« 2014年06月 | メイン | 2014年08月 »

2014年07月31日

メールの設定で苦労しています2014

 今日は休診日です。
 札幌も暑いです。
 メールの設定で苦労しています。
 札幌⇔愛知県豊橋市と、
 頻回に連絡をしています。
 オフィスクロスロードの須崎克之さんに感謝しています
 一人ではとても不安です。
      ■         ■
 私が開業して10年です。
 この間に世の中は大きく変わりました。
 一番変わったと思うのがネットです
 昔の重いPCでできなかったことが、
 小さなスマホでできます
 カメラの機能も良くなりました。
      ■         ■
 若い人はLINEなどの無料電話です。
 docomo
 au
 softbank
 時間も
 家族割りも
 気にせずに使えます
      ■         ■
 10年前は、
 ようやくiモードというのが普及したところでした。
 今の若い人に
 アイモードなんて言っても?
 愛モード
 わからないと思います。
 時代の進歩について行くのは大変です。
      ■         ■
 PCがなければ仕事になりません。
 メールがなければ連絡ができません。
 システム障害が起きると
 飛行機は運行できなくなり
 銀行でお金も下ろせなくなります
 還暦のじいちゃん先生も、
 須崎さんに助けていただいて、
 一生懸命時代に追いつこうとしています

投稿者 sapporobiyou : 16:11 | コメント (0)

2014年07月30日

ホームページ制作ならオフィスクロスロード

 毎日院長日記を読んでいただきありがとうございます。
 札幌も今日は暑いです。
 7月も残すところ今日と明日だけです。
 申し訳ございませんが、
 2日間の休診です。
 この間にお願いしているのが、
 ホームページの見直しです
      ■         ■
 今や札幌美容形成外科で一番大切な、
 ホームページとメールを、
 新システムに移行します。
 お願いしているのが、
 愛知県豊橋市の
 ウェブデザインオフィスクロスロード
 須崎克之さんです。
      ■         ■
 須崎さんは北海道大学工学部のご出身です。
 以前は札幌に住んでいらっしゃいました。
 私が開業する前に、
 札幌市内で
 直接指導していただける
 …という条件で探したのが須崎さんでした。
      ■         ■
 実際にお会いしたのは、
 クリニックにいらしていただた一度だけ?
 あとはすべてメールでした。
 ご実家がある愛知県豊橋市に転居されてからも、
 ず~っとお願いしています。
 正確です
 丁寧です
 親切です
 信じてもいい人です。
      ■         ■
 還暦になるじいちゃん先生から、
 若い先生への助言です。
 手術は教科書通りにうまくいくと思わないで
 論文にはうそが書いてあることもあります
 電子カルテは動かなくなることがあります
 ホームページやメールはトラブルになることがあります
 すぐに相談できる専門家に、
 助けてもらえることが大切です
 ホームページ制作ならオフィスクロスロードです

投稿者 sapporobiyou : 17:45 | コメント (0)

2014年07月29日

このとしになって二重

 開院して10年になります。
 今、札幌美容形成外科で一番多い手術が、
 眼瞼下垂症手術(がんけんかすいしょうしゅじゅつ)です。
 若い方から、
 年配の方まで幅広い年齢層です。
 最高齢は91歳男性の方です
      ■         ■
 男女比では圧倒的に女性が多いです。
 若い方も年配の方も、
 女性は目に対するこだわりがあります。
 健康保険で手術を受けるにしても、
 少しでもきれいに
 大切なことだと思います。
 きれいになさっている女性はお元気です。
      ■         ■
 手術後に、
 先生、ありがとうございました
 この年齢になって二重になれるなんて…
 夢のようです
 …と感謝されることがあります。
 身体までお元気になるようです。
      ■         ■
 眼瞼下垂症手術は二重目的の手術ではありません。
 下がっているまぶたを手術して、
 物を見やすくするための手術です。
 でも…
 どうせ手術を受けるなら、
 長年の夢だった二重になるのも、
 悪くはないと私は思います。
      ■         ■
 50万円も出して美容整形で手術はできません
 でも、白内障の手術よりも安いお金で、
 まぶたの手術を受けるのは、
 私はいいことだと思っています
 美容形成外科医でも、
 眼瞼下垂症手術を受けている先生はたくさんいます
 必要なのはちょっとした勇気と、
 安静に必要な休みだけです。
 このとしになって二重
 喜んでいただいていいます。

眼瞼下垂の症状
こんな人が手術適応です

投稿者 sapporobiyou : 19:35 | コメント (0)

2014年07月28日

高木先生のお肌講座から

 昨日の院長日記、
 年齢による皮膚の変化に、
 帯広の高木皮膚科診療所、
 まみ子師長さんからコメントをいただきました
 お化粧の時の、こすり過ぎもお肌に良くありませんが、
 お化粧を落とす時のこすり過ぎも良くないですね。
 ヒルドイドローションは夏場の気温の高い時は、
 冷蔵庫保存が良いと思います。

 さすが師長さん、私は知りませんでした。
 ありがとうございました。
      ■         ■
 ここで、
 以前まみ子師長さんからいただいた、
 帯広信用金庫の広報誌に掲載された、
 高木章好先生のお肌講座を、
 もう一度掲載させていただきます。
 紫外線が強い夏の時期に、
 ぜひ全国のみなさんに知っていただきたいです。
 おそらく日本一患者さんが多い皮膚科診療所です。
 私が尊敬する開業医の師
 高木章好(たかぎあきよし)先生です
      ■         ■
 すこやか医療
夏の日焼けと…乾皮性皮膚炎
 毎日を健やかに過ごすためには、医療・病気に関する情報にふれることも大切です。
 十勝管内で日々医療に従事している方々に、今知リたい病気や健康に関する情報をわかりやすく教えていただきます。
今回は、帯広市の『高木皮膚科診療所』の高木章好先生に、夏に注意すること、そして十勝に多い乾皮性皮膚炎について教えていただきました。
      ■         ■
 日焼けの「痛い」、「かゆい」は、要注意
 夏は屋外での行動が多くなります。ウォーキング、パークゴルフ等アクティブに活動する人、庭でガーデニングを楽しむ人など、短い十勝の夏、どうしても活動的になります。十勝の夏は気温も高くなり、日差しが強く日照時間が長いことで知られていますが、こうした自然環境は、私たちの生活、健康にも影響します。
 よく、日光にあたって「痛い」と言う方や「かゆい」と言う方がいます。「痛い」時は、いわゆる皮膚炎で軽い火傷を起こしている状態です。日焼けだから…と簡単に考えすに、皮膚科の受診をおすすめします。
 また、「かゆい」のは湿疹で、日光アレルギーの場合もあります。湿疹の場合、それが日光や紫外線によるものだとはあまり考えませんよね。ですから軽い気持ちで家庭にある軟膏などを塗ってしまう場合がありますが、こうしたことで悪化する場合もありますので、かかりつけの医師、または皮膚科の医師に相談してください。
      ■         ■
 夏はとにかく紫外線カットが大切です
 紫外線は晴れている時だけではなく、曇りの日でも要注意です。紫外線から皮膚を守るには、肌を露出しないようにするのが一番ですが、暑い日には、日焼け止めクリームも上手に使いましょう。女性のものと思いがちですが、ぜひ男性にも利用をすすめます。汗をかいたらクリームも落ちてしまうので、携帯し、屋外にいる時などは2~3時間おきに塗りましよう。
 また、つばの広い帽子をかぶったり、白い洋服は紫外線を通しやすいので、色や柄の入った洋服を選ぶと良いでしょう。
 悪いことばかり言われる紫外線ですが、実は皮膚が太陽の紫外線エネルギーを吸収することで、体内でビタミンDが生成されます。ビタミンDが不足すると免疫力が落ちるとも言われています。ですから、適度な時間日光に当たることも免疫を高めるためには必要です。1日30分~40分、手の部分だけでも出して散歩などを楽しんでみてはいかがでしょう。ビタミンDの生成にはそれで充分です。
      ■         ■
 秋からは十勝に多い「乾皮性皮膚炎」にも要注意
 これまで若い世代に多かったアトピー性皮膚炎が、最近、65歳以上の方でも発症したという報告がありました。ライフスタイルの多様化に伴い皮膚トラブルも増えているようです。また、乾皮性皮膚炎といって、加齢に伴い肌が乾燥し、カサカサになってしまう…と悩んでいる人も増えています。特に十勝のように、冬に寒くて乾燥している気象条件では、この乾皮性皮膚炎の発症率が高くなります。手足、下腿などによく見られます。
 皮膚がカサカサしてはがれ、少しかゆみもあるのが初期症状ですが、放置しておくと悪化し、かゆみもひどくなります。男性に比べ女性の方が汗腺の働きが活発でないこともあり、女性に多くみられます。
 乾皮性皮膚炎を防ぐには、日々のケアも大切です。例えば、お風呂上がりに保温クリームを塗る、皮脂を取りすぎないようナイロン製タオルなどで強くこすらない、秋冬にむけて皮膚の状態にも注意しましょう。
 また、夏は水分の多いバニシングクリームを、乾燥する冬には油の多いコールドクリームで皮膚に潤いを与えましょう。季節に合わせたちょっとしたケアで、皮膚を健やかに保つことができます。痒み、痛み、乾燥等、皮膚で気になることがあれば、すぐに皮膚科を受診しましょう。
      ■         ■
 夏の皮膚を守るポイント
●紫外線はできるだけカツト
●日焼け止めクリームはこまめに塗る
●刺激の強い石鹸を使わない
●ぬるめのお湯で身体をよ<洗う
●夏はバ二シングクリーム、冬はコールドクリームなど、季節によって肌を守るクリームも使い分ける
●安易に外用薬を使わず、医師に相談する
      ■         ■
 ●高木章好(たかぎあきよし)先生プロフィール
 1967年北海道大学医学部卒業
 1968年北海道大学医学部皮膚科学教室入局
 1972年北海道大学助手
 1974年帯広にて開業
 1994年旭川医科大学より医学博士を授与される
 日本皮膚科学会、日本臨床皮膚科学会、日本乾癬学会、日本皮膚アレルギー・接触皮膚炎学会、日本形成外科学会、
 American Academy of Dermatology(米国皮膚科学アカデミー)、The lntemational Society forBurn lnjuries(熱傷学会)などの学会に加入。
皮膚科専門医として論文も数多く発表し、国内の臨床医が手本としている治療法も多い。現在も研究に余念がない。
      ■         ■
 医療法人社団
 高木皮膚科診療所
 一日に訪れる患者数は北海道内でもトップクラスと言われる同診療所では、看護師長の上村真実子さんを始め、看護スタッフも積極的に論文発表などを行っています。患者さんの立場にたった診察・治療、そして患者さん一人ひとりと向き合い、わかりやすい説明、無理・無駄のない投薬を行うことで、患者さんの肉体的・精神的、また経済的負担の軽減など、常に患者目線で地域の皮膚科として患者さんの信頼も厚い。
 帯広市西3条南4丁目16
 TEL O155-25-6733
診療時間/
■月・火・水・金9:00~12:20 14:00~16:50
■木9:00~12:20
■土9:00~12:00
休診日/
■日・祭日・祝日休診

