
 小腸や大腸の腸間膜(ちょうかんまく)
 通称、間膜(かんまく)と呼びます…
 には…
 血管が見えなくなる位…
 脂肪がつきます。
      ■         ■
 このような内臓脂肪は、
 どうやっても外科的に取ることはできません。
 中年のメタボ体型の…
 おっさんの脂肪吸引なんか…
 どんなことをしても無理なのです。
 新垣先生が最初に出されたスライドは、
 ご自身のお腹でした。
      ■         ■
 先生は形成外科医でありながら、
 栄養学を勉強されて、
 メタボ体型治療する、
 秘密兵器について伝授してくださいました。
 先生が治療なさった、
 琉球舞踊のお師匠様は、
 顔だけではなく、
 体型まで、
 とてもきれいになっていらっしゃいました。
      ■         ■
 外科的な治療ではなく、
 栄養学からの作戦です。
 内科医にもできない…
 米国製のお薬を使った治療は、
 今までに見たことがない、
 実に斬新な戦略でした。
 どんなにがんばっても、
 ダイエットできない方は、
 是非、沖縄へ行ってください。

投稿者 sapporobiyou : 21:21 | コメント (0)

2010年10月07日

ノーベル化学賞

 平成22年10月7日、朝日新聞の記事です。
 「アンビリーバボーだね」「50年来の夢が現実になった」。6日、ノーベル化学賞受賞の知らせを受けた日本人研究者2人は、好対照な反応を見せた。温和と評される鈴木章さん(80)、シャープな根岸英一さん(75)。2人は1960年代、米国の大学で同じ恩師に学んだ。後輩たちは快挙を喜んだ。
 鈴木章さんが知らせを受けたのは札幌市近郊、北海道江別市の自宅。午後6時20分すぎだった。
 「電話にワイフが出て、女性が英語で『ハロー』と言ったらしいが、私が代わったらすぐに切れた」
 外国からの電話は珍しい。「なんかアンビリーバブルなことが起きたのかなあ」と思っていたころ、再び電話がかかってきた。今度は男性。ノーベル賞委員会と名乗った上で「コングラッチュレーション!(おめでとう)」。「すぐに『うれしい』とか、特になかった。とにかくびっくりしている」。妻の陽子さん(79)も「夢のよう。信じられません」と言った。
 「アンビリーバボーだね」。鈴木さんは玄関前に詰めかけた報道陣にこう語り、長年研究を続けてきた札幌市の北海道大学へ。午後8時から、同大で記者会見にのぞんだ。「理科系を目指す日本の若者が減っているのが大変嘆かわしい。資源が何もない国は、人と、その人の努力で得た知識しかない。特に理科系の発展は大事だと思います」。緊張気味だが、言葉には力がこもる。「これから何歳まで生きられるか分からないが、若い人に役立つ仕事をしたい」
 そんな鈴木さんも、自宅ではあまり研究の話はしなかったという。千葉市に住む長女の佐藤恵理子さん(50)は「明るくて陽気。そしてお酒が大好き。よく家のテレビで一緒にドリフターズを見た」と話す。
 恵理子さんの「理」の字は、当時鈴木さんが勤務していた理学部にちなんで付けられたという。「研究内容はよく分からない。私は文系に進んだけれど、生きていることは楽しいということを教えてもらいました」
 10年くらい前から「ノーベル賞を取るかもしれない」と言われながら逃してきた。「でも、くよくよする様子は全くなかった。オプチミスト(楽天家)なのだと思う。天衣無縫で、自然体。魂のきれいな人です」と恵理子さん。孫娘が小学生の時には、ベレー帽をかぶった鈴木さんが参観日でもないのに小学校を訪ね、教室の外から眺めることもあったという。
 横浜市に住む次女の鈴木里香子さん(47)も「何をしている人なのか、私は中学生くらいまで知らなかった」と言う。「週末は休み、夜も9時ごろまでには帰宅していた。無欲で、これといった趣味もない。私たち娘には甘い父でした」
 (以上、朝日新聞より引用)
      ■         ■
 次は北海道新聞HPから引用しました(2010/10/06 )
 「北大で研究できて幸せ」ノーベル賞受賞の鈴木氏が記者会見
 ノーベル化学賞に輝いた鈴木章・北大名誉教授(80)は6日、札幌市北区の母校、北大で記者会見し、「図らずも名誉ある賞を受賞できて、非常にうれしい。受賞は多くの同僚や学生たちのおかげ。北大で研究できて幸せ」と喜びを語った。
 自身が発見した化学反応「鈴木カップリング」が生活に身近な分野に応用されていることについて、鈴木名誉教授は「研究者は皆、社会に貢献できる仕事をしたいと考えているが、なかなかできないもの。この研究を始めた当初はあまり役に立つと思っていなかったので、非常にラッキーだった」と述べた。
 北大での研究環境を「研究者や学生だけでなく、当時の学長も皆、親身で、不自由を感じることはなかった」と振り返り、「米国でも英国でも、良い大学は必ずしも大都市にあるとは限らない。札幌の静かな環境で研究できて良かった」と強調した。
 さらに、「資源のない日本では科学の発展は非常に重要」と訴え、自身の今後について「若い人たちのために役立つ仕事をしていきたい」と語った。
 (以上、北海道新聞より引用)
      ■         ■
 鈴木先生のノーベル化学賞受賞、
 ほんとうにおめでとうございます。
 明るい話題がなかった北海道に、
 勇気をくださいました。
 北海道に生まれ育った者にとって、
 ほんとうに嬉しく思います。
      ■         ■
 私が住んでいるマンションから、
 北大がよく見えます。
 北大の緑が近いので、
 今の住まいを気に入っています。
 鈴木先生が学生時代を過ごされた、
 北大理学部は、
 現在は北大博物館になっています。
      ■         ■
 私が予備校時代にお世話になった
 矢野雋輔先生も北大理学部のご出身でした。
 予備校時代の化学の先生は、
 北大理学部大学院の
 橋本先生でした。
 北大は私の憧れの大学でした。
      ■         ■
 北海道新聞社のインタビューで、
 「米国でも英国でも、良い大学は必ずしも大都市にあるとは限らない。札幌の静かな環境で研究できて良かった」と強調した。
 と書かれていました。
 札幌は静かで美しい街です。
 もうすぐ…
 北大構内は紅葉がはじまります。
 日本美容外科学会で京都に来ています。
 今日は一日嬉しい日でした。
 学会の話題は明日以降に掲載します。

