« 2016年05月 | メイン | 2016年07月 »

2016年06月30日

2016年前半を振り返る

 今日は2016年6月30日です。
 今年が半分終わりました。
 激動の2016年前半です。
 正月から父親が入院して手術
 無事に手術が終わり
 元気に90歳の誕生日を迎えたと思っていたら
 間質性肺炎になり、
 一週間であっという間に天国へ旅立ちました
      ■         ■
 やれやれと思う間もなく、
 大同生命から
 建物明け渡し訴訟で被告にされました
 こちらは、
 弁護士の高橋智先生が、
 穏便に調停を申し立てたのに
 調停には応じませんでした。
 相手方は訴状で、
 賃貸人である原告を徒に誹謗中傷する記述を繰り返していると訴えてきました。
      ■         ■
 私は、
 48歳で札幌医大を追い出されました
 追い出されることには慣れています。
 訴えられて、
 準備書面でいろいろ書かれると、
 闘志がわいてくる人間です
 相手方は大企業。
 弁護士も複数です。
 疲れますが、
 根性だけはあります
 後世に残る記録を残します
      ■         ■
 HTBテレビが取材をしてくれ
 テレビの画面で自分の主張を語りました
 これだけでも満足です。
 昨日は、
 同級生が心配してくれて、
 私を食事に誘ってくれました。
 ありがたいことです。
 とても嬉しかったです。
      ■         ■
 患者さんからも、
 先生がんばってと言っていただいてます。
 さくらんぼさん
 なっちゅんさん
 他の皆様からも、
 たくさんの応援をいただいています。
 ほんとうにありがとうございます。
      ■         ■
 高橋智先生の
 Sammy'sダイアリーが役立ちます
 民事訴訟の大筋の流れをつかむ
 2013年11月22日のダイアリーです。
 訴状を受け取った被告は答弁書を作成して、期日前までに裁判所に提出をします。
 その後、答弁書に対して、原告側は反論します。その反論を書いた書面が準備書面です。そして、その準備書面に対して、被告側も反論の準備書面を記載します。
 双方の準備書面のやりとりは、争点を明確化するために行われます。相手方が認めたことは立証する必要がないわけで、立証が必要になるものは何かを絞り込むわけです。
 相手方から届いた準備書面の内容を見て、怒り出したり、裁判所がそう思っているのかと勘違いして動揺してしまう方もいらっしゃいますが、このような大きな流れを知っておくことが大切だと思います。

 2016年後半もがんばります

投稿者 sapporobiyou : 20:44 | コメント (0)

2016年06月29日

眼瞼下垂症手術2016

 私の仕事は手術です
 札幌美容形成外科を開業後12年になります。
 最近は、
 特に目の手術女性器の手術が多いです
 困っている人の役に立つ仕事はやりがいがあります
 患者さんから元気をいただくこともあります。
 大同生命には立退きを迫られていますが
 患者さんからは応援していただいています
 感謝です。
      ■         ■
 先生に手術をしていただいて
 お友だちにも

 とってもきれいになった
 …って言ってもらっています
 ありがとうございました
 患者さんに喜んでいただけるが、
 一番の生きがいです
      ■         ■
 経過が悪い患者さんもいらっしゃいます
 再手術になることもあります
 予想外の腫れが続くこともあります。
 手術後の経過も人それぞれです。
 毎日苦労して手術をしています。
 先日いらした方から、
 写真を掲載させていただくことをご了承いただきました。
 素敵なご婦人です。
 健康保険の眼瞼下垂症手術です。
20160629-pre
20160629-pre2
20160629-po1

手術前、手術デザイン、手術直後

20160629-po1w
一週間後

20160629-po3w
三週間後

20160629-po7m
半年後

投稿者 sapporobiyou : 15:36 | コメント (0)

2016年06月28日

ご声援ありがとうございます

 大同生命との裁判でストレスが多い毎日です
 2016年6月20日にHTB北海道テレビの番組、
 イチオシ!
 どう変わる札幌中心部再開発では、
 たくさんの方からご声援をいただいています。
 ほんとうにありがとうございます。
 疲れても元気が出ます。
      ■         ■
 患者さんからは
 先生、テレビ見ました
 ここが無くなると困るからがんばってください

 同級生や同業の先生からは、
 フェイスブックでたくさんのいいね!や、
 メッセージで励ましていただきました。
 私が人生の師と仰ぐ先生からは、
 自筆のお手紙をいただきました
 家内と感動して読ませていただきました。
      ■         ■
 ストレスは知らない間に身体に出るようです。
 先日、いつもお世話になっている歯医者さんに行きました。
 いつも担当してくださる歯科衛生士さんから、
 出血しているところがあります
 何か(ストレスでも)ありましたか?

 なるほど、
 歯にまで影響が出るのだと思いました。
 裁判は疲れます
      ■         ■
 弁護士の高橋智先生はすばらしい先生です
 私と違って、
 失礼ですが、
 癒し系の先生です。
 先生とお会いするとほっとします。
 それでも、
 裁判に提出する書類(準備書面といいます)を作成するため、
 たくさんの打ち合わせが必要です。
      ■         ■
 私は、
 全国の老朽化したビルで営業する中小企業のためにも、
 この裁判で司法の判断を仰ぎます。
 老朽化の一点張りで
 まじめに働いて、
 しっかり家賃を払っている店子を追い出せるのでしょうか?
 ブログで書いたことが、
 一方的な誹謗中傷になるのでしょうか?
 後世の役に立つような、
 歴史に残る裁判にしたいと思っています。
20160620

放送でこちらの主張を伝えてくださいました
HTBのみなさまに感謝しています

投稿者 sapporobiyou : 19:12 | コメント (0)

