« 2011年07月 | メイン | 2011年09月 »

2011年08月31日

劒物修(けんもつおさむ)先生への想い

 私は1980年(昭和55年)に札幌医大を卒業し、
 その年に北大形成外科へ入局しました。
 当時は今のような臨床研修制度はなく、
 医学部を卒業したら、
 そのままどこかの医局に入局するのが、
 一番オーソドックスな道でした。
      ■         ■
 札幌医大は北海道が設立した、
 公立大学です。
 北海道出身の学生が大部分でした。
 その関係もあってか?
 卒業生の大部分は、
 そのまま自分が卒業した札幌医大へ入局しました。
      ■         ■
 私のように…
 北大へ行った卒業生は、
 私を含めて4人でした
 北大を卒業しても、
 札幌医大を卒業しても、
 医師免許証は同じです。
 どこの自動車学校で免許を取っても、
 道路を走る時は同じです。
      ■         ■
 ところが…
 医師の世界は車の運転とは違います。
 はじめて行った北大病院。
 トイレの場所も、
 検査室の場所も、
 霊安室の場所もわかりません。
 一番困ったのが…
 他科の先生の顔がわかりません。
      ■         ■
 『あの先生が…』
 『国家試験出題委員の葛西先生だょ』
 廊下ですれ違った時に、
 小声で教えてくれたのが、
 同期の井川浩晴(いがわひろはる)先生です。
 北大出身の新人医師は、
 講義や実習でお世話になっているので、
 偉い先生の名前と顔がすぐにわかります。
      ■         ■
 私は、
 広い北大病院の中を…
 迷子にならないように…
 ただ同期や先輩の後を歩くだけでした。
 たまに…
 札幌医大の同期に会うと…
 とても懐かしく思ったものです。
      ■         ■
 医学部や医科大学には、
 入試のランキングがあります。
 一番、偏差値が高いのが、
 東大理Ⅲ(りさん)といわれる東大医学部。
 関東だと慶應医学部、
 関西だと京大医学部が難関校です。
 北海道では、
 トップが北大医学部です。
      ■         ■
 私も夢は北大でしたが、
 学力が及ばず札幌医大へ入学しました。
 偏差値が高い大学が…
 いいお医者さんを育てるとは限りません。
 ただ、
 偏差値の低い札幌医大を卒業して、
 偏差値の高い北大に入った私は、
 北大の卒業生に負けたくない
 北大の卒業生よりやぶになりたくない
 …という想いがありました。
      ■         ■
 簡単に言うと…
 札幌医大はばかだなぁ~
 …と思われたくない…
 …とずっと思っていました。
 今でもそう思っています。
 だから学会へも行くし、
 勉強もしています。
      ■         ■
 北大形成外科は家庭的で…
 とってもいい環境の医局でした。
 恩師の大浦武彦先生は、
 北大卒の新人も…
 他大学卒の新人も…
 まったく差別せず教育してくださいました。
 今でも感謝しています。
      ■         ■
 そんなあたたかい医局で育っていた私でも、
 やっぱり卒業したのは札幌医大です。
 北大へのコンプレックスがありました。
 北大で迷子にならず、
 他科の先生の顔もわかるようになって、
 チーフレジデントをしていた、
 昭和60年11月に、
 札幌医大の先輩である、
 劒物修先生が北大麻酔科の教授に就任されました。
      ■         ■
 札幌医大の卒業生は、
 北大の臨床系教授には…
 なれないと言われていた時代でした。
 劒物先生と面識はありませんでしたが、
 麻酔科の先輩から素晴らしい先生と伺っていました。
 正直に言って…
 劒物先生やったぁと喜んでいました。
      ■         ■
 劒物先生が北大に赴任されてから、
 苦労されていらしたのを見ていました。
 それでも先生は、
 北大病院での全身麻酔件数を
 国立大学病院で
 全国トップクラスの件数に押し上げられました。
 大変なご苦労があったと思います。
 もう少しお話しをしたかった
 …と残念に思っています。
 心からご冥福をお祈りしています。

投稿者 sapporobiyou : 18:31 | コメント (0)

2011年08月30日

劒物 修(けんもつおさむ)先生のご逝去を悼む

 先日の院長日記にコメントをいただき、
 麻酔科の劒物修先生が
 平成23年3月28日(月)にご逝去されたことを知りました。
 葬儀は密葬にて執り行われたそうです。
 心からご冥福をお祈りしています。
 最後にお会いしたのは、
 奥様の弘子様の追悼コンサートでした。
      ■         ■
 北海道大学のHPにお知らせがありました。
 訃報
 名誉教授 劒物 修氏は,昭和15年に東京に生まれ,疎開先の小樽で幼少期を過ごされました。昭和39年に札幌医科大学を卒業され,昭和51年に札幌医科大学助教授,同52年に旭川医科大学助教授,同54年に北里大学助教授,同56年にアイオワ大学客員教授,同59年に東邦大学教授,そして,同60年に北海道大学医学部麻酔科学講座教授に就任されました。平成15年3月同大学を定年退職され,その後,北海道社会保険病院等で顧問として活躍されておられました。
 臨床面では,北大病院での全身麻酔件数を国立大学病院で全国トップクラスの件数に押し上げられ,北海道ならず全国の外科医療のために多大な貢献をなされました。とりわけ,北大病院での集中治療部の開設,ならびに救急部の発展には多大な尽力をなされました。研究面では,心臓麻酔,救急・集中治療,疼痛治療など多岐に渡り,多くの業績を残されました。平成8年には,これらの業績に対して,北海道医師会賞を受賞されています。教育面でも100人近い麻酔指導医を育てられました。
 学会では多くの会長や理事を歴任され,平成14,15年には日本救急医学会総会と日本集中治療医学会総会を相次いで主催されました。海外での活躍もめざましく,平成2年には,日本人では初めて,Fellow of American College of Critical Care Medicine(FCCM)に選ばれました。また平成4年からはアジア心臓麻酔学会会長を務めておられました。
 最近では,ガン治療推進のためにも尽力されました。札響によるガン治療推進チャリティーコンサートの開催とその収益金の医学研究科への寄付,さらに医学研究科及び北大病院においてガン研究に携わる優秀な若手研究者を育成するHIROKO基金を設立された矢先でした。
 現在,日本は大震災という大きな国難に直面し,私たち医療人,特に麻酔や救急に携わる者は,災害救援や復興の牽引者としての役割が求められております。この分野の日本の先駆者かつリーダーでもあった劒物氏を,まさにこの時に失ったことは,誠に惜しみてもあまりある痛恨の極みであります。
 最後に,これまでのお導きに感謝し,謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
      ■         ■
 とても残念に思っています。
 72歳はまだ若すぎます。
 退職後も麻酔をかけていらしたと、
 他の先生から伺っていました。
 痩せてスマートな先生でした。
 眼鏡の奥の厳しい目が…
 とても優しい目だったのを覚えています。
 心からご冥福をお祈りしています。

投稿者 sapporobiyou : 21:39 | コメント (0)

2011年08月29日

男の子が生まれたら

 昔、釧路労災病院に勤務していた時です。
 E棟(いーとう)一階という病棟でした。
 泌尿器科との混合病棟でした。
 労災病院の宿舎が、
 病院に隣接してありました。
 立派な宿舎で、
 5軒続きの長屋でした。
      ■         ■
 泌尿器科の若い先生の奥様が…
 元泌尿器科の看護婦さんでした。
 その先生から伺ったお話しです。
 あかちゃんのちんちんは…
 おむつを替えるたびに…
 少しずつ引っ張って…
 皮を剥いてあげる
 そうすると…立派になる
      ■         ■
 男の子も、
 幼稚園に入るようになると、
 恥ずかしがります。
 ちんちんにさわれるのは、
 赤ちゃんのうちだけです。
 小さなちいさなちんちんです。
 皮も透けるほど薄いです。
      ■         ■
 赤ちゃんのちんちんは包茎です。
 大人になって…
 粗ちんにならないように…
 泌尿器科の先生の秘密を教えていただきました。
 やってみると…
 意外と難しかったです。
 泌尿器科の先生の奥様は、
 さすが元泌尿器科の看護婦さんです。
 上手でした。
      ■         ■
 人間の皮膚は伸びます。
 最初は難しくても…
 少しずつ引っ張っていると、
 伸びてくるのが皮膚です。
 ティッシューエクスパンダーという方法があるほどです。
 赤ちゃんのちんちんを引っ張るのは、
 おむつ交換の時です。
      ■         ■
 男の子が生まれたら…
 このことをを覚えていてください。
 重度の真性包茎で…
 皮がかぶったままだと…
 成長に影響するようです。
 (エビデンスはありません、経験です)
 赤ちゃんのチンの皮を引っ張って、
 亀頭が見えるようにしてあげてください。
 引っ張り過ぎに注意してください
 少しずつ優しくです