su
北海道新聞より引用

投稿者 sapporobiyou : 22:11 | コメント (0)

2010年10月06日

ANA778便

 明日から京都で日本美容外科学会です。
 今日は15:00までの診療の後で、
 大阪経由で京都へ行きます。
 18:00発のANA778便です。
 全日空778便は…
 私にとって…
 想い出の飛行機です。
      ■         ■
 私は北大形成外科の研修医でした。
 家内が住んでいたのが…
 兵庫県西宮市です。
 西宮を‘にしのみや’と読むことも、
 甲子園球場があることも知りませんでした。
 結婚する前に…
 緊張して行きました。
      ■         ■
 30年前には、
 関空も神戸空港もなく、
 大阪国際空港(伊丹空港)が、
 関西唯一の空港でした。
 当時は日曜日だけが休み。
 北大病院も…
 土曜日に外来をしていました。
      ■         ■
 研修医の休日は…
 月に2回程度の休みだけ…?
 日曜日も回診や…
 当直のアルバイトに行っていました。
 土曜日の夕方の便で…
 千歳→大阪へ行き。
 日曜日の午後の便で…
 大阪→札幌に戻るという…
 短時間のデートでした。
      ■         ■
 土曜日に心ときめかして搭乗したのが…
 ANA778便でした。
 日曜日の帰りの便が…
 ANA776便です。
 今は伊丹空港からの便が少なくなり、
 ANA776便はないようです。
 伊丹空港への着陸は、
 大阪市内上空から進入します。
      ■         ■
 左側の窓際(座席番号A)に座っていると…
 着陸する前に大阪城が見えます。
 あぁ…
 もう少しで大阪だなぁ~と思っていると…
 皆様、当機は間もなく着陸いたします。
 シートベルトをしっかりとお締めください。
 という機内アナウンスが聞こえてきます。
      ■         ■
 私が…
 人生で一番楽しかった頃です。
 研修医の給与は安く…
 お金もありませんでしたが…
 胸をときめかせた頃でした。
 今は…
 どちらが認知症になっても困るので…
 ぼけないようにしよう!
 という毎日です。
 今日は想い出の778便で大阪へ行くので、
 早めに日記をUPいたします。