2016年06月26日

包茎手術トラブルの事例

 昨日の院長日記、
 包茎手術でトラブル続発_高額施術大量出血壊死
 朝日新聞が取り上げてくださった、
 国民生活センター
 平成28年6月23日付報道発表資料
 美容医療サービスにみる包茎手術の問題点です。
      ■         ■
 この資料をよく読んでみると、
 実にお気の毒な事例が載っていました。
 主な相談事例
【事例1】
広告では、7 万円~10 万円とのことだった。クリニックで10 万円くらいの手術を受けたい旨を伝えたところ、安い手術だと汚い仕上がりになると言われ、高い手術方法を勧められ総額約80 万円の契約で、即日手術となった。2 週間経つが術後の傷口がぱっくり割れてしまい、また、引きつれ感があり、陰茎部分が何も感じなくなってしまった。
(2014 年8 月受付、20 歳代、男性)
【事例2】
ネット広告のクリニックで包茎手術を利用。約150 万円の契約。診察中や手術中に高額な長茎、増大手術も勧められ受けたが手術部が痛む。患部が腫れ痛みがひどくなった。きちんと治療してほしい。
(2013 年2 月受付、30 歳代、男性)
【事例3】
インターネット上の広告だと痛みもなく5 万円から10 万円で手術が受けられるとあった。医院では、カウンセラーによる説明に終始し、医師からの説明はほとんどななく、リスク説明もなかった。約120 万円の契約。数日後の今も出血が止まらず、痛みも続く。
(2015 年10 月受付、30 歳代、男性)
【事例4】
ネット広告を見て出向いた。医師とは思えない男性から説明を受け、手術台に上がらされ、医師から手術費用が65 万円と言われた。また、「ヒアルロン酸を注射しないと包茎に戻る。15 万円のものは一生残る」と言われ、約200 万円の契約となった。痛みが引かず、泌尿器科を受診したら、一部が壊死していると言われた。
(2016 年2 月受付、20 歳代、男性)
【事例5】
ホームページで包茎手術6万円の広告を見て予約した。カウンセリングを受けて手術台に乗る直前に美容医療の施術について説明をされた。何のことかよくわからなかったが必要な手術だと思い従うしかなかった。約60万円の契約。
(2016年1月受付、20歳代、男性)
【事例6】
10 万円台でできるという雑誌広告を見て出向いた。効果が永久的に持続するヒアルロン酸を使った手術が必要とカウンセラーに言われたが、断ると、ローン会社を紹介すると言われ勝手に審査を通してしまった。約180 万円の契約。手術台の上で初めて医師と話し、手術開始直前に断りたいと申し出たが、医師が呼んだカウンセラーの男性に一喝された。
(2015 年1 月受付、50 歳代、男性)
【事例7】
ネットで10 万円位という広告を見て予約。白衣を着た男性が対応し、触診を受け、「カントン包茎で、他院では保険は適用されない。10 万円では形が良くならない。増大させるために中に残る物質を使う」と言われ金額の説明をされたので保険が適用された額と思って契約した。確認書には全て「ハイ」で答えるよう指示された。約300 万円の契約。
(2016 年3 月受付、20 歳代、男性)
 国民生活センター
 平成28年6月23日付報道発表資料
 美容医療サービスにみる包茎手術の問題点から引用。

      ■         ■
 きっと、
 みんな、
 真面目な男性ばかりだと思います。
 だれでも悩むものです。
 ちゃんとした手術を受けたら、
 問題なく治ります。
 金儲けしか考えていなクリニックがあります
 平日に行くと、
 重い扉が閉まっていて
 手術の日にしか開院しないクリニックはダメです

投稿者 sapporobiyou : 12:46 | コメント (0)

2016年06月25日

包茎手術でトラブル続発_高額施術・大量出血・壊死…

 平成28年6月24日、朝日新聞朝刊の記事です。
 包茎手術でトラブル続発_高額施術・大量出血・壊死…
 国民生活センターは2016年6月23日、包茎手術について、不安をあおられ高額な施術を強引に勧められたり、手術後に痛みが続いたりするなどの相談が相次いでいると注意を呼びかけた。
 全国の消費生活センターなどが受けた包茎手術に関する相談は2011年度から15年度の5年間で1092件あり、10~30代からの相談が大半を占める。
 相談内容として、広告で手術費用が5万~10万円と掲載されていたのに、病院で「安い手術だと汚い仕上がりになる」などと説明され、50万~100万円以上の高額な施術を勧められ、その日のうちに契約し、手術してしまった、といった例が目立つという。
 手術によって痛みや腫れのほか、大量に出血したり、組織が壊死(えし)したりしたという術後をめぐる相談もあった。センターは過去に手術を受けた150人にもアンケートし、約4割が施術後に何らかの不安や不満、不具合を感じていると回答した。
 センターは「医学上緊急性がない場合には即日施術は避けるべき」と強調。さらに、国の指針に反して広告で安さを前面に出したり、術前術後の写真を掲載したりする医療機関を選ばないよう勧めている。
 また、「悩んでいる時は泌尿器科か形成外科の診察を受け、医者がきちんと説明してくれたか、内容や金額に納得できたか、検討したうえで手術日を予約しましょう」との医師のコメントを紹介し、注意を促している。詳しい内容は、センターの公表資料(http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20160623_2.pdf)に掲載している。
 東京に本拠を置く医療問題弁護団の有志は2016年6月26日午前10時~午後3時、包茎手術被害の電話相談(03-6869-8452)を無料で受け付ける。
 (以上、朝日新聞より引用)

      ■         ■
 正直に懺悔ざんげします。
 私も前任のクリニックでは、
 高額な手術をしていました。
 包茎手術
 2007年1月16日の院長日記に書いてあります。
 自由診療の包茎手術が高い理由は、
 高い広告宣伝費です
      ■         ■
 スポーツ新聞のアダルト記事の下や、
 週刊誌の、
 アダルト記事の横に、
 よく
 包茎専門クリニックの宣伝が出ています
 宣伝に出ている
 5万円とか
 6万円とかではできません。
      ■         ■
 間違いだらけの包茎手術選び
 2015年3月9日の院長日記です。
 ネットで、
 包茎手術
 包茎手術+札幌
 包茎+札幌
 …と検索すると、
 たくさんのサイトがヒットします。
      ■         ■
 残念なことですが、
 私なら絶対に行かないクリニックばかりヒットします。
 失敗しないクリニック選びとか書いてあります。
 そこに書かれているクリニックに行くと、
 まず100%失敗します。
 HPに書かれている料金より高く取られます。
 ネットの医療情報、過信するな以上に要注意です。
      ■         ■
 高いクリニックへ誘導する、
 明らかな広告サイトです。
 泌尿器科で手術をしたけれど、
 仕上がりが不満なので再度、
 包茎専門クリニックで手術をやり直すというケースも多いです。

 …と書かれていますが、
 そんなことはありません。
      ■         ■
 包茎専門クリニックの多くは、
 常勤医がいません。
 手術の時だけアルバイト医を雇うとか、
 東京から日帰りで来て手術をして、
 手術が終わったらそのまま帰ります。
 抜糸がないと楽に思えますが、
 何かあっても対応してもらえません。
      ■         ■
 広告サイトに書かれている病院へ、
 平日行ってみるといいです。
 重い扉が閉まっていて、
 中には誰もいません。
 電話は東京などで一括して受電しています。
 泌尿器科で手術をしたけど不満うそです。
 泌尿器科の先生も上手です。
      ■         ■
 医師向けの求人広告で、
 包茎専門クリニックのアルバイト情報を見ることがあります。
 知り合いの泌尿器科医は、
 包茎専門クリニックの料金の高さに驚いていました。
 包茎手術の価格
 2008年1月7日の院長日記を読んでください。
 スポーツ新聞には包茎手術の広告が掲載されています。
 包茎手術○万円~
 ※軽微な仮性包茎に限ると小さな字で書かれています
 この○万円~の『~』が問題です。

 ネット検索にはくれぐれも注意してください
      ■         ■
 包茎を治したかったら、
 包茎専門クリニックではなく、
 泌尿器科のクリニックに行ってください。
 泌尿器科の先生は上手です。
 週刊誌や、
 スポーツ新聞に、
 よく宣伝を出してている男性だけのクリニックは止めてください。
 トラブルになっても、
 地元に先生がいないクリニックがたくさんあります。 
20160625

公表資料から引用

投稿者 sapporobiyou : 15:50 | コメント (0)

