« 嬉しいこと | メイン | 私の夏休み2011 »

2011年08月17日

釧路労災病院手術室

 私が釧路労災病院に勤務したのは、
 医師になって2年目の秋と、
 形成外科認定医(現在の専門医)を取得した直後の、
 昭和61年(1986年)の2回でした。
 2回目は私が31歳の頃です。
 当時は、
 卒後6年目で、
 釧路労災病院形成外科のトップでした。
      ■         ■
 認定医を取得しても、
 正直なところ…
 不安がいっぱいでした。
 頼りにしていたのは、
 北大から応援に来てくださる先輩でした。
 吉田哲憲先生、
 杉原平樹先生に、
 何でも相談していました。
      ■         ■
 私が赴任した当時の、
 釧路労災病院は、
 全国の労災病院でトップの、
 黒字病院でした。
 設備も、日本でトップクラスでした。
 院長が新田一雄先生でした。
 すばらしい院長先生でした。
      ■         ■
 釧路労災病院手術室は立派でした。
 清水婦長さんという、
 とても優しい婦長さんが、
 手術室の看護婦長でした。
 手術室の看護師さんは、
 とても優秀でした。
 事故もありませんでした。
      ■         ■
 私が勤務した病院の中で、
 釧路労災病院手術室は、
 看護師の平均年齢が一番若く、
 一番早く一人前になっていました。
 とにかく急患が次々とやって来ました。
 もたもたしていると…
 患者さんは死んでしまいます。
      ■         ■
 夜間でも、
 休日でも、
 当番の看護師は必死でした。
 卒業して半年もすると、
 もう一人前に器械出し(きかいだし)ができました。
 形成外科だけではなく、
 脳神経外科も、
 整形外科もこなしていました。
      ■         ■
 若いからできた…?
 必死で…
 身体で覚えたのだと思います。
 北海道の外科系医師で、
 釧路労災病院で鍛えられた先生は、
 たくさんいらっしゃいます。
 私が信頼して、
 今でもお願いする先生も多いです。
      ■         ■
 私は、
 30代前半の時期に、
 釧路労災病院に勤務できたことを、
 今でもよかったと感謝しています。
 私が25年前に治療した、
 1歳のお嬢さんも、
 きっと優秀な看護師さんだと思います。
 いつかお会いしてみたいです。

投稿者 sapporobiyou : 2011年08月17日 11:34

コメント

コメントしてください




保存しますか?