« 2010年12月 | メイン | 2011年02月 »

2011年01月31日

たらの芽2011

 高須克弥先生が、
 ブログで取り上げていただいた…
 山形のたらの芽
 今年もさくらんぼさんから、
 送っていただきました。
 真冬に…
 緑の贈り物。
 それも美味しい!
 最高です。
 ありがとうございました。
      ■         ■
 私は…
 たらの芽の…
 天ぷらが大好きです。
 少しずつ…
 何回もいただきました。
 さくらんぼさんの…
 お友だちの
 佐藤さんが栽培されています。
      ■         ■
 とてもきれいです。
 野生のたらの木からは…
 想像できません。
 どうやって…
 こんなに芽の部分だけ、
 うまく切り取るのだろう…?
 …考えてしまうほど…
 立派なたらの芽です。
      ■         ■
 雪の中から…
 硬い芽を掘り起こして…
 暖かいハウスで育ててくださったのでしょうか?
 豪雪なのに…
 とてもありがたくいただきました。
 高須先生にも…
 召し上がっていただき…
 お元気になっていただきたいです。 


犬の横にあるのがたらの芽のケースです


今年のは食べてしまったので、2009年のです

投稿者 sapporobiyou : 20:47 | コメント (0)

2011年01月30日

手術後のトラブル

 どんなに丁寧(ていねい)に手術をしても、
 手術後のトラブルは起こります。
 自分は名医なので、
 手術後にトラブルなんてありません…
 …という先生は信用できません。
 トラブルが起こった時に、
 どのように対処できるかが問題です。
      ■         ■
 手術というのは…
 生身(なまみ)の身体を切ります。
 切ると必ずが出ます。
 治る過程で…
 必ず腫れます。
 程度の差はあるものの…
 腫れない手術なんてありません。
      ■         ■
 30年も形成外科医をやっていると…
 さまざまなトラブルに遭遇しました。
 若き日の自分が起こしたトラブル。
 形成外科部長として勤務した病院で…
 下の先生が起こしたトラブル。
 医療事故報告書を書いたこともあります。
 幸いなことに…
 大事に至ったケースはありません。
      ■         ■
 トラブルを避けるために…
 心がけていることはたくさんあります。
 一番、気をつけていることは…
 自分が加害者になる可能性がある
 …ということです。
 ちょっとでも油断すると…
 事故につながります。
      ■         ■
 車の運転と同じです。
 30年間無事故無違反でも…
 死亡交通事故を起こす可能性はあります。
 経験とともに…
 どんな道路だと…
 事故を起こしやすいかを知ります。
 慎重に運転するようになります。
      ■         ■
 医療や手術も同じです。
 他の先生が起こした事故は…
 自分も起こす可能性があります。
 他の看護師さんが間違ったことは、
 自分の看護師さんが間違うこともあります。
 学会へ参加するのも…
 新しいことを知るだけではありません。
 友人の先生との情報交換も大切です。
 雪道で転ばないように…
 慎重に歩くのと同じです。

投稿者 sapporobiyou : 19:16 | コメント (0)

2011年01月29日

手術後の移動

 さくらんぼさんからいただいた、
 コメント正解です。
 本間先生だからできた事で
 普通の人が術後一日で
 一人で、退院の荷物をまとめたりとか
 飛行機に乗ったりしたら、
 目に負担がかかるのではないでしょうか?
 普通の方は術後1週間は
 ビジネスホテルとかで
 安静にしていた方がいいですよね。
      ■         ■
 ふつうの人でしたら、
 手術後に飛行機で札幌まで帰って…
 抜糸の日にまた東京まで…
 …というのはおすすめできません。
 移動にともなって…
 必ず目を使います。
 冬には大雪で飛行機が欠航もあります。
      ■         ■
 私は抜糸も札幌でしましたし…
 同じ形成外科医ということで…
 特別に許可していただきました。
 通常は…
 抜糸も同じ先生にしていただくのが…
 この業界のルールです。
      ■         ■
 札幌美容形成外科で手術をした方でも、
 数時間で帰宅できる…
 北海道内の方でしたら…
 日帰りで手術をしています。
 札幌→函館
 札幌→帯広
 札幌→釧路が診療圏です。
      ■         ■
 乗り換え無しのJRの特急があります。
 術後しばらくは…
 クリニック内で安静にしていただきます。
 腫れや出血を確認した上で、
 帰宅していただきます。
 札幌市内の方には、
 タクシーをおすすめしています。
      ■         ■
 目を開くと痛いです。
 移動のこつは、
 薄目を開けるだけ。
 足元を見るだけ。
 とにかく静かに静かに…
 そっとお帰りいただきます。
 車や列車の中では…
 アイスノンベルトで冷やしていただきます。
 これが…
 腫れない秘訣です。

投稿者 sapporobiyou : 20:13 | コメント (0)

2011年01月28日

手術日の付添

 昨日の院長日記に、
 さくらんぼさんからコメントをいただきました。
 先生 お一人で手術受けられたのですか?
 てっきり 奥様もご一緒にいかれて
 「あなた、がんばって」 とか
 手を握りしめ
 手術室に入られたもの
 …とばかり思っていたので、、、
      ■         ■
 申し訳ございませんが…
 30年前の新婚当時でも…
 「あなた、がんばって」 は…
 …なかったと思います。
 うちの奥さんは、
 ふつうの人です。
 手術室なんて入ったら…?
 が怖いほうです。
      ■         ■
 今は…
 手術の後片付けもしているし…
 手術室にも入っていますが…
 聖路加国際病院のような大きな病院では、
 家族が手術室に入ることは、
 原則としてないと思います。
 せいぜい手術室入口で…
 ばいばいです。
      ■         ■
 札幌美容形成外科では、
 お一人でしたら…
 手術室に入っていただき、
 手を握っていただくこともあります。
 お母さんに娘さんが付くこと、
 娘さんにお母さんが付くこと、
 …などがあります。
      ■         ■
 ご主人に奥さんが付いたり、
 奥さんにご主人が付いたり、
 …は、、、
 まずありません。
 私たちの年代は、
 だいたいお一人でいらっしゃいます。
 その方が気楽だと思います。
      ■         ■
 手術日の付添は、
 手術後に迎えに来てもらったり…
 何か買ってきてもらったり…
 手術の後で…
 身の回りのお世話をする方が…
 ずっと感謝されます。
 手術後にはいろいろな制限が出るからです。
      ■         ■
 手術というのは怖いですが、
 受けて回復すると、
 楽になります。
 回復にも時間がかかります。
 それまでの間…
 ゴミを出しに行くとか…
 髪を洗ってあげるとか…
 ちょっとしたお手伝いをして差し上げると…
 とても感謝されると思います。