2016年06月24日

そら君の7歳の誕生日

 今日6月24日は、
 本間家の愛犬、
 そら君の誕生日です。
 そら』は雑種です
 2010年11月21日の院長日記に書いてあります。
 雑種でもかわいい犬です。
      ■         ■
 ポメラニアンと
 ミニチュアダックスの雑種です。
 どちらがお父さんで、
 お母さんかは、わかりません。
 うちの奥さんは…
 娘に…
 『あんた、雑種の犬を…』
 『お金出して買うなんて…』
 『ばかじゃないの…』
 …なんて言ってました。
      ■         ■
 私は、
 最初に見た時から気に入りました。
 生物学的にはF1(エフワン)と言います。
 雑種第一代とか一代雑種とも言われます。
 昔、生物で習ったあれです。
 両親の良いところだけ似ることがあります。
 古くから家畜や農作物の、
 品種改良に利用されてきました。
      ■         ■
 そらは、
 ミニチュアダックスの顔に似ています。
 大きな目が特徴です。
 脚は、
 ポメラニアンに似ています。
 ミニチュアダックスより少し長いです。
 胴は、
 ミニチュアダックスより短いです。
      ■         ■
 体重は2㎏ちょっとです。
 癒し犬(いやしけん)ですが、
 卑しい犬(いやしいけん)でもあります。
 油断すると何でも食べてしまいます。
 私は怖い飼い主なので、
 私がいると悪いことはしませんが、
 目を離すとティッシュでも食べます。
      ■         ■
 2011年7月には、
 入院し緊急開腹手術になりました
 そら君が入院した原因は、
 とり肉を包んでいたラップを食べてしまい…
 それが胃から十二指腸に詰まったからです。
 ラップを食べたのが…
 2011年7月24日(日)夕方。
 家内が気づいて取り出そうとしたのですが…
 『うぅ~』とうなって…
 家内の手をかじりそうになり、
 そのまま飲み込んでしまいました。
      ■         ■
 2011年7月25日は元気で餌も食べていましたが…
 2011年7月26日早朝から嘔吐していました。
 絶飲食で…
 かつら犬猫病院を受診して、
 バリウムによる造影検査。
 日中は混んでいたので…
 夕方から内視鏡で取り出していただきました。
      ■         ■
 残念なことに、
 胃にあったラップは取れたのですが、
 十二指腸に入ってしまった部分は取れず…
 そのまま開腹手術になりました。
 体重わずか2.5キロの犬に、
 点滴をして、
 気管内挿管をして、
 全身麻酔で手術になりました。
      ■         ■
 獣医さんは素晴らしいです。
 摘出されたラップを見せていただきました。
 とてもきれいに摘出されており、
 手術が上手なことがわかりました。
 そら君は、
 手術後にICU(あい・しー・ゆー)に入室、
 無事に回復して退院しました。
      ■         ■
 開腹手術をしたためか?
 今でもお腹が弱いです。
 飼い主の私に似ています。
 犬がいると…
 家に帰るのが楽しみです。
 お金出して雑種を買うなんて…
 …と言っていた家内も、
 気に入って世話をしています。
 雑種はいいとこ取り犬です。
 7歳になったので、
 餌はシニア用になりました。
 飼い主と同じです。
20160624

7歳のそら君です


2011年のそら君です
2歳でした

投稿者 sapporobiyou : 18:51 | コメント (0)

2016年06月23日

形成外科医のトレーニング

 昨日の院長日記、
 ぼったくり美容外科商法2016に書きました。
 モニター患者という名前の、
 若い先生の練習台があります。
 安い料金だと思ったら、
 
新人の先生の練習台だったということがあります。
 高い料金で、
 練習台になることすらあります。
      ■         ■
 全国に何十店舗もある、
 大手美容外科チェーン店
 卒後研修を終わった新人の先生を、
 あの手この手で求人しています
 お兄ちゃんみたいな先生が、
 埋没法を覚えるのは、
 モニター患者さんと呼ばれる、
 安い料金で練習台になってくれる患者さんです。
      ■         ■
 モニター患者さんには、
 こんにちは、
 僕、今日はじめて埋没法をする医師の○○です
 失敗するかもしれませんけど、
 ちゃんと指導医の先生がいるから大丈夫です。
 よろしくお願いします。

 こんなことは言いません。
      ■         ■
 お兄ちゃん先生の横に、
 ベテランの看護師さんがいて、
 使う器械の順番を、
 患者さんにわからないように指導するくらいです。
 お兄ちゃん先生の手が、 
 震えていることもあります。
 チェーン店のスタッフなら、
 絶対に練習台にはなりません。
      ■         ■
 それじゃ~先生、
 形成外科医は、
 どうやって手術の練習をするの

 もっともな疑問です。
 大学病院の形成外科や、
 臨床研修指定病院の形成外科でも、
 若い先生に手術を教えるのは大変です。
 教える方にもかなりのストレスがあります
      ■         ■
 医学教育と運転教習
 2008年9月8日の院長日記です。
 大きな病院で…
 手術や検査を受けるとします。
・あなたの検査は、新人の研修医が行います
・当院では、十分な初期研修を行っています
・万一、不測の事態が起こっても、ベテランの指導医が対処します
・研修医がこの検査を担当するのは、3回目です
・2回の検査では、問題はありませんでした
・ただ、指導医が15分で終わる検査に、1時間を要しました
・以上の説明を受け、検査に同意します
 なんて同意書に署名・捺印ができますか?
      ■         ■
 実際には、上記のような同意書なしに、
 眠らされて…
 ぼぉ~っとしているうちに、
 検査や手術が終了します。
 練習台になる患者さんも大変ですが、
 詐欺のような…
 指導医を続けるのも疲れます。
      ■         ■
 医学教育の現場では…
 2009年12月9日の院長日記です。
 ここに書きましたが、
 今も昔も、
 いいお医者さんを育てるのは大変です
 どんなに優秀な成績で、
 難関の国立大学医学部を卒業しても、
 医師免許を取っただけでは、
 何もできません。
      ■         ■
 卒業後に、
 いい指導医について、
 しっかり勉強することが大切です

 手術という技術だけではなく、
 ものの考え方や、
 患者さんへの接し方も学びます。
 チェーン店の美容外科と違うのは、
 促成栽培ではなく、
 しっかり基礎から教えるところです。
      ■         ■
 形成外科研修医が最初にする縫合は、
 採皮部や、
 皮弁採取部という、
 目立たない部位を、
 先輩についてもらって
 何度も縫う練習をします

 縫合練習キットという道具を使って、
 糸を結ぶ練習をすることもあります。
 決していきなり患者さんを縫うことはしません。
 給料が安くても、
 私は形成外科の基礎から学ぶ道をすすめます。

投稿者 sapporobiyou : 18:27 | コメント (0)

2016年06月22日

ぼったくり美容外科商法2016

 ここ数年で増えた相談です。
 同じような方が何人もいらっしゃいます。
 目の相談だったり
 性器の相談だったります
 札幌にある、
 大手チェーン店の美容外科です
 同業者として、
 とても残念なことです。
      ■         ■
 よくある相談内容です。
 他の美容外科に行ったところ、
 ホームページの料金より、
 2倍以上も高い見積もりでした。
 局所麻酔だけじゃ痛みがあるから、
 安心麻酔もしなくちゃいけないとか、
 サプリメントや、
 キズがきれいに治るという治療もすすめられて、
 料金が上がったようです。
 こちらではホームページの料金以外に、
 どれくらいかかりますか?