takagi20131209

(以上、おびしん健康倶楽部2013年夏号より引用)

投稿者 sapporobiyou : 18:45 | コメント (0)

2014年07月27日

年齢による皮膚の変化

 2014年7月25日の院長日記、
 30になって二重が取れたに、
 なっちゅんさんからコメントをいただきました
 以前40歳のかたの事例が出てましたが30歳でもありですか。
 やはり目をこするのも原因でしょうか?
 
 40歳になって昔の埋没法が取れた
 はい、さまざまな原因で取れます。
      ■         ■
 40歳になって…
 皮膚が緩んできて…
 まぶたが下がって来ている可能性もあります。
 アラフォーだけではありません。 
 アラサーも大切です。
 30歳女性と、
 20歳女性の皮膚は違います。
 年齢による変化は若いうちから出ます。
      ■         ■
 どんなに美しい女性でも、
 皮膚の弾性線維(だんせいせんい)に変化が出ます。
 高価なカシミヤのセーターでも、
 10年も着ているとへたるのと同じです
 お手入れが大切です。
 簡単に言うと、
 大切に扱うことです。
      ■         ■
 私が残念に思うのは、
 日焼けです。
 紫外線は肌の大敵です
 屋外で作業をする農家の方は、
 さくらんぼさんのように、
 完全防備で作業をなさいます。
 個人差もありますが、
 真っ黒に日焼けすると皮膚が傷みます。
 紫外線から皮膚を守ってください
      ■         ■
 皮膚をこするのもよくありません。
 美容皮膚科を開業している先生は、
 よくこすりすぎによる誤った化粧法を指摘されます
 お化粧に使う道具やパフ、
 ブラシもスポンジも洗ったことがなく、
 雑菌だらけという女性もいらっしゃるようです
 お化粧道具も要注意です。
 一番簡単ですぐにできるお手入れは、
 保湿です
 私はヒルドイドローションによる保湿をすすめます
 革製品をお手入れするのと同じです。
 


ヒルドイドローション

投稿者 sapporobiyou : 13:09 | コメント (0)

2014年07月26日

PM2.5急上昇 札幌など煙霧

 平成26年7月26日(土)北海道新聞朝刊の記事です。
 北海道内、PM2.5急上昇 札幌など煙霧 ロシア火災原因か
 全道各地で25日午後、霧状の煙が空気中に漂い、視界が10キロ未満となる「煙霧(えんむ)」が観測された。それに伴って、ぜんそくなどを引き起こす恐れがある微小粒子状物質PM2.5の濃度も急上昇し、特に札幌市内では大気中濃度が1日平均の8倍に上った。町や空は白くかすみ、同市消防局には火事を疑う通報が殺到。人体に影響が及ぶ可能性もあり、札幌管区気象台や道は外出を控えるなど注意を呼びかけている。
 札幌管区気象台によるとこの日、札幌、旭川、函館、室蘭、稚内、帯広の計6カ所の気象台・測候所で、煙霧を観測。正午前後から視界が悪くなり始め、午後3時には札幌で7キロ、室蘭で4キロ、函館で5キロ先までしか見えなくなった。
 同気象台によると、煙霧にはPM2・5も含まれており、7月25日午後から道内各地でPM2.5の大気中濃度が上昇。札幌市では同4時で、観測開始以来最高の1立方メートル当たり155マイクログラムを記録。1日の平均濃度同20マイクログラムから、一気に跳ね上がった。
 札幌管区気象台などは煙霧の主な原因として、ロシア・東シベリアで発生した大規模な森林火災を挙げ、「火災で生じた煙が偏西風に乗り、道内に煙霧をもたらした可能性がある」と分析。ただ森林火災の収束の見通しはたっておらず、同気象台は「明日以降も警戒が必要」と話す。

 (以上、北海道新聞より引用)
      ■         ■
 昨夜は札幌の花火大会でした。
 昔は、
 北海道新聞(道新)、
 読売新聞、
 朝日新聞
 3回の花火大会がありました。
 不景気のためでしょうか、
 今は一回しかありません。
      ■         ■
 せっかくの花火大会なのに、
 札幌市内は、
 花火の煙が残っているような、
 どんよりとした空でした。
 花火は見えましたが、
 残念なことに視界が悪かったです。
      ■         ■
 今日は注意報が出ています。
 不要な外出は避けるように、
 屋外で激しい運動はしないように、
 換気もしないで、
 外のPM2.5を室内に入れないように注意です
 せっかく空気がきれいな北海道に、
 観光にいらしてくださったお客様に申し訳ないです。
 早く澄んできれいな空気にしてほしいです。

投稿者 sapporobiyou : 19:17 | コメント (0)

2014年07月25日

30になって二重が取れた

 札幌美容形成外科を開業して10年です。
 還暦のじいちゃん先生になりましたが、
 なんとか元気でやっています。
 おかげさまで目も見えるし、
 手も動きます。
 ありがたいことです。
      ■         ■
 これからの10年は、
 無理をせず、
 診療を続けるつもりです。
 知識と技術だけは…
 まだまだ若い先生には負けません。
 なんちゃって美容外科の、
 お兄ちゃん先生とは違います。
      ■         ■
 ありがたいことに、
 10年前に手術を受けてくださった方が、
 久しぶりに来院してくれることがあります。
 札幌美容形成外科では、
 開院以来の全てのカルテを保存してあります。
 手術記録も残っています。
 私の財産です。
      ■         ■
 18歳で埋没法で二重にしました。
 30の声を聞いて、
 二重が取れました。
 左目は完全に一重に戻ることもあります。
 糸が切れているのですか?

 …というようなご質問をいただくことがあります。
      ■         ■
 10年前の埋没法
 昔の埋没法が取れた
 埋没法が取れた!
 埋没法が取れた②
 上の院長日記を読んでください。
      ■         ■
 埋没法が取れるのは、
 糸が切れるのではありません。
 埋没法の糸の周囲にできた、
 瘢痕組織(はんこんそしき)が、
 アイプチやメザイクの代わりに…
 皮膚を瞼板(けんばん)に引っぱって…
 二重のラインを作っています。
 何らかの力が加わって、
 その引っぱっている組織が、
 断裂してしまうのです。
      ■         ■
 ちょっとラインが薄くなった程度でしたら、
 決してあわてないでください
 大切な目です。
 手術は慎重になさってください。
 ちょっとしたラインは糊でなおすのが一番です。
 ご主人や子どもさんと、
 幸せな生活を送っている女性も多くいます。
 どうしても糊で修正できなければ、
 眼瞼下垂症になっていることもあります。
 こちらのマンガもよんでください
 受診していただければ、
 一番良い方法を相談して差し上げます。 

瞼板法
瞼板法の目です


消えかかっているライン


抜去した他院の糸です

投稿者 sapporobiyou : 16:05 | コメント (0)

