« 2015年12月 | メイン | 2016年02月 »

2016年01月31日

時計を修理しました

 札幌美容形成外科の受付にある時計、 
 先輩の先生から開院祝いにいただきました。
 白い素敵な時計です。
 定期的に電池を交換して使っていました。
 先日、時計が止まっていたので、
 単三電池を交換しました。
      ■         ■ 
 カチカチと音がするのですが、
 時計の針が動きません。
 ネットで調べると、
 なんと時計の病院がありました。
 うちの奥さんに、
 病院を受診させました。
 残念なことに、
 素敵な時計にはドイツ製ムーブメントが入っていて、
 部品がなく修理不能とのことでした。
      ■         ■
 奥さんは諦めて帰って来ました。
 どんなことでも諦めない私は、
 ネットでセカンドオピニオンを探しました。
 同じ時計が同じように壊れたのが載ってました
 素敵な時計は、
 イタリアのARTE&COSEというガラス細工メーカーの時計でした。
 どうりでデザインが素敵です。
      ■         ■
 小学校の頃から、
 絵は苦手でしたが、
 工作には自信があったけんいち少年です
 こわれた時計を分解したこともありました。
 さっそく、
 ムーブメント
 交換
 …で検索しました。
      ■         ■
 時計の心臓部である、
 ムーブメントと針が、
 東急ハンズで売っていることがわかりました。
 東急ハンズ札幌店4階に行きました。
 親切なお兄さんが、
 丁寧に部品を探してくださいました。
 部品を買ってきて、
 15分で修理が完了しました。
 嬉しかったです。
 素敵な時計が復活しました。
20160131-1
20160131-2
20160131-3

修理費は部品代約2000円でした

投稿者 sapporobiyou : 11:35 | コメント (0)

2016年01月30日

目の左右差を治すのは難しいです

 他院で埋没法を受けた方からのご相談です。
 もともと左右差がある目でした。
 埋没法で手術をしてもらったけど、
 左右差があるまま二重になりました。
 そちらで治せますか?

 …という内容でした。
      ■         ■
 手術をしてくださった先生は、
 なんちゃって美容外科医ではありません。
 形成外科専門医を持った、
 優秀な先生です。
 私からの回答は、
 もともと左右差がある方は、
 手術をしても左右差が残ります

 です。
      ■         ■
 若いから私くらいの年代まで、
 二重をつくる糊で、
 上手に左右差を修正する方はたくさんいます。
 毎日見ている自分の目です。
 ここからここまで糊をつけて、
 ひょいとくっつけると、
 左右差がなくなることをご存知です。
      ■         ■
 私が糊で直せるのだから…
 プロの先生だったら、
 左右差くらい簡単に治せるでしょ?

 …というお気持ちも理解できます。
 ところがそんなに簡単なものではありません。
 糊は何回でもつけなおしできますし、
 皮膚の表面をくっつけるだけです。
      ■         ■
 アイプチとは違います
 2010年2月6日の院長日記です。
 糊でつくる二重と、
 手術でつくる二重は、
 そもそも二重の構造が違います。
 目の左右差は、
 生まれつきまぶたの開きが悪い先天性眼瞼下垂症
 片方の眉を上げる癖のある患者さんなどさまざまです。
      ■         ■
 ご自分で糊で簡単に左右差を直せるから、
 ちょっと、
 簡単に
 お直ししてもらいましょう

 …という方には手術はおすすめしません。
 ちょっと、
 簡単に
 毎日糊をつけてください

 簡単には治せません。
20150425-1
20150425-2

投稿者 sapporobiyou : 18:34 | コメント (0)

2016年01月29日

父親が転院しました

 尻餅をついて、
 左大腿骨頚部骨折を受傷した89歳の父親が、
 昨日リハビリテェーションの病院に転院しました。
 最初の病院では手術を断られてしまい、
 このまま一生寝たきりか?と心配していました。
 2016年1月13日に手術をしていただきました
 高齢で腎機能が悪くリスクが高い患者です。
 私なら引き受けたくないです。
      ■         ■
 手術は成功しました。
 麻酔からの覚醒も早く、
 手術直後から痛みが無くなりました。
 ちょっとの体動でも痛がっていたのに、
 手術で痛みが無くなりました。
 術前からリハビリがはじまり、
 術後も翌日からリハビリをしていただきました。
      ■         ■
 夜間に騒ぐという想定外のトラブルもありました。
 病棟の看護師さんにはほんとうにご迷惑をおかけしました。
 申し訳ございませんでした。
 私もできるだけ病院に行きました
 この10年間で、
 一番親父の顔を見た3週間でした。
 爪切り
 食事介助
 髭剃りをしました。
      ■         ■
 昨日転院させていただいた病院は、
 なんと昔、親父が働いていた場所にある病院です。
 私が小学校2年生まで住んでいた手稲金山です
 今は名前も違っていますが、
 病院から見える山や川は同じです。
 親父に、
 じいちゃん手稲療養所だよと言うと、
 あぁ、
 あそこに3病棟があった
と答えました。
      ■         ■
 私が子どもの頃は、
 石炭を使ったボイラーでした。
 ボイラー技師の方が、
 24時間石炭を燃やして、
 手稲療養所の、
 暖房と給湯に使っていました。
 ボイラー技師の方の名前も覚えていました。
 リハビリも毎日3回も行ってくださるそうです。
 なつかしい病院でリハビリをしていただき、
 早く退院できるといいです。
 高齢の親父を手術していただき感謝しています。
20160129

投稿者 sapporobiyou : 20:40 | コメント (0)

2016年01月27日

島本壽さまのご冥福をお祈りいたします

 昨日、FBで訃報が届きました。
 私のお墓を作っていただいた、
 香川県高松市の島本壽(しまもとひさし)様です。
 64歳という若さで、
 とてもお元気だったのに、
 今でも信じられない思いです。
 石の芸術家と言える、
 とても素敵な方でした。
 心からご冥福をお祈りしています。
      ■         ■
 FBからの引用です。
 ご報告
 (有)島本石材工業、親方島本壽は2014年秋ごろから病気を患い療養中でしたが1月17日 64歳にて急逝いたしました。
 当社ブログ及びFacebookで日記を楽しまれていた方に ご報告が遅れましたことを深くお詫び申し上げます。
また、生前のご厚誼を深謝し衷心より御礼申し上げます。
 エアロビやカメラ、ウォーキングなど仕事以外の事にも非常に熱心でアクティブだった親方。
 あんなに元気だった親方が、胃の様子が変だと病院に行ってからは、ほとんど何もできなくなってしましました。
 そんな自分を見てほしくないとの親方の意思のため親族以外のお見舞いをほとんどお断りし元気になる事を目指して激痛と戦っておりました。
 しかし、いくつもの不運が重なり、なすすべがなくなるまで、ほとんど時間はかかりませんでした。
 最後のお見送りの時、雨男だった親方らしく、外は大雨、吹雪と大荒れでした。
 まるで「先に行ってるよ」と皆に手を振っているようでした。
 多くの方に愛され惜しまれながら見送られた親方は嬉しかったんじゃないかなと思います。
 これからは親方の残してくれた沢山の思い出と培ってきた技術を礎に、また、親方はじめ島本石材工業を支えてくださっている沢山の方々に感謝をし恩返しができるよう、 より一層前に向かって進んで行かなくてはなりません。
 まだまだ若輩者ではございますが社員共々一生懸命邁進してまいりたいと思いますので何卒ご指導ご鞭撻賜りたくお願い申し上げます。
 引き続き島本石材工業をよろしくお願いいたします。
 (有)島本石材工業、代表取締役 島本健一郎

 20160127
 

(以上、島本石材工業FBより引用)

      ■         ■
 島本壽さまは、
 私と同年代です。
 酒も飲まず
 たばこも吸わない方です。
 石屋の親方というイメージとは違って
 とてもおだやかな芸術家肌の方でした。
 私と同じように、
 ちょっとの傷も許さない、
 石づくりのプロでした。
      ■         ■
 札幌にいらしてくださり
 私の希望通りのお墓を作ってくださいました
 雨で作業がお休みの日には、
 イサムノグチが作った、
 札幌市のモエレ沼公園に行かれていました
 話しもよく合いました。
 いつか四国に行って、
 島本さんの工場を見せていただく約束でした。
 とても残念です。
 心からご冥福をお祈りしています。
 四国へ島本さんのお墓参りに行きます。
20160127-2
島本さんに作っていただいたお墓です

投稿者 sapporobiyou : 18:42 | コメント (0)

2016年01月26日

介護保険を使う_②認定調査、ありのまま伝えて

 平成28年1月25日、朝日新聞朝刊の記事です。
 先週から連載された、
 介護保険を使うシリーズです。
 先週のは被保険者証、気軽に再交付をでした。
 なるほどマネー
 介護保険を使う:2 認定調査、ありのまま伝えて
 介護保険を使う時には要介護度を決めるための調査があるということですが、受けられるサービスにどんな影響があるのでしょうか。調査の際の注意点があれば教えて下さい。
 要介護度の認定には、市区町村の介護担当職員か、委託を受けたケアマネジャーという職種の人が来ます。調査はマンツーマンの聞き取り調査です。家族が同席しても構わないので、できるだけ同席するようにしましょう。
 というのも、高齢者は家族に見せるのとは別の顔を、他人に見せたがりがちなためです。私が聞いた例では、若い女性のケアマネジャーが男性の要介護認定のために訪問したところ、男らしさを示そうと思ったのか、力こぶを見せたり、突然、腕立て伏せを始めたりしたそうです。女性でも、自分を良く見せようと、普段の生活からほど遠いことを、まことしやかに話したり、自慢話を延々としたりする人もいて、調査はしばしば長時間にわたります。
 その結果、介護保険を使うことが認められない「自立(非該当)」という判断が出てしまい、家族をがっかりさせます。
 年をとっても親から見ると子供は子供です。子供の言いなりにはなりたくない高齢者は少なくありません。若い時のようには身体が動かず、思うようにならないストレスからか、まるで子供の反抗期のような態度をとる高齢者もいて、周りを困らせます。
 調査の当日のハプニングに備えるため、普段どのような行動をしているか、メモをとっておくことをおすすめします。特に最近の様子を箇条書きにまとめておきます。例えば、椅子から立ち上がる時に何かにつかまっているか、服を着る時に自分でボタンをはめられるか、ひどい物忘れがないか――といった日常の行動について、気づいたことを時間や場所と一緒に記録して、調査員に渡します。
 また、主治医の意見書が必要になりますので、介護保険の申請をすると同時に主治医に連絡をして、一番困っていることは何かなどを前もって伝えておきます。
 こうした資料をもとに市区町村は月に2回、介護認定審査会を開いて要介護度を決めます。要介護度に応じて、受けられる介護サービスの中身も量も違います。要介護度が実際より低く認定されると介護保険では十分なサービスが受けられなくなる可能性があるということです。
 介護保険を申請してから、要介護度が決まるまでに約1カ月かかります。決められた要介護度は原則として6カ月は変わりません。不満がある場合、都道府県の「介護保険審査会」に「不服申し立て」ができますが、審査に数カ月かかることがあります。
 そこで、少し様子を見ながら、要介護度が本人の心身の状態に合わないという「区分変更申請」をするのが現実的でしょう。その場合、市区町村の介護認定審査会がどのような情報をもとに要介護度の認定をしたのか、審査会で使われた資料の開示を求めることができるので、取り寄せて対策を練りましょう。
 介護認定の不服に限らず、介護生活で頼りになる専門家がケアマネジャー(介護支援専門員)です。次回に詳しく説明します。(全10回)