      ■         ■
 この他に、
 モニター価格で、
 安くしてもらいました。
 私の写真はモニターには載っていません。
 それどころか、
 キズが残ってしまって、
 とてもモニターになんてなれないんですぅ。
 治すことってできますかぁ?
      ■         ■
 残念なことですが、
 美容外科手術後に後遺障害が残ってしまって、
 札幌弁護士会の高橋智先生から、
 後遺障害診断書の作成を頼まれることもあります。
 もっとこわい、
 死亡事故もあります
 プチ整形まさか失明
 札幌市内でも事故は起きています。
      ■         ■
 実際にあった例です。
 大手美容外科に小陰唇縮小手術の相談に行きました。
 お兄ちゃん先生が診察をして
 カウンセラーのお姉さんが見積りをくれました
 お見積り
 ●小陰唇縮小手術(抜糸なし)○○万円(税別)
 ●副皮切除手術○○万円(税別)
 ●クリトリス包茎手術○○万円(税別)
 ●痛くない安心麻酔料金○万円(税別)
 ●傷がきれいに治るサプリメント料金○万円(税別)

 HPに書いてある価格の倍以上になっていました。
      ■         ■
 札幌美容形成外科では適応のある方には、
 追加料金なしで
 クリトリス包茎も 
 副皮切除もしています。

 一見安い料金に見せかけて…
 あなたのは重症だから…
 オプション追加料金○○万円
 …なんてところは絶対に避けてください
      ■         ■
 院長でも安心できない大手美容外科があります。
 モニター患者という名前の、
 若い先生の練習台があります。
 安い料金だと思ったら、
 
新人の先生の練習台だったということがあります。
 大切なのはクリニック選びですと書いてある大手美容外科には、
 院長が卒後6年目くらいの、
 お兄ちゃん先生のところがあります。
 お姉ちゃん先生のところもあります。
      ■         ■
 お兄ちゃん先生院長が、
 レディエッセで事故を起こして
 僕の患者さんを助けてくださいと救急病院で騒いだとい聞いたことがあります。
 院長でも安心できないのです
 しかも、
 事故を起こした後も、
 堂々とTVでCMに出ていました。
 私なら絶対にできません。
20160306-12koma

瞼板法
瞼板法の目です


消えかかっているライン


抜去した埋没の糸です

投稿者 sapporobiyou : 17:11 | コメント (0)

2016年06月21日

HTBテレビ放送の効果

 昨日のHTB北海道テレビの番組、
 イチオシ!
 どう変わる札幌中心部再開発では、
 たくさんの方からご声援をいただきました。
 あらためてこの院長日記で御礼を申し上げます。
 取材をしてくださったイチオシ!のみなさま、
 ほんとうにありがとうございました。
      ■         ■
 昨夜家内に言いました。
 裁判の結果がどうなっても、
 私の葬式でこのビデオを流すように
 私にとって、
 とてもありがたい放送でした。
 相手方の大同生命は、
 大同生命保険
 執行役員
 小川琢磨広報部長
が出演されました。
 お会いしたことはありません。
      ■         ■
 大同生命側はHTBの取材に対して、
 裁判に関しては係争中ということで、
 明確な回答は控えたいと
しました。
 番組のインタビューでは、
 基本的にはですね、
 争うと言っても、
 それはお互いに納得点が、
 話し合いの中ではなかったから
 ということでございますので、
 それぞれの、それを、
 第三者の司法という目で、
 きっちりと判じてもらえればなぁと思います。

 …と話していらっしゃいました。
      ■         ■
 私が院長日記で公開しているのは、
 患者さんへの説明義務です。
 半年で取り壊されるのでは、
 安心して治療が受けられません。
 もう一つは、
 老朽化しているというだけで
 簡単に立退きをさせられるのなら、
 日本中の老朽化したビルで営業をしている、
 自営業者にとってはとてつもない脅威だからです。
      ■         ■
 長年お世話になった大家さんではなく、
 巨大資本を持った生命保険会社が、
 自社の方針で急に建物を取得し、
 半年後に出て行けで立退きをさせられるなら、
 日本という国は終わりです。
 番組の中でも言いましたが、
 もっと早く言ってくれよ
 移転先がないんだよ
 困るよ
が本音です。
      ■         ■
 私がブログで書いて記録を残しているのは、
 こんな思いを次世代の人にさせたくないからです。
 保育園落ちた日本死ね
 のブログが国会で論じられる世の中です。
 私が院長日記で書いたことが、
 店子として不適格だとは考えていません。
 今回の報道で、
 たくさんの方からご声援をいただきました。
 心から御礼申し上げます。
 ビデオはこちらでご覧になれます

投稿者 sapporobiyou : 15:54 | コメント (0)

2016年06月19日

札幌中心部再開発2016

 札幌弁護士会の高橋智先生のご紹介でお会いした
 不動産鑑定士の先生は優秀な方です
 私の母親に聞いたら、
 若い時から優秀で、
 かなり早く独立なさったそうです。
 88歳のばあさんが、
 その先生のことをよく覚えていました。
      ■         ■
 札幌市中心部では、
 大同生命ビル以外にも、
 大きな再開発プロジェクトがいくつかあります。
 残念なことですが、
 順調に進んでいるのは2箇所だけで、
 他の再開発は進んでいないところがあります。
 点在する駐車場の間に、
 古い家屋がある地域もあります。
      ■         ■
 ほんとうに老朽化して、
 今にも倒れそうな家屋もあります。
 それでも、
 営業を続けているお店もあります。
 再開発事業というのは、
 大変なことです。
 建て直すほうは一日でも早く壊したいですし、
 営業をしているほうは一日でも長く残りたいです。
      ■         ■
 私の院長日記、
 大同生命のリスク
 Googleで検索すると上位にヒットします。
 私が一番怒っているのは、
 お正月明けに突然電話が来て
 建物が老朽化しているから退去せよとの一点張りです。
 急に出て行けと言われても、
 空室のあるビルがありません
      ■         ■
 多くの患者さんから、
 先生がんばって
 …とご声援をいただいています。
 明日(2016年6月20日月曜日)、
 18:15から、
 HTB北海道テレビの番組、
 イチオシ!で、
 どう変わる札幌中心部再開発が放送されます。
 私も取材を受けたので番組に出ます
 北海道内しか視聴できませんが、
 お時間がある方はぜひ番組を見てください。

投稿者 sapporobiyou : 18:08 | コメント (0)

2016年06月18日

母親の職歴

 昨日の院長日記、
 不動産鑑定士にお会いしましたに、
 さくらんぼさんからコメントをいただきました
 保険の仕事はお聞きした事がありましたが、
 不動産鑑定士でのコピーとりの仕事が役にたちましたね。

