« 2014年05月 | メイン | 2014年07月 »

2014年06月30日

第120回日本美容外科学会学術集会(札幌)③

 形成外科系の日本美容外科学会の良いところは、
 さまざまなトラブル症例を勉強できることです。
 今回の学会で衝撃的だったのが、
 成長因子皮下注射によると思われる後遺症症例の検討
 日本医科大学形成外科、野本俊一先生のご発表です

 日本医科大学形成外科には、
 トラブル症例の患者さんが多く受診されます
      ■         ■
 野本先生の発表抄録です。
 成長因子の皮下注入は医師の裁量のもと美容外科の複数のクリニックで行われているようである。しかし、外用剤を注射で用いることは全くの適用外使用であり、その効果の実験的データの蓄積もない。われわれの施設を訪れる患者の中には、皮下のしこりや皮膚の凹凸を後遺症として訴える者が多く、少なくとも想定された効果は得られないようである。今回は2症例の後遺症症例を呈示し、成長因子の皮下注入の蔓延に対して改めて注意を喚起する次第である。

      ■         ■
 私が何度も院長日記に書いています。
 フィブラストスプレーの注射です。
 下眼瞼変形の原因④(注入物)
 美容外科のPRP療法2013
 フィブラストスプレーの皮下注射は、
 劇的な効果が得られる場合もありますが、
 難治性のしこりが残った症例が多数報告されています。
 札幌美容形成外科にも相談のお電話やメールをいただきます。
 残念なことですがしこりを治す、
 良い治療法がありません

      ■         ■
 野本先生が発表してくださった症例の中には、
 高須先生が治療した韓国の扇風機おばさんのように
 顔が大きく変形してしまった患者さんがいました
 とてもお気の毒でした。
 適正に使用すれば安全。
 …というご意見の先生もいらっしゃいます。
 確かに素晴らしい結果もあります。
 …でも私は使いません。
      ■         ■
 メーカーの科研製薬は、
 明確に反対の立場です。
 今年になって出された文書です。
 褥瘡・皮膚潰瘍治療剤「フィブラスト®スプレー250/500」の適正使用に関するお願い
科研製薬株式会社
弊社が製造販売しております褥瘡・皮膚潰瘍治療剤「フィブラスト®スプレー250/500(一般名:トラフェルミン)」に関し、以下の通り適正使用の推進をお願い致します。
2001年の発売以来、弊社は、医療従事者の皆様に対し、本剤の適正使用情報等の提供に努めてまいりました。
フィブラスト®スプレーは外用剤であり、人体に注射使用した場合のデータは集積されておらず、有効性・安全性は確立されておりません
医療従事者の皆様におかれましては、フィブラスト®スプレーのご使用にあたり、添付文書に記載された効能・効果、用法・用量を遵守頂き、適正なご使用をお願い致します。
弊社は、フィブラスト®スプレーをはじめ弊社販売の医薬品等について、今後も安全管理情報の収集並びに適正使用情報の提供に努めてまいります。

      ■         ■
 私が危惧するのは、
 製薬メーカーがしてはいけないと明記している製剤を注射して、
 回復することができない副作用が生じても、
 どこからも補償は受けられないということです。
 大手美容外科だからといって安心はできません。
 そのクリニックが倒産したら最後です。
 私はフィブラストスプレーの注射は推奨しません。

投稿者 sapporobiyou : 18:16 | コメント (0)

2014年06月29日

第120回日本美容外科学会学術集会(札幌)②

 昨日は半日の学術集会でしたが
 内容が濃い学会でした
 蘇春堂形成外科の野平久仁彦先生が会長の学会は違いました。
 野平先生ありがとうございました。
 私の印象に残った演題をお知らせします。
 顔面への脂肪注入:特に上眼瞼における脂肪注入例において
 ◯与座聡(百人町アルファクリニック)

      ■         ■
 与座先生は、
 東京警察病院ご出身の形成外科専門医です。
 マイクロサージャリーもなさる、
 バリバリの形成外科医です。
 技術力もあります。
 心優しい先生です。
 信頼できる先生です。
      ■         ■
 与座先生のご発表で印象に残ったのが、
 上眼瞼に過剰に注入された脂肪でした。
 他の美容外科で注入されて、
 与座先生の、
 百人町アルファクリニックにSOSを発信されました。
 誰が見ても、
 こりゃ大変だ!
 …と思う難しい症例です。
      ■         ■
 与座先生は、
 冷静沈着に患者さんと話し合い、
 何回かの修正手術で、
 見事に回復されていました。
 思わず拍手したくなりました
 他院で脂肪注入を受けて、
 思わぬ結果になった人に、
 百人町アルファクリニックの与座聡先生をおすすめします
      ■         ■
 与座先生のご発表で感じたことです。
 よく上まぶたの陥凹に脂肪を注入して、
 陥凹を治すというのを聞きます。
 与座先生のように腕が良くて慎重な先生でしたら安心です。
 でも…
 美容外科医にもいろいろな先生がいます
 なんちゃって美容外科医も、
 腕の悪い専門医もいます。
 見分けるのは至難のわざです
      ■         ■
 適応を選んで、
 慎重に注入すると…
 上まぶたへの脂肪注入は効果的です。
 注意しなくてはいけないのは、
 とんでもない先生がすると
 とんでもない結果になるということです
 裁判で賠償金をもらっても、
 失った顔貌と時間は取り戻せません
 上まぶたの脂肪注入でしたら、
 百人町アルファクリニックの与座聡先生をおすすめします

投稿者 sapporobiyou : 15:51 | コメント (0)

2014年06月28日

第120回日本美容外科学会学術集会(札幌)①

 今日は第120回日本美容外科学会学術集会のため休診です。
 午後から札幌きょうさいサロンで開催されます。
 組織会長は蘇春堂形成外科院長の野平久仁彦先生です。
 昨年夏の学会は大阪でした
 今日の札幌はお天気も良く、
 ラベンダーが咲いています
 全国からいらした先生に、
 初夏の札幌を満喫していただきたいです。
      ■         ■
 学会のプログラムです。
 パネルディスカッション1(13:35~15:05)
ビデオで学ぶ重瞼術
司会 岩波正陽(新横浜形成クリニック)
Introductory Lecture
重瞼の解剖学的考察」・・・ 岩波正陽(新横浜形成クリニック)
1. 腫れの少ない埋没法 MT法
 ◯池田欣生、森川一彦(東京皮膚科・形成外科 銀座院)
2. 微小切開法による重瞼術
 ◯林寛子、杉本佳陽(烏丸姉小路クリニック)
3. 皮膚切除を伴う切開式重瞼術
 ◯倉片優、土屋沙緒(クリニカ市ヶ谷)
パネルディスカッション2(15:10~16:10)
顔面への脂肪注入:この3症例から学んだこと
司会 山本有平(北海道大学医学部形成外科)
1. 脂肪注入による中顔面の若返りの効果と合併症
 ◯一瀬晃洋、岩山隆憲(神戸大学医学部形成外科)
2. 顔面の脂肪注入この3例から学んだこと
 ◯矢永博子、矢永茄津(医療法人 Yanaga CLinic)
3. 顔面への脂肪注入:特に上眼瞼における脂肪注入例において
 ◯与座聡(百人町アルファクリニック)
4. 私の行っている脂肪注入法
 ◯市田正成(いちだクリニック)
一般演題1(16:15~16:50)
座長 朝戸裕貴(獨協医科大学形成外科)
1. 眉毛下皮膚切除における切除幅、縫合法についての再考
 ◯岩山隆憲、一瀬晃洋(神戸大学医学部附属病院 美容外科)
2. 北海道大学病院における整容・美容外科~現状と患者分析
 ◯舟山恵美、山本有平、古川洋志、小山明彦、村尾尚規、林利彦
(北海道大学医学部形成外科)
  野平久仁彦、新冨芳尚(蘇春堂形成外科)
3. 北海道大学病院における整容・美容外科~Face & Neck Lift 治療の経験
 ◯舟山恵美、山本有平、古川洋志、小山明彦、村尾尚規、林利彦
(北海道大学医学部形成外科)
  野平久仁彦、新冨芳尚(蘇春堂形成外科)
4. 北海道大学病院における整容・美容外科~両側乳房縮小術の経験
 ◯舟山恵美、山本有平、古川洋志、小山明彦、村尾尚規、林利彦
(北海道大学医学部形成外科)
  野平久仁彦、新冨芳尚(蘇春堂形成外科)
一般演題2(16:55~17:30)
1. けつ顎の手術経験
 ◯當山護、山城栄津子(医療法人形成会 当山美容形成外科)
2. 瘢痕のNd:YAGレーザー治療の作用機序
 ◯藪野雄大、赤石諭史、外薗優、小川令、百束比古
(日本医科大学 形成外科・美容外科)
3. 成長因子皮下注射によると思われる後遺症症例の検討
 ◯野本俊一1、外薗優2、小川令1、青木律3、百束比古1
 1日本医科大学 形成外科、2博慈会記念総合病院形成外科、
 3グリーンウッドスキンクリニック立川
4. Abdominal plastyを応用した乳房再建TRAM flapのデザイン&採取部閉鎖手技
 ◯古川洋志、舟山恵美、山本有平(北海道大学医学部形成外科)
  関堂充(筑波大学大学院医学医療系 形成外科)
  野平久仁彦、新冨芳尚(蘇春堂形成外科)