 中村寿美子 介護カウンセラー。「有料老人ホーム・介護情報館」館長。昨年7~10月の「なるほどマネー」で「老人ホームを選ぶ」を担当。
20160126

(以上、朝日新聞より引用)

      ■         ■
 医療従事者でありながら、
 介護保険のことはまったく知りませんでした。
 うちの父親は、
 昨年12月に介護認定申請をしました。
 12月に調査がありました。
 その時にはまだ骨折していなかったので、
 自分でトイレに行けました。
      ■         ■
 認定調査の後で、
 尻餅をついて大腿骨頚部骨折です
 あっという間に歩けなくなりました。
 老々介護で母親が腰椎を痛めました。
 母親まで病院通いです。
 マンションに2人で住めなくなりました。
 父親の介護認定はまだ決まっていません。
 再調査に病院に来ていただきました。
      ■         ■
 順番とはいえ、
 親の介護は大変です。
 仕事が終わってから、
 消灯前の病院にたどり着くのがやっとです。
 とても毎日は行けません。
 TVで琴奨菊の優勝を見るといういいこともありますが
 正直言ってとても大変です。
 自分の番になったらどうしようかと考える毎日です。
 朝日新聞の記事はわかりやすくためになります。

投稿者 sapporobiyou : 15:10 | コメント (0)

2016年01月25日

おめでとう琴奨菊

 私は相撲ファンではありません。
 めったにTVも見ません。
 昨日はたまたま夕食の介助に行って
 父親の病室でTVを見ていました。
 優勝した琴奨菊が、
 今にも泣きそうな顔で、
 支えてくれたみなさんへの感謝を口にしていました。
      ■         ■
 また相撲を見ようと思いました。
 家に帰ってから、
 Yahooニュースを見ました。
 次のデイリースポーツ 1月24日(日)19時34分配信の記事がありました。
 「大相撲初場所・千秋楽」(24日、両国国技館)
 大関琴奨菊(31)が大関豪栄道を突き落とし、14勝1敗で初優勝を決めた。2006年初場所の栃東以来となる日本出身力士の優勝で、大きな重圧もかかっていたが、昨年7月に結婚した妻の祐未さん(29)の支えが助けになった。国技館で直接、晴れ舞台を見届けた夫人に聞くと、細やかな配慮と、結婚時に大関が誓った約束があったことが分かった。
 和服姿で国技館を訪れた祐未さんの胸には、さまざまな思いがこみ上げていた。「ありがとう、と言いたいです。あらためて輝いている大関を見て、ほれ直しました」。30日に結婚披露宴を控えている夫人にとって、優勝賜杯は何よりも大きな贈り物になった。
 昨年7月10日に結婚した後、家族を持った琴奨菊は「必ず優勝するから。優勝賜杯の隣に座らせてあげるから」と、誓いを立てていた。直前の夏場所で負け越し、かど番で迎える名古屋場所前、崖っぷちから結婚生活は始まった。
 辛うじて結婚直後の名古屋場所は8勝7敗で切り抜け、地位を守った。祐未さんが「最も長い15日間でした。押しつぶされそうな大関の気持ちも分かりました」と振り返る苦しい戦いを乗り越え、上を目指す戦いが始まった。
 常に食事面のサポートを欠かさないが、今場所はウオーターオーブンを購入し、油を使わない料理で体調を管理した。さらに、普段は栄養を重視した玄米食をしていたところを、今場所中は白米にして消化を優先させた。
 体のケアも祐未さん自ら行った。琴奨菊のマッサージをするのが日課になっているが、最近はかかとにクリームを塗るのも欠かさない。以前、かかとがひび割れて痛んだため、かばって他の場所まで痛めてしまった経験を踏まえたものだった。「今はつるつるです」というかかとも、祐未さんのサポートのたまものだ。
 琴奨菊とは、時間が取れたら夫婦でアロママッサージに行こうと約束しているという。「初デートもアロママッサージだったんです」。初々しい笑顔を輝かせながら祐未夫人は語った。
 (以上、デイリースポーツより引用)

      ■         ■
 ネットで検索すると、
 次の産経ニュースの記事がありました。
 賜杯の横に座らせてあげる」…愛妻への約束守った
 1月30日の披露宴に花添える

20160125
 

初優勝を果たし、賜杯を手に祐未夫人(右)と笑顔で握手する琴奨菊=24日、東京・両国国技館(福島範和撮影)
 (以上、産経ニュースより引用)

      ■         ■
 産経ニュースの福島範和さん撮影の写真が一番素敵でした。
 ほんとうにおめでとうございます。
 奥様がマッサージをしてくださったおかげで、
 ひび割れて痛んだかかとが、
 つるつるになったというのがいいです。
 奥様の祐未さんと仲良く、
 日本の相撲を発展させてください。
 ほんとうにおめでとうございます。
 嬉しいです。

投稿者 sapporobiyou : 13:30 | コメント (0)

2016年01月24日

1973年一県一医大構想

 平成28年1月23日、朝日新聞夕刊の記事です。
 (あのとき・それから)昭和48年1973年
 一県一医大構想 医師数、ぶれ続ける政策
 この春、私立の東北薬科大(仙台市)に医学部が誕生する。東日本大震災の復興特例で、新設は国内で37年ぶり。定員100人に2463人が志願。6年で3400万円かかる学費を、最高で3000万円まで条件つきで貸与する修学資金枠を55人分用意したこともあり、24倍を超す狭き門になった。
 新設を巡っては、これ以上の「激戦」が43年前にもあった。当時の田中角栄内閣が閣議で決めた「一県一医大構想」の先陣を切る形で、山形大、旭川医大、愛媛大の3医学部で1973年10月、最初の入試があった。
 認可が遅れたため通常より半年遅い、異例の秋入試。最も倍率が高かったのは山形大で実質倍率は37倍だった。1期生になった山大付属病院長の久保田功教授は、「『ああ、これで浪人せずに済む』とホッとしたことを覚えています」と振り返る。

 医師の養成は40年代まで、東大などの旧帝国大と、戦時下で短期間に医師を育てるために増えた旧医学専門学校が担っていた。戦後しばらくは、大陸から引き揚げてきた医師も加わり、医師数はむしろ多かった。
 だが、高度経済成長期に入り、1961年に国民皆保険制度ができて医療機関を受診しやすくなると、病院にかかる人が増えた。同時に医師不足と、医療の質に対する不満が顕在化していく。
 国は、1960年代は医学部などの定員を増やして対応したが、医学部がない県では医師確保が難しかった。このため、医学部設置は地域の「悲願」に。1970年、戦後初の国立医学部が秋田大に設置されると、医学部のない県の中央への陳情が盛んになった。
 この頃、自民党幹事長で、次期首相を狙う田中角栄は山形を訪れ、「佐藤(栄作)首相は5選はしないだろうし、これから(残る任期の)2年間は政治に没頭できる」として、将来の新幹線や高速道路などの整備と合わせ、医学部建設の調査費計上を約束。それは地方での選挙対策の「切り札」の一つでもあった。
 1973年には4校、74年に滋賀、宮崎など3校、といった具合に、1979年の琉球大まで、7年で16の国公立の医学部・医科大ができた。私立の新設も相次ぎ、1981年には防衛医大を除いた79校で、入学定員は8280人になり、10年余りで倍以上になった。
 ところが1982年、「将来、医師が過剰になる」という声が医学界などから上がり、国は削減策に転換する。国の医師需給の検討会は1984年、「2025年に医師の1割程度が過剰になる」という推計をもとに、「1995年をめどに最小限10%程度削減する必要がある」という意見を出した。結局、定員は2003年に7625人まで減り、一県一医大達成時より約1割減った。

 だが皮肉なことに、医師過剰時代は訪れていない。医師の質をあげるために導入した新人医師の臨床研修の必修化、医師を地域病院に派遣する医局制度の崩壊、医療の高度化などで、現場は医師不足で疲弊している。
 国は2008年から定員の増加政策に転じ、今年から医学部の新設も再開される。「わが国の医師数政策ほど振り子のように揺れた政策はめずらしい」「1割削減という目標は達成された。だが、その時すでに1割過剰どころか、1割以上不足であることが明らかになっていた」と、国立保健医療科学院の岡本悦司統括研究官は著作で述べている。
 将来に向けて医師はどれくらい必要なのか。医療や介護の費用の面でも重要な見通しだが、医療行政に詳しい元官僚はつぶやいた。「誰も全体像をわかって議論していないのではないでしょうか」(権敬淑)
 ■優秀な看護師育成に力を 医学部の立ち上げに関わった山形大元教授・精神科医、外崎(とのさき)昭さん(78)
 戦時中に医学専門学校がたくさんできた影響で、1940年代半ばは、医学部の入学者は1万人以上いたんじゃないでしょうか。引き揚げの医師も加わって、多くが開業医に。そういう方が当時の国民衛生のために活躍された。
 しかし、GHQの公衆衛生福祉局長は、日本の医学教育について、「日本に医科大学無し」と厳しく評価しています。日本の教育や設備、医療の質は決して高くはなかったんです。
 1960年代半ばになると、戦後に開業した先生方の子弟が医学部を目指した。そのころは定員も減り、ものすごい競争に。そういう背景も、当時の一県一医大構想につながっています。
 東北大で解剖学を教えていて、山形に初めて足を運んだのは1972年秋。地元では医学部への期待はあっても、現実的な理解は薄かった。「医者が来てくれればいいだけ。教育や研究はいらない」と言われたり、「死体を置くなんて」と解剖学教室に反対が起きたり。苦労はしましたが、理想を持って一から創るのはやりがいがありました。
 現在、精神科医として社会と折り合いをつけづらい人や認知症の方と接します。日本の医療、介護の将来を考えるなら、医学部の定員をいじるより、教育の充実で優秀な看護師を育てたり、介護者のレベルアップに力を注いだりする方が現実的ではないでしょうか。
 ■医学部と入学定員を巡る流れ
1886年~  旧帝国大7校に医科大学
1940年代前半 各地に医学専門学校
1961年  国民皆保険制度が確立
1973年2月 一県一医大構想を閣議決定
1973年9月 旭川医大、山形大、愛媛大に医学部開設
1979年  琉球大に医学部。無医大県解消。
1982年  医師過剰への配慮を閣議決定
1984年  厚生省検討会が医師数1割削減の意見を出す
1985年  地域別の医療計画づくり開始
1986年  医学部入学定員を約1割削減へ
1997年  医学部の整理・合理化も視野に医学部定員削減を続ける閣議決定
2004年  新人医師の臨床研修が必修に
2008年  医師不足を背景に既存校の定員を期間限定で増やす
2016年  特例で東北薬科大に医学部
2017年  国際医療福祉大に医学部(予定)
(以上、朝日新聞より引用)