結納の日

投稿者 sapporobiyou : 15:51 | コメント (0)

2010年10月05日

もっと新聞を読もう!

 昨日の院長日記、
 元気をもらったに…
 メガネ様からコメントをいただきました。
 私が楽しみにしているコラムに、
 朝日新聞のひととき
 北海道新聞のいずみがあります。
 読者の投稿欄とか、
 天声人語も好きですが、
 女性限定の…
 ひとときいずみには、
 素晴らしい作品があります。
      ■         ■
 土曜日の朝日新聞には…
 【男のひといき】もあります。
 過去に、
 2008年9月13日に、
 広島県でマンション管理人をしていらっしゃる、
 井手本_猛_様_63歳の
 あいさつが教えてくれたこと
 2010年3月21日には、
 千葉県松戸市_松岡清三_様_79歳の
 さいごのおべんとう
 を引用させていただきました。
      ■         ■
 さいごのおべんとうは、
 79歳のおじいちゃんが、
 お孫さんのために…
 幼稚園のお弁当を作ったお話しでした。
 読んでいて、
 気持ちがあたたかくなる文章でした。
 新聞には、
 TVにもネットにもない、
 ほのぼのとした味わいがあります。
      ■         ■
 私の友人に、
 新聞記者や新聞社幹部がいます。
 広告収入の減少と…
 購読者の減少で…
 どこの新聞社も大変なようです。
 米国では、
 廃刊になった新聞社もあると聞きました。
 私の息子(大学生)も、
 新聞を読んでいません。
      ■         ■
 これから就職試験を受ける学生さん。
 試験の面接官は、
 私のようなおやじです。
 以前、受講していた、
 北海学園大学経営学部経営学科の、
 ニトリ講座でも、
 講師の先生が新聞を読むことをすすめていました
 就職試験に新聞は必須科目です。
      ■         ■
 今日の朝日新聞には、
 英語塾経営者の方が、
 紙の辞書を引けない子どもたちのことを投稿されていました。
 今は電子辞書が主流になりました。
 確かに…
 重い紙の辞書より便利です。
 でも、
 ABCDの順番に並んでいる、
 辞書を引けないのは困ったものです。
 ネットのニュースだけではなく、
 もっと新聞を読んでください
 必ず役に立ちます。

投稿者 sapporobiyou : 21:01 | コメント (0)