投稿者 sapporobiyou : 15:27 | コメント (0)

2011年08月28日

北海道マラソン2011

 今日は北海道マラソンの日です。
 今日の札幌は快晴です。
 マラソンのある日曜日は、
 診療があるので…
 見に行ったことはありません。
 クリニックのすぐ近くを走ります。
      ■         ■
 私はマラソンが大の苦手です。
 小学校から高校まで、
 マラソン大会の日は、
 定期試験の日より嫌でした。
 病気になって…
 休みたい…と思ってました。
 (休んだことはないと記憶しています)
      ■         ■
 走り出すと…
 必ず…
 お腹が痛くなりました。
 ネットで調べると…
 いろいろな原因が書かれています。
 腸管の血流のため…?
 腸のガスのため…?
 なるほど…
      ■         ■
 マラソンでお腹が痛くなる理由は…
 医学部でも習った覚えはないし…
 医師国家試験にも出ないと思います。
 小学校の時に知っていれば…
 もう少し…
 マラソンが好きになっていたかも…
 お腹が痛くならないようにするには…
 腹筋を鍛えて、
 消化のよいものを食べるのだそうです。
      ■         ■
 私は、
 マラソンを走るのはダメです。
 もっぱら夜のTVニュースで見る方です。
 北海道マラソンのコースは、
 北大構内を走ります。
 私が好きなところです。
 医学部の横も走ります。
      ■         ■
 40km地点が、
 北大構内です。
 イチョウ並木があるところです。
 ふだんは、
 学生さんの自転車や、
 構内循環バスが走っていて、
 一般車両は走ることができません。
 TVでマラソンを見たら、
 北大も見てください。

投稿者 sapporobiyou : 09:33 | コメント (0)

2011年08月27日

弁護士さんへの相談

 小さなクリニックでも、
 困ることはあります。
 島田紳助さんのように…
 毎日、多くの番組に出演して、
 たくさんのことを話していると、
 予期せぬことで、
 予期せぬ人から責められることもあります。
      ■         ■
 これから開業を考えている先生、
 開業し困ったことに遭遇した、
 先生へのアドバイスです。
 ○○医師会顧問弁護士、
 ○○大病院顧問弁護士、
 …という肩書だけで、
 弁護士さんを選ぶのは危険です。
      ■         ■
 医師会の医師賠償責任保険も、
 意外と使いづらい保険です。
 小さなトラブルに、
 こまめに対応してくれるか疑問です。
 実際に困っている先生もいます。
 肩書だけで選んではいけないのは、
 医師も弁護士も同じです。
      ■         ■
 TVで宣伝している弁護士さんも疑問です。
 TV-CMには、
 莫大な費用がかかります。
 CM代分は高いと思います。
 弁護士さん選びは…
 お医者さん選び以上に難しいです。。
      ■         ■
 私は、
 高橋智先生をおすすめします。
 たかはし_さとる先生です。
 先生のおかげで、
 私の人生が変わりました。
 北海道新聞の記事で知った先生です。
 5人目で、
 ようやくめぐりあえた先生です。
      ■         ■
 知り合いの医師にも紹介しています。
 高橋先生は、
 患者さん側の弁護士だから…
 医者側にはついてくれないのでは?
 …と心配する医師もいました。
 いいえ
 高橋智先生は正義の味方です。
      ■         ■
 医療訴訟に詳しい先生です。
 患者側だけではなく、
 医療者側にも強い味方です。
 交通事故にも、
 離婚訴訟にも強い先生です。
 島田紳助さんのようにならないために、
 早くから弁護士さんへ相談することをおすすめします。 

投稿者 sapporobiyou : 21:45 | コメント (0)

2011年08月26日

暴力団関係者と医療

 タレントの島田紳助さんが
 暴力団関係者とのつきあいを理由に
 芸能界を引退されました。
 私は紳助さんのファンです。
 関西の言葉が好きですし、
 彼の発言にも共感することが多いです。
      ■         ■
 私は、今回の引退を、
 とても残念に思っています。
 朝日新聞の記事によると、
 大阪府の橋下徹知事は会見で、
 島田さんに「お疲れさまでした」とメールを送り、
 「ありがとう」と返信があったことを明かした。
 「紳助さんの番組がなければ、
 どう考えたって知事になれるわけない。
 今の僕の状態は紳助さんのおかげ。
 非常に残念でもあり、つらい」と語った。
      ■         ■
 暴力団との関係については、
 「僕は府の暴力団排除の旗振り役。
 暴力団との付き合いに
 『あれくらいいいじゃない』
 と僕の立場では言えない」と話した。
 私も同じです。
 暴力団と付き合うのはよくありません。
      ■         ■
 暴力団の方が、
 患者さんとして来院されたらどうでしょうか?
 私は、
 何人も暴力団の方を治療しました。
 手術もしたことがあります。
 トラブルになったことは一度もありません。
      ■         ■
 医師は法律で、
 暴力団だからという理由で
 治療を断れないことになっています。
 けがをして血を流している人は、
 たとえ暴力団でも患者さんです。
 治療に差別はできません。
      ■         ■
 銃創という、
 2007年4月18日の院長日記に書いてあります。
 私は市立札幌病院で一回、
 札幌医大で一回、
 合計2回銃創を診たことがあります。
 救命救急センターの先生から依頼されて診察しました。
 市立札幌病院では暴力団、
 札幌医大ではロシアのマフィアによる事件でした。
      ■         ■
 病気になった暴力団員や、
 けがをした暴力団員の治療もしました。
 他の患者さんと同じように、
 説明をして、
 手術をしただけです。
 暴力団だからといって…
 特別なことはありません。
      ■         ■
 受刑者の手術という、
 2008年3月26日の日記に書いてあります。
 受刑者だからといって、
 差別はできないのが医療です。
 刺青が入った暴力団員の受刑者は、
 治療に協力的で、
 傷もきれいに治りました。
      ■         ■
 紳助さんが困っていた理由もわかります。
 いろいろな人に相談なさっても、
 なかなか解決できなかったので、
 頼ってはいけない人に、
 相談してしまったのだと思います。
 橋下弁護士に、
 相談していたら…
 解決できていただろうか…?
 …と考えています。
 とにかく引退を残念に思っています。

投稿者 sapporobiyou : 21:35 | コメント (0)

2011年08月25日

ごみ収集日

 今日は私が住んでいる地域の、
 ごみの収集日です。
 正確に言うと…
 有料の燃やせるごみの日です。
 英語ではBurnablesと表記するようです。
 休診日は、
 私がごみ出し係りをしています。
      ■         ■
 マンションの階段を使って、
 ごみを出しに行きます。
 帰りも階段で帰ります。
 ふだんはエレベーターですが、
 休診日は階段を使って、
 ゆっくりと上り下りします。
      ■         ■
 私はごみ当番は嫌いではありません。
 以前、戸建てに住んでいた時は、
 家の前に、
 ごみステーションがありました。
 私はよく掃除をしていました。
 曜日を間違って出す人や、
 指定袋以外を使う人もいました。
      ■         ■
 私はきれい好きなので…
 ごみステーションが汚れていると、
 とても気になります。
 せっせと掃除していました。
 今住んでいるマンションは、
 ごみは管理人さんがしっかり管理してくださり、
 とても清潔なごみステーションです。
      ■         ■
 家やマンションを借りる時、
 ごみステーションを見るようにすすめています。
 しっかりと管理されたマンションは、
 ごみステーションきれいです。
 ゴミの出し方を見ると…
 住んでいる人がわかります。
 マンションの管理状況もわかります。
      ■         ■
 ごみは臭くて…
 ごみは汚い…
 …という人もいますが、
 臭くて汚いものでも、
 誰かが始末する必要があります。
 医師とか看護師は、
 臭くて汚いのが嫌いならできません。
      ■         ■
 消化器外科の先生は、
 うんこをつくる腸の手術をします。
 看護師さんは、
 便の始末もします。
 臭いとか、
 汚いと言っていては、
 仕事になりません。
 ごみ収集をしてくださる方に感謝しています。
 北の国からで、
 純くんが富良野のごみ収集をしていたのを思い出します。

