« 2011年09月 | メイン | 2011年11月 »

2011年10月30日

醜形恐怖症について

 高須クリニックの…
 高須幹弥先生のブログを楽しみにています。
 もちろん…
 高須克弥先生のブログも…
 興味深く読ませていただいています。
 幹弥先生のブログに、
 身体醜形恐怖症の人は美容整形を受けるべきなのか?
 という内容が2011年10月28日にあります。
      ■         ■
 高須克弥先生も、
 高須幹弥先生も、
 日本形成外科学会専門医です。
 幹弥先生は、
 日本形成外科学会、
 日本美容外科学会に、
 必ず出席されています。
 毎回、熱心に聴いていらっしゃいます。
 居眠りも見たことがありません
      ■         ■
 親子で…
 同じ美容外科をなさるのは…
 とても大変だと思います。
 私が見た高須ファミリーは…
 仲良し家族です。
 お母様の故_高須シヅ先生が…
 素晴らしい方だったからだと想像しています。
      ■         ■
 幹弥先生が書かれているように、
 醜形恐怖症の方も、
 美容外科の手術を受けていらっしゃいます。
 幹弥先生が引用された、
 日本形成外科学会専門医試験。
 身体醜形恐怖症患者に美容外科手術を施すと、
 症状が改善することがある
 という○×問題の答えは○です
 私も同感です。
      ■         ■
 お父様の克弥先生が、
 日本美容外科学会で、
 私の質問に答えてくださったことがあります。
 醜形恐怖症③
 …という私の日記に書いてある、
 患者さんのことです。
 私は精神科と眼科へ紹介状を書いて、
 家族(お母さん)にも時間をかけて説明しました。
      ■         ■
 残念なことに、
 私が手術をお引き受けしなかった患者さんは、
 その後、自殺なさって、
 札幌美容形成外科の診察券を持っていらしたので、
 札幌北警察署から電話がありました。
 今でも…
 手術をお引き受けしていれば…
 あの方は生きていらしたのでは…?
 …という自責の念があります。
      ■         ■
 私は醜形恐怖症と思われる患者さんでも、
 客観的に見て、
 私の技術で、
 悩みが改善できる方には、
 できる限り手術をお引き受けしています。
 自殺された患者さんは、
 他の美容外科で何度も手術を繰り返され、
 私にも改善できないと思われた方でした。
 今でもどうしたらよかったのか…?
 忘れることができない患者さんです。

投稿者 sapporobiyou : 15:07 | コメント (0)

2011年10月29日

北大いちょう並木の想い出

 私が北大病院の研修医だったのは、
 今から30年前です。
 北区新琴似の公団住宅に住んで…
 カローラで通っていました。
 当時の北大病院は、
 研修医でも車通勤ができました。
      ■         ■
 イチョウ並木がある…
 北13条をはさんで、
 南側に…
 医療技術短大がありました。
 今の医学部保健学科です。
 看護学専攻もそこにあります。
      ■         ■
 看護学専攻の学生さんは、
 医学部付属病院で実習をしていました。
 附属病院には
 看護学生さん用ロッカー室がなかったのか…?
 ナースシューズで、
 並木の下を病院まで歩いていました。
      ■         ■
 実習着に紺のカーディガン、
 白いストッキングに、
 ナースシューズで、
 銀杏並木から落ちた…
 冷たい落ち葉の上や、
 雪の上を…
 足早に病院へ移動していました。
      ■         ■
 研修医の私は…
 足が冷たいだろうなぁ~
 病院にロッカー室があればいいのになぁ~
 …と眺めていました。
 北大卒の看護師さんは、
 秋から冬にかけては…
 冷たい思いをなさって、
 病院実習をされていたと思います。
      ■         ■
 今は各地で活躍なさっていらっしゃる…
 看護師さん、
 私に『眼瞼下垂症手術』をすすめてくださったのも、
 北大でご一緒だった看護師さんです。
 昔はゆっくり眺める余裕がなかった、
 北大のいちょう並木ですが、
 歳をとってからは…
 たくさんのことを想い出します。

投稿者 sapporobiyou : 15:52 | コメント (0)

2011年10月28日

北大のイチョウ並木2011

 昨日の休診日に
 北大のイチョウ並木を見に行きました。
 過去の写真を出して…
 比較してみました。
 顔が小さくてわかりにくいですが…
 私の目が大きくなっていました。
      ■         ■
 黄色が…
 少し暗いのは…
 夕方に撮ったためです。
 札幌は寒くなりました。
 昨日は…
 中国人観光客と思われる…
 若いグループが写真を撮っていました。
      ■         ■
 2008年にご紹介した…
 はるにれ
 …という食堂は無くなってしまいました。
 今は、
 北部店という食堂が拡張され、
 とても立派になっています。
 北大のイチョウ並木はまだ見頃です。
 今週末にはぜひいらしてください。


2011年10月27日


2009年10月21日


2008年10月30日


2007年11月07日

投稿者 sapporobiyou : 19:13 | コメント (0)

2011年10月27日

地黒の方のケアー

 昨日の院長日記、
 色白は七難隠す
 函館の元看護師さんから、
 ご質問をいただきました
 色黒の方のケアーをきちんとすれば
 ・・・というのは具体的には紫外線を避けるとか?
 軟膏などで縫合後の後をケアーするとか?
 そんな感じなんでしょうか???
      ■         ■
 地黒だから…
 よいこともあります
 『しみ』が目立ちません
 年齢を重ねても…
 お肌がつやつやしていらっしゃる…
 そんな女性が多いです。
      ■         ■
 若い時に…
 それはそれはきれいだった、
 白人の女優さん。
 年齢を重ねると、
 顔には『しみ』がたくさん…
 お肌は『しわしわ』…
 見たことありませんか?
      ■         ■
 黒人の女性指導者の方。
 黒人のオリンピック選手。
 年齢を重ねても…
 『しみ』が目立ちません。
 お肌の『しわ』も目立たず…
 つやつやしている方を思い出します。
      ■         ■
 黒い地黒の肌は…
 紫外線から皮膚を守ってくれます
 紫外線による、
 皮膚のダメージが…
 少なくなります。
 そのために…
 『しみ』『しわ』が少なく…
 肌にはりがあります。
      ■         ■
 切った傷は目立ちやすいので、
 テープで固定する。
 サポーターで保護する。
 函館の元看護師さんのように…
 ガードルとか腹巻で固定するのが
 傷のケアーとして良い方法です。
 夜寝るときもするのがポイントです。
 もちろん地黒の方でも、
 紫外線から肌を守ることは重要です。

投稿者 sapporobiyou : 20:32 | コメント (0)

2011年10月26日

色白は七難隠す

 色白は七難隠すという言葉があります。
 人種差別はよくありませんが、
 キズの治りについては、
 人種差別があります
 ①白人
 ②黄色人種(わたしたち)
 ③黒人
 ①→②→③の順番にキズがきれいに治ります
      ■         ■
 七難隠すの…
 七つって何でしょうか?
 ネットで検索すると…
 もともと仏教の教えから来ているようです。
 医学的に…
 白人の方が…
 傷がきれいに治る理由は、
 はっきりとしたエビデンスはないと思います。
 (知っている先生がいらしたら教えてください)
      ■         ■
 私自身、数は少ないですが…
 白人(外国人)の手術をしたことがあります。
 手術した時の感覚は…
 皮膚の伸び方が違う
 白人の皮膚は…
 やわらかくてよく伸びる
 …と感じました。
      ■         ■
 日本人でも…
 色白の方は…
 きずがきれいに治ります
 形成外科医30年の実感です。
 よく芸能人が海外で整形をしたとうわさされます。
 ほんとうかどうかわかりませんが…
 日本人医師の方が丁寧です。
 丁寧にしないと傷が目立つからです。
      ■         ■
 いいことばかりの色白の女性、
 難点もあります。
 白人女性は、
 年齢とともに【しみ】が目立ちます。
 色白の人は、
 紫外線に弱いです
 若い時に…
 真っ赤になるほど日焼けすると…
 35歳を過ぎてから…
 顔も手も【しみ】が目立ちます。
      ■         ■
 あつい国の人の肌が黒いのは…
 紫外線から肌を守る、
 自然の反応なのかも?です。
 地黒だからといって…
 悲観しないでください
 色が黒い人は…
 他の人より気をつければよいだけです。
 しっかりケアーをすると…
 きれいに治ります