      ■         ■
 こんな内容で半日勉強をします。
 もっと詳しい内容が知りければ、
 こちらから、
 発表抄録を読むことができます。
 学術的なレベルが高い学会です。

投稿者 sapporobiyou : 11:47 | コメント (0)

2014年06月27日

還暦の年2014

 自分が高校生の頃、
 還暦(かんれき)の年に何をしているか?
 考えてもみませんでした。
 毎日まいにち勉強していました。
 定期試験はあるし、
 授業についていくだけで大変でした。
 札幌西高校で、
 私は優等生ではありませんでした
      ■         ■
 還暦を迎える年になって思うことです。
 勉強ができるとかできないとか、
 頭がいいとか悪いとか、
 容姿が素敵だとか、
 高校時代の優劣なんて、
 還暦になってみると関係ないなぁ~
 …というのが実感です。
      ■         ■
 変わらないのは
 声、
 性格、
 ちょっとした仕草、
 ものごとに対する対応。
 昔からすばやい人は、
 おっさんになっても対応が早いです。
      ■         ■
 私たちは札幌西高校23期、
 昭和48年(1973年)卒業、
 3年7組、藤枝正道先生の教室でした。
 自由な雰囲気の高校でした
 私たちの生徒総会で制服自由化を決めました。
 当時としては画期的なことでした。
 友人の葬儀に参列して思ったこと
 あと何年生きられるか
 神様でもご存知ありません。
 悔いのない残りの人生を全うしたいと思います。
 少しでも人様から感謝される仕事をしたいと思います

投稿者 sapporobiyou : 19:25 | コメント (0)

2014年06月26日

お父さん、沢山の思い出をありがとう

 札幌西高校の同級生、
 奥田昭雄くんの通夜と告別式に参列してきました
 奥様から、
 心からの感謝をこめて
 というお手紙をいただきました。
 お父さん、沢山の思い出をありがとう
急な別れだと思われるかもしれませんが、夫が癌を患い、最初の手術をしたのは一昨年のこと。翌年はリンパに転移し、今年に入ってからは抗がん剤治療を会儀なくされて…。しかし、どんなに体力が落ちても最後まで“病気を克服する”と強い意志を持ち読けて療養に励んでおりました。そのひたむきな姿は、今もこの目にしっかりとやきついております。誰もいない家に帰るのを嫌がるほど寂しがリ屋でしたから、沢山の方にお見送り頂き、夫も喜んでいることと思います。
訪れた別れは悔やまれますが、これまで精一拝命を輝かせてくれたことに感謝し、向かう先でもきっと私たちを見守ってくれると信じて…万感を込めて「ありがとう」を捧げます。
夫奥田昭雄は、平成26年6月24日、享年61歳にて生涯をとじました。
良きご縁に恵まれ、幸多き人生を歩ませて頂いた夫に代わり、深く感謝申し上げます。本日はご会葬頂き、誠に有難うございました。
略儀ながら書状をもって謹んで御礼申し上げます。
平成26年6月26日
喪主_奥田純枝

      ■         ■
 告別式では、
 奥様と2人のお嬢様が、
 奥田くんに最後のお別れをしていました。
 6月20日金曜日に入院先の病院から、
 ご自宅に戻られたそうです。
 亡くなられたのが、
 6月24日午前3時頃です。
      ■         ■
 最後の4日間だけでも、
 ご自宅に戻られて、
 奥様やお嬢様に見守られて、
 奥田は天国に旅立ちました。
 奥田、いいやつだった。
 お前、自宅から天国へ行けるなんて、
 最高に幸せものだぜ。
 クラス会で会えなくて残念だった。
 心からご冥福をお祈りしています。

投稿者 sapporobiyou : 16:42 | コメント (0)

2014年06月25日

札幌西高の同級生【奥田昭雄さん】ご逝去

 札幌西高校3年7組で同級生だった、
 奥田昭雄さんが平成26年6月24日にご逝去されました。
 心から哀悼の意をささげます。
 奥田くんはクラスの運営委員でした。
 明るく元気な人でした。
 行事には必ず参加し、
 リーダーの一人でした。
      ■         ■
 室蘭工業大学に進学され、
 一級建築士になりました。
 日本上下水道設計㈱で設計の仕事をしていました。
 名古屋から札幌に転勤となり、
 私と同じ札幌市西区琴似に住んでいました。
 私が開業してからは、
 帰りのJRでよくいっしょになりました。
      ■         ■
 3年7組のクラス会を、
 『本間、次はお前が(幹事を)やれ。』
 『女子も呼べ』
 …と決めてくれたのは、
 奥田くんでした。
 行方不明の人がいると、
 電話をしてくれたり、
 メルアドを調べてくれました
      ■         ■
 2年前のクラス会の時に、
 次は還暦の年にやろう
 それまで
 みんな元気でな
 …と決めたのに、
 還暦クラス会の1ヵ月前にお亡くなりになりました。
 とても残念な思いです。
 今晩はお通夜に行ってきます。
 心からご冥福をお祈りしています。
・通夜:平成26年6月25日(水)18:00~
・告別式:平成26年6月26日(木)9:00~
 やわらぎ斎場センティア28
 喪主:奥田純枝(すみえ)様
 〒060-0062
 札幌市中央区南2条西8丁目12-1
 電話:011-233-4411

20140625
2007年9月8日

投稿者 sapporobiyou : 16:33 | コメント (0)

2014年06月24日

そら君の5歳の誕生日

 今日はそら君5歳の誕生日です。 
 ポメラニアンとミニチュアダックスの雑種です。
 わが家の癒し犬ですが、
 インターホンのピンポンに吠えたり…
 動物病院で吠えたり…
 エレベーターで吠えたり…
 窓の外に来るカラスにも吠えます。
      ■         ■
 子どもがいなくなった本間家には、
 私と家内とそら君だけです。 
 いやしい犬で…
 何でも食べてしまう困った犬です。
 ラップを食べて開腹手術もありました
 開腹手術の痕もわからず元気になりました。
      ■         ■
 そら君がおとなしく…
 一番従順なのは…
 餌をもらう前です。
 家内が最初に半分与え…
 後から私が残りを与えます。
 さくらんぼさんからいただいたりんごも、
 少しだけ分けてやります。
 昨年秋にいただいたさくらんぼさんのりんご、
 ラップに包んで冷蔵庫で大切に保管し、
 今朝で最後になりました。
 りんごのおかげで病気知らずです
 さくらんぼさんのりんごに感謝しています。