20160124-1

一県一医大構想の一環で最初にできた山形大学医学部の最初の入学式。1期生のうち地元出身者は1人だった=1973年11月(山形大学医学部創設十周年記念誌より)

20160124-2
患者に接する臨床実習をする前の試験に合格し、「スチューデント・ドクター」の認証を受ける医学生たち=2012年、山形市

20160124-3
医学部開設から10年後には、田んぼばかりだった土地に、付属病院や研究棟などが建設され、周囲には街も広がった=1983年、山形市(同記念誌より)
(以上、朝日新聞より引用)

      ■         ■
 医学部新設について、
 これだけ詳しい新聞記事は今まで見たことがありません。
 記事を書いてくださった、
 朝日新聞社の権敬淑さんに感謝いたします。
 昭和48年1973年は、
 私が浪人した年でした。
 私は秋に旭川医大を受験し
 みごとに落ちました。
      ■         ■
 旭川医大一期生の入学試験問題の国語に、
 朝日新聞の天声人語から出題された記憶があります。
 国語は小田島哲哉先生のおかげでできました
 私の学力不足もありますが、
 私にとって難題だったのは、
 社会科の2科目という壁でした。
 札幌医大は政治経済だけでOKでしたが、
 旭川医大は政治経済+日本史で受け全滅しました。
      ■         ■
 全国の浪人生が、
 旭川、
 山形、
 愛媛、
 この3つの医学部に集中しました。
 旭川の旅館がすべて埋まり、
 旅館組合に申し込んで、
 相部屋に泊まった記憶があります。
 私が通っていた、
 札幌予備学院医進コースからも多数合格しました
      ■         ■
 中にはせっかく秋に現役合格できたのに、
 旭川医大には進学せず、
 翌年北大医学部に進学した人もいました。
 現在の旭川医大学長、眼科の吉田晃敏(よしだあきとし)先生も、
 秋に受験した組です。
 天気がいい日で、
 大雪山が見えた記憶があります。
      ■         ■
 朝日新聞の記事にあるように、
 日本の医学部入学定員ほど、
 国の政策によって変わったものはありません。
 医師数、ぶれ続ける政策の見出し通りです。
 入学定員を増やしたり、
 医学部を新設しても医療現場は変わらないと思います。
 私も山形大元教授の外崎昭(とのさき)(78)先生と同意見です。
 医学部の定員をいじるより、教育の充実で優秀な看護師を育てたり、介護者のレベルアップに力を注いだりする方が現実的ではないでしょうか。
 私の意見はもう一つあり、
 リハビリに予算配分を多くすることが大切だと思います

投稿者 sapporobiyou : 17:51 | コメント (0)

2016年01月23日

自費の方がきれいに治る?

 JRのグリーン車、
 飛行機のファーストクラスやビジネスクラス、
 ANA国内線のスーパーシート、
 料金が高い席はすわり心地がよく、
 サービスの内容が違います。
 札幌美容形成外科の待合室の椅子は、
 差額料金なし
 全席フランスベッド製リクライニングチェアーです。
      ■         ■
 保険診療で治療をしている、 
 美容形成外科の中には、
 保険】と【自費
 そりゃ~、
 料金が高い【自費】の方が、
 きれいに治りますと、
 高い自費治療をすすめるところがあります。
 はっきり言ってうさんくさいです
      ■         ■
 私たち形成外科医は、
 少しでも患者さんを快適にすることを生きがいにしています
 手術は少しでも痛くなく、
 一回で済む手術は、
 たとえ時間がかかっても一度で済むようにしています。
 余剰皮膚が多い方の眼瞼下垂症手術は、
 3時間以上かかることもあります
 どんなに時間がかかっても同じ料金です
      ■         ■
 料金が高い【自費】の方が、
 きれいに治りますと言う先生、
 借金の返済が多くて、
 経営が大変なのかなぁ~?と思います。
 札幌美容形成外科では、
 保険】も【自費】も
 使う糸も麻酔も同じです。
 料金が高い【自費】の方が、
 きれいに治りますということはございません。
 高い【自費治療】をご希望の方は、
 高いクリニックを受診してください。 
 高いからきれいに治る保証はございません。

投稿者 sapporobiyou : 20:16 | コメント (0)

2016年01月22日

生命保険会社の役割

 私は職業柄よく生命保険の診断書を書きます
 私の母親は、
 昔、日本団体生命という生命保険会社の外交員でした。
 私の叔父は、
 日本生命の審査医をしていました。
 生命保険については、
 他の先生より少しだけ詳しいかも?です。
      ■         ■
 母親は私が札幌西高校の生徒だった時に、
 家計の足しになるようにと、
 働き口を探していました。
 よく口癖のように、
 40歳を過ぎると働くところがない
 …となげいていました。
 ようやく見つけたのが、
 札幌市西区八軒1条西1丁目にあった、
 森永製菓の工場のパート従業員でした。
      ■         ■
 今はマンションが建っているところです。
 1階が北海道銀行のマンションです。
 そこでエンゼルパイというお菓子を作っていました。
 残念なことに、
 不況でリストラされてしまいました。
 北海道新聞の求人欄に載っていた、
 求人広告を見て日本団体生命保険の外交員になりました。
      ■         ■
 母親は生命保険のことを勉強して、
 少しずつ契約数を増やしたようです。
 日本団体生命という会社なので、
 有名な日本生命と間違われるとよく言ってました。
 それでも、
 団体生命の本間さんは業績を伸ばし、
 ノルマもきつくなったとこぼしていました。
 昇進の話しまで出たそうです。
 これ以上は無理と辞めました。
      ■         ■
 次に応募したのが、
 三菱信託銀行の財形貯蓄の外交員です。
 生命保険会社と違って、
 お客さんに配る粗品を買わなくていいので、
 (三菱)信託はありがたいと言っていました。
 自分で売っていた財形貯蓄という商品のおかげと、
 パートで収入が増えたので、
 私が大学生の時に自宅を建て直しました。
 お金もないのによくやったと思います。
      ■         ■
 三菱信託銀行を退職した後で、
 母親は
 北海道不動産鑑定士協会のパート事務員になりました。
 ここで働いたおかげで、
 たくさんの人脈を築きました。
 不動産鑑定士という仕事を、
 私はここではじめて知りました。
 少し不動産にも詳しくなりました。
      ■         ■
 私の叔父(父の弟)は長い間日本生命の審査医をしていました
 交通事故にあう直前に、
 おじと話しました。
 その時に、
 生命保険会社にとって一番大切なのは、
 保険契約者
 審査医だから偉いということはなく、
 契約を取る営業が大変だということを教えてくれました。
      ■         ■
 私も生命保険に入っています。
 所得保障保険にも入っています
 自分や家族の生活を守るためです。
 いざという時のためです
 生命保険会社の役割は契約者を守ることです
 突然かかってきた大同生命不動産部からの電話で、
 札幌美容形成外科の職員ですら、
 私たち失業するの?
 この病院なくなっちゃうの?

 …と不安になったそうです。
 契約者の生活を守るべき生命保険会社がそんなことをしてはいけません。
 私が株主だったら株主総会で追及します

投稿者 sapporobiyou : 20:20 | コメント (0)

2016年01月21日

ビル建替_院長日記の効果

 2016年のお正月明け早々、
 突然やってきた大同生命不動産部からの電話
 2016年1月9日には不愉快な文書が届きました
 コンタクトオフビルのテナントには、
 オーナーチェンジだけを告げました。
 ビル建替のことは、
 わからなかったテナントさんもありました。
      ■         ■
 私が院長日記で詳細を報告しているので
 この院長日記を読んで、
 弁護士の高橋智先生に相談なさったテナントさんもいます。
 大同生命の工藤稔社長からは、
 予想通りコメントはありません
 文書が送られてきた後は、
 何の連絡もありません。
      ■         ■
 私がはじめてビル建替を告げられたのは、
 開業3年目の2007年でした
 せっかく高いお金をかけて作った手術室なのに、
 なんてことだ!ととても困りました。
 幸いなことに、
 リーマンショックという風が吹いて
 ビル建替え計画も吹っ飛んでしまいました
 ♡幸運♡でした。
      ■         ■
 ビルのオーナーさんが変わって
 美容室やネイルサロン、リラクゼーションのお店まで増えて、
 若い女性が気軽に入れるビルになりました
 札幌美容形成外科としては大歓迎でした。
 昔のビルにはサラ金が2軒入っていました。
 ちょっと入るのに抵抗があるビルでした。
 今は地下歩行空間出口もすぐ近くにあり
 とても便利な立地です。
      ■         ■
 今から2年くらい前に、
 お隣の大同生命ビルが建て替えるようだと聞きました。
 昨年秋には1FのJTBさんが移転しました。
 地下歩行空間直結で、
 札幌グランドホテルの地下です。
 いいところに移転されたものです。
 きっとお客さんが増えていると思います。
 大同生命ビルの店子さんは、
 2年前から着々と準備をされていました。
      ■         ■
 ところがこちらのコンタクトオフビルは、
 お正月明けに突然の電話です
 一部のテナントには、
 2016年で契約打ち切りを予告されたようです。
 大同生命のHPには
 「最高の安心」と「最大の満足」と書いてあります。
 お客さんの生命に保険をかけて、
 安心を売る会社です。
      ■         ■
 確かに6ヵ月前退去予告というのが不動産にはあります。
 平和に暮らしていたコンタクトオフビルの店子
 工藤さん、
 あなたは末期のガンです。
 余命半年です。

 …と宣告するようなものです。
 バブル期の悪徳不動産屋じゃあるまいし、
 生命保険会社としては最低です
      ■         ■
 私がいくら調べても、
 ビル立ち退きについて書いたブログはありません。
 立ち退き料には高額の税金がかかります
 お金なんかいりません
 私たちは平和に生計を立てたいだけです
 裁判になれば公開された法廷で
 大同生命の主張がおおやけにされます。
 株主にも取引先にも投資家にも公開されます
 もちろん院長日記で公開します
 将来、同業者が困らないように記録を残します