 そうなんです、
 日本でも有名な不動産鑑定士の先生が、
 開口一番に、
 お久しぶりです。
 お母さんお元気ですか

 と言っていただきました。
 ありがたいお言葉です。
      ■         ■
 私の母親は、
 40歳を過ぎてから、
 家計を助けるために、
 働いていました。
 今から考えると、
 私と弟の教育費が大変だったと思います
 本間家は先祖代々の資産があるような、
 裕福な家庭ではありません。
 サラリーマンの薬剤師でした。
      ■         ■
 私の学生時代
 2008年6月11日の院長日記です。
 私は1970年4月から札幌に住んでいます。
 その年に、札幌西高校へ入学しました。
 当時は大学区制で入学定員の3%程度までは、
 北海道のどこからでも札幌の高校へ進学できました。
 一番難しかったのが、
 札幌南高校
 昔は札幌一中(いっちゅう)と呼ばれていました。
 その次が、
 札幌北高校、昔の庁立高等女学校です。
 札幌西高校は、おおよそ3番目でした
 昔の札幌二中(にちゅう)でした。
      ■         ■
 私の父方の祖母が住んでいた、
 琴似八軒(後の西区八軒)から、
 一番通いやすかったのも選んだ理由の一つです。
 西高は自由な雰囲気が売りでした。
 自分の学力と相談して、
 札幌南は無理でした。
 無理のないところが札幌西でした。
      ■         ■
 大夕張に父親を一人残して、
 母親、私、弟の3人が札幌へ来ました。
 今から思えば、父親には悪いことをしました。
 父親は、月に1~2回、
 バスで札幌へ来ました。
 自家用車もありませんでした。
 バスの運賃が、片道1,080円程度だったと記憶してます。
      ■         ■
 お金がないので、
 母親は、八軒にあった森永製菓の工場へ、
 パートで働きに出ました。
 エンゼルパイというお菓子を作っていました。
 たまに、できそこないで廃棄処分にされるお菓子を、
 こっそり持って帰ってくれて、
 それを食べるのが楽しみでした。

 ところが、
 不況で森永製菓の工場をリストラされました。
      ■         ■
 母親の職歴は、
 森永製菓のお菓子工場のパート(不況でリストラ)→
 生命保険の外交員→
 財形貯蓄の勧誘員という、
 仕事をしながら、生活費を稼いでくれました。

 その後で働いたのが、
 公益社団法人北海道不動産鑑定士協会でした。
      ■         ■
 そこは、
 将来年金をもらえるように、
 …と言って働いていたように記憶しています。
 私たち息子2人が独立してからも、
 鑑定協会で働いていました。
 そこでたくさんの人脈を築きました。
 88歳になった今でも、
 ネットで株価を見ながら
 株取引をしているのは、
 その当時に教えていただいたからです。
      ■         ■
 定年があったかどうかわかりませんが、
 60歳頃まで鑑定協会で働いていました。
 そのおかげで、
 厚生年金がもらえるようになったと喜んでいました。
 父親が亡くなって、
 お一人様になりましたが、
 食べて行ける分くらいはあるようです。
 マンションで、
 私の院長日記を読んでいると思います

投稿者 sapporobiyou : 19:36 | コメント (0)

2016年06月16日

不審なメールに注意2016

 JTBへの不正アクセスで、
 最大で793万人分の個人情報が盗まれた可能性があります。
 とても他人事ではありません。
 医療機関には、
 JTB以上に大切な個人情報があります。
 大物政治家がガンになったなんてことが漏洩すると、
 世の中の流れが変わります。
 会社経営者の情報漏洩で、
 株価に影響することもあります。
      ■         ■
 美容形成外科にも、
 大切な個人情報があります。
 クリニックには、
 セコムの監視カメラを設置し、
 個人情報保護保険にも入っています
 それでも100%安心はできないので、
 私は服部医療システムサポート
 服部昌毅はっとりまさきさんにお願いしています。
      ■         ■
 札幌美容形成外科への相談や予約は、
 https://s-bi.comの、
 セキュリティーがついたページから送信していただくようになっています。
 同業の先生にお教えします。
 この、
 https://は、
 お金がかかります。
 セキュリティーのためです。
 メールにも十分に気をつけています。
      ■         ■
 私個人のアドレスに、
 次のメールが届きました。
 添付ファイルがついています。
 開いていませんが、
 間違いなくウイルスです
 日本郵便の、
 0157-59-5979
 に電話しても
 おかけになった電話番号は現在使われておりません
 の自動音声が流れます。
 気をつけてください。
      ■         ■
 [日本郵便] 集荷依頼申込み完了のお知らせ
 受付番号:S16062960303877
 この度は日本郵便のWeb集荷サービスをご利用頂きありがとうございます。
 上記の受付番号は、お問い合わせ・内容修正・申込取消の際に必要となります。
 このメールを保存または印刷していただくよう、よろしくお願いします。
 お申込み内容は以下のとおりです。
----------------------------------------------------------------
 電話番号:0157-59-5979 内線:
 集荷希望時間帯:15:00‐17:00
 商品:ゆうパック
 個数:1個
 送り状の用意:用意済み
----------------------------------------------------------------
 なお、このメールアドレスは送信専用となっております。
 本メールに返信されましても、ご質問等にお答えすることは出来かねますのでご了承ください。
〒------------------------------------------〒
 日本郵便株式会社
 〒100-8798 東京都千代田区霞ヶ関一丁目3‐2
 ゆうびんホームページ
 http://www.post.japanpost.jp/
〒------------------------------------------〒

投稿者 sapporobiyou : 18:35 | コメント (0)

2016年06月15日

さくらんぼをいただきました2016

 今年も山形のさくらんぼさんから、
 さくらんぼをいただきました。
 農繁期でお忙しい上に、
 ご両親の病院への往復と、
 ほんとうに毎日お疲れ様です。
 私の院長日記にコメントをいただき、
 ほんとうにありがとうございます。
 心から感謝しています。
      ■         ■
 今年は春先の低温で、
 山形の果樹園が被害を受けました。
 さくらんぼさんにお願いして、
 私もお世話になっている方に、
 毎年さくらんぼお送りしていたのですが、
 今年は数量不足でお送りすることができませんでした。
 こちらだけいただいて申し訳ございません。
      ■         ■
 2016年は札幌美容形成外科、試練の年です
 札幌地裁で裁判がはじまりました
 長くかかることも予想されます。
 札幌弁護士会の高橋智先生にお願いしているので、
 私は医療に専念します。
 札幌美容形成外科の診療を続けることが私の使命です。
 さくらんぼさんありがとうございます。 
 今までにいただいた記録です。
 2015年
 2014年
 2013年
 2012年
 2011年
 2010年
 2009年
 2008年
20160615

投稿者 sapporobiyou : 17:19 | コメント (0)

2016年06月14日

空室がありません2016

 平成28年6月14日、北海道新聞朝刊の記事です。
 オフィス空室率11カ月連続低下
 オフィス仲介の三幸エステート(東京)が6月13日発表した5月の札幌のオフィスビル平均空室率は、前月比0.46ポイント低下の5.59%だった。11カ月続けて前月より下がり、1994年1月の統計開始から最も低い状態が続いている。
 主要3地区別では、札幌駅南口は0.4ポイント低下の1.8%、北口は0.4ポイント低下の2.9%、大通は0.3ポイント低下の4.9%といずれも下がった。幅広い業種でオフィス需要が根強く、まとまった面積を確保できるビルは一段と減っている。3.3平方メートル当たりの募集賃料は前月より130円安い7754円だった。
 (以上、北海道新聞より引用)

