« 2014年10月 | メイン | 2014年12月 »

2014年11月30日

冬田さん

 昨日いらしてくださったお客様から、
 先生の院長日記、
 ちびまる子ちゃんシリーズ
 面白いです
 …とお褒めのお言葉をいただきました。
 ありがとうございます。
      ■         ■
 おだてられると、
 素直に喜ぶ性格なので、
 もう一つ書きます。
 冬田さん(冬田美鈴)
 乙女チックな性格の女の子。
 大野君のことが大好き。
 困ったことがあるとすぐ泣いてしまうところも。
 好きな食べ物はヨーグルト、クッキー、おはぎ。

      ■         ■
fuyutasan
 大野君(大野けんいち)
 クラスの人気者で、サッカーがとくい。
 クラスのリーダー的存在。
 勉強もスポーツもできるので女子からも好かれている。
 
oonokun

ちびまる子ちゃんHPより引用

      ■         ■
 クラスの人気者、
 大野君(大野けんいち)
 私と同じ、
 けんいちという名前です。
 私とは大違いです。
 私はもてた記憶がありません
 どこのクラスにも、
 一人か二人は、
 こんな男子がいます。
      ■         ■
 冬田さんの、
 ♡大野君のことが大好き♡
 …という乙女心、
 私が冬田さんのおじいちゃんだったら、
 なんとかしてあげたいと思います。
 習字やペン字は、 
 自分で努力すれば、
 美しい字が書けます
      ■         ■
 でも、
 容姿だけは、、、
 自分の努力では限界があります
 どんなに上手にメイクをしても、
 メイクを取ったら、
 あんた誰?
 …では困ります。
      ■         ■
 私が冬田さんのおじいちゃんだったら、
 目と鼻を直します。
 歯科矯正もします。
 厚い口唇は、
 矯正治療で変わることもあります。
 いつかTVで、
 まる子
 美容整形に行く
 …の巻きが出ると面白いですね。

投稿者 sapporobiyou : 16:44 | コメント (0)

2014年11月29日

美しい字を書きたい

 男女を問わず、
 美しい字の方はうらやましいです。
 みぎわさんの手術時期に、
 なっちゅんさんからコメントをいただきました
 私の経験上、
 字の上手いドクターはいません 笑
 きっとその時間、
 勉強に費やしてたのではないでしょうか?

      ■         ■
 私には約100人の同級生がいます。
 字が達筆なのは…
 う~ん
 数人でしょうか?
 一人はすぐに思い出しますが、
 なかなか字が上手な先生は思い出せません。
      ■         ■
 逆に、
 みみずがはったような字
 見ただけですぐに誰が書いたかわかる字
 …の先生はすぐに数人は思い出せます。
 60歳になっても、
 字は変わりません。
 恐ろしいものです。
      ■         ■
 今朝のTVでもやっていました。
 筆で書いて、
 横に朱色しゅいろで先生が直してくださる。
 お習字
 私には向きませんでした。
 高校の同級生には、
 書道の先生になった人もいます。
 大浦先生の奥様の字も、
 とても素敵でした。
 美しい字は私のあこがれです

投稿者 sapporobiyou : 18:40 | コメント (0)

2014年11月28日

みぎわさんの手術時期

 みぎわさん
 花輪クンのことが大好きな女の子

 なかなか恋はうまくいかないようです。
migiwasan
 永沢くん
 自分には何の責任もないのに、
 暗くてひねくれものの男子
 nagasawa

ちびまる子ちゃんHPより引用

      ■         ■
 自分の孫だったら…
 なんとかしてあげたいと思います。
 整形の費用も、
 じいちゃんが出してあげたいと思います。
 でも、
 孫が整形疑惑になったら大変です。
 慎重に手術時期を選ぶべきです
 先生を選ぶのも大切です
      ■         ■
 まず、
 小学校や中学校では、
 整形手術はすすめません。
 逆さまつげで、
 眼球に傷がついているなら別ですが、
 自分の孫ならすすめません。
      ■         ■
 小学校や中学校で目が変わると、
 周囲に気付かれやすいです。
 転校でもない限り…
 50年後の同窓会でも話題になります。
 一番早くて、
 中学校を卒業後です。
 卒業式の直後です。
      ■         ■
 小中学生の子どもには、
 歯科矯正治療をすすめます
 歯につける矯正装置なら、
 整形疑惑はありません。
 矯正治療には、
 時間がかかるので、
 早いうちから矯正専門医の受診をすすめます
      ■         ■
 もう一つ、
 自分の孫だったら、
 小さいうちに、
 字を習わせます。
 私は字が下手です。
 子どもの頃に習字に通いましたが、
 長続きしませんでした。
 今でも筆ペンも苦手です。
      ■         ■
 美しい字は一生の財産です。
 筆で字がかけなくても、
 美しいペン字だけでも、
 自分の孫だったらすすめます。
 小学生や中学生のうちは、
 本人がよほど気にしない限り、
 私は美容整形はすすめません

投稿者 sapporobiyou : 21:33 | コメント (0)

2014年11月27日

3年4組の男の子

 ちびまる子ちゃんの3年4組。
 いろいろな男の子がいます。
 大野君(大野けんいち)
 クラスの人気者で、サッカーがとくい。
 杉山君とは大の仲良しで、二人ともクラスのリーダー的存在。
 勉強もスポーツもできるので女子からも好かれている。
 好きな食べ物はラーメン、トンカツなど。
 
oonokun
 藤木(藤木茂)
 少し暗い性格の男の子。
 クラスで一番背が高いのに気は小さい。
 何か困ったことがあると、
 ウソをついたりして堂々としていない時があるので
 みんなから「ひきょう」といわれることが多い。
 永沢がみんなからきらわれても、永沢の味方になろうとする、
 けなげで優しいところもある。
 クラスの女子、笹山さんの事が好きで、笹山さんと自分が
 仲良くしているところを想像することもある。
 特技はアイススケート。
 好きな食べ物はアメリカンドッグ、ラーメン。

fujikikun

ちびまる子ちゃんHPより引用

      ■         ■
 クラスで人気者の男子は、
 スポーツが得意
 サッカーがとくい
 音楽が得意
 歌が上手
 私はどれも×でした。
 人気者だった男子は、
 タケシ君だったかなぁ~?
      ■         ■
 医学部に入るような男子は、
 勉強ばかりしていてもてません
 私は、
 どちらかというと、
 藤木くんタイプでした。
 少し暗い性格の男の子
 いじめられました
      ■         ■
 容姿の悩み
 2008年6月14日の院長日記です。
 美容外科は容姿(外貌)を変える診療科目です。
 キレイにするのが仕事です。
 私がこの仕事を選んだのは、
 少年時代(大夕張の鹿島中学校)で、
 『イカリヤ長介』とあだ名をつけられたことが、
 心の底で関係していると思います。

      ■         ■
 私は、学校で言われるようになってから、
 自分の下くちびるが気になるようになりました。
 たまに札幌へ出ると、
 ススキノ交差点の角に…
 『中央整形』と書かれた、ビルがありました。
 中学生だった私は、
 勇気もお金もなかったので、
 中央整形へは行きませんでした。

      ■         ■
 私は56歳で眼瞼下垂症手術を受けるまで
 手術を受けたことはありませんでした。
 目がよく開くようになったおかげで、
 車の運転は楽になりましたし、
 疲れも減りました。
 メスでパーツを変えることに
 抵抗がある人も多いと思います。
      ■         ■
 大野君と藤木君を比べると、
 やはり大野くんが素敵です。
 容姿と中身は違いますが、
 やはり男性も見た目が大切です。
 12月14日の衆議院議員選挙。
 女性票が入るのは、
 中身も見た目もいい人だと思います
 現職の議員さんが手術を受けるのは難しいですが、
 惜しくも落選したら、
 見た目を変えることをおすすめします

投稿者 sapporobiyou : 17:28 | コメント (0)

2014年11月26日

みぎわさんの乙女心

 ちびまる子ちゃんシリーズの3回目です。
 3年4組の女の子に、
 みぎわさん(みぎわ花子)がいます。
 花輪クンのことが大好きな女の子。
 洋服や好きなものも乙女チックで女の子らしい。
 花輪クンに優しい言葉をかけられるととても喜んだり、
 花輪クンに近づく女子がいると怒ったり、と、
 花輪クンにかかわる事は常にびんかんになってしまう。
 好きな食べ物はアップルパイ、スパゲッティ他。