2014年07月24日

実家のロールキャベツ

 結婚して33年になりました。
 実家で母親が作ったご飯を食べた年数より、
 奥さんが作った料理が長くなりました。
 家内とはよく喧嘩をしますが、
 料理については文句はありません。
 感謝しています
      ■         ■
 私は北海道生まれの北海道育ちで、
 家内は生まれも育ちも関西です
 うどんのつゆは、
 透明です。
 味は薄味です。
 どちらも私の好みです
 関西や四国のうどんは美味しいと思います。
      ■         ■
 私が実家の味で気に入っているのが、
 ロールキャベツです。
 ロールキャベツの中身が、
 お肉ではなく、
 コロッケのようにじゃがいもが入っています。
 他では食べたことがないロールキャベツです。
      ■         ■
 母親が元気なうちに、
 実家のロールキャベツを作ってもらって、
 作り方も教わりました。
 どこで覚えたのか聞いてみたところ、
 母親がオリジナルで考えたそうです。
 お肉は高くてたくさん買えなかったので、
 コロッケのようにじゃがいもを混ぜたそうです。
      ■         ■
 なるほど、、、
 ばあさんなかなかやるじゃん
 …と言ったところ、
 うちの奥さんが、
 お義母さんはアイデアマンょ
 …と誉めてくれました。
 なるほど。
      ■         ■
 確かに昔の本間家は貧乏でした
 母親は日本団体生命保険という会社の外交員をしていました
 よく日本生命と間違えられていました。
 三菱信託銀行の財形貯蓄のおばさんもしていました。
 大学生になるまで、
 牛肉なんて食べたことがありませんでした。
 実家の中身がコロッケのようなロールキャベツ
 なかなか美味しいです。
 退職したら自分で作ってみます。

投稿者 sapporobiyou : 20:26 | コメント (0)

2014年07月23日

日本脳炎、公費負担を

 平成26年7月23日、朝日新聞朝刊の記事です。
 北海道内限定の【道内版】です。
 全国の方にも読んでいただきたいです。
 北海道に転勤になる前に、
 日本脳炎の予防接種を受けてください。
 北海道では公費負担が受けられません
      ■         ■
 日本脳炎、公費負担を
 道内の子だけ自費の予防接種
 感染の危験性が低いという理由で、全国で唯一、北海道に住む子どもだけが無料で受けられない予防接種がある。日本脳炎のワクチンだ。「北海道の子ども旅行や就職で色んなところへ行くのに不公平だ」として、北海道医師会と北海道小児科医会が今月、公費負担を求める署名活動を展開している。
 転勤族、不要に驚き
 「お母さん、ご存じないんですか? 北海道は日本脳炎ワクチンは必要ないんです」。2年前の春、金沢市から札幌市に転居してきた土谷絵理香さん(30)は、近所の小児科医から言われた言葉に驚いた。
 転居直前、金沢市から長男の予防接種の案内が届いていて、札幌市で医療機関を探していた。北海道で日本脳炎ワクチンの予防接種が不要とされるのは、ウイルスの「運び屋」である蚊が北海道には少ないからだという説明だった。

 夫の転勤でいずれ本州に戻る予定の土谷さんは、インターネットで検索し、車で30分以上離れた小児科医院で、自費で息子たちに予防接種を受けさせている。
「自分が息子の立場なら、大人になった時、どうして子どものころに済ませてくれなかったのかと思うはず」と土谷さん。「道内の子どもだって進学や就職で道外に出るだろうし、温暖化によって道内でも蚊が増える心配がある。子どもを病気から守る施策は全国一緒であってほしい」
 将来のリスク減へ
 土谷さんが予防接種に通う札幌市豊平区の小児科医「おひげのせんせいこどもくりにっく」では、毎月50人前後が自費で日本脳炎ワクチン予防接種をする。1回6千円余で、1人あたり標準の4回を受けると負担は2万5千円を超える。それでも「将来のリスクを減らすためと説明するとむしろ保護者の方が予防接種に熱心だ」と米川元晴医師(40)は話す。

      ■         ■
 道判断必要ない
 医師会など署名活動

 日本脳炎の国内の患者は、1966年に年間2千人を超えたが、翌年からの
ワクチン接種で徐々に減り、1980年代は年間数十人、92年以降はほぼ1桁だ。ただ、2000年以降も4人が死亡。愚者は60代以上がほとんどだが、2010年には山口県で6歳、2011年には沖縄県で1歳の患者が出た。
 国内の患者は西日本に多く、これまでに東北・北海道地域からの発生報告はない。予防接種法は日本脳炎について「都道府県が予防接種の必要がない区域を指定できる」と定めており、道はこれを受けて「必要ない」としている国内唯一の自治体だ。同じ立場だった青森県は、1999年度に「必要」と判断した。
 道は毎年、専門家を交えた会議で予防接種の見直しをしている。ウイルスに感染ているブタは道内にもいることが確認されており、高校の中には修学旅行先が西日本という学校も多いため、日本脳炎の予防接種が必要との認識は高まっている。しかし、市町村の財政政負担も絡むため、足踏み状態が続いている。
 こうした状況から、公費負担に弾みをつけようと、北海道医師会と北海道小児科医会は今月、各医療機関の窓口などで著名活動を始めた。署名は月末に締め切り、署名簿を添えた要望書を知事あてに送る予定だ。山中樹・北海道小児科医会会長は「道内出身の人から患者が出て、『予防接種・をやるべきだった』と後悔することがないように、この機会に大勢の道民の声を集めたい」と話す。
 署名用紙は北海道医師会のウェブサイト(http://www.hokkaido.med.or.jp/nihonnouen-syomei2607.pdf)からもダウンロードできる。署名の問い合わせは道医師会事業第3課(011-231-1726)へ。(熊井洋美)
 日本脳炎
 高熱や頭痛、けいれんを引き起こし、死に至る場合もある。ブタが持つウイルスが、主に水田地帯に生息するコガタアガイエカ(蚊)を介して感染する。脳炎の発症はウイルス感染者千人に1~20人の割合だが、決定的な治療法はなく、ワクチンが重要な予防・手段となる。

 (以上、朝日新聞より引用)
      ■         ■
 私自身が日本脳炎の予防接種をしてないと思います。
 自分の子どももしていないと思います。
 うちの奥さんは?
 兵庫県の出身だから…?
 ひょっとしてしているかも?
 これからでも遅くないなら、
 予防接種を受けようと思います。
      ■         ■
 私が札幌医大の学生だった40年前です。
 臨床実習でウイルス性脳炎の患者さんをみました。
 確か?
 変なことを言い出した?
 おかしくなったのでは?
 …と病院を受診したように記憶しています。
 若い女性の患者さんでした。
      ■         ■
 日本脳炎ではなかったと思いますが、
 残念なことに亡くなってしまいました。
 CPCという病理検討会に出て、
 ウイルス性脳炎がいかに怖いかを知りました。
 インフルエンザ脳炎で亡くなった子どもさんも、
 札幌医大講師の時にみました。
 確率は低くても、
 予防接種で防げるのでしたら、
 ぜひ公費負担でワクチン接種を行っていただきたいです。
 署名記事を書いてくださった、
 朝日新聞の熊井洋美さんに感謝いたします。

20140723

投稿者 sapporobiyou : 14:05 | コメント (0)

2014年07月22日

両耳の脇に小さな穴が

 平成26年7月22日、朝日新聞朝刊の記事です。
 両耳の脇に小さな穴が
 生後10ヵ月の娘。生まれたときに産婦人科医から両耳の脇に「耳瘻孔(じろうこう)」があると言われました。
 その小さな穴から時々、においのある汁が出ます。
 「炎症を起こすようなら手術」と聞きましたが、どうなると手術が必要ですか。
 何歳で手術を受けるべきでしょうか。(奈良県・K)

      ■         ■
 ■答える人 谷口雄一郎(やぐちゆういちろう)さん
 聖マリアンナ医科大学准教授(耳鼻咽喉〈いんこう〉科)=川崎市宮前区
  耳瘻孔(じろうこう)とは。
  生まれたときから、耳の脇に小さな穴がある病気です。赤ちゃんの2~5%で起きるという報告もあります。母体内で耳がつくられるときに、本来は残らないはずの管のような穴が埋まらないことで出来ます。穴の中は外からは見えません。人によって形や深さは違い、枝分かれしていることもあります。
  どんな症状があるのですか。
  汗やあかなどの分泌物がたまり、においのある泥状の液体になって外に出てくることがあります。感染を起こして赤く腫れたり、痛かったりすると、抗生物質を服用します。切開して、たまったうみを出すこともあります。
  手術が必要になることもあるのですか。
  抗生物質で治った後も、感染を繰り返すことがあります。何度も腫れたり、うみが出たりしている場合には手術した方がよいでしょう。
  どんな手術ですか。
  穴を囲むように長さ5~10ミリの切り目を皮膚に入れ、奥に進んで穴の組織を取り除きます。穴の一部が残ると再発する恐れがあるので、取り残さないようにします。小学生くらいまでは全身麻酔をします。3~4日間の入院が必要です。手術の痕は、ほとんど目立たなくなります。
  手術は何歳くらいで受けるべきでしょうか。
  穴は自然に閉じることはありませんが、子どもの成長に伴って、においや感染が落ち着いていくこともあります。年齢よりも症状をみて、何度も感染するようなら手術を考えるのが適当です。赤ちゃんで、においのする液体が出るだけの状態ならば、清潔にして様子を見ましょう。