投稿者 sapporobiyou : 20:18 | コメント (0)

2011年01月27日

手術後のシャンプー

 私はきれい好きなおじさんです。
 朝シャンはしませんが、
 毎日シャンプーをします。
 お風呂も大好きです。
 2010年12月1日の手術日。
 当日は、
 朝早く起きて…
 お風呂に入って…
 シャンプーも朝しました。
      ■         ■
 手術当日は…
 お風呂にも入らず…
 シャワーもしませんでした。
 ただ…
 じっとして…
 目を冷やして寝ていました。
      ■         ■
 翌日は…
 東京→札幌へ帰って来ました。
 ふだんは使わないタクシーに乗り…
 聖路加国際病院から羽田まで行き、
 飛行機の中でも…
 アイマスクをして寝ていました。
 新千歳空港まで、
 奥さんに車で迎えに来てもらいました。
      ■         ■
 札幌へ帰って来た日も…
 お風呂も、
 シャワーも、
 シャンプーも、
 しないで寝ていました。
 目も結構腫れていました。
 アイスノンベルトで冷やしていました。
      ■         ■
 2日間もお風呂に入らないで…
 シャンプーもしなかったのは、
 インフルエンザで寝込んだ時くらいです。
 考えてみると…
 手術をしたので…
 当然といえば当然です。
      ■         ■
 手術から3日目になると…
 少し腫れも落ち着いたので、
 お風呂に入ってシャンプーをしました。
 困ったのが、
 シャンプーが目に入らないようにすることです。
 目が大きくなったので…
 気をつけないとシャンプーが入ります。
      ■         ■
 手術前はシャンプーの後で、
 手でまぶたを触って…
 シャンプーをぬぐっていました。
 手術後は…
 これができません。
 仕方がないので、
 眉のあたりを押さえて…
 そのままシャワーで洗い流しました。
      ■         ■
 手術後しばらくは…
 キズに触ると痛みがあります。
 私ですら…
 指では触れませんでした。
 顔を洗う時も同じです。
 痛いことをしてはダメです。
 ぬらしてもOKですが…
 そっと触るだけです。
 そうするとキズはきれいに治ります。

投稿者 sapporobiyou : 20:17 | コメント (0)

2011年01月26日

キズをぬらす

 キズをぬらすと…
 ばい菌が入ってしまうのでは…
 …という心配をなさる方が、
 いらっしゃいます。
 手術後は…
 抜糸するまでは…
 キズをぬらしてはいけない?
 …と信じている方もいらっしゃいます。
      ■         ■
 キズをぬらしても、
 大丈夫です。
 野外の汚い水なら別ですが、
 日本の水道水は、
 安心です。
 水でぬらして…
 化膿するようなことはありません。
      ■         ■
 擦り傷や…
 やけどのようなキズは…
 真水がしみることがあります。
 このようなキズには、
 生理的食塩水が有効です。
 以前はドラッグストアで購入できたのですが、
 最近は
 コンタクト用品として販売されているようです。
      ■         ■
 家庭でもつくることができます。
 1リットルの水に9gの塩を入れます。
 2リットルのペットボトルですと18gです。
 家庭用の料理はかりでも大丈夫です。
 塩を入れると…
 水がしみなくなります。
 浅いキズは…
 こうして洗ってください。
      ■         ■
 やけどに効く温泉などは、
 おそらく生理的食塩水に近い濃度なのでは?
 と想像します。
 流水でキズをきれいに洗って…
 そこに軟膏をつけると、
 キズはきれいに治ります。
 キズは濡らしても大丈夫です。

投稿者 sapporobiyou : 19:06 | コメント (0)

2011年01月25日

キズの赤味をかくす

 よく次のようなご質問があります。
 メイクは…
 いつからできるようになりますか?
 キズの赤みをコンシーラーでかくして…
 お気持ちはわかりますが、
 キズの赤味をかくすメイクは、
 キズによくありません。
      ■         ■
 抜糸をする前から…
 キズの上に…
 こてこてに…
 ファンデーションや…
 アイシャドウを塗る人がいます。
      ■         ■
 キズに塗っていいのは…
 軟膏だけです。
 こてこてに塗ったお化粧を…
 落とす時が大変です。
 どんなに気をつけても…
 キズに力がかかります。
      ■         ■
 せっかく…
 くっついてきたキズが、
 お化粧をして…
 落とす時に、
 力が加わってしまいます。
 どんなにきれいに縫っても…
 キズが台無しになります。
      ■         ■
 最低限…
 抜糸までは…
 キズに塗っていいのは軟膏だけです。
 頬とか、
 眉とか、
 口紅などはOKですが、
 キズの部分はNGです。
      ■         ■
 抜糸しても、
 キズは完全にくっついていません。
 完全にくっつくには…
 3~6ヵ月もかかります。
 その間に無理な力を加えると…
 キズが目立ちます。
      ■         ■
 ちょっとしたキズを気にする人に限って…
 手術直後から安静を守っていなかったり、
 お化粧でこてこてにしています。
 キズの赤味をかくすのは、
 医師や看護師の指示にしたがってください。
 札幌美容形成外科では、
 抜糸後に、
 カバーマークオリジナルという…
 化粧品をおすすめすることがあります。
      ■         ■
 これは…
 キズの赤味をかくすというより、
 赤いキズに紫外線があたって…
 色素沈着になることを防ぐためです。
 カバーマークオリジナルは…
 SPF50の遮光効果があります。
 キズの管理は、
 医師や看護師の指示に従ってください。

投稿者 sapporobiyou : 20:58 | コメント (0)

2011年01月24日

キズの赤味

 私の手術(2010年12月1日)から…
 早いもので8週間です。
 一見すると…
 キズは目立ちません。
 大竹先生のおかげです。
 感謝しています。
 ただ、赤味が目立つ時があります。
      ■         ■
 風呂上りの時。
 お酒を飲んだ時です。
 お風呂に入ると、
 全身の血流がよくなります。
 のめぐりがよくなると、
 キズにもが入ります。
 赤味は血の色です。
      ■         ■
 お酒を飲んでも…
 血のめぐりがよくなります。
 そうすると…
 キズの中のが増えます。
 赤味が目立つのは…
 キズがまだ治っていく経過なのです。
      ■         ■
 動物の身体は、
 自分でキズを治す力があります。
 キズを治すには、
 たくさんのエネルギーが必要です。
 エネルギーを届けるのが、
 血液です。
      ■         ■
 キズが治ったように見えても、
 手術から3~6ヵ月は、
 まだ治っていないのです。
 生体が、
 キズを治そうとして、
 たくさんを使うので、
 毛細血管が発達してキズが赤くなります。
      ■         ■
 私のように…
 一見すると治っているように見えるキズでも、
 実は…
 まだ治っていません
 ですから…
 血管がたくさんできて、
 キズをより強力にくっつけようとしています。
 キズの赤味は自然の力です。
 6ヵ月もすると目立たなくなります。