      ■         ■
 札幌のビルが人気です。
 近くに建設中の富国生命と越山ビルディングの跡地は、
 竣工1年前から全館満室だそうです。
 特に札幌駅前通地下歩行空間チ・カ・ホ)に直結したビルが人気です
 2011年3月に開通してから、
 札幌の人の流れが変わりました。
 雨の日は濡れず
 雪の日は寒くなく
 晴れの日は日焼けしません。
      ■         ■
 大同生命との裁判ははじまったばかりです
 第一回口頭弁論が2016年5月30日でした
 次回は、
 2016年7月25日月曜日13:30からです。
 Googleで『大同生命+札幌』を検索すると、
 私の院長日記、
 大同生命のリスク
 …が相変わらず上位にヒットします。
      ■         ■
 私が入居するコンタクトオフビルからも、
 何店かのテナントさんが移転されました。
 裁判になっているのは、
 医療法人札幌美容形成外科だけです。
 階下の雪印パーラーさんも
 なかなか移転先が決まらないようです。
 理由は空き室がないからです。
 毎年いらしてくださる、
 脇汗ボトックスの患者さんから激励されています
 先生のところがなくなったら困る
 患者さんが困らないように、
 札幌弁護士会の高橋智先生ががんばってくださっています

投稿者 sapporobiyou : 18:27 | コメント (0)

2016年06月13日

皮膚腫瘍外科分野指導医更新2016

 専門医更新2015
 2015年1月9日の院長日記です。
 次の内容が昨年の院長日記です。
 私は日本形成外科学会と、
 日本熱傷学会の、
 専門医です。
 昔は認定医と呼ばれていました。
 国の方針で、
 どこの学会でも専門医になっています。
      ■         ■
 医師免許証は、
 一度取得してしまえば生涯有効です。
 大きな問題を起こして、
 医業停止処分でも受けない限り、
 免許停止になることはありません。
 私が知っている先生で、
 免許停止になったのは、
 悪質な脱税
 殺人、
 …などです。
      ■         ■
 前回の更新が2009年でした。
 専門医更新
 …という2009年1月8日の院長日記に書いてあります。
 今回から、
 専門医更新が6年毎になりました。
 書式も変わりました。
 診療実績記録という様式4が変更になっています。
 この様式4が面倒です。
      ■         ■
 診療を行った施設名・所在地、
 勤務の態様(常勤か非常勤か?)
 外来担当日数、
 1日の患者数(平均)、
 手術件数(月平均)、
 レーザー治療(月平均)、
 創傷処置・褥瘡処置など(月平均)、
      ■         ■
 私のように、
 開業して一箇所のクリニックであれば比較的楽です。
 大学の先生のように、
 6年間に何回か転勤して、
 複数のクリニックでアルバイトをしていたとなると、
 よほど詳しく記録をつけていないと、
 正確に記載するのは難しいと思います。
 若い先生は、
 専門医更新のことも考えて、
 自分でデーターベースを作っておく必要があると思います。

      ■         ■
 今年は、
 日本形成外科学会特定分野指導医制度
 皮膚腫瘍外科分野指導医
の更新年です。
 長い名前の指導医です。
 2011年に取得した、
 日本形成外科学会特定領域指導専門医
 皮膚腫瘍外科指導専門医

 今年のは、
 皮膚腫瘍外科分野指導医
 分野の2文字が入っています。
      ■         ■
 2016年6月30日必着で、
 書類を送らなくてはなりません。
 いつもは、
 余裕で書類を作成する私ですが、
 今年は4月から忙しく、
 ようやく昨日から取りかかりました。
 面倒なのが、
 診療実績報告書です。
      ■         ■
 学会からの通知によると、
 分野指導医資格取得後に関わった症例の、
 【件数】を記載して報告となっています。
 (手術したもの以外も含む)
 手術件数なら比較的簡単に抽出できます。
 皮膚腫瘍の患者さんに、
 関わった症例数となると抽出が難しいです。
 若い先生への助言です。
 専門医更新のために、
 自分が関わった症例のデーターベースを、
 必ず作成されることをおすすめします。
20160613-1
20160613-2

専門医の維持も大変です

投稿者 sapporobiyou : 19:03 | コメント (0)

2016年06月12日

「プチ整形」まさか失明

 平成28年6月12日、朝日新聞朝刊の記事です。
 プチ整形まさか失明「鼻を高く」未承認剤の注射後
 注射だけで気軽にできる「プチ整形」の一部で、失明や皮膚の壊死(えし)といった重篤なトラブルが起きている。専門医によると、鼻を高くすることなどに使う充塡(じゅうてん)剤(フィラー)が原因だという。詳しい調査はされておらず、現在も使っているクリニックは少なくない。
 近畿地方の大学病院に2014年、体のふらつきと右目の異常を訴える20代の女性が運び込まれた。翌日、目は光を感じなくなり、右眉から鼻にかけて皮膚が壊死した。女性は鼻を高くするため、美容クリニックで鼻の付け根の骨膜付近にフィラーを注射された直後だった。
 検査の結果、フィラーが血管に入って周辺の血流を止めたことが原因と判明。女性は約2週間入院し、ステロイド剤を使って炎症を抑える治療を受けた。だが右目の視力は失われ、顔には大きな傷が残った。
 女性に使われたフィラーは、歯の主成分と同じハイドロキシアパタイトの微細な粒を含んだジェル状の注入剤。国内では未承認だが、顔の整形で一般的に使われているヒアルロン酸より矯正した形が長持ちしやすいとして、数年前から使われ始めた。
 美容医療の事故情報に詳しい日本形成外科学会理事長で大阪大医学部の細川亙教授によると、この製品による事故は関東や北海道の病院で報告されている。
 ハイドロキシアパタイトは分解することが難しく、術後に血管を圧迫するなどのトラブルが起きると処置は非常に困難だという。ヒアルロン酸でも同様の事故は起こりうるが、薬剤注射で分解できる。
 視力障害、皮膚の壊死は多くの基幹病院が経験しているという医師の一人は「被害者は事前に危険性について説明を受けていなかった。自分が治療した人を含め、多くはクリニックとの間で示談になっているため問題が知られないできている」と話す。
 この製品は米国など海外では、ほうれい線などのしわを目立たなくするための医薬品として承認を受けている。国内の輸入代理店の担当者は「事故については把握しており医師には説明している。医師の技量の問題だ」と話す。
 美容クリニック側の対応は分かれる。札幌市のクリニック院長はこの製品を使った隆鼻法を「安全が保てないと判断し、昨年秋にやめた」と話す。一方、大阪市内のクリニックはウェブサイトで「メイク感覚」などと宣伝し、危険性には触れていないところも多い。
 フィラーを使った美容整形は、しわの治療や顔輪郭の矯正など幅広い。皮膚を切ることなく矯正部分に注射するだけで済み、気軽さから「プチ整形」と呼ばれる。しかし、「統計がない」(厚生労働省)ことから実態は不明。使用は広がっているとみられているが、国はトラブルについて注意喚起をしていない。
 細川教授は「プチ整形は簡単に受けられるから安全だと思っている人が多い。だが、事故が起きた際の危険は、整形手術より大きいこともあると認識してほしい」と話す。
事故情報、共有されず
 「論文などで事故が報告されているのに野放しなのは美容医療ならではだ」。フィラーが原因の皮膚壊死を治療したことがある関東地方の形成外科医は嘆く。
 美容外科などの美容医療は、医師法で医療行為として定められている。だが、病気が原因ではない場合、健康保険は使えない自由診療となるのが一般的だ。
 保険診療は、厳しい審査を受け、認可された手術や薬剤に限定されている。これに対し、美容医療で使われている薬剤の多くは未承認だ。過去には海外製のフィラーから猛毒のヒ素が検出されたこともある。
 患者の安全のためには事故や合併症の情報共有が不可欠だが、美容医療の関連学会は出身科で二分されたままの状態が続く。統一的な対策を取るのが難しいのが実情だ。
 日本美容外科学会(JSAPS)の百束比古(ひゃくそくひこ)理事長は「営利追求になっていることや、形成外科の知識がない医師が参入していることが、問題を深刻にしている。医師教育を高める取り組みはしているが、改善には時間がかかる」と話す。
 厚労省医療安全推進室は「現行の事故情報の収集制度では、小規模クリニックが多い美容医療の情報はなかなか入ってこない」という。消費者事故を担当する消費者庁消費者安全課も「こちらで医療機関のリスクを把握するのは困難。施術を希望する際は担当医師の経歴や専門を確認してほしい」と話している。(重政紀元)
20160612
20160612-2