2010年10月04日

元気をもらった

 平成22年10月4日、北海道新聞朝刊、いずみへの投稿です。
 元気をもらった
 9月初め、朝からの激しい雨に店の客足が鈍く、大輪の水色のアサガオが、午後を過ぎても咲いている。そんな中、見覚えのある女性客が2人いらした。1人はいつも帽子を目深にかぶり、食事の時も取らない。
 帰り際「これ、受け取っていただけますか」と夫にクッキーを差し出した。戸惑う夫に「大病した記事を読みました。再起して、職人の味を味わわせていただいたお礼です」と彼女は言った。そして「私、骨髄移植を受けるんです。これ、かつらなんですよ」と帽子を取り、かつらを外した。
 その姿を見て絶句した。若い女性が、髪の毛の抜け落ちた姿を他人に見せる。それだけでも、ありえないことなのに、クッキーを焼き、雨の中を隣町から来てくださったなんて、涙がこぼれそうになった。彼女は病気になって食の大切さを知ったと言う。「そばは、かめばかむほど甘いんですもの。ここのお店に来るのは4回目です」と言ってほほ笑んだ。
 夫の病気で長年営んだ日本料理店を閉め、今のそば店を開いた2度目の再出発から2年半が過ぎた。老いてからの挑戦はのみ込みが遅く、戸惑いの日々だった。でも、調理場の中だけで料理作りに明け暮れていた時と異なり、いろいろなお客さまと会話ができ、夫は楽しそうに接客をこなしている。この時も、骨髄移植を間近に控えた彼女から、全身にあふれんばかりの元気をいただいた。
 中川厚子(64歳・自営業)=北見市
      ■         ■
 若い女性のお客様の骨髄移植が成功することを、
 心からお祈りしています。
 髪の毛がなくなるのは辛いものです。
 毛が抜けるのは、
 化学療法(抗癌剤)のためです。
 身体はだるくなり、
 食欲も落ちます。
      ■         ■
 投稿者の中川様のお店の…
 お蕎麦(そば)が…
 食欲が落ちた身体に…
 ちょうどよかったのかも知れません。
 ご飯はだめでも…
 他のものなら大丈夫ということもあります。
      ■         ■
 私は、骨髄移植を受ける患者さんの…
 主治医に依頼されて、
 傷の手当てをしたことがあります。
 知り合いの先生の奥様は、
 抗癌剤で髪が一時期少なくなりました。
 洗髪をすると、
 信じられない量の髪が抜けたそうです。
      ■         ■
 その奥様は、
 今はすっかりお元気になられ、
 また元の髪が戻っています。
 大病をして、
 日本料理店→そば店になられた、
 中川様のご主人も、
 中川様ご本人も大変だったことと思います。
 私もこの投稿で元気をいただきました。
 いつか北見へ行って…
 お蕎麦を食べてみたいです。
      ■         ■
 ネットで検索したところ、
 投稿者の中川様は…
 こちらのお店のような気がします。
 生蕎麦(きそば)なか川
■住所:北海道北見市北11条東2丁目13-3
■TEL:0157-24-8857
■営業時間:午前11時〜午後3時
■定休日:不定休

生蕎麦(きそば)なか川HPより写真を引用しました。

投稿者 sapporobiyou : 20:49 | コメント (0)

2010年10月03日

健康で長生き

 私は56歳です。
 私と同年代の…
 医学部の教授が…
 最近、病気で倒れています。
 医学の最先端にいる、
 医学部の教授ですら…
 病気には勝てません。
      ■         ■
 私が最近考えることです。
 こんな物が欲しい…
 あんな物があったらいいなぁ…
 という時代は、
 私の中では過ぎ去りました。
 今、思うことは、
 病気になりたくないなぁ~
 認知症にかかりたくないなぁ~
 どうせ死ぬなら、苦しみたくないなぁ~
 です。
      ■         ■
 私はタバコを吸いませんし、
 お酒も少量しか飲みません。
 歩くのも好きですし…
 健康に悪いことはしていないつもりです。
 それでも、
 いつ病気になるかはわかりません。
 65歳くらいまでは、 
 元気で働きたいと思っています。
      ■         ■
 美容外科の先輩を見ていますと…
 65歳を超えても…
 お元気な先生はたくさんいらっしゃいます。
 私の恩師である、
 大浦武彦先生は、
 お元気で…
 世界中の学会に参加され…
 教科書や論文を執筆されています。
      ■         ■
 まさに、
 私の人生の目標です。
 大浦先生までは無理としても…
 年齢を重ねても、
 元気ではつらつとしていたいと願っています。
 世の中の役に立って…
 他人からちょとは感謝される、
 こぎれいなじじが、
 私の残された人生の目標です。

投稿者 sapporobiyou : 17:09 | コメント (0)