      ■         ■
 ちびまる子ちゃんの作者は女性です。
 実によく、
 乙女心を表現しています。
 男には、
 理解できないことも、
 細かく表現しています。
 乙女心がわかるのは女性です。
      ■         ■
 女の子が、
 ○○クン大好き
 …と思っても、
 ○○クンが好きになるのは、
 可愛い、
 笹山さんのような女子です。
 世の中うまくいきません。
      ■         ■
 みぎわさんは、
 とても可愛い心の持ち主です。
 女の子らしい女の子です。
 残念なのは、
 弥生人の目です
 目が大きくなって、
 めがねをコンタクトにすると、
 見違えるような美人になります
      ■         ■
 世の中には、
 みぎわさんから、
 笹山さんに変身した女の子がたくさんいます。
 周囲が気付かないだけです。
 私は、
 変身するのはいいことだと思います
 自分には何の責任もありません。
 生まれつき目が細いだけです。
      ■         ■
 私に言わせると、
 目の開きが2ミリ違うだけで
 人生が大きく変わります
 どんなに上手にお化粧をしても、
 黒目が半分しか出ていない目は、
 お風呂に入ったら、
 元に戻ってしまいます。
 美容外科に女性が多い理由は、
 花輪クンのことが大好きな乙女心だと思います。
migiwasan
sasayama

ちびまる子ちゃんHPより引用

投稿者 sapporobiyou : 19:56 | コメント (0)

2014年11月25日

永沢くん一家の目

 ちびまる子ちゃんの作者は、
 頭のいい人だと思います。
 永沢くんの目は、
 遺伝です
 お父さんも、
 お母さんも同じ目です。
 おそらく、
 おばあちゃんも同じ目です。
      ■         ■
 目の開きが悪い人は、
 暗くてひねくれものと損な役柄です。
 悪役で登場する人物は、
 たいてい鋭い目つきです。
 丸くて、
 大きな目の悪役は少ないです。
 平安時代には美人だった人でも、
 現代社会では見た目で損をします
      ■         ■
 私は、
 目の開きを良くする手術は、
 しわを取ったり、
 鼻を高くする手術とは、
 ちょっと違うと思います。
 永沢くんのおばあちゃんのような女性の、
 眼瞼下垂症手術をすることがあります
      ■         ■
 70歳を超えた女性でも、
 生まれてはじめて
 二重になれた
 …と喜んでいただけることがあります。
 そうです、
 永沢くんのおばあちゃんも、
 実は笹山さんの目になりたかったのです。
 平べったい目を、
 丸い目にしたかったのです
      ■         ■
 70歳を過ぎて眼瞼下垂症手術をしても、
 下横走靭帯が発達している人がいます
 単に皮膚切除をして、
 腱膜固定をする眼瞼下垂症手術より、
 靭帯の処理をして、
 丸い二重の目にして差し上げると、
 とても喜ばれることがあります
      ■         ■
 眼瞼下垂症手術は奥が深い手術です
 本人には何の罪もないのに、
 生まれつき平べったい目だっただけで、
 暗くてひねくれものと損な役柄は気の毒です。
 私は形成外科医なので、
 少しでもものが見えやすくて、
 他人から見ても印象がいい目を作るのが好きです。
 形成外科医になってよかったと思っています
nagasawa-f

お父さん

nagasawa-m
お母さん

nagasawa
ちびまる子ちゃんHPより引用


手術前です


手術3年後です

投稿者 sapporobiyou : 16:08 | コメント (0)

2014年11月24日

ちびまる子ちゃんの目

 世の中にはいろいろな目の形があります。
 日本人には、
 弥生人と縄文人の2系統があります
 ちびまる子ちゃんの登場人物を見ると、
 作者はよく観察しているなぁ~?
 …と感心してしまいます。
 この子は生まれつき、
 目の開きが悪いなぁ~?
 挙筋機能が悪いなぁ、
 …という目のキャラクターがあります。
      ■         ■
 ちびまる子ちゃんHPに出ている
 3年4組の仲間です。
 永沢くん(永沢君男)
 暗くてひねくれものの男子。
 藤木とは仲がいいのに、
 藤木に冷たくすることもしばしば。
 クラスメイトと話しているときも
 いじわるな一言をいったりして、
 その場の空気を凍り付かせることもある。
 でも家に帰ると反省したり、次の日あやまったりすることもあり、
 良心はもっている。
 弟の世話もよくしていて優しいお兄ちゃんの面もある。
 好きな食べ物はサンドイッチ、カツどん。

 nagasawa

ちびまる子ちゃんHPより引用

      ■         ■
 笹山さん(笹山かず子)
 やさしく、
 かわいい女の子。
 藤木に好かれている。
 城ヶ崎さんと一緒にいることが多い。
 好きな食べ物はドーナツ、クリームソーダなど。

sasayama
ちびまる子ちゃんHPより引用 

      ■         ■
 永沢くんの目は、
 弥生人の目です。
 手術をしてみると、
 下横走靭帯(かおうそうじんたい)という、
 白く強固な膜様構造があります。
 このひものような構造が、
 平べったい目の原因です。
 よく永沢くんを見ると、
 眼瞼下垂症の特徴である眉のつり上がりが見えます。
      ■         ■
 笹山さんの目は
 縄文人の目です。
 挙筋腱膜がしっかりしていて、
 瞼板との密着も強固です。
 目を開く力が強く、
 黒目が大きく出るのが特徴です。
 笹山さんの目でも、
 ハードコンタクトを長く使ったり、
 アトピー性皮膚炎で目をこすっていると、
 眼瞼下垂症になります。
      ■         ■
 私は形成外科医なので、
 永沢くんのような目の子を、
 少しでも、
 ものが見やすい目にする手術が好きです。
 医師の中には、
 そんな手術は美容目的だと批判する人もいます。
 永沢くんは、
 好きで弥生人の目をしているのではありません。
 暗くてひねくれものの男子と損な役柄です。
 札幌美容形成外科では、
 保険診療で永沢くんの目を手術しています。
 私は自信を持っていい仕事をしていると思っています。 
眼瞼下垂手術

手術前の状態

手術5ヵ月後の状態
札幌美容形成外科の眼瞼下垂手術

投稿者 sapporobiyou : 20:23 | コメント (0)

2014年11月23日

勤労感謝の日2014

 今日は勤労感謝の日です。
 昨日の院長日記、
 いい夫婦の日(2014)に、
 さくらんぼさんからコメントをいただきました
 私は言いませんが、
 だんなはありがとうは良く言う人です。
 死ぬ前くらいありがとうをいいたいと思います。

      ■         ■
 私がさくらんぼさんの代わりに、
 ご主人にありがとうございますを言います。
 さくらんぼさんのご主人様。
 美味しい果物を作ってくださり、
 ほんとうにありがとうございます。
 札幌、東京、横浜、名古屋、京都、
 偉い先生に果物を送っていただきました。
 どの先生も絶賛しています
 素晴らしい果物です。

      ■         ■
 果樹園でのお仕事は重労働です。
 腰にも負担がかかります。
 夜明けから、
 深夜まで、
 ほんとうにご苦労様です。
 山形の果物は、
 芸術祭参加作品です。
 素晴らしいのひとことです。
      ■         ■
 冬の寒い時期の剪定作業。
 遠く新潟までの配達。
 毎日、ほんとうにお疲れ様です。
 私は、
 りんごのおかげ
 風邪もひかなくなりました。
 元気で仕事ができるのは、
 山形の果物のおかげです。
 心から感謝しています。
      ■         ■
 私も家内から、
 ありがとうは言われません。
 口うるさいとか、
 細かいとか
 神経質だとか、
 返事をしないとか、
 家庭の団欒がないとか

 文句はよく言われます。
      ■         ■
 一度くらい、
 『お給料振り込まれていたゎ。』
 『今月も働いてくれて』
 『♡ありがとう♡』
 …なんて…
 言われみたいと思いますが、、、、
 おそらく死ぬまで言われないと思っています。
 果物作りは大変なことだと思います。
 消費者は生産者の方に感謝しています。
 これからも健康に留意されて、
 世界一の果物作りを続けてください。
 ほんとうにありがとうございます。 

投稿者 sapporobiyou : 11:52 | コメント (0)

2014年11月22日

いい夫婦の日(2014)

 今日11月22日は、
 いい夫婦の日です。
 本間家は♡いい夫婦♡ではございません。
 ♡いい夫婦のふり♡もできません。
 他のご家庭はどうかわかりませんが、
 いい夫婦は難しいです
      ■         ■
 今朝の北海道新聞朝刊コラム、
 卓上四季の冒頭部分です。
 夫婦の日
 きょう、11月22日は「 いい夫婦の日 」である。ごろ合わせだが、この日をあえて選んで結婚するカップルもいるから浸透しているのだろう。
 ▼夫婦にちなんだ楽しいイベントが16日佐賀県で開かれた。「結婚式」ならぬ「継婚(けいこん)式」。お互いが結婚以来のこれまでを振り返り、許し合う儀式との触れ込みだ。「亭主が変われば日本が変わる」を合言葉に、上手に妻の尻に敷かれる道を探る全国亭主関白協会(本部・福岡市)が主催した。
 ▼「ありがとう」をためらわず言い、「ごめんなさい」を恐れずに言う。そして「愛してる」と照れずに言える―。そんな円満方程式を誓い合う場だった。いくら近い関係でも、気持ちを言葉にして伝えるのが大事ということか。
 ▼昨年の離婚数は23万1千組に上る。2分17秒に一組が別れた計算だ。この秘訣(ひけつ)を知っていたら、何組かは別れずに済んだかもしれない―。そうも考えたくなる