20140624

投稿者 sapporobiyou : 19:51 | コメント (0)

2014年06月23日

札幌駅前通り2014

 札幌美容形成外科の斜め向いに、
 札幌三井JPビルディングが建設されています。
 建物はほぼ完成、
 立派なビルができました。
 赤れんがテラス(Akarenga TERRACE)
 …という商業施設ができます。
 ビル横の通りから北海道庁赤レンガがよく見えます。
      ■         ■
 ビル横の北3条通りは、 
 2014年7月19日にオープンする歩行者専用広場です。
 ここは、2014年8月29日~31日まで、
 花のじゅうたんになります
 正式名称は、
 札幌市北3条広場
 札幌市の事業です。
      ■         ■
 地下歩行空間ができてから
 すっかり人通りが少なくなった札幌駅前通りです。
 札幌三井JPビルディングが完成して、
 少しでも多くの人に訪れていただきたいです。
 札幌美容形成外科からすぐです。
 秋にはいちょう並木がきれいです
 今から楽しみです。 

20140623

20140623-2

投稿者 sapporobiyou : 20:39 | コメント (0)

2014年06月22日

乳がんをきれいに手術する

 平成26年6月21日土曜日16:00から
 第5回北海道形成外科フォーラム“北の大地”2014が
 札幌グランドホテルで開催されました。
 形成外科医や看護師を対象とした勉強会です。
 昨日のテーマーは、
 乳房オンコプラスティックサージャリーを学ぼう!でした。
 北大形成外科の山本有平教授の企画です。
      ■         ■
 乳房オンコプラスティックサージャリーは、
 聞きなれない言葉です。
 医師や看護師でも…
 『はて?』
 『あれ?』
 『なんだったっけ?』
 『あれだ、あれ。。。』
 なかなか理解できない人も多いと思います。
      ■         ■
 簡単に言うと、
 今日の表題のように、
 乳がんをキレイに手術するです
 乳線外科の先生は、
 他の外科医より傷をきれいに縫合する先生が多いです
 乳房オンコプラスティックサージャリーは、
 傷だけではなく形もきれいに手術する乳癌手術です。
      ■         ■ 
 昨日の講演で、
 私が感動したのは、
 喜島祐子(きじまゆうこ)先生のご発表でした。
 喜島先生は、
 鹿児島大学大学院腫瘍学講座_消化器・乳腺甲状腺外科_診療講師
 そう鹿児島の先生です
 手術が丁寧できれいでした。
 形成外科専門医も驚くほどきれいな手術でした。
      ■         ■
 お聞きしたところによると、
 喜島先生は形成外科の酒井成身先生のお弟子さんです。
 酒井先生といえば、
 美容形成外科医で知らない人はいない、
 乳房再建外科の権威です。
 当院で行っている陥没乳頭手術も酒井法です
 懇親会でお聞きしたところによると、
 酒井チルドレンだそうです。
      ■         ■
 喜島先生は少ないスタッフで、
 一人ひとりの患者さんを、
 大切に手術していらっしゃいます。
 北海道からはちょっと遠いですが、
 自分の身内が乳がんになったら、
 鹿児島大学乳腺甲状腺外科
 喜島祐子(きじまゆうこ)先生をすすめます。
 信頼できる女性医師です

投稿者 sapporobiyou : 16:23 | コメント (0)

2014年06月21日

公衆電話がない2014

 私はめったに実家に行かない親不孝者です
 親は院長日記を読んで
 私が元気かどうか確かめているようです。
 先日、86歳の母親がポツリと…
 公衆電話がなくて、
 携帯を持っていないと連絡ができない
      ■         ■
 確かに札幌駅前通りにあった公衆電話、
 いつの間にか撤去されていました
 札幌美容形成外科近くの公衆電話は、
 海外にもかけられる電話ボックスでしたが、
 電話ボックスそのものを見なくなりました
 絶滅危惧種です。
      ■         ■
 あんた、どんなのがいいか?
 考えてくれない?
 はぁ…。
 らくらくホンだって
 使いこなすのは結構大変です。
 母親は目が悪いので、
 PCの設定も字を大きくしています
      ■         ■
 老人向け携帯電話も結構な価格です。
 一台3万円以上します。
 あまり売れないからかも?です。
 一ヵ月に1回使うか使わないかの携帯に、
 そんなにお金をかけるのもなぁ~と困っています。
 私も、もう老人の仲間ですが、
 高齢者には住みにくい世の中になってきているようです

投稿者 sapporobiyou : 17:00 | コメント (0)

2014年06月20日

「まつエク」トラブル急増

 平成26年6月20日、朝日新聞朝刊の記事です。
 まつエク手軽さの陰で_まつ毛に人工毛接着、目ヂカラアップ
 まつ毛に人工毛を接着する「まつ毛エクステンション(まつエク)」の愛用者が急増している。目ヂカラがつき、メーク時間も短縮されると人気の一方で、技術不足の施術者によるトラブルも絶えない。警察による無免許店の摘発も増えている。拡大する業界は、安全面の整備に乗り出した。
 東京都内の女性会社員(29)は昨春、忙しい職場に異動したのを機にまつエクを始めた。両目に計150本。逆さまつ毛が嫌で、アイメークは1時間はかかる「毎朝の大仕事」だった。まつ毛を柔らかくして、ビューラーにマスカラ――。それが今ではメーク全体で5分足らず。温泉に行くのも苦ではなくなった。
 「コンプレックスをフワッと消してくれた。他人は気づかない程度のことでも、自分の気持ちは楽になった」
 「メークが楽で、時間短縮になる」と話す美容専門誌「VoCE(ヴォーチェ)」の湯川円副編集長(41)も愛用者の一人。湯川さんによると、まつエクは約10年前から広まり、3年ほど前からは爆発的なブームに。「つけまつ毛よりお手軽でナチュラル。ファッションもナチュラル志向のいまどきの女性にうけている」
 都内に6店舗を展開するまつエク専門店「ヴィーナス・ラッシュ」は、5年前に比べ4店増え、売り上げは1.5倍に急成長。利用者の年齢層は10~70代と幅広く、「目力を強くしたい」と来る営業職の男性もいるという。
かぶれや視力低下無免許で施術 トラブル急増
 ブームの陰で、トラブルも急増している。
 都内の20代の女性会社員は2年前にまつエクを始めた。結膜炎だったが、「安いお店に行かなければ大丈夫かな」。1ヵ月もたたずに目元がかゆくなり、眼科にいくと、粘膜近くに人工毛がつけられ炎症を起こしていると診断された。今はマスカラさえ異物感を感じ、アイメークはしていない。
 国民生活センターによると、まつエクに関する相談は2009年度以降毎年100件前後。2004年度以降、2014年6月19日までの652件の内容は、充血やアレルギーなど(396件)▽かぶれなど(179件)▽視力低下など(28件)と続く。
 梶田眼科(東京都港区)の梶田雅義院長によると、まつエクのトラブルで来院する患者の多くは接着剤へのアレルギーという。約1ヵ月間まぶたが腫れ続けた例や、ピンセットで角膜を傷つけていた例もあった。「角膜が白く濁り、視力が低下する可能性もある」
 厚生労働省は2008年、施術には美容師免許が必要だと各都道府県などに通知。警察庁によると2013年までの4年間に美容師法違反(無免許営業など)の疑いで45人が逮捕や書類送検されている。先月28日にも従業員に無免許で施術をさせていたとして、名古屋市のエステ店経営会社社長の女(40)ら4人が同容疑で逮捕された。
美容師免許技術とは別
 美容師免許を持っていても、まつエクの技術が高いとは限らない。
 美容師免許は、美容学校など全国270カ所の国指定の養成施設で2~3年以上学ぶ必要があるが、まつエクについては2012年から必修科目の教科書に2ページ記載され、現在は5ページ。実践的な技術は選択科目のため、まつエクの技術がなくても美容師にはなれる。
 公益社団法人日本理容美容教育センターは、今年4月にまつエクの教科書(約100ページ)をつくり、約半数の養成施設に送ったばかりだ。厚労省生活衛生課の担当者は「これまでよりも安心して施術を受けられる状態になりつつある」というが、人工毛や接着剤の材質に関する基準もない。
 同省によると、美容師免許を持ち働いている人は約48万人(2012年度)だが、まつエク従事者数は不明。業界団体、日本まつ毛エクステンション協会が約1万5千人と推測するのみだ。
 同協会の佐藤慶子専務理事は、「簡単に出店できる分、安全への認識も技術も不足していた。業界は今過渡期。そうした店が淘汰(とうた)されることは利用者にとってもいいことだと思う」と話す。(小寺陽一郎、牛尾梓)
 (以上、朝日新聞より引用)
      ■         ■
 私は職業柄よく女性の目を診ます。
 はっきり申し上げて…
 まつエクはおすすめしません
 いたんだまつ毛をよく見ます。
 まつ毛の抜け毛で、
 まつエク効果台無しの人もいらっしゃいます。
 技術力の差もあります。
 どうしても必要でしたら…
 お店をよく選んでいただきたいです。