2010年10月02日

たばこ値上げ

 平成22年10月1日、朝日新聞、天声人語です。
 ぜいたくが敵だった戦時中にも、こんな戯(ざ)れ歌が流布したそうだ。1943(昭和18)年にたばこが大幅値上げされた。すると、金鵄(きんし)上がって十五銭/栄(は)えある三十銭/いまこそ来(きた)るこの値上げ/紀元は二千六百年/ああ一億の民は泣く――奉祝歌の替え歌だった。
 金鵄たばこの銘柄。他も軒並み、戦費調達のために平均で6割強も上がった。庶民は泣きながら、お国のためにせっせと紫煙をくゆらせたのだろうか。そして時は移り、「国民の健康のために」という名分を掲げての、今日からの大幅値上げである。
 ▼主な銘柄は一気に1箱400円台になった。狙いは功を奏しているようだ。値上げ前から病院の禁煙外来は盛況といい、禁煙グッズも売れ行きを伸ばす。製薬会社の調査では、禁煙にトライすると答えた人は53%にのぼっている。
 ▼きっかけを求めていた人が一斉に背中を押されたのだろう。片や、たばこ店は駆け込み特需で大にぎわいを見せた。一段落のあと、目下24%の喫煙率は、さてどれぐらい下がっているだろうか。
 ▼歴代政府にとって、たばこは「金づる」だった。簡単にやめられない愛煙家の弱みに乗じるように、小刻みな増税を繰り返してきた。今回、遅まきながらも「財源」から「健康」へ舵(かじ)を切ったといえる。流れはもう変わるまい。
 ▼今日から禁煙、と誓った方もおられよう。マラソンに落後はつきものだが、完走者が一人でも多かれと願う。国の懐に貢献するのなら、命を縮めての納税よりも、病のもとを遠ざけて医療費を浮かす方がいい。
      ■         ■
 お医者さんにも、
 医学部教授にも、
 愛煙家はいます。
 たばこを吸うのは個人の自由です。
 私が大好きだった、
 母方の祖母も吸っていました。
 父方の祖母も吸っていました。
      ■         ■
 私の父親は、
 かつてヘビースモーカーでした。
 私は…
 一度も吸ったことはありません。
 小さい時から、
 父親のタバコの煙が大嫌いでした。
 その父親も
 84歳の今は吸っていません。
      ■         ■
 私がタバコを吸わないのは、
 ある意味…
 父親のおかげです。
 その父親は健康を害してから…
 禁煙しました。
 たばこは確実に健康を害します。
 傷の治りも悪くなります
 値上げを機会に、
 禁煙にチャレンジしてみませんか?
 健康で長生きするには、 
 禁煙です。

投稿者 sapporobiyou : 21:44 | コメント (0)

2010年10月01日

JR生鮮市場

 昨日の休診日に、
 JR生鮮市場北10条店
 札幌市東区北10条東5丁目(011-752-1147)
 というお店に買い物に行きました。
 奥さんに頼まれました。
 クレアおばさん
 ハッシュドビーフが、
 一箱98円の特売で、
 お一人様2個までだから…
 買ってきてというおつかいです。
      ■         ■
 奥さんは、
 休診日にかかってくる電話を、
 自宅で転送で受ける電話当番でした。
 私は、
 愛用の電動自転車で、
 すいすいと買い物へ行きます。
 ‘けちな男’なので…
 こんな特売が大好きです。
      ■         ■
 ここの生鮮市場は、
 安くて美味しいです。
 昨日は、
 私が好きな…
 秋刀魚(さんま)の刺身も買いました。
 脂がのった…
 美味しいサンマの刺身が、
 1パック398円でした。
 とても美味しかったです。
      ■         ■
 特売のハッシュドビーフに、
 さんまの刺身、
 それと…
 半額だった、
 冷凍食品のうどんかごに入れて、
 レジに並んでいました。
 レジの横では…
 明日から値上げになるというたばこを売っていました。
      ■         ■
 私はさんまが大好きです。
 北海道に住んでいて…
 よかったと思っています。
 塩焼き、
 刺身、
 蒲焼、
 煮付、
 毎日、食べても飽きません。
 新鮮なさんま
 安く提供してくださる、
 JR生鮮市場に感謝しています。

投稿者 sapporobiyou : 21:11 | コメント (0)