      ■         ■
 耳前瘻孔(じぜんろうこう)
 …という2013年7月9日の院長日記があります。
 朝日新聞の回答者の先生は耳鼻科医です。
 耳の近くだから…
 耳鼻科を受診する人が多いです。
 皮膚科で手術をする施設もあります。
 簡単な手術ではありません
      ■         ■
 私の身内だったら…
 耳瘻孔の手術に慣れた形成外科医をすすめます。
 形成外科の若い先生への助言です。
 朝日新聞の回答にあるような、
 5ミリの切開では取り残しの危険があります
 耳瘻孔は奥が深いです。
      ■         ■
 教科書に書いてあったり、
 先輩から教わる方法は、
 朝日新聞の回答にあるような、
 穴を囲むように長さ5~10ミリの切り目を皮膚に入れ、
 奥に進んで穴の組織を取り除く方法です。
 『穴の一部が残ると再発する恐れがあるので
 取り残さないようにします

 …と書いてありますが、
 この方法だと取り残すことがあります。
      ■         ■
 理由は、
 先に行けば行くほど細くなって、 
 ちょっと引っ張っただけでちぎれるからです
 私は再発したり、
 取り残された患者さんを何人も手術しました。
 耳鼻科の先生から依頼されたこともあります
 耳鼻科の先生にとっても、
 中耳や内耳の手術と違って耳瘻孔は厄介なのです。
      ■         ■
 特別に秘伝の手術法をお教えします
 ヒントは十勝地方の長いも掘りです。
 十勝の長いもは最高級品です。
 高価な長いもを傷つけないように掘るのは大変です。
 どうやって掘るか?
 長いもを引っ張ったりしません。
 長いもの周囲の土を深く掘ります。
      ■         ■
 長いもの根っこの先まで掘って、
 周囲の土を丁寧に除きます。
 そうすると高価な長いもに傷をつけずに掘り出せます。
 決して長いものつるを引っ張ったりしません。
 耳瘻孔には深い根っこがあります。
 耳珠という軟骨の奥深くにつながっています。
 ここがヒントです。
      ■         ■
 ごく浅い耳瘻孔は別ですが、
 感染を繰り返したような難治性耳瘻孔は、
 穴の周囲ががちがちです。
 穴から耳珠に向けて、
 ちょっと斜めに8ミリくらいの切開を入れます。
 耳珠の軟骨を露出して、
 軟骨膜の上を剥離します。
 軟骨膜の直上は出血も少ないです。
      ■         ■
 こうやって、
 耳瘻孔の根っこまで掘って、
 周囲のがちがちの組織を丁寧に剥離して、
 下から上に向かって摘出手術をすすめます。
 そうすると、
 長いものようにキレイ摘出できます。
 耳瘻孔周囲にナイロン糸をかけて、
 引っ張りながら剥離をしても、
 先っぽの根っこが残ることが多いです。
 還暦のおじいさん先生からの助言です
 耳瘻孔は形成外科です

投稿者 sapporobiyou : 20:07 | コメント (0)

2014年07月21日

わきが治療と厚生労働省2014

 私たち医師は厚生労働大臣から医師免許をいただきます。
 医師国家試験に合格して、
 医籍というお医者さんの戸籍のようなところへ登録して
 はじめて医師としての活動が認められます。
 看護師さんも同じです。
 医療行政において、
 厚生労働省の役割は大きいです。
      ■         ■
 5人に一人がワキガ体質の国ニッポン
 厚生労働省が認可した、
 ワキガ治療器はありません。
 昨日の院長日記に書いた
 米国製のワキガ治療機器、
 厚生労働省に聞いてもわかりません。
 医師個人の責任において、
 個人輸入という形で使われています
      ■         ■
 輸入する時に、
 医薬監証明(いやくかんしょうめい)という許可を、
 関東信越厚生局からいただいて、
 医師個人の責任で輸入しています。
 実際の業務は、
 日本の代理店が代行することが多いです。
 行政書士がすることもあります。
      ■         ■
 アザの治療に使っているレーザー治療機は、
 厚生労働省が認可した製品です。
 保険適応でレーザー治療をするには、
 臨床試験をして
 有効性や、
 危険性をしっかりチェックする必要があります。
 私も昔コラーゲン注入剤の臨床試験を担当しました
      ■         ■
 私が残念に思うのは、
 30万円も40万円もする治療なのに
 ネットで調べると夢の機械のように書いてあるのに
 日本におけるしっかりとした臨床データーが無いことです
 日本形成外科学会誌にも、
 日本美容外科学会誌にも、
 エビデンスがある論文は掲載されていません
      ■         ■
 たくさんの人が治療を受けているのに、
 効果が無い人もいらっしゃいます
 せっかく高いお金を払ったのに、
 残念に思っている人がいます。
 消費者センターに相談に行くにも、
 ワキガに効くっていうので、
 ローンを組んで治療を受けたのに、
 私まだくさいんです
 …なんて言えません。
 厚生労働省や消費者庁には、
 もう少しワキガで悩んでいる人のために、
 正しい治療法について啓蒙していただきたいです。

投稿者 sapporobiyou : 21:20 | コメント (0)

2014年07月20日

多汗症治療の難しさ2014

 札幌美容形成外科には、
 多汗症で悩む患者さんがたくさん来院されます。
 看護師さんも、
 お医者さんも、
 薬剤師さんも来院されます。
 医療関係者に選んでいただけるのは、
 大変名誉なことでうれしいことです。
      ■         ■
 札幌美容形成外科を開業するまで、
 ワキガも多汗症も、
 同じ手術で改善すると思っていました。
 文献を読んでも、
 教科書を読んでも、
 わきがと腋窩多汗症は、
 同じ手術法が書いてあります
      ■         ■
 脇の皮膚を切開して、
 汗腺や毛根を切除すれば、
 臭いも汗も少なくなると思っていました。
 開業して10年になります。
 ワキガと腋窩多汗症は、 
 別の病態だと考えています。
 ワキガを手術で治しても、 
 手術後数ヵ月で、
 ある程度の汗は出るようになります
      ■         ■
 その出てきた汗の臭いで、
 ワキガの再発だと言われたこともあります
 腋臭症手術は皮膚の裏側から、
 汗腺や毛根を切除する手術です
 ワキガ独特のにおいはほぼなくなります。
 手術直後は、
 脇に触っても感覚がにぶいです。
      ■         ■
 でも、軟膏をつけてマッサージをして、
 皮膚がしだいに柔らかくなってくると、
 感覚が戻ってきます
 神経が再生してくるからです。
 神経や血管は、
 切られても植物の芽のように、
 再生してきます。
 神経や血管がないと困るからです。
      ■         ■
 汗腺や毛根はしっかり取ると再生しません
 神経が戻ってきて、
 脇の皮膚の感覚が戻ってくると、
 エクリン汗腺という汗腺へも神経が届きます。
 エクリン汗腺は皮膚の浅い層にあります。
 どんなに丁寧に手術をしても、
 完全に取り除くことはできません。
 このエクリン汗腺からの発汗が腋窩多汗症です。
      ■         ■
 先日、脇汗ボトックスで来院された患者さんは、
 昔、稲葉クリニックで手術を受けていらっしゃいました
 多少の傷はありましたが、
 アポクリン腺も毛根もありませんでした。
 ワキガの臭いもしませんでした。
 でも多汗症がありました。
 稲葉法で皮膚を薄くする手術をしても、
 エクリン汗腺までは取り除けません。
      ■         ■
 ここ何年か、
 米国製のわきが治療機が日本で流行しています。
 高価な治療です。
 その機器が効果的だと宣伝しているクリニックがあります。
 札幌美容形成外科では導入していません。
 残念なことですが、
 その高価な機器で35万円も払ったのに、
 半年したら多汗になったという患者さんも来院されました。
 多汗症の治療は難しいと思います

投稿者 sapporobiyou : 14:17 | コメント (0)

2014年07月19日

札幌市北3条広場開通

 今日、2014年7月19日、
 札幌市北3条通りにある
 札幌市北3条広場が開通します。
 札幌美容形成外科のすぐ近くです。
 窓からも見えます。
 札幌の新しい観光名所として期待されています。
      ■         ■
 昨日の北海道新聞の記事です。
 札幌・北3条広場あすオープン
 100メートルに赤れんが21万個
 札幌市中央区の 道庁赤れんが庁舎 前の市道に江別産赤れんがを敷き詰めた歩行者専用スペース「札幌市北3条広場」が2014年7月19日、オープンする。演奏会や物産展などのイベントも開催でき、札幌市は「新たな憩いの場に」と期待している。
 庁舎と札幌駅前通をつなぐ市道を再整備した広場は全長約100メートル、幅約27メートル。約21万個の赤れんがが、庁舎と広場の一体感を演出している。
 隣接する「札幌三井JPビルディング」を建設中の三井不動産(東京)と日本郵便(同)が地域貢献事業として費用を負担し、市が整備した。事業費は非公表。
 この区間は1924年(大正13年)、札幌で初めて近代舗装された道路で、れんがの下に当時使われた木製れんがをそのまま残して再整備した。市は「札幌の歴史も感じてほしい」と話している。
 広場では7月19日~9月28日、札幌国際芸術祭(実行委主催)の関連事業などが開催。その後、一般への有料貸し出しを始める。

 (以上、北海道新聞より引用)
      ■         ■
 札幌駅前通りは、
 地下歩行空間が開通してから
 めっきり人通りが少なくなりました。
 地上に出ると、
 緑も青空もあります。
 たくさんの方にいらしていただきたいです。

20140719

投稿者 sapporobiyou : 19:50 | コメント (0)

