« 2016年03月 | メイン | 2016年05月 »

2016年04月30日

浪人生がんばれ来春は必ずサクラサク

 平成28年4月30日、北海道新聞朝刊、卓上四季です。
 秒速23センチ
北海道に上陸した桜前線は、札幌を過ぎて岩見沢の手前あたりか。終着の根室に向けて進んでいる。大型連休初日の昨日はあいにくの空模様だったが、天気さえ回復すれば、各地の桜の名所は大いに盛り上がるに違いない。
▼一方で、休みが取れず、世の浮かれ気分をため息交じりに見詰める人も少なくない。代表格は浪人生だろう。今月から心機一転、浪人生活に突入したはいいが、そろそろ息切れするころだ。
▼季節はよい。花はきれい。テレビは連休の話一色。なのに自分は机に向かう。先の見えない日々に「やってらんねーよ」と。経験者だけにその気持ちはよく分かる。
▼浪人時代、連休で気の抜けた学生たちに、予備校講師が言った言葉を覚えている。「浪人生活は桜前線みたいなものだ」。桜前線は1日に約20キロ進む。秒速にするとわずか23センチ。よちよち歩きの子供ほどの速さか。
▼1月に沖縄県を出発した桜前線はゆっくりと進み、約4カ月後に2千キロ以上離れた根室に到着する。歩みは遅くとも、地道に勉強を続ければ必ずゴールにたどり着く。講師はそんなふうに励ましてくれた。
▼桜前線は間もなく旅を終える。しかし、浪人生たちのよちよち歩きはこれからが本番だ。入試までの長い道のりの途中には、雨の日も風の日もあるだろう。桜前線のように、確実に歩を進めてほしい。そして来春は、必ず「サクラサク」といこうではないか。

      ■         ■
 私の一日は新聞を読むことからはじまります。
 朝日新聞と北海道新聞の2紙を購読しています。
 朝日新聞の天声人語と、
 北海道新聞の卓上四季は、
 必ず読むようにしています。
 天声人語は筆者が変わって、
 とても親しみやすい文章になりました。
      ■         ■
 北海道新聞の卓上四季にも、
 いい文章が載ります。
 国語が苦手だった私が、
 こうやって院長日記を書けるのは、
 NHKの中学生の勉強室でお世話になった
 小田島哲哉先生と、
 札幌西高校の時に、
 『本間、新聞を読め』と教えてくれた同級生のおかげです
      ■         ■
 私は一浪しました。
 浪人は無駄ではない
 2009年3月24日の院長日記です。
 苦境に役立つ挫折した経験
 2016年2月14日の院長日記です。
 私は大学受験で失敗して浪人しました。
 18歳で味わった挫折感
 予備校で教えられた、
 継続は力なり
 決して諦めてはいけない
 …を座右の銘としています。
      ■         ■
 北海道新聞に書いてあるように、
 浪人生活は桜前線みたいなものだ。
 桜前線は1日に約20キロ進む。秒速にするとわずか23センチ。
 地道に勉強を続ければ必ずゴールにたどり着く
 講師はそんなふうに励ましてくれた。

 毎日こつこつ勉強することです。
 どんな難問でもできるようになります。
 国語が弱い人は新聞を読んでください。
 来春には必ず桜が咲きます

投稿者 sapporobiyou : 13:25 | コメント (0)

2016年04月29日

長時間手術と弁当

 今日の札幌は雨です。
 寒いです。
 3月下旬の気温だそうです。
 桜が咲いたというのに…
 雪が降る地方もあると、
 天気予報で言ってました。
 GWに雪が降ることがあります。
 私も釧路労災病院形成外科に勤務していた30年前
 大変な目にあいました
      ■         ■
 昨日の院長日記、
 手術中に先生があっと言ったら失敗?に、
 弁当を買うのを忘れた…
 弁当を買って医局に忘れてきた…
 …と弁当のことを書きました
 冗談でしょ~?
 …と思わないでください。
 手術日の弁当は大切なのです。
      ■         ■
 今はできませんが、
 大きな病院に勤務していた頃は、
 年に何回か、
 12時間を超える手術がありました。
 事故で顔の骨がばらばらになってしまって、
 それに軟部組織損傷という、
 皮膚や眼瞼などの組織欠損があると、
 修復するのがとても大変です。
      ■         ■
 たとえは悪いですが、
 大きな花瓶が粉々に割れたとします。
 花瓶のかけらを、
 柄をたよりにつなぎ合わせるようなものです。
 どうしてもかけらが足りない時は、
 同じようなかけらをつくって、
 精密につなぎ合わせます。
 12時間超えの手術を何度かしました。
      ■         ■
 悪性腫瘍を切除して、
 リンパ節郭清もして、
 他の部位から遊離組織移植をして、
 顕微鏡で血管をつないで、
 そんな手術を助手と2人ですると、
 朝から夕方までかかります。
 血管がつまったりすると…
 再吻合になるので時間がかかります。
      ■         ■
 12時間もかかる手術の間は、
 食事もできません。
 トイレも行きません。
 水分も摂れません。
 よくやっていたと思います。
 さすがに水分だけは、
 何度かストローで飲ませてもらったことがありました。
      ■         ■
 手術が終わってまずすることは、
 水を飲む、
 トイレに行く、
 ごはんを食べるです。
 夜になっていると、
 病院の売店も閉まっています。
 コンビニに買いに行くこともできません。
 手術室のロッカーに入れておいた、
 弁当を食べます。
 ほんとうです。
      ■         ■
 お医者さんは、
 いいものを食べていると思うのは間違いです
 世の中のお医者さんの大部分は、
 コンビニのお弁当のようなものを食べています。
 病院の売店で、
 弁当とお茶を持って、
 レジに並ぶ先生がたくさんいます。
 いい手術がしたいので、
 飲まず食わずでがんばれるのだと思います。

投稿者 sapporobiyou : 19:18 | コメント (0)

2016年04月28日

手術中に先生があっと言ったら失敗?

 手術中の患者さんは緊張しています。
 心臓の鼓動がこちらに伝わってきます。
 全身麻酔の時は、
 点滴をして眠ってしまうと、
 あとは手術が終わるまでわかりません。
 札幌美容形成外科の手術は局所麻酔です。
 BGMはありますが、
 手術中の言葉は患者さんに聞こえます。
      ■         ■
 私は開業する前から、
 患者さんにリラックスしていただこう、
 できるだけ緊張を与えないようにしようと、
 あれこれ考えていました。
 大きな病院で手術をする時も同じです。
 研修医に手術を教える時など
 特に注意していました。
      ■         ■
 患者さんは全身が耳になっています。
 ちょっとのことでも気になります。
 手術室には、
 さまざまなきまりがあります。
 手術室の掟(おきて)
 手術室の掟2
 …に書いてあります。
 興味がある方は読んでください。
      ■         ■
 私は手術中の会話には特に気をつけています。
 職員からの連絡は、
 紙に書いてもらって筆談です。
 うちの奥さんは、
 長男の分娩時に、
 産婦人科の先生が、
 ごはんを食べに行こう…
 …と言いながら会陰縫合をしたので傷が開いたと、
 30年たった今でも怒っています
      ■         ■
 よく患者さんが言われる言葉に、
 手術中に先生が突然、
 あっ
 …と言った、
 絶対に失敗されたと思った。

 こんなことを何人からも聞いたことがあります。
 手術をする側から言わせていただくと、
 よほど初心者の先生でもない限り、
 失敗してもあっとは言いません。
      ■         ■
 手術中に患者さんが心配するような言葉を発することが、
 まず医師として失格です。
 私が指導医だったら、
 手術が終わってから注意します。
 重大な失敗があることもまれにあります。
 医療事故のつながるような失敗は、
 本人も周囲も気付かない時に起こります。
 気付かないことで死亡事故が起こります
      ■         ■
 手術中に先生が突然、
 あっ
 っと言っても心配しないでください。
 余裕があれば、
 先生どうなさいました?とお聞きください。
 きっと、
 弁当を買うのを忘れた…
 弁当を買って医局に忘れてきた…
 きっとそんなことが多いと思います。
 大きな事故や失敗につながる
 あっはないと思ってください。

投稿者 sapporobiyou : 17:58 | コメント (0)

2016年04月27日

親父の息子への思い

 2016年3月29日、午後0:49分に親父が亡くなりました。
 もうすぐ1ヵ月になります
 まるで、
 自分で亡くなる場所と、
 亡くなる時期を決めたかのように、
 あっという間に天国に行きました。
 あっぱれです。
      ■         ■
 息子としては、
 じいちゃん、
 最期に、
 息子たちのことを考えてくれたんだね。
 ありがとう

 …という思いです。
 あまりいい親父じゃなかったけど、
 最期は息子思いでした。
      ■         ■
 90歳という、
 男性としては十分すぎる長寿です。
 いつ亡くなっても不思議ではありません。
 具合が悪くなって、
 主治医の先生から説明を受けたのが、
 3月25日(金)でした。
 3月26日(土)には、
 弟が前橋から来ました。
      ■         ■
 意識はまだあって、
 弟が来たのをよろこんでました。
 その夜から、
 弟が病院に泊まっていました。
 状態が改善したら、
 一度、東京に戻ろうか?
 弟は困っていました。
 大切な展示会が4月上旬にあると言ってました。
      ■         ■
 私の弟はサラリーマンです。
 土日は休みです。
 私は土日は仕事で、
 毎週木曜日が休診日です。
 3月は、
 30日(水)31日(木)が休診日でした。
 診療日に葬儀だと、
 患者さんに迷惑をかけてしまいます。
      ■         ■
 弟が病院に泊まって、
 3日目の昼に、
 親父は天国に旅立ちました。
 火曜日のお昼でした。
 なんというタイミングのよさ!
 私の休診日に合わせて、
 弟の仕事のスケジュールに合わせて、
 親父が決めたかのような日時でした。
 偶然とはいえ、
 なかなかできないことです。
      ■         ■
 葬儀は家族葬で、
 無宗教でした。
 4人の孫が、
 おじいちゃんにお別れの言葉を述べて、
 献花をして、
 かっこよく天国に行きました。
 私も親父を見習いたと思いました。
 亡くなって一ヵ月です。
 5月1日に弟が来ます。

投稿者 sapporobiyou : 21:14 | コメント (0)