投稿者 sapporobiyou : 17:57 | コメント (0)

2016年01月20日

鼻の整形2016

 目鼻立ちという言葉があります。
 鼻が低い日本人にとって、
 鼻筋が通った顔はあこがれです。
 札幌美容形成外科では、
 開院以来シリコンプロテーゼによる隆鼻術、
 パーレインPerlaneというヒアルロン酸注入、
 レディエッセRediesse注入を実施してきました。
      ■         ■
 今まで一例もトラブルはありませんが、
 パーレインは注入を繰り返していると、
 ゾウの鼻のように幅が広くなってしまいます
 1.0ccから0.5ccに量を減らしましたが、
 逆にあまり売れなくなってしまい中止しました。
 2012年になり、
 レディエッセRediesseという注入剤による整形が、
 大学病院からも発表されるようになりました
      ■         ■
 札幌美容形成外科でも、
 2012年10月からレディエッセRediesse注入を開始しました。
 美容外科としては一番遅いほうです。
 今でも慎重に投与すれば安全だと思っています。
 残念なことですが、
 2015年9月にレディエッセによる失明が文献として報告されました
 札幌美容形成外科では一例もトラブルはありませんが、
 レディエッセを中止しました
      ■         ■
 パーレインPerlaneというヒアルロン酸注入にも壊死症例が報告されています。
 ただ注射すればいいってものではないのに、
 鼻の血管解剖もわからない先生が
 やみくもに注射すると壊死になります。
 副作用が生じた後の対応も悪いと、
 鼻が大きく変形します
      ■         ■
 それでは、
 鼻の整形は無理なのでしょうか?
 TVを見ていると、
 つくった鼻と思われる方が映っています。
 かなり不自然な形もありますが、
 小さめのシリコンインプラントを、
 控えめに入れるのはいい方法だと思います。
 もちろんシリコンインプラントにも、
 感染や露出というリスクはあります。
      ■         ■
 石灰化という小さなしこりが、
 インプラント周囲にできることがあります。
 20代で入れた人が、
 50歳とか60歳になった頃にできることが多いです。
 私は85歳の女性が、
 先生、昔入れた鼻が硬くなった
 火葬場で焼かれた時に、
 変なもの出ないだろうか?

 …と相談されたことがあります
      ■         ■
 シリコンインプラントは、
 火葬場で焼かれても出てきません。
 その上品なご婦人は、
 石灰化したインプラントを、
 新しいインプラントに入れ替えて、
 上品な鼻を維持されました。
 感染や露出、石灰化のリスクはあっても、
 適切に見つけて取り出せば大丈夫です。
 こわがりの人にはおすすめしませんが、
 鼻の整形をしたければシリコンインプラントをおすすめします
0709-5
0709-4

投稿者 sapporobiyou : 18:34 | コメント (0)

2016年01月19日

介護保険を使う_①被保険者証、気軽に再交付を

 自分の親介護保険を使うまで
 恥ずかしながらまったく知りませんでした。
 役所からもらった書類もよくわかりません。
 平成28年1月18日の朝日新聞朝刊、なるほどマネーにとても参考になる記事がありました。
 なるほどマネー
 介護保険を使う1被保険者証、気軽に再交付を
 80歳の母が弱ってきたので、介護保険について知ろうと市役所で「介護保険のしおり」をもらってきましたが、難しくてよく分かりません。「介護保険被保険者証」があるというのですが、どこにしまったのかも分からず困っています。
 介護保険は、病院のように健康保険証を持っていけば診てくれるような分かりやすいものではありません。役所の「しおり」を読んで、頭を抱えてしまう人も多くいます。この連載で、なるべく分かりやすく説明していきたいと考えています。
 まず、病院に持っていく健康保険証にあたる「介護保険被保険者証」ですが、65歳になると市区町村から送られてくるものです。でも、65歳は働いている人も多くて、介護はまだひとごとと考えている人も多くいます。その時に大切にしまったとしても、80歳の方にとって15年も前の話なので、しまった場所を忘れるのは自然なことです。再交付を申請しましょう。
 申請は、本人か同居の家族であれば特別な書類はいりません。地元の市区町村で申請書に住所、氏名などを書いて、運転免許証などの身分証明書を示せばその場で再交付されます。介護事業者などが代わりに申請することもできますが、その場合は自宅に郵送されてきます。電話で頼んでも郵送されてきますので、気軽に申請しましょう。
 次に、介護保険を使ったサービスを受けるためには介護が必要であることを確かめる「要介護認定」が必要です。認定を受けるためには地元市区町村による調査が必要です。介護と医療の保険証、印鑑を持って申請に行きましょう。申請書には、①要介護申請をする人の住所、氏名など②認定調査の日程を調整する窓口になる家族などの連絡先③かかりつけにしている医師の連絡先などを書きます。
 かかりつけ医がいない人もいますが、その場合は市区町村が紹介する制度もあります。今後の介護生活のことを考えると、かかりつけ医は自宅に往診もしてくれる医師であればより安心です。おおむね中学校区ごとに介護の相談窓口になる「地域包括支援センター」が設置されているので、今後のことを含めて相談に行くとよいでしょう。
 調査は役所の職員か、役所から委託されたケアマネジャー(介護支援専門員)が、自宅や入院している病院などに来て、本人から聞き取り調査をします。調査は、自力で立ち上がったり歩いたりができるかの確認から始まって、洗顔や排便ができるかや自分の年齢や居場所を理解しているかなど、74項目あります。
 調査結果はコンピューターにかけられて、その人を介護するために1日の合計で平均的に何分かかるかを、機械的に計算する「第一次判定」が出ます。
 これとは別に、かかりつけ医からの意見書が出て、医師、看護職員、介護関係者らによる「介護認定審査会」が開かれ、「第二次判定」が出ます。その結果は、「要支援」の2段階、または「要介護」の5段階に分けられて(表参照)、「介護保険被保険者証」に印刷されます。
 介護保険は、この7段階に応じて受けられるサービスの上限を決めているため、要介護認定は大切です。次回は、認定を受ける際の注意点を詳しく説明します。(全10回)
 中村寿美子 介護カウンセラー。「有料老人ホーム・介護情報館」館長。昨年7〜10月の「なるほどマネー」で「老人ホームを選ぶ」を担当。
20160119
 

(以上、朝日新聞より引用)

      ■         ■
 今の父親の状態は、
 要介護3か4です。
 つい12月までは、
 せいぜい要介護2でした。
 一瞬の大腿骨骨折で介護度が変わります
 12月に札幌市西区役所に申請をしましたが、
 まだ結果は通知されていません。
 これから介護保険を使うのに不安です。
      ■         ■
 自分にも、
 65歳になったら、
 介護保険被保険者証が送られて来ることすら、
 恥ずかしながら知りませんでした。
 あと3年半です。
 毎日病院に通うのも大変です
 89歳までマンションで過ごせたのだから、
 余生はサービス付高齢者住宅を見つけます。
 しばらく親父の世話が続きます。

投稿者 sapporobiyou : 17:55 | コメント (0)

2016年01月18日

雪道で転倒し顔面骨骨折

 今朝のTVで東京の大雪が映っていました。
 銀座の車道に雪がありました。
 大雪のお見舞いを申し上げます。
 雪道はすべるので
 転倒に注意です
 顔の骨を骨折することがあります。
      ■         ■
 私の形成外科専門医10症例、
 顔面骨骨折は雪道で転倒した患者さんです。
 函館中央病院形成外科で手術を担当させていただきました。
 雪道ですべって、
 前のめりに転倒し、
 路面で顔面を強打しました。
 患者さんは、
 まさか骨が折れているとは思わなかったそうです。
      ■         ■
 病名は右頬骨骨折きょうこつこっせつです。
 幸いなことに、
 顔面の皮膚は切れていませんでした。
 右頬が腫れていました。
 眼球結膜に出血がありました。
 白目が赤くなっていました。
 患者さんは右頬が腫れているだけだと思ったようです。
      ■         ■
 形成外科外来で診察です。
 口を開けられるか聞いてみます。
 お口を開けられますか?
 痛くてこれ以上開きません。
 上の歯と下の歯の間の距離を測定します。
 2センチしか開きません。
 開口障害かいこうしょうがいと言います。
      ■         ■
 次に上口唇に触れてみます。
 ちょうど歯医者さんで麻酔がかかったように、
 右側の上口唇だけがしびれています。
 噛んでいただくと、
 右上顎の歯は、
 麻酔がかかったような感覚です。
 右上の歯ぐきも感覚がにぶいです。
 眼窩下神経麻痺がんかかしんけいまひです。
      ■         ■
 右目だけ白目が赤く充血しています。
 視力に異常はありません。
 正面を向いた時は正常に見えます。
 上を向いてもらうと、
 右目だけ上を向けません。
 上転障害じょうてんしょうがいと言います。
 上を向くと、
 ものが2つに見えます。
 複視ふくしと言います。
      ■         ■
 これだけの症状がそろっていると、
 レントゲンを撮らなくても診断ができます。
 右頬骨骨折みぎきょうこつこっせつです。
 右眼窩底骨折みぎがんかていこっせつもあります。
 この患者さんの手術を担当させていただき、
 手術結果も問題がなかったので、
 形成外科認定医10症例にさせていただきました。
 北海道の住人でも、
 雪道で転倒して骨折します。
 くれぐれも注意してください
 歩き方も大切です

投稿者 sapporobiyou : 16:02 | コメント (0)

2016年01月17日

家族にしかできないこと

 私が父親にできることは、
 爪切り
 髭剃り、
 食事介助くらいです。
 医師としてできることは、
 病院の先生にお任せです。
 専門家にお願いするのが一番いいです。
      ■         ■
 逆に家族にしかできないことがあります。
 じいさんの好み、
 岡崎の八丁味噌が好きだなんて
 おそらく想像もつかないと思います。
 昔の話しをするのも、
 家族にしかできません。
      ■         ■
 つい昨日のことや、
 つい数時間前のことは忘れてしまっても
 遠い昔のことはよく覚えています。
 父親に、
 岡崎に行ったことがあるの?
 …と聞いてみました。
 紀一さんと行ったと言いました。
 第二次世界大戦の前です。
      ■         ■
 不思議と昔のことはよく覚えています。
 父親の食事の好みはわかりません。
 母親の話しによると、
 肉は食べないそうです。
 野菜もあまり食べません。
 昨夜は八丁味噌もいらないと言ったので、
 桃屋のごはんですよ
 昔の江戸むらさき
 …をつけて食べました。
 私が子供の頃の食卓にありました。
      ■         ■
 ふだんは親不孝な息子なので、
 手術後くらいは、
 病院の先生や看護師さん、
 病棟の看護助手さん、
 お掃除の方にご迷惑をかけないように、
 家族にしかできないことをしています。
 今日も18:00の夕食介助に行きます。