2014年07月18日

悪魔に魂を売る

 私の院長日記に、
 悪魔に魂を売るという言葉が、
 何度か登場しています。
 美容外科の売上
 …という2007年1月24日に院長日記が最初です。
 一番最近のは、
 ひでーことしやがる
 …という2014年1月30日のに院長日記です。
      ■         ■
 そもそも、
 私が開業しようと思ったきっかけの一つが、
 帯広の美容外科でわきが手術を受けた患者さんでした。
 帯広市医師会_医者のつぶやき
 1996年頃に、
 帯広市医師会の広報誌に投稿した文章です。
 今ではネットでも読めないようです。
      ■         ■
 開業して10年になります。
 私が手術をしても、
 左右差が出ることもありますし
 再手術になることもあります
 形が気に入らないと言われることもあります
 ストレスの多い仕事です
 100%満足は難しいです。
      ■         ■
 最近思うことです。
 まじ
 やばい
 美容外科
 多すぎるべ。
 昔から薄利多売で有名だった美容外科があります。
 そこでワキガ手術を吸引法で受けて
 治っていない患者さんをたくさんみました
      ■         ■
 売り上げ減少のためでしょうか?
 とんでもない価格を吹っかけられて、
 最後に先生が出てきて、
 100万円のを、
 特別価格40万円にします。
 さあすぐに手術をしましょう
 …と言われたという患者さんを何人か診ました。
 これ以上、
 悪魔に魂を売らないでください
 …一人の美容外科医師としての言葉です。

投稿者 sapporobiyou : 16:53 | コメント (0)

2014年07月17日

上手な学会発表をするために③

 私が新人医師だった頃は、
 上の先生から、
 『本間先生、
 この間の○○症例を今度の地方会で発表してください。』

 …というよに、
 先輩に言われて発表したものです。
 やばいなぁ~
 ○○ってわかんないなぁ~
 私も昔はできませんでした
      ■         ■
 北大形成外科では、
 週2回のモーニングカンファレンス、
 毎週火曜日夕方のカンファレンス、
 週3回は医局でカンファレンスがありました。
 大浦武彦先生が、
 誰がどんな発表をするか決めていらっしゃいました。
      ■         ■
 医局のカンファレンスで発表して、
 先輩から厳しい質問がたくさんきて、
 文献を調べて…
 少しずつ知識を深めました。
 札幌医大麻酔科で研修した時も、
 カンファレンスが充実していました。
 そこで発表して、
 先輩から質問されて、
 鍛えられました。
      ■         ■
 学会発表をするには、
 自分自身が勉強しなくてはなりません。
 ひとつの疾患について、
 一ヵ月も調べていると、
 かなり知識が深まります。
 昔は図書館に行かないと調べ物ができませんでした。
 今はネットで医中誌(いちゅうし)
 医学中央雑誌も調べられます。
      ■         ■
 実際の発表で気をつけなければならないことがあります。
 発表は話し言葉です。
 悪い例
 症例、59歳男性、
 主訴、右頬部腫脹、
 現症、1ヵ月前に気付き当科初診。
 右頬部皮下に3×3センチの腫瘤触知。

 良い例
 症例は59歳男性です。
 主訴は右頬部の腫脹で、
 1ヵ月前気付き当科初診しました。
 右頬部皮下3×3センチ腫瘤を触知しました。

 太字のてをにはを、
 よく吉田哲憲先生に指導していただきました
      ■         ■
 余談ですが、
 超多忙な開業医の師長さんである、
 まみ子師長さんが、
 全国学会で発表されたり、
 論文を執筆されたのは、
 とても立派なことです。
 日本熱傷学会でも、
 なかなかまみ子師長さんのような看護師さんはいないです。

投稿者 sapporobiyou : 19:15 | コメント (0)

2014年07月16日

上手な学会発表をするために②

 はじめての学会発表は緊張します。
 TVのアナウンサーだって、
 最初は緊張しています。
 はじめてTVやラジオで話すことを、
 初鳴きというと、
 聞いたことがあります。
 プロでもはじめては緊張します。
      ■         ■
 アナウンサーを目指す人はわかりませんが、
 私たち医師になる人は、
 一分間に何語話すとわかりやすいか?とか、
 5分間の制限時間で話せるのは、
 何語くらいが適当だとか?
 そんな教育は受けません。
 自分が発表する段階になって、
 はじめて気付きました。
      ■         ■
 私が参考にしたのは、
 医学研究発表の方法
 ―よりよい学会発表・論文執筆のために―
 草間 悟先生が書かれた本です。
 いい本でした。
 今ならネットで調べる方法もあります。
 大切なことは、
 声に出して練習することです
 リハーサルです。
      ■         ■
 まず発表原稿を作ります。
 それを先輩にチェックしていただきます。
 私はスライドを先に作ります。
 昔、中学校の国語でやった、
 作者は何を言いたいか?
 …が明確にわかるスライドを作ります。
 字数が多すぎてもダメです。
 先輩のスライドがあれば、
 それを参考にさせてもらうのも良い方法です。
      ■         ■
 ただ原稿を読むだけではダメです。
 自分が発表する疾患について
 よく勉強することです
 同じような症例は発表されていないか?
 PubMedで検索する。
 医学中央雑誌で検索する。
 …それって何?という人は、
 まずそこから勉強をはじめます。
 ググるだけではだめです。
 上手な学会発表は自分が成長するためです
 若い先生にがんばっていただきたいです。

投稿者 sapporobiyou : 16:23 | コメント (0)

2014年07月15日

上手な学会発表をするために①

 聴衆を飽きさせず、
 わかりやすい発表をするのは難しいです。
 有名大学の先生だから、
 発表が上手だとも限りません。
 内容がない発表は論外ですが、
 わかりやすい言葉で、
 はっきりと話すのは難しいです
      ■         ■
 カラオケと同じで、
 マイクの使い方が下手だと聞こえません。
 学会会場によっては、
 マイクが壊れていることがあります。
 主催者側は事前にチェックしますが、
 それでも調子が悪いことがあります。
      ■         ■
 はじめての学会や、
 慣れない会場の時は、
 学会の開始前に行って、
 マイクのスイッチがあるか?
 ワイヤレス?
 ポインターはあるか?
 そこまで確認することもあります。
      ■         ■
 最近の発表はすべてパワーポイントです。
 ほぼすべての学会は、
 Windowsが標準です。
 Macで発表される演者の方は
 PCとコネクター、ケーブルをご持参ください
 …と指定されることが多いです。
 接続でトラブルになることもあります。
      ■         ■
 学会がはじまる前に、
 演壇の上に立ってみるといいです。
 緑と赤のランプがあります。
 制限時間の1分前に緑ランプ、
 制限時間が来ると赤ランプ、
 制限時間を越えるとブザーを鳴らすことがあります
 ブザーを鳴らす判断は、
 会場の進行係りが決めます。
      ■         ■
 大きな学会では、
 携帯レシーバーを持っています。
 学会本部と連絡を取って、
 進行が遅れている時はブザーを鳴らします。
 逆に時間に余裕がある時はブザーを鳴らしません。
 座長席に、
 制限時間厳守でお願いします
 …と書かれていることあります。
      ■         ■
 はじめての学会発表で、
 制限時間の5分を守って、
 しっかりとした内容の発表をすることは、
 想像以上に難しいものです。
 昔、発表スライドを忘れてしまって、
 欠演になった先生もいらっしゃいました。
 手術と同じで、
 先輩からしっかり指導を受けないと失敗します
 若い先生にもがんばっていただきたいです。

投稿者 sapporobiyou : 16:11 | コメント (0)

2014年07月14日

わかりやすい学会発表

 先週土曜日の第30回北日本形成外科学会学術集会
 34の一般演題の中で、
 私がいい発表だと感じたのが、
 市立札幌病院形成外科の三浦隆洋先生です。
 三浦先生は医師免許取得後3年目の若い先生です。
 発表内容も良く、
 パワーポイントの使い方が抜群でした
      ■         ■
  14.前立腺膿瘍から発症したと考えられる下肢ガス壊疸の1例
 三浦隆洋、堀内勝己、七戸龍司、川嶋邦裕、吉田哲憲
 (市立札幌病院形成外科)
 症例は糖尿病を有する75歳の男性。左下肢痛と敗血症で当院救命救急センターヘ搬送された。 CTで左下肢筋肉内の広範囲ガス像と前立腺膿瘍を認めた。当日、左大腿部切断、前立腺膿瘍ドレナージ、膀胱皮膚瘻造設術を施行した。入院時の培養検査ではクレブシエラが検出された。その後、化膿性脊椎炎を併発したが、抗生物質の投与で軽快し退院した。前立腺膿瘍から下肢ガス壊疸に至った症例は珍しく、発症原因、治療経過等について報告する。