2016年04月26日

間違いだらけのわきが診断2016

 私が札幌美容形成外科を開業しようと思った動機のひとつはわきがです。
 JA帯広厚生病院形成外科主任部長だった時です。
 外来を受診した女性が、
 市内の美容外科でわきが手術を受けたのに、
 臭いも汗も残っているというのが主訴でした。
 帯広市医師会_医者のつぶやき
 2010年7月28日の院長日記に載っています。
      ■         ■
 〔専門科〕形成外科〔年齢〕43〔勤務〕
 当時は43歳でした。
 私はわきがは恥ずかしいことではないと考えますが
 世の中には、
 わきがが原因でいじめられたり、
 消極的になったりする人がたくさんいます。
 まだまだわきがに対する偏見がたくさんあります。
 保険適応で手術が受けられることが、
 ようやく北海道新聞にも掲載されるようになりました
      ■         ■
 男性でも、
 お前、わきが?』って言われるとショックです。
 俺、くさい?
 俺、におう?
 …こんなことは誰にも聞けません。
 親にも相談できません。
 友人にも聞けません。
      ■         ■
 女性だったら、
 どんなことがあっても、
 自分がわきがだなんて知られたくありません。
 誰かに、 
 におう
 においする
 …なんて言われると、
 たとえそれが魚を焼いたにおいのことでも、
 ドキッとします
      ■         ■
 こんな悩みに付け込んで、
 あなたは重症のわきがです。
 すぐに手術をしましょう。
 最新の機器ですぐに治ります。
 通院は不要です。
 …こんな言葉でだまします。
 同業者として残念なことです
      ■         ■
 間違いだらけのわきが診断
 2015年3月8日の院長日記です。
 稲葉義方先生のHPに書かれた、
 次の文章が正しいワキガ診断です。
 腋臭症/ワキガ/わきが診断のチェックリスト
 ワキガの自己診断としてよく雑誌などに載っていますね。
●衣類が黄ばむとワキガである。
●耳垢が湿っているとワキガである。
●親にワキガがあると子供もワキガである。
●汗が多いとワキガである。
●腋毛が濃いとワキガである。
●手術を受けても治らないのは重症のワキガである。
      ■         ■
これらは本当に正しいのでしょうか? 実はすべて間違っているのです
正しくは
●ワキガであると衣類が黄ばむことが多い。
ワキガ以外でも衣類が黄ばむことも多い
●ワキガであると耳垢が湿っている。
(=耳垢が乾いている人はワキガではない)
●親にワキガがあると子供にワキガが遺伝することがある。
(耳垢が湿っている体質が遺伝する)
汗が多いこととワキガであることは関係ない
●腋毛が濃いこととワキガであることは関係ない。
手術を受けても治らないのはワキガでない可能性がある
(ワキガでないのに手術を受けた)

 稲葉クリニックHPより引用
      ■         ■
 大手有名美容外科のチェックポイントも間違いです。
 米国製の高価なミラドライで治療しても、
 汗もにおいも残る人がいます
 実際に札幌美容形成外科に、 
 汗が止まらなかったと、
 ボトックス注射を打ちに来院される方がいます
 広告もブログもうそつきです
      ■         ■ 
 私が特に共感するのは、
 稲葉義方先生の次の表現です。
⑤自己臭妄想の問題点:他人の言動によってわきがと自己判断している状態で、周囲の人の咳払いや視線に敏感になる。しかし患者がひとりで居る時にはあまり気にならないことが多い。このような患者は腋臭が確認されないため医療機関を転々と渡り歩くこととなってしまう。わきがと安易な診断や治療は悩みが大きくなるきっかけを作ってしまうこともある。
 稲葉クリニックHPより引用
 ワキガ手術は一生に一回です。
 正しい診断と的確な治療を受けてください。 
 東京でおすすめする美容形成外科は、
 みずほクリニックです。

投稿者 sapporobiyou : 20:19 | コメント (0)

2016年04月25日

免許証写真に美しく写る方法

 昨日の夜、
 奥さんがTVを録画していました。
 林先生の初耳学
 TBS系列の番組です。
 私も熱心に見ました。 
 運転免許証写真に美しく写る方法
      ■         ■
 番組を見逃した方のために、
 放送の要点をお教えします。
 私がなるほどと思ったのは、
 写真を撮る瞬間に、
 3、2、1で
 パッと目を開ける
 そうすると、
 瞳孔が開いて目が大きく見える。

      ■         ■
 目を閉じた写真だとNGなので、
 目をつぶったら撮り直しになると思います。
 3、2、1で目を閉じた状態から、
 瞬間的に目を開くと、
 黒目が大きく出ます。
 そうすると運転免許証でも写真写りがよくなります。
 納得です。
      ■         ■
 着ていく服の色にも影響されます。
 きれいに写る服の色は白です。
 レフ板効果で顔に光が当たり、
 肌色がきれいに見えます。
 着てはいけない服の色は黄色
 青のバックと補色で浮いてしまうためです。
 顔が黄色く見えます。
 黒の服も顔が暗く見えるのでダメだそうです。
      ■         ■
 芸能人でも、
 運転免許証の写真は指名手配の犯人みたいでした。
 ちょっとしたコツです
 次回の運転免許証更新の時には
 白い服を着て行って、
 3、2、1で
 えいっと目を開いて撮りましょう。
 きっといい写真になります。
 番組に感謝です。
20160425
200408

2004年

20090819
2009年

20140818
2014年

投稿者 sapporobiyou : 18:36 | コメント (0)

2016年04月24日

息子の袖を針仕事

 平成28年4月24日、朝日新聞朝刊、男のひといきです。
 息子の袖を針仕事
 長男が中学生になった。
 私が中学生になったときには、両親は「どうせ大きくなるのだから」と、かなり大きめの制服をあつらえた。そのため私は、ぶかぶかのカッターシャツをまくり上げ、結構不便な生活を強いられた。手を洗えば袖先がぬれる。冬になれば寒い。
 今回、長男にも同様に、一回り大きな制服を準備した。だぶだぶの上着姿は初々しくていい。しかし、手のひらを超えるほど袖が長いカッターシャツはいかがなものか。妻は「めくればいいでしょ」と言うが、そういうものではない。経験者の私が一番よくわかる。だから入学前に、袖丈を詰めてやった。袖を数センチつまみ、慣れない針運びでチクチク縫い合わせたのだ。
 晴れて入学後、長男は「とてもいい。袖が長い友だちにお父さんに直してもらったと言ったら、『いいなあ。そんなお父さん。うらやましい』って言われた」と、かなり満足の様子。
 少しばかり手間だったが、子どもの言葉で元気が倍増。機嫌良く洗濯を干していたら、今度は次男がリコーダー袋をほしがっている。「それも俺の仕事?」と思いつつ、次男の喜ぶ顔を想像する自分がいる。さあ、どんな布で作ってやろうか。
 (京都市 谷垣寛明 公務員 46歳)
 (以上、朝日新聞より引用)

      ■         ■
 私が毎週楽しみにしている、
 朝日新聞の男のひといきです。
 女性のひとときも楽しみですが、
 日曜日は必ず男のひといきを読みます。
 京都市の
 谷垣寛明様、
 公務員 46歳
 すごいです。
      ■         ■
 長男は
「とてもいい。袖が長い友だちにお父さんに直してもらったと言ったら、
いいなあ。そんなお父さん。うらやましい
 って言われた」と、
 かなり満足の様子。

 素敵なお父様です。
 機嫌良く洗濯を干していたら
 洗濯物を干すのもお父様がなさるようです。
 ますますすごいです。
      ■         ■
 私はキズを縫うのは得意ですが、
 縫い物は家内です。
 家内ができないものは、
 家内の母親がしてくれます。
 プロ以上のプロの腕です
 内職で鍛えたそうです。
 とても上手です
 コシノヒロコさんの仕立てをしていたそうです。
 私がはじめて家内の実家に行った時に、
 工業用ミシンがあったのを覚えています。
      ■         ■
 袖の長い制服は大変です。
 私にも経験があります。
 手を洗えば袖先がぬれる。
 厄介なものです。
 私が入学した中学校は、
 美唄市立茶志内中学校(ちゃしない中学校)でした。
 同級生の荒木田和生くんと、
 長靴で田んぼの中を通いました
 いい思い出です。
 谷垣寛明さま、心温まる投稿をありがとうございました。
20150508-1

中学1年生の私です(向かって右)
向かって左は、荒木田和生くんです

投稿者 sapporobiyou : 16:30 | コメント (0)

2016年04月23日

親父の宝物

 休診日に親父の部屋を掃除しました
 15年分のほこりを掃除機で吸いました。
 机の引き出しから、
 親父の宝物を見つけました。
 母親いわく、
 よほどうれしかったんだねぇ~
 これを大事に永久保存って書いてある。

      ■         ■
 1983年9月30日の朝日新聞です。
 大韓航空機撃墜事件の記事が載っていました。
 当時は、
 個人情報の法律もなかった時代でした。
 赤ちゃんが誕生すると、
 北海道では新聞に掲載されました。
 下の記事は朝日新聞北海道版の、
 ぴいぷる北海道という欄です。
      ■         ■
 本間ゆかりちゃん=賢一さん長女、
 富岡町2-51(20日)

 私の娘が生まれたことが、
 朝日新聞に載っています。
 当時、私は函館中央病院形成外科に勤務していました。
 娘は1983年9月20日に函館中央病院で生まれました。
 親父と母親、母方の祖母が、
 札幌から函館まで赤ちゃんを見に来ました。
      ■         ■
 初孫の誕生が掲載された、
 朝日新聞を永久保存版として、
 机の引き出しに大事にしまってありました。
 親父の90年の人生で、
 やっぱり初孫の誕生がうれしかったのだなぁ~
 …と妙に納得しました。
      ■         ■
 親父の葬式は、
 戒名もないし、
 お坊さんの読経もないし、
 牧師さんのお祈りもないし、
 賛美歌もありませんでした。
 孫4人がおじいちゃんにお別れの言葉を述べました。
 いいお別れの会ができたと思っています。 
19830930
880920

1988年9月20日、長女の5歳の誕生日です

投稿者 sapporobiyou : 20:21 | コメント (0)

2016年04月22日

休診日に実家の掃除

 私の親父が亡くなってから、
 3週間です。
 無事に葬儀も終了
 福岡の学会にも行けました。
 具合が悪くなってから、
 あっという間に天国に行きました。
 お見事な死にかたでした
      ■         ■
 昨日は休診日だったので、
 実家に行きました。
 親父が使っていた、
 ベッド、
 洋服たんす、
 ロッカー、
 不用品を業者さんに引き取っていただきました。
      ■         ■
 世の中には、
 遺品整理という仕事や、
 ごみ屋敷の清掃
 孤独死の後始末業
 などなどたくさんのお仕事があるようです。
 私たち医療従事者は、
 人の死には慣れています。
 亡くなった後のことには素人です。
      ■         ■
 家内の父親は64歳の時に急性心筋梗塞で、
 ゴルフ場で倒れて亡くなりました
 私はあと3年でその年齢になります。
 うちの親父は本間家の歴史で、
 最も長生きした男子です