投稿者 sapporobiyou : 20:35 | コメント (0)

2011年08月24日

ラベンダーの剪定2011

 私はラベンダー好きのおじさんです。
 ホームページもラベンダー。
 クリニックに飾ってあるのも、
 自分が育てたラベンダーです。
 香りも…
 花も好きです。
      ■         ■
 以前は、
 札幌市西区の戸建に住んでいました。
 家の周りに、
 花を植えて、
 楽しんでいました。
 近所の人にも好評でした。
      ■         ■
 私の休日の楽しみは、
 草取り、
 花の水やり、
 種まき、
 肥料、
 花畑をいじるのが趣味で、
 園芸店にもよく行きました。
      ■         ■
 高校生の時から、
 NHKの趣味の園芸を見ていました。
 ところが…
 通勤に便利なように…
 2007年春に…
 歩いて通勤できるマンションに引越しました。
 それからも時々は、
 花畑に行っていました。
      ■         ■
 マンション暮らしも4年になり、
 次第に花畑から遠ざかりました。
 今年は、
 久しぶりにラベンダーを収穫し、
 院内に飾ってある、
 ラベンダーを交換しました。
      ■         ■
 花畑の手入れが少なくなり、
 今年のラベンダーは細くなっていました。
 そこで、
 今日はラベンダーの剪定をしました。
 札幌市シルバー人材センターにお願いして、
 75歳のベテランの方にいらしていただきました。
      ■         ■
 朝9:30に作業開始。
 ベテランの男性と
 私と家内の3人です。
 ベテランの方は、
 手つきが上手です。
 私たちは枝を袋に詰める作業です。
 30袋以上ありました。
      ■         ■
 作業終了が午後1時でした。
 3時間半の作業後、
 75歳の男性はさわやかな笑顔
 56歳の私は、
 正直、ぐったりでした。
 3時間半の手術なら大丈夫ですが、
 使わないと体力が落ちました。
      ■         ■
 毎年、広大なラベンダー畑を耕される、
 ファーム富田はすごいです。
 毎日、
 果樹園で作業される、
 さくらんぼさんもすごいです。
 私には、
 果物が入ったコンテナは持てません。
      ■         ■
 ラベンダーは、
 毎年刈り取らなければ、
 枝が密集してしまって枯れます。
 ファーム富田では、
 昨年秋の長雨で枯れたそうです。
 これからは、
 体力に合わせて、
 無理のない範囲で趣味を楽しみます。


2006年の頃の私です

投稿者 sapporobiyou : 19:02 | コメント (0)

2011年08月23日

よい一生だった

 最高の人生とは?という、
 2009年1月23日の院長日記に、
 さくらんぼさんから、
 私のよい最高の人生というのは
 亡くなるとき
 私なら、だんなと一緒になれてありがとう。
 幸せだった。
 と言えた時だと思います。
 私には言ってくれるかなあ〜。
 先生は言えますか?
 奥様は本間先生と一緒に過ごせて
 よい一生だった。ありがとう。
 と言えますか。
 …とコメントをいただきました。
      ■         ■
 私は結婚して30年が過ぎ、
 何度も離婚の危機がありました。
 これからも…
 ひょっとすると…
 離婚の危機があるかも?です。
 人生いつ何があるかわかりません。
      ■         ■
 30年前は若かった奥さんも、
 いろいろお手入れが必要な年齢となり、
 私がお直しすることもあり、
 私の友人の先生にも…
 お世話になっています。
 私自身も、
 眼瞼下垂症の手術をしていただきました
      ■         ■
 私が竹脇無我さんのように…
 急に病気になって意識があれば、
 奥さんに、
 いろいろあったけど…
 ありがとう
 よい人生だった
 …と言うと思います。
      ■         ■
 奥さんは、
 どうでしょうか?
 あなたといっしょになって…
 いろいろあって…
 大変だった
 とは言うと思いますが…
 ありがとうは言うかなぁ~?
      ■         ■
 私が素晴らしいご夫婦だったと思うのは、
 麻酔科の劒物持(けんもつ)修先生と、
 奥様の故_弘子さまです。
 ガン治療推進チャリティーコンサート
 出会って63年、
 結婚して45年。
 こんなに長い間付き合えたのは、
 僕たちの誇り
 …という先生のお言葉はすばらしいです。
      ■         ■
 毎日、
 次々といろいろなことがあります。
 自分の力だけでは、
 どうにもできないこともあります。
 癌はこわいです。
 人生、いつ何があるかわかりません。
 死ぬ時に、
 よい一生だった
 …と言えるように生きているつもりです。

投稿者 sapporobiyou : 19:29 | コメント (0)

2011年08月22日

困った時の相談2011

 困った時の相談相手という日記を、
 2009年11月13日に書いています。
 人生の中で、
 困ったな
 どうしよう
 という時期が必ずあります。
 そういう時に、
 誰に相談して、
 どう対処するか…で、
 その人のその後の人生が変わります。
      ■         ■
 病気になった時に、
 信頼できる先生を見つけて…
 よい治療を受けるのと同じです。
 簡単に書いてありますが、
 病気になった時に、
 信頼できる
 腕の良い先生を見つけるのは難しいです。
      ■         ■
 私でしたら…
 形成外科や美容外科の先生を見つけるのは…
 比較的容易です。
 30年も同じことをしていると、
 日本全国津々浦々に知り合いの先生がいます。
 問題なのは…
 自分の専門外の病気です。
      ■         ■
 医師でも…
 良い先生を見つけるのは、
 難しいです。
 どうやって見つけるか…?
 良い先生を知っている、
 自分の親しい先生に聞きます。
 学会などを通じて、
 良い先生ネットワークがあります。
      ■         ■
 自分ひとりでできることは限られていますが、
 困った時に相談できる先生が、
 何人かいると…
 きっと良い先生に会えます。
 困った時は神頼みではなく…
 自分の力で調べます。
 諦めないことです。
 私でできることでしたら、
 力になりたいと思っています。

投稿者 sapporobiyou : 19:37 | コメント (0)

2011年08月21日

神様は不公平

 こんなことを書くと…
 罰(ばち)があたるかもしれません
 でも…
 神様は不公平です。
 努力して勉強すれば、
 難関の国立大学でも合格できます。
 がんばって働いて…
 社長になることもできます。
 でも自分の努力だけでは…
 どうにもできないことがあります。
      ■         ■
 天は二物を与えず
 (てんはにぶつをあたえず)
 …という言葉があります。
 現実には、
 現役で国立大学に合格できる学力があり、
 しかも…
 ミス○○になるような美人がいます。
 最近は、
 国立大学医学部にも、
 美人女子学生が増えました。
      ■         ■
 どう考えても…
 神様は不公平だなぁ~と思うことがあります。
 生まれつき、
 重いまぶたで…
 半分しか開いていない目。
 親からの遺伝で、
 わきの汗が多くて…
 いつもべとべとしている。
 夏には臭いも気になります。
      ■         ■
 整形しちゃえばいいじゃん!
 …と考える人もいます。
 ところが…
 真面目な人ほど悩みます。
 整形がバレたら…?①
 整形がバレたら…?②
 …という2010年7月6日と7日の日記に書いてあります。
      ■         ■
 もし整形バレそうになったら…
 最後までしらをきることです。
 私、整形したの…
 …なんて言う必要はありません。
 子どもが私と同じ目だったら…
 というのは杞憂(きゆう)です。
 子どもも治せばいいのです。
 親子2代で受診してくださる方は…
 たくさんいらっしゃいます。
 親子3代のご家庭もあります。
      ■         ■
 最近はTVやネットのおかげで、
 たくさんの情報が手に入ります。
 たくさんありすぎて、
 どの情報が正しいのかわからなくなります。
 神様が不公平だったところは、
 自分で調べて…
 良い先生に治してもらうことです。
 治してもらったことを言わなくても、
 罰はあたりません
 ♡しあわせ♡になれば…
 神さまもよろこんでくれます。

投稿者 sapporobiyou : 17:42 | コメント (0)