 (以上、北海道新聞より引用)
      ■         ■
 北海道は離婚率が高いです。
 平成25年都道府県別離婚率、
 1 沖縄県 2.59
 2 北海道 2.09
 3 大阪府 2.08
 3 宮崎県 2.08
      ■         ■
 離婚率が低いランキングは、
 1 新潟県 1.41
 2 秋田県 1.42
 3 ♡山形県♡ 1.47
 3 富山県 1.47
 全国平均が1.84
 山形県は全国3位。
 仲良し夫婦県です。
      ■         ■
 ありがとう」をためらわず言い、
 「ごめんなさい」を恐れずに言う。
 そして「愛してる」と照れずに言える―。

 う~ん、
 なるほど、
 ありがとうなら言えそうですね。
      ■         ■
 ごめんなさいは難しいですね。
 本間家では、
 私は悪くない、
 悪いのはあなた
が多いです。
 愛してるは無理ですね。
 impossibleです。
 死ぬまでに一回くらい言えるかなぁ~?
 …って感じですね。
 いい夫婦は難しいです

投稿者 sapporobiyou : 13:57 | コメント (0)

2014年11月21日

幸せな人生2014

 最高の人生とは?
 2009年1月23日の院長日記です。
 最高の人生とは何か?
 ちょっと考えてみました。
 私が子どもの頃、
 近所のお医者さんの家は、
 裕福で、
 テレビも
 ピアノも
 自動車も
 自分の家にないものが、
 お医者さんの家には何でもありました。
      ■         ■
 私の母親は、
 私の父親が薬剤師で、
 お医者さんの方が、
 薬剤師の倍もお給料がもらえるから、
 家にないものが、
 お医者さんの家には、
 『何でもある』と
 子どもの私に教育しました。
      ■         ■
 裕福になりたいから…
 お金持ちになりたいから…
 子どもの頃から勉強して、
 お医者さんになったのかも知れません?
 確かに、
 医師免許証があれば、
 生活に困ることはありません。
 雇用保険も、
 一度もいただいたことはありません。
      ■         ■
 研修医の頃は、
 貧乏だったこともありますが、
 結婚して子どもが生まれてからは、
 生活に困ったことはありません。
 分不相応な家を建てて、
 住宅ローン地獄になった時以外は
 同世代の友人たちより
 ‘よい暮らし’
 をしていたと思います。
      ■         ■
 私が子どもだったころから、
 50年が経ちました。
 両親は83歳と81歳になります。
 年齢相応に衰えていますが、
 まだ元気です。
 両親は私が札幌医大に合格した時、
 医師免許証を取得した時、
 とても喜んでくれました。
      ■         ■
 世間から見ると、
 順風満帆な人生で、
 最高の人生かも?知れません。
 50年経ってみると、
 父より高給だったお医者さんは、
 父よりずっと短命でした。
 お金をたくさん残された先生もいらっしゃいます。
 でも残された奥様は…
 お一人で寂しく余生を送っていらっしゃいます。
      ■         ■
 薬剤師の父親は、
 つい数年前まで、
 調剤薬局のピンチヒッターとして、
 働くことができました。
 私はどう頑張っても、
 父親の年齢まで生きられる自信がありません。
 父親よりずっと短命だと思います。
 形成外科医としての寿命は、
 もっと短いと思います。

      ■         ■
 先日、私の子どもに言われました。
 私が30代後半だった頃のことです。
 お父さんとプールに行った時、
 病院から呼ばれた
 …と一人で帰ってしまった。
 プールに行っても、
 いつも疲れて寝てばかりいた
 (私は)休みの日は、
 しっかり休める仕事がいい。

      ■         ■
 なるほど、
 子どもは覚えているのですね。
 自分では?
 プールで寝ていたことは覚えてますが、
 病院から呼ばれた回数は数知れず…
 それがあたり前と思っていたので、
 何の手術で呼ばれたのかも覚えていません。
      ■         ■
 私にはいろいろな職業の友人知人がいます。
 私はパイロットになりたかったのですが
 キャプテンだった知人は、
 もう亡くなってしまいました。
 弁護士さんも大変そうです。
 会社の社長さんも大変です。
 休みがありません。
      ■         ■
 私の同期で、
 60歳で定年退職した人がいます。
 (自分が病気をして)
 かあちゃんに苦労をかけたから、
 これからは、
 二人で旅行でもして、
 のんびり暮らすさ…

 彼は役員でも社長でもありませんが、
 私から見ると幸せな人生
 …だと思います。

投稿者 sapporobiyou : 21:48 | コメント (0)

2014年11月20日

医者は金持ちとは限りません

 理想の医師
 2014年11月18日の院長日記に、
 なっちゅんさんからコメントをいただきました
 理想のお医者様は、
 見立て、
 腕が良く親身になってくれるかな?
 私にとっては。
 薬の説明もして下さる先生がいいです。
 お医者様はお金持ちと限りませんか?

      ■         ■
 m3.com(えむすりー・どっとこむ)という、
 お医者さん向けのサイトがあります。
 その中に、
 開業・経営コーナーがあります。
 先輩開業医への質問
 …をたまに読んでいます。
 参考になることがたくさん書いてあります。
      ■         ■
 開業後一年くらいで先生が急逝し、
 保証人になったお姉さんが破産しました。

 院長が過労死しているケースを多々知っています。
 ふつうの人が知らないことが、
 たくさん書いてあります。
 はっきり申し上げます。
 お金持ちのお医者さんは一部だけです
 ふつうのお医者さんは、
 労働時間や拘束時間の割りに収入は低いです。
      ■         ■
 医療従事者の中では、
 医師の俸給は一番高いです。
 でもそれだけ仕事はきついです
 医師免許を取るのも大変です。
 休みも少ないです。
 裁判で訴えられる可能性もあります。
 お金持ちになりたい人に
 お医者さんはすすめません
      ■         ■
 医師としての幸せは
 お金だけでは得られません
 もちろん、
 ある程度の収入は必要です。
 でも、
 スポーツ選手のように契約金数億円とか、
 年収数億円の医師は、
 ほんのわずかな人だけです。
      ■         ■
 m3.com(えむすりー・どっとこむ)を見ると、
 お医者さんの求人が載っています。
 年収もさまざまです。
 あまりにも高額な年収は、
 逆にあやしいと思います
 医師としての幸せは、
 自分が満足できる医療が提供できること。
 自分の実力が発揮できる設備があること。
 自分を支えてくれる看護師やスタッフがいること。
 最高の医療を提供できて、
 患者さんから感謝されることです

投稿者 sapporobiyou : 17:38 | コメント (0)

2014年11月19日

大浦憲子様ご逝去から一年

 恩師、大浦武彦先生の奥様、
 大浦憲子様がお亡くなりになって
 今日で1年です。
 早いものです。
 一年前は火曜日でした。
 市立札幌病院でお亡くなりになりました。
      ■         ■
 今、考えても、
 すばらしいよくできた奥様でした。
 ご主人の大浦武彦先生には、
 暖かいマンションを準備され、
 家具も、
 カーテンも、
 冷蔵庫も、
 全部準備されていました
      ■         ■
 お一人になられた大浦先生が困らないように、
 ちゃんとお考えになられたのでしょう。
 大浦先生のマンションは快適です。
 暖房も北海道ガスのセントラル暖房です。
 北電の料金が上がっても
 灯油料金が上がっても、
 大浦先生のマンションは心配いりません。
      ■         ■
 大浦先生はお元気です
 褥瘡研究所でお仕事をなさっています。
 夏にはゴルフもなさいます。
 海外出張にも行かれます。
 ただ、
 マンションではお一人です。
 私もなかなかお伺いできず、
 申し訳なく思っています。
 今度、先生がお好きな、
 サッポロ黒ラベル500を持って、
 お伺いしようと思っています。

投稿者 sapporobiyou : 17:52 | コメント (0)

2014年11月18日

理想の医師

 増えてほしい苦労人の医師
 2009年3月25日の院長日記です。
 朝日新聞『声』の欄への投稿です。
 医師は医学部受験を勝ち抜いてきた
 「お坊ちゃま成功者」が多い。
 それでも、
 感受性の強い優しい人や
 挫折を乗り越えてきた苦労人なら、
 患者と共感できる医師になれる。