投稿者 sapporobiyou : 17:19 | コメント (0)

2016年01月16日

学会出張中止2016

 今日は東京で開催される、
 第125回日本美容外科学会に日帰りで出席する予定でした。
 残念なことに、
 1月13日(水)に父親が手術を受けたため、
 学会出張は中止しました。
 聞きたい演題もあるのですが、
 今回は諦めました。
      ■         ■
 医者は親の死に目に会えないと言われます
 自分の親より、
 自分の患者さんに責任があるからです。
 休みを取ろうにも、
 交代してくれる先生がいません。
 私の先輩や後輩でも、
 親が死んでから実家に向かった先生が何人もいます。
      ■         ■
 私が親の立場だったら、
 『先生や看護師さんによくしてもらっているから、』
 『無理して来なくてもいいょ。』
 ドナーカードに書いてあるから…』
 『(使える)臓器はすべて提供して…』
 …と言います。
 臨終前に言えないと困るので…
 ここに書いておきます
 死目に会えなくてもFaceTimeで顔くらい見えます。
      ■         ■
 もう少し言うと、
 葬儀の方法については2014年の院長日記に書いてあります。
 自分の葬儀について考える①
 自分の葬儀について考える②
 自分の葬儀について考える③
 自分の葬儀について考える④
 自分の葬儀について考える⑤ 
      ■         ■
 私の葬儀では、
 結婚式の新郎新婦紹介のように、
 DVDやビデオ、
 パワーポイントを使って、
 故人のことを紹介してもらいたいと思います。
 院長日記もぜひ読んでほしいです。
 信じてはいけない人と、
 高須先生のコメントは必ず読んでほしいです。
      ■         ■
 自分の親が高齢になって、
 どんなところに住んで、
 どんな方にお世話になるか?
 20年後は自分の番です。
 私の父方の祖父(本間紀一)は
 自宅で亡くなり、
 私の叔父が死亡確認をして、
 死亡診断書も書いたと聞いていました。
 ある意味、幸せなじいちゃんだったと思います。
 昭和45年1月28日(1970年1月28日)でした。

投稿者 sapporobiyou : 18:26 | コメント (0)

2016年01月15日

食事介助に行きました

 自他共に認める、
 親不孝な私です
 実家にもめったに行きません。
 でも、
 さすがに、
 手術後だけは
 親父のところに行きました。
      ■         ■
 主治医の先生から丁寧に説明をしていただきました。
 看護師さんはてきぱきと、
 手術後の状態を観察してくださり、
 実に素晴らしい病院です。
 理学療法士の先生も、
 一日に何度もいらしてくださいます。
 頭が下がります。
      ■         ■
 医師である私にできることは、
 恥ずかしながら…
 爪を切ったり、
 ひげを剃ったりすることです。
 手術後に、
 夜間せん妄になると困るので、
 手術日の夜は22:30まで病室にいました。
      ■         ■
 家族が話しかけると、
 89歳の老人も反応します。
 FaceTimeで、
 孫とも話しました。
 おじいちゃ~ん、わかる?
 可愛い女の子の声には、
 89歳のおじいさんもよく反応します。
      ■         ■
 おじいちゃ~ん、痛い?
 痛くない
 前日まであんなに痛がっていたのに、
 手術で固定していただいたおかげで、
 まったく痛がらなくなりました。
 不思議なものです。
 痛み止めも使っていません。
 すごいです。
      ■         ■
 昨日は休診日だったので、
 朝8:00の朝食から、
 夜18:00の夕食まで、
 私が食事介助をしました
 主治医の先生は、
 私が病院に着いた8:00にはもう病棟でお仕事でした。
 夜も19:00過ぎまで病棟にいらっしゃいました。
 大変なお仕事です。
      ■         ■
 私の食事介助は、
 おじいさんのお粥の係りです。
 父方の祖母は、
 愛知県岡崎市の出身です。
 父が小さい頃から、
 家に八丁味噌はっちょうみそがありました。
 父はごはんに、
 八丁味噌はっちょうみそをのせて食べるのが好きです。
      ■         ■
 私が小さい頃から、
 よく八丁味噌はっちょうみそをつけていました。
 子供の私は正直に言って嫌いでした
 89歳になっても、
 八丁味噌はっちょうみそで味付けをしたお粥は、
 おいしいと言ってよく食べます。
 息子の私がスプーンで食べさせました。
 母親にもできそうなのですが、
 骨折で倒れた父親の介護で腰を痛めて、
 腰痛になって病院に来れません
      ■         ■
 89歳と87歳を実感しました。
 もうマンションで2人暮らしは無理なので、
 どこかの施設を見つけます
 昨年のクリスマスイヴには元気だったのに、
 下り坂を転げ落ちるように、
 あっという間に要介護です。
 これ以上転げ落ちないように、
 何とか阻止しようと思っています。

投稿者 sapporobiyou : 21:15 | コメント (0)

2016年01月14日

89歳、手術終了

 私の父親の手術が昨日終了しました
 89歳で腎機能が悪く、
 心臓ペースメーカ装着で、
 ワーファリンという血液さらさらの薬も内服しています
 正直に言って、
 手術で何が起こっても不思議ではありません。
 麻酔のリスクもあります。
      ■         ■
 家族も親戚も、
 万一のことを考えていました。
 手術は、
 痛みを取りたいという、
 本人の希望でした。
 最初に診てくださった病院では、
 合併症が多く整形外科単科の病院では無理と言われました。
 私が主治医でも同じことを言います。
      ■         ■
 おかげさまで、
 いい病院で、
 いい先生に手術していただきました。
 看護師さんは優しくて親切です。
 術前から、
 理学療法士の先生
 術前リハビリに、
 毎日いらしてくださいました。
      ■         ■
 手術は大成功でした。
 一番驚いたのは、
 あれほど痛がっていた大腿部が、
 まったく痛くないのです
 もし手術をしていなければ、
 間違いなく寝たきり老人でした。
 今日からリハビリが開始されます。
 手術をしてくださった先生と病院に感謝しています。
20160114-1
20160114-2

投稿者 sapporobiyou : 18:31 | コメント (0)

2016年01月13日

コンタクトオフ_フロアの提案

 コンタクトオフビル建替問題で幕を開けた2016年です。
 札幌美容形成外科には高橋智弁護士がついています
 札幌弁護士会副会長まで歴任された、
 心強い味方です
 大同生命不動産部の山田健さんは、
 今週から札幌入りをして、
 店子との交渉に入るようです。
 女性一人で経営され、
 心細い思いの方もいらっしゃいます
      ■         ■
 どうせコンタクトオフビルを買収するのだったら、
 2年前に言ってくれたら、
 私たちも、
 もう少し余裕を持って対応できたと思います
 お正月明けに、
 さあ今年もがんばろうと思っている時に、
 いきなり東京から電話では
 誰でも驚き怒りを覚えます
 交渉の時期が悪いです
      ■         ■
 私たち店子には
 ここで営業する権利があります。
 簡単に追い出されてはかないません。
 7階のリラクゼーションのお店
 2年前にオープンしたばかりです。
 ようやく持てた、
 夢のMy店舗です。
 若い女性がお一人で、
 とても心細いことと思います
      ■         ■
 立退きに慣れた私は大丈夫です
 どんなことがあっても驚きません。
 困るのは大同生命です
 このちっぽけな老朽化したビルのために
 竣工が何年も遅れると、
 株主総会で追及されます。
 株価にも影響します。
 役員の進退問題にもなります
      ■         ■
 私たちを追い出して、
 コンタクトオフビルを取り壊して、
 大同生命の言うように
 札幌大同生命ビルと一体で建替えを行うこととなりましたのでご通知申し上げます
 …となると何年もかかる可能性があります。
      ■         ■
 借地借家法第28条に正当な事由という条項があります。
 もし札幌地方裁判所で係争になった場合は、
 この正当な事由を、
 裁判所が判断するまで、
 最低でも1~3年はかかるといわれています。
 その期間は、
 当然工事はできません。
 明治安田生命札幌大通ビルのように、
 建替えが決まってから、
 竣工まで10年近くもかかることになります。
      ■         ■
 いくら大同生命が大金持ちでも、
 10年も資金を寝かせておくことになります。
 生命保険会社の資金運用がまずいと、
 株価に影響します。
 投資家はよく状況を見ています。
 試算してみるとわかると思います。
 竣工が3年遅れるなら、
 私が社長ならコンタクトオフフロアを作ります
      ■         ■
 コンタクトオフビルはそのままにして、
 新しい大同生命札幌ビルに、
 コンタクトオフ専用フロアを作ります。
 1階には雪印パーラーを入居させます。
 私たちは新しいビルの新しいフロアに入ります。
 そうすると、
 天井高2800も、
 給排水も、
 麻酔余剰ガスも、
 ガス滅菌機の排ガスも、
 ビルの条件はすべてクリアーできます
      ■         ■
 美容室も、
 リラクゼーションのお店も、
 ネイルサロンも、
 新しいビルの、
 新しいフロアに入ります

 仮店舗営業も無ければ、
 代替地を探す手間も、
 営業損失もありません。
 事業協力者として家賃はまけてもらいます
 私は店子の一人として、
 このコンタクトオフ_フロアを提案します

投稿者 sapporobiyou : 11:15 | コメント (0)

2016年01月12日

爪が切れなくなるなんて

 平成28年1月9日、朝日新聞朝刊、ひとときへの投稿です。
 爪が切れなくなるなんて
 昔、脳梗塞(こうそく)を患った母が「見えにくいし、手が届きにくいので爪が切れない」と嘆いていた。ある時は鬼のように長い爪であったり、またある時は深爪をして痛々しかったりした。
 その頃、母は兄のもとで暮らしていた。家族は皆優しかったが、「爪を切って」と言いにくかったようだ。今、その母の気持ちが痛いほどにわかる。
 水泳やウォーキングなどをしながら独居生活を楽しんでいた私は3カ月前のある朝、ごみ出しの帰り際、ヒョコッと左足の力が抜け尻餅をついた。一瞬にして大腿(だいたい)骨頸部(けいぶ)を骨折した。
 手術とリハビリの後、長年暮らした神戸を離れ、娘夫婦と同居している。皆優しく、足の爪が切れないと言えば、すぐ切ってくれるだろう。けれど違う。自分で切りたいのだ。世話になるだけではなく、自分も役に立ちながら対等に生きていたい。人の手を借りなければならない弱者の気持ちがやっとわかった。どんなに優しくされても、自立できていない情けなさ、悔しさがたまっていく。
 左足の爪を眺めつつ、明るく前を見なければと思う気持ちと、生きていることのしんどさの間で揺れ動いている自分がいる。
 (富山市 小川弘子 無職 76歳)
 (以上、朝日新聞より引用)