 私はとても90歳まで生きられる自信はありません。
 医者は短命だと言われています。
      ■         ■
 私の親父は、
 きれい好きな息子(私)と違いました。
 今のマンションには15年前に転居しました。
 昨日、家具を撤去していただいた後が大変でした。
 15年分のほこりがたまっていたんじゃないの?
 それはそれはすごいゴミでした。
 懸命に掃除機で吸いました。
      ■         ■
 衣類などは母親が処分していました。
 書類も大部分は処分されていました。
 最後に、
 大切にしていたと思われる書類が残ってました。
 昔、勉強したAnatomy解剖学のノートがありました。
 40代ではじめたコンピューターのノートもありました。
 一応、捨てずに持って帰りました。
      ■         ■
 私が亡くなった後のことを考えました。
 膨大な量の本があります。
 図書館にもあまりない本もあります。
 日本形成外科学会会誌は、
 創刊号から全冊がそろっています。
 何年に一度も見ることはありませんが、
 調べものをする時には便利です。
 自分の子供には迷惑をかけないように、
 生前整理をはじめようかと思いました。

投稿者 sapporobiyou : 21:43 | コメント (0)

2016年04月21日

眼瞼痙攣の診断と治療2016

 2016年4月13日から15日までの、
 第59回日本形成外科学会で印象に残った発表です
 眼瞼痙攣がんけんけいれんの治療です。
 O-089 眼瞼痙攣患者の機能的・美容的問題に対する極薄粘着テープの効果
 REIKO KAZKI/かづき れいこ日本医科大学附属病院形成外科・美容外科

 2013年12月~2015年9月までに、
 眼瞼痙攣の患者さん131人に、
 極薄の透明なテープを貼り、
 その上からメイクを行い良好な結果を得たという報告です。
      ■         ■
 患者さんから、
 視野が広がった、
 まぶしくなくなったと喜ばれました。
 眼瞼痙攣は診断も治療も難しい疾患です。
 私たち形成外科医を直接受診することは少ないですが、
 診断を間違って手術をすると大変です。
 ボトックス注射が効きますが、
 効果が切れると症状が再発します。
      ■         ■
 かづき れいこ先生は、
 日本医科大学で長年お仕事をなさっています。
 第58回日本形成外科学会【京都】でも、
 リハビリメイクとカモフラージュメイクの比較に関する検討
 …という演題を発表されました。
 昨年も、
 眼瞼痙攣の女性が、
 テーピングとリハビリメイクでよくなっていました。
      ■         ■
 今年の発表は、
 眼瞼痙攣の患者さんだけについてまとめられました。
 東京の井上眼科病院に、
 眼瞼・顔面けいれん友の会があります。
 眼科にかかっても診断がつかず、
 困っている患者さんがたくさんいます。
 薄いセロテープみたいなテープで、
 難しい眼瞼痙攣の症状がよくなっていました。
 『切る手術』でもなく、
 『高い薬』でもないのでいいと思います。
      ■         ■
 眼瞼痙攣の患者さんに特徴的なのは、
 羞明しゅうめい
 まぶしいことです。
 外がまぶしくて歩けません。
 自転車に乗れません。
 車の運転も無理です。

 こんな患者さんを診たら、
 眼瞼痙攣を疑うことです。
 私は札幌大庭眼科大庭正裕先生にお願いしています

投稿者 sapporobiyou : 22:03 | コメント (0)

2016年04月20日

エゾエンゴサクが咲きました2016

 今朝、通勤途中で北大植物園に咲いている、
 エゾエンゴサクを見つけました。
 毎年楽しみにしている花です。
 2015年は4月19日でした
 フェンス越しに見るだけです。
 写真に撮ろうと思っても上手に撮れません。
 毎年同じ写真で申し訳ありません。
      ■         ■
 2016年4月は熊本で地震の被害が続いています。
 私が福岡の第59回日本形成外科学会に出ていた
 2016年4月14日午後9時26分ごろ
 熊本県で震度7の最初の地震がありました。
 その後、
 2016年4月16日午前1時25分ごろ、
 マグニチュード7.3
 震度6強の地震が発生しました。
 4月16日午前1時25分のが本震でした。
      ■         ■
 この地震で、
 熊本県南阿蘇村にある、
 東海大学農学部に通う学生さんが、
 アパートが損壊して下敷きになり亡くなりました。
 とても残念で悲しい事故です。
 親御さんの気持ちを思うと言葉もありません。
 心からご冥福をお祈りしています。


エゾエンゴサク

投稿者 sapporobiyou : 17:16 | コメント (0)

2016年04月19日

眼瞼下垂症の修正手術【2016福岡】

 熊本県で地震の被害が続いています。
 今朝のTVでも報道されていました。
 亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。
 行方不明の方が早く見つかってほしいですが、
 余震が続いているので、
 二次災害が起こらないことを祈っています。
      ■         ■
 第59回日本形成外科学会で熱心に聞いたのは、
 札幌美容形成外科で最も多い手術、
 【眼瞼下垂症】です。
 私が一番印象に残った発表が、
 今日ご紹介する杏林大学形成外科の発表です。
 はっきり言って、
 とても上手な手術だと思いました。
 大学病院の形成外科でここまでするのはすごいと思いました。
 それでも修正手術がありました。
      ■         ■
 O-092 眼瞼下垂症手術における修正手術のリスク因子解析
菅 浩隆、尾崎 峰、成田圭吾、白石知大、江藤ひとみ、佐藤卓士、多久嶋亮彦、波利井清紀
 杏林大学形成外科
目的】眼瞼下垂症手術においては,術後に左右差が残る場合や皮膚切除量が不十分な場合など,修正手術が必要になることがある。しかし修正手術が必要になった症例について詳細な検討を行った報告は少ない。今回,杏林大学形成外科における過去の症例について統計学的な解析を行い,修正手術のリスク因子について検討することを目的とした。
方法】過去5年間に当施設において両側の腱膜性眼瞼下垂症に対して挙筋前転法による手術を行った症例を対象とした。年齢,性別,margin reflex distance (以下MRD)0㎜を基準とする重症度,MRDに1㎜以上の差を認める術前の左右差を検討項目とし,修正手術に対する影響について検討を行った。
結果】症例は274例(女性217例,男性57例),平均年齢は65.4土13.9歳であり,14名の術者によって手術が行われていた。修正手術を行った症例は89例(32.5%)であり,この割合は術者による差は認められなかった。12例(4.4%)は2回以上の修正手術を受けていた。修正手術の理由としては片側の挙上不足が32例と最も多く,統いて両側の皮膚余剰が24例,片側の皮膚余剰が15例であった。カイ2乗検定による単変量解析では,年齢,性別,重症度は修正手術への影響は認められなかった。一方,術前に左右差を認める症例では修正術が必要となる割合が有意に高かった(82例中35例,P=0.018)。ロジステイック回帰分析による多変量解析においても,術前の左右差のみが修正手術に対する有意なリスク因子であった(オッズ比1.9,P=0.019)。
考察】眼眼下重症手術においては比較的高い割合で修正手術が必要になることを認識しおく必要がある。特に,術前に左右差を認める症例は術後にも左右差をきたしやすく,その可能性について十分な説明を行っておくとともに,術中の開眼の調整をより慎重に行う必要があると考えられた。

      ■         ■
 大学病院の形成外科は、
 たくさんの先生が手術をします。
 過去5年間で、
 14名の術者が、
 274例(女性217例,男性57例)の患者さんを手術しました。
 症例数が多いと思います。
 修正手術を行った症例は89例(32.5%)でした。
      ■         ■
 274例中89例(32.5%)が修正手術でした。
 約3割です。
 驚かないでください。
 怒らないでください。
 それだけ丁寧に手術をしてるのです。
 私が見て上手だと思った手術です。
 それだけ難しいのです。
      ■         ■
 菅 浩隆先生のご発表によると、
 再手術となる原因は、
 もともとある左右差です。
 眼瞼下垂症手術をして、
 きれいな目になると気になるのです。
 術前に左右差を認める症例では修正術が必要となる割合が有意に高かった(82例中35例,P=0.018)
      ■         ■
 大学病院だから、
 難しい患者さんが多いことも考えられます。
 私も毎日苦労しています。
 眉の高さと額のシワの左右差に注意
 眉の形【左右差】に注意
 形成外科で保険で手術をしても、
 美容外科で自由診療で手術をしても、
 難しいのが左右差です
 菅浩隆先生が言われた、
 術中の開眼の調整をより慎重に行う必要がある
 まさにその通りだと思います。
 眼瞼下垂症の研究が進歩することを願っています。

投稿者 sapporobiyou : 19:50 | コメント (0)

2016年04月18日

眼瞼下垂症手術トラブル【2016福岡】②

 熊本で地震の被害が出ています。
 私が福岡に滞在中、深夜に2回目の地震がありました。
 かなり強い揺れでした。
 まさかこの地震でアパートの1階がつぶれるなんて、
 夢にも思いませんでした。
 亡くなられた学生さんのご冥福をお祈りいたします。
 とても残念で悲しいです。
      ■         ■
 第59回日本形成外科学会では、
 症例検討2 4月15日(金)10:00-11:00
 眼瞼下垂症手術トラブル
 ◆シンポジウム16 4月15日(金)14:20-15:50
 眼瞼下垂症手術と機能

 2つの大きなプログラムがありました。
 どちらも眼瞼下垂症手術で気をつけなればいけない事項について、
 討論を深めたものです。
      ■         ■
 症例検討2
 眼瞼下垂症手術トラブル
 司会
 松尾 清(信州大学医学部 形成再建外科学教室/松尾形成外科・眼瞼クリニック)
 土井秀明(こまちクリニック)
 野平久仁彦(医療法人社団 蘇春堂形成外科)
 演者
後天性腱膜性眼瞼下垂症に対する大腿筋膜移植による吊り上げ術後に強度の瞼板変形をきたした1例
 江藤綾乃(筑波大学 医学医療系 形成外科)
治療に難渋したHorner症候群による眼瞼下垂症例
 高須 啓之(神戸大学 医学部 大学院 医学研究科 形成外科学)
眼瞼下垂症手術後の原因不明の角膜潰瘍の1例
 木股完仁(池友会 新小文字病院)
眼瞼下垂症手術トラブル:ミュラー筋損傷型挙筋前転術後違和感
 権太浩一(帝京大学医学部附属溝口病院 形成外科)
シンポジウム16
 眼瞼下垂症手術と機能
 司会
 村上正洋(日本医科大学武蔵小杉病院 形成外科)
 朝村真一(和歌山県立医科大学 形成外科学講座)
 演者
眼瞼下垂と機能
 鹿嶋友敬(University of California)
眼瞼下垂症手術と機能―眼科医とのコラボレーションの重要性について―」
 村上正洋(日本医科大学武蔵小杉病院 形成外科)
眼瞼下垂症手術が視機能に与える影響の検討
 落合博子(国立病院機構 東京医療センター 形成外科)
眼瞼下垂症手術の眼表面への影響とその評価・対策について
 幸島 究(医療法人感謝会 第2にしむら眼科)
機能的眼瞼形成手術を追究して~左右差を有する症例から学ぶこと~
 金沢雄一郎(深谷赤十字病院 形成外科)
まぶたは視野の維持だけでなく、青斑核を刺激して覚醒・筋緊張・交感神経緊張を制御するために開けている
 松尾 清(信州大学医学部 形成再建外科学教室