2011年08月20日

にせ医師と結婚詐欺

 米田きよしと名乗っていた、
 42歳の米田吉誉(よねた・よしたか)容疑者は、
 札幌で逮捕されました
 札幌市民として、
 残念に思います。
      ■         ■
 昔は、
 パイロットだと言って、
 結婚詐欺もしていたようです。
 医師とか、
 パイロットは、
 女性に人気がある職業なのでしょうか?
      ■         ■
 私は、
 医師の奥さんも、
 パイロットの奥さんも知っています。
 医師には当直があり、
 パイロットにはステイがあります。
 どちらも家にいないことが多い職種です。
      ■         ■
 医師もパイロットも神経を使う仕事です。
 家で奥さんが話しかけても…
 疲れて居眠りしているかも?です。
 医師は家でも勉強します。
 奥さんと…
 ゆっくりテレビを見る先生は、
 少ないと思います。
      ■         ■
 私と同年代のパイロットは、
 JALの経営破綻(はたん)にあったり、
 他の会社でも…
 昔の好待遇は、
 夢物語と言う人もいます。
 航空会社の経営も大変です。
      ■         ■
 医師も、
 過労死する先生もいれば、
 疲弊して辞める先生もいます。
 医師になって30年になりますが、
 楽な職種ではありません。
 お医者さんの奥さん2010という、
 2010年10月22日の院長日記に書いてあります。
      ■         ■
 パイロットの奥さんも、
 医師の奥さんも楽ではありません。
 孤独に強く
 忍耐強く
 一人で家事も育児もできて
 淋しがらない人でなければ、
 なかなか務まらないと思います。
 結婚詐欺にだまされないでください。
 理想と現実も違います。

投稿者 sapporobiyou : 19:20 | コメント (0)

2011年08月19日

にせ医師逮捕

 平成23年8月19日、朝日新聞の記事です。
 医師を装った疑い_被災地で活動の男を逮捕
 東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県石巻市で医師として活動していた男が日本の医師資格を持っていなかった問題で、宮城県警は19日未明、住所不定、米田吉誉(よねた・よしたか)容疑者(42)を医師法違反(医師名称使用)の疑いで逮捕し、発表した。調べに対し「自分は医師だ」と容疑を否認しているという。
 県警によると、米田容疑者は6月下旬、石巻市社会福祉協議会の職員から医師資格があることの証明を求められた際、「医師国家資格認定証」などと記載されたカードの写しを渡すなどし、医師でないのに医師の名称を用いた疑いがある。
 米田容疑者は「米田きよし」と名乗り、震災後、遅くとも4月から同市内で、けがをしたり体調を崩したりしたボランティアを対象に傷の手当てや投薬をしていた。
 県警は18日、米田容疑者が活動に使っていたキャンピングカーを捜索し、キャンピングカーとともに薬品や書類、パソコンなど80点以上を押収。医師法違反の容疑が強まったとして、19日未明、札幌市内の知人宅にいた米田容疑者を逮捕した。米田容疑者は「逮捕事実は分かったけれど、否認する」と話しているという。
 県警は、資格を持たずに医療行為をする医師法違反(無資格医業)の容疑でも捜査を進めるとしている。また、米田容疑者が代表を務める団体が、被災地支援のためにNPO法人やボランティア団体などに支給される日本財団の助成金100万円を6月末に受け取っていることから、その経緯についても調べる方針という。
       ■         ■
 米田容疑者は19日午前、捜査員とともに北海道・新千歳空港から定期便に乗り、同日正午ごろ仙台空港に到着した。
       ■         ■
 〈医師法違反の罰則〉医師法では、医師ではないのに医師を名乗ったり紛らわしい名称を使ったりした場合には「50万円以下の罰金」、無資格で医療行為をした場合には「3年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金」と定めている。
      ■         ■
 この男性、
 8月10日の朝日新聞朝刊の『ひと』の欄で、
 被災地で、
 ボランティア活動をしている、
 医師として紹介されていました。
 私もその記事を読みました。
      ■         ■
 立派な先生もいるもんだ…
 …というのが印象でした。
 昨夜のTVに、
 逮捕される前の姿が出ていました。
 医師国家資格認定証は、
 韓国で5万円で作ってもらった。
 …と話していました。
      ■         ■
 悪いことをしているという認識はあったようで、
 TVでは、
 信号無視をしている
 いゃ、黄色信号無視をしている
 というようなことを話していました。
 にせ医師と信号無視は、
 比較にならないと思います。
      ■         ■
 単なる目立ちたがり屋なのか…
 医師になりたかったけれど…
 なれなかった男なのか…
 何を考えているかわかりません。
 海外で医師免許を取得したのに、
 英語が話せないのはお粗末です。
      ■         ■
 傷の手当だって、
 破傷風になる危険性もあります。
 被災地で、
 先生を頼って来た人を、
 だますなんて許せません。
 血圧を測って、
 その時に病気を見逃す危険性もあります。
 にせ医師の罰則が、
 100万円以下の罰金では甘いと思います。

投稿者 sapporobiyou : 18:14 | コメント (0)

2011年08月18日

私の夏休み2011

 札幌美容形成外科は昨日から夏休みです。
 私の休みは3日間です。
 今年は、
 支笏湖へ行ってきました。
 札幌から車で一時間の湖です。
 キャンプ場もあります。
      ■         ■
 医者になって一年目の夏に、
 北大病院の病棟の看護師さんと
 看護師さんのご主人に先導されて、
 支笏湖へキャンプへ行きました。
 形成外科と皮膚科の、
 若手医師が参加しました。
      ■         ■
 朝方、
 湖から、
 大きなトンボのヤゴが上がってきて、
 成虫になった、
 劇的な瞬間を見た記憶があります。
 自分の子供が小さい頃に、
 出かけた記憶があります。
      ■         ■
 今年は、
 奥さんと温泉に行きました。
 新しくできた立派なホテルではなく、
 以前からある、
 お料理が美味しいところです。
 5室しかないホテルですが、
 とてものんびりできました。
      ■         ■
 お天気は雨の予報でしたが、
 直前になって曇りになり、
 実際に行ってみると…
 晴れていました。
 今年はいいことがないので、
 お天気が回復してくれてよかったです。
 さくらんぼさんも、
 蔵王温泉に行かれたと伺いました。
 元気を取り戻してまた働きましょう。

投稿者 sapporobiyou : 18:29 | コメント (0)

2011年08月17日

釧路労災病院手術室

 私が釧路労災病院に勤務したのは、
 医師になって2年目の秋と、
 形成外科認定医(現在の専門医)を取得した直後の、
 昭和61年(1986年)の2回でした。
 2回目は私が31歳の頃です。
 当時は、
 卒後6年目で、
 釧路労災病院形成外科のトップでした。
      ■         ■
 認定医を取得しても、
 正直なところ…
 不安がいっぱいでした。
 頼りにしていたのは、
 北大から応援に来てくださる先輩でした。
 吉田哲憲先生、
 杉原平樹先生に、
 何でも相談していました。
      ■         ■
 私が赴任した当時の、
 釧路労災病院は、
 全国の労災病院でトップの、
 黒字病院でした。
 設備も、日本でトップクラスでした。
 院長が新田一雄先生でした。
 すばらしい院長先生でした。
      ■         ■
 釧路労災病院手術室は立派でした。
 清水婦長さんという、
 とても優しい婦長さんが、
 手術室の看護婦長でした。
 手術室の看護師さんは、
 とても優秀でした。
 事故もありませんでした。
      ■         ■
 私が勤務した病院の中で、
 釧路労災病院手術室は、
 看護師の平均年齢が一番若く、
 一番早く一人前になっていました。
 とにかく急患が次々とやって来ました。
 もたもたしていると…
 患者さんは死んでしまいます。
      ■         ■
 夜間でも、
 休日でも、
 当番の看護師は必死でした。
 卒業して半年もすると、
 もう一人前に器械出し(きかいだし)ができました。
 形成外科だけではなく、
 脳神経外科も、
 整形外科もこなしていました。
      ■         ■
 若いからできた…?
 必死で…
 身体で覚えたのだと思います。
 北海道の外科系医師で、
 釧路労災病院で鍛えられた先生は、
 たくさんいらっしゃいます。
 私が信頼して、
 今でもお願いする先生も多いです。
      ■         ■
 私は、
 30代前半の時期に、
 釧路労災病院に勤務できたことを、
 今でもよかったと感謝しています。
 私が25年前に治療した、
 1歳のお嬢さんも、
 きっと優秀な看護師さんだと思います。
 いつかお会いしてみたいです。

投稿者 sapporobiyou : 11:34 | コメント (0)