投稿者 sapporobiyou : 14:03 | コメント (0)

2011年10月25日

傷の経過

 昨日の院長日記、
 修正手術の時期②に、
 まみ子師長さんから、
 まさに今私が看護学校で教えているところです
 …とコメントをいただきました。
 看護学校で瘢痕のことまで教えるのは…
 かなり程度が高いと思います。
      ■         ■
 傷がどうやって治って…
 どのように変化するのか…
 実は、
 簡単なようで…
 難しい問題です。
 傷の赤味や、
 色素沈着も個人差が大きいです。
      ■         ■
 同じように手術をしても…
 残念なことですが…
 個人差があります
 個人差の原因はわかっていません。
 個人差を治す薬もありません。
 形成外科医はキズを治すプロです
 …なんて偉そうなことを言っても…
 申し訳ございませんということもあります。
      ■         ■
 私たちができることは、
 できる限りキズを丁寧に縫う。
 手術後のケアーをしっかりする。
 それでも目立つキズには、
 お薬で治療をする。
 …この程度のことです。
 まだまだ…
 …わからないことがたくさんあります。
      ■         ■
 私の目のキズはきれいに見えますが…
 手術から半年経っても…
 お風呂上りには赤くなりました
 奥さんが…
 まだ赤いから
 やっぱり手術したんだ
 …と言っていました。
      ■         ■
 触れば少し違和感もありましたし、
 強く目をこするなんてことは…
 絶対にできませんでした
 これがキズの経過というものです。
 形成外科医は、
 瘢痕(はんこん)との闘いです。
      ■         ■
 同じように手術をしても、
 キズが目立つ人がいます。
 一番厄介なのが、
 思春期の子供さんです。
 一番きれいに治してあげたいのに…
 キズが目立ちやすいです。
      ■         ■
 部位による差もあります。
 ケロイドの好発部位といわれる、
 胸の谷間、
 お臍の下など、
 どんなに丁寧に手術をしても、
 キズが目立ちます。
      ■         ■
 手術後の傷が目立つ人は、
 お薬を塗ったり、
 圧迫をしたり、
 テープを貼ったりして、
 時間をかけて治しています。
 形成外科には忍耐も必要です。
 傷の経過には時間がかかります。

投稿者 sapporobiyou : 20:29 | コメント (0)

2011年10月24日

修正手術の時期②

 修正手術まで…
 ある程度の期間を置かなければならない理由は、
 傷が治ろうとしているためです。
 切った傷も…
 擦りむいた傷も…
 自分の持っている治癒力で、
 治ろうとしています
      ■         ■
 専門的な言葉で…
 創傷治癒(そうしょうちゆ)と言います。
 わかりやすい例がやけどです。
 お湯がかかってやけどをした皮膚も、
 髪のこてで焼けた皮膚も、
 痛みがあります。
 腫れてきます。
      ■         ■
 体の中の、
 傷を治そうとする物質が出てきて…
 やけどをした皮膚を治します。
 血管新生といって…
 小さな血管がたくさんできてきます。
 赤く腫れているのは…
 この血管と赤血球のためです。
      ■         ■
 どんなに上手な先生が手術した傷でも…
 この創傷治癒機転(そうしょうちゆきてん)が働いて、
 傷が治ってきます。
 患者さんが…
 どうも変だ…
 …と思う時期は、
 抜糸が済んで…
 ある程度、腫れが落ち着いてきた時期です。
      ■         ■
 手術から1ヶ月頃は…
 傷が硬くて…
 切れば血が多く出て…
 一番、再手術がやりにくい時期です。
 神経損傷など…
 特別な理由がなければ…
 手術から3ヶ月は待ちます。
      ■         ■
 通常、傷は3~6ヶ月で、
 少しずつ落ち着いてきます。
 私の眼瞼下垂症手術の傷も…
 手術から半年程度かかりました。
 専門的な言葉で、
 瘢痕(はんこん)の…
 成熟化(せいじゅくか)と言います。
      ■         ■
 ふつうの方でしたら…
 待てば待つほど…
 傷はよくなります
 3ヶ月より6ヶ月、
 6ヶ月より1年、
 待てば待つほど修正手術はやりやすくなります。
 その間は…
 傷をやわらかくする薬をつけたりします。
      ■         ■
 目や鼻は、
 ちょっとした変化で、
 大きく印象が変わります。
 ここんとこ変じゃん!
 …と思う人でも、
 次第によくなることもあります。
 辛いとは思いますが…
 上手にメイクでカバーして、
 じっと待っていることも大切です。

投稿者 sapporobiyou : 17:01 | コメント (0)

2011年10月23日

修正手術の時期①

 残念なことですが、
 私が手術をさせていただいても、
 修正手術が必要になることがあります。
 再手術や、
 修正手術は、
 目の手術や、
 乳房の手術でまれにあります。
      ■         ■
 他院で手術を受けたけれど…
 結果が思わしくない…
 …という方もいらっしゃいます。
 難しいのが…
 形成外科専門医がした手術の修正です。
 いつも苦労します。
      ■         ■
 問題なのは…
 いつ修正手術を受けるかです。
 眼瞼下垂症手術など…
 目の手術時には、
 私は手術中に確認をしています
 左右差のある方などは、
 何度か調節することがあります。
      ■         ■
 お帰りになる前に…
 もう一度確認をしています。
 一年にお一人くらいは…
 午前中に手術をして…
 お帰りになる前に…
 もう一度、手術室で手術となる方もいらっしゃいます。
 そのくらい難しい手術です。
      ■         ■
 問題なのは…
 東京で手術を受けて…
 札幌へ帰って来たけれど…
 手術結果が思わしくない…
 …というようなケースです。
 原則として、
 手術してくださった先生に相談してください
 …とお話ししています。
      ■         ■
 患者さんとしては…
 一日も早く修正手術を受けたいと思っています。
 お気持ちはよく理解できます。
 でも、問題があります。
 手術から数ヶ月は…
 修正手術に不向きな時期です。
 どんな名医が手術をしても、
 最初とは条件が違います。
      ■         ■
 辛いとは思いますが、
 一度メスを入れてしまった傷は、
 元の状態とは違います。
 良い条件で手術を受けるためには、
 ある程度の期間が必要です。
 交通事故などで、
 けがをして傷が残った時も、
 傷を修正する手術までには期間が必要です。

投稿者 sapporobiyou : 16:55 | コメント (0)

2011年10月22日

院長日記5周年

 2006年10月22日に院長日記をはじめて
 今日で満5周年です。
 私にとって…
 開院5周年以上の感慨があります。
 正直なところ…
 よく続けられたなぁ~
 …と思っています。
      ■         ■
 院長日記は、
 奥さんとのバトルの連続でもあります
 院長日記の中でだけ…
 いい夫ぶって…
 私に八つ当たりしないで
 私の忍耐のおかげ
      ■         ■
 はいはい、
 私がいろいろ考えている時に…
 横で郷ひろみさんの音が聞こえると…
 音小さくしてよ。
 消してよ。
 仕事してるんだから。
      ■         ■
 こんな毎日です。
 そんなに言うんだったら…
 院長婦人の日記書いてよ。
 きっとうけるよ。
 奥様を粗末に扱っているつもりはないのですが…
 結婚して30年も経つと…
 お互いに思いやりが減っているかもです。
      ■         ■
 私の院長日記は、
 認知度が低い形成外科を、
 少しでも世間に知ってもらおうと書いています。
 英文論文をいくら書いても…
 読んでくれる人はせいぜい2桁か3桁。
 院長日記は、
 一日数千のアクセスがあります。
      ■         ■
 院長日記に、
 荻野利彦先生のことを書いたおかげで、
 さくらんぼさんと知り合うことができました。
 裁判の結果は残念でしたが、
 まだ上告中です。
 さくらんぼさんのおかげで、
 院長日記を続けることができました。
      ■         ■
 私も5年間の間に…
 52歳から57歳になりました。
 あと3年で還暦です。
 すじがね入りのがんこおやじで、
 怒りんぼで、
 悪いところだらけです。
 でも、もう少し世の中の役に立ちたいと思っています。
 これからもご支援をお願いいたします。