(以上、朝日新聞より引用)

      ■         ■
 私が昨年9月から、
 声を大にして言っていた、
 レディエッセによる失明事故です
 朝日新聞が、
 慎重に調査をして、
 記事にしてくださいました。
 本文中にある、
 札幌市のクリニック院長
 この製品を使った隆鼻法を
 「安全が保てないと判断し、昨年秋にやめた」と話す。

 …は私のことです。
      ■         ■
 レディエッセを中止しました2015
 2015年9月3日の院長日記です。
 日本形成外科学会理事長の、
 細川亙(ほそかわこう)先生が、
 美容医療で悲惨な結果が出ていることを周知するために、
 闇に葬られてしまいそうな事例を拾い上げて、
 形成外科の学術専門誌で取り上げました
      ■         ■
 日本形成外科学会誌ではなく、
 克誠堂出版の形成外科
 に掲載したのは、 
 形成外科学会員以外の、
 美容外科医にも読んでもらいたいからだと思います。
 残念なことですが、
 このレディエッセ以外でも深刻な健康被害が出ています。
      ■         ■
 昔から、
 美容外科による健康被害はあります
 きれいになりたい
 という
 乙女心
 につけ込んで、
 これでもか、
 これでもか、
 …と自分の身内なら絶対にしない手術をすすめる美容外科があります
      ■         ■
 もし健康被害に遭われた方がいらしたら、
 弁護士さんに相談することをおすすめします。
 北海道でしたら、
 札幌弁護士会の高橋智先生をおすすめします
 全国の弁護士を知りたかったら、
 医療事故情報センターです
 何度も院長日記で取り上げています。
 美容外科での死亡事故2014
 品川美容外科の「糸によるフェイスリフト術」問題
 医療事故情報センター
 〒461-0001
 名古屋市東区泉1丁目1-35ハイエスト久屋6階
 電話:052-951-1731
 FAX:052-951-1732

 朝日新聞で報道された患者さんが、
 少しでも元気になってくださることをお祈りしています。
 記事を書いてくださった、
 重政紀元しげまさのりゆき記者に感謝いたします。

投稿者 sapporobiyou : 09:56 | コメント (0)

2016年06月11日

食品ロスに特効薬

 平成28年6月11日、朝日新聞朝刊、天声人語です。
 食品ロスに特効薬
 長野県松本市の職員の懇親会には席を立ってお酌をして回ることを禁ずる時間帯がある。乾杯に続く冒頭の30分間とお開き前の10分間だ。各人が自席でしっかり料理を食べる時間とされた。30・10(さんまる・いちまる)運動と呼ばれる。
 ▼食べられるのに捨てられてしまう「食品ロス」を減らそうと、菅谷(すげのや)昭市長が6年前に提案した。運動は市役所から企業へ広まった。
 ▼家庭版30・10も考案された。毎月30日は食材を使い切る「冷蔵庫クリーンアップ」の日。10日は「もったいないクッキング」の日。大根の皮やブロッコリーの茎、古いパンを使ったレシピを紹介する。
 ▼次代を担う子供たちにも働きかける。職員らが公立の保育園と幼稚園全46園を訪ね、紙芝居やクイズで食べ物の大切さを伝えた。園児らが家で父母に言う。「もったいないよ」「なんで捨てちゃうの」。反省した親たちが習慣を改めつつあるそうだ。
 ▼松本市へは大阪府豊中市など各地の自治体から視察が続く。佐賀市や熊本県あさぎり町からは「30・10運動の名称を使わせて」と電話が来た。
 ▼いま世界では9人に1人が飢餓に苦しむ一方、年間約13億トンもの食品が食べられずに捨てられる。フランスでは今年、大型スーパーによる食品廃棄が規制された。中国は、完食して皿をピカピカにする「光盤」運動を提唱している。日本は信州発の「30・10」運動を国内外へ広められないだろうか。宴会版、家庭版ともに異文化圏でも通じる普遍性があると思うが、どうだろう。
 (以上、朝日新聞より引用)

      ■         ■
 天声人語の筆者が交代してから、
 私が好きな内容になったと感じます。
 お二人の筆者が交代で書かれています。
 毎日朝刊の紙面をどうやって埋めようか?
 それはそれは大変なことと思います。
 高校生の時から、
 半世紀は朝日新聞を購読しています。
 今日の天声人語はぜひ読んでいただきたい内容です。
      ■         ■
 宴会のお酌には無縁になりましたが、
 家庭版30・10には大賛成です。
 けちな二人の本間家です
 冷蔵庫の中は奥さんのとりでです。
 たまに私が冷蔵庫の中を見ると、
 怒りが爆発することがあります
 冷蔵庫でものが腐るなんて信じられない!
      ■         ■
 私は、口うるさい男です。
 『家の中がキタナイ』
 『片付いていない』
 『冷蔵庫の中でものが腐っている
 などなど…
 家内も反論します。
 『どこの家もこんなものょ…』
 女性も強くなります。

      ■         ■
 家庭版30・10がいいです。
 毎月30日は食材を使い切る
 「冷蔵庫クリーンアップ」の日。
 10日は
 「もったいないクッキング」の日。
 大根の皮やブロッコリーの茎、
 古いパンを使ったレシピを紹介する。
 ぜひ本間家でも実行したいと思います。

投稿者 sapporobiyou : 18:12 | コメント (0)