2011年08月16日

嬉しいこと

 私の院長日記は、
 札幌美容形成外科HPの他、
 美容の杜(もり)というHP
 Amebroにも掲載しています。
 ネット検索では、
 美容の杜がヒットすることが多いです。
      ■         ■
 先日、
 美容の杜に、
 次のようなコメントをいただきました。
 25年前、釧路で先生には大変お世話になりました。
 私は1歳だったので覚えていませんが、
 父と母はいまでも先生に大変感謝しています。
 ブログやられているんですね♪
 お元気そうで何よりです。
 大人になり、
 看護師になり、
 労災病院の手術室で4年間働き、
 今は札幌にいます。
      ■         ■
 25年前のことです。
 目が大きくて、
 かわいい女の子でした。
 よく覚えています。
 自分の子どもと同じ年齢でした。
 なんとか…
 傷を残さないようにと…
 悩んで治療しました。
 今でも傷が目立っていないか心配です。
      ■         ■
 お嬢さんも…
 お母さんに似て…
 さぞ、美人に成長されていると思います。
 看護師さんになって…
 釧路労災病院の手術室に…
 4年間も勤務して…
 立派な看護師さんですね。
 釧路労災病院手術室で鍛えられたら…
 どこの病院でも働けます。
      ■         ■
 私の患者さんには、
 看護師さんになって、
 立派に働いている人が…
 他にも何人かいらっしゃいます。
 同じ医療人になられて、
 とても嬉しく思います
 医者冥利(みょうり)につきます
      ■         ■
 院長日記を毎日書くことは大変です。
 それでも続けているのは、
 私が死んだ後も残ること。
 思いもかけず…
 嬉しいことがあるからです。
 山形のさくらんぼさんにも、
 応援していただきました。
 手術をがんばっていただきたいと、
 札幌から応援しています。

投稿者 sapporobiyou : 19:07 | コメント (0)

2011年08月15日

私の傷です

 大竹先生のおかげで、
 すっかり快適になった私の目。
 傷が無いように見えますが…
 傷はあります。
 どんな名医が手術をしても…
 傷は残ります
      ■         ■
 患者さんへ説明する時…
 傷が落ち着くまで
 半年くらいかかります
 …と説明しています。
 えぇ~っ?
 半年もかかるんですかぁ~?
 必ず驚かれます。
      ■         ■
 この、
 傷が落ち着くまで半年
 身をもって体験しました。
 私はおっさんなので…
 おしぼりで顔を拭くのが好きです。
 特に今日のように暑い日に…
 冷たいおしぼりは気持ちがいいです。
      ■         ■
 目の手術を受けた後は、
 このおしぼりで顔を拭くことができませんでした。
 せいぜい…
 おしぼりで顔をおさえる程度でした。
 シャンプーの後も、
 手で目をぬぐえませんでした
 触ると違和感もありました。
      ■         ■
 せっかく大竹先生に作っていただいた目を、
 壊しては大変です
 手術後に一番大切なのは、
 傷に力を加えないことです。
 女性でしたら…
 お化粧、
 マスカラ、
 付まつげがよくありません。
      ■         ■
 私の傷は…
 一見、無いように見えますが…
 お酒を飲むと…
 傷の部分だけ赤くなります。
 奥さんが不思議そうに…
 『無いように見えても…』
 『傷のところは赤くなるのね』
 …と言います。
      ■         ■
 今でも、
 おしぼりで顔を拭く時は、
 以前より優しく拭いています。
 せっかくよくなった目を、
 大事にしたいからです。


手術前です



8ヵ月後です

投稿者 sapporobiyou : 20:43 | コメント (0)

2011年08月14日

同業者の手術

 私は2010年12月1日に、
 聖路加国際病院形成外科で、
 眼瞼下垂症の手術をしていただきました。
 私の主治医は、
 大竹尚之先生です。
 北里大学名誉教授の
 塩谷信幸先生
 美容外科の真実という本の194ページに
 次のように書かれています。
 大竹助教授は生まれついての美容外科医である。
 学生時代から形成外科を志望し、
 入局してまもなくほとんどの手術を安心してまかせられるようになった。
 すばらしい先生です。
      ■         ■
 私が手術を受けたことを知った、
 ある先生が言ってました…
 (本間)先生の手術をするのは…
 大変だったろうなぁ…
 僕だったら…
 緊張してできないですょ
      ■         ■
 ベテランの大竹先生は、
 笑顔で手術をしてくださいました。
 手術結果も大満足です。
 とても快適になりました。
 大竹先生クラスになると、
 偉い方の手術もたくさんなさっていると思います。
 同業の先生患者になることも、
 少なくないと思います。
      ■         ■
 私が一泊入院させていただいた、
 聖路加国際病院。
 とても立派な病院でした。
 入院当日(手術日)に、
 私の担当になっていただいた看護師さんは、
 ベテランの看護師さんでした。
 すばらしいの一言でした。
      ■         ■
 私のように…
 同じ形成外科医で、
 神経質そうなおじさんの受持ちナースには、
 正直、だれもなりたくないと思います。
 手術のオリエンテーションと言ったって…
 相手は手術をしている医師です。
 やりにくそうです。
      ■         ■
 私は担当看護師さんと
 楽しくお話ししました
 聖路加の看護師さんが、
 形成外科看護の教科書を執筆していること。
 形成外科関係の、
 看護の教科書が少ないことなどを、
 お話ししました。
 手術の後も、
 とても快適でした。
      ■         ■
 私はいつも札幌美容形成外科の職員に話しています。
 同業者から見られても、
 恥ずかしくないように…
 しっかりと整理整頓をして…
 同業者の目線で見て…
 安心していただけるようにしよう。
 同業者の手術は大変そうですが、
 とても名誉なことです。
      ■         ■
 飛行機でも、
 鉄道でも、
 飲食でも、
 同業者から、
 あそこは大丈夫だ、
 …と言われるところは安心です。
 同業者から選ばれ続けるように…
 これからも努力していきます。
 私の術後経過です。


手術前です


デザインです


24時間後です


48時間後です


7日後です


4週間後です


8ヵ月後(今日)です

私を治していただきありがとうございました。

投稿者 sapporobiyou : 16:53 | コメント (0)

2011年08月13日

医療関係のお客様

 昨日の院長日記、
 ゴールド医師免許に、
 函館の看護師さんからコメントをいただきました。
 ナースだったといえば、
 説明もおろそか、
 省略などなど難しいです…
 そうですね、
 言わなくてもわかっている…
 先生が思い込んでしまうこともありますね。
      ■         ■
 札幌美容形成外科を開業して7年になります。
 当院のお客様には、
 医療関係者が多いです。
 看護師さんは、
 職業欄に会社員と書かれる人もいます。
 でも…
 話しているとわかります。
      ■         ■
 看護師さんの他、医師、歯科医師、獣医師、薬剤師、保健師、助産師、臨床検査技師、診療放射線技師、理学療法士、作業療法士、視能訓練士 、臨床工学技士 、言語聴覚士 、管理栄養士 、歯科衛生士、介護福祉士、精神保健福祉士、あん摩マッサージ指圧師、救急救命士など、
 書き出してみて、
 私自身が驚くほど…
 たくさんの医療関係者に受診していただいています。
 (ここに書かなかった職種の医療関係者がいらしたらごめんなさい)。
      ■         ■
 私は、
 同業の方に選んでいただけるのは…
 とても名誉なことと喜んでいます。
 総合病院の形成外科に勤務していた時より、
 医療関係者の比率が高いと思います。
 HPをよく読んでくださり、
 治療内容についての理解も深いです。
      ■         ■
 私は、
 同業のお客様には、
 できるだけ丁寧に説明しています。
 時には専門用語を交えて、
 論文のコピー(英文)を差し上げることもあります。
 私たちの結果は目に見えます
 結果を評価してくださるのは、
 お客様ご自身です。
 たくさんの医療関係者にいらしていただき、
 とても嬉しく思っています。

投稿者 sapporobiyou : 19:21 | コメント (0)

2011年08月12日

ゴールド医師免許

 医師免許証には、
 更新はありません。
 教習もありません。
 もちろん…
 視力検査もありません。
 一度取得すると…
 死ぬまで有効です。
      ■         ■
 車の運転が…
 人によって違うように…
 医師免許を取得した先生にも…
 いろいろな人がいます。
 一般道を…
 120kmで飛ばすような…
 無謀な手術をする人もいます。
      ■         ■
 医学教育と運転教習という…
 2008年9月8日の院長日記に書いています。
 医師免許取得は、
 仮免許で、
 ようやく運転ができるようになったところ。
 教官席に座って、
 教習生と運命をともにして、
 いつも非常ブレーキを踏めるように…
 踏ん張っているのが、
 指導医です。
      ■         ■
 はっきり言って…
 指導医は疲れます
 自分で運転すれば、
 5分で行ける道を、
 助手席に座って…
 免許取り立ての人に運転させ、
 事故を起こさないように…
 車をぶつけないように注意しています。
      ■         ■
 指導医は、
 30台~40台の中堅医師がなることが多いです。
 私のように…
 50台後半の医師は、
 中堅医師のアドバイザー的役割をします。
 ベテランで慎重な人もいれば、
 歳だけとっていて雑な人もいます。
      ■         ■
 ゴールド医師免許なんて制度はありません。
 一般の人が医師を見分けるのは…
 難しいことです。
 経歴でもわかりません。
 私たちですら、
 自分の専門以外で
 ゴールド免許の先生を見つけるのに苦労します。
 信じてはいけないクリニックもあります。
 私は自分の医師免許をゴールドに保つため、
 毎日、常に気をつけて診療をしています。