      ■         ■
 最近は医学部も女子が増えています。
 お坊ちゃま成功者だけではなく、
 お嬢さま成功者もいます。
 偏差値が高い人を否定するのではありません。
 現実問題として、
 小さい時から、進学塾に通い。
 名門校でもトップクラスの成績でないと、
 有名国立大学医学部に、
 現役合格はできません。

      ■         ■
 医師の仕事は、
 きれいな仕事ではありません
 便もみなくてはいけません。
 強烈な悪臭が大切な所見のこともあります。
 感染症を診なくてならないので、
 自分が感染してしまうこともあります。
 エボラ出血熱で亡くなった先生もいます。
      ■         ■
 収入が高いので、
 医学部に入ってお医者さんになろう!
 …と考えている受験生には、
 お医者さんはすすめません
 お金儲けをしたいなら、
 投資家をすすめます。
 私の高校の同期で、
 一番のお金持ちは社長さんです
      ■         ■
 お金持ちになりたい人に、
 美容外科医もすすめません
 苦労が多いです
 美容外科業界で一番所得が高いのは、
 美容外科チェーン店の経営者だと推測します。
 MBAを取得している人もいると聞きます。
 ただ経営判断を誤ると倒産の危機です
      ■         ■
 お金儲けが上手だった美容外科医もいました。
 TVでよく宣伝をしていました。
 その先生が手術をした患者さんを診ることがあります。
 ちまたのうわさとは逆で、
 わきが手術は上手だったと思います
 残念なことですが、
 脱税で医師免許を無くされました
 私は困っている人を助けるのが医師の仕事だと思います
 いい先生が増えることを願っています。

投稿者 sapporobiyou : 19:49 | コメント (0)

2014年11月17日

こんな医者になって

 平成26年11月15日、朝日新聞夕刊の記事です。
 こんな医者になって
 心臓病の13歳、弟に贈る8カ条
 倫太郎君は、左心室と右心室が分かれていない「フォンタン術後症候群(房室交差)」を抱える。1万4千人に1人の難病で、手術を重ねたが、今も腸からたんぱくが漏れる合併症で点滴が欠かせない。2歳の時に不整脈で心肺停止に陥るなど、生死の境をさまよってきた。
 ■「お兄ちゃんを治す」
 免疫力が落ちているため運動や過労は禁物だが、学校には酸素吸入器を付けて通い続ける。今は午前中だけ町立箕輪中学校の普通学級で学び、文化祭では弁論大会で「命の尊さ」について語った。
 今年初め、弟の恵次郎君が人体図鑑を眺めて「お兄ちゃんを治したい」と言い始めた。それを聞いた倫太郎君は7月、弟を励まそうと、倫太郎君が思う理想の医者像をパソコンで一気に書き上げた。
 ■それぞれに体験談
 良い医者の心得は、全部で8カ条からなる。それぞれに倫太郎君の体験談が付く。たとえば「検査や治療は出来る限り患者さんの生活に合わせてやるべきだ」には、小5の時の体験をつづった。
 「H先生にエコー検査に呼ばれた。だが、その時H先生は『もうすぐお昼ごはんだね。メニューはうどんだし、のびると美味(おい)しくないから倫ちゃんがうどんを食べ終えたらエコーをするよ』と言ってくれた」
 「患者さんは、誰もが自分の受ける治療や検査などに、不安を抱えている。しっかり、分かりやすく説明してあげよう」には「U先生は僕が入れるかもしれない心臓ペースメーカーを2種類も持って来て、僕に説明してくれた。わざわざ本物を見せて分かりやすく。僕はU先生のおかげで、機械を入れる不安から抜け出すことができた」。
 主治医や看護師の評判は上々だ。長野県立こども病院の循環器小児科部長、瀧聞浄宏(たきぎくきよひろ)さんは「医者のことをよく見ている。ハッとさせられた」。長年倫太郎君をみてきた同病院循環器センター長の安河内聡(やすこうちさとし)さんは「彼の文章には生きることへの感謝と真摯(しんし)な姿勢があふれている。かみしめて読んでほしい」と言う。
 (阿久沢悦子)
 倫太郎君の「理想の医者」8カ条
1.患者さんの家族、趣味など、患者さんの生活全体を見て接しよう。
2.患者さんは、誰もが自分の受ける治療や検査などに、不安を抱えている。しっかり、分かりやすく説明してあげよう。
3.患者さんは、いつ苦しみだすか分からない。大切なのは、その時に、君が患者さんのために、とっさに体が動かせるかだ。
4.入院している患者さんにも、自分の生活がある。検査や治療は出来る限り患者さんの生活にに合わせてやるべきだ。
5.入院している患者さんにとって、ベッドは我が家のようなものだ。採血や問診に行く時は、人の家にいくような感じで行こう。
6.患者や患者の家族は、手術や検査の結果を心待ちにしている。終わったらすぐにすぐに知らせてあげよう。
7.患者さんとの関係は、治療が終わればおしまいという訳ではない。
8.医師はどんな状況でも諦めてはならない。思わぬ治療法があるかもしれないし、悪い状態は一時的なものかもしれないからだ。医師が絶望的と思っても、患者さんやや家族にとっては違うかもしれない。

20141117

重い心臓病を患う長野県箕輪町の中学1年山田倫太郎君(13)が、「医者になってお兄ちゃんを治す」と言い始めた4歳の弟あてに、自身の体験をもとにした「患者が望む理想の医者」をつづった。

(以上、朝日新聞より引用)

      ■         ■
 実にいい文章だと感じました。
 13歳の少年が書いたとは思えません。
 この8カ条は、
 倫太郎くんの主治医がしてくれてうれしかったこと、
 してくれなくて残念だったこと、
 そのどちらも含まれていると思いました。
 医療従事者として考えさせられました。
      ■         ■
 私は医療現場の医師として、
 倫太郎くんの8ヶ条を、
 全国の医学部教官や、
 医学生に読んでいただきたいです。
 倫太郎くんの幸せを祈っています。
 ありがとうございました。

投稿者 sapporobiyou : 17:14 | コメント (0)

2014年11月16日

糖尿病は専門クリニックで

 糖尿病とわかったら、
 糖尿病を専門とするクリニックや病院で、
 しっかり治療してもらうことです。
 糖尿病の薬は、
 医師免許さえあれば、
 専門外の私でも処方できます。
 でも、それではよくなりません。
      ■         ■
 糖尿病専門医の先生と、
 看護師さん、
 栄養士さん、
 スタッフが充実しているところがいいです。
 どこの内科でも糖尿病は診てくれます。
 検査もできます。
 よくなるためには、
 しっかりとした先生にかかることです。
      ■         ■
 小倉智明さんが書かれていたように
 私は、28 年前に発症して、
 担当医に脅されたことが幸いでした
 糖尿病との上手な付き合い方を見つけ、
 治療を明るく楽しみながら実践し続けてきました。
 働き盛りの皆さんには、ぜひ元気で働いてもらいたい。
 糖尿病と診断されたら、
 決して甘く見ず
 すぐに治療をはじめてほしい
 適切な治療を続ければ糖尿病は怖くありません。

      ■         ■
 内科にも専門分野があります。
 糖尿病専門医にもいろいろな先生がいます。
 先生との相性もあります
 通院しやすいかどうかも問題です。
 目が悪くなった時に、
 いい先生を紹介していただくことも必要です
 糖尿病は一生治療が続きます
 最初から、
 糖尿病を専門とする、
 いい先生を選んでください。

投稿者 sapporobiyou : 19:37 | コメント (0)

2014年11月15日

糖尿病は全身の病気です

 私の経験で一番良かったのは、
 いい病院で、
 優秀な先生たちと、
 仕事ができたことです
 糖尿病もそうです。
 市立札幌病院には腎センターがあります。
 糖尿病性腎症で、
 透析となった患者さんがたくさんいらっしゃいました。
      ■         ■
 市立札幌病院、
 糖尿病・内分泌内科部長の、
 柳澤克之先生には、
 北大病院に勤務していた頃から、
 たくさんの糖尿病患者さんを診ていただきました。
 手術前から、
 しっかり糖尿病を管理して、
 手術後も無事に乗り切りました。
      ■         ■
 糖尿病で怖いのは、
 