      ■         ■
 とても全部はご紹介できませんが、
 眼瞼下垂症手術後に、
 目に何らかのトラブルを生じることがあります。
 気をつけなければいけないのが、
 ドライアイがある患者さんです。
 眼科医によっても処方する薬が違います。
 日本医科大学武蔵小杉病院形成外科の
 村上正洋教授がいつも強調されるように、
 眼科医とのコラボレーションが重要だと再認識しました
      ■         ■
 札幌美容形成外科では、
 眼科的な問題がありそうな患者さん
 眼瞼下垂症手術の前に、
 道庁前眼科の、
 吉田篤先生に診ていただいています。
 私も診ていただいている優しい先生です。
 先日は緑内障が見つかった患者さんがいらっしゃいました。
 眼瞼下垂症手術は、
 やればやるほど難しい手術だと思います。

投稿者 sapporobiyou : 19:47 | コメント (0)

2016年04月17日

眼瞼下垂症手術トラブル【2016福岡】①

 昨日(2016年4月16日土曜日)札幌に帰ってきました。
 札幌は寒いです。
 でも自分の家がいいです。
 犬(そら君)もいるし
 自分の家の風呂はいいものです。
 新聞がたくさんたまっていました。
 昨日は読む時間がありませんでした。
      ■         ■
 学会中に起こった地震の被害がひろがっています。
 亡くなられた若い学生さんがいらっしゃいます。
 ご両親のお気持ちを考えると、
 言葉もありません。
 心からご冥福をお祈りいたします。
 これ以上被害が大きくならないことを祈っています。
      ■         ■
 第59回日本形成外科学会は実りの多い学会でした。
 3日間、朝から夕方まで学会を聞いていました。
 今年は眼瞼下垂についてのシンポジウムと、
 症例検討がありました。
 すぐれものの学会アプリで検索すると
 眼瞼下垂の演題だけで24もヒットしました。
 ポスターも入れると39です。
 一回の学会でこれだけの演題はすごいです。
      ■         ■
 ISAPS-JSPRS Joint Symposiumという、
 国際美容外科学会との合同シンポジウムもありました。
 韓国、台湾、シンガポール、中国の先生もいらっしゃいました。
 学会初日には、
 Aesthetic Blepharoptosis Repair
 美容的眼瞼下垂症手術
というのがありました。
 Moderator: Kunihiko Nohira(Soshundo Plastic Surgery, Japan),
 Ryuichi Utsugi(Clinic UTSUGIryu, Japan)
 09:10-09:25 Comparison of Muller-aponeurosis complex advancement, frontalis transfer and silicone rod suspension in severe ptosis.

 Dae-Hwan Park(Daegu Catholic University, South Korea)

 09:25-09:40 Blepharoptosis Repair As a Workhorse in Revision Upper Blepharoplasty

 Chang-Chien Yang(Artwood Plastic Surgery Clinic, Chinese Taipei)
 09:40-09:55 Ptosis repair by levator advancement

 Martin Huang(The Cosmetic Surgery Clinic, Singapore)
 09:55-10:10 Aponeurotic Blepharoptosis Repair for Japanese patients

 Ryokuya Ban(Shinshu University, Japan)
 10:10-10:40 DISCUSSION WITH THE PANEL AND THE AUDIENCE

      ■         ■
 日本人は、
 信州大学形成外科の伴_緑也ばん_りょくや先生が英語で発表されました。
 日本以外ですと台湾のChang-Chien Yang先生と、
 シンガポールのMartin Huang先生の手術がお上手でした。
 感じたことは、
 台湾でも、
 シンガポールでも、
 韓国でも、
 不満足な結果が多いということです。
      ■         ■
 どこの国にも、
 なんちゃって医がいます。
 シンポジストの先生たちは、
 なんちゃって医他の先生がした、
 眼瞼下垂症手術の修正手術をしていました。
 左右差
 幅が広すぎる
 内側の幅が広い
 びっくり目
 目が開いていない
 日本と同じトラブルが海外でも起きていました。
 みんな苦労して修正をしていました。
 眼瞼下垂症手術は難しいとつくづく思いました。

投稿者 sapporobiyou : 16:41 | コメント (0)

2016年04月16日

巨大色素性母斑の治療【2016福岡】

 3日間の日本形成外科学会が終わりました。
 今日は福岡→札幌への移動日です。
 昨夜も緊急地震警報がありました。
 福岡も大きく揺れました。
 また熊本で被害が出たようです。
 これ以上、被害が大きくならないことを祈っています。
 被災された方に心からお見舞いを申し上げます。
      ■         ■
 第59回日本形成外科学会では、
 21のシンポジウムがありました。
 まずご紹介したいのが、
【第1日目】4月13日(水)10:30~ 12:00第1会場 3F(メインホール)
 シンポジウム2
 巨大色素性母斑の治療:多様な選択肢と実際
 司会:武田 啓(北里大学医学部形成外科・美容外科学)
 舟山 恵美(北海道大学大学院医学研究科機能再生医学講座形成外科学分野)
SY2-1 多様の選択肢 そしてcryosurgery凍結外科療法
 冨士森良輔(医療法人冨士森形成外科医院)
SY2-2 巨大色素性母斑の治療
 貴志 和生(慶應義塾大学医学部形成外科学教室)
SY2-3 自家培養表皮製品ジェイスR の先天性巨大色素性母斑への適応拡大を目的とした医師主導型治験の成績
 金子 剛(国立研究開発法人国立成育医療研究センター)
SY2-4 培養表皮を用いた巨大色素性母斑の治療
 相原 正記(聖マリアンナ医科大学医学部形成外科学講座)
SY2-5 巨大色素性母斑に対する皮膚剥削術とレーザー照射の検討
 茂利 真美(愛知医科大学形成外科)
SY2-6 先天性巨大色素性母斑に対する色素レーザーおよびQスイッチルビーレーザーを用いた複合レーザー治療の有用性
 舟山 恵美(北海道大学大学院医学研究科機能再生医学講座形成外科学分野)

      ■         ■
 京都の冨士森先生が抄録に書かれています。
 巨大色素性母斑は大変な疾患である。まさに津波のようでその治療は困難を極める。
 演者は長年この疾患と立ち向かってきた。そして一応納得のできる結果も得たが不満も多い。まず植皮術。広範囲なので遊離植皮が適応となるが顔面に限られる。そして医師と患者の協力と辛抱の成果が問われる。皮膚剥削術、皮膚剥離術はよほどの適応でないと患者を悲惨に導くだけに終わる。縫縮術はかなり効果的であるが、以後の治療方針も定まらず、単に皮膚を傷つけただけだとすれば非難は免れないであろう。残念ながらレーザーは治癒につながらない。それを知っていつまでも照射を続けたとすれば信頼できる医者とは言えないのではないか。結局今学会では培養皮膚移植と凍結外科療法との対決と思っている。
現在の培養皮膚による巨大色素性母斑の治療の結果はどうなっているのか、楽しみと期待に胸が膨らむ。演者は長年凍結療法を行っている。表皮を傷つけないことを最大の目標としているが白斑の発生と後年の再発をいまだ解決できないでいる。多くの症例を報告したい。

      ■         ■
 今年の日本形成外科学会でも、
 京都の冨士森先生にたくさん教えていただきました
 シンポジウムの後で冨士森先生とお話しをしました。
 残念なことですが2016年4月の時点では、
 培養表皮移植で巨大色素性母斑の治療は、
 満足な結果を得られていません
      ■         ■
 冨士森先生は、
 2歳半までは凍結外科療法をすすめています。
 確かに効果があります。
 冨士森先生が抄録に書かれているように、
 一応納得のできる結果も得たが不満も多い
 これも事実です。
      ■         ■
 以前に私の院長日記でご紹介した、
 北大形成外科のレーザー治療があります
 確かに効果があります。
 しかし限界があることを、
 今年のシンポジウムで知りました。
 司会と演者をなさった舟山恵美先生によると、
 小さいうちに、
 体幹部の巨大色素性母斑に照射した場合は効きますが、
 大人になってからは限界があります。
      ■         ■
 一番効いてほしいと思う、
 顔面の大きな色素性母斑は、
 眼瞼部にある黒の濃い色素性母斑には効いていましたが、
 薄い黒の色素性母斑には効いていませんでした。
 頬部の色素性母斑にも効いていませんでした。
 今日の院長日記で訂正させていただきます。
      ■         ■
 身体の半分以上が黒い巨大色素性母斑をどう治すのか?
 冨士森先生が抄録に書かれたように、
 まさに津波のようでその治療は困難を極めるのが現実です。
 自分の身内が巨大色素性母斑だったらどうするか?
 とても悩むところです。
 私ならまず北大式のレーザー治療をします。
 皮膚移植をできる部位や、
 組織拡張器を使える部位だったら
 手術を考えます。
 形成外科には、
 まだまだ解決しなければならない疾患がたくさんあります。
 医師と患者の協力と辛抱の成果が出る日が来ることを期待しています。

投稿者 sapporobiyou : 18:44 | コメント (0)

2016年04月15日

第59回日本形成外科学会(福岡)④

 昨日(2016年4月14日)午後9時26分ごろ
 熊本県で震度7の地震がありました。
 被害にあわれた熊本県の方にお見舞い申し上げます。
 私は福岡のホテルにいました。
 iPhoneが大きな音で地震警報を発しました。
 数秒後に大きな揺れがきました。
 海から近いホテルなので津波を心配し、
 TVをつけました。
      ■         ■
 幸いなことに、
 津波の心配はなく、
 福岡市内は平穏でした。
 ホテルのEVが停止し、
 フロントの方が各部屋を回って、
 けがや異常がないことを確かめてくださいました。
 日本形成外科学会の歴史で、
 総会開催期間中に地震があったのははじめてだと思います。
      ■         ■
 今回の第59回日本形成外科学会、
 2日目までで一番印象に残ったのが、
 シンポジウム12
 4月14日(木)13:00-14:30
 専門医取得後の形成外科人生
 司会
 吉村陽子(藤田保健衛生大学 形成外科)
 髙木誠司(福岡大学医学部 形成外科学教室)
 演者
専門医取得後の形成外科人生
 藤井海和子(がん・感染症センター 都立駒込病院 再建形成外科)
私の専門医取得後の形成外科人生一地方一般病院での26年~」
 木村 中(函館中央病院 形成外科)
基礎研究室でのPhDコース海外ポスドク=7年間の経験
 野田和男(京都大学 医学部 形成外科)
解剖学教室での形成外科人生
 今西宣晶(慶應義塾大学医学部 解剖学教室)
私の海外医療支援活動の経験-世界の医療団スマイル作戦を通じて」
 山田信幸(やまだクリニック)
美容外科医のキャリアパス
 室 孝明(ヴェリテクリニック 福岡院)
専門医取得から乳房再建専門クリニックの町医者になるまでそしてこれから
 岩平佳子(医療法人社団 ブレストサージャリークリニック)