20140620
(朝日新聞より引用)

投稿者 sapporobiyou : 22:02 | コメント (0)

2014年06月19日

公立病院の自由診療

 私は長い間公立病院に勤務しました
 釧路労災病院
 市立札幌病院
 JA帯広厚生病院
 今はどうかわかりませんが、
 私が勤務した時代には公立病院で自由診療はできませんでした
 自由ではありませんでした。
      ■         ■
 保険外の料金は公立病院にもあります。
 診断書料金とか、
 個室の差額料金です。
 主任部長でも、
 院長でも、
 勝手に料金を決めることはできません。
      ■         ■
 都道府県や市町村が経営する病院は、
 議会の承認を得て、
 料金徴収条例を改正する必要がありました。
 大きな病院の院長先生は、
 議会に出て答弁をします。
 議会答弁が好きな院長は、
 私が知る限りいませんでした。
 美容整形の料金条例を決めた議会は、
 私は知りません。
      ■         ■
 ある病院に勤務していた時、
 若い女性が診察室にいらっしゃいました。
 私:今日はどうなさいましたか?
 患者さん:………
 私:どこか痛いですか?
 患者さん:………
 私:どこですか?
 患者さん:あのぅ……
      ■         ■
 消えそうな声で、
 恥ずかしそうに、
 患者さんが訴えられたのは、
 おへそでした。
 ちょっと出っ張っていました。
 よくよくお聞きすると、
 小さい時からずっとコンプレックスだったそうです。
      ■         ■
 幼稚園でも、
 小学校でも、
 中学校でも、
 高校でも、
 とにかく身体検査は大嫌い。
 女子に見られるのもイヤでした。
      ■         ■
 おへそが見える水着なんんて、
 絶対に着れませんでした
 本人には何の責任がないのに、
 ちょっとだけおへその形が違う人がいます。
 これは美容目的だから保険外です。 
 心ある形成外科の先生だったら、
 おへその相談にそんなことは言いません。
 私は自分自身がでべそでした
 その患者さんは、もちろん保険診療で手術をしました。
 とても喜んでいただいた記憶があります。
 今でも同じ気持ちで手術をしています。


生後3ヵ月頃の私です

投稿者 sapporobiyou : 19:32 | コメント (0)

2014年06月18日

保険で治せるものは保険で!

 私が開業する時に考えたことです。
 日本美容外科学会HPの自己紹介にも書きました。
 平成16年8月、札幌美容形成外科を開業しました。開業する時に、美容外科・形成外科という医療を、リーズナブルな価格で提供するという原則を考えました。
 せっかく毎月高い健康保険料を払っているのですから、『健康保険を使えるものは保険で安く手術いたします』というのが私の考えです。私のモットーは『いいものを安く』。保険診療で手術が可能な疾患は保険で治療しています
 日本の厚生労働省は、国民にわかりやすく医療保険制度を説明していません。一部の人はワキガ手術や眼瞼下垂症手術を保険でできると知っていますが、大部分の国民は知りません。医学部や看護学校で試験に出しても学生は間違います。
 美容医療業界も競争が激しく、札幌にも新しい美容外科が次々と開店します。
 どんなに競争が激しくなっても、適正な料金で生活を快適にする技術力があるクリニックは生き残ります。
 私のロマンとビジョンは、最高水準の安全で快適な医療を適正な価格で提供することです

      ■         ■
 残念なことですが、
 美容の2文字がついただけで、
 うさんくさく思われます
 現実に胡散臭いクリニックがあります
 院長日記に書いた内容を削除してくれと、
 内容証明郵便を送ってきたところもありました。
      ■         ■
 札幌美容形成外科には、
 強力な助っ人、
 弁護士法人高橋智法律事務所がついてます
 高橋智弁護士から内容証明を送っていただき、
 その後は何も言ってきません。
 頼りになる弁護士さんです
      ■         ■
 どうしても保険適応にできない疾患もあります。
 私が一番感じるのは、
 女性の小陰唇肥大です
 とてもお気の毒な方がたくさんいらっしゃいます。
 見た目の問題ではありません
 下着や生理用品にあたって、
 赤くかゆくなっていて、
 日常生活に支障がある方が大部分です。
 親切丁寧に手術をしています
 一回だけですが脱毛も無料で施術しています。
 いつの日か保険適応になるとよいと思って手術をしています。

投稿者 sapporobiyou : 16:10 | コメント (0)

2014年06月17日

道庁横のラベンダー2014

 私が毎年楽しみにしているラベンダー
 道庁横のラベンダーを見ながら通勤しています
 今年は5月に異常とも言える高温があったかと思えば、
 ここ数日は肌寒い日が続いています。
 高温時期に一気につぼみが膨らんだラベンダーが、
 低温でちょっとお休みしています。
      ■         ■
 北海道新聞によると
 札幌も11日連続の降水で、6月としては2006年以来8年ぶり。
 「えぞ梅雨」と感じるような天候となっている。

 えぞつゆ
 梅雨がないさわやかカントリー北海道にしては、
 ちょっと異常な2014年の天候です。

20140617

2014年6月17日

20140617-2

道庁の池

投稿者 sapporobiyou : 18:46 | コメント (0)