 腎臓です。
 どちらも血管がこわれるのが原因です。
 最悪の場合、
 目は失明してしまい。
 腎臓は人工透析になります。
      ■         ■
 糖尿病は、
 しっかり治療すれば、
 ふつうの人と同じように生活ができます。
 公益社団法人日本糖尿病協会
 HPにとても参考になることが書いてあります。
 糖尿病啓発冊子
 糖尿病の治療を放置した働き盛りの今
 こちらをぜひ読んでいただきたいです。
      ■         ■
 一部を引用します。
 20141115
 同朋の皆様へ
 小倉智明
 学生時代の私は、世代を代表する短距離ランナーでした。自慢ではありませんが、 学生記録をつくったこともあります。実に健康的な生活を送っていました。 しかしある時、私は太りだしました。膝をやり、腰を痛めて競技から離れ、運動量がガクンと減ったこと、 節制をやめてよく食べるようになったこと、時間の不規則な業界に就職したことなどが原因でした。 病気が発覚した当初は、担当医に真顔で「このままでは死ぬよ 」 と言われたほど、 急激にからだの状態を悪くしていきました。しかし、私にも大切な家族がいます。死ぬよと言われて「ハイそうですか」と簡単にあきらめるわけにはいきません。ダイエット、食事療法、インスリンの投与といった治療をはじめました。 決して楽ではありませんでしたが、生きるために必要なこと、と前向きに受け入れました。
 糖尿病は、宣告されても自覚症状がない病気です。働き盛りの皆さんは多忙な毎日の中でなかなか本気で治療に取り組めないのではないでしょうか。 治療を始めても、食事療法は食欲との戦いがつらく、運動療法も面倒で続かないものです。つい治療を投げ出してしまい、いつの聞にか取り返しのつかないことになっている、という例が多く見られるのです。
 私は、28 年前に発症して、担当医に脅されたことが幸いでした。糖尿病との上手な付き合い方を見つけ、治療を明るく楽しみながら実践し続けてきました。 働き盛りの皆さんには、ぜひ元気で働いてもらいたい。糖尿病と診断されたら、決して甘く見ず、 すぐに治療をはじめてほしい。適切な治療を続ければ糖尿病は怖くありません。 新しいライフワークが出来たと思って前向きに治療に向き合ってください。家族のためにも、 あなたのためにも、どうか糖尿病とうまくつきあい、充実した人生を送ってください。

公益社団法人日本糖尿病協会
糖尿病を放置した働き盛りの今から引用

投稿者 sapporobiyou : 20:04 | コメント (0)

2014年11月14日

糖尿病と手術2014

 札幌は寒くなりました。
 朝、窓の外を見ると…
 真っ白でした。
 新聞によると札幌の積雪が11cmです。
 寒くなりました。
 11月も半分過ぎました。
      ■         ■
 今日11月14日は世界糖尿病デーです。
 世界糖尿病デー
 2010年11月14日の院長日記です。
 札幌医大の学生時代は、
 糖尿病は苦手でした。
 自分は内科には向かないと思いました。
      ■         ■
 内科が苦手だった私が、
 卒後3年目に…
 函館中央病院形成外科で、
 糖尿病のおばあちゃんの担当になりました。
 糖尿病のおばあちゃんが、
 全身に大やけどをして、
 函館中央病院形成外科へ入院しました。
      ■         ■
 当時の私の上司が、
 小野一郎先生でした。
 小野一郎先生の奥様が、
 糖尿病専門医の小野百合先生です。
 奥様は私と同年代で卒業は一期上です。
 糖尿病のおばあちゃんは、
 小野百合先生が…
 札幌から電話で指導してくださり、
 みごとに回復されました。
      ■         ■
 私のはじめての学会発表が
 糖尿病を基礎疾患に持った老人熱傷の一例
 その学会発表を論文として投稿することになり
 糖尿病を徹底的に勉強しました。
 当時、北大第二内科教授で、
 糖尿病の権威中川昌一先生のところにも伺いました。
 はっきり言って…
 学位論文より苦労しました。
 このおかげで今でも糖尿病患者さんの手術ができます。
      ■         ■
 札幌美容形成外科では手術前に血液検査をします
 最近たて続けに、
 糖尿病の患者さんが見つかりました
 手術は中止し、
 糖尿病専門医の、
 小野百合内科クリニックへご紹介しています。
 糖尿病のおばあちゃんを、
 電話で助けてくださった奥様です。
      ■         ■
 糖尿病でも手術はできます
 条件があります
 しっかりコントロールできていることです。
 札幌美容形成外科を開業して10年。
 包茎手術で来院され、
 重度の糖尿病が見つかった男性
 しっかり糖尿病を治療していただき、
 約半年後に手術ができた人もいました。
 未治療の糖尿病は怖いです。
 下肢を切断して、
 棺おけに足を入れた人もいます
 健康診断で血糖値が高かった人は、
 糖尿病専門医に診ていただいてください。

投稿者 sapporobiyou : 17:11 | コメント (0)

2014年11月13日

今日は歯医者さん2014年11月

 今日の札幌は寒い一日でした。
 時々雪がぱらぱらと降っていました。
 秋も終わりという感じです。
 今日は休診日だったので、
 3ヵ月ごとにお願いしている、
 歯医者さんに行ってきました
      ■         ■
 私のきたない歯を、
 毎回丁寧にきれいにしてくださった
 歯科衛生士さんが8月末で退職されました
 新しい衛生士さんが、
 新しくなったユニフォームで、
 丁寧に処置をしてくださいました。
      ■         ■
 上手に処置をしてくださるので、
 痛くありません
 健康保険で受けられます。
 私は左上の奥歯の歯磨きが…
 上手にできないようです。
 自分ではしっかりやっているつもりでも…
 歯石がついていました。
      ■         ■
 約1時間半程度です。
 自己負担は3000円ほどです。
 歯の健康は全身の健康につながります。
 虫歯になって痛くなってから行くのではなく、
 定期的に、
 プロによる歯のお手入れをおすすめします

投稿者 sapporobiyou : 18:54 | コメント (0)

2014年11月12日

師走の衆議院議員選挙?2014

 安倍首相が衆院解散を検討している」。
 こんなささやきが、
 あれよあれよという間に
 解散風という突風になって吹き荒れている。

 平成26年11月12日、朝日新聞社説の一部です。
      ■         ■
 他紙の報道にもあります。
 安倍首相が大嫌いな、
 朝日が社説に書いたので、
 ひょっとすると解散しないかも?
 …と同年代の私は考えてみたりします。
 それにしても勝てると思っているのでしょうか?
      ■         ■
 確かに、
 東京では、
 日経平均株価は前日の終値より72円94銭高い
 1万7197円05銭で取引を終え、
 2日続けて年初来高値を更新した。

 …という報道があります。
      ■         ■
 北海道は不景気です
 企業誘致をしても、
 電気料金が高いので
 北海道へ進出する企業が、
 二の足を踏むという新聞記事がありました。
 私は安倍さんのやり方が嫌いです。
      ■         ■
 ご自身が、
 潰瘍性大腸炎という難病で
 特効薬で症状が快くなったという話しがありました。
 この人は、
 弱い者のつらい立場がわかる?
 病人の苦しみがわかる?
 …とちょっと期待していました
 医療政策を見ると…
 期待外れでした。
      ■         ■
 師走の選挙は大変です。
 北海道や東北は雪です。
 選挙にはお金もかかります。
 後輩の勝沼議員は、
 どこの選挙区から出るのか?
 心配しています。
 衆議院議員も楽ではなさそうです。

投稿者 sapporobiyou : 20:31 | コメント (0)

2014年11月11日

私の結婚式1981年

 北海道は寒くなりました。
 北海道電力の電気料金値上げ
 ガソリンや灯油価格の高騰、
 寒い北国によい話しはありません。
 衆議院解散の報道があります。
 師走に選挙になったら、
 寒い北海道は大変です。
      ■         ■
 突然ですが、
 33年前の結婚式のお話しです。
 うちの奥さんは、
 兵庫県西宮市に住んでいました
 奥さんの父親は、
 国鉄の保線区で働いていました。
 64歳で亡くなってしまいました
 保線一筋で立派な人でした。
      ■         ■
 ひょんなことから
 北海道旅行に来た奥さんと再会し
 ご縁があったのでしょう
 結婚することになりました
 今から考えると、
 人生で一番楽しい時期だったように思います
 でも、
 人生で一番お金がない時期でした
      ■         ■
 私は大学を卒業したばかりで、
 研修医1年目でした。
 結婚式が研修医2年目でした。
 奥さんは、
 短大を卒業して20歳で就職し
 4年間働いていました。
 お給料が良い会社でした。
 堅実に貯金もしていました。
 私より貯金がありました
      ■         ■
 私は北大病院からいただく10万円程度のお給料だけ。
 ボーナスも、
 時間外手当もありません。
 地方の病院に月2回程度ある出張と、
 夜間や土日に、
 市内の病院の当直アルバイトをして、
 何とか生活していました。
 奥さんの収入の半分くらいでした。
      ■         ■
 30年前の研修医の結婚式は、
 北海道でも招待制でした。
 (北海道には会費制結婚式というのがあります)
 北大形成外科の先輩は、
 札幌グランドホテルで、
 大浦武彦教授に仲人をお願いして、
 披露宴を盛大に行っていました。
      ■         ■
 奥さんが札幌に来た時、
 私たちは、
 札幌グランドホテルのブライダルフェアーに行きました。
 北大病院の先生でしたら、
 みなさんこのくらいの披露宴をなさっていらっしゃいます。