私の医師免許証【白黒】です

投稿者 sapporobiyou : 20:04 | コメント (1)

2011年08月11日

ゴールド免許

 私の運転免許証はゴールドです。
 私の運転は慎重です。
 他の人に割り込まれても
 怒ったりしません。
 車間距離をあけて…
 衝突しないようにします。
      ■         ■
 奥さんから、
 あなたはすぐに怒るのに…
 不思議と運転中は怒らないわねぇ~
 …と言われることがあります。
 怒っても…
 しょうがなぃっしょ!
 北海道弁で仕方がないでしょ
      ■         ■
 奥さんが不思議がります。
 確かに私はいろいろなことに怒ります!
 正義感が強いと言えば聞こえはいいですが、
 ただの怒りんぼのところもあります。
 ばか正直で損をすることもあります。
 でも運転中はまず怒りません。
      ■         ■
 いつから慎重だったかわかりませんが、
 もともと臆病なところがありました。
 悲惨な事故をたくさん見たので、
 自分では事故を起こさないようにしよう!
 事故に巻き込まれないようにしよう!
 …という気持ちが強いのだと思います。
      ■         ■
 医療事故を防ぐには①
 という2010年9月3日の院長日記に書きました。
 医療は車の運転と同じです
 どんなに慎重に運転しても…
 事故を起こす危険性はあります。
 事故に巻き込まれることもあります。
      ■         ■
 私は、
 自分はゴールド免許だから、
 事故は起こさないとは、
 一度も考えたことはありません
 医療でも、
 車の運転でも、
 常に安全確認を最優先しています。


ゴールド免許です

投稿者 sapporobiyou : 21:38 | コメント (0)

2011年08月10日

出血確認

 私が札幌美容形成外科を開業してから、
 はじめた決まりです。
 手術が終わったら…
 すぐに帰宅していただくのではなく…
 必ず休んでいただきます。
 出血がない、
 痛みはおさまっている、
 確認してから、
 帰宅していただいています。
      ■         ■
 チェーン店の美容外科
 手術が終わったら…
 速攻で帰された…
 …という話しを聞くことがあります。
 全身麻酔の手術後は、
 さすがに醒めるまでは病院ですが、
 局所麻酔の手術ではすぐに帰るところが多いです。
      ■         ■
 大きな病院の形成外科で行う、
 通院の手術を、
 業界では…
 外来手術(がいらいしゅじゅつ)と言います。
 外来OP(がいらいおぺ)とも言います。
 私も長い間、
 大きな病院で外来OPをしていました。
      ■         ■
 患者さんは、
 外来で受付をして、
 外来の看護師さんが、
 中央手術室まで連れてきてくれます。
 手術室では、
 手術室の看護師さんが引き継ぎます。
 先生は手術室で待っています。
      ■         ■
 手術が終了すると…
 外来の看護師さんが迎えに来てくれて…
 簡単な指示を聞いて…
 処方箋と会計伝票をもらって…
 お金を払って…
 お薬をもらったらおしまいです。
 先生は次の外来日まで診ません。
      ■         ■
 この院長日記を読んでくださっている、
 形成外科の先生への助言です。
 陥没乳頭の手術や
 腋臭症手術のように…
 術後出血が問題になる手術では、
 術後に患者さんに休んでいただき…
 術者自身が確認することをおすすめします。
      ■         ■
 その時に確認するのは、
 もちろん出血の有無も大切ですが、
 一番のポイントは…
 Flapのです。
 一般の方にわかりやすく言うと…
 術後の血流が良いか?
 手術は問題ないかを診ていただくことです。
      ■         ■
 美容外科を開業してからは、
 小陰唇縮小手術、
 包茎手術でも…
 必ず出血確認をしています。
 逆に言うと…
 手術が終わって…
 速攻で帰される病院危険です。
 気をつけてください。
 安全な手術には確認が必要です。

投稿者 sapporobiyou : 17:42 | コメント (0)

2011年08月09日

たばこと傷の治り

 陥没乳首の手術で…
 乳頭が壊死(えし)になってしまったら…
 手術が下手だったからだ!
 けしからん!
 訴えてやる!
 …と怒ると思います。
      ■         ■
 ちょっと待ってください。
 私が手術をしても…
 名人が手術をしても…
 壊死(えし)なるリスクがあります。
 一番悪いのは…
 たばこです。
      ■         ■
 タバコは吸わないでという、
 2006年11月4日の院長日記。
 残念なことという、
 2006年12月11日の院長日記。
 他にもたくさん書いています。
 PCでしたらHPの右上、
 携帯でしたら下にある、
 検索機能を使って、
 【たばこ】と入力してください。
 たくさんのページがヒットします。
      ■         ■
 陥没乳首の手術、
 わきが手術、
 切断指の再接着手術、
 【たばこ】が悪さをします。
 もともと、
 血流がとても悪い条件で手術をします。
 たばこで、
 微小循環(びしょうじゅんかん)という、
 血の流れが悪くなります。
      ■         ■
 ぎりぎりのところで流れている血が、
 たばこで流れなくなり、
 乳首が酸欠(さんけつ)になります。
 そうすると…
 乳頭が壊死(えし)ということになります。
 医療訴訟を起こしても…
 無くなった乳首は戻りません。
      ■         ■
 私は中学生から
 先生に絶対見つからないで
 タバコを吸っていた
 1本や2本、
 いや5本や10本くらい吸ったってわからないょ
 タバコでキズが治らないなんて信じられない
 …と吸ってしまう方がいます。
      ■         ■
 論より証拠、
 米国の論文には、
 たばこで傷が治らないという、
 evidence(エビデンス)=証拠があります。
 きれいに治したかったら、
 タバコは吸わないでください

投稿者 sapporobiyou : 19:10 | コメント (0)

2011年08月08日

陥没乳頭のトラブル症例

 平成23年7月16日(土)の、
 第111回日本美容外科学会で、
 国際医療福祉大学三田病院形成外科の、
 酒井成身先生が、
 「乳頭・乳輪の美容形成のピットホール」という、
 発表をしてくださいました。
 酒井先生は、
 私が行っている、
 陥没乳頭手術の考案者です。
      ■         ■
 酒井先生のご発表の中に、
 陥没乳頭手術の後で、
 乳頭が壊死になってしまった…
 とてもお気の毒な症例がありました。
 形成外科専門医がした手術でも…
 壊死になった人がいるようです。
      ■         ■
 ある大学の形成外科教授は、
 トラブルが多いので
 医局員に陥没乳頭手術をすることを
 禁止したそうです。
 それだけ難しい手術です。
 酒井先生は、
 壊死になってなくなってしまった乳首を、 
 みごとに治していらっしゃいました
 神業(かみわざ)です。
      ■         ■
 酒井先生の発表抄録です。
 陥没乳頭は手術してもなかなか治りにくく再陥没することが多いとされている。しかも引き上げて乳頭の頚部を無理に締め付けて治そうとすると乳頭が壊死に陥り重大な合併症となる。乳管周囲を十分に剥離して修正する酒井法は授乳も可能で有用な方法で演者は陥没乳頭を500例以上行っているが、他院失敗例を除いてほぼ全例をうまく修正している。
      ■         ■
 私が手術をしても、
 手術後にうつ伏せ寝で圧迫してしまう、
 傷が安定する前に下着で圧迫してしまう、
 手術後にたばこを吸うなどの原因で、
 トラブルになることがあります。
 手術後にマッサージが必要なこともあります。
 陥没乳首の手術は難しいですが、
 しっかり治してケアーすると治ります。
 陥没乳頭で困っている方には、
 酒井成身先生をおすすめします。

投稿者 sapporobiyou : 20:22 | コメント (0)