2011年1月24日

投稿者 sapporobiyou : 22:32 | コメント (0)

2011年01月23日

定年後は女房対策こそ重要

 平成23年1月23日、朝日新聞朝刊、声の欄への投稿です。
 定年後は女房対策こそ重要
 無職_松永健_(岐阜県池田町 68)
 定年後、何か一番変わるか。答えは女房とほとんど四六時中向き合っていることではないだろうか。女房との仲がうまくいかなければ毎日が悲惨である。定年後8年経った今、切実に感じるのは女房対策は見逃せない重要なことだということだ。
 対策の第一は台所、掃除、洗濯、買い物など日常生活はとうていかなわず、「家来」にならざるをえない。だから、この分野では決して逆らわない方がいい。もし「どうしてもこれが食べたい」と思った時は、自分で台所に立つことだ。できれば、食材の仕入れから皿洗いまで全部、自分でやった方がいい。
 第二に、小遣いは家計費からもらわない方がいい。もらえばますます監視され、従属的になるだけだ。その日のために、現役時代からちびちびとためておくことだ。もちろん、「へそくり」の額は知られてはならない。
 第三の対策は、けんかにならないようにすることだ。その秘訣は会話で「NO」という否定語を少なくすることだ。つまり相手を受容するのだ。生活でどちらが正しく、どちらが間違っているということはないのだから。
 (以上、朝日新聞より引用)
      ■         ■
 人生の先輩、松永様の…
 貴重なお言葉を…
 しっかりと受けとめました。
 しいて言わせていただくなら…
 定年前も…
 女房対策は重要です。
      ■         ■
 開業してからというもの…
 毎日、奥さんといっしょです。
 出張も当直もなくなりました。
 家庭でも…
 職場でも…
 いっしょは大変です。
      ■         ■
 ご夫婦とも医師で、
 いっしょのクリニックで、
 仲良く開業している先生がいます。
 正直なところ…
 すごいと思います。
 さくらんぼさんのお宅も…
 すごいです。
      ■         ■
 投稿者の松永様のお言葉…
 相手を受容する
 生活でどちらが正しく
 どちらが間違っているということはない
 とても貴重なアドバイスです。
      ■         ■
 本間家は…
 今年、結婚して30年です。
 何度も危機がありました。
 30年前は最高だと思っていたのですが…
 これからは…
 お互いにぼけないで…
 他の人に迷惑をかけないようにして…
 生きていきたいと考えています。

投稿者 sapporobiyou : 18:01 | コメント (0)

2011年01月22日

雪で遊ぶ

 私は生まれも育ちも北海道です。
 雪国の子どもは、
 大雪(おおゆき)でも…
 晴れた日には外で遊びます。
 犬も…
 子供も…
 雪が大好きです。
      ■         ■
 ふわふわ新雪(しんせつ)はやわらかで…
 転んでも痛くありません。
 吹雪(ふぶき)の日は家の中ですが、
 晴れると外遊びをします。
 私は山で育ったので、
 よく裏山へ行きました。
      ■         ■
 私が育った昭和30年代は、
 日本の高度成長期です。
 テレビもまだ普及していません。
 一日の放送時間も限られていて、
 放送していない時間帯には、
 テストパターンという、
 丸い画像だけが流れていました。
      ■         ■
 今から思うと、
 丘のようなところに、
 小さなスキー場がありました。
 小学校~大学まで、
 冬にはスキー授業がありました。
 徒歩のスキー遠足もありました。
      ■         ■
 私と弟は、
 よく雪穴を掘って、
 雪の洞窟を作っていました。
 小さな基地でした。
 そこへ…
 つららを集めてきたり…
 雪玉(ゆきだま)を作ったりしました。
      ■         ■
 お金がかかることはできませんでしたが、
 雪を利用して、
 子供ながら遊んでいました。
 雪は大変ですが、
 北国には、
 雪で遊ぶ知恵がありました。
 でも…
 この年齢になると…
 春が早く来てほしいです。
 山形のさくらんぼさん
 豪雪のお見舞いを申し上げます。


昔はこんなソリで遊んでいました

2007年11月12日院長日記

マーちゃんの家から

投稿者 sapporobiyou : 20:35 | コメント (0)

2011年01月21日

雪との闘い

 今年の札幌は1月に入ってから、
 例年にない大雪(おおゆき)です。
 山形のさくらんぼさんのお宅も…
 果樹園も大雪(おおゆき)で大変です。
 果樹園は…
 雪で枝や幹が痛むので、
 死活問題になります。
      ■         ■
 私は…
 生まれてから…
 ず~っと北海道です。
 雪には慣れているつもりでも、
 毎日の大雪にはうんざりです。
 一番困るのが…
 交通機関です。
      ■         ■
 雪で道幅が狭くなるので…
 交通渋滞になります。
 道路の雪を道端へ寄せる除雪(じょせつ)
 道端の雪を…
 他の場所へ捨てるのが排雪(はいせつ)です。
      ■         ■
 各自治体の仕事ですが…
 どこの市町村も予算不足。
 なかなか排雪ができません。
 夏の半分程度しか、
 道幅がないところもあります。
 トラックなどは大変です。
      ■         ■
 今朝の北海道新聞に出ていました。
 道端の雪で…
 雪まつりの雪像を作ったら…
 誰でも考えそうな…
 簡単なことです。
 ところが…
 道端の雪には…
 融雪剤が入っていて…
 雪像作りには使えないそうです。
      ■         ■
 北海道の厳しい寒さも…
 今がピークです。
 あと一ヵ月もすれば、
 日差しも暖かくなります。
 今はじっとがまんして…
 雪と闘う毎日です。
 受験生のみなさんも頑張ってください。

投稿者 sapporobiyou : 21:49 | コメント (0)

2011年01月20日

第110回日本美容外科学会報告⑤

 学会報告の最後です。
 眼瞼下垂症手術をしていますと…
 どうしても瞼が上がらない…
 矯正困難な方がいらっしゃいます。
 無理矢理…
 目を開くと閉じなくなるリスクもあります。
 瞼の中は…
 人によって実にさまざまです。
      ■         ■
 眼瞼挙筋という筋肉がない…?
 …と思うほど…
 まぶたを切開すると…
 黒目が透けて見えることもあります。
 もともと左右差がある方も、
 たくさんいらっしゃいます。
      ■         ■
 難しい症例を治すのが…
 プロだろう!
 とお叱りを受けそうですが、
 プロでも、
 難しくて難渋することもあります。
 やればやるほど難しさを感じます。
      ■         ■
 保険診療でも、
 自由診療でも、
 難しいのが眼瞼下垂症です。
 自由診療ですと…
 前額部リフトなどもできますので、
 治療の選択肢が増えます。
      ■         ■
 としをとって…
 まぶたが下がってきたのに…
 保険診療ではきれいに治せませんでは…
 高齢者の方に失礼だと…
 私は考えています。
 何とか…
 保険診療できれい治したい…
 と思っています。
 100%満足はなかなか難しいですが、
 これからも勉強を重ねたいと思います。