2014年06月16日

節税対策と不動産2014

 私くらいの年代の医師なら、
 一度はかかってきたことがあると思います。
 『日本エスクードの宮本と申します。』
 先生の節税対策のために、』
 『大阪、上本町のマンションを』
 『特別にご案内いたします。』
 『高い税金に困っていらっしゃいませんか?』
 先生先生先生
      ■         ■
 こんな電話がかかってきます。
 会社名を言わないところや、
 医療関係者を名乗るところもあります。
 半分おどしのところもありました。
 学会関係を名乗ることもあります。
 他の先生と同じように、
 私は電話に出ないことにしています
      ■         ■
 もし万一、
 私が出てしまった時には、
 節税対策するほどもうかってません
 赤字ですから
 もうかけないでください。
 まだ仕事中です。
 とにかく断ることにしています。
      ■         ■
 節税対策には、
 ちょっと心が動きます。
 札幌北税務署さんごめんなさい。
 私はしっかり納税しています。
 脱税は医師免許取消しになります
 はっきり申し上げて、
 若い先生に節税対策で不動産購入はすすめません
 不動産は価格が暴落することがあります。
 大震災でマンションが倒壊すると
 価値はゼロになり借金だけが残ります。
 もし高い税金にお悩みでしたら、
 たよりになるのはアトラス総合事務所です
 井上修先生が書かれた本が役立ちます

投稿者 sapporobiyou : 19:50 | コメント (0)

2014年06月15日

予定納税2014

 昨日、札幌北税務署から納税通知書が届きました。
 平成26年分所得税および復興特別所得税の予定納税額の通知書(一般用)です。
 サラリーマンの方にはなじみがないと思います。
 大学病院勤務の研修医の先生も、
 大学教授の先生も、
 民間病院の先生も、
 外勤とか、
 出張とか、
 勤務先以外の病院から得た、
 アルバイト収入のある人に来ることがあります。
      ■         ■
 私たち開業医にも来ます。
 毎年3月に確定申告をして納税をします。
 簡単に説明します。
 ある程度の金額の納税をすると、
 あなたはこれだけの納税をしたのだから…
 今年も結構なお金を稼ぎますよね…
 だから…
 税金もこれだけ納めておきなさい。
 …というのが予定納税です。
      ■         ■
 こんなことを言うと叱られると思いますが…
 大学病院のお給料なんて…
 教授職ですら
 大手企業に比べると少ないものです
 それを補ってくれるのが、
 外病院の勤務とか、
 関連病院への出張です。
 教授職になると少し単価がUPします。
      ■         ■
 外で稼ぐお金が多ければ多いほど…
 確定申告で払う税金が多くなります。
 稼いだお金はしっかり申告しないとペナルティが来ます
 税務署は厳しいですょ。
 一箇所でも抜けると…
 修正申告をしなくてはならなくなります。
 源泉徴収票を紛失してもダメです。
 給与を支払った病院側はしっかり税務署に届けています。
 電子申告なのでごまかせません。
      ■         ■
 平成26年予定納税の納期は、
 第一期分が平成26年7月31日
 第二期が平成26年12月1日です。
 地方税の納期
 第1期分が平成26年6月30日
 第2期が平成26年9月1日
 第3期が平成26年10月31日
 第4期が平成27年2月2日です。
 ほぼ毎月税金を納めなくてはなりません。
      ■         ■
 予定納税と地方税のために、
 アルバイトで稼いだお金はしっかり貯金しておきましょう
 わからないことは、
 直接税務署に聞きましょう。
 税務署が怖い先生には、
 アトラス総合事務所をおすすめします
 公認会計士の井上修先生が書かれた本も役に立ちます
 ネット時代の会計事務所です

投稿者 sapporobiyou : 18:33 | コメント (0)

2014年06月14日

さくらんぼをいただきました2014

 山形のさくらんぼさんから、
 今年もさくらんぼをいただきました。
 宝石のようなさくらんぼです。
 2008年からの記録が残っています。
 毎年、ほんとうにありがとうございます。
 さくらんぼさんと知り合ってから、
 果物作りの大変さが理解できました。
      ■         ■
 昔の院長日記を読んでみると、
 札幌美容形成外科の変遷がわかります。
 私もとしをとりました。
 今年は還暦です。
 毎年パワーが落ちていきますが、
 洗濯機も買い換えたので
 あと10年は体調に気をつけてがんばります。
 みなさまのご支援♡♡ご声援に感謝しています。
 2013年
 2012年
 2011年
 2010年
 2009年
 2008年
 もう7年間も毎年いただき、
 ほんとうにありがとうございます。
 職員一同感謝しております。

20140614

投稿者 sapporobiyou : 16:24 | コメント (0)

2014年06月13日

お父様が急逝

 知り合いの先生のお父様が急逝されました。
 衷心よりご冥福をお祈りいたします。
 FBで知りました
 たくさんの先生がFBでコメントされています。
 盛業中の先生です。
 たくさんの患者さんが予約していらっしゃいます。
 今日は診療をなさるとのこと、、
 さぞ大変だと思います。
      ■         ■
 医者は親の死目に会えないと言われています。
 私も親の死目に会えないかも?です。
 形成外科医は、
 臨終の場面に立ち会うことは少ないです
 美容外科医はもっと少ないと思います。
 親の旅立ちに立ち会えないのは、
 親不孝かもしれません。
      ■         ■
 私が親の立場だったら、
 『先生や看護師さんによくしてもらっているから、』
 『無理して来なくてもいいょ。』
 『ドナーカードに書いてあるから…』
 『(使える)臓器はすべて提供して…』
 …と言うでしょう。
 臨終前に言えるといいですが…
 言えないかもしれません。
      ■         ■
 お父様が急逝された先生は、
 とても優秀な先生です。
 どんなお父様だったかは存じませんが、
 きっとお嬢様の成長を喜んでいると思います。
 お孫さんもいらしたようです。
 お孫さんがそばにいてくれると嬉しいと思います。
 きっとやさしいおじいちゃんだったと思います。
 心からご冥福をお祈りしています。

投稿者 sapporobiyou : 20:50 | コメント (0)

2014年06月12日

私の床屋さん2014

 今日の札幌は時々大雨。
 北海道地方は大雨の影響で、
 札幌⇔函館間のJRが一日運休。
 室蘭方面へのJRも運休しています。
 被害が出ないことをお祈りしています。
 山形は大丈夫でしょうか?
      ■         ■
 私は休診日だったので床屋さんに行きました。
 実は…
 2年前の4月から、
 床屋さんが変わりました。
 私の床屋さん歴です
 高校生の時から、
 47歳くらいまで…
 約30年近くも、
 西区八軒の『むつみ』さんという
 理容室にお世話になっていました。
 加藤さんという、
 とても真面目なおじさんでした。

      ■         ■
 残念なことに、
 ご主人が病気で他界されてしまいました。
 家族のようなお付き合いをさせていただいていました。
 ご主人と奥様の2人で
 経営なさっていらっしゃいました。
 おじさんが亡くなった時には、
 火葬場まで行って、
 骨も拾わせていただきました。
 ほんとうに、いいおじさんでした。
 結婚式の前日にもお世話になりました。

      ■         ■
 その後、
 札幌市西区琴似にある福原さんという
 理容室でお世話になりました。
 福原さんは、
 ご夫妻と息子さん、
 従業員のお兄ちゃん、
 4人で、
 椅子3台の理容室です。
 今は息子さんの代になっています。

      ■         ■
 福原さんでお世話になっていたのですが、
 2年前の4月、
 学会前にどうしても髪を切ってもらいたくて、
 日曜日の仕事が終了してから、
 大急ぎで福原さんへ行きました。
 残念なことに、
 日曜日は閉店時間が1時間早く、
 お店が終了していました。
      ■         ■
 困ったなぁ~
 学会なのに…
 髪が伸びて嫌だなぁ~
 …と思ってとぼとぼ歩いていました。
 偶然見つけたのが、
 今お世話になっている、
 ヘアーアップスさんでした
      ■         ■
 ここは元のイトーヨーカードーにできた商業施設、
 5588KOTONI(ごーごーはちはち琴似)の一階にあります。
 富士メガネの前です
 昔、日本旅行が入っていた場所でした。
 福原さんより安い床屋さんです。
 失礼ながら…
 安いのに大丈夫かなぁ~?
 …とちょっと心配でした。
      ■         ■
 ところが、
 安いのに…
 1時間もかけて丁寧に散髪してくださいました。
 仕上がりも上手でした。
 かみそりの当てかたも上手でした。
 何より便利だったのが、
 予約制で待たなくてもよい
 これが助かりました。
 福原さんごめんなさい。
 2年前から5588の床屋さんにお世話になっています。
 今日もとてもさっぽりしました。
 堀越さんに感謝しています。