      ■         ■
 私の父も尻餅をついて、
 一瞬にして大腿骨頸部骨折で入院中です。
 明日、手術をしていただきます。
 年齢とともに、
 足の爪が切れなくなります。
 昨日、病院へ行って爪を切ってきました。
      ■         ■
 私はまだ足の爪が切れますが、
 89歳になったら、
 爪が切れなくなると思います。
 4人に1人は水虫患者
 2009年5月25日に院長日記です。
 高齢者の足の爪には水虫菌(白癬菌)がいることが多いです。
      ■         ■
 私は皮膚科専門医ではないので、
 水虫は診ません。
 爪が白く濁り、
 厚くなって、
 もろくなって、
 変形していると爪白癬(つめはくせん)
のことが多いです。
 皮膚科専門医に診てもらってください。
      ■         ■
 私の父は左大腿骨頚部骨折です。
 89歳という高齢で、
 たくさん病気を持っていて、
 たくさん薬を飲んでいます。
 厄介な年寄りなのに、
 手術を引き受けてくださった先生と、
 毎日、病棟でお世話をしてくださる看護師さん。
 術前からリハビリをしてくださる理学療法士の先生に、
 心から感謝しています。

投稿者 sapporobiyou : 19:11 | コメント (0)

2016年01月10日

大同生命からの文書

 平成28年1月9日、次の文書が大同生命から届きました。
 簡易書留です。
 コンタクトオフビル建替に関するご通知
 拝啓 平素は、当ビルの運営管理にご高配を賜り厚く御礼申し上げます。
 さて、当ビルは竣工から既に54年が経過し老朽化が進むとともに、昨今の新築ビルと比較し耐震面や防災面等をはじめとする建物基本性能が著しく劣後してきております。
 今後は、札幌駅前通の発展のため、当ビルにつきましても、大同生命保険株式会社に売却したうえで建替えを計画中の札幌大同生命ビルと一体で建替えを行うことが最良との判断に至りましたので、この旨、本書をもってご通知申し上げます。
 本件の詳細説明については、今後、大同生命保険株式会社から行いますのでよろしくお願い申し上げます。
 敬具
 コンタクトオフ株式会社
 代表取締役 柳 寛史
      ■         ■
 拝啓 貴社におかれましては、ますますご隆盛のこととお喜び申し上げます。
 コンタクトオフビルの老朽化等への対応策について、コンタクトオフ株式会社様と協議し、また、専門家を交え検討しましたところ、上記のとおり、同ビルを購入のうえ札幌大同生命ビルと一体で建替えを行うこととなりましたのでご通知申し上げます。
 本件の詳細につきましては、近日中にご説明させて頂く所存でおりますが、お問い合わせ等がおありの場合には、今後、下記の照会先までご連絡を頂きたくお願い申し上げます。
 敬具
 大同生命保険株式会社
 代表取締役 工藤 稔
      ■         ■
 本件に関する照会先
 〒103-6031 東京都中央区日本橋2丁目7番1号
 大同生命保険株式会社 不動産部 担当:山田、野原
 連絡先:TEL 03-3272-6335 携帯 080-1494-9989
 FAX 03-3272-6577

20160110_1
20160110_2
20160110_3
      ■         ■
 簡単な文書です。
 立退き交渉というのは、
 とても厄介なものです。
 私たちはこのビルで医療や営業をし、
 サービスを提供して生計を立てています

 私は院長ですが、
 従業員もいます。
 患者さんもいます。
 こんな医者でも頼って通ってくださる患者さんがいます。
 開業11年で1万人を超えています
      ■         ■
 コンタクトオフビルには、
 美容室もネイルサロンも、
 リラクゼーションのお店もあります。
 はっきり言って、
 大同生命は交渉の仕方が超下手です
 こんな文書を送られると、
 大同生命からの宣戦布告に聞こえます。
 俺は大金持ちの大同生命だ
 おんぼろのお前のビルを買ったぞ
 建て直すから出て行け

      ■         ■
 大同生命HPに社長さんの言葉が載っています。
 当社は、より多くの企業経営者・個人事業主のみなさまを様々なリスクからお守りするため、経営者を取り巻く環境変化等を踏まえた商品の開発・お客さまサービスの向上に取組んでおります。
 代表取締役社長 工藤 稔

大同生命社長_工藤稔
 大同生命は中小企業の味方らしいです。
 社長さんに伺いたいです、
 半年で出て行けと言われても、
 私たちはどこで営業をすればいいのですか?
 お客さんには何と説明すればいいのですか?
 コンタクトオフビルの店子はみんな困っています

投稿者 sapporobiyou : 11:07 | コメント (0)

2016年01月09日

大同生命のリスク

20160620
 2016年6月20日HTB北海道テレビの番組、
 イチオシ!
 どう変わる札幌中心部再開で取材を受けました。
 YouTubeでご覧いただけます
      ■         ■
 新国立競技場の設計変更で有名になったように、
 建物の設計変更には多額の費用がかかります。
 大同生命札幌ビルの改築計画は、
 2014年12月27日の北海道建設新聞に掲載されています
 大同生命が札幌ビル建て替えを計画
 -規模などは今後の調査で-
 大同生命保険(本社・大阪)が、札幌市中心部にある「札幌大同生命ビル」の建て替えを計画していることが26日までに分かった。今後、新たなビルの規模を決める市場調査に入り、設計作業を経て現ビルの解体に取り掛かる。越山ビルディングズと富国生命保険による再開発に次ぐ、都心部の大型建設事業となる見通しだ。
 札幌駅前通に面する札幌市中央区北3条西3丁目1の現ビルを解体し、跡地に新たなビルを建てる方向で検討している。現ビルはSRC造、地下2地上15階、延べ約1万3300m²。地下1階に飲食店、1、2階と5階から12階に同社北海道支社などのオフィスが入る。建築家の黒川紀章氏が設計したことで知られている。
 築39年が経過し老朽化していることから建て替えを計画。同社では「建て替える方針だが、新たなビルの規模や工事の開始時期など詳細はまだ決まっていない」(東京本社広報課)と話している。
 現ビルの周辺は近年、オフィス街としての色合いを強めている。南側の北2条西3丁目では、越山ビルと札幌フコク生命駅前通ビル、札幌ビルディングの再開発事業が進み、2017年春にオフィス、商業の両機能を持った新たなビルがオープンする。駅前通を挟んで向かい側には、日本生命札幌ビルと札幌三井JPビルディングが並んで立っている。
 (以上、北海道建設新聞より引用)

      ■         ■
 北海道新聞には2015年7月1日に掲載されています。
 大同生命ビル建て替え 札幌駅前通、2019年秋にも完成
 大同生命保険(大阪市)は、札幌市中央区北3西3の札幌駅前通沿いにある札幌大同生命ビルを建て替え、2019年秋にも完成させる。オフィスビルとして使う計画だが、ビルの解体時期、新ビルの規模、総事業費などは決まっていない。周辺では1972年の札幌五輪前後に建設された高層ビルの建て替えなど再開発が進む。
 現在のビルは1975年8月に完成し、地下2階、地上12階建て。鉄骨鉄筋コンクリート延べ床面積約1万3600平方メートル。建築家の故黒川紀章氏が設計したことで知られ、飲食店やオフィス、ギャラリーなどとして活用してきた。
 同社はビルの老朽化に加え、耐震性の強化や災害時の電力供給能力を高めるため、建て替えを決めたという。テナントには既に昨年夏ごろ、建て替えの方針を示し、順次退去が進んでいる。同社は「市外に本社がある企業の誘致も進め、地域に貢献していく」としている。
 ビル周辺では、2006年9月に日本生命札幌ビル(北3西4)、2014年8月には商業施設兼オフィスの札幌三井JPビルディング(北2西4)が開業した。築50年前後の越山ビル(北2西3)など計3棟の建て替え工事も進み、2016年度中に「札幌駅前通共同ビル」(仮称)が完成予定だ。

20160109-1
20160109-2

(以上、北海道新聞より引用)
      ■         ■
 私がお隣の大同生命ビル建て替えの話しを耳にしたのは、
 今から2年くらい前だったと記憶しています。
 最初の計画では、
 現在の大同生命札幌ビルと隣接する駐車場を取り壊し、
 新しいビルを建設する設計だったと考えます。
 昨年11月までは、
 雪印パーラーが入居しているこのビルを、
 大同生命が取得して取り壊すなど、
 聞いたことがありませんでした。
      ■         ■
 どのような経緯で、
 このコンタクトオフビルを取得することになったのか?
 これからしっかり山田健さんが説明してくれると思います
 国立競技場の建設は、
 2020年の東京オリンピックに間に合わせる必要があります。
 2019年9月のラグビーW杯は微妙とも言われています。
 設計変更のためです。
      ■         ■
 大同生命札幌ビルは、
 2019年秋竣工予定です。
 あと3年半しかありません
 この古いビルを取得したことによって、
 竣工が1年延びると、
 100億円を超える大型プロジェクトが打撃を受けます。
 帝国データーバンクがどんな報告をしたのかわかりませんが、
 札幌美容形成外科の
 移転→仮店舗→新築ビルへの入居は大変です
      ■         ■
 私は現在地での診療にこだわりますので、
 建設期間中の仮店舗による診療後は、
 当然、新しいビルに入居することを主張します。
 なんと言っても、
 思い出の場所です
 下の雪印パーラーさんも、
 創業地である現在地での営業継続を主張されると思います。
      ■         ■
 大変なのが代替地です。
 ビルの条件という、
 2007年6月29日の院長日記に書いてあります。
 天井高2800
 個別空調
 スプリンクラー工事
 24時間出入り可能
 給排水工事
 麻酔余剰ガス
 ガス滅菌機の排気

 簡単にビルは見つかりません。
      ■         ■
 札幌美容形成外科一軒でも立退きが遅れると、
 100億円を超える大プロジェクトが、
 年単位で遅れます。
 大通り公園にある、
 明治安田生命札幌大通ビルは、
 建替えが決まってから、
 竣工まで10年近くかかりました
 私が大同生命の株主だったら、
 竣工が何年も遅れると、
 株主総会で追及すると思います。
 大同生命がリスクをかけて、
 この古いビルを取得した理由が読めません。
 この院長日記をコピペして、
 ぜひ会議資料や稟議書につけてください
 山田健さんよろしくお願いします

投稿者 sapporobiyou : 19:17 | コメント (0)

2016年01月08日

立退料と税金

 昨日の院長日記、
 ビル建替え2016FBにUPしたところ
 多数のいいねや、
 激励のお言葉をいただきました。
 ほんとうにありがとうございます。
 正直なところ、
 大同生命不動産部の03-3272-6335*3605の電話番号、
 宅建の資格をお持ちの山田健さんのお名前を公開することには、
 ちょっと迷いました。
      ■         ■
 私が入居しているコンタクトオフビルには、
 美容室やネイルサロンなどが入居しています。
 残念なことですが、
 他のテナントさんの中には、
 このビル建替え2016をご存知ないところもありました。
 ふだん階段で顔を合わせている美容師さんから、
 情報をありがとうございますと感謝されました。
      ■         ■
 今の時代、
 正しい情報を正確に伝えることが一番大切だと思います。
 私は不審な電話があった時には、
 必ずネットで番号を調べて対応しています。
 よく不動産業者から営業の電話があります
 かなり迷惑しています。
 03-3272-6335を検索しましたが、
 大同生命不動産部も大同生命もヒットしませんでした。
 正直なところ最初は営業の電話だと思いました。
      ■         ■
 院長日記読者の方の中には、
 あ~ら本間先生、
 大同生命からがっぽり立ち退き料をいただいて、
 新しいクリニックをお作りになったら?