手術前です


切除する皮膚です



手術一ヵ月後です


手術3年後です

投稿者 sapporobiyou : 20:04 | コメント (0)

2011年01月19日

第110回日本美容外科学会報告④

 2011年1月16日の院長日記、
 第110回日本美容外科学会報告①に…
 らずべりーさんからご質問をいただきました。
 ご高齢の患者様の場合、皮膚を多めに切り取るだけでは完全な解決策には至らない場合があるのだと思いました。
 筋肉の衰えだけでなく、脂肪が極端に少なく、コラーゲンが減少し、張りが無くなったというのが原因だと推察します。
 解決策としてはコラーゲン注入なのか自家組織移動&移植なのでしょうか。
      ■         ■
 この問題を取り上げられたのは、
 会長の宇津木龍一先生と、
 北里研究所病院美容医学センター、
 佐藤英明先生でした。
 眼瞼下垂症手術をすると、
 眉が下がり、
 睫毛眉毛の間が狭くなります
      ■         ■
 若い女性には、
 憧れの大きな黒目でも…
 高齢者には…
 目が乾くようになった…
 まぶたが腫れた…
 鼻根部に横じわができた…
 まぶたが重くうっとうしい…
 …という術後不満要因となります。
      ■         ■
 せっかく苦労して、
 3時間もかけて手術をしても、
 術後不満要因ではがっかりです。
 患者さんも術者も不幸です。
 宇津木先生も佐藤先生も、
 解決策として使っていらっしゃるのは、
 眉の位置を調節する方法でした。
 コラーゲンではありません。
      ■         ■
 前額部リフトといわれる方法などで、
 眉の位置を上げることで、
 この術後不満要因を解決していらっしゃいました。
 宇津木先生は、
 前頭筋拮抗筋群(ぜんとうきんきっこうきんぐん)
 特に眼輪筋の手術について、
 発表していらっしゃいました。
      ■         ■
 保険診療の手術では難しいですが、
 宇津木先生が推奨される手術は、
 高齢者の眼瞼下垂症手術では、
 とても大切なポイントだと思いました。
 帝国ホテルのクリニック宇津木流は、
 腕も技術も考えも…
 一流です。
 東京都千代田区内幸町1-1-1
 帝国ホテルタワー8F
 03-3509-6210

投稿者 sapporobiyou : 21:09 | コメント (0)

2011年01月18日

第110回日本美容外科学会報告③

 眼瞼下垂症手術の手術法もさまざまです。
 有名な上手な先生でも…
 手術法を変えて…
 少しでも再発を少なく…
 自然な目を作るのに…
 日夜苦労しているのがわかります。
      ■         ■
 手術法の一つに…
 眉下切開法という術式があります。
 眉毛の下を切って…
 余分な皮膚を切り取る手術です。
 この術式は…
 西日本で好まれる…?
 …という印象を持ちました。
      ■         ■
 京都の冨士森先生が…
 この手術法を広められた記憶があります。
 冨士森先生の影響力は大きいので…
 関西の先生は、
 この眉下切開法を多用していらっしゃる…?
 とも考えられます。
      ■         ■
 もう一つは、
 伝統的な京美人の眉です。
 日本形成外科学会2009-②
 2009年4月23日の院長日記にも書いています。
 『京美人』の眉は、
 外側へ向かって細くなっています。
 全体に細い眉です。
 この眉を作るには、
 眉下切開は優れた方法です。
      ■         ■
 眉下を切るので…
 二重にしたい人には、
 二重を作る手術を…
 別にしなければなりません。
 東日本と西日本で、
 好まれる目が違うのかも?です。
 快適で美しい目を作るのは、
 実に難しいものです。 

投稿者 sapporobiyou : 21:00 | コメント (0)

2011年01月17日

第110回日本美容外科学会報告②

 眼瞼下垂症学会と言ってもいいような、
 実に、内容の濃い学会でした。
 眼瞼下垂症は、
 奥の深い、難しい手術です。
 自由診療の美容外科も、
 保険診療の形成外科も、
 満足度UPのため、
 苦労しています。
      ■         ■
 西條先生のミューラータッキング法と
 松尾先生の腱膜固定法は、
 とても興味深い内容でした。
 眼科の先生の参加も…
 内容を深くしてくださいました。
 今までの学会にない内容でした。
      ■         ■
 眼瞼下垂症の診断一つにしても、
 日本形成外科学会や、
 日本眼科学会の、
 統一した診断基準はありません。
 もちろん、
 厚生労働省が決めた基準もありません。
      ■         ■
 MRD:Margin Reflex Distanceという測定があります。
 瞳孔(黒目の中のひとみ)の中心から…
 上眼瞼縁までの距離が…
 3.5mm未満となったら、
 眼瞼下垂という人もいます。
 ところが…
 MRD(えむあーるでぃー)の測定法すら、
 しっかりとした定義がありません。
      ■         ■
 MRDを1㎜の誤差もなく、
 自動的に測定する機器もありません。
 (少なくとも私の知る限り…)
 まだまだわからないことが、
 実にたくさんあるのが…
 眼瞼下垂症です。
 眼科医も形成外科医も手術をしています。
 でも…
 誰が一番上手か?わかりません。
      ■         ■
 今回の学会で、
 すべてが解決できたわけではありません。
 これから、
 議論を重ねなくてはならないことも…
 実にたくさんあります。
 一人でも多くの方に、
 快適で美しい目になっていただくために、
 学会での論議が必要だと感じています。

投稿者 sapporobiyou : 22:48 | コメント (0)

