« 困った時の相談2011 | メイン | ラベンダーの剪定2011 »

2011年08月23日

よい一生だった

 最高の人生とは?という、
 2009年1月23日の院長日記に、
 さくらんぼさんから、
 私のよい最高の人生というのは
 亡くなるとき
 私なら、だんなと一緒になれてありがとう。
 幸せだった。
 と言えた時だと思います。
 私には言ってくれるかなあ〜。
 先生は言えますか?
 奥様は本間先生と一緒に過ごせて
 よい一生だった。ありがとう。
 と言えますか。
 …とコメントをいただきました。
      ■         ■
 私は結婚して30年が過ぎ、
 何度も離婚の危機がありました。
 これからも…
 ひょっとすると…
 離婚の危機があるかも?です。
 人生いつ何があるかわかりません。
      ■         ■
 30年前は若かった奥さんも、
 いろいろお手入れが必要な年齢となり、
 私がお直しすることもあり、
 私の友人の先生にも…
 お世話になっています。
 私自身も、
 眼瞼下垂症の手術をしていただきました
      ■         ■
 私が竹脇無我さんのように…
 急に病気になって意識があれば、
 奥さんに、
 いろいろあったけど…
 ありがとう
 よい人生だった
 …と言うと思います。
      ■         ■
 奥さんは、
 どうでしょうか?
 あなたといっしょになって…
 いろいろあって…
 大変だった
 とは言うと思いますが…
 ありがとうは言うかなぁ~?
      ■         ■
 私が素晴らしいご夫婦だったと思うのは、
 麻酔科の劒物持(けんもつ)修先生と、
 奥様の故_弘子さまです。
 ガン治療推進チャリティーコンサート
 出会って63年、
 結婚して45年。
 こんなに長い間付き合えたのは、
 僕たちの誇り
 …という先生のお言葉はすばらしいです。
      ■         ■
 毎日、
 次々といろいろなことがあります。
 自分の力だけでは、
 どうにもできないこともあります。
 癌はこわいです。
 人生、いつ何があるかわかりません。
 死ぬ時に、
 よい一生だった
 …と言えるように生きているつもりです。

投稿者 sapporobiyou : 2011年08月23日 19:29

コメント

コメントしてください




保存しますか?