 係りの人が作ってくださった見積りを見て、
 目の玉が飛び出ました。
      ■         ■
 結婚式(神前)と
 80人程度の披露宴で、
 ホテルの見積りが400万円弱でした。
 当時の私の年収でした。
 こりゃだめだ
 高かったのが♡花嫁衣裳♡
 こちらの白無垢は、
 まだ一度もお袖を通していないものです。
 うん十万円です。

 はぁ
 ため息が出ました。
      ■         ■
 家内の親戚は全員関西。
 友人も関西。
 披露宴に来ていただく航空券代だけでも、
 かなりの金額になりました。
 その上♡高額の花嫁衣裳♡は、
 かなりの負担でした。
 2人で相談して、
 札幌グランドホテルは止めました。
      ■         ■
 二人で選んだのは、
 弥生会館という、
 国鉄関連の施設でした。
 今は極楽湯という温泉になっています。
 ここは国鉄職員の家族だと割引がありました。
 結婚式と披露宴の費用は、
 札幌グランドホテルの半分以下でした。
 奥さんの両親も賛成してくれて、
 弥生会館で結婚式を予約しました。
 予約金も払いました。
      ■         ■
 その後のことです。
 たまたま北大に学会準備でいらしていた、
 札幌グランドホテルの営業担当の方と話していました。
 先生、今度ご結婚されるんですって…
 ♡おめでとうございます♡
 式はうちでやってくれるんですよね…
 はぁ、見積りをいただいたんですけど、
 高くて無理だったので、
 弥生会館というところにしました。
 教授にもお話ししてあります。
      ■         ■
 営業担当さん、
 え~っ、うち(札幌グランドホテル)でやってくださいよ。
 弥生会館はいくらなんですか?
 私は札幌グランドホテルでいただいた見積り、
 弥生会館の見積りをお伝えしました。
 営業担当さん
 僕に任せてください。
 弥生会館と同じ金額でやります。
 え~っ
 ほんとうですかぁ~
      ■         ■
 営業担当さんのおかげで、
 私たちは札幌グランドホテルで結婚式を挙げることができました。
 奥さんの♡花嫁衣裳♡は、
 何人もの先輩が袖を通したものでしたが、
 誰が見てもきれいな白でした。
 私は何もわからない26歳の若者でしたが、
 その時から、
 よいものを安くにこだわっています。
 お金をかければいいってもんじゃない。
 安くても満足できるものがいいです。


33年前です
 

投稿者 sapporobiyou : 18:54 | コメント (0)

2014年11月10日

主夫生活5年半、貴重な体験

 私が尊敬する人生の先輩、
 あこがれのイクジイ先駆者である、
 埼玉の木本和男様からお便りをいただきました。
 前略。突然の便り恐縮です。4年前に「イクジイ」に過分なるお言葉をいただき、また本年1月の「エプロンは離さない」でも再度ブログに取り上げて頂き感謝いたしております。
 ところで、先月末にダメモトで投稿した拙文が「声」に載りました。早々、先生のブログを開いてみたのですが…。お忙しい先生のことなので、お読みいただいているとは言え、ブログまでには手が届かずにいるのではないかとお察しはしますが、万一と思って投函した次第です。
 ここ5年、全国紙に数回載ったとは言え、ネットで発信して頂けた方は唯一先生だけであったからです。
 無職~主夫~無職。一応もとの鞘に収まりましたが、これで終わったのではなく、これからも先生を始め、全国の皆さんに読んでもらえる文を頑張って書いていきます。勿論、先生のブログも遠方より読ませていただきますので今後とも宜しくお願いします。  早々。
 上尾市 木本和男

      ■         ■
 失礼いたしました。
 声の欄はすべては読んでおりませんでした。
 さっそく、朝日新聞より引用させていただきます。
 主夫生活5年半、貴重な体験
 無職 木本和男(埼玉県 68)
 妻の退職に伴い、5年半続けた「主夫」の座をこのほど降りた。振り返れば定年が近づいた時に上司から次の職場を紹介されたが、以前からの家族との暗黙の約束で、主夫を第二の職場として選んだ。
 朝は現役時代より早く起きて、ゴミ出しと洗濯機を回しながら朝食の準備。食事が終われば看護師の妻を送り出し、近くに住む孫娘の幼稚園への見送り。午後2時からは、孫の迎えから夕食の準備と忙しい。加えて東日本大震災で福島県から移ってきた高齢の義母の世話も加わった。
 忙しいことは会社勤めで慣れていた。給与は出ないが、職場と思えば忙しさは何のことはないと心に決めて過ごした。
 数をこなせば料理もそれなりに作れるようになったし、孫とのスキンシップも増えた。何よりの収穫は、家族からあてにされて、時には褒めてもらえることであった。
 貴重な体験をさせてもらった5年半だった。第二の職場から退き、今後は主夫の肩書はなくなる。でも、今までの経験を生かして、我が家の顧問として残してもらうことにしよう。

 (以上、朝日新聞より引用)
      ■         ■
 下の写真は木本様からいただいたお手紙です。
 光沢紙に、
 きれいに印刷されていました。
 朝日新聞のロゴや、
 はがきのちりとりの図もきれいです。
 きっと、
 とてもきっちりとした性格の方だと思います。
 主夫も100点満点だったと想像します。
      ■         ■
 札幌美容形成外科の女性職員が、
 今までの経験を生かして、
 我が家の顧問として残してもらうことにしよう。

 …という最後の一節が素敵と話していました。
 お会いしたことはありませんが、
 木本様は素敵なシニアです。
 私も木本様を目指します。
 料理も習いたいです。
 これからも投稿を楽しみにしています。
 ありがとうございました。
20141110

投稿者 sapporobiyou : 17:03 | コメント (0)

2014年11月09日

受験で先輩にエールもらった娘

 平成26年11月8日、朝日新聞朝刊、
 声の欄への投稿です。
 受験で先輩にエールもらった娘
 看護師 宮澤初美(埼玉県 41)
 娘の大学入試の会場が遠方のため、入試の前日に現地入りして大学の文化祭を見学した。娘の表情は硬く、私は緊張を和らげようと馬術部の見学に誘った。そこへ一人の女子大学生が近づいてきた。「あなたH高校だよね? 私、卒業生!」
 娘の制服を見て、話しかけてきてくれたのだ。入試が翌日と知った彼女は「私は馬術部に入ってから1度も落馬したことはない。だから、大丈夫。あなたは落ちない」。その言葉を聞いて、胸が熱くなった。娘も勇気をもらい、笑顔になった。
 その後、イベント会場に足を向けた。そこへまた、1人の女子大学生が「H高校だよね? 私もH高校だったの」。娘に1枚の紙を差し出した。「これは私が受験する時に書道の先生が書いてくれたもの。これを持って合格できた。あなたにあげるから頑張って」。紙には「やりたいことは、やらなければいけないことの向こう側にある」とあった。私はもう何も言葉が出ず、2人の姿も涙でかすんで見えなかった。
 数日後、合格通知が届いた。娘よ、合格おめでとう。来年はあなたが受験生にエールを送ろう。

      ■         ■
 合格おめでとうございます
 素敵な先輩がいる、
 素敵な大学、
 入学前から楽しみです。
 私は馬術部に入ってから1度も落馬したことはない
 だから大丈夫
 あなたは落ちない」。

      ■         ■
 なんていい言葉でしょうか。
 意味不明、
 なにそれ、
 …なんて言う人は、
 受験生の苦労を知らない人です。
 一点で合否が決まります。
 ちょっとした気持ちの持ちようで、
 合否が決まることもあります。
      ■         ■
 「これは私が受験する時に書道の先生が書いてくれたもの。
 これを持って合格できた。
 あなたにあげるから頑張って」。

 紙には
 やりたいことは
 やらなければいけないことの向こう側にある
 とあった。

 寒くなってきました。
 毎年秋になると、
 受験生だった頃を思い出します
 恩師、矢野先生のことを思い出します
 がんばれ受験生
 還暦のじいちゃんも応援しています。

投稿者 sapporobiyou : 10:03 | コメント (0)

2014年11月08日

フィブラスト常備薬は無理

 昨日の院長日記、
 フィブラストスプレーの作用機序
 …にさくらんぼさんからコメントをいただきました
 やけどして
 すぐスプレーを使うといいということは
 家庭に常備できる物なんですか? 
 子供がいるんでスプレー下さいで
 皮膚科などで処方してくれますか?