2011年01月16日

第110回日本美容外科学会報告①

 昨日の美容外科学会は、とても勉強になりました。
 まるで眼瞼下垂学会のようでした。
 今まで、
 日本形成外科学会でも、
 日本美容外科学会でも、
 これだけ眼瞼下垂を議論したことはありませんでした。
 会長の宇津木龍一先生の企画力に脱帽です。
      ■         ■
 学会を聞いた感想は…
 どの先生も苦労して手術しているなぁ~
 左右差を無くするのは、大変だなぁ~
 眼瞼下垂症手術は、
 やればやるほど難しい手術です。
 これが、学会の正直な感想です。
      ■         ■
 患者さんの満足度を上げるのは…
 大変なことだと思いました。
 昨日の学会で印象に残った発表は、
 北里研究所病院美容医学センター、
 佐藤英明先生のご発表でした。
 眼瞼下垂症手術をしても、
 鼻根部(鼻の付け根)の…
 横じわが目立った!
 という患者さんのご不満
      ■         ■
 ご高齢の方で…
 とくに皮膚が余っていて…
 眼瞼下垂の手術で…
 眉が下がって…
 その結果、
 鼻の付け根のしわが目立つようになった!
 確かに、経験することがあります。
      ■         ■
 学会長の…
 宇津木龍一先生のご発表も勉強になりました。
 さすが帝国ホテルで…
 超セレブな方を担当していらっしゃる先生。
 瞼(まぶた)を治す前に…
 額や眉を治してしまう…。
 保険診療だけではできない治療です。
      ■         ■
 形成外科の技術力で、
 いかに患者さんの満足度を上げ…
 より自然に美しく見せるか…
 帝国ホテルの、
 宇津木流の技(わざ)を見せていただきました。
 半日の学会でしたが、
 実に有意義な学会でした。
 宇津木先生ありがとうございました。

投稿者 sapporobiyou : 20:28 | コメント (0)

2011年01月15日

第110回日本美容外科学会(JSAPS)学術集会

 今日は、
 第110回日本美容外科学会(JSAPS)学術集会のため、
 東京へ日帰り出張です。
 今回の学会は、
 クリニック宇津木流の
 宇津木龍一先生が組織会長です。
 半日の学会ですが、
 内容はとても興味深いものばかりです。
      ■         ■
 私の主治医である、
 聖路加国際病院の大竹尚之先生とも…
 お会いできます。
 宇津木先生と
 大竹先生は、
 北里大学の同期です。
 塩谷先生が育てられた、
 日本の優秀な美容形成外科医です。
      ■         ■
 今回の学会では、
 眼瞼下垂を伴う上眼瞼除皺術がテーマです。
 眼瞼下垂症の権威である、
 ①西條形成外科クリニックの
 西條正城先生と
 ②信州大学形成外科の
 松尾清先生の
 2つの基調講演があります。
 とても楽しみな基調講演です。
      ■         ■
 シンポジウム
①挙筋/挙筋腱/ミュラー筋によるMRD 調整(何で調整するか?)
②MRD 改善の適応と程度および、患者の術後不満要因と対策
③腱膜固定法その他
左右差をなくすコツ
 専門家なら、
 誰でも苦労している項目です。
      ■         ■
 雪で飛行機が遅れると困るので、
 予定した便より早く出かけます。
 学会の報告は、
 明日以降にお伝えします。
 帰って来ました。
 雪のため、飛行機は…
 着陸できない場合は羽田へ引き返します…
 …という条件で離陸。
 降雪の中、無事に着陸できたものの…
 【JR北海道】が
 雪害と貨物列車故障のため運休と遅れで…
 ようやく帰って来ました。

投稿者 sapporobiyou : 23:59 | コメント (0)

2011年01月14日

ネットで中傷→書類送検

 平成23年1月14日、北海道新聞朝刊の記事です。
 江別の会社をネットで中傷
 静岡の講師を書類送検
 信用毀損容疑
 【江別】昨年8月に札幌市内で起きた女性2人殺傷事件の容疑者と、江別市の不動産業者が関係があるとする中傷をインターネット上のブログに書き込んだとして、江別署は1月13日、信用毀損(きそん)の疑いで、静岡県富士市、市立小学校講師の男(34)を書類送検した。
 同署によると、ネット上の書き込みに対して信用毀損容疑で摘発するのは道内初。
 送検容疑は昨年8月25日午後9時ごろ、自宅のパソコンでブログを開設。2人殺傷事件で強姦(ごうかん)致死などの容疑で逮捕、起訴された外山硬基(とやまこうき)被告について「親は江別で外山不動産経営」などと虚偽の書き込みをし、外山不動産(江別)の信用を損ねた疑い。
 実際には外山被告は札幌の別の不動産会社に勤めていたが、書き込みの翌日から外山不動産には取引先などから複数の問い合わせのほか、非難する電話も約2ヵ月続き、同社は昨年12月に告訴した。
 以上、北海道新聞より引用
      ■         ■
 美容外科医は、
 誹謗中傷を受けることがあります。
 ネットで非難されることもあります。
 私自身も…
 私の知人の先生も…
 誹謗中傷を受けたことも…
 非難されたこともあります。
      ■         ■
 以前、自分のクリニックの従業員が…
 ネット上で誹謗中傷されて…
 実名で書き込みをしていた、
 勇敢な先生もいらっしゃいました。
 私自身は気にしないことにしています。
 こんなことを書くと…
 また叩かれそうです。
      ■         ■
 私は…
 何と書かれようと…
 わが道を行くです。
 悪く書かれていない、
 美容外科医を探すのが大変なくらい…
 ネット上には誹謗中傷があふれています。
 有名になった証拠くらいに思っています。
      ■         ■
 気を付けなければいけないのは、
 書く時も同じです。
 科学的根拠に基づいて…
 理論的な裏付けを取って…
 自分の意見として発信しています。
 ネット上には、
 正しい情報もあれば、
 誤った情報もあります。
      ■         ■
 ネット上の情報は、
 新聞記事と違って…
 誰も検証(けんしょう)していません。
 誤った情報を信じて…
 とんでもない結果になることもあります。
 私はこれからも、
 医学的に正しい情報を…
 的確に発信したいと考えています。

投稿者 sapporobiyou : 21:36 | コメント (0)

2011年01月13日

寒い日に熱燗(あつかん)

 私はお酒に弱く…
 ちょっと飲んだだけで真っ赤になります。
 めったに飲みに行きません。
 家でも奥さんと2人で、
 350㏄の発泡酒一缶です。
 それで十分です。
      ■         ■
 でも…
 寒い冬には…
 アルコールで身体の中から…
 あたためたくなることもあります。
 昨夜は、
 JRの高架下にある、
 元祖美唄やきとり福よしさんへ行きました。
 昨日行ったのは、
 札幌駅西口店です。
      ■         ■
 私は毎日、このお店の横を通って通勤しています。
 やきとり食べたいなぁ~
 …と思いながら通っています。
 福よしさんは、
 2010年1月8日にご紹介しています。
 美唄やきとり_福よし
 冬になると…
 やきとりが食べたくなるようです。
      ■         ■
 次の日(今日)が休みなので、
 やきとり熱燗(あつかん)をいただきました。
 2人で2合の日本酒は、
 とても美味しかったです。
 やきとりは、
 美唄(びばい)のもつ一本126円
 美唄(びばい)のせい一本126円
 もつつくね一本168円
 日本酒2合、800円 
 ラーメンサラダ、650円です。
      ■         ■
 元祖美唄やきとり福よしさんは、
 安くて美味しいお店です。
 やきとりの後には…
 鶏だしそば580円がおすすめです。
 このそばの中に、
 美唄(びばい)のもつ一本126円
 …を入れると最高です。
 私のひそかな楽しみです。