2011年08月07日

乳頭肥大

 独身で…
 妊娠したこともないのに…
 乳首が異常に大きくなってしまう…
 とてもお気の毒女性がいらっしゃいます。
 まれですが…
 男性にも乳首が大きくなる人がいます。
      ■         ■
 女性の場合は…
 温泉に行けません。
 になんか…
 絶対に見せられません
 自分で見るのもいやです。
 どうして私だけ…?
 …と一人悩みます。
      ■         ■
 男性では、
 重度のアトピー性皮膚炎で…
 乳首が肥大した人がいました。
 アトピーの治療だけでは、
 残念なことに治りませんでした。
 夏にTシャツを着れません
 薄いシャツだと目立ちます。
      ■         ■
 手術で治したいけれど…
 妊娠・出産を考える女性には、
 おっぱいが出なくなるのでは…?
 …という不安もあります。
 あまり体験談も聞けません。
 一人で悩む人がたくさんいます。
      ■         ■
 乳頭肥大の手術は、
 難易度が高い手術です。
 なんちゃって美容外科医がして…
 失敗すると…
 乳首が壊死になって…
 なくなっちゃうこともあります。
 肥大が治らないこともあります。
      ■         ■
 札幌美容形成外科の乳頭縮小手術は、
 乳管を温存する手術です。
 おっぱいも出ます。
 下着にすれて、
 乳首の先が赤くなっている人もいます。
 残念なことに保険は効きませんが…
 手術で改善することができます。
 マンガページも読んでください。

肥大した乳頭

乳頭肥大の症状

手術前・後

乳管が残るのでおっぱいは出ます

投稿者 sapporobiyou : 16:12 | コメント (0)

2011年08月06日

結婚30周年

 恥ずかしながら…
 結婚して30年になりました。
 結婚記念日は7月だったので…
 今は31年目に入ったところです。
 ダイヤモンドの指輪もないし…
 プレゼントもありません。
 スーパーの安いワインで乾杯でした。
      ■         ■
 息子が…
 結婚記念日に…
 ビールグラスを買ってくれて…
 昨夜も…
 奥さんが…
 暑いからビールと飲んで…
 私は残りをいただきました。
      ■         ■
 私はお酒に弱いですが、
 奥さんは私より強いです。
 何度も離婚の危機がありましたが…
 何とか離婚せずにやって来られました。
 お互いの忍耐
 悪いところは見ないふり
 日々の努力の結果です。
      ■         ■
 まぁ、
 夕食の残り物でも、
 変わりばえしなくても、
 毎日、弁当を作ってくれるし…
 奥さんには感謝しています。
 これが結婚30年目の現実です。
 元気なだけ幸せです。
      ■         ■
 お医者さんの奥さんは幸せと思うのは、
 錯覚です。
 とても素敵で、
 美しくて
 上品な奥様でも…
 『夫は私の顔なんか見てません』
 …と言われる方はたくさんいらっしゃいます。
      ■         ■
 私はよく職員に言っています。
 『今日もきれいだね』
 とか…
 『その髪型似合っているよ
 …なんて毎日言う夫は、
 よほど悪いことをしているか、
 何かうしろめたいことをしている男です。
      ■         ■
 毎日くたくたになるまで働いている夫は、
 申し訳ないけれど…
 奥さんの顔を見る余裕はありません。
 私も…
 患者さんの顔はよく見ますが…
 奥さんの顔は見ません。
      ■         ■
 30年も経つと…
 どんなにかわいい女性も変わります。
 私たち美容外科医の仕事は、
 少しでもきれいを維持することです。
 忙しい旦那さんは見てくれなくても…
 鏡を見てうれしいを感じていただけるように…
 日々、がんばっています


30年前です
 

投稿者 sapporobiyou : 20:57 | コメント (0)

2011年08月05日

オハヨー!ほっかいどう

 札幌テレビ放送という…
 テレビ局があります。
 STV(えす・てぃ・びー)と言います。
 札幌圏では、
 アナログ時代に⑤チャンネルでした。
 本社は、
 私が勤務していた時代の、
 市立札幌病院のお隣で、
 今はヤマダ電機のお隣です。
      ■         ■
 ラジオ部門が、
 株式会社STVラジオです。
 2005年10月1日に、
 札幌テレビ放送株式会社からわかれました。
 今でも、
 札幌テレビ放送株式会社が
 100%出資しています。
      ■         ■
 昨日ご紹介した、
 故_濱本淳二先生は、
 STVラジオの…
 巻山晃(まきやま あきら)の
 オハヨー!ほっかいどう
 17年半も
 毎週水曜日8:30頃に出演されていました。
      ■         ■
 私は仕事で出席できませんでしたが、
 2年前の濱本先生の告別式は、
 巻山晃(まきやま あきら)さんが、
 司会をなさってくださったと伺いました。
 私は…
 巻山(まきやま)さんのファンです。
 昔、よく聴いていました。
      ■         ■
 まきやまさんは、
 情熱的に語ります。
 私の記憶では、
 新人アナの面接をした話しも…
 なさっていらっしゃいました。
 もう一度、
 STVで濱本淳二先生の声を聴いてみたいです。
 来週、オハヨー!ほっかいどうを聴いてみます。

投稿者 sapporobiyou : 20:19 | コメント (0)

2011年08月04日

浜本淳二先生三回忌

 2009年8月9日の院長日記、
 濱本淳二先生を偲ぶでご紹介した、
 元北大形成外科助教授の濱本淳二先生3回忌に、
 奥様とご長男からお手紙が届きました。
 先生の遺言のエッセイが、
 原稿用紙に印刷されていました。
 みなさまにご紹介いたします。
      ■         ■
 故浜本淳二の三回忌にあたりごあいさつ申し上げます
 早いもので逝去の平成21年8月7日より数えて2年になります。皆さまには温かいお心づかいをいただき、感謝に堪えません。
 遺族を代表し、この場を借りて御礼申し上げます。
 同封した小文は浜本淳二の最後のエッセーです。大好きだった京都・広隆寺と弥勒菩薩の思い出をつづった作品で、本人は生前「今まで書いてきた集大成、遺言のようなものだ」と言っておりました。皆さまに読んでいただければ幸いです。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
 平成23年7月30日
 喪主・浜本倫子
 施主・浜本道夫
      ■         ■
 『広  隆  寺』
 浜本 淳二
 父は生まれも育ちも古い京都の家である。卒業後、縁あって北海道に職を得た後、結婚、しばらくして数年間外地の政府で働き、丁度戦後一年の昭和二一年夏に京都に引き揚げてきた。そんな訳で私と二才違いの弟とはしばらく京都の中学校に通ったのである。
 京都は古いが大きな都市ではない。公共交通機関をうまく使い、後は町並みを見物し楽しみながら歩いて行くのが最も効果的だ。こうして私は身に付いた土地勘を利用して土、日には社寺仏閣、名園、名所を訪れ、歴史の生きた資料にも接し学ぶ所も多大であった。
 私は生涯、医師として北海道で働いた。悔いはない。定年退職後は、そこそこの糊口をしのぐ毎日で生活の中心に、大好きな映画鑑賞と京都旅行を据えた。映画は少年時代『満州映画協会(俗称満映)』側の官舎に住んでいた関係で満映で映画はよく見た。
 黒澤明の処女作『姿三四郎』だって昭和十七・八年ころに見た記憶がある。以後数十年、未だに映画大好き人間である、年間二百本映画館で見るのが夢だが、まだ一九八本が最高で実現していない。
 京都旅行は年一回、時に春・秋二回、四~五日から一週間の予定で妻と出かける。旅行中、単独行動になる日が必ずあり、その日はお互い全く一人で自由に行動する。言ってみれば休暇中の休日、楽日である。
 単独行動の日、私は一人で太秦の「広隆寺」を数えきれないくらい訪れている。「広隆寺」と背中合わせの東映時代村に人が大勢集まって喧噪を極め、近くに「仁和寺」、少し行くと「石庭」で人の集まる「龍安寺」がある。
 「龍安寺」「仁和寺」「時代村」には常に人の切れ目がなかった。ところが一転、太秦の「広隆寺」山門をくぐるとにわかに心地よい静寂が全身を包み込む。真言宗のこの寺は一見、小さな町寺の雰囲気と規模と大きさで、参拝者は居ないか、いてもごくわずかである。奥の方に六~七世紀、飛鳥時代の仏像の展示室がある。その中に国宝第一号とされる『弥勒菩薩』が安置されている。
 静かな表情、穏やかな全身像、愛に満ち満ちた二本の腕と十本の指の湾曲、完全という言葉にふさわしい完全無欠なお姿である。私はいくど『菩薩』の前に置かれた腰掛けに座して拝観したことだろう。
 いつのことだったか記憶に定かでないのだが『弥勒菩薩』右肩が呼吸をしているかのようにわずかに上下に動いているのを見た経験がある。一瞬目を疑った。千数百年前作成の木仏が私の眼前で右肩がゆっくりとあたかも呼吸しているように上下する。私の右肺は昭和二五年春、十七才で肺結核のため肋骨七本の切除を受けた側なのだ。まことか幻か改めて目を疑った。三十分以上も仏前の椅子に座っていたから一瞬の仮眠による錯覚だったのだろうか?
  そのとき私は『天啓』を感じた。
 私の家は先祖代々浄土宗の仏教徒一族である。残念ながら時代に流され汚濁にまみれた現代の宗教に私の関心はない。だが『弥勒菩薩』と私の間には『菩薩』が姿を見せてくれた仏以外の何者もない。
 私は難しい仏教の教理・教義は知らないし学んだこともない。ただ一つ、この体験は人生の最後の最後まで『弥勒菩薩』の愛に満ち満ちた穏やかさに包まれて生きていきたいと願った瞬間だったのかも知れないと思っている。
 浜本淳二
      ■         ■
 三回忌の法要に、
 このような文章を残された、
 浜本淳二先生を素晴らしいと思います。
 先生の声が聞こえてくるようです。
 私もいつか京都へ行ってみたくなりました。
 奥様、道夫様ありがとうございました。