      ■         ■
 上手な学会発表は難しいです。
 後ろの席の人にも、
 はっきりとわかるスライドを作るのは、
 卒後何十年もたった先生でも下手な人がいます。
 細かい字ばかりで、
 さっぱりわからないスライドもあります
      ■         ■
 発表原稿をそのままスライドにして、
 スライドを読むように発表する先生もいます。
 そんなスライドは後ろの人には読めません。
 発表内容を簡潔にまとめ、 
 理路整然と発表する能力が要求されます。
 そこにスライドの色使いとか、
 字の大きさや効果を入れると、
 聴衆を退屈させません。
      ■         ■
 三浦隆洋先生のパワーポイントは、
 まず見やすくわかりやすかったです。
 発表の進め方も上手でした。
 私が新人医師だった頃、
 一番指導が厳しかったのが、
 先輩の吉田哲憲先生でした
 てをにはの入れ方まで厳しく指導されました。
 私の想像では、
 三浦隆洋先生は天性の芸術性に加えて、
 市立札幌病院で厳しく指導された結果として、
 素晴らしい発表ができたのだと思います。
 これからも学会発表を続けてください。
 ありがとうございました。

投稿者 sapporobiyou : 21:07 | コメント (0)

2014年07月13日

熊による顔面外傷の医療コスト

 2014年7月12日(土)に開催された
 第30回北日本形成外科学会学術集会で
 興味深かった内容です。
 熊による顔面外傷の医療コスト
 池村 巧、本多孝之、後藤 文、安岡智之、長尾宗朝、柏 克彦、小林誠一郎
 (岩手医科大学形成外科)
 岩手県では熊による顔面外傷の患者が毎年みられる。損傷の程度が大きければ専門的な創処置が必要となり全身麻酔下に複数の医師による数時間の手術となる。しかしながら骨折を伴わない症例の場合、手術コストは創傷処理およびデブリードマン加算のみの算定となる。今回、熊による顔面外傷の症例において時間、人員、器材等の医療コストを算出するとともに、今後の保険算定への提言を含めて報告する。

      ■         ■
 岩手医科大学形成外科は、
 日本でも歴史のある形成外科です
 東北地方で、
 はじめて形成外科教授が就任され、
 形成外科が標榜されたと記憶しています。
 日本形成外科学会総会も開催されています。
      ■         ■
 北国には、
 北国特有の外傷があります。
 熊による顔面外傷は悲惨です。
 はっきり言って、
 顔をぐちゃぐちゃにされます。
 治すのは大変です。
 形成外科医はいっしょうけんめい治します。
      ■         ■
 岩手医科大学形成外科の池村先生によると、
 形成外科専門医一名、
 3年目の形成外科医一名、
 研修医一名、
 合計3人の医師が、
 5時間もかかって手術をして、
 請求できる手術代金は約2万5千円程度です。
 これが国が決めた診療報酬です。
      ■         ■
 どう考えても安すぎます。
 同じくらいの時間と手間がかかる手術でしたら、
 最低でもその10倍、
 25万円程度の費用がふつうです。
 私が経験した、
 重症の顔面外傷、
 私の顔を治してくださいの患者さんも同じでした。
 池村先生のご発表を契機に、
 顔面外傷の診療報酬を改定していただきたいと願っています

投稿者 sapporobiyou : 18:51 | コメント (0)

2014年07月12日

第30回北日本形成外科学会学術集会

 今日は学会のため休診でした。
 東北と北海道の先生による形成外科学会です。
 日本形成外科学会には地方会という会がありました。
 北海道は北海道地方会、
 東北は東北地方会。
 年に一度だけ合同で学会をしていました
 それが北海道・東北地方会でした。
 昨年から日本形成外科学会から独立して、
 北海道・東北形成外科学会となりました
      ■         ■
 今年から、
 北海道・東北形成外科学会を、
 北日本形成外科学会と名称変更しました。
 北陸地方の学会と混同されないか?
 …と慎重派の先生もいらっしゃいましたが、
 全国から北日本形成外科学会に参加していただこう、
 …という考えで決まりました。
      ■         ■
 今年は札幌医大で開催されました。
 来年は仙台の東北大学で開催されます。
 北海道は151人、
 東北は244人の形成外科学会員がいます。
 今日の学会は、
 朝10:00~夕方17:00過ぎまで、
 34の一般演題と、
 特別講演がありました。
 若い先生も立派に発表していました。
 内容は明日以降にご報告いたします。

投稿者 sapporobiyou : 18:35 | コメント (0)

2014年07月11日

入院できますか?

 札幌美容形成外科は入院できますか?
 入院設備はありますか?
 …というご質問をいただくことがあります。
 申し訳ございませんが、
 入院設備はありません。
 入院が必要な患者さんは、
 市立札幌病院形成外科などをご紹介しています。
      ■         ■
 札幌美容形成外科のように、
 ビルの中の診療所を、
 業界用語では、
 ビル診(びるしん)と呼びます。
 ビルによっては、
 夜間は無人となり出入りできないビルもあります。
 EVも止めてしまうビルもあります。
 セキュリティ対策のためとか、
 節電のためもあります。
      ■         ■
 札幌美容形成外科が入居しているビルは、
 夜間は施錠されますが、
 セキュリティーを解除して入ることができます。
 24時間SECOMが監視してくれています
 私が知っている限りで、
 ビル診(びるしん)で、
 入院設備がある美容外科はないと思います。
 (もしあったら教えてください)
      ■         ■
 入院できるというのは、
 ただベッドがあるだけではダメです。
 保健所に、
 有床診療所(ゆうしょうしんりょうじょ)としての届出が必要です。
 消防法の規定も満たす必要があります
 札幌美容形成外科は、
 無床診療所(むしょうしんりょうじょ)です
 眼瞼下垂症手術などで、
 入院手術をおすすめするのは、
 一人暮らしで歩行が困難なお年寄りだけです。
      ■         ■
 大部分の患者さんは、
 手術後に帰宅していただき、
 ご自宅で安静にしていれば大丈夫です
 札幌美容形成外科の最高齢は、
 91歳の男性患者さんです
 91歳で、
 ご自宅で一人で生活されているそうです。
 身なりもとても素敵でした。

 らくらくホンの待ちうけ画面が
 入院中の奥様でした

 手術で視界が広くなったと喜んでいただきました。

投稿者 sapporobiyou : 19:24 | コメント (0)

2014年07月10日

富良野のラベンダー2014

 今年も富良野にラベンダーを見に来ました
 私の一年に一度の楽しみです
 毎年『帰ってきた』という感覚で、
 ファーム富田に来ます
 今年は濃紫早咲が満開でした。
 オカムラサキはまだ8分咲程度でした。
 雨の予報でしたが、
 ぎりぎりセーフでした。
      ■         ■
 沖縄には台風が来ていて、
 山形も大雨とお聞きしました。
 わたしだけのんびり富良野を楽しませていただき、
 申し訳ない気持ちです。
 北海道の人より、
 アジア圏の観光客が多いです。
      ■         ■
 車も、
 レンタカーが圧倒的に多いです。
 ラベンダーは手入れが大変です
 ファーム富田は入園料も取らず
 駐車場も無料です。
 ほんとうに申し訳ありません。
 クリニックで使う、
 2015年のカレンダーを購入して帰ります。
 また来年も元気で来れるようにがんばります。

20140710

20140710-2

投稿者 sapporobiyou : 18:48 | コメント (0)

2014年07月09日

あやまりかたの上手下手

 私の医師生活で一番上手な謝り方は、
 病院事務の方でした。
 それも、
 事務次長とか、
 医事課長とか、
 事務方の偉い方が上手でした。
 あやまり方一つで印象が違います
      ■         ■
 医師は医療に関してはプロですが、
 対外的な交渉とか、
 人事管理とか
 労務管理とか
 経理とかにはうとい人が多いです
 私もその一人です。
 えらそうなことは言えません。
      ■         ■
 信じてはいけない人を信じてしまって
 48歳にして失職をした苦い経験があります
 経理のことがよくわからず
 確定申告書にただ印鑑を押して、
 税務調査で多額のペナルティーも払いました
 医師会顧問弁護士が
 医師の最大の味方だと思っていて、
 失敗したこともありました
      ■         ■
 私の札幌西高校の同級生を見ても、
 人事部長とか、
 役員として出世した同期は、
 あやまりりかたのプロです。
 いろいろ教えてもらいました
 困った時に誰に相談するか
 相談相手を間違えるととんでもないことになります。
 大手美容外科の経営者も、
 謝り方のプロに謝り方を教わると良いと思います。

投稿者 sapporobiyou : 12:37 | コメント (0)

2014年07月08日

菓子折りを持って謝りに行く

 日本の伝統文化でしょうか?
 謝罪に行く時には、
 菓子折りを持って行くのが礼儀のようです。
 北海道以外はどうなのでしょうか?
 私には、
 苦い経験があります。
      ■         ■
 医療ミスの経験
 開業への思い④
 …に書いてあります。
 私がJA帯広厚生病院の
 形成外科主任部長だった時のことです。
 JA帯広厚生病院は、
 十勝地方で最大規模の病院です。
 夜間の救急患者さんも診ていました。
 形成外科の夜間の担当は…
 2年目の形成外科医でした。
      ■         ■
 私の下に形成外科専門医が一人いて、
 3人体制で形成外科を担当していました。
 夜間は、
 病院の近くに住む若い医師が呼ばれて、
 患者さんの診察や手術をしていました。
 自分で手に負えないと判断すると、
 私の次の先生を呼ぶのが…
 当時の暗黙のルールでした。
      ■         ■
 若い先生は、
 有名国立大学を卒業し、
 医師国家試験も一発で合格した…
 ‘優秀な’先生でした。
 残念なことですが…