投稿者 sapporobiyou : 21:27 | コメント (0)

2011年01月12日

ワキガの再発2011

 わきが手術を受けたのに…
 手術後5年経ってから…
 また臭いが気になる…
 再手術はできますか…?
 というご相談があります。
 診察してみると…
 大部分の患者さんは再手術にはなりません。
 他のクリニックで受けた手術でも、
 汗腺はしっかり取れています。
      ■         ■
 安売りクリニックで…
 吸引法で手術を受けた方。
 『手術後すぐに臭いが気になりました。』
 …こんな方は…
 残念ですが…
 アポクリン腺が残っています。
 再手術になることもありますが、
 瘢痕(はんこん)というキズのために…
 できないこともあります。
      ■         ■
 5年間、臭いから開放されていたのに…
 また臭うようになった人。
 診察してみると…
 が多くなっていただけでした。
 職場が変わった。
 環境が変わった。
 さまざまな理由で…
 緊張が強くなっために、
 緊張性発汗が出ていました。
      ■         ■
 私が診察した患者さんでは…
 倒産してしまった神奈川クリニックや…
 昔、札幌と大阪で開業していた、
 日美クリニックで、
 稲葉法で手術を受けた方は、
 汗腺の取り残しは…
 ありませんでした。
 再手術となった人もいません。
      ■         ■
 ワキガの再発だと思っている人には、
 交感神経過緊張による、
 腋窩多汗症(えきかたかんしょう)の状態のことがあります。
 一度、手術をしているので…
 再手術の適応はありません。
 ボトックス注射が効きます。
 保険適応にはなりませんが、
 冬でも暖房のために汗をかく人には、
 特効薬です。
 マンガページも参考になります。
 Chapter“39” ワキガ手術と再発について
 Chapter“33” 多汗症とワキガの違いとボトックス注射

投稿者 sapporobiyou : 19:54 | コメント (0)

2011年01月11日

靴を干す

 北国には生活の知恵があります。
 私たちが子供の頃…
 冬はゴム長という長靴でした。
 このゴム長でさえ…
 雪深い朝には雪に埋まりました。
 カバーをつけることもありました。
 それでも雪が靴に入りました。
      ■         ■
 小学校の頃…
 石炭ストーブの周りに、
 ゴム長を並べて…
 靴を乾かしました。
 靴を干(ほ)すと言っていました。
 濡れた靴、干した?
 靴を干しておかないと…
 次の日は冷たくて大変です。
      ■         ■
 私の家では、
 今でも靴を干す習慣があります。
 私の靴は、
 同じような靴を…
 一日おきに交互に履きます。
 そうすると…
 朝は快適です。
      ■         ■
 女性が履くブーツは…
 おしゃれでも、
 意外と蒸れるものです。
 ご自分の汗のほかに、
 雪道で濡れると…
 湿気がこもります。
 臭いの原因になります。
      ■         ■
 冬の間は、
 玄関に靴を脱いで置くのではなく…
 暖かな部屋へ、
 古新聞でも敷いて…
 その上に置いてください。
 朝には少し湿気が減ります。
 濡れた時は…
 ドライヤーの冷風を靴へ入れるだけでも…
 (温風は注意しないと危険です)
 靴の快適度がUPします。

投稿者 sapporobiyou : 21:39 | コメント (0)

2011年01月10日

勉強用足温器

 私が中学校3年間を過ごした、
 大夕張(おおゆうばり)は、
 北海道の内陸部にあります。
 雪も多く、
 寒さが厳しいところです。
 家の中で水が凍り、
 私の部屋の朝の温度は5℃とか?
 …とにかく寒かったです。
      ■         ■
 1月の今頃は…
 3月の高校入試に向けて勉強していました。
 その時に、
 親が買ってくれたのが、
 ナショナルの…
 勉強用足温器です
 40年後の今も…
 何代目かの製品を使っています。
      ■         ■
 今、私が使っているのは、
 結婚してから購入した分です。
 おそらく30年前のです。
 ナショナル勉強用足温器
 形名 DF-28
 松下電器産業株式会社
 …と書かれた布が縫い付けてあります。
      ■         ■
 こうしてPCで…
 院長日記を書く時に、
 今でも活躍しています。
 30年も使っている私もすごいですが…
 30年使っても壊れない、
 松下電器もすごいです。
 ネットで探してみると…
 まだ同じ製品が売っていました。
      ■         ■
 kakaku.comクチコミに…
 私と同じようなおじさんが…
 昔、受験勉強の時に使った
 …と書いてありました。
 この製品…
 頭寒足熱で…
 勉強するには最適です。
 私は医師国家試験の時にも使いました。
 なつかしい思い出です。


パナソニックHPより引用

投稿者 sapporobiyou : 17:49 | コメント (0)

2011年01月09日

今朝、転びました

 今日の札幌は寒波の影響で雪です。
 昨日からの雪が積もっています。
 今朝の通勤途中で転びました。
 さいわい…
 尻もちをついただけでした。
 明日あたり…
 身体が痛いと思います。
      ■         ■
 雪道の歩き方という院長日記を
 2010年1月23日に書いています。
 雪国で生まれ育った私ですら…
 一年に一度や二度は転倒します。
 高齢になってから転倒すると…
 骨折しそうです。
 冬の札幌は転倒に注意です。
      ■         ■
 去年の日記の一部です。
 北海道の人は、
 滑らないように…
 地面に足底をつけるように歩きます。
 足の裏で、
 地面をつかむ感覚で、
 注意深く歩きます。
 地面をこするように歩くという表現が、
 適切かもしれません。
      ■         ■
 今朝、私が転倒したのは…
 雪道ではありません。
 雪道から…
 屋根のついた歩道に入ったところです。
 雪がないところです。
 靴の裏についた、
 雪が原因で転びました。
 要注意です。
      ■         ■
 私たちが冬に履く靴を…
 冬靴(ふゆぐつ)と呼んでいます。
 滑らないように…
 スパイクタイヤの溝のような…
 ぎざぎざがついています。
 これで…
 雪道でも転ばないようになっています。
      ■         ■
 ところが…
 今日のようにふわふわの雪は、
 靴裏の溝に詰まってしまいます。
 雪がついた靴を…
 とんとんして…
 雪を落としますが…
 全部は落ちないことがあります。
      ■         ■
 そうすると…
 靴裏全体が滑ります。
 私は、
 ゆるい傾斜で、
 下りになっている歩道で…
 見事にバランスを崩して尻もちでした。
 雪のない歩道や、
 スーパーなどに入った途端に、 
 転倒することがあります。
 くれぐれも注意なさってください。