投稿者 sapporobiyou : 19:46 | コメント (0)

2011年10月21日

生活保護2011

 生活保護の受給者が増えています。
 2011年6月の生活保護受給者数は、
 204万1592人でした。
 高齢化と不況の影響で、
 受給者は増え続けています。
      ■         ■
 札幌美容形成外科は保険診療をしています。
 予約のお電話をいただいた時に、
 保険証をご持参ください
 …と申し上げると…
 小さな声で…
 保険証がありません
 生活保護なのです
 …と答える方がいらっしゃいます。
      ■         ■
 HPにも書いてあるように
 生活保護の方でも、
 手術を受けることが可能です。
 役所の担当者の方に、
 受診することを伝えてくださればOKです。
 開院以来、
 たくさんの方の手術をしています。
      ■         ■
 私はもともと形成外科医でしたので、
 いろいろな方の手術をしました。
 殺人犯の手術をしたこともありますし、
 受刑者の手術もあります
 生活保護の方の手術もたくさんしました。
 忘れられない患者さんもいます
      ■         ■
 以前に書いた文章です。
 自分には何の責任がなくても、
 人はある日突然病気になることがあります。
 そのように、
 自分ではどうにもならないくらい困った時に、
 助け合うのが、医療保険や社会の役割だと思います。
 日本国憲法25条1項には、
 「すべて国民は健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する」
 とあります。
 健康で文化的な最低限度の生活を、
 国民に保障できない国はダメです。
      ■         ■
 生活保護で…
 命にかかわらない…
 わきが手術をするのは…
 けしからんという人もいると思います。
 でも…
 ちょっと考えてください。
      ■         ■
 脇の臭いが気になって…
 お前くさいと言われて引きこもって、
 仕事もできないで家にいるより、
 手術でわきの臭いを元から取って…
 元気になって
 働いて
 税金を納めてもらうのでは…
 どちらが財政の健全化になりますか?
      ■         ■
 私たち形成外科医は、
 命にかかわらない手術をしています。
 でも…
 人間が生きていくために必要な、
 ちょっとした元気を与える手術ができます。
 私は生活保護の方でも…
 何の差別もなく手術をしています。

投稿者 sapporobiyou : 19:40 | コメント (0)

2011年10月20日

マンダリン(曼田林)_美味しい中華

 家内と、
 美味しいおいしい中華のお店
 マンダリン(曼田林)に行きました。
 ヤマダ電機テックランド札幌本店の西側にあります。
 お店の場所は、
 20年前に勤めていた、
 旧市立札幌病院(今はリンケージプラザ)の西側です。
      ■         ■
 北一条通りに面して、
 ヤマダ電機があります。
 ヤマダ電機のお隣の…
 白い建物が、
 リンケージプラザです。
 旧市立札幌病院の1病棟(いちびょうとう)の建物です。
      ■         ■
 私はこの建物で働いていました
 2階で手術をし(中央手術部)…
 4階に入院患者さんがいらして…
 地下に救急ホール、
 1階が救急部の病棟でした。
 とても懐かしい場所です。
      ■         ■
 リンケージプラザの建物の裏に、
 旧職員通用口と、
 救急車の入り口だったスロープがあります。
 今は使われていない様子でした。
 このスロープの斜向かい側の、
 ビルの1階に中華のお店があります。
      ■         ■
 家内が
●麺セット、五目あんかけ焼きそば(海老チリ・サラダ・スープ付)900円
 私が
●かけご飯セット、五目あんかけ飯(海老チリ・サラダ・スープ付)900円
 それに、単品で、
 肉汁たっぷり!韮餃子(にらぎょうざ)(5個)450円をお願いしました。
 合計、2250円でした。
      ■         ■
 私は中華飯が大好きです。
 北大病院の当直の日は、
 よく出前を取って食べていました
 北大病院の向かいにあった、
 味の広龍さんにお願いしていました。
      ■         ■
 マンダリン(曼田林)の中華は、
 高級な中華の味でした。
 今まで食べた中華飯で一番美味しかったです。
 しかも…
 夕食で一人1,000円程度の価格です。
 とにかく最高の味でした。
 また必ず行きます。

投稿者 sapporobiyou : 20:20 | コメント (0)

2011年10月19日

チームでなおす褥瘡ケア②

 私の恩師、大浦武彦先生の本
 ご紹介のつづきです。
 褥瘡ケアチーム全体で取り組めばなくなる寝たきりや関節拘縮
 これまで著者は寝たきりに近い患者が関節拘縮をもっているとPT・OTに依頼するしか治すことはできないと思い、すべてをリハビリテーション任せにし、医師や看護師はタッチせずにいた。しかし現実にはリハビリテーションのみでは患者の関節拘縮の回復はもとより立つ、歩<までの回復はあまり望めないことを知った。
 今回ナチュラル・ハートフルケアネットワークの創立者、下元佳子さん(生き活きサポートセンターうぇるぱ高知代表)に会い、目からうろこの現実を目の当たりにした。
 立つ、歩く、また関節拘縮の治療と予防は、患者自身の意気込み、家族の情熱、PT・OT、そして看護師、ケアスタッフの考え方を改革し、チーム全員で行えばできるのである。
 したがって現在、著者は立つ、歩くの援助や関節拘縮のリハビリテーションについてはPT・OTに依頼すると同時に、この患者にかかわる医師、看護師、ケアスタッフ、家族のチームワークをつくり、患者の回復をチームとして取り組むようにしている。
 もちろん、それと同時に本人の情熱と努力も欠かせないことはいうまでもない。
      ■         ■
 大浦先生のこの本は、
 今までの褥瘡ケアの本とは違います。
 傷の処置の仕方について…
 私が読んでもなるほどと思うことが書いてあります。
 今までわからなかった、
 褥瘡特有の創の特徴が書いてあります。
      ■         ■
 それだけではありません。
 理学療法士でケアマネジャーでもある
 下元佳子さんによる、
 患者にもケアスタッフにも優しい
 体位変換の方法
 解説されています。
      ■         ■
 私も高齢者になったら、
 鼻から管を入れられて、
 栄養補給をされるのではなく、
 欧米の高齢者のように、
 花を見ながら食事がしたいです。


日本の高齢者


欧米の高齢者

投稿者 sapporobiyou : 16:15 | コメント (0)