投稿者 sapporobiyou : 18:36 | コメント (0)

2014年06月11日

うさんくさい美容整形

 第102回日本美容外科学会(JSAS)③
 サフォクリニック白壁征夫先生の特別講演
 日本における美容外科の歴史で印象に残ったのが、
 日本ほど、
 不適切な注入が行われた国はない
 …という先生のお言葉です。
      ■         ■
 確かに…
 戦後の混乱期ということもあるでしょうが、
 パラフィンなど、
 注入してはいけない異物を…
 安全ですぅ…
 …と注入された例がたくさんあります。
 私が子どもの頃に、
 有名な俳優さんの顔が変形した記憶があります。
      ■         ■
 美容
 …の2文字がついただけで、
 何となく
 うさんくさい
 …と思われます。
 美容整形、
 美容形成、
 美容皮膚科、
 美容内科、
 どこを信用していいのかわかりません。
      ■         ■
 美容外科大国の韓国。
 ソウル市に住む韓国の人が、
 たくさんありすぎて、
 どこの美容外科にかかっていいのかわからない
 韓国でも、
 不適切な治療で悲惨な結果になる例があります
 言葉が通じない日本人が、
 韓国で手術を受けるのは大変です。
      ■         ■
 日本形成外科学会専門医でも、
 手術が下手な先生がいます
 現在の専門医試験には、
 実技試験はありません。
 ほんとうに手術が上手か?わかりません。
 私が美容外科を標榜するようになって10年以上になりました。
 これからも、
 うさんくさくない美容形成を目指します。

投稿者 sapporobiyou : 16:23 | コメント (0)

2014年06月10日

ちょっとした会話からの発想

 昨日の院長日記、
 第102回日本美容外科学会(JSAS)③
 …で白壁征夫先生の特別講演のことを書きました。
 白壁先生は、
 1986年に米国美容外科学会で
 「東洋人のためのフェイスリフト手術」で
 ウォルター・スコット・ブラウン賞を受賞されました。
 すごいことです。
      ■         ■
 SMAS法(すます法)という、
 今では常識となっている筋膜を引き上げる手術法です。
 東洋人にSMAS法をはじめて応用したのが、
 白壁征夫先生です。
 先生が海外の学会に出席した時、
 たまたまコーヒーショップで同席した先生に、
 SMAS(すます)のことをお聞きしたそうです。
      ■         ■
 日本人に応用して…
 発表してもよろしいですか?
 …と白壁先生がお聞きしたところ…
 どうぞどうぞ
 …とお許しをいただきました。
 日本に戻って積極的に手術を行い、
 発表した結果が受賞につながりました。
      ■         ■
 アイデアを盗んだわけでもなく、
 堂々とお許しをいただいて、
 実際に手術を行って、
 発表し、
 受賞です。
 実に素晴らしいことです。
      ■         ■
 白壁先生は講演中に、
 まさか日本人でSMASをするとは…
 思わなかったのでしょうね…
 …と話されていました。
 学会に参加すると、
 他の先生と友だちなることができます
 ちょっとした会話から
 新しい発想が生まれることがあります
 若い先生にも学会に参加されることをおすすめします。
 毎日同じことの繰り返しでも、、、
 何かを考えることで新しい発想が生まれます。

投稿者 sapporobiyou : 20:21 | コメント (0)

2014年06月09日

第102回日本美容外科学会(JSAS)③

 雨の東京から札幌へ戻りました。
 北海道も小雨でした。
 よさこいの最終日でした。
 一週間に2回も上京は、
 はっきり言って疲れました。
 ビジネスマンはすごいなぁ~。
 チェーン店の先生で移動するのはすごいなぁ~。
 …と思って飛行機で爆睡していました。
      ■         ■
 今回の学会で一番印象に残ったのは、
 サフォクリニック白壁征夫先生の特別講演でした。
 日本における美容外科の歴史
 白壁征夫先生のお父様は、
 大阪で白壁美容外科を開業していらっしゃいました。
 関西で、
 美容整形といえばしらかべ先生でした。
      ■         ■
 白壁征夫先生によると、
 もともと美容整形は、
 目は眼科
 鼻は耳鼻科でした。
 戦前からあったそうです。
 終戦後に、
 戦地から戻ったお医者さんが、
 美容整形医になった時代もありました。
      ■         ■
 戦争では、
 衛生兵と呼ばれる人が、
 医師の代わりに手術をしたこともあったようです。
 その衛生兵が、
 やみで美容整形をしたのもあったそうです。
 昔から、
 手術前の不安
 失敗したら
 …という懸念がありました。
 昔のパンフレットも見せてくださいました。
      ■         ■
 2004年10月軽井沢で第27回日本美容外科学会が開催されました
 会長が白壁征夫先生でした。
 台風の影響で飛行機が飛ばず、
 しかも軽井沢だったため、
 全員必死の思いで学会へ行きました。
 とても実りの多い学会でした。
 この第27回日本美容外科学会で、
 形成外科系としてはじめて、
 高須クリニックの高須克弥先生と
 当時の聖心美容外科総院長の山川雅之先生を招かれたのが、
 白壁征夫先生です。
      ■         ■
 はっきり言って、
 形成外科医より、
 美容整形出身の先生が症例数が多いです
 経験豊富な先生も多いです
 私は今でも、
 2つの日本美容外科学会が仲良くなれるといいと願っています。
 両方の学会に出席しているのは、
 どちらの学会に出ても得るものがあるからです。
 いつの日か2つの日本美容外科学会が一つになってほしいです

投稿者 sapporobiyou : 20:26 | コメント (0)

2014年06月08日

第102回日本美容外科学会(JSAS)②

 2014年6月7日(土)東京は雨でした。
 2014年6月8日(日)も雨です。
 JSASの学会運営は、
 長い間、高須克弥先生が担当なさってくださいました。
 残念なことですが、
 昨年から高須先生のお姿がありません
 参加者も少なくなった気がします。
      ■         ■
 形成外科系の美容外科学会とはちょっと違います。
 昨日のあるチェーン店系の先生のご発表、
 聞いていてちょっとなぁ~?
 …と思うものがありました。
 今回我々は、患者満足度の極めて高い、○○二重術、○○法を完成した。
 …と抄録に書かれていました。
      ■         ■
 発表後に座長から、
 先生の発表には、具体的な手術法がありませんでした。
 手術法について説明してください。
 …と発言がありました。
 別の先生は、
 その方法は、
 私たちが考えて、先生に教えた方法です
 …と猛然と抗議されました。
      ■         ■
 私が聞いていて、
 猛然と抗議した先生が言っていることがほんとうだと感じました。
 このような議論は、
 形成外科系美容外科学会では聞けないものです。
 競争の厳しさを感じました
 こちらの学会でも、とても丁寧に、
 正直に発表される先生が大部分です。
 私が聞いていて勉強になる発表もあります。
      ■         ■
 腋臭症に関する発表の後で、
 他の先生たちと会場で話しました。
 患者さんからのクレーム。
 他のクリニックで最新機器で治療を受けても、
 やっぱり臭うと来院される患者さんのこと
 ○○という機器では、
 やっぱり臭いがなくなりませんね
 …など本音の会話ができます。
 JSASに参加する意義はこうした本音の会話です。
 実際に困っていることを他の先生と正直に話せるのが、
 JSASのいいところです。