投稿者 sapporobiyou : 18:52 | コメント (0)

2011年01月08日

寒いです

 札幌は寒いです。
 昨日の最低気温は-10.1℃。
 私が帰宅する22:00頃…
 道路のデジタル温度計は-8.4℃でした。
 これから…
 一月下旬までが…
 一年で一番寒い季節です。
      ■         ■
 私が暮らした街で寒かったのは、
 平成7年(1995年)~平成10年(1998年)までの、
 帯広だったでしょうか…?
 家の近くにJAのガソリンスタンドがありました。
 そこに温度計があり…
 朝-20℃とかだったように記憶しています。
 とにかく‘鼻毛が凍る’感覚でした。
      ■         ■
 その次に寒かったのは、
 中学校3年間をすごした…
 夕張市の山奥、大夕張(おおゆうばり)でした。
 転校した年に…
 いきなり初雪が1m20cmも積りました。
 冬の寒さも厳しく、
 -20℃近くになったと思います。
 40年前の住宅ですから、
 家の中で水が凍りました。
      ■         ■
 当時の暖房は石炭ストーブでした。
 石炭というのは、
 燃える黒い石です。
 今の若い人は見たことがない…?
 私の子どもたちでも見た記憶がない…?
 SLがもくもくと焚く(たく)あれです。
 石炭を燃やすと煙が出ます。
 良質の石炭は煙が少ないですが、
 質が悪い石炭は燃えにくく煙もたくさん出ます。
      ■         ■
 石炭ストーブに使う石炭を掘るのが、
 当時、北海道にたくさんあった炭鉱です。
 炭鉱に勤務する家には、
 石炭が無料で配られました。
 炭鉱の街は、
 石炭も水道も電気も無料でした。
 家の中で、
 トイレの手洗い水が凍るような家で、
 電熱ヒーターで温めて…
 なんと熱帯魚を飼っていました。
      ■         ■
 家は寒かったのですが、
 石炭をたくさん焚(た)いて…
 石炭ストーブや煙突が…
 真っ赤になるほど温めていました。
 今はスイッチ一つで暖房が入り…
 タイマーで温めることもできます。
 お湯も出てきます。
 北海道の家の中は、
 外の寒さとは逆にあたたかです。


小学校卒業の頃
右奥に見えるのが石炭小屋

 

投稿者 sapporobiyou : 21:19 | コメント (0)

2011年01月07日

手術後の腫れ

 眼瞼下垂手術後の腫れという院長日記を
 2009年2月10日に書いています。
 手術後の腫れは…
 皮膚切除の有無、
 切開の長さ、
 患者さんの血圧、
 患者さんの緊張度、
 手術後のケアー、
 手術後の安静によって…
 実にさまざまです。
      ■         ■
 一般的なことですが、
 年齢とともに血管壁(けっかんへき)は弱くなります。
 どんなに上手な看護師さんが採血をしても、
 80歳台の方は内出血することが多くなります。
 血圧が高いと…
 出血量も多くなります。
 切る長さが長くなると…
 それだけ腫れます。
      ■         ■
 皮膚切除をすると…
 それだけで睫毛の上に…
 内出血が起こります。
 手術後の腫れを、
 正確に予測するのは難しいです。
 採血したあとや、
 ちょっとぶつけたあとが青くなる人は、
 内出血も腫れも多くなります。
      ■         ■
 私の術後経過は、
 自分でも予想以上によかったです。
 じっとして、
 安静にしていたからです。
 食事の時も…
 薄目で…
 下を向いて食べました。
 院長日記も…
 実は…
 手術前に入力しておいた原稿を…
 更新ボタンを押してUPしただけです。
      ■         ■
 私の術後経過です。
 発表内容という
 2008年12月1日の院長日記も参考になります。


手術前です


デザインです


24時間後です


48時間後です


7日後です


4週間後です

投稿者 sapporobiyou : 21:12 | コメント (0)

2011年01月06日

大学を辞める

 白い巨塔という院長日記を
 2007年9月17日に書いています。
 私は、身から出た錆(さび)で
 大学から追い出されました。
 今となっては…
 大学を辞めてよかったと思っています。
 48歳というぎりぎりの年齢でしたが、
 これ以上、歳を取っていたら…
 転職も難しかったと思います。
      ■         ■
 他の先生のお言葉です。
 大学は、
 研究したり、
 難しいケースにじっくり向き合うには適しているのですが、
 早期に治療が必要な患者さんの手術が
 なかなか組めないという難点があります。
 幅広い患者さん達を
 なるべく迅速に治療させてもらいたい、
 …というのが私の希望です。
      ■         ■
 一人の医師が、
 一生の間に手術できる件数は限られています。
 おそらく…
 一番、手術ができないのが大学病院です。
 学会に報告される、
 一年間の手術件数を見るとわかります。
 他科との共同手術や、
 高度な先進医療は別として…
 ふつうの手術は…
 民間病院の方が件数も患者さんも多いです。
      ■         ■
 私の知っている先生でも、
 腕の良い先生は、
 民間の病院に移られて…
 水を得た魚のように手術をしています。
 内科系の先生でも同じです。
 早朝から診療を開始するなど…
 大学や総合病院ではできない治療をしています。
      ■         ■
 医科大学や医学部は…
 医育機関(いいくきかん)と呼ばれます。
 医学生や研修医を育てるところです。
 医学生は大学病院で教育を受けますが、
 臨床研修医は、
 大学以外の病院が人気です。
 成績が良くなければ…
 どんな有名大学出身でも…
 人気がある病院では研修を受けられません。
      ■         ■
 医師が大学を辞めて開業したり…
 民間の医療機関に移ることはよくあります。
 あまり知られていませんが、
 大学病院の先生は驚くほど薄給です。
 おそらく時間外手当もありません。
 民間病院へ移ると…
 お給料も増えます。
 一番喜ぶのは…
 家計を預かる先生の奥さんかも?です。
      ■         ■
 さくらんぼさんが、
 信頼している先生が大学を辞めてしまう…
 と心配していらっしゃいます。
 大丈夫です。
 まったく心配無用です。
 先生は…
 水を得た魚のように手術ができます。
      ■         ■
 大学では…
 頭を下げて…
 『すみません』
 『申し訳ありません』
 『臨時手術お願いします』
 …と言っていたのが→
 【先生、どうぞ手術をなさってください】
 【先生、手術の準備が整いました】
 …と言われるようになります。
 先生の笑顔が増えます。