 私が‘こうしてはいけない’と
 口うるさく注意していた
 医療ミスをしてしまいました。
 実に単純なミスでした。
      ■         ■
 次の日の外来で…
 そのミスに気付きました。
 外来が終了してから、
 私に報告がありました。
 幸い後遺障害にはなりませんでした。
 私は担当副院長に報告し、
 医事担当次長、
 医事課長と相談しました。
      ■         ■
 ベテランの事務方は、
 事故の対応にも慣れていらっしゃいました。
 事務次長が菓子折りを準備してくれました。
 私は研修医と一緒に…
 患者さんのご自宅まで…
 謝りに行きました。
 幸い後遺障害がなかったこと、
 痛みもなく、
 キズも治ったので、
 患者さんからは訴えられませんでした。

      ■         ■
 この時に、
 JA帯広厚生病院の事務担当次長が用意してくださったのが、
 六花亭の十勝日誌でした。
 北海道の人ならご存知だと思います。
 本のような形をした入れ物です。
 開くと、
 中にお菓子がびっしり入っています。
 確か5000円の十勝日誌でした。
      ■         ■
 私と研修医は、
 その六花亭の十勝日誌を持って、
 患者さんのご自宅まで謝りに行きました。
 突然行ったので、
 患者さんもお母さんもびっくりしていました。
 わざわざいらしていただいて…
 …とまで言っていただきました。
      ■         ■
 幸い後遺障害もなく、
 傷も治りました。
 若い女性患者さんでした。 
 『そんなに謝らないでください』
 『言われなければ…』
 『私はミスに気付きませんでした』
 とまで言ってくださいました。
 菓子折りを持って謝りに行った先生が、
 日本に何人いるかわかりませんが、
 私は医療者側にミスがあれば謝るのが当然だと思います。

投稿者 sapporobiyou : 19:16 | コメント (0)

2014年07月07日

ラベンダー満開2014

 私の毎日の楽しみ
 通勤途中にある
 道庁北側のラベンダーが満開です。
 札幌市内のラベンダーは、
 どこでもほぼ満開。
 いい季節です。
      ■         ■
 残念なのは…
 毎年ラベンダーの元気が衰えていることです
 道庁前のラベンダー、
 手入れ不足です。
 北海道は赤字財政で、
 予算がないのだと思います。
      ■         ■
 高橋はるみ知事も、
 おそらくこのラベンダーのことはご存知ないと思います。
 海外からいらした観光客も、
 よくこのラベンダーを見ています。
 北海道の許可が得られたら、
 ラベンダーボランティアになろうと思います
 予算がなければ、
 知恵を出していただきたいです。

20140707
20170707-2

投稿者 sapporobiyou : 17:10 | コメント (0)

2014年07月06日

市立札幌病院の医療事故公表

 私は北海道内の大病院と呼ばれる病院に約25年間勤務しました。
 その中でも、
 私が医師として大きな経験を積んだのが
 市立札幌病院でした。
 今でも当時の人脈は大きく役立っています
 私の恩師、吉田哲憲先生は、
 札幌市特別職として市立札幌病院の
 初代、病院事業管理者に就任されました
      ■         ■
 吉田哲憲先生が市立札幌病院に残された業績は数多くあります。
 歴代院長が解決できなかった、
 静療院という精神科分院の統合もその一つです
 私がすごいと思うのが、
 毎年の医療事故の発表です。
 吉田哲憲先生の時代からはじまりました。
      ■         ■
 事情を良く知らない議員や、
 医療業界のことを知らない市民からは、
 市立病院でこんなに事故がある!
 けしからん。
 …という意見もあるようです。
 医療業界をよく知る人たちからは、
 さすが市立札幌病院。
 よく発表した。
 重大事故が少ない。
 …と評価されています。
      ■         ■
 全国の大学病院や公立病院で、
 おそらく医療事故がない病院はありません。
 美容外科でも、
 最近は医療事故保険である、
 医療事故共済の支払が増えているようです。
 なんちゃって美容外科医だけではなく、
 美容外科専門医のクリニックでも事故があります
      ■         ■
 札幌市病院局では、
 市立札幌病院で発生した医療事故等について、
 「札幌市病院局における医療事故等の公表基準」に基づき
 公表を行っております
 この公表は、市民に対して適切な情報提供を行うことにより、
 市立札幌病院における医療の透明性を高めるとともに、
 安心して医療を受けられる環境づくりと
 医療安全管理体制の向上を図ることを目的としています。

 美容医療業界にも
 安心して医療を受けられる環境づくりが大切だと思います。 

投稿者 sapporobiyou : 10:03 | コメント (0)

2014年07月05日

品川美容外科の「糸によるフェイスリフト術」問題

 医療事故情報センター、
 センターニュース2014年7月1日号です
 寄稿
品川美容外科の「糸によるフェイスリフト術」問題に対する取組み
品川美容外科糸リフト被害対策弁護団 三枝恵真(東京弁護士会)
1.美容医療におけるトラブルの増加
 近年、美容や癒しに対する意識の高まり等を背景として、美容医療に対する需要が増加しており、それに伴いトラブル例も増加しています。インフォームド・コンセントに関するトラブルも多く、厚労省は、「美容医療サービス等の自由診療におけるインフォームド・コンセントの取扱い等について(平成25年9月27日医政発0927第1号)」により、インフォームド・コンセントに関してとくに留意すべき事項を定めましたが、現在に至るまで、美容医療における施術内容や危険性についての説明不足が原因と考えられるトラブルは後を絶だない状況にあります。
2.「糸によるフェイスリフト術」とは
 一般に、フェイスリフト術は、頭部や顔面の皮膚を切開・剥離し、スマスという筋膜を引き上げて皺やたるみを修正する外科手術です。
 これに対し、いわゆる「糸によるフェイスリフト術」と呼ばれるスレッドリフト術(フェザーリフト術)は、特殊加工された糸を特殊な針を使って皮下組織に埋め込む手術で、糸に付いた折り返しやコーンの皮下組織に対する引っ掛か引こよって、皮下組織でたるみを持ち上げる効果を得ます。その効果の程度及び持続期間は、切開を伴うフェイスリフト術に比べると限定的であって、顔のたるみについて現状維持を図り、それ以上に顔にたるみを生じさせないという程度のものとなります。

  糸によるフェイスリフト術の術後合併症としては、皮下組織に刺入した糸が顔面の知覚神経や筋(膜)と接触することによる持続的疼痛、感染、糸の露出、糸断端の触知・突出、糸に沿った線状陥凹や、刺入部・刺出部のへこみ、糸剌入部の疵痕性脱毛などがあります。
そもそも緩やかな効果しか得られるものではなく、患者の予想や期待との齟齬が生じるという問題点もあります。
3.弁護団結成から集団提訴・行政要請へ
1)美容医療に問するトラブル増加の実態を受け、医療問題弁護団(東京)が平成25年10月12日に「美容医療ホットライン」を実施したところ、1日で74件の美容医療に問する相談が寄せられました。中でも、品川美容外別科「糸によるフェイスリフト術」に問する相談が24件と集中したため、弁護士有志15名(現在は19名)で「品川美容外科糸リフト被害対策弁護団」を立ち上げました。
2)品川美容外科による施術の問題点は、その勧誘方法やインフォームド・コンセントのための説明義務が適切に行われていないところにあります。
 インターネットやフリーペーパーで積極的に広告を行い、割引券の配布等により、割安感を強調して顧客を誘引し、多くの患者はこれらの割引券等を利用してヒアルロン酸注射やボトックス注射などの施術を受けに行っていました。そのような患者に対し、顔の皺・たるみ等の根本治療として「糸によるフェイスリフト」を勧め、「モニター価格」や「誕生月割引」、「今日受けるなら」等として大幅なディスカウントをして、当日中に施術を受けるよう説得し、また、「糸によるフェイスリフト術」は、簡単なものでダウンタイムも短い等の点もアピールしていたようです。全国的にどのクリニックでも同様の方法、文言で、患者を勧誘している点も特徴です。
 相談者は、術後、施術の効果がほとんど無かったのみならず、長期間持続する痛みや引き攣れ・瘢痕・脱毛・糸の突出を生じるという深刻な健康被害を受けていましたが、施術内容や効果、合併症に対する術前説明はほとんど行われていませんでした。
3)当弁護団では、被害者の一括救済、再発防止のために集団提訴の方針を選択し、2014年4月23日、原告13名が、品川美容外科等を開設する医療法人社団翔友会を被告として、損害賠償等を請求する訴訟を東京地方裁判所に提起しました。
 同時に、美容医療全体の安全性向上を目指して、厚生労働省に対しては、美容医療に開するインフォームド・コンセント実現及び安全性確保のための施策を実施、消費者庁に対しては、美容医療に開する不当表示の防止の施策を実施することをそれぞれ要望する要望書を提出しています。
4.今後の活動目標
 提訴後の2014年4月26目、当弁護団が「糸によるフェイスリフト電話相談」を実施したところ、73伴の被害相談が寄せられ、うち70件が品川美容外科・品川スキンクリニックの施術に関するものでした。
 このように、潜在的被害者は数多く存在すると思われ、また勧誘やインフオームド・コンセントの問題は、美容医療全般に共通する問題点でもあります。私達は、個別原告の被害回復はもちろん、それに留まらず、再発防止に向けた解決(通達の明確化や行政指導)も目指していきたいと考えています。