      ■         ■
 今までの日本形成外科学会にはなかった、
 新しい企画でした。
 とてもいい企画だと思いました。
 シンポジウムの最初に、
 司会の髙木誠司先生からお話しがありました。
 髙木先生は
 福岡大学医学部形成外科学准教授で、
 今回の日本形成外科学会総会事務局長です。
      ■         ■
 会長の大慈弥先生の右腕として、
 学会を取り仕切る立場の先生です。
 とても大変なお仕事です。
 この
 専門医取得後の形成外科人生は、
 髙木誠司先生の発案で企画されたそうです。
 各シンポジストの発表すべてが素晴らしいと思いました。
      ■         ■
 私は特に同じ北大形成外科同門の、
 函館中央病院形成外科の木村 中きむらちゅう先生の発表がよかったです。
 木村先生は、
 北大形成外科教授の山本有平先生と同期です。
 私から見て、
 お二人は仲良しの同期です。
 木村先生は、
 現在、北大形成外科で活躍中のたくさんの先生に、
 形成外科の基礎を教えました
      ■         ■
 他のシンポジストの先生のご発表もよかったです。
 人それぞれの形成外科医人生です。
 苦労も多いと感じました。
 共通しているのは、
 形成外科という診療科目が好きなことです。
 きずを治すプロとしての形成外科が好きな人の集まりです
 とても充実した3日間でした。
 大慈弥先生、髙木先生ありがとうございました。
20160415

投稿者 sapporobiyou : 19:03 | コメント (0)

2016年04月14日

第59回日本形成外科学会(福岡)③

 昨日の福岡は夕方に雨でした。
 学会場の福岡国際会議場には、
 たくさんのタクシーが並びました。
 お隣の福岡サンパレスホールでは、
 SUPER JUNIOR KYUHYUN JAPAN TOUR 2016
 …が開催されていてたくさんの女性が並んでいました。
 福岡は活気がある街です。
      ■         ■
 今回の第59回日本形成外科学会は、
 シンポジウムだけで21もあります。
 とても全部を聞くことはできません。
 そのほかに、
 昨年から専門医講習の受講があります。
 定員90人のランチョンセミナーから、
 定員1000人の講習会まで券を買わなくてはなりません。
      ■         ■
 昨日の専門医講習では、
 定員1000人の感染対策講習が、
 券が完売になってしまいました。
 私はもともと聞くつもりがなかったのですが、
 1日しか学会に出席できない先生で、
 この専門医講習を受講したかった先生は、
 残念そうに『完売でした
 …と話していらっしゃいました。
      ■         ■
 昨日聞いたシンポジウムの内容などは、
 また明日から書きたいと思います。
 院長日記を書く時間もあまりないくらい、
 朝から夕方まで学会があります。
 今日もしっかり勉強してきます。
 私も専門医講習の券を7枚希望したのに、
 今朝は3枚しか買えませんでした。
 専門医を維持するのも大変です
 1枚1000円です。
 早い先生は朝6:30から並んで講習会の券を買ったそうです。

投稿者 sapporobiyou : 17:11 | コメント (0)

2016年04月13日

第59回日本形成外科学会(福岡)②

 今日から第59回日本形成外科学会です。
 福岡はあたたかでいい天気です。
 天気予報では雨が降るようですが、
 朝の福岡は晴れています。 
 日本形成外科学会も大きくなりました。
 プログラム抄録集も厚くなりました。
      ■         ■
 今回の日本形成外科学会で一番驚いたのは、
 スマホアプリです。
 iPhoneでプログラムが読めます。
 AppleStoreでjsprs59を検索すると、
 黄色い画面の第59回日本形成外科学会が出てきます。
 これをダウンロードするだけです。
 実によくできています。
      ■         ■
 このアプリのいいところは、
 自分のスケジュールを設定できるところです。
 今回の学会では、
 会場が7つもあります。
 毎年プログラムを持って、
 あっちの会場から、
 こっちの会場とうろうろしながら聞いていました。
      ■         ■
 今年は、
 iPhoneだけでOKです。
 便利なことに、
 暗い会場で、
 明るい画面はとても読みやすいです。
 字も大きく拡大できます。
 これからの学会はこれになると思います。
      ■         ■
 大慈弥先生が次のように書かれています。
 形成外科・美容外科は、
 創造と革新を求め続ける特異な医学分野です
 次のBreakthroughは何でしょうか?
 歴史を踏まえ、今回の学術集会は、
 皆様と「Next Breakthrough」を探る機会にしたいと考えています。

 プログラムだけでもすごいBreakthroughです。
20160413

投稿者 sapporobiyou : 17:53 | コメント (0)

2016年04月12日

第59回日本形成外科学会(福岡)①

 明日から第59回日本形成外科学会です。
 昨年は京都でした
 今日は札幌から福岡までの移動日です。
 ANA290便で行きます。
 札幌(千歳)14:40発→福岡17:10着です。
 2時間半の空の旅です。
 乗り換えがないので楽です。
      ■         ■
 第59回日本形成外科学会の会長は、
 福岡大学医学部形成外科学講座教授の
 大慈弥裕之先生です。
 大慈弥先生は、
 私と同年代です。
 誕生日は一週間違いです。
 1954年9月15日生まれ。
 卒業年度も1980年で同じです。
      ■         ■
 同年代だから私がほめるわけではありませんが、
 日本形成外科学会会長はすごいです
 形成外科講座がある大学が増えました。
 有名大学の形成外科教授になっても、
 日本形成外科学会会長になれない先生もいます。
 それだけ大慈弥先生に実力があるという証拠です。
 福岡大学形成外科の初代教授で、
 名実ともに立派な形成外科教室を創られました。
      ■         ■
 大慈弥先生は、
 平成23年9月(2011年9月)に、
 第34回日本美容外科学会の会長も歴任されました。
 大慈弥先生が福岡大学形成外科HPに書かれたお言葉です。
 福岡市都市圏唯一の大学病院形成外科として、
 私どもは難易度の高い形成外科手術や再建外科手術を数多く手がけてきました。
 今後は、再建手術がさらに高度で洗練化されるだけでなく、
 創傷管理や抗加齢医療、美容医療の領域においても、
 形成外科が担う範囲がますます拡大することが予想されています。

 (福岡大学形成外科HPより引用
 明日からの学会を楽しみにしています。

投稿者 sapporobiyou : 13:32 | コメント (0)

2016年04月11日

「実験」の喜び

 平成28年4月10日(日)、朝日新聞朝刊、男のひといきです。
 「実験」の喜び
 60歳で定年になったとき、「よし、毎日の夕飯は俺が作っちゃおう」と決めた。フルタイムで働いている妻への感謝の気持ちも込めて、2年間実行してきた。
 まずはメニューを決め、買い物へ。そして夕方からいよいよ台所に立つ。レシピを何度も見ながら手順を確認し、頭をフル回転させながら作業を進める。この「レシピ通りに作っていく」という作業が、学生時代の理科の実験をしているようで、実に楽しい。
 例えばカレーの時、カレー粉にトマトを加えて赤くなった鍋の中に、白いヨーグルトを注ぐと金色に変化。いつも1人ニヤニヤしながら「実験成功!」と心の中で叫んでしまう。ピザを作る過程で、ただの白い粉が、魔法をかけたように生地になって、膨らんでいくのも感動ものだ。時には実験失敗もあるが、成功して妻や子どもたちから「おいしい」と言ってもらえると、最高の幸せを感じる。
 2年間の実験のおかげで、天ぷらやオーブン料理、肉まんもできるようになった。さらに実験を積み重ねて、今度は地域の同年齢の男性方に、この喜びを伝えていけたらいいなあ、と思う今日この頃である。
 (横浜市 篠田高史 無職 62歳)
 (以上、朝日新聞より引用)

      ■         ■
 今日4月11日(月)は新聞休刊日です。
 昨日の朝日新聞朝刊です。
 投稿者の篠田高史様は62歳で私と同年代です。
 フルタイムで働いている妻への
 感謝の気持ち♡も込めて、
 2年間実行してきた。
 すごいことです。
 篠田高史様を尊敬します。
      ■         ■
 実験の喜びは、
 お気持ちがよくわかります。
 私のアップルパイ
 失敗の連続でした。
 最近は奥さんから、
 北菓楼のアップルパイが美味しいと言われています。
 試しに一個買ってきてもらい、
 中を見てみました。
      ■         ■
 奥さんいわく、
 パイがさくさくしているのがいいとのことです。
 私も反論します。
 これは小さなりんごが入っている。
 アップルの量が違う。

 さくらんぼさんのりんごは、
 大きくて水分がたっぷり、
 僕のはリンゴが大きいから、
 リンゴの果汁で下のパイはしっとりになる。

      ■         ■
 奥さんに言われっぱなしでは残念なので、
 今度は、
 北菓楼のアップルパイにチャレンジです。
 私の定年はまだ決まってませんが、
 休日の楽しみに、
 ぼちぼちアップルパイを作ります。
 そのうち、
 男の料理教室にも行きます。

投稿者 sapporobiyou : 21:40 | コメント (0)

2016年04月10日

イオンの自転車屋さんに感謝

 私も奥さんも、
 自転車が好きです。
 古い自転車です。
 大切に乗っています。
 自転車屋さんのおじさんから買いました
      ■         ■
 自転車に乗りました2015
 2015年3月23日の院長日記です。
 昨年は3月23日が初乗りでした。
 今年は少し早く3月17日から乗りました。
 昨年は調子がよかったのに、
 今年は一晩で後輪の空気が抜けました。
      ■         ■
 私の自転車は、
 息子のおふるです。
 もうぼろぼろです。
 昨年と一昨年は、
 ぎこぎこいっていたので、
 油を差しました。
 ぎこぎこ言わなくなりました。
 快適に乗っていました。
      ■         ■
 琴似の自転車屋さんまで行くのは大変なので、
 イオン桑園店の自転車屋さんにお願いしました。
 夜遅くまで、
 若い職人さんが働いています。
 他店で買った自転車なのに、
 親切にみてくださいました。
 ありがたいことです。
      ■         ■
 私:もう古いから(修理は)無理でしょうか?
 イオンの若い職人さん:(ブリジストンの)いい自転車だから修理できますよ。 
 イオンの若い職人さん:修理して乗ってる方も多いですよ。

