« 私の夏休み2011 | メイン | にせ医師と結婚詐欺 »

2011年08月19日

にせ医師逮捕

 平成23年8月19日、朝日新聞の記事です。
 医師を装った疑い_被災地で活動の男を逮捕
 東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県石巻市で医師として活動していた男が日本の医師資格を持っていなかった問題で、宮城県警は19日未明、住所不定、米田吉誉(よねた・よしたか)容疑者(42)を医師法違反(医師名称使用)の疑いで逮捕し、発表した。調べに対し「自分は医師だ」と容疑を否認しているという。
 県警によると、米田容疑者は6月下旬、石巻市社会福祉協議会の職員から医師資格があることの証明を求められた際、「医師国家資格認定証」などと記載されたカードの写しを渡すなどし、医師でないのに医師の名称を用いた疑いがある。
 米田容疑者は「米田きよし」と名乗り、震災後、遅くとも4月から同市内で、けがをしたり体調を崩したりしたボランティアを対象に傷の手当てや投薬をしていた。
 県警は18日、米田容疑者が活動に使っていたキャンピングカーを捜索し、キャンピングカーとともに薬品や書類、パソコンなど80点以上を押収。医師法違反の容疑が強まったとして、19日未明、札幌市内の知人宅にいた米田容疑者を逮捕した。米田容疑者は「逮捕事実は分かったけれど、否認する」と話しているという。
 県警は、資格を持たずに医療行為をする医師法違反(無資格医業)の容疑でも捜査を進めるとしている。また、米田容疑者が代表を務める団体が、被災地支援のためにNPO法人やボランティア団体などに支給される日本財団の助成金100万円を6月末に受け取っていることから、その経緯についても調べる方針という。
       ■         ■
 米田容疑者は19日午前、捜査員とともに北海道・新千歳空港から定期便に乗り、同日正午ごろ仙台空港に到着した。
       ■         ■
 〈医師法違反の罰則〉医師法では、医師ではないのに医師を名乗ったり紛らわしい名称を使ったりした場合には「50万円以下の罰金」、無資格で医療行為をした場合には「3年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金」と定めている。
      ■         ■
 この男性、
 8月10日の朝日新聞朝刊の『ひと』の欄で、
 被災地で、
 ボランティア活動をしている、
 医師として紹介されていました。
 私もその記事を読みました。
      ■         ■
 立派な先生もいるもんだ…
 …というのが印象でした。
 昨夜のTVに、
 逮捕される前の姿が出ていました。
 医師国家資格認定証は、
 韓国で5万円で作ってもらった。
 …と話していました。
      ■         ■
 悪いことをしているという認識はあったようで、
 TVでは、
 信号無視をしている
 いゃ、黄色信号無視をしている
 というようなことを話していました。
 にせ医師と信号無視は、
 比較にならないと思います。
      ■         ■
 単なる目立ちたがり屋なのか…
 医師になりたかったけれど…
 なれなかった男なのか…
 何を考えているかわかりません。
 海外で医師免許を取得したのに、
 英語が話せないのはお粗末です。
      ■         ■
 傷の手当だって、
 破傷風になる危険性もあります。
 被災地で、
 先生を頼って来た人を、
 だますなんて許せません。
 血圧を測って、
 その時に病気を見逃す危険性もあります。
 にせ医師の罰則が、
 100万円以下の罰金では甘いと思います。

投稿者 sapporobiyou : 2011年08月19日 18:14

コメント

コメントしてください




保存しますか?