投稿者 sapporobiyou : 16:39 | コメント (0)

2011年01月05日

2011年の年賀状から

 今年もたくさんの年賀状をいただきました。
 ありがとうございました。
 結婚式の幸せいっぱいの写真。
 赤ちゃんが大きくなった写真。
 ご子息が同じ職業に就かれて…
 父親と息子さんが…
 パイロットの制服で写った写真。
 (家内の友人のご家族です…)
      ■         ■
 どれも…
 いいなぁ~~
 と思える写真でした。
 私の友人からは…
 お嬢さんの結婚式と思える写真に…
 今年じいちゃんになりますという…
 実にうらやましい年賀状がありました。
 ○○先生はいいなぁ~~
 幸せそうだなぁ~~
      ■         ■
 今年、大学を辞めます
 …という年賀状もありました。
 昔は…
 大学に残って教授になるのが…
 医師として一番の出世…
 …と考えられたこともありました。
 ところが、今は大学も医師不足。
 人気がないところへ新人が来ません。
      ■         ■
 大学の先生は権威があって…
 一見、よさそうですが…
 診療以外の仕事が多く、
 市中病院で働く先生の方が自由です。
 私など…
 毎日、手術をしていますが…
 勤務医時代には多くても週に3日でした。
 大学を辞めさせられて…
 くやしい思いもしましたが…
 今となってはよかったと思っています。
      ■         ■
 年賀状は毎年出す人が少なくなっているそうです。
 私も年末ぎりぎりに…
 夜遅くに郵便局まで行って…
 投函しました。
 葉書には…
 メールにはない、
 年賀状ならではの楽しみがあります。
 来年も元気で…
 年賀状を出したいと思っています。

投稿者 sapporobiyou : 20:22 | コメント (0)

2011年01月04日

明日から仕事です

 札幌美容形成外科は、
 明日1月5日から診療です。
 職員に、
 地方出身者が多いため…
 移動日として4日は休診にしています。
 私はクリニックへ行って…
 明日からの手術のために…
 滅菌物の点検などをします。
      ■         ■
 4日間も休診にしているので、
 明日から暖かくなるように…
 暖房も設定してきます。
 お正月の間も…
 年賀状や郵便物を確認に行きました。
 1~2階の雪印パーラーさんは、
 お正月も営業していました。
      ■         ■
 今年は3月末に…
 駅前通りの地下歩道が完成します。
 今は歩道工事をしています。
 今までより…
 歩道が広くなるようです。
 札幌の景気はまだ悪そうですが…
 良い年になることを祈っています。


北大です

投稿者 sapporobiyou : 19:36 | コメント (0)

2011年01月03日

手術後の変化

 お正月もあっという間に終わりです。
 私はDr.コトーの再放送をみて…
 犬と遊んで過ごしています。
 目が大きくなったので、
 犬の毛が入りやすくなったのが…
 唯一、困った点です。
 写真を撮ってみると…
 手術後8日目とあまり変化がないようです。
      ■         ■
 手術後の経過がよければ、
 目の形は腫れが取れると変わりません。
 キズの赤味などは8日目と比較すると…
 ずっと少なくなっています。
 8日目では、
 まだ触ると軽い痛みがありました。
 今も気をつけていますが、
 痛みはありません。
      ■         ■
 今年は、
 目が開いたので…
 ほんとうの意味で…
 あけましておめでとう
 …になりました。
 手術をご検討の方は、
 一年で一番ひまな時期に受けてください。
 人生が変わります。


2011年1月3日


手術後8日目2010年12月8日


手術前

投稿者 sapporobiyou : 18:24 | コメント (0)

2011年01月02日

正月も仕事です

 私は働き者です。
 元旦の夜もクリニックへ行きました。
 年末にできなかった…
 帳簿のチェックをしました。
 クリニックの診療中はできないので、
 休みの間にすることにしています。
      ■         ■
 札幌美容形成外科の経理は、
 東京のアトラス総合事務所にお願いしています。
 こちらで入力した、
 弥生会計のファイルを…
 会計事務所のサーバーへUPします。
 セキュリティが完備したサーバーです。
 そのデーターを…
 会計事務所でチェックしていただき…
 e-Tax(いーたっくす)で電子申告です。
 ネット時代の会計事務所です。
      ■         ■
 札幌美容形成外科は12月決算なので、
 年末までの帳簿をチェックします。
 棚卸(たなおろし)という作業もあります。
 医薬品や医療材料の在庫を調べ…
 残りを計算する作業です。
 年末まで診療しているので、
 最後のチェックは私がします。
      ■         ■
 面倒なのが消費税です。
 札幌美容形成外科では…
 眼瞼下垂症手術、
 ワキガ手術、
 陥没乳頭手術は保険診療です。
 保険診療分は非課税です。
 ボトックスなどは…
 多汗症の治療に使っても課税です。
      ■         ■
 課税と非課税を厳格に分けます。
 支払う方では…
 お葬式のお花代は消費税がかかりますが、 
 お香典は消費税の対象外です。
 帳簿をPC画面でチェックして、
 誤りがあれば訂正します。
 目の手術をしていただいてから…
 PCの画面を見ても疲れなくなりました。
 医業以外の仕事もしなくては…
 中小企業の院長は務まりません。
      ■         ■
 不況の影響で経営は大変ですが、
 信頼できる会計事務所は頼りになります。
 私はアトラス総合事務所をおすすめします。
 信頼できる会計事務所選びは、
 お医者さん選びと同じように大切です。

投稿者 sapporobiyou : 20:13 | コメント (0)

2011年01月01日

謹賀新年2011

 みなさま、あけましておめでとうございます。
 札幌は、おだやかなお正月です。
 おかげさまで、
 本間家も平穏にお正月を迎えられました。
 今年は息子も娘も犬もいっしょです。
 家族そろって楽しいお正月です。
      ■         ■
 私の両親は今年85歳と83歳になります。
 昨年は父の姉と母の兄が他界しました。
 順番とはいえ…
 身内の死はつらいものです。
 家内の母は77歳になります。
 両親と子どもたちと一緒の正月も…
 2005年1月1日以来6年ぶりです。
      ■         ■
 昨年1月1日に書いた…
 2010年の目標
 自分の眼瞼下垂症手術は大成功でした。
 アリナミンEXでも快くならなかった、
 慢性的な肩こりや疲れから、
 みごとに開放されました。
 自信を持って手術をおすすめします。
 今年も…
 みなさまにとってよい年になるように…
 札幌からお祈りしています。


2011年1月1日

投稿者 sapporobiyou : 16:12 | コメント (0)