      ■         ■
 美容外科にたずさわる者の一人として、
 とても残念に思います。
 医療事故情報センターは、
 弁護士の高橋智先生にご紹介していただきました
 このセンターニュースを、
 全国の大学医学部図書館に置いていただきたいです。
 できれば、
 全医療機関が購読していただきたいです
      ■         ■
 医療事故は、
 どこの病院でも起きています。
 交通事故と同じで、
 ある程度の頻度と確率で発生します
 品川美容外科以外にも、
 美容医療で健康被害が生じています
 由々しき事態です。
      ■         ■
 品川美容外科を女性13人が提訴
 …という2014年4月24日に院長日記でも取り上げています。
 私があえて、
 品川美容外科と実名のまま掲載したのは、
 品川さんにも読んでいただきたいからです。
 ここ数年で経営方針が変わったように感じます。
 この原告団の訴えに真摯に耳を傾け、
 被害者を一日でも早く救済していただきたいです

投稿者 sapporobiyou : 15:34 | コメント (0)

2014年07月04日

五十肩の経験2014

 今だから白状します。
 私は2年前に五十肩になりました。
 右です。
 転倒して右肩をぶつけたあと、
 2ヵ月くらいで症状がでました。
 最初は五十肩だとわかりませんでした。
 右腕が上がらなくなりました。
 無影灯に手を伸ばすことができなくなりました。
      ■         ■
 ズボンの後ろポケットには手が届かないし、
 駐車場で駐車券を取れません。
 このまま動かなくなったら、
 形成外科医は無理かな?
 深刻な状況でした。
 困ったのが痛みです。
 私はどちらかというと痛みには強いほうです。
 痛み止めも飲みません。
      ■         ■
 夜寝ている時に痛みました。
 痛くて眠ることができず、
 睡眠不足になりました。
 鍼にも行きました。
 一時的に痛みは快くなりましたが、
 また夜な夜な激痛が襲ってきました。
 ほんとうに困りました。
 こりゃ…
 閉院かなぁ…
 …ってなことも考えました。
      ■         ■
 近くの病院にも行きましたが、
 痛み止めの処方と湿布でした。
 激痛には参りました。
 困った私が頼ったのは、
 さくらんぼさんがお世話になった、
 元山形大学整形外科教授の荻野利彦先生です
 今は札幌の北新東病院で週2回診療をされています。
      ■         ■
 荻野先生の予約がなかなか取れず、
 ちょうど2年前に診ていただきました。
 荻野先生は名医です。
 痛みは関節内注射で劇的に消えました。
 リハビリも紹介してくださいました。
 私の担当が、
 北新東病院の理学療法士、吉野先生でした。
      ■         ■
 医師の私が言うのもなんですが…
 吉野先生は素晴らしい理学療法士の先生でした。
 先生のご指摘は、
 肩ではなく姿勢でした。
 背骨を中心として、
 肩から背中の筋肉は連続しています。
 五十肩を治すのに…
 まず背中から治療が始まりました。
      ■         ■
 吉野先生のご指導で、
 肩甲骨を動かす訓練がはじまりました。
 特筆すべきことは、
 リハビリはまったく痛くありませんでした。
 無理矢理、
 痛い肩を動かすことはありませんでした。
 肩の動きを良くするには、
 肩甲骨や背骨の動きなのだそうです。
      ■         ■
 私は痛み止めも使わず、
 仕事中も、
 通勤途中も、
 常に肩甲骨を寄せる運動を続けました。
 おかげさまで、
 時間はかかりましたが、
 無影灯も動かせるようになりました。
 駐車券も取れます。
 吉野先生にはほんとうに感謝しています。
 小学校以来はじめて自分の姿勢の悪さがわかりました。
 今のところ五十肩は再発していません。
 もうすぐ六十歳になります。
 まみ子師長さんの腰痛が快くなることをお祈りしています。

投稿者 sapporobiyou : 19:51 | コメント (0)

2014年07月03日

ピアスのキャッチが埋まった

 おそらく、
 自分の身体に傷をつけるおしゃれ入門は、
 耳たぶのピアスです
 最近は男性でもピアスをする人がいます。
 注意しなくてはいけないのが、
 ケロイド体質や、
 金属アレルギーです。
      ■         ■
 金属アレルギーの人がピアスをして、
 無理に続けていると、
 穴の部分がぐちゃぐちゃになります。
 気がつくと…
 キャッチが埋まっていることがあります。
 外せません。
      ■         ■
 ピアス本体が抜けても…
 品質の悪いピアスだと、
 キャッチが耳たぶに埋まることがあります。
 さあ大変です。
 救急病院へ行ったとしても、
 研修医マニュアルにピアスのキャッチは書いてありません。
 担当する研修医も困ります。
      ■         ■
 どこの科に行ったら良いかもわかりません。
 形成外科や美容外科でなくても、
 ピアスの施術をしている皮膚科で、
 上手に治してくれるところもあります。
 ピアスのキャッチがわからない研修医がいても、
 不思議ではありません。
 医学部では教えません。
      ■         ■
 研修医の先生へアドバイスです。
 ピアストラブルの患者さんは、
 メスで切開する必要はありません
 局所麻酔をして、
 麻酔の針でキャッチやピアスを確認します。
 大部分のキャッチは、
 耳たぶの裏側から外すことができます
 先の細いモスキートー鉗子が役立ちます

投稿者 sapporobiyou : 14:28 | コメント (0)

2014年07月02日

二重まぶた手術2014

 第120回日本美容外科学会学術集会では、
 パネルディスカッション1
ビデオで学ぶ重瞼術
司会 岩波正陽(新横浜形成クリニック)
Introductory Lecture
重瞼の解剖学的考察」・・・ 岩波正陽(新横浜形成クリニック)
1. 腫れの少ない埋没法 MT法
 ◯池田欣生、森川一彦(東京皮膚科・形成外科 銀座院)
2. 微小切開法による重瞼術
 ◯林寛子、杉本佳陽(烏丸姉小路クリニック)
3. 皮膚切除を伴う切開式重瞼術
 ◯倉片優、土屋沙緒(クリニカ市ヶ谷)

 …がありました。
      ■         ■
 正直に言って、
 二重まぶた手術は難しいと思います。
 東京皮膚科・形成外科の池田欣生先生が埋没法
 京都の烏丸姉小路クリニック、林寛子先生が微小切開法
 クリニカ市ヶ谷の倉片優先生が皮膚切除を伴う切開法でした。
 話題になったのが、
 切開をしても二重が取れる、
 二重が戻る患者さんです
      ■         ■
 総合病院の形成外科に勤務していた時、
 若い女性の目の手術は年に数例。
 埋没式重瞼術なんか…
 見たこともありませんでした
 形成外科専門医より、
 なんちゃって美容外科医の方が、
 よほど多く埋没法の手術をしています。
      ■         ■
 開業して、
 若い女性の目をたくさん手術するようになりました。
 他院で埋没法をして
 取れちゃった患者さんもたくさん診ました
 私が手術をした患者さんでも、
 取れちゃった人がいます
 切開をしても戻る人がいます
      ■         ■
 青山研美会クリニックの阿部浩一郎先生が、
 アレルギーとの関係について発言されました。
 目にアレルギーがあって、
 目をこする癖がある患者さんは、
 切開手術をしても戻ることがあります。
 阿部先生が抗アレルギー剤を処方されて、
 二重も快くなったそうです。
      ■         ■
 どんなに丁寧に手術をしても、
 手術後に目をこすると二重は戻ります。
 切開をしても戻ります。
 患者さんは、
 私、絶対に目をこすってません
 …と言われることがあります。
 …でも夜寝ている間はわかりません。
 まぶたにこすった痕が見える人もいます。
 アレルギーは美しい二重の大敵です

投稿者 sapporobiyou : 17:30 | コメント (0)

2014年07月01日

新しいケロイドの治療法2014

 今日から7月です。
 一年の折り返し点です。
 今年は4月に消費税が上がりました
 国会は集団的自衛権で明け暮れています。
 自民党にはがっかりです
 私は自衛権でも、
 血を流す争いは嫌です
 次の選挙では自民党に入れません。
      ■         ■
 第120回日本美容外科学会学術集会(札幌)でお聞きした、
 新しい情報です。
 形成外科の大先輩、
 塩谷信行先生もブログで取り上げられています。
 塩谷先生のタイトルは、
 ケロイドも治せるでした。
      ■         ■
 私が学会でお聞きしたのは、
 同じ日本医科大学形成外科、
 藪野雄大先生の、
 瘢痕のNd:YAGレーザー治療の作用機序です。
 藪野先生の発表によると、
 Nd:YAGレーザーは色素レーザーより深い部分の血管に作用し、血管透過性亢進・MMP産生・コラーゲン線維束分解も誘起していると考えられ、ケロイドに効果的に作用するようです。
      ■         ■
 手術でも、
 薬でも、
 なかなか治せないのがケロイドです。
 日本医科大学形成外科のケロイド治療は、 
 私たち形成外科専門医から見ても、
 一歩先を行っています。
 ケロイドで悩んでいる患者さんに、
 日本医科大学形成外科をおすすめします

投稿者 sapporobiyou : 18:52 | コメント (0)