2011年10月18日

チームでなおす褥瘡ケア①

 チームでなおす褥瘡ケア
 恩師の大浦武彦先生の本です
 日本の高齢者医療の問題点と、
 増え続ける医療費を削減できる方法が、
 この本に書いてあります。
 先生の本の一部をご紹介します。
      ■         ■
 優れた褥瘡ケアは人間の尊厳を守ることにつながる
 依然として「寝たきり老人」が多い日本
 日本は世界一の長寿国で、平均寿命は女性86.4歳、男性79.6歳(厚生労働省2009年データ)である。しかし、寝たきりとなり、トイレにも行けず、一人で食べられず“生ける屍”のような状態で長生きしても、本当に幸福なのであろうか。経管栄養の発達は、ある意味ではこの悪しき状態に輪をかけている。植物状態で何の反応もなく、希望もなく生活させられ、経管から栄養剤を注入させられている彼らを見ると、フオアグラをつくるために“じょうご(じょうろ)”で食事を詰め込まれるガチョウを思い浮かべて悲しくなる。ここにはまったく人間の尊厳が見られない。なぜ日本はこのような「寝たきり老人の長寿国」となってしまったのであろうか? その原因は多岐に渡るが、ここでは褥瘡ケアの立場から分析してみたい。
 かつて「寝たきり老人ゼロ作戦」という目標が掲げられた老人医療の世界ではあるが、現在、長期療養の施設や在宅において褥瘡の治療をしている患者の80%の人が“寝たきり”である。
 少しは立つことができるが、日常生活の大部分は車椅子かベッドの上という高齢者は20%前後と少ない。しかも、これらの褥瘡患者には関節拘縮を持っていることが多く、褥瘡の実態を複雑にし、治療を難しくしている。
 著者は北海道大学を定年退官し、褥瘡の治療に携わって初めて知ったが、当時(1998年ごろ)は褥瘡に関する医学的データがまったくなかった。それまで褥瘡は医学の対象として取り上げられていなかったのである。そこで、この医療の谷間にあった褥瘡に何とか光を当てる必要を感じ、日本褥瘡学会を立ち上げ、褥瘡治療の重要さをアピールした。しかし、褥瘡の治療を開始してからも、ずっと心に引っかかっていたのは“寝たきりの患者”の多さと関節拘縮患者の多さであった。初めのころは単純にPT・OTの数が少なく、リハビリテーションのトレーニングの時間がないため仕方がないのだろうと思っていた。しかし、厚生労働省の施策の効果でPT・OTが増加し、最近では病院や施設で働く数も多くなっているにもかかわらず、寝たきり患者も関節拘縮も、過去とそう変わらず、褥瘡も減らず、介護施設では無気力のまま車椅子の上で口を開けて過ごしでいる高齢者が多い状態が続いている。
 ところが、スウェーデンやオーストラリアでは寝たきり患者も関節拘縮もほとんどみないという話を学会で聞いた。私は耳を疑った。
      ■         ■
 この文章が本の最初に載っています。
 老人病院とか…
 療養病棟とか…
 自分だったら…
 こんな状態で生きていたくないなぁ~
 …という患者さんをたくさん見ました。
      ■         ■
 私の両親は85歳と83歳の高齢者ですが、
 ころりといかせてくれ
 …と言われます。
 いくら親の頼みでも、
 苦労して取得した、
 医師免許を無くすようなことはできません。
      ■         ■
 この本には、
 今までの老人医療の問題点が書かれています。
 日本でも、
 すぐれたケアーを実施しているグループが紹介されています。
 厚生労働大臣にも読んでいただき、
 国の政策に反映して欲しいです。
 あらためて大浦武彦先生の素晴らしさを知りました。

投稿者 sapporobiyou : 18:36 | コメント (0)

2011年10月17日

講義の準備2011

 毎年秋に…
 講義に出かけています。
 理学療法士と、
 作業療法士の学生さんです。
 約40人のクラスです。
 講義の前には、
 私自身も勉強します。
      ■         ■
 講義の準備という…
 2007年10月16日の院長日記に書いてあります。
 私の講義は、
 形成外科という認知度が低い診療科目を、
 少しでも知ってもらいたいという思いで行っています。
 『形成外科ってすげー』という感動を伝えたいと思っています。
      ■         ■
 私が今まで受けた講義の中で、
 生涯忘れられない講義は予備校の講義です。
 中でも、
 生物の矢野雋輔先生の講義が最高でした
 矢野先生は、
 北海道大学大学院と、
 藤女子大学で教えていらっしゃいました。
      ■         ■
 40年たった今でも、
 先生の声や講義内容を覚えています。
 先生は、
 受験生に、
 夢と希望を与えてくださいました
 私が医師になれたのは、
 矢野先生のおかげです。
 一度も忘れたことはありません。
      ■         ■
 講義の準備のために、
 本を買ってきました。
 チームでなおす褥瘡ケア
 恩師の大浦武彦先生の本です
 私が形成外科でご飯を食べられるのは…
 大浦先生のおかげです。
 毎日、感謝しています。
      ■         ■
 大浦先生のこの本、
 実に素晴らしい本です。
 学生さんにすすめてきます。
 少し難しいところもありますが、
 今までの褥瘡ケアの本と違います。
 日本の高齢者を…
 どうケアーしたら良いか書いてあります。
 この本の通りにしたら…
 医療費が減らせて…
 消費税UPもしなくてよくなります。
 そんな素晴らしい本です。

投稿者 sapporobiyou : 20:05 | コメント (0)

2011年10月16日

きれいなお姉さんになる

 私の仕事は…
 きれいなお姉さんになる…
 ちょっとしたお手伝いをすることです。
 世の中には…
 医学の力で…
 手を加えることで…
 キレイなお姉さんになれる女性が…
 たくさんいらっしゃいます。
      ■         ■
 先日…
 80代の女性に…
 これ、きれいなお姉さんになる薬です。
 …とお薬を差し上げました。
 あ~ら
 …と言われながら…
 とてもうれしそうに帰られました。
      ■         ■
 女性は…
 いくつになられても…
 きれいなお姉さんになれるとうれしいです。
 美容外科を上手にご利用なさる方は…
 年齢より若く見えます。
 脳からうれしいホルモンが出て…
 きれいになる物質も出ると思います。
      ■         ■
 究極の若返りと言われているのは…
 女性ホルモン補充療法です。
 2010年10月28日の院長日記
 2010年10月29日の院長日記
 …でご紹介しています。
 私の顔なんか…
 …と言われる奥様にご紹介しています。
      ■         ■
 美容外科で気になるところを…
 お直しして…
 婦人科で…
 ホルモン補充療法を受けてください。
 世の中の女性がきれいになると
 男性はがんばって働き…
 景気も良くなる
 …というのが【本間説】です。
 ちょっと勇気とお金を出して…
 きれいなお姉さんになってください。

投稿者 sapporobiyou : 16:05 | コメント (0)

2011年10月15日

私の顔なんか…

 札幌美容形成外科を受診してくださる…
 とてもきれいな奥様
 どうせ(夫は)私の顔なんか見ていません
 よくお聞きする言葉です。
 年齢より…
 ずっと若く見えて
 おきれいな方です。
      ■         ■
 申し訳ございません。
 女性は…
 毎日…
 鏡でご自分の顔をご覧になります。
 ちょっとした変化にも気づきます。
 睫毛が1ミリ伸びても嬉しいものです。
      ■         ■
 男性は、
 顔を洗ったり、
 ひげを剃ったりして顔は見ますが…
 女性ほど鏡は見ません。
 奥様の変化にも気づきません。
 これが現実です。
      ■         ■
 私も…
 美容室へ行っても気づかないとか…
 よく言われてました。
 奥さんが行方不明になって…
 警察から特徴を聞かれても…
 奥さんの服装とか…
 おそらく正確に答えられません。
      ■         ■
 世の中の男性は、
 不況や円高で大変です。
 医療機関も診療報酬が低くて大変。
 医療事故を起こさないように…
 病院が倒産しないように…
 毎日の会議も疲れます。
 正直、家に帰るとくたくたです。
      ■         ■
 美容室や美容外科へ行って…
 きれいになるのは…
 ご自分のためです。
 ご自分で鏡をご覧になって…
 あっ~
 しわが浅くなった~
 お肌がつるつるになった~
 …とうれしいを感じることです。
 そうするとうれしいホルモンが出て…
 きれいなお姉さんになれます。

投稿者 sapporobiyou : 21:28 | コメント (0)

