« 同業者の手術 | メイン | 嬉しいこと »

2011年08月15日

私の傷です

 大竹先生のおかげで、
 すっかり快適になった私の目。
 傷が無いように見えますが…
 傷はあります。
 どんな名医が手術をしても…
 傷は残ります
      ■         ■
 患者さんへ説明する時…
 傷が落ち着くまで
 半年くらいかかります
 …と説明しています。
 えぇ~っ?
 半年もかかるんですかぁ~?
 必ず驚かれます。
      ■         ■
 この、
 傷が落ち着くまで半年
 身をもって体験しました。
 私はおっさんなので…
 おしぼりで顔を拭くのが好きです。
 特に今日のように暑い日に…
 冷たいおしぼりは気持ちがいいです。
      ■         ■
 目の手術を受けた後は、
 このおしぼりで顔を拭くことができませんでした。
 せいぜい…
 おしぼりで顔をおさえる程度でした。
 シャンプーの後も、
 手で目をぬぐえませんでした
 触ると違和感もありました。
      ■         ■
 せっかく大竹先生に作っていただいた目を、
 壊しては大変です
 手術後に一番大切なのは、
 傷に力を加えないことです。
 女性でしたら…
 お化粧、
 マスカラ、
 付まつげがよくありません。
      ■         ■
 私の傷は…
 一見、無いように見えますが…
 お酒を飲むと…
 傷の部分だけ赤くなります。
 奥さんが不思議そうに…
 『無いように見えても…』
 『傷のところは赤くなるのね』
 …と言います。
      ■         ■
 今でも、
 おしぼりで顔を拭く時は、
 以前より優しく拭いています。
 せっかくよくなった目を、
 大事にしたいからです。


手術前です



8ヵ月後です

投稿者 sapporobiyou : 2011年08月15日 20:43

コメント

コメントしてください




保存しますか?