 ありがたかったです。
 上手に修理をしていただいて、
 新しいタイヤになって快適に走っています。
 昨日は奥さんの自転車が故障しました。
 変速レバーが効きませんでした。
      ■         ■
 奥さんの自転車も、
 イオンの自転車屋さんで修理をしていただきました。
 とっても軽くなった。
 よかった。
 修理費も2000円ちょっとだった。

 ありがたいことです。
 これでしばらく愛着がある自転車に乗れます。
 イオン桑園店の自転車屋さん、
 ありがとうございました。
 感謝しています。
shu

私は自転車が好きな少年でした

投稿者 sapporobiyou : 18:00 | コメント (0)

2016年04月09日

親父の人生に学ぶ②

 昨日は親父の火葬から一週間でした。
 仏教では、
 亡くなった日から数えて7日目に営む法要を初七日と呼びます。
 本間家は無宗教なので
 初七日も、
 四十九日もありません。
      ■         ■
 人が亡くなると、
 実にいろいろな手続きがあります。
 私たちは人が亡くなるまでのことはよく知ってます。
 おしっこの量(尿量)が減ってくるとまずい
 SPO2(えすぴーおーつー)が80を切るとまずい
 SPO2経皮的動脈血酸素飽和度
 (指につけて酸素の量を測定する装置です)

      ■         ■
 私は死亡届けを出して、
 火葬許可をもらうのを区役所に行ってしました。
 出生届けは24時間受け付けてくれるので、
 死亡届けも夜間でも大丈夫?と思っていました。
 ところが、
 死亡届けを出して、
 火葬許可をもらうのに時間がかかり、
 夜間はダメなことが行ってみてわかりました。
      ■         ■
 私にとっていい親父だったか?
 うーん。
 いい親父だったんだと思います。
 私が親父に感謝していることはいくつかあります。
 まず人生で役立っているのが、
 法律とか、
 契約書とか、
 裁判所とか、
 公証人とか、
 ふつうの人が知らない知識を自然と身につけてくれました。
       ■         ■
 これには理由があります。
 裁判所というところ
 2009年7月26日の院長日記に書いてあります。
 私の父は、
 私が子どもの頃に、
 自分の叔父と裁判をしていました
 土地の取得をめぐっての裁判でした。
 父親は薬剤師ですが、
 法律を知らないばかりに、
 土地をだまし取られたと…
 私が小学1年生の頃に、
 NHKの大学講座で、
 法律を勉強していました。
      ■         ■
 その父親の影響か?
 私は社会科の中では、
 政治経済が好きでした。
 地理、
 日本史、
 世界史、
 はまったくダメでしたが、
 政治経済だけは、
 札幌西高校でも、
 10段階評価の10でした。
      ■         ■
 私は理系クラスでしたが、
 10段階評価で10を取ったのは、
 現代国語政治経済だけでした。
 英語、
 数学、
 化学、
 生物、
 医学部の受験に必要な科目は…
 残念ながら10は取れませんでした。
 政治経済の担当は平野先生でした。
 物静かで温厚な先生でした。
 東大をご卒業と噂されていました。
      ■         ■
 政治経済が好きだった私でも、
 裁判所のことは知りませんでした。
 裁判が公開の法廷で行われることも、
 何となく知っていましたが、
 実際に行ったことはありませんでした。
 一民間人としては、
 できれば裁判所には行きたくないものです。
 昨年10月8日に、
 弁護士の高橋智先生の日記で教えていただき、
 はじめて医療裁判の傍聴に行きました。
      ■         ■
 裁判所というところは、
 実際に行ってみると、
 案外入りやすいところでした。
 事務的に、
 裁判を処理しているという印象でした。
 法廷は静かなところです。
 傍聴人は、
 椅子に座って黙って聞いています。
 (こう)とか
 (おつ)とか
 (へい)というような、
 あまり聞き慣れない日本語が出てきます。
      ■         ■
 裁判員制度ができて、
 裁判所も一般人を意識しています。
 ただ、
 携帯電話の写メは駄目だそうです。
 法廷内はもちろん、
 携帯は駄目だと思っていました。
 私が注意を受けたのは、
 一階の掲示板のところでした。
 裁判の予定表が、
 大学の学生用掲示板のように、
 紙にプリントされて貼ってありました。
      ■         ■
 法廷を間違えないように…
 写メに撮ろうとして注意されました。
 掲示板にコピーが貼ってあるので、
 部屋番号を忘れないように…
 撮っただけでしたが、
 裁判所内ではカメラは禁止と、
 衛視(ガードマンのような人)に言われました。
 よく見ると
 入口近くに撮影禁止と
 注意が書いてありました。
 
      ■         ■
 親父のおかげで、
 公証人とか、
 公正証書とか、
 不動産に関する知識も身につきました。
 札幌美容形成外科を開業する時に、
 不動産賃貸契約をしました。
 札幌公証人役場に行き、
 元札幌地裁所長の三上英昭先生に
 公正証書を作成していただきました。
      ■         ■
 コンタクトオフビルの建替えについて、
 大同生命と闘うことになりそうです。
 親父のおかげで、
 契約書はしっかり公正証書で作成してあります
 文書もしっかり保存してあります。
 裁判所と聞いても、
 堂々と公開の法廷で争うことに何の不安もありません。
 裁判になったら、
 ぜひ傍聴にいらしてください。
      ■         ■
 それにしても、
 帝国データーバンク
 もう少し私の院長日記を調査していたら、
 解決までに何年もかかるような
 ちっぽけな老朽化したビルを
 購入しなかったのだろうに~
 私はひそかに微笑んでいます。
      ■         ■
 大同生命の山田健さん、
 しっかりと丁寧に説明してください
 虎門中央法律事務所
 弁護士柴田征範さん、
 所長の今井和男さんが著書に書いた、
 テナントリスク】を解決してください
 札幌美容形成外科との退去交渉は、
 建物が老朽化しているから退去せよとの一点張りで、
 一方的かつ強硬であったことから、
 (札幌美容形成外科の)態度は、硬直化しています

20160409

裁判で苦労した親父、晩年は幸せでした

投稿者 sapporobiyou : 21:17 | コメント (0)

2016年04月08日

これからの乙武さん_小説家なら不幸ではない

 平成28年4月8日(金)朝日新聞朝刊の記事です。
 (寂聴_残された日々:11)
 これからの乙武さん_小説家なら不幸ではない
 今から17年前の初夏、乙武洋匡さんが後にも先にも一度だけ、京都の私の住み家、寂庵(じゃくあん)へ訪れてくれた。たしか乙武さん、23歳の時だった。早稲田の学生で、すでに「五体不満足」という本を出版して、本は売れに売れ、有名人になっていた。
 その乙武さんと私との対談を、雑誌「現代」が企画した。
 約束の時間通り、現代の長身の編集者が軽々、乙武さんを胸に抱き、門から入ってきた。玄関に入るなり、私の足元へ、軽い荷物を置くように、抱いてきた乙武さんをひょいと置いた。乙武さんは、その瞬間、私の目には、一個のぬいぐるみのように見えた。そのショックで、私はうろたえてしまった。本も読み、写真も見てはいたが、実際に両手、両足のないその人を目撃した瞬間の驚きは、予期以上のものであった。この体で生まれ、早稲田の学生になって、ベストセラーの本を出すまでの歳月、人のしないどれだけの苦労をしてきたかと思うだけで胸がいっぱいになった。
 対談が始まったら、乙武さんは、すがすがしい美形の顔を真っすぐあげ、私の顔を正面から見て、その清潔で深い瞳で私の目を見つめ、質問に即座に期待以上の答えをくれた。
 「障害は不便である。しかし、不幸ではない」
 と、「五体不満足」の本に書かれたヘレン・ケラーの言葉を、彼の口から、きっぱりと、じかに聞くと、その言葉の重みが、格別の感動を呼びおこすのであった。彼以上の苦しみに耐えて、ここまで爽やかな人間に育てあげた母なる人の、精神の強さと聡明(そうめい)さに、改めて感動した。
 *
 会ったのはその時だけだったが、その後の乙武さんの動きや噂(うわさ)を他人事(ひとごと)ならず注意していた。結婚したと聞いた時も、教育者になったと聞いた時も、子供が次々生まれたというニュースも、自分の肉親の慶事のように嬉(うれ)しかった。
 ずっと陰ながら好意を抱きつづけ、その幸福を祈っていた乙武さんが、突然、不倫の不行跡をあばかれ、週刊誌に書きたてられ、マスコミに非難されている。
 まさか夏の参院選に向け、自民党で立候補するなど思いもかけなかったが、さすがにそれは取りやめた。
 これから生きのびるには、小説家になるしかないのでは。小説家は不倫をしようが、色好みの札つきになろうが、その恥を書きちらして金を稼いでもどこからも文句は言われないよ。
 ◆作家で僧侶の瀬戸内寂聴さんによるエッセーです。原則、毎月第2金曜日に掲載します。
20160408
 

(以上、朝日新聞より引用)

      ■         ■
 うちの奥さんがTVの報道を見て怒っていました。
 がっかりした、
 残念だ、
 選挙はダメだわ。
 女の人は投票しないわ。

 お怒りはごもっともです。
 知り合いの女性も、
 がっかりしたと話していました。
      ■         ■
 私は2012年9月に開催された、
 第4回世界創傷治癒学会連合会議で、
 乙武洋匡(おとたけひろただ)さんの特別講演をお聴きしました。
 感動しました。
 とてもよいお話しでした。
 今回の報道を残念に思っています。
      ■         ■
 こんなことを院長日記に書くと、
 さくらんぼさんからも
 なっちゅんさんからも
 お叱りを受けることは覚悟の上です。
 男性としての正直な感想は、
 五体不満足でも
 あっちの方は不満足じゃなかったんだ。

      ■         ■
 この報道を見て、
 俺でもできるかも?
 俺でも大丈夫かも?
という、
 身体にハンディを持った男性がいると思います。
 女性にはわからないと思います。
 不倫は悪いことです。
 奥さんや子供さんがいるのにダメです。
      ■         ■
 米国大統領だって、
 不倫で大きく報道されたことがあります。
 女性の生理と同じで、
 男性には精液がたまってきます。
 たまってくると、
 放出したくなります。
 放出の仕方を誤ると、
 こんなことになります。
      ■         ■
 私は風俗には行きません
 でも世の中には風俗が好きな男もいます。
 風俗で働く女性もいます。
 風俗には、
 身体にハンディを持った男性も行くそうです。
 そんな男性にも、
 サービスを提供してくれるそうです。
      ■         ■
 私の札幌医大の先輩、
 故_渡辺淳一先生は
 不倫を題材にした小説も、
 たくさんの女性とお付き合いをしたことも、
 小説に書かれました。
 乙武さんには、
 瀬戸内寂聴さんのお言葉のように、
 また活躍していただきたいと願っています。
 青少年に勇気と夢を与えるような仕事をしてほしいです。
 ぜひ名誉挽回をお願いします。