投稿者 sapporobiyou : 15:41 | コメント (0)

2014年06月07日

第102回日本美容外科学会(JSAS)①

 第40回日本熱傷学会(さいたま)には、
 2014年6月4日(水)の評議員会と、
 2014年6月5日(木)に参加しました。
 2014年6月5日(木)夜に札幌に戻り、
 レセプトチェックをして、
 2014年6月6日(金)は手術や抜糸をしました。
 2014年6月6日(金)夜の飛行機でまた上京しました。
      ■         ■
 2014年6月6日(金)は、
 東京地方大雨の影響で、
 飛行機が大きく乱れていました。
 私が搭乗したANA82便は、
 定刻より1時間半遅れて、
 23:36に羽田空港に着きました。
 さすがに疲れました。
      ■         ■
 品川までは京急で行きましたが、
 そこから先は大宮行き最終電車だけでした。
 ようやく最終電車に乗って、
 新橋までたどり着きました。
 首都圏の最終電車に乗ったのは、
 おそらくはじめてで、
 これからもないだろうと思います。
 貴重な経験でした。
      ■         ■
 今日から2日間の日本美容外科学会(JSAS)は、
 東京ビッグサイトで開催されます。
 ちょうど一年前と同じ場所です。
 今年の学会は、
 山川雅之先生が会長です。
 The Clinic統括指導医。
 聖心美容外科を作られた先生です。
 2つの日本美容外科学会があります
 私は両方の学会に所属して、
 両方の学会に参加しています。
 学会の報告は明日以降に書きます。

投稿者 sapporobiyou : 22:20 | コメント (0)

2014年06月06日

第40回日本熱傷学会(さいたま)②

 熱傷(ねっしょう)は熱による皮膚や組織の損傷です。
 やけどと入力して変換すると、
 火傷になります。
 という字には、
 火炎のニュアンスがあるので、
 やけどの学会は、
 日本熱傷学会です。
      ■         ■
 やけどはだれでも
 一生に何回か経験する痛い外傷です。
 小範囲のやけどや、
 浅いやけどは、
 病院に行かなくても治ります。
 専門家が治すと…
 痛みが少なくなります。
 傷あとも目立たなくできます。
      ■         ■
 北大形成外科は私の恩師である大浦武彦先生が熱傷の専門家だったので、特に熱傷に力を入れていました。
 理由の一つは、北海道に炭鉱が多かったことです。私が中学校3年間を過ごした、北海道夕張市は代表的な炭鉱都市でした。私の中学時代に、父親が勤務していた三菱大夕張炭鉱で大規模な炭鉱事故がありました。炭鉱は燃料になる石炭を掘り出す鉱山なので、事故が起こると石炭に火がついて火災になります。
 狭い坑道に炭塵(タンジン)という石炭の粉が充満しています。事故で坑内火災が起きるとそれに火がつきます。一度にたくさんの人がヤケドをします。特に、気道熱傷という、高温の煙を吸い込むことによる、のどから肺にかけてのヤケドで命を奪われます。もちろん、顔も手も体も重症のヤケドになります。

      ■         ■ 
 熱傷治療は大変です。
 広範囲の重症熱傷は生死にかかわります。
 今回の第40回日本熱傷学会では、 
 2013年8月15日に兵庫県福知山市で起きた、
 花火大会の重症熱傷について報告がありました。
 大変な事故でした。
      ■         ■
 熱傷はいつどこで受傷するかわかりません。
 1975年におきた新宿西口バス放火事件を契機に、
 東京女子医大形成外科に熱傷ユニットができました。
 東京女子医大形成外科は、
 日本でトップの熱傷治療施設です。
 たくさんの優秀な熱傷専門医を育てました。
      ■         ■
 3Kとも4Kとも言われる熱傷治療の現場で、
 若い先生をいかに育てるか?が大きな課題です。
 東京女子医大形成外科では、
 第35回日本熱傷学会①でご紹介した、
 キャセイ産業㈱代表取締役
 大島修治様が手術を受けました。
 大島様は、
 1996年7月会社に押し入った暴漢に、
 ガソリンを頭からかけられて
 火をつけられました。
 全身の60%のⅢ度熱傷。
 医師からは、
 命の保証はできないと告げられたそうです。
 5度の危篤状態と
 十数回の移植手術を乗り越えて、
 不屈の精神で再起されました。
      ■         ■
 命は助かったものの…
 首はやけどの傷のために動かず…
 【瘢痕拘縮(はんこんこうしゅく)といいます】
 右手は指が焼けてなくなってしまい、
 ものをつかむことすらできなかったそうです。
 九州から…
 東京女子医大形成外科の
 野﨑幹弘教授を紹介していただきました。
      ■         ■
 第35回日本熱傷学会長の故佐々木健司先生
 日本大学形成外科教授の仲沢弘明先生、
 女子医大形成外科教授の櫻井裕之先生、
 素晴らしい
 東京女子医大形成外科スタッフの手術で、
 見事に顔貌と手の再建が成功しました。
 ご自身の辛い体験を…
 著書/「人生逃げたらあかん」で紹介され、
 多くの人を勇気づけていらっしゃいます。
 熱傷治療はなくてはならない学問と治療です。
 一人でも多くの若い先生に参加してほしいです。

投稿者 sapporobiyou : 18:24 | コメント (0)

2014年06月05日

第40回日本熱傷学会(さいたま)①

 第40回日本熱傷学会に参加するため、
 さいたまに来ました。
 埼玉県さいたま市にある、
 さいたま新都心という街です。
 厚生労働省関東信越厚生局などが入った、
 立派な建物がたくさんあります。
 さいたま市はひらがなです。
      ■         ■
 昨日の評議員会では、
 熱傷専門医を受験する、
 若い先生が減っていることが話題になっていました。
 私がはじめて学会発表をしたのが、
 第10回日本熱傷学会でした。
 防衛医大皮膚科の、
 藤田恵一先生が会長でした。
      ■         ■
 それから30年後、
 今回は防衛医大防衛医学研究センター
 外傷研究部門急の齋藤大蔵教授が会長です。
 齋藤先生は防衛医大の卒業生です。
 第10回日本熱傷学会の時には、
 航空自衛隊の医官だったそうです。
      ■         ■
 第10回会長の藤田恵一先生は、
 防衛医大を退官後に、
 美容外科の十仁病院に勤務されました。
 十仁病院では、
 私の美容外科の恩師である、
 日高士郎先生と形成外科部門を担当されたと、
 以前、日高先生にお聞きしました。
      ■         ■
 熱傷治療は大変です。
 簡単に
 きれいに治りません
 美容外科とは無関係のようにも思います。
 難しい熱傷治療で得た知識や技術は、
 形成外科や美容外科に役立ちます。
 若い先生に、
 もっと熱傷学会に入っていただき、
 熱傷専門医を目指してほしいです。

投稿者 sapporobiyou : 19:28 | コメント (0)