      ■         ■
 確かに、
 富山の置き薬のように、
 家庭に常備薬としてあれば、
 理想的ですね。
 残念なことですが、
 医療機関ですら、
 常備薬は難しいです
      ■         ■
 フィブラストスプレーは、
 1本一万円近くします。
 有効期限もあります。
 いつ来るかわからない患者さんのために、
 高価な薬を常備しておくことは、
 ふつうの医療機関では無理です。
 病院が赤字になってしまいます。
      ■         ■
 もう一つ困ることは、
 フィブラストスプレーが小児熱傷に効くことはわかっているのに…
 正式に国(厚生労働省)の認可を受けていないことです。

 添付文書には、
 効能・効果
 褥瘡、皮膚潰瘍(熱傷潰瘍、下腿潰瘍)
 【使用上の注意
 5.小児等への投与
 小児等に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない)。

 …と明記されています。
      ■         ■
 フィブラストスプレーが小児熱傷に効くことは、
 熱傷専門医の常識になっています。
 皮膚血流を調べた論文も出ています。
 それなのに、
 まだ国の承認が得られていません。
 正式には、
 小児のやけどにすぐ使うのは適応外です。
      ■         ■
 一刻を争うのがやけど治療です。
 痕が残ってからでは遅いのです。
 添付文書には、
 小児等に対する安全性は確立していない(使用経験が少ない)。
 …と書かれていますが、
 もう10年以上使われています。
 早く正式に使えるようになって欲しいです
 フィブラストスプレーは、
 大きな病院の形成外科には常備していると思います。

投稿者 sapporobiyou : 16:50 | コメント (0)

2014年11月07日

フィブラストスプレーの作用機序

 難しい表題で申し訳ありません。
 フィブラストスプレー
 なぜ?
 子どものやけどに効くか?
 …というお話しです。
 なるべくわかりやすく説明します。
      ■         ■
 熱傷学会②
 2007年6月7日の院長日記です。
 今日の熱傷学会でbFGF(ベーシック・エフジーエフ)という薬が
 ヤケドをキレイに治すという発表がありました。
 もともと褥瘡や難治性潰瘍というキズを治すために開発された薬です。
 遺伝子組み換えのバイオ技術で作った製品です。

 2007年に金沢であった学会です。
      ■         ■
 私は札幌医大に在籍していた時に、
 フィブラストスプレーで動物実験をしていました。
 私が唯一、
 文部科学省からいただいた、
 科学研究費で実験をしました
 学内の倫理委員会の承認も受け、
 科研製薬から試料をいただきました。
      ■         ■
 フィブラストスプレーを、
 私の院長日記で検索すると、
 プレミアムPRP後遺障害2014
 第37回日本美容外科学会(東京)④
 …がヒットします。
 シワ取りに、
 フィブラストスプレーを使うと、
 劇的な効果が出ます。
 後遺障害が残ることもあります

      ■         ■
 フィブラストスプレーで動物実験をした人は、
 至適濃度の設定で苦労します
 つまり、
 どのくらいの濃さで使うと、
 一番効果が出やすいかが、
 難しい薬剤です。
 今までの薬とまったく違う効き方をします。
 シワ取りに使う時も濃度を間違えると後遺障害が出ます
      ■         ■
 bFGF(ベーシック・エフジーエフ)
 …という難しい名前です。
 少量の白い粉です。
 この薬を、
 やけどした部位にシュっと噴霧します。
 香水をかける感じに似ています。
 かけた時にちょっとしみます。
      ■         ■
 この薬の効果は、
 強力な血管新生作用です。
 通常の何倍もの速さで、
 血管ができてきます。
 植物に成長促進剤を与えた時とか、
 発根促進剤を与えた時に似ています。
      ■         ■
 やけどした皮膚を再生させるために、
 血管がたくさんできてきます。
 深いやけどで白く見える部位が、
 この薬をかけるとピンク色になってきます。
 ふつうなら治るまで、
 2週間以上かかる深いやけどが
 1週間で治ることもあります。
      ■         ■
 早く治ると、
 やけどは痕が残りません。
 きれいに治ります
 私はできるだけ早期から、
 フィブラストスプレーを使うことを推奨します。
 子どもの皮膚は薄いので、
 フィブラストスプレーの効果が出やすいのです。
 深いやけどにも効きます。
 申し訳ありません。
 札幌美容形成外科では、
 子どもさんのやけど治療は行ってません

投稿者 sapporobiyou : 19:05 | コメント (0)

2014年11月06日

子どものやけどにフィブラストスプレー

 子育ては大変です
 子どもが大きくなってくると、
 いろいろなものに興味を持ちます。
 行動範囲も広くなります。
 やけどをすることも多くなります。
 これからの季節は、
 特に注意が必要です。
      ■         ■
 まみ子師長さんの研究は、
 1988年から1994年の7年間に、
 帯広の高木皮膚科診療所を受診した、
 熱傷患者3481例
を調べたものです。
 3000人を超える熱傷患者の統計は、
 なかなかありません。
 貴重な研究です
      ■         ■
 3481例中、
 5歳以下の乳幼児が全体の40.2%
 加熱液体1372例
 加熱固体1545例です。

 子どもが、
 熱いものをかぶる、
 熱いものに触ることによって、
 やけどをします。
      ■         ■
 やけどをした子どもの親は必死です。
 少しでもきれいに治るように、
 必死で調べます。
 ネット上には、
 正しい情報も、
 間違った情報もあります。
 正しい情報と間違った情報が、
 混じっていることもあります。
 何を信じていいのかわからなくなります。
      ■         ■
 注意して欲しいのが、
 赤ちゃんのやけどです。
 赤ちゃんの皮膚は薄く、
 同じ温度のお湯でも、
 大人より深いやけどになりやすいです。
 診断を間違うこともあります
 専門医でも難しいです。
      ■         ■
 あかちゃんのやけどに、
 劇的に効くのが、
 フィブラストスプレーです
 今までの治療法だと、
 傷が残ったり、
 手術が必要になったようなやけどでも、
 きれいに治ります。
      ■         ■
 私はできるだけ早期から、
 やけどをした直後から、
 フィブラストスプレーを使うのが良いと思います。
 フィブラストスプレーに含まれる、
 細胞増殖因子(さいぼうぞうしょくいんし)が、
 やけどを早くきれいに治します。
 日本で生まれた治療法です。
 申し訳ございませんが、
 札幌美容形成外科では子供さんのやけど治療は実施していません。

投稿者 sapporobiyou : 19:38 | コメント (0)

2014年11月05日

専門医より子育て

 札幌美容形成外科には、
 女性のお医者さんも、
 患者さんとして来院してくださいます。
 同業の先生にいらしていただけるのは、
 医者としてうれしいことです。
 ありがたいことです。
      ■         ■
 ある時、
 先生の患者さんからお聞きした言葉です。
 私は卒業してすぐに結婚しました。
 臨床研修は何とか終えたものの…
 その後に妊娠出産が続きました。
 2人の子育てで自分の(医師としての)研修はできず…
 専門医もまだ取得できていません。
 同期と比べて遅れてしまいました。

      ■         ■
 女医さんは、
 女性の職業として、
 最高の職種です。
 給与も男性医師と同じです。
 周囲から見ても、
 できる女性
 でも悩みはたくさんあります。
      ■         ■
 私からその先生への回答です。
 臨床研修を終えて、
 20代のうちに2人の子育て、
 よくやった!♡
 ごりっぱ!♡ 
 専門医取得が遅れたことなんか、
 まったく気にすることはありません。
      ■         ■
 世の中には、
 一度進んだ科から別の科に進む先生もいます。
 専門医取得が数年遅れたって…
 何も悲観することはありません。
 これから勉強すれば、
 いくらでもばん回できます。
 子どもさん、
 かわいいでしょう。
 それでよかったのです。
      ■         ■
 医学部定員増2009
 2009年12月8日の院長日記です。
 私が勤務医だった頃には、
 看護師さんの子どもは…
 院内保育所へ預けられましたが…
 女医さんの子どもは不可でした。
      ■         ■
 多くの働くお母さん先生は、
 無認可の保育所に預けるか…
 自分の親に育ててもらうか…
 高いお金を払って…
 ベビーシッターを頼むか…
 とにかく看護師さん以上に大変でした。
 子どもを預けるのに…
 私の当直料の何倍もかかる…
 と何人もの女医さんがこぼしていました。
      ■         ■
 国のお役人は気付いているのかどうか…?
 その辺は、わかりませんが、
 現在の医学部は、
 30~40%が女子学生です。
 私の頃は…
 せいぜい10%台でした。
 女医さんが増えています。
 結婚して→子どもを産んで→
 安心して働ける環境作りをすると…
 医師不足解消に役立つことは、
 現場の医師なら誰しも気付いています。