投稿者 sapporobiyou : 21:55 | コメント (0)

2016年04月07日

医師個人が訴えられます

 昨日の院長日記、
 脂肪吸引の医療事故2016を、
 若い先生に是非読んでいただきたいです。
 なんちゃって美容外科医の先生、
 事故を起こしても、
 病院が賠償してくれるから大丈夫

 …なんて思わないでください。
      ■         ■
 佐賀県弁護士会の福島和代先生が書かれています。
 6 訴訟、美容外科の倒産
 美容外科を被告として訴訟を提起しましたが、
 訴訟継続中に、美容外科を経営していた医療法人が倒産してしまいました。
 このまま逃がしてはならんと思い
 担当医師を被告に追加して訴訟を継続し、
 担当医師から慰謝料を支払ってもらうことで和解しました。

      ■         ■
 安心の大手美容外科
 年俸2800万円で入職した若い先生、
 事故を起こしても、
 病院が賠償してくれるから大丈夫

 …だと思って、
 2年先輩の、
 なんちゃって美容外科医から指導されたように、
 脂肪吸引をして、
 もし脂肪塞栓で患者さんの呼吸が止まったら、
 医師個人としての責任を問われます
      ■         ■
 スキーバスの運転手さんが、
 事故を起こして、
 乗客が亡くなったら責任を問われるのと同じです。
 せっかく苦労して手に入れた医師免許証です。
 医療事故を起こして、
 裁判所に行くようなことはしないでください。
 どんなに謝ったところで、
 患者さんが亡くなったら、
 患者さんの親や家族は許してくれません。
      ■         ■
 自分が施術した美容医療で、
 患者さんが亡くなったり、
 失明したりすると、
 一生後悔します。
 年俸2800万円にひかれて、
 美容外科に入職したものの、
 こんなことしていいのか?
 …と悩むのが普通の心を持った医師です。
      ■         ■
 もし事故を起こしてしまったら、
 なんちゃって美容外科医でも、
 一生後悔します。
 苦労して仕送りをした親が悲しみます
 事故を起こしたということが、
 一生自分の身と心から離れなくなります。
 開院以来死亡事故ゼロ
 大きくHPに書いてあった美容外科から、
 開院以来死亡事故ゼロが消えました
 医師個人の責任は経済的にも精神的にも重いです

投稿者 sapporobiyou : 22:03 | コメント (0)

2016年04月06日

脂肪吸引の医療事故2016

 弁護士の高橋智先生から教えていただいた、
 医療事故情報センターニュースです。
 全国の医療機関や医育機関に購読していただきたい、
 とても有意義な情報が満載です
 今月号の記事をご紹介します。
 一年間でたった3240円です。
 これで不幸な医療事故が減ります
      ■         ■
 センターニュース
 2016年4月1日発行 N0.337(5)
 弁護士リレーエッセイ
 福島和代(佐賀県弁護士会)
 美容医療過誤事件について

1 はじめに
 私は55期で佐賀県弁護士会所属です。佐賀に登録して間もない頃、たまたま受けた医療過誤事件について相談させていただいたのをきっかけに、九州・山ロ医療問題研究会に登録させてもらいました。医療過誤事件で分らないことがあると医療研の先生方にいつも質問させて頂いております。医療研のみなさまには、いつも有益かつ的確なアドバイスをいただき、ありがとうございます。
2 美容医療トラブルの相談
 私は、医療研佐賀支部所属ということで、傷病等をきっかけにした医療過誤事件も受けますが、その他にも、消費生活センター等で、美容医療トラブルの相談を受けることがあります。美容医療に関する被害は、医療過誤というより消費者被害に近い側面があり、やってみてびっくりするようなことが沢山ありました。私が過去に受任した脂肪吸引の医療過誤事件についてご報告させて頂きます。
3 被害者のきっかけ、勧誘
 本件の被害者は、友人と一緒に女性雑誌の広告を見て、この美容外科に電話をしたのが事件のきっかけでした。広告では、脂肪吸引手術の施術前の太った写真、施術後のマネキンのように痩せた写真が並べられていたそうです。被害者は来院して医師から無料カウンセリングを受けたものの、それは、太腿を指して「この辺が痩せられる」等の説明で、脂肪吸引手術の危険性についての説明はなく、手術から3日でデスクワークには戻れると言われたそうです。
 医師のカウンセリングの後にはカウンセラーと称する女性スタッフ(看護師、臨床心理土等の資格職ではない、受付の人)から、さらに勧誘を受け続け、腕のよい医師、最新の設備、アフターフォローは万全との説明を受けて、被害者は脂肪吸引手術を受ける契約をしました。代金は90万円以上しましたが、美容外科にはクレジット契約書も用意してあり、その場でクレジットの申込も出来ました。
4 脂肪吸引手術とその後
 被害者は、午前10時から午後5時くらいまで、約7時間かかって脂肪吸引手術を受け(複数の患者の手術を同時に行っていたようです。)、終わった後には手術と硬膜外麻酔の影響で痛みと吐き気がありました。しかし、その美容外科は外来診療のみで入院設備がなく、診療時間が終わると病院にも居られず、被害者は、友人の運転で、途中で嘔吐しながら帰宅しました。
 脂肪吸引手術後は、両脚全体に浮腫が起こり、1ヶ月位は靴もまともに履けませんでした。浮腫のために膝は3ヶ月くらい曲がらなかったそうです。
 本件の被害者は、脂肪吸引手術の後に起こる浮腫以外に、吸引手術後の処置がまずく、固定していたテープが皮膚に直接貼られていて、そこがラテックスアレルギーを起し、さらに炎症して感染症を起し、化膿して、皮膚が剥がれてしまいました。
 被害者が電話で相談しても、その美容外科は、被害者に来院を指示せず、診察もせずに、抗生物質と軟膏を郵送しました。医師の検診は手術の1週間後でした。検診までの間は、自分で施術箇所を消毒するのですが、患者が自分で感染症の管理をするのは難しいと思います。 1週間後の検診で、普通の医療機関に転院するように勧めてくれればよかったのですが、医師は、抜糸して、抗生物質と軟膏を処方し、3週間後の来院を指示しました。次の受診までの間も、自分で消毒しなければなりません。 しかし、傷口はどんどん広がり、深くなり、潰瘍になって、膿がとめどなく出て、褥創のようになり、被害者は微熱が続きました。
 被害者は電話で相談しましたが、来院の指示も、転院の指示もありませんでした。3週間後の受診で、被害者はMRSAに感染していることが分りましたが、次の受診はさらに1ヶ月後で、その間、自分で消毒して、薬を塗り続けました。
 脂肪吸引手術から2ヶ月後、被害者の左右の太腿の大きさが異なっていること、潰瘍がひどくなり、褥創みたいになっていることを訴えました。結局、時間の経過とともに傷口が大きな痕になってしまったので、目立たないようにする治療を受けましたが、あまり効果はありませんでした。アフターフォローは万全という説明でしたが、美容医療で実際に事故が起きてしまうと、なす術がないのだと思います。
5 受任、協力医師への相談
 私は被害者から相談を受け、本件を受任し、協力してくださる医師に相談に行きました。2名の医師に、それぞれ別の機会に相談に行きましたが、どちらの医師も普通の内科・医師で、被害自体にあきれられてしまいました。こんなの医療じゃないと半ばお怒りで、「この診療経過のどの辺が問題でしょうか?」という私のとんちんかんな質問に対して、「そもそも脂肪吸引なんてすることがおかしい、脂肪って、ゆらゆら浮いているものじゃないんだよ、筋肉と皮膚の間に脂肪があって、がっちり組織が繋がっているのに、脂肪吸引なんかしたら、中の組織は、皮膚と筋肉の間が離れちゃって、ぐちゃぐちゃになってしまうんだよ!]と、脂肪吸引がいかに危険か力説されてしまいました。また、「これで90万も取るの!」と、私が事案を説明すればするほど憤りが高まられ、普通の内科医師からすると、脂肪吸引をする医者も、受ける患者も、どっちも理解できないという感じでした。私としては感染症になったことについて何か意見をもらえればと思ったのですが、医師から意見書をもらうような事案ではないと判断し、訴訟提起をしました。
6 訴訟、美容外科の倒産
 美容外科を被告として訴訟を提起しましたが、訴訟継続中に、美容外科を経営していた医療法人が倒産してしまいました。 このまま逃がしてはならんと思い、担当医師を被告に追加して訴訟を継続し、担当医師から慰謝料を支払ってもらうことで和解しました。
7 事件を終えて
 被害の程度からすると、本件の慰謝料は低かったように思います。しかし、美容医療の場合、後遺障害の等級でいうと低めに出てしまうため、なかなか損害額の認定が高額になりません。
 私が事件を担当して思うのは、美容医療過誤の被害は作られている面があるということです。非常に危険でも、その説明を十分に行わずに、脂肪吸引等の美容医療の広告、勧誘が行われているケースを見ます。普通の医師の常識的な立場から、きちんと危険性の説明を受ければ、脂肪吸引などの美容整形手術を受ける人はかなり少ないのではないでしょうか?
 また、実際に被害に遭っても、後ろめたさ、恥ずかしさで外部に相談できず、被害を受けた美容外科の医師に頼ってしまい、他の医療機関に繋がらないケースも多いと感じます。まして弁護士に相談されない方も多いでしょうし、相談を受けても受任にまで至らない方は多いです。本件では、被害に遭ってもその美容外科に通い続け、弁護士に相談した時には、被害から相当の時間が経過していました。なんとか解決まで辿り着きましたが、被害者が被害を受けた美容外科に通い続け、囲い込まれてそのまま泣き寝入りのパターンは相当あるのではないかと思います。正確な情報を発信して被害を減らす取組が必要だと感じました。
(以上、センターニュースから引用)

      ■         ■
 同業者として残念な事件です。
 この医療事故情報センターニュースで掲載されなければ、
 美容外科に従事する医師に知られることもなかったと思います。
 私の正直な感想は、
 被害者の女性が、
 【死ななくてよかった
 【生きていてよかった
 です。
      ■         ■
 脂肪吸引のトラブル
 2007年5月15日の院長日記です。
 PRSという米国形成外科学会雑誌に掲載された学術論文です
 大手美容外科(倒産しました)で起こった事故です
 感染症で命を落とす寸前でした。
 救ってくださったのは、
 北大形成外科の先輩です。
 現在は武蔵野赤十字病院形成外科にいらっしゃる、
 梅田整(うめだただし)先生です。
      ■         ■
 弁護士の福島和代先生が書かれているように、
 脂肪吸引手術の危険性についての説明はなく
 手術から3日でデスクワークには戻れる
 医師のカウンセリングの後には
 カウンセラーと称する女性スタッフ
 (看護師、臨床心理土等の資格職ではない、受付の人)から、
 さらに勧誘を受け続け
 腕のよい医師、最新の設備、アフターフォローは万全との説明を受けて、
 被害者は脂肪吸引手術を受ける契約をしました