 …と思われることもあると思います。
 ところが、
 世の中はそんなに甘くはありません。
 私たちのような医療法人が立退き料をもらうと、
 一時所得として税金がかかります
      ■         ■
 国税庁HPのタックスアンサーに書いてあります。
 No.3155借家人が立退料をもらったとき
 平成27年4月1日現在法令等
 1 資産の消滅の対価補償としての性格のもの
 家屋の明渡しによって消滅する権利の対価の額に相当する金額
 → 譲渡所得の収入金額となります。
 2 収入金額又は必要経費の補填としての性格のもの
 立ち退きに伴って、その家屋で行っていた事業の休業等による収入金額又は必要経費を補填する金額
 → 事業所得等の収入金額となります。
 3 その他の性格のもの
 上記1及び2に該当する部分を除いた金額
 → 一時所得の収入金額となります

      ■         ■
 もし医療法人札幌美容形成外科が、
 1億円の立退き料をもらったとします。
 簡単に計算すると約半分の5000万円は税金でもって行かれます。
 新しいクリニックの内装や設備を残りの5000万円で作ったとすると、
 その内装や設備に対して、
 毎年固定資産税がかかります。
 いいことは何もありません
 私の役員報酬は北海道知事への届出制なので、
 私の所得も増やせません。
 苦労が増えるだけなのです。
      ■         ■
 築55年の古いビルですから、
 改築はある意味仕方がないです。
 でも大同生命ビルの改築計画が新聞に出たのは、
 今から1年以上前です。
 竣工まで3年半と迫った2016年に、
 急に古いビルを取得した大同生命の意図が見えません。
 難しい交渉は弁護士の高橋智先生にお任せしています。
 私は院長日記で情報を発信します。
 当然、大同生命不動産部の山田健さんも読んでいらっしゃると思います。

投稿者 sapporobiyou : 19:59 | コメント (0)

2016年01月07日

ビル建替え2016

 平成28年1月6日15:30に電話がありました。
 番号を見ると、
 03-3272-6335*3605
 見たことがない番号です。
 3605は内線番号のようです。
 大同生命不動産部の山田さんという男性でした。
 コンタクトオフビルの件で用事があるとのことでした。
      ■         ■
 以前はネームディスプレイというNTTのサービスがあったので、
 かけてきた会社名がわかりました。
 今はナンバーディスプレイだけです。
 どこの会社か電話番号だけではわかりません。
 不動産屋さんからの営業電話も多く
 忙しい時にかかってきて、
 迷惑している同業者もたくさんいます。
 どうやら本物の大同生命のようです。
      ■         ■
 用件を聞くと、
 札幌美容形成外科が入居している、
 コンタクトオフビルを、
 大同生命が取得し、
 平成28年1月29日に所有権移転登記をする。
 そちらにご挨拶に行きたいという電話でした。
 ご挨拶と言っても、、、
 私は忙しいので断りました。
      ■         ■
 要は、お隣の大同生命が、
 コンタクトオフビルを購入したのだったら、
 大同生命ビルを建替える時に、
 このビルも建替えるのでしょう?
と聞くと、
 そうだということでした。
 あぁ、新年早々やれやれです
 私の専門は医療です。
 ご挨拶に来てもらっても、
 私は忙しいので、
 弁護士の高橋智先生に話してくださいと伝えました
 一月は繁忙期です。
      ■         ■
 ビル建替えでは、
 何度も大変な思いをしました
 最初は開業して3年目の2007年でした。
 その時は何もわからず狼狽しました。
 2016年1月6日に電話をくれた山田さんは、
 山田健(やまだたけし)さんという大同生命の社員で、
 宅建の免許を持っていらっしゃる、
 不動産の専門家のようでした。
      ■         ■
 そういえば、
 昨年秋に、
 帝国データーバンクの澤田さんから電話がありました。
 大同生命が札幌美容形成外科の調査を依頼したのだろうとピンときました
 さすがの帝国データーバンクも、
 札幌美容形成外科の院長日記を全部読んではいなかったらしく、
 ビル建替えで
 こちらが強力な弁護士さんに依頼していることまで、
 報告書に書かなかったようです。
 (私の推測です)
      ■         ■
 私が調べたところ、
 大同生命は平成27年12月に株式会社コンタクトオフと売買契約をして、
 コンタクトオフビルの土地建物を取得しました。
 平成28年1月29日に所有権移転登記を、
 札幌法務局にします。
 これからは大同生命さんが大家さんです。
 私は医療に専念し、
 患者さんへの医療サービスの継続、
 従業員の雇用を守ることに全力をつくします。
      ■         ■
 宅建の免許を持った大同生命不動産部の山田健さんも、
 札幌美容形成外科のような、
 手術室を備えたテナントの立ち退きが、
 どんなに大変なのかご存知なかったようです。
 前に試算したところ、
 代替ビルを準備して、
 新たに建設したビルに戻ると、
 その費用だけで1億円を超えました。
      ■         ■
 札幌に最近建設された、
 明治安田生命札幌大通ビル、
 札幌三井JPビルディング、
 どちらも最後まで残ったのは、
 胃腸科と歯科の医療機関でした。
 そのことも私が教えてあげるまで、
 大同生命不動産部の山田健さんはご存知ありませんでした。
 患者さんにはご迷惑をおかけしません
 どうかご安心ください
 改築計画については、
 その都度詳しく院長日記でご報告いたします。

投稿者 sapporobiyou : 20:00 | コメント (0)

2016年01月06日

姿勢に気をつけています

 私の五十肩の原因は
 姿勢に原因がありました。
 毎日、手術用顕微鏡を見ながら、
 ルーペを見ながら、
 手先だけ動かすのが私の仕事です。
 力はあまりかかりませんが、
 同じ姿勢で長時間手術をしています。
      ■         ■
 小学校以来、
 姿勢に気をつけなさい
 …なんて言われたことがありませんでした。
 背筋を伸ばして
 背伸びの運動

 ラジオ体操でよく聞いた言葉です。
 気にしたこともありませんでした。
      ■         ■
 日常生活でも、
 両手でスマホを持って、
 家でも、
 電車の中でも、
 前かがみになって、
 背中を丸めた人をよく見かけます。
 スマホを見る時に
 姿勢に注意しましょう! 
 …も聞いたことがありません。
      ■         ■
 私のリハビリを担当してくださったのが、
 整形外科北新東病院の理学療法士、吉野先生でした。
 医師の私が言うのもなんですが…
 吉野先生は素晴らしい理学療法士の先生でした。
 吉野先生は私がリハビリ室に入るところから、
 私の姿勢をよく見ていらっしゃいました。
 私の背中は丸まり、
 前かがみで背筋が伸びていませんでした。
      ■         ■
 五十肩のリハビリ治療は、
 肩ではなく背中から始まりました。
 背骨を中心として、
 肩から背中の筋肉は連続しています。
 痛い五十肩を治すのに…
 まず痛くない背中の筋肉を鍛える治療が始まりました。
      ■         ■
 吉野先生のご指導で、
 肩甲骨を動かす訓練がはじまりました。
 特筆すべきことは、
 リハビリはまったく痛くありませんでした
 無理矢理、
 痛い肩を動かすことはありませんでした。
 肩の動きを良くするには、
 肩甲骨や背骨の動きなのだそうです。
      ■         ■
 私は痛み止めも使わず、
 仕事中も、
 通勤途中も、
 常に肩甲骨を寄せる運動を続けました。
 おかげさまで、
 時間はかかりましたが、
 無影灯も動かせるようになりました。
 駐車券も取れます。
      ■         ■
 今では肩は痛くないですし、
 前と同じように生活ができます。
 理学療法士の吉野先生にほんとうに感謝しています。
 小学校以来はじめて自分の姿勢の悪さがわかりました。
 今のところ五十肩は再発していません。
 もう61歳ですが、
 背筋を伸ばして、
 姿勢に気をつけています。
 毎日のことなのでとても参考になりました。
 私は理学療法士や作業療法士の仕事に、
 もっと高い保険点数をつけて差し上げたいです。

投稿者 sapporobiyou : 19:53 | コメント (0)

2016年01月05日

リハビリへの予算配分2016

 昨日の院長日記、
 医療行政に翻弄される病院2016に、
 さくらんぼさんからコメントをいただきました
 早く出ろと言われても
 まだリハビリすればよくなる可能性がありました

 その通りだと思います。
      ■         ■
 さくらんぼさんの、
 本間先生はどのようにしたら今の現状を変えられると思いますか?
 …というご質問に、
 残念ながら名案はありません。
 国のシステムも複雑で、
 老人医療の専門家でもない私には、
 よく理解できていません。
      ■         ■
 医療従事者の一人として感じることは、
 私の五十肩の経験から
 リハビリで治る病気がたくさんあるのに、
 リハビリの医療保険の点数が低いことが問題だと思います。
 現在の医療保険制度では、
 理学療法士や作業療法士には、
 自分で開業して、
 社会保険へ請求する権利が認められていません。
      ■         ■
 整骨院・接骨院(柔道整復師)には認められているのに、
 国家試験に合格した、
 理学療法士や作業療法士に認められないのは、
 私は変だと思います
 私の五十肩はリハビリでよくなりました。
 定期的に医師の診察がありましたが、
 毎回一時間もリハビリをしていただいたのに、
 驚くほど安い料金でした。
      ■         ■
 これじゃ、
 病院の不採算部門だと言われても仕方がないと感じました。
 もっと理学療法士や作業療法士のリハビリに、
 診療報酬が増えるような政策が必要だと思います。
 下のパンフレットは、
 北海道後期高齢者医療広域連合から配布された資料です。
 先日の厚生労働省集団的個別指導でも、
 一部の整骨院・接骨院(柔道整復師)の不適切な請求が取り上げられていました。
 私はリハビリへの予算配分と、 
 理学療法士・作業療法士への配慮が、
 今後の医療政策に必要だと思います。
20160105