投稿者 sapporobiyou : 19:35 | コメント (0)

2014年11月04日

病児保育

 働くお母さんと仕事をしていた時、
 お母さんが一番困っていたのが、
 子どもが病気になった時でした
 入院するほどの病気ではなく、
 ちょっと熱を出した程度の【病気】です。
 ほんとうに困っていました。
      ■         ■
 日本全国どこでも同じなのか?
 札幌市だけなのかわかりません。
 保育園では、
 検温があるそうです。
 登園して、
 熱があると…
 病院へ行ってください
      ■         ■
 お母さん:(この程度の熱だったら)大丈夫です。
 …と心の中で思っても、
 毎日、子どもを預かってもらっている立場上、
 無理にお願いすることもできません。
 働いているお母さんは、
 当日朝になって、
 仕事をドタキャンすることもできません。
      ■         ■
 ありとあらゆる手を使って、
 子どもを病院に連れて行ってくれるを探します。
 近くに母親がいる人は楽です。
 『お母さん、○○ちょっと熱があるの』
 『小児科へ連れて行って』
 …これで一件落着です。
 でも、こんな人はまれです。
      ■         ■
 仕事中のご主人や、
 友人知人、
 とにかく子どもを病院に連れて行ってくれて、
 一日面倒をみてくれる人を探します。
 小児科へ行ったら、
 中耳炎で、
 耳鼻科に行きなさいと言われることもあります。
      ■         ■
 私が知っている人は、
 娘さんの子どもの面倒をみるために、
 早期退職をされ、
 いくじいになりました。
 たくわえがあって、
 いくじいでも生活できる人は幸せです。
 そんな余裕のある家庭はまれです。
 安倍首相の周りには、
 どんな働く女性がいるのかわかりません。
 私が知っている働くお母さんは、
 みんな苦労して子育てをしていました

投稿者 sapporobiyou : 19:18 | コメント (0)

2014年11月03日

仕事より子育て

 私は形成外科医として、
 子供たちの手術をたくさんしました。
 大学病院や大きな病院が多かったので、
 唇裂(しんれつ)、
 口蓋裂(こうがいれつ)、
 …といった生まれつきの病気
 子どものやけど
 外傷も手術をしました。
      ■         ■
 看護師さんの数が多い病院でも、
 お母さんの代わりはできません。
 泣いている子どもが頼りにするのは、
 お母さんです。
 残念ですが、
 子どもが処置で泣いて、
 助けを求めるのはまずお母さん
 お父さんと叫ぶ子はまれです。
      ■         ■
 お母さんに処置に入ってもらって、
 子どもさんに安心してもらうこともありました。
 小さな子どもはお母さんが頼りです。
 子供さんが事故やけがで入院したら、
 どんな会社でも、
 すぐに病院に行きなさい
 …と休みをくれると私は思います。
 自分の部下や同僚だったらそうします。
      ■         ■
 安倍晋三首相は、
 私と同じ昭和29年9月生まれです。
 首相の周囲に働くお母さんが何人いらしたのか?
 私にはわかりません。
 私の周囲で働いていた、
 看護師さんや、
 女医さんは、
 自分の子供さんが病気になった時に、
 一番困っていました。
      ■         ■
 自分は医療従事者なのに、
 自分の子どもが病気になったのに、
 親に頼んで病院に連れて行ってもらってました。
 保育園も病気の子は預かってくれません。
 少子高齢化社会を解消するには、
 安心して子どもを産んで
 安心して子育てができる
 …これが重要だと思います。
      ■         ■
 すべての女性が就職する社会
 イコール
 すべての女性が輝ける社会
 ではないと思います
 どんなに医学が進歩しても、
 男は子どもを産めません
 私は育児も立派な仕事だと思います
 イクメンにも大賛成です。
 子どもが増えないと日本はほろびます
 仕事より子育てもありです。
 子育てが終わったらまた働けばいいのです。

投稿者 sapporobiyou : 19:39 | コメント (0)

2014年11月02日

粉瘤はかたくて小さなうちに手術

 粉瘤
 手術
 札幌
 検索すると
 私の院長日記がヒットするようです。
 ありがたいことです。
      ■         ■
 粉瘤は摘出手術が必要です
 袋を摘出する手術です
 摘出手術が一番やりやすいのは、
 かたくて小さな粉瘤です。
 葡萄(ぶどう)を例にすると、
 商品にならない、
 硬い緑色のうちです。
      ■         ■
 粉瘤は、
 毛包にできた袋に、
 あかがたまる病気です。 
 あかなので
 くさいです
 感染して大きくなると、
 袋がとけてしまいます
 膿と血がたまっています
      ■         ■
 感染した状態では、
 切開して膿を出すことしかできません。
 切開しただけでは、
 袋が残るので、また垢がたまります。
 切開後は血が出ます。
 通院が必要になります。
 申し訳ありませんが、
 札幌美容形成外科では対応できません。
 完全予約制なので、
 連日の予約が取れません。
      ■         ■
 感染して切開が必要な時は、
 近くの皮膚科や外科に通院してください。
 感染が広がって、
 蜂窩織炎(ほうかしきえん)になることが、
 まれにあります。
 入院治療が必要になることもあります。
 感染して大きくなる前に手術を受けてください。
      ■         ■
 こちらの院長日記も参考になさってください。
 粉瘤(ふんりゅう)の手術
 粉瘤(ふんりゅう)の手術2013①
 粉瘤(ふんりゅう)の手術2013②
 粉瘤(ふんりゅう)の手術2013③
 粉瘤(ふんりゅう)の手術2013④
 粉瘤(ふんりゅう)の手術2013⑤

投稿者 sapporobiyou : 19:42 | コメント (0)

2014年11月01日

「すべての夫」の給料が先だ

 平成26年11月1日、朝日新聞朝刊、声の欄への投稿です。
 「すべての夫」の給料が先だ
 看護師 鈴木妙子(静岡県 58)
 安倍晋三首相は「すべての女性が輝ける社会を」と言うが、今は「女性が輝けていない社会」なのか。どうなれば「輝ける社会」になるというのだろうか。
 男性は若者から中高年まで、正社員になれず、安い給料で普通の生活すらできずに、生きることに苦しんでいる人も多い。夫や息子、恋人が苦しんでいる社会で、「すべての女性が輝ける社会」などあるはずがない。
 「すべての女性が輝ける社会」イコール「すべての女性が就職する社会」ということならば、反論する。出産する女性にとって、子育ては最高に輝ける時だ。子どもにとっても、自立まで母親は重要な存在だ。親子の愛情、ぬくもり、絆を築く時期だ。赤ちゃんや幼児は「ママにいてほしい」と思っても、泣くことしかできない。私は、仕事よりも子育ての方が大事だと思う。
 国は今、子どもを預けて母親が働くことを、やたら積極的に進めようとしているように見える。それよりも国がやらなくてはいけないことは、「すべての夫」が親子できちんと生活を送れるだけの、ちゃんとした給料を取れる社会にすることだ。

 (以上、朝日新聞より引用)
      ■         ■
 私は投稿者の鈴木様のご意見に賛成です。
 鈴木さんは看護師さんです。
 年齢は私の奥さんと同じです。
 病院は女性が圧倒的に多い職場です。
 院内保育所もありました
 保育所に子どもさんを預けて、
 働いていらした、
 お母さん看護師さんもたくさんいました。
      ■         ■
 私が尊敬する看護師長さんが、
 ある時、
 自分が働いていたことが、
 (自分の)子どもにとって、
 よかったのか?
 考えることがある…
 …と話してくれたことがありました。
      ■         ■
 師長さんの子どもさんは、
 国立大学に入られ、
 国家資格も取得された立派な方です。
 師長さんは、
 自分が苦労して子育てをしたので、
 部下の看護師さんにも理解がありました。
 朝5時に起きて、
 洗濯をして朝食を作っていらしてました。
      ■         ■
 働くお母さんが一番困るのが、
 子どもが病気になった時です。
 病児保育をしてくれる保育園は、
 残念ながら、
 病院の院内保育所ですら聞きません。
 子どもさんが熱を出したら、
 遠くの親やご主人がいらしてました。
      ■         ■
 赤ちゃんや幼児は
 「ママにいてほしい」と思っても、
 泣くことしかできない。

 私も子どもさんが小さいうちは、
 仕事よりも子育ての方が大事だと思います
 病児保育を含めて、
 お母さんが安心して子育てができる
 …そんな国になってほしいです。 

投稿者 sapporobiyou : 18:36 | コメント (0)