      ■         ■
 こんな美容外科は日本中にたくさんあります
 厚生労働省も、
 消費者庁も、
 マスコミも、
 積極的に摘発しようとはしていません。
 私が昨年4月に京都で開催された第58回日本形成外科学会で
 厚生労働省、医政局総務課医療安全推進室長
 厚生労働省医療安全推進官
 大坪寛子先生に質問しました。
 残念なことですが、
 派手なCMでだまされる女性は現在でもいます。
 不幸な事故が無くなる日が来ることを祈っています。
 この問題を書いてくださった、
 佐賀県弁護士会の福島和代先生に感謝いたします。

Plastic and Reconstructive Surgery,Vol.106p204,2000より引用

投稿者 sapporobiyou : 11:34 | コメント (0)

2016年04月04日

目の手術は眠る麻酔を避けてください

 他院で全切開の手術を、
 あんしん麻酔で受けたという患者さんの修正手術をすることがあります。
 目の手術は難しいです。
 私が手術をしても、
 左右差が残ることがあります
 再手術になることもあります
 できるだけ満足していただけるように、
 日々努力しています。
      ■         ■
 他院で【全切開】をすすめられる患者さんには、
 眼瞼下垂症の人がかなりの割合でいます
 眼瞼下垂症の人は、
 単純に【切って縫う】だけの手術では、
 目が開くようになりません。
 きれいな二重にもなりません。
 睫毛の根元が見えるような目にもなりません。
      ■         ■
 眼瞼下垂症という言葉を出すと、
 おりこうな患者さんはネットで検索して、
 札幌美容形成外科のような保険が使えるクリニックに逃げてしまいます
 ですから、
 大手美容外科では【眼瞼下垂症】だとわかっても、
 がんけんかすいも言わないところがあります。
 眼瞼下垂症手術は切る手術です。
 『切る手術』がこわいという患者さんには、
 オプションであんしん麻酔をつけます。
      ■         ■
 看護師さんが、
 1、2、3と数えてと言ったら、
 眠ってしまいました。
 目が覚めかけると先生が縫っていました。
 こんな患者さんが来院されます。
 【全切開】でできた二重を、
 手術中に確認することもなく、
 あとは抜糸でおしまいです。
      ■         ■
 手術直後に見た時から、
 左右差があったそうです。
 手術中に確認しないなんちゃっての若い先生は、
 そのうち気にならなくなります
 『時間がたてば気にならなくなります
 
 …しか言えません。
 左右差ができた原因がわからないのです。
      ■         ■
 実は、
 もともと挙筋機能の差があったのです。
 私たち経験を積んだ形成外科医は、
 手術中に目を開いてもらって、
 挙筋腱膜の微調整をします。
 これは意識があって、
 目を開くことができなければできません。
 オプションのあんしん麻酔で眠っていては、
 この微調整ができません。
 目の手術ではオプションのあんしん麻酔はつけないでください。
 麻酔だけで5万円もするらしいです。
 札幌美容形成外科では5万円で眼瞼下垂症手術が受けられます。
 TVのCMにだまされないでください
 

20140125札幌美容形成外科の眼瞼下垂手術

投稿者 sapporobiyou : 14:09 | コメント (0)

2016年04月03日

親父の人生に学ぶ①

 私の父にお悔やみのお言葉をいただきありがとうございました
 いい人生だったと思います。
 大正15年生まれの男性は、
 第二次世界大戦でたくさんの方が命をなくしました。
 うちの親父は徴兵されるのが嫌で、
 札幌工業高校木材工芸科から、
 東北薬学専門学校に進学しました
      ■         ■
 戦争が無ければ、
 家具職人にでもなっていたのでしょうか?
 札幌工業高校の卒業制作では、
 茶箪笥ちゃだんす(今の食器棚)を制作したそうです。
 私が子供の頃には、
 家に親父が作ったという茶箪笥がありました。
 薬剤師を選んだのは、 
 父親の姉が薬剤師になったことも影響していると思います。
      ■         ■
 私が医師になったのは、
 小さい頃から周囲にお医者さんの家族が多かったこと
 父親が病院勤務をしていたことも影響しています。
 でも、
 小さい頃の私は注射が大嫌い。
 血を見るのはこわく、
 死とか、
 お墓とかは、
 背筋がぞっとしていました
      ■         ■
 それが今では、
 毎日注射をして、
 毎日血を見て、
 親父の火葬場では、
 折れた大腿骨の部位や、
 骨折の固定に使った金属を親戚に説明しました。
 子供の頃からは想像もできませんでした。
      ■         ■
 親父の90年の人生は、
 いい人生だったと思います。
 薬剤師は定年を過ぎてからもやっていました。
 私の記憶が正しければ、
 80歳を過ぎてからも、
 調剤薬局のピンチヒッターとして、
 北見まで出張していたこともありました。
 親父は薬剤師が好きでした。
      ■         ■
 下の写真は、
 定年後に働かせていただいた病院です。
 薬局の本間先生は、
 病院の職員から頼りにされていたようです。
 昔の人なので、
 若い薬剤師さんができないことも、
 ひょひょいとやっていたようです。
      ■         ■
 内科の先生から、
 肝臓に注射する、
 無水エタノールを滅菌してほしいと頼まれた。
 作ったらたいした喜ばれた(北海道弁でとてもよろこばれたの意)。

 私が想像するに、
 製品として滅菌された無水エタノールが販売される前のことだと思います。
 肝臓癌にエタノールを注射して治療する方法です。
 私が学生の頃にはありませんでした。
 昔の知恵が生きたのだと思います。
      ■         ■
 今年1月に市立札幌病院に入院させていただいた時に、
 看護師さんから、
 今日の治療薬という本をお借りして、
 病室で読んでいたのには驚きました。
 眼鏡なしで、
 小さな字を読んでいました。
 私も親父を見習って、
 70歳を過ぎても、
 診療を続けたいと思います。
 親父がお世話になったみなさま、
 ほんとうにありがとうございました。 
20160403

一番うれしそうな写真です
故人に免じて無断で掲載させていただくことをお許しください

投稿者 sapporobiyou : 17:39 | コメント (0)

2016年04月02日

平成28年診療報酬改定_腋窩多汗症注射

 平成28年4月1日から、
 重度原発性腋窩多汗症の注射実施料が新設されました
 【注射実施料】
 G017_腋窩多汗症注射(片側につき)200点
 2012年11月に保険適応になってから、
 ずっと
 G000_皮内、皮下及び筋肉内注射(一回につき)18点
 18点だったのが200点になりました。
      ■         ■
 多汗症ボトックス注射料180円で苦労していました。
 わき汗ボトックス注射をはじめてから、
 医療法人札幌美容形成外科は
 赤字決算
 になりました。
 役員報酬引下
 …でようやく黒字決算になりました。
      ■         ■
 両側で180円だったのが、
 両側で4000円になりました。
 それじゃぁ~
 先生4000円も値上げになっちゃうの?

 ご心配はごもっともです。
 4,000円も上がりません。
 薬価というボトックスの価格が、
 87,536円から84,241円に下がりました。
 3,295円クスリ代が安くなりました
      ■         ■
 値上がり分は、
 【注射実施料】
 4,000円-180円=3,820円です。
 値下げ分が、
 【薬価】
 87,536円-84,241円=3,295円
 【実質値上
 3,820円-3,295円=525円です。
 3割負担の方で160円
 1割負担の方で60円です。
      ■         ■ 
 申し訳ございませんが、
 4月からボトックスの注射料金が、
 160円増えています
 世界一高いボトックスの薬価や、
 ジェネリック品が増えると
 もっと安くできると思います。
 私は自己負担が1万円以内だったら、
 患者さんに優しい医療政策だと思います。
 みなさまのご理解をお願いいたします。
ボトックスの作用と仕組み

投稿者 sapporobiyou : 20:10 | コメント (0)

2016年04月01日

本間寛90歳_死去

 突然のお知らせで申し訳ございません。
 私の父、本間寛ほんまゆたかが、
 平成28年3月29日(火)午後0:49に亡くなりました。
 謹んでご報告申し上げます。
 葬儀は、
 家族葬で行いました。
 お知らせが遅れたことをお許しください。
      ■         ■
 【傷病経過】
・平成27年12月26日 自宅で尻もちをついて受傷。
・平成28年1月4日 小規模多機能ホームほくおう花に入所させていただき、ケアマネの吉木さんに左大腿骨の異常を見つけていただく。
・平成28年1月5日 中央区の整形外科病院で左大腿骨頚部骨折の診断。ワーファリン内服と腎機能低下で大きな病院でないと手術はできないと説明される。
・平成28年1月6日 市立札幌病院整形外科に転院(主治医:山中康裕先生)
・平成28年1月13日 市立札幌病院で手術をしていただき成功
・平成28年1月28日 イムス札幌内科リハビリテーション病院に転院(主治医:副院長 西森博之先生)
・平成28年3月4日 満90歳の誕生日を元気で迎える。病院からいただいた誕生祝いのケーキを美味しいと食べる。
・平成28年3月24日 下痢で低K血症になった後に間質性肺炎を発症(原因不明)
・平成28年3月29日午後0:49、90年の生涯を閉じる(次男、本間由文、本間瑞子が付き添う)本間賢一はiPhoneのFaceTimeで札幌美容形成外科から直前まで話しかける。
 本間瑞子が『じいちゃんがんばりなさい』というのを私が『もうそんなにがんばらなくてもいいよ』とFaceTimeで話しかけたところ3回息をして呼吸停止となった。幸せな最期でした。
 イムス札幌内科リハビリテーション病院副院長の西森博之先生には、最後まで懸命な治療をしていただきました。心から感謝しています。お世話になった2病棟のみなさん、リハビリの先生ありがとうございました。大腿骨頚部骨折の手術後1ヶ月で100mも歩けたとよろこんでいました。
      ■         ■
 葬儀はやわらぎ北円山別邸で行いました。
 お坊さんも牧師さんもいない無宗教です。
 お経の代わりに孫4人がおじいちゃんにお別れの言葉を述べました。
 故人の人生をセピア色のアルバムから写真を取り出してDVDで流しました
 わがままな葬儀をお引き受けくださった
 やわらぎ北円山別邸の皆様、
 司会の鈴木様に心から御礼を申し上げます。
 いいお葬式でした。
 じいちゃんは天国で喜んでいると思います。
20160401-1
20160401-2
20160401-3
20160401-4

投稿者 sapporobiyou : 21:30 | コメント (0)