2011年10月14日

雪虫を見ました

 札幌も寒くなりました。
 雪虫(ゆきむし)という…
 白い虫を見ました。
 雪虫を見ると…
 紅葉がはじまって…
 冬の準備をしなきゃ…
 …という気分になります。
      ■         ■
 地方によっては…
 綿虫(わたむし)、
 しろばんば、
 …とも呼ばれるようです。
 井上靖(いのうえやすし)の小説に、
 しろばんばがあります。
 伊豆地方で雪虫のことをしろばんばと呼んでいました。
      ■         ■
 雪虫は、
 アブラムシの仲間が
 秋になって…
 羽を持ったものです。
 白い綿のように見えます。
 雪が降る前に出てきます。
 ゆきむしが大量に飛んでいると…
 雪のようにも見えます。
      ■         ■
 雪虫を見たと言うと…
 寒っっと思ったり、
 受験生の頃は、
 来春の入学試験まで…
 あと○ヵ月と思ったものです。
 今年も残すところ…
 あと2ヵ月半です。
 センター試験までは3ヵ月です。
 風邪を引かないように気をつけて、
 勉強や仕事をがんばりましょう。

投稿者 sapporobiyou : 21:46 | コメント (0)

2011年10月13日

新しい時代の外国雑誌購読

 私が医師免許を取得した30年前、
 一人前の形成外科医になるために…
 英文雑誌の定期購読をしました。
 北大形成外科では、
 抄読会(しょうどくかい)という…
 外国雑誌を読む勉強会がありました。
      ■         ■
 一年目の私は、
 PRS(ぴー・あーる・えす)という…
 米国形成外科学会雑誌、
 British Journal of Plastic Surgery…
 …の2つの外国雑誌を注文しました。
 British Journal of Plastic Surgeryは英国の雑誌です。
 ぶりてぃっしゅと呼んでいました。
      ■         ■
 私は英語は嫌いではありませんでしたが、
 内科系の論文は、
 字と数字ばかりで…
 目が痛くなるほど細かい字でした。
 それと比べて…
 形成外科の論文は、
 写真が豊富です。
 字を読む前に写真を見るだけで、
 どんな内容かわかりました。
      ■         ■
 私が形成外科を選んだ理由の一つが、
 論文を読んでも興味深いことでした。
 頭が良い方ではなかったので、
 ビジュアルに理解できる形成外科が好きでした。
 それでも専門用語はわからず…
 医学英和辞典を引いても…
 さっぱりわかりませんでした。
      ■         ■
 外国雑誌は航空便で届きました。
 日本の代理店を通して注文します。
 割引があったので、
 私は北大生協から注文しました。
 割引があっても…
 米国と英国の2つの外国雑誌を注文すると…
 一年間で10万円を超えました。
      ■         ■
 航空便で届いても、
 数週間は遅れて届きました。
 地方病院に出向中は、
 北大形成外科の秘書さんが、
 雑誌を転送してくれていました。
 毎月、雑誌を読んでいました。
      ■         ■
 今はネットで雑誌が読めます。
 こちらのページがPRSです
 IDとパスワードでログインすると…
 リアルタイムで読めます。
 ビデオも見ることができます。
 論文投稿もネットからできます。
      ■         ■
 定期購読もネットでできます。
 クレジットカードがあればOKです。
 便利な世の中になったものです。
 私は古い人間なので…
 検索はネットでしますが、
 論文は紙で読むのが好きです。
 ゆっくり読めるし目に優しいです。
 これからもっと時代が進歩すると思います。

投稿者 sapporobiyou : 19:18 | コメント (0)

2011年10月12日

形成外科勤務医時代の反省

 勤務医で形成外科医をしていた時代と、
 美容外科医のやとわれ院長から、
 美容形成外科の院長になって…
 一番変わったのは…
 わきが手術です。
 今から考えると…
 昔は不十分な手術でした。
      ■         ■
 自己臭恐怖という、
 2007年7月23日の院長日記に書いてあります。
 昔、北大形成外科の研修医だった頃、先輩から教えられた、ワキガの診察法は、ワキにガーゼをはさんでその臭いをかぐ方法でした。
 診察室に入ってから、ガーゼをはさんでいただき、問診の後で臭いを確認します。
 これで臭いがしなければ、ワキガではありませんと診断していました。
 今から考えると、ずいぶんいい加減な診断法です。たまたま、病院に来る前にシャワーでも浴びていれば、臭いはしません。
 美容外科でもこの方法をとっているクリニックがあります
      ■         ■
 28年くらい前、
 先輩に教わって…
 はじめてワキガ手術をしました。
 当時の手術法は…
 スクーグ法という手術でした。
 傷が残り…
 東洋人には向かない方法でした。
 患者さんには大変申し訳ないことをしました。
      ■         ■
 傷が残っただけではなく…
 手術の範囲もせまかったと思います。
 13歳くらいの子どもさんにも…
 手術をしていました。
 大人になってから…
 臭いが気になっていると思います。
      ■         ■
 美容形成外科と…
 頭に美容をつけると…
 保険診療で手術をしても…
 患者さんの要求度は高くなります。
 手術後にちょっとでも臭いがすると…
 私も気になります。
      ■         ■
 客室乗務員さんの手術という、
 2007年10月15日の院長日記に書いてあります。
 国際線の勤務は長時間です。
 せっかく手術を受けたのに、
 目的地を目前にして…
 脇から臭いがしたのではがっかりです。
      ■         ■
 わきが手術に限らず…
 すべての患者さんに、
 100%満足していただくのは、
 とても難しいことです。
 時にはお叱りを受けることもあります。
 患者さんの声に耳を傾け、
 私にできることは改善しています。

投稿者 sapporobiyou : 16:57 | コメント (0)

2011年10月11日

形成外科の手術

 医学生や医療関係者にも…
 形成外科に対する誤解があります。
 何度も同じようなことを書いています。
 皮膚腫瘍の手術
 …という2007年7月29日の院長日記。
 形成外科専門医と美容外科
 …という2010年10月17日の院長日記。
 形成外科医としての強み
 …という2010年10月207日の院長日記。
      ■         ■
 大きな病院の形成外科で、
 一番多い手術が、
 皮膚腫瘍の手術です。
 皮膚にできた粉瘤(ふんりゅう)というできものや、
 皮膚のできものを手術します。
 皮膚ガンの手術もします。
 耳鼻科で癌を取った後で、
 再建手術をすることもあります。
      ■         ■
 大きな病院の形成外科に、
 二重手術の相談で来院する人は、
 極めてまれです。
 形成外科医は、
 事故でけがをした人を治します。
 元の二重になるべく近づけて…
 きれいに治します。
      ■         ■
 そんな時は、
 健康保険を使います。
 困るのは…
 事故で壊れた二重を…
 元に戻す手術の点数(料金)規定が、
 健康保険にないことです。
 自賠責や労災保険にもありません。
      ■         ■
 公立病院では、
 保険外診療の料金は勝手に決められません。
 市立病院でしたら、
 市議会の承認が必要になります。
 料金徴収条例とか規則で決めます。
 公立病院の形成外科医は、
 なんとか保険の範囲内で、
 きれいな瞼を再建することに…
 尽力しています。
      ■         ■
 形成外科と保険診療という…
 2011年6月15日の院長日記に書きました。
 形成外科の保険診療は、
 私たちの先輩が、
 大変な苦労をして、
 厚生労働省と交渉して、
 勝ち取った点数です。
      ■         ■
 中村純次先生の想い出という
 2011年6月14日の院長日記に書いてあります。
 私が保険診療にこだわるのは、
 少しでも患者さんの負担が少なく、
 健康で快適な生活を送っていただきたいからです。
 形成外科の手術は、
 癌の手術とは違います。
 でも…必要な診療科目だと思います。

投稿者 sapporobiyou : 16:52 | コメント (0)