投稿者 sapporobiyou : 19:53 | コメント (0)

2011年08月03日

開院7周年

 札幌美容形成外科は、
 平成16年(2004年)8月3日(火)に開院しました。
 今日で7周年です。
 よく事故もなく、
 やって来れたと思います。
 私を応援してくださった…
 たくさんの方に感謝しています。
      ■         ■
 院長日記も、
 平成18年(2006年)10月22日からはじめています。
 最初はアクセスも少なく…
 読んでくださる方も少数でした。
 今は、
 毎日、たくさんの方に読んでいただいています。
 ほんとうに感謝しています。
      ■         ■
 学会へ行くと…
 先生のブログ読んでますと、
 声をかけていただくことがあります。
 できるだけ、
 正しい情報を正確に伝えたいと思って、
 毎日、苦労して書いています
      ■         ■
 山形のさくらんぼさんには、
 たくさんのコメントをいただき、
 ほんとうに感謝してます。
 農繁期が過ぎて…
 手術も無事に終わったら…
 ぜひ、また復帰していただきたいと…
 楽しみにしています。
      ■         ■
 開業7周年にして、
 震災後の大不況です。
 昨年は2軒、
 今年に入って2軒、
 札幌市内の美容外科が閉院しました。
 美容外科業界はどこも大変なようです。
      ■         ■
 私は来月で57歳になります。
 かなりくたびれてきました。
 まだ、目もよく見えるし…
 手先も器用に動きます。
 手術用顕微鏡という…
 強力な助っ人もいます。
 聖路加の大竹先生に、
 眼瞼下垂を治していただいたので…
 肩こりも快くなりました。
 微力ながらもう少しがんばります
 これからもご支援をよろしくお願いいたします。

投稿者 sapporobiyou : 19:02 | コメント (0)

2011年08月02日

稲葉法

 稲葉法という…
 わきがの手術法があります。
 形成外科医にも、
 美容外科医にも、
 稲葉法に批判的な人がいます。
 私は…
 日本が生んだ、
 優れたわきが手術法だと思います。
      ■         ■
 1977年のPRSという…
 米国形成外科学会誌に論文があります。
 当時、
 一般開業医で、
 PRSに論文が載るというのは…
 実に素晴らしいことでした。
 今の私にはできません。
      ■         ■
 稲葉法は、
 東京の稲葉益巳(いなばますみ)先生が開発した、
 皮下組織削除器(ひかそしきさくじょき)による方法です。
 昭和54年11月1日に、 
 当時の武見太郎_日本医師会長から
 日本医師会最高優功賞を授与されています。
 昔学会でお見かけしたことがあります。
 残念なことに他界されてしまいましたが、
 稲葉益巳先生のご子息の稲葉義方先生が、
 現在も東京で開業されています
      ■         ■
 PRSに掲載された論文は、
 NEW INSTRUMENT FOR HIRCISMUS AND HYPERHIDROSIS OPERATION:
 Subcutaneous Tissue Shaver
 INABA, MASUMI
 Plastic & Reconstructive Surgery.
 59(6):864-866, June 1977.
 です。
      ■         ■
 日本語に訳すと…
 腋臭症・多汗症の新しい手術器械
 皮下組織シェーバーです。
 私に稲葉法を教えてくださったのが、
 中央クリニック新宿院の日高士郎先生でした。
 それまでにも知ってはいましたが、
 手術のこつを教えてくださったのが、
 日高先生です。
      ■         ■
 はっきり言うと、
 稲葉法は、
 術者によって結果がまったく違います。
 腕の良い先生が、
 適応を選んで行えば…
 腋臭症手術として素晴らしい結果が出ます。
 ただとても難しいです。
      ■         ■
 稲葉法に批判的な先生は、
 失敗例
 トラブル例だけを見て…
 批判している先生が大部分です。
 私は中央クリニック時代に、
 この稲葉法で手術をしていました。
 それまで…
 形成外科で20年も手術をしていたのと…
 まったく違う結果でした。
      ■         ■
 札幌美容形成外科を開業してからは、
 稲葉法は使っていませんが、
 今でも素晴らしい手術だと思います。
 稲葉益巳先生は、
 痩せてスマートな先生でした。
 この手術器械は、
 後世に名が残る器械だと思います。


PRSに掲載された論文です

投稿者 sapporobiyou : 19:13 | コメント (0)

2011年08月01日

わきが手術後の臭い

 わきが手術を受けて、
 3年間は大丈夫だったのに…
 今年の夏に…
 同じ臭いがしました。
 …というお問い合わせをいただくことがあります。
 実際に診察にいらしていただいても… 
 臭いはしません
      ■         ■
 わきを診察すると…
 毛も生えていないですし…
 手術をした部位は…
 手術をしていない部位と比べて…
 硬くなっています。
 皮膚の下に瘢痕(はんこん)という…
 があるからです。
      ■         ■
 以前にも、
 わきが手術の術後臭
 という2011年6月12日の院長日記。
 ワキガの再発2011
 という2011年1月12日の院長日記。
 客室乗務員さんの手術 
 という2007年10月15日の院長日記。
 Chapter“39” ワキガ手術と再発について
 というマンガページにも書いてあります。
      ■         ■
 昔、新札幌にあって、
 その後、札幌グランドホテル別館に移った、
 神奈川クリニック札幌院
 脱税で摘発された、
 日美クリニック
 この2つのクリニックで稲葉法で手術を受けた方は、
 汗腺の取り残しを見たことがありません。
 再手術もありません。
      ■         ■
 稲葉法で受けた方は、
 治りが悪くて傷が残ったり…
 粉瘤(ふんりゅう)という…
 しこりができている人はいます。
 黒いぽちぽちができて…
 つぶすとくさい臭いがする、
 白いものが出ます。
      ■         ■
 粉瘤(ふんりゅう)から出る…
 この白いもの…
 これは確かにくさいです。
 角質(かくしつ)という垢(あか)です。
 どんな人でもくさいです。
 手術で取り除くことができます。
 もちろん保険適応です。
      ■         ■
 臭いはとても敏感な感覚です。
 ゼロにすることはできませんが、
 汗や臭いを減らして…
 快適にできます。
 手術後の安静が大切です。
 気になる方は…
 夏休みに手術を考えてください。
 節電で暑いと…
 汗対策大変です。


臭いの原因となる、
アポクリン腺が残っています。
吸引法で手術を受けた方に多い症状です。
手術直後から臭いが気になります。

      ■         ■


汗腺の切除範囲が足りません。
おっぱい近くなどに、汗腺が残っています。
客室乗務員さんの手術に書いてある症状です。
手術後しばらくしてから気になります。

      ■         ■


アポクリン汗腺はありません。
ワキガ臭はしません。
自分だけ気にしていることもあります。
自己臭恐怖症という病気のこともあります。
手術後数ヶ月~数年してから気になります。

投稿者 sapporobiyou : 18:20 | コメント (0)