2014年06月04日

正中頚嚢胞と異所性甲状腺

 医療事故情報センターから出されている、
 センターニュース№315
 2014年6月1日号の記事です。
 札幌の高橋智弁護士からの症例報告です。
 形成外科を専門とする先生に、
 ぜひ読んでいただきたいです。
 医療事故情報センターのセンターニュースを、
 もっと医療従事者に読んで欲しいです。
      ■         ■
 症例報告
正中頚嚢胞摘出術の結果、異所性甲状腺が摘出され、患児に甲状腺機能低下症が発症してしまった事例
 高橋 智(札幌弁護士会)
 札幌地裁平成23年(ワ)第1416号
 損害賠償請求事件 和解期日:平成26年3月25日
【患者】手術当時5歳の女児
【医療機関】公的病院
■事案の概要
 患児の咽頭の肉腫を正中頚嚢胞であると判断して摘出したが、術後に、病理検査及び甲状腺シンチグラム検査をしたところ、摘出した組織に異所性の甲状腺が含まれていたことが判明、その後、正常だった患児の甲状腺機能は低下した。
■主な経緯
 患児は、平成21年1月下旬頃、喉の辺りにできものを見つけたため、母とともに、小児科医を受診したところ、正中頚嚢胞の疑いの診断を受けた。同年2月上旬、同小児科医の紹介で相手方病院を受診した。触診及びエコー検査の結果、正中頚嚢胞の疑いがあると診断され、造影剤検査を受けることなく、平成21年2月10日、患児は相手方病院にて腫瘤摘出術を受けた。ところが、術後、摘出された腫瘍には甲状腺の細胞が含まれており、甲状腺は存在するものの異所性甲状腺がなくなったため今後甲状腺機能が低下していく可能性があることが判明した。その後、現実に患児の甲状腺機能は低下し原発性甲状腺機能低下症と診断されたため、チラージンの服用が開始された。
■主な争点
 正中頚嚢胞と異所性甲状腺の峻別方法はエコー検査で十分といえるかというのが主な争点の一つであった。
 正中頚嚢胞と異所性甲状腺の峻別は重要である。なぜならば、正中頚嚢胞であれば切除しても特段健康状態に影響は生じないが、異所性甲状腺だった場合は,甲状腺機能が失われるあるいは低下する結果をもたらす可能性が高いためである。峻別方法について、相手方は、文献を引用しつつ、甲状腺エコー検査で、正常な位置に甲状腺組織があれば、峻別可能であるとする立場をとっていた。一方、当方は、それだけでは不十分で甲状腺シンチグラムを必須とする文献もあるし、摘出時には外観から異所性甲状腺であると疑えるから、摘出前に術中迅速病理検査を行うこともできたはずであるとして、エコー以外の検査を実施して慎重に峻別すべきであった、あるいは、少なくとも、そのような方法があることを両親に説明すべきであったと主張した。
■解決
 相手方側と和解が成立した。解決金は、1800万円であった。
 なお、相手方側は、医療ミスはなかったが、患児の負担を真摯に受け止め和解を選択した
とのコメントが、本件事件を報道した新聞に掲載されている。
■若干のコメント
 正中頚嚢胞と異所性甲状腺の峻別については、どのような方法を用いて行うべきかについて、医師の見解に相違がみられるが、もっとも大切なのは、患者側に十分な情報が提供され、事前にどのような検査方法をとるかということについて、医師と患者が真摯に協議することである。
 甲状腺シンチグラムには放射線被曝のリスクもあるが、エコーには読影を誤るというリスクもある。摘出前には、術中迅速病理検査という方法もある。医療を受ける患児の立場に立って、甲状腺機能低下という結果を招かないように、医療機関には慎重にも慎重を期して欲しいとの思いから、本事件について寄稿することとした。(文責:高橋 智)

      ■         ■
 正中頚嚢胞は形成外科で扱う疾患です。
 私は35年間形成外科医をしていますが、
 異所性甲状腺を疑ったことは、
 一度もありませんでした。
 術前に甲状腺シンチをしたこともありません。
 せいぜいCTを撮ったくらいです。
 小さな子どもの画像診断は、
 動かないようにするだけでも大変です。
      ■         ■
 私が手術をしたとしていても、
 見落とした可能性はあります。
 でも、
 頚嚢胞の手術をしたのに、
 何か充実性組織があれば、
 変だな
 …と感じたと思います。
      ■         ■
 変だな
 …と手術中に思ったら、
 どうしたでしょうか?
 迅速病理検査ができる病院は少ないです。
 病理医もいないことがあります。
 手術前に申し込んでいないと、
 準備に時間がかかるのでできないこともあります。
      ■         ■
 患者さんには申し訳ありませんが、
 私も同じ誤ちをした可能性があります。
 学会発表でもあれば気付きますが、
 この裁判事例を読むまで知りませんでした。
 頚嚢胞は、
 耳鼻科や小児外科でも手術をします。
 高橋智先生の努力を無駄にしないためにも、
 われわれは気をつける必要があります。
 形成外科の先生は覚えておいてください

投稿者 sapporobiyou : 21:01 | コメント (0)

2014年06月03日

新聞の人事欄2014

 新聞にはネットに出ないことも載ります。
 北海道新聞には、
 北海道の企業や病院の人事が掲載されます。
 今朝の北海道新聞には、
 北海道新聞社の決算と人事が載っていました。
 私の札幌西高校の同期もいました。
 偉くなってました。
      ■         ■
 帯広で開業している友人から、
 FBで知らせてもらったことがありました
 新しいJA帯広厚生病院の看護部長さん
 形成外科にいた人じゃない?
 すごく優秀だって先生が言ってた…
 私はその記事を見落としていました。
      ■         ■
 さくらんぼさんと同じように、
 【お悔やみ広告】は必ずチェックしますが、
 新聞の最初の方にある、
 企業の人事欄はめったに見ません。
 友人に教えてもらって見つけました。
 うれしいことに!
 JA帯広厚生病院看護部長さんは、
 元東5病棟の看護師さんでした。
 やったぁ!♡
      ■         ■
 看護師と子育て、
 看護研究発表、
 見事に両立なさっていらした、
 それはそれは優秀な看護師さんでした
 往診に来てくれた同期の先生に、
 優秀な看護師さんと、
 私が紹介した看護師さんです。
      ■         ■
 日本熱傷学会で発表した研究は、
 座長の先生から…
 『帯広の看護師さんの発表はすばらしい!』
 …とお褒めの言葉をいただきました。
 自分が褒められたよりうれしかったです。
 帯広に帰ってきて、
 看護部に報告に行くと、
 教育担当の副看護部長さんが、
 とても喜んでくれました。
 JA帯広厚生病院看護部長さんは光り輝いています
 新聞の人事欄に載るなんてすごいことです。

投稿者 sapporobiyou : 20:56 | コメント (0)

2014年06月01日

美容外科一人あたり単価UPの罪悪

 昨日の院長日記、
 ボトックスの抗体産生に、
 なっちゅんさんからコメントをいただきました
 女性は美に貪欲ですからね。
 欲張ってしまうのでしょう。

 確かに、
 でも患者さんのせいだけではありません。
      ■         ■
きれいになりたい…!
 というのは万人の願いです。
おとぎ話の世界でも
鏡よ鏡よ鏡さん
世界で一番キレイなのはだぁーれ?
美は昔から人類共通の願望です
      ■         ■
 そこにつけ込んで…
○○キャンペーン○○
今だけ激安
わき汗ボトックスと同時施術で
えらボトックス半額
脚細ボトックス半額
 こんな商法が危険です
      ■         ■
 美容外科の競争激化で、
 何とか一人あたり単価を上げなくては、
 女性カウンセラーの歩合給が増えません
 カウンセラーは抗体ができるなんて知りません。
 とにかく一人あたり単価UPだけしか考えません。
 個室になったカウンセリング室で、
 執拗に他の施術をすすめるクリニックがあります。
      ■         ■
 広告宣伝費
 無料カウンセリング
 無料カウンセリングの罠(わな)
 価格競争と医療事故
 上の院長日記を読んでください。
 たとえ利益は少なくても、
 困っている人の役に立つのが医療だと思います
 私の信条です。

投稿者 sapporobiyou : 17:34 | コメント (0)