2011年10月10日

保険診療にこだわる理由

 私が美容形成外科医になろうと決意したのは、
 JA帯広厚生病院形成外科部長の時でした。
 形成外科には…
 美容外科で手術を受けたけれど…
 傷がよくならないとか…
 症状が改善しないという患者さんが来られます。
      ■         ■
 帯広市医師会_医者のつぶやきという、
 2010年7月28日の院長日記に書いてあります。
 今でも、
 こちらのページに載っています。
 私が43歳の時に書いた文章です。
 今から14年前です。
 医学部や保健医療学部で講義をして、
 わきが手術に保険が効くというと…
 全員が驚きます。
      ■         ■
 先生、わきがって病気ですか?
 …というもっともな質問を受けることもあります。
 軽度のワキガは制汗剤で対処できますが、
 臭いが原因で対人関係に悩んで…
 仕事を辞めてしまう人もいます。
 他人の何倍も気をつかっている人もいます。
      ■         ■
 日本の保険制度には問題もありますが、
 公立病院の形成外科では、
 健康保険でわきが手術をしています。
 ただ、他人に知られたくない
 …という理由で大病院に来る人は少ないです。
 私が勤務していた当時の、
 JA帯広厚生病院でも
 一年に10人未満だったと記憶しています。
      ■         ■
 ワキガ手術は難しいです。
 少しでも汗や臭いをゼロに近づけようと…
 広範囲に皮膚を薄くすると…
 それだけ術後合症の危険性や、
 瘢痕拘縮の可能性が増えます。
 形成外科の進歩⑦【わきが手術】
 …に書いてあります。
      ■         ■
 私が保険診療にこだわるのは…
 たまたま親からの遺伝で、
 アポクリン腺の数が多いだけで…
 白いTシャツを着れない。
 白い服も選べない。
 いつも汗染みを気にして、
 トイレでも脇を拭かなくてはならない。
      ■         ■
 自分は何も悪いことはしていないのに…
 臭い
 という、
 負い目がある。
 それで社会生活に支障があることもある。
 そんな人を、
 保険診療で手術して、
 少しでも快適に生活できるように…
 お手伝いをして差し上げる。
 これが私の生きがいです。
      ■         ■
 たとえは悪いですが、
 買春をして…
 淋菌性尿道炎になったおっさんは…
 健康保険で治療ができます。
 公衆衛生の立場から、
 性病には保険が使えます。
 自分に何の責任もない『わきが』を
 保険で手術するのは悪いことではないと思います。

投稿者 sapporobiyou : 19:16 | コメント (0)

2011年10月09日

形成外科医か美容外科医か?

 当院の名前は、
 札幌美容形成外科です。
 名付け親は、
 開業のコンサルタントをお願いした、
 (有)メイプルの武田栄治社長です。
 札幌市北区新川5条1丁目1−22
 新川駅前メディカルビル3Fにあります。
 011-700-6361です
      ■         ■
 開業して7年になります。
 診療の比率は…
 形成外科の保険診療が多いです。
 不況で美容外科のお客様が減り、
 形成外科の保険診療が増えました。
 自分自身でも…
 形成外科が向いていると思います。
      ■         ■
 美容外科のお客様②という…
 2008年5月13日の院長日記に書いてあります。
 私はなかなか美容外科医になれません
 お客さんが望む顔なら、
 どんな顔にでもしてしまうのが…
 美容外科医
 そんな顔にしたら…
 後悔しても元に戻せませんょ。
 …と忠告するのが、
 形成外科医
      ■         ■
 日本にある2つの美容外科学会。
 形成外科医が多い学会と
 形成外科医以外が多い学会の2つがあります。
 意外に思うかもしれませんが…
 どちらの学会にも、
 元に戻せないほど整形してしまう先生がいます。
 技術力の差というより、
 先生の考え方だと思います。
      ■         ■
 人間は後悔する生きものです。
 高価なバッグを買っても…
 『やっぱり別のバッグがよかった…?』
 …と思ったことはありませんか?
 目の形や、
 鼻の形、
 整形したものの…
 やっぱり元に戻したい
 …と思うことはあります。
      ■         ■
 どんなにきれいに仕上がっていても…
 元に戻したくなることがあります。
 その時に…
 戻すのがとても困難な手術があります。
 やってできないことはありませんが、
 感覚が鈍くなる…
 毛が薄くなるというリスクを伴うことがあります。
      ■         ■
 私は…
 臆病者なので…
 危険な手術無理な手術はお引き受けできません。
 自分の身内だったらできない手術は、
 どんなに頼まれてもお断りしています。
 やはり美容外科医にはなれないか?
 …と思うことがあります。
 でもこんな美容形成外科医
 いてもいいと思います。

投稿者 sapporobiyou : 17:34 | コメント (0)

2011年10月08日

ジョブズ氏逝く―世界を2度変えた男

 平成23年10月8日土曜日、朝日新聞の社説です。
 ジョブズ氏逝く―世界を2度変えた男
 かつて、これほど世界中の人々から、死を惜しまれた企業経営者がいただろうか。
 アップルの共同創業者で、前最高経営責任者(CEO)のスティーブ・ジョブズ氏が、56歳で死去した。
 「Think different」(発想を変える)
 ジョブズ氏がアップルに復帰し、1997年から展開したキャンペーンのコピーである。アインシュタインやガンジーらの映像を使ったCMのナレーションは、こう締めくくられる。「自分が世界を変えられると本気で信じる人たちこそが、本当に世界を変えているのだから」
 それは、まさにジョブズ氏の歩みでもあった。
 ジョブズ氏は創業翌年の1977年にアップル2を、1984年にはマッキントッシュを発売し、世界的ヒットを飛ばす。そこには、大企業のものだったコンピューターの世界を個人の手にもたらすというカウンターカルチャーの気風が色濃く投影されていた。
 1985年に会社を追放された。
 10年余りを経て復帰した後はiMac、iPod、iPhone、iPadと、新たなコンセプトを持つ製品を送り出し、アップルを復活させただけでなく、人々の暮らしに多大な変化をもたらした。ジョブズ氏は少なくとも世界を2度変えた。
 特筆すべきは、そのビジネスモデルだ。「ものづくりではもうからない」と言われる時代にアップルは一貫してソフトとハードを統合した事業を続けた。ジョブズ氏はあらゆる製品で、デザインや使いやすさに徹底的にこだわった。
 そのうえで、自社では工場を持たない。少品種の製品に絞り込みつつ、日本を含む世界中の企業から最適な部材を調達することで、メーカーとして極めて高い収益率を維持した。
 ものづくりを得意としながら収益悪化に苦しむ日本企業は、改めて商品コンセプトの革新性とデザインへの審美眼を学ぶしかあるまい。
 アップルはアップストアのようにソフトを配信する独自のサイトを設け、自社の端末で楽しんでもらう囲い込み型ビジネスで商品の価値を高めてきた。
 今後、テレビをはじめとした家電や自動車、オフィス用品など様々な機器がオープンな形でインターネットに接続する時代が到来する。そのとき、アップルは囲い込み型ビジネスモデルからどう発展していくのか。
 新しい製品を紹介する際の決まり文句だった「それから、もうひとつ」をもはや聞けないのが、残念でならない。
      ■         ■
 とても残念に思っています。
 スティーブ・ジョブズ社長のご冥福をお祈りしています。
 56歳という年齢、
 私と同年代です。
 同年代の方が亡くなると、
 その度に自分の人生を考えます。
      ■         ■
 ジョブズ社長は膵臓癌でした。
 ノーベル医学賞を受賞した、
 米ロックフェラー大学の、
 ラルフ・スタインマン教授も膵臓癌でした。
 ノーベル賞受賞者も、
 世界一の社長さんも膵臓癌で亡くなりました。
 癌はこわい病気です。
      ■         ■
 私は時代に遅れているので、
 iPhoneも、iPadも持っていません。
 携帯はdocomoの二つ折りです。
 鞄の中に放置されていることが多く…
 『電源が入っていません』が多いです。
 いつか…
 Appleの製品を使おうと思っています。
      ■         ■
 私がジョブズ社長を尊敬するのは…
 自分を追放した会社を立て直し…
 世界一にしたことです。
 厳しい人
 激しい人
 …だったとも聞きます。
 私はジョブズ社長の目の奥にある、
 優しさが見えます。
 偉大な方を亡くして残念です。
 天国でゆっくりと休んでください。