投稿者 sapporobiyou : 23:08 | コメント (0)

2016年01月04日

医療行政に翻弄される病院2016

 お正月から病院のことを書きました
 日本の保険医療システムは世界でもトップクラスの、
 いい医療と言われています。
 お金持ちも、
 生活保護の方も、
 同じ水準の医療を受けられます。
 貧富の差が出るのは、
 差額ベッドの病室くらいです。
      ■         ■
 形成外科と保険診療
 2011年6月15日の院長日記です。
 マイケル・ムーア監督の、
 Sicko(シッコ)という映画があります。
 DVDにもなっています。
 こちらのブログで紹介された記事です。
 ある中年の大工さんが不運にも仕事中に二本の指を切断してしまった。健康保険のない彼は、医師から素晴らしい選択をせまられた。
 「中指をつなげるなら6万ドル、薬指なら1.2万ドル」
 この大工さんはロマンチストだったので、薬指を選択。お別れした中指の方は、新居にお引越し。サヨナラ・・・、、、失われた中指の移転先はどこかって?そこは、ゴミ集積所だった。
 これは、米国のマイケル・ムーア監督の新作映画『シッコ』の笑える一場面である。
      ■         ■
 今の日本では、
 健康保険で指をつなぐ手術が受けられます。
 もちろん生活保護の方も受けられます。
 おそらく、刑務所内作業で、
 囚人が指を切断したとしても手術が受けられます。
 私は、受刑者の手術をしたことがあります。
 私は受刑者でも指をつなぐ手術が受けられる、
 日本の医療システムはいいと思います。
      ■         ■
 日本の医療財政が破綻しつつあるのは、
 指つなぎの手術のためではありません。
 高齢化のためです。
 膨大になった医療費を、
 何とか削減しようと躍起です。
 その政策のために、
 さくらんぼさんが指摘されたように、
 入院と同時にくらい退院の話です
 儲からない老人や患者は長くいるなということです。

 これが今の病院の実態です。
      ■         ■
 私と同年代の病院長は、
 いかに紹介率を上げるか?
 平均在院日数を減らすか?
 そんなことで翻弄されています。
 患者さんのためのいい医療というより、
 何とか病院の赤字を増やさないように…
 これが一番の悩みの種です。
      ■         ■
 私たち臨床医の間では、
 今の臨床研修システムができた時から、
 大学の医局に入る先生が減ることを予測していました。
 マッチングというお見合いみたいなシステムです
 これで医学生が大学に残らなくなりました
 困った国は、
 専門医システムを変えて、
 大学以外では専門医を取得しにくい政策を考えています。
 姑息的な方法だと私は思っています。
 これからも病院長や主任部長の苦悩は続くと私は思います。

投稿者 sapporobiyou : 19:12 | コメント (0)

2016年01月03日

主任部長の苦悩

 昨日の院長日記に、
 JA帯広厚生病院時代に、
 毎年売上目標があったと書きました。
 JAの病院だけではなく、
 国公立や民間の病院にも、
 売上目標ばあると思います。
      ■         ■
 どの病院でも、
 毎年予算を組みます。
 金融機関から借入をして、
 大きな建物を建てて、
 立派な設備を整えるには、
 お金が必要です。
 お金を借りる時には、
 必ず事業計画書を提出します。
      ■         ■
 チェーン店の美容外科JAの病院が違うのは、
 たとえ売上目標が達成できなくても、
 お給料が減らないのが、
 JAの病院や国公立病院です。
 高いお給料をもらっている先生が、
 さっぽり働かなくて売上が大きく減ると、
 さすがに病院でも問題になりますが、
 基本的には俸給表という給与体系で医師の給与が決まります。
      ■         ■
 チェーン店の美容外科の給料は、
 クリニックごとに違うシステムです。
 儲けや売上によって、
 医師の給料が変わるのはどこでも同じです。
 以前は年収数千万円の給与を提示していた、
 有名な美容外科もありました。
 売上が減ると、
 先生や看護師への給料が払えなくなります。
 倒産した美容外科もたくさんあります
      ■         ■
 JA帯広厚生病院の形成外科主任部長、
 すごいと思いませんか?
 北海道の十勝地方で、
 一番大きな病院です。
 私は40歳から43歳まで勤務しました
 正直に言うと、
 毎年の売上目標達成は大変でした
      ■         ■
 当時のJA帯広厚生病院形成外科には、
 3人の形成外科医が勤務していました。
 私を含めて北大形成外科から派遣された形成外科医です。
 私は学位記をいただいて、
 北大の大浦武彦教授から、
 JA帯広厚生病院の固定医として勤務していました。
 固定医とか固定というのは、
 医者の業界用語です。
 自分で退職の意思を表示しない限りは、
 JA帯広厚生病院に永久就職するという意味です。
      ■         ■
 私以外の2人の医師は、
 北大形成外科医局からの派遣です。
 人材派遣会社からの派遣とは違います
 北大形成外科から、
 JA帯広厚生病院に行きなさいと言われて、
 北大から期限付きで赴任した先生のことです
      ■         ■
 派遣された医師の人事権は、
 北大形成外科の医局にあります。
 JA帯広厚生病院の院長が、
 この先生にはぜひ長く帯広にいてほしいと思っても、
 主任部長が最低3年はいてほしいと思っても、
 ある日突然、大学の都合で人事異動になることがあります。
 これが形成外科主任部長の一番の苦悩でした。
      ■         ■
 全国どこの病院でも同じだと思います。
 自分が持っている知識とか技術を、
 下の先生に伝承するのが私たち上級医の仕事です。
 自分以外の2人の先生が優秀だと、
 病院から提示された売上目標も楽にクリアーできます。
 ところが、
 3人だった常勤医が大学の人事で、
 ある日突然2人になることもあります。
      ■         ■
 医師3人でやっていたことを、
 2人でこなすのはかなり大変なことです。
 形成外科専門医が3人なのと、
 形成外科専門医1人と研修医2人では、
 できる手術に大きな違いがあります。
 大学から派遣される医師によって、
 仕事内容も売上も大きく違ってきます。
      ■         ■
 私がJA帯広厚生病院形成外科主任部長だったのは、
 今から20年前です。
 今は大学医局を選ぶ医学部卒業生が減りました
 大学も派遣する医師が少なくて困っています。
 常勤医3人だった形成外科が、
 ある日突然、部長職が一人になることもあります。
 売上目標達成どころか、
 毎日の患者さんの診療にも支障をきたします。
 私の形成外科主任部長時代の一番の苦悩は、
 下の先生が一年毎に変わることでした。
 40歳を過ぎていろいろ考えて、
 私は開業医の道を選びました

投稿者 sapporobiyou : 17:46 | コメント (0)

2016年01月02日

2016年の目標

 今年は暖冬でおだやかなお正月です。
 札幌に住んでいるのに、
 寒いのが苦手な私にはありがたいことです。
 お正月に2016年の目標を考えました。
 毎年初詣に行った時に、
 今年は何をお願いしようか?と考えます。
 その時に今年の目標も考えます。
      ■         ■
 医療関係者でもあまり知らないと思いますが、
 私が勤めたJA帯広厚生病院や、
 釧路労災病院にも、
 毎年売上目標がありました。
 チェーン店の美容外科だけではなく、
 JA北海道厚生連や、
 昔の労働福祉事業団が経営していた公的な病院にも売上目標がありました。
      ■         ■
 おそらく、
 国立大学附属病院や、
 地方公共団体が運営する、
 全国の自治体病院にも売上目標があると思います。
 私が働いていた頃の、
 JA帯広厚生病院では、
 毎月、部長・科長会議というのがありました。
 通称、部科長会議と呼んでいました。
      ■         ■
 会議には、
 病院長、副院長、
 各診療科の部長、
 看護部長、
 薬剤部長、
 検査科の科長、
 病院の偉い人が集められました。
 院長が挨拶をして会議がはじまります。
      ■         ■
 この部科長会議で、
 毎回、事務方から、
 売上目標
 各科ごとの売上、
 対前年比の数字、
 目標達成率
 診療報酬の返戻(へんれい)など、
 病院のお金にかかわることが、
 細かく数字で示されました
      ■         ■
 JA帯広厚生病院は、
 JA北海道厚生連が運営する大きな病院です。
 私が勤務していた頃は、
 JA帯広厚生病院が、
 北海道で一番の売上、
 北海道で一番の黒字でした。
 JA北海道厚生連の事務方が優秀でした。
      ■         ■
 私が働いていた頃の、
 労働福祉事業団釧路労災病院も、
 全国の労災病院の中で、
 全国一の黒字病院でした。
 釧路労災病院は、
 故新田一雄院長の経営手腕により、
 設備も黒字も最高の労災病院でした
      ■         ■
 さて、医療法人札幌美容形成外科の2016年の目標です。
 2016年4月には診療報酬の改定があります。
 私が聞くところによると、
 残念なことに医療機関にとって厳しい内容です。
 がっぽりもうけるつもりはありません。
 赤字ならなければいいです
 一番の目標は安全な医療です。
 私は臆病者なので無理な手術はいたしません
      ■         ■
 自分自身については、
 まず健康でいることです
 自分が病気になって、
 患者さんに迷惑をかけない。
 職員に迷惑をかけない。
 家族に迷惑をかけない。
 これを目標にします。
 今年もどうぞよろしくお願いいたします。

投稿者 sapporobiyou : 17:22 | コメント (0)

2016年01月01日

謹賀新年2016

 あけましておめでとうざいます。
 本間家恒例の新春撮影会です。
 昨年のクリスマスイヴに、
 実家に行って撮りました。
 私の父:本間寛(ほんまゆたか)2016年3月4日で満90歳。
 私の母:本間瑞子(ほんまみずこ)2016年4月20日で満88歳。
 家内の母:片寄登喜子(かたよせときこ)2016年1月20日で満82歳。
 私が今年9月で62歳。
 家内が今年4月で60歳です。
      ■         ■
 私の父親は、
 昨年12月に入院しました。
 3月まで生きられないかも?
 …と思いましたが、
 適切な治療をしていただき、
 生き延びることができました。
 生命力の強い人です。
      ■         ■
 うちの奥さんは、
 今年4月で還暦です。
 私の母親は米寿です。
 高齢化社会を象徴するような、
 本間家2016です。
 願いはひとつ、
 病気をしないで元気でいることです。
 今年もどうぞよろしくお願いいたします。
20160101

投稿者 sapporobiyou : 21:15 | コメント (0)