投稿者 sapporobiyou : 20:46 | コメント (0)

2011年10月07日

妊娠線・肉割れ線の防ぎ方②

 妊娠線の防ぎ方に、
 さくらんぼさん
 ゆきだるまさん
 恵理さんから、
 コメントをいただきました。
 さらしの腹帯を巻いても…
 できることがあります。
      ■         ■
 腹帯は外科手術の後にも使います。
 私たちが昔使っていたのは、
 さらしでできた腹帯でした。
 妊婦さんが使うのとは違い…
 端を3等分程度に切って、
 左右からしばっていました。
      ■         ■
 外科で使う腹帯は、
 ふくたいと呼んでいました。
 妊婦さんが使う腹帯は、
 はらおびと…
 …私の家では呼んでいました。
 どちらが正しいのかわかりません。
      ■         ■
 伸縮しないさらしを…
 ま~るいお腹に…
 ずれないように巻くのは…
 意外と難しいです。
 コツが要ります。
 上手に巻かないと…
 すぐにずれてしまいます。
      ■         ■
 そういえば…
 何回か巻くのを手伝った記憶があります。
 ネットで検索すると…
 図解で解説してあります。
 妊娠線ができるのは…
 圧倒的に臍から下です。
 この臍から下を重点的に巻きます。
      ■         ■
 私は産科医ではありませんが、
 上手に圧迫しないように巻けば…
 胎児への影響は少ないと思います。
 もちろん体重の管理も大切です。
 臨月近くになって…
 スイカのようにお腹が大きくなったら…
 皮膚に負荷をかけないようにすることです。
      ■         ■
 恵理さんのように…
 若い女性の肉割れ線は、
 気づいたらすぐに…
 原因となっている過食を止めることです。
 それでもすぐに体重は減りません。
 肉割れができやすい…
 大腿部や下腹部を…
 ガードルで保護します。
      ■         ■
 きつすぎる必要はありません
 きつすぎてすぐに諦めるより、
 フィットしたものを、
 夜寝る時も着けることです。
 そうすると、
 膨らんで裂けそうになった皮膚が、
 ガードルで保護されます。
      ■         ■
 ガードルがきつかったら、
 パンストを切ったものでも効果はあります。
 とにかく裂けそうになって…
 悲鳴を上げている皮膚を、
 何とか守ってください。
 徐々に裂けるので、
 肉割れが起こっても痛くありません。
 だから気づいた時には手遅れになります。

投稿者 sapporobiyou : 21:10 | コメント (0)

2011年10月06日

札幌に熊が出ました

 平成23年10月6日、朝日新聞夕刊の記事です。
 札幌のマンション街、ヒグマ目撃情報
 登校など警戒
 札幌市中央区のマンション街などで10月6日未明から早朝にかけ、ヒグマの目撃情報が相次いだ。北海道警はパトカー十数台を出動させて警戒。現場付近の計13小中学校では朝の登校時間に教員らが通学路に立ち、札幌市教育委員会は保護者同伴での登校を呼びかけた。
 道警や札幌市によると、ヒグマは午前0時過ぎ、中央区南23西15の藻岩山付近の住宅街で目撃された。その約3時間後、北西に約4キロ離れた北海道神宮付近のマンション街を歩いているのを、タクシーの運転手が発見。同4時過ぎには、神宮のある円山公園から、そばの山に向かっていくのが確認された。道警などによると、目撃されたのは同じヒグマとみられ、体長は2メートル前後という。
 道内では今秋、ヒグマのえさのドングリなどが不足しており、道自然保護課はヒグマの大量出没警報を出している。
      ■         ■
 私は札幌で生まれ、
 北海道で57年間生きていますが、
 札幌市内に熊が出たのは、
 いままで聞いたことがありません。
 熊が目撃された、
 札幌市中央区宮ヶ丘3、
 北海道神宮第二鳥居付近は、
 札幌でも屈指の高級住宅地です。
      ■         ■
 付近の、
 宮ヶ丘、宮の森は、
 私が通った札幌西高校の近くです。
 古くから、
 友人知人がたくさん住んでいます。
 山が近いのは事実ですが、
 熊が出たのには驚きです。
      ■         ■
 私が高校生の頃には、
 学校への通学途中で、
 公園でリスを見た程度のことはありました。
 数年に一度、
 キツネを見たことはありましたが、
 獰猛なヒグマには驚きです。
      ■         ■
 30年前に、
 家内のお父さんに…
 『お嫁さんにください』
 …とお願いした時には、
 (私には言われませんでしたが…)
 『北海道は熊が出る』
 …と反対されたと家内から聞きました
      ■         ■
 熊が出るのは山の中だけで、
 札幌は都会で、
 地下鉄も走っていますし、
 『熊は出ません』
 …と話した記憶があいまいにあります。
 30年後に嘘つきになってしまいました。
      ■         ■
 北海道のヒグマは獰猛(どうもう)です。
 大人でも、
 熊の手で襲われただけで、
 顔の骨が折れた人がいます。
 熊は夜にも出ます。
 夜は早くお家に帰って、
 外出禁止令です。

投稿者 sapporobiyou : 20:41 | コメント (0)

2011年10月05日

妊娠線の防ぎ方

 私は職業柄…
 女性のお腹を見ることがあります。
 とてもお気の毒な…
 妊娠線が…
 無数にできている女性が…
 たまにいらっしゃいます。
 消すことはできません。
      ■         ■
 うちの奥さんは、
 子供を2人産んでいますが、
 妊娠線はありません。
 形成外科の先生の奥さんだから…
 特別なクリームでも塗った…?
 …と思われるかも知れません。
      ■         ■
 私は形成外科医ですが、
 奥さんが妊娠中は、
 何も見て(診て)いませんでした。
 だんだん大きくなるお腹を見て…
 女の人はすごい
 …と思っていたくらいです。
      ■         ■
 医学的に妊娠線は、
 真皮の断裂によってできた、
 皮膚の裂け目です。
 袋にぱんぱんに物を入れて、
 袋が裂けたのと同じです。
      ■         ■
 肉割れ線と言って…
 急激に体重が増えて、
 太ももの内側などにできるのも同じです。
 ステロイドホルモンの内服で、
 身体にできる線も同じです。
 専門用語で皮下線条(ひかせんじょう)と言います。
      ■         ■
 西瓜(すいか)のように大きくなった
 妊婦さんのお腹の皮膚が、
 重みに耐えられなくてできるのです。
 高価なクリームよりも、
 破れそうになった袋に、
 もう一枚別の袋をかぶせるのが良いです。
      ■         ■
 つまり…
 大きくなったお腹の皮膚に負荷がかからないように、
 外側から保護してあげるのです。
 家内が妊娠した後で、
 家内の両親が…
 兵庫県宝塚市にある、
 大本山中山寺へ、
 安産の祈願に連れて行ってくれました。
      ■         ■
 そこで、
 御腹帯という…
 晒(さらし):白い布でできた、
 腹帯をいただきました。
 大きくなってきたお腹に…
 腹帯を巻いていました。
      ■         ■
 この晒(さらし)の腹帯は、
 あまり伸縮しません。
 そのために、
 大きくなったお腹の皮膚を保護して、
 皮膚が破れるのを防いだと考えています。
 高価なクリームより、
 白いさらしの腹帯で
 妊娠線を防いでください。

投稿者 sapporobiyou : 18:43 | コメント (0)

2011年10月04日

先生の選び方

 美容外科学会に参加して感じたことです。
 二重まぶたの手術から、
 フェイスリフト手術まで、
 先生の選び方は難しいです。
 私自身が手術をしても…
 100%満足していただくのは…
 とても難しいことです。
 修正手術もあります。
      ■         ■
 美容外科を標榜(ひょうぼう)…
 …つまり看板に出している大学病院もあります。
 有名な大学病院だから…
 100%満足とはなりません。
 開業医で…
 すばらしい結果を出している先生が、
 たくさんいらっしゃいます。
      ■         ■
 私から見て…
 自信満々で…
 100%満足させている…
 …という先生よりも、
 いつも患者さんの声に耳を傾け…
 なんとかもう少し…
 きれいにして差し上げよう…
 …と努力している先生が立派に見えます。
      ■         ■
 先生との相性も大切です。
 私のように…
 イメージは自然
 自然な仕上がりを大切にします
 …と言っている医師に、
 ど派手な目は作れません。
      ■         ■
 2つの日本美容外科学会に参加していると、
 上手な先生はどちらの学会にもいます。
 逆に下手な先生もどちらの学会にもいます。
 私から見て…
 あんな手術をして…
 あ~ぁ~あ~ぁ~
 …という先生もいます。
 先生の選び方はほんとうに難しいです。

投稿者 sapporobiyou : 22:58 | コメント (0)

2011年10月03日

第34回日本美容外科学会(福岡)⑥

 札幌は急に寒くなりました。
 11月上旬の気温だそうです。
 今朝はマフラーをして通勤しました。
 暑いくらいだった福岡とは、
 えらい違いです。
 日本は広いです。
      ■         ■
 今日は、
 シンポジウム7
 美容外科の医療安全管理
 患者と医療者を守る
 …についてです。
 残念なことですが、 
 美容外科手術で亡くなる方が
 日本でもいらっしゃいます。
      ■         ■
 このシンポジウムでは、
 福岡の三ツ角法律事務所の、
 弁護士_三ツ角直正先生の講演が印象に残りました。
 先生は、
 福岡大学病院客員教授で、
 医療安全を担当されています。
      ■         ■
 三ツ角先生のお話しによると、
 美容医療は、
 医学的見地から
 必要性及び緊急性に乏しいので、
 通常の医療(いわゆる病気の治療)に比べて…
 高度な注意義務が課されている
 ということでした。
      ■         ■
 その結果として、
 美容医療の裁判では、
 患者側の勝訴率が、
 他の医療裁判と比較して高い傾向があります。
 傾向があると書いたのは、
 絶対数が出ていないためです。
 最高裁判所の資料や、
 判例集から検討された結果です。
      ■         ■
 最高裁の資料を分析したところ、
 美容医療関係の裁判は、
 年間10件程度。
 約半分は和解になっているようです。
 過去の判例によると、
 ポラリスという機器の照射で、
 左頬部に熱傷を負わせた事故があります。
      ■         ■
 平成19年3月8日の東京地裁判決では、
 請求金額688万6913円に対して、
 認容金額208万6913円でした。
 肝斑に照射したのに、
 熱傷を受傷してしまったという例です。
 医師の説明義務違反を問われています。
      ■         ■
 美容医療という…
 緊急性がない医療を行う医師は、
 絶対にいけいけどんどんではだめです。
 慎重に適応を選んで手術や施術をするべきです。
 そんな先生を避けるのも…
 患者側の知恵です。

投稿者 sapporobiyou : 20:44 | コメント (0)

2011年10月02日

第34回日本美容外科学会(福岡)⑤

 今回の学会のトピックの一つは、
 特別企画シンポジウム
 二つの美容外科学会
 日本の美容医療に将来はあるか?
 でした。
 座長は医療ジャーナリストで、
 元、朝日新聞の田辺功さんと、
 塩谷信幸先生でした。
      ■         ■
 シンポジウムの冒頭に、
 座長の塩谷先生から、
 タイトルの、
 日本の美容医療に将来はあるか?
 についてお小言がありました。
 ふつう…
 将来はあるか?ときたら…
 将来はない…
 …と否定的な文脈が続く…と。
      ■         ■
 このシンポジウムで、
 幸いなことに…
 将来が見えてきました
 シンポジウムでは、
 帝京大学形成外科の平林慎一教授、
 医療ジャーナリストの田辺功様、
 東京女子医大皮膚科の川島眞教授、
 美容医療ジャーナリストの南美希子様、
 衆議院議員で眼科医の吉田統彦先生、
 5人の発表がありました。
      ■         ■
 私の印象に残ったのが、
 東京女子医大皮膚科の川島眞教授の発表でした。
 川島先生は、
 美容医療にもお詳しい、
 日本皮膚科学会の第一人者です。
 その川島教授ですら…
 日本に日本美容外科学会が2つあることを、
 ご存知なかったそうです。
      ■         ■
 川島教授は、
 日本皮膚アレルギー学会と
 日本接触皮膚炎学会の2つの学会が、
 2007年4月1日に統合された経緯をお話しくださいました。
 大学の医師が中心であった日本皮膚アレルギー学会。
 開業医が中心であった日本接触皮膚炎学会。
 学会の資産配分のことまで、
 詳しくご説明くださいました。
      ■         ■
 塩谷先生の司会で、
 シンポジウムは無事に終了しました。
 結論としては、
 統合へ向けて、
 新たな一歩を踏み出そうということになりました。
 私の印象としては、
 良い方向へ進んでいます。
 日本の美容医療の将来のためにも、
 早く2つの学会が一緒になってほしいです。


2つの日本美容外科学会に参加している3人
高須先生、木村先生と私

投稿者 sapporobiyou : 16:54 | コメント (0)

2011年10月01日

第34回日本美容外科学会(福岡)④

 昨夜、福岡から東京経由で帰って来ました。
 実に充実した学会でした。
 私は最初から最後まで聴いてきました。
 大慈弥会長と、
 福岡大学形成外科の皆様、
 ありがとうございました
 とても勉強になりました。
      ■         ■
 昨日は、
 シンポジウム4
 フェイスリフト:東洋人に適した術式
 効果を得るための工夫
 6人の先生の講演がありました。
 私がすごいと思ったのは、
 サフォクリニックの白壁征夫先生
 ドクタースパ・クリニックの鈴木芳郎先生
 クリニック宇津木流の宇津木龍一先生です。
      ■         ■
 白壁先生は、
 日本人の為のフェイスリフト手術_30年間の経験。
 鈴木先生は、
 東洋人のフェイスリフトで若返り効果を増すための工夫。
 宇津木先生は、
 東洋人に適したフェイスリフトの開発と、より効果的にするための工夫。
 でした。
      ■         ■
 白壁征夫先生は、
 海外でも有名な美容外科医です。
 第27回日本美容外科学会会長。
 国際学会でも数多くの発表をされています。
 鈴木先生は、
 私とほぼ同年代の形成外科医です。
 東京医大で形成外科講師をなさった後で、
 白壁先生のサフォクリニックの副院長をされました。
 白壁先生の愛弟子(まなでし)です。
      ■         ■
 宇津木先生は、
 第110回日本美容外科学会学術集会組織会長
 東京の帝国ホテルで開業されています
 どの先生も、
 超一流の先生です。
 その超一流の先生の共通した意見が、
 フェイスリフト手術で、
 法令線は消えません
      ■         ■
 フェイスリフトを希望する女性は、
 手で耳の前や、
 目の横から頬を引っ張って…
 ↓↓ここを引っ張って…
 →→こうやると
 しわが消えるでしょ!
 …と来院されます。
       ■         ■
 がっかりなさると思いますが、
 法令線を消すほど引っ張ると…
 表情が無い顔になります。
 引っ張りすぎはよくありません。
 白壁先生や、
 鈴木先生は、
 少しでもダウンタイムを少なくして、
 効果も持続する方法を教えてくださいました。
      ■         ■
 これからフェイスリフト手術を検討されている方には、
 東京の3人の先生をおすすめします。
 女性の夢である…
 若返りを、
 安全確実に実行するためには、
 腕の良い先生を選んでください。
 一番大切なことです。

投稿者 sapporobiyou : 19:57 | コメント (0)