2016年06月10日

二重なのに眠たそうな目

 6月なのに、
 気温が低い日が続いています。
 札幌では、
 6月8日(水)から12日(日)まで、
 よさこいソーラン祭りが開催されています
 正式には、
 第25回YOSAKOIソーラン祭りと、
 YOSAKOIがローマ字のようです。
 天気が悪いのでちょっと残念です。
      ■         ■
 札幌美容形成外科で一番多い手術は、
 眼瞼下垂症がんけんかすいしょうの手術です。
 もともと二重だったのに、、、
 二重のラインはあるのに、
 眠そうな目になってしまった!
 どうしてなんだろう?
 そういえば、、、
 目が悪くて中学生からハードコンタクトを使っていた
 コンタクト屋さんでは何も言われなかったけどぉ~
      ■         ■
 赤ちゃんの時は、
 丸くて大きな目だったのに、
 いつの間にか、
 目が細くなってしまった。
 どうしてかなぁ~?
 そういえば、、、
 アトピーでよく目をこすっていたなぁ~
 薬をつけないこともあったなぁ~
      ■         ■
 さまざまな原因で、
 二重なのに眠そうな目になる方がいます。
 【相談無料】の美容外科で、
 ただで診察してもらって
 【高い手術】を受けても、
 半年たったら戻ってしまうこともあります。
 眠そうな目になった原因を調べないで、
 目だけ治してもダメです。
      ■         ■
 ハードコンタクトはできるだけ使わない。
 おうちに帰ったら、
 コンタクトから眼鏡にする。
 目をこすらない。
 こんなことに注意しないと、
 何回手術をしても、
 二重なのに眠そうな目は治りません。
      ■         ■
 還暦を過ぎ、
 61歳になって
 かなりくたびれてはいますが
 毎日、奥さんと喧嘩しながらでも
 私のことを信頼していらしてくださる患者さんがいる限り、
 時間をかけて
 丁寧な仕事をしています

 偏屈ながんこじじいで、
 ど派手な二重は作りませんでもよければ、
 どうぞいらしてください。
kon
20151017
20151114

投稿者 sapporobiyou : 19:51 | コメント (0)

2016年06月09日

お医者さんの奥さん2016

 お医者さんの奥さん2010
 2010年10月22日の院長日記。
 お医者さんの奥さん
 2008年10月4日の院長日記です。
 お医者さんの奥さんは、
 母子家庭です。
      ■         ■
 いい夫婦の次の日2011に書きました。
 2011年11月23日の院長日記です。
 昨日、11月22日は…
 ♡いい夫婦の日♡でした。
 今日は…
 勤労感謝の日
 いい夫婦の次の日です。
 本間家は、
 残念ながらいい夫婦ではありません。
      ■         ■
 ♡いい夫婦♡だったのは…
 結婚してから…
 子どもが生まれるまでの数年間。
 それからは…
 父親と母親になりました。
 お医者さんの奥さんは、
 しあわせではありません。
 患者さん中心の生活なので母子家庭です。
      ■         ■
 子どもが小さい頃は…
 転勤が多かったですが…
 それなりにしあわせな家庭だったと思います。
 でも…
 ♡いい夫婦♡だったかは疑問です。
 よく夫婦喧嘩もしました。
 うちの奥さんは強いです。
      ■         ■
 いい夫婦の次の日は、
 これからの老後をどう過ごそうか…?
 …と悩んでいます。
 私57歳、
 妻55歳です。
 同年代のご夫妻には、
 とても仲が良い方たちもいらっしゃいます。
      ■         ■
 私は今さら♡いい夫婦♡も無理なので、
 おたがい、他人に迷惑をかけず…
 子どもにも迷惑をかけず…
 残った人生を送れればよいかなぁ~
 …と思っています。
 奥さんが郷ひろみさんのコンサートへ行くのも良いし…
 私は家で犬と遊んでいます。
 いい夫婦の次の日は…
 健康な夫婦が理想です。
      ■         ■
 ここまでは5年前に書きました。
 今年は、
 私62歳、
 妻60歳です。
 家にいるのは、
 今月で7歳になる犬だけです。
 子供たちは遠くに行きました。
 他人に迷惑をかけず、
 元気に老後を迎えたいと思っています。
      ■         ■
 お医者さんの奥さんだから、
 しあわせとは限りません。
 お医者さんの奥さんは、
 孤独に強くて
 忍耐強い人でないと、
 なかなかつとまらないと思います。
 うちの奥さんが、
 私ががまんしているから
 …というのは、
 孤独に強くて忍耐強い人という条件では合っていると思います。

投稿者 sapporobiyou : 18:44 | コメント (0)

2016年06月08日

私ががまんしているから

 うちの奥さんによく言われます。
 (あんたみたいにうるさい人)
 私ががまんしているから
 つとまるのょ
 他の人だったら、
 絶対に無理

 はいはい、
 私はうるさい筋金入りのがんこ夫です。
      ■         ■
 私も反論します。
 僕みたいに、
 (働き者で)
 (真面目で)
 (酒も飲まないし)
 こんな夫はなかなかいない、
 人間国宝

      ■         ■
 夫婦円満とはほど遠い
 今年62歳の私と、
 今年還暦の奥さんです。
 家には、
 私たちの他には、
 そら君しかいません
      ■         ■
 本間家、
 唯一の救いは、
 価値観が同じです
 二人ともけちです
 イオンの割引デーによく買い物に行きます。
 半額になった商品も買います。
 あと何年生きられるかわかりませんが、
 お互いにがまんして生活しています。
 どこの家もこんなもんだと思っています。
 腹が立った時は、
 昔のいい時代を思い出すことにしています。
 yu1

神戸ポートピア

投稿者 sapporobiyou : 20:12 | コメント (0)

2016年06月07日

院長は大変です

 昨日の院長日記、
 にやり、ほっとに書きました。
 昔は大きな病院の院長に就任すると、
 先生おめでとうございます
 …と言ったものです。
 最近は、
 先生ご苦労様です
 (先生、大変ですね)
 (先生、事故がないことを祈ります)
 (先生、訴訟がないことを祈ります)

 院長在任中に
 謝罪記者会見に出ることもあります
      ■         ■
 私は現在61歳です。
 今年9月で62歳になります。
 私と同年代の先生が大きな病院の院長です。
 大きな病院の院長になれなかったから、、、
 負け惜しみで言うのではありません。
 院長は大変です
 私のように個人経営で、
 経営も医療も一人で決められる院長はまだマシです。
 大きな病院の院長は経営者が別です。
      ■         ■
 公立病院を経営するのは、
 地方自治体です。
 自治体病院の院長は、
 議会で説明したり追及されたりします。
 毎年議会の時期になると、
 歴代の院長は大変そうでした。
 病院経営が黒字だといいですが、
 赤字病院院長は大変です
      ■         ■
 JA帯広厚生病院黒字病院でした。
 黒字病院でも、
 大きなことを決めるのは、
 JA北海道厚生連本部でした。
 JA北海道厚生連には、
 赤字の病院もありました。
 JA北海道厚生連全体の収支が黒字か赤字かで、
 いろいろなことが決められていました。
      ■         ■
 美容形成外科の経営も楽ではありません
 うかうかしていると、
 すぐに倒産の危機です。
 クリニックの特徴がないと
 生き残れません。
 うちでしかできない
 という手術や治療がなければ倒産です。
 私が得意とするのは、
 繊細で丁寧な手術です。
 簡単に、マネのできない手術です。

 まだ、もう少し生きのびようと思っています。

投稿者 sapporobiyou : 20:01 | コメント (0)

2016年06月06日

にやり、ほっと

 平成28年6月6日、朝日新聞朝刊、天声人語です。
 にやり、ほっと 
 「ヒヤリハット」は、事故につながりかねない出来事を指す言葉だ。引き継ぎに書いて同僚に注意を促そうと、職場で心がけている方も多いだろう。東京都の有料老人ホーム「ライフ&シニアハウス井草」もそうだ。でもここにはもう一つ、「にやりほっと」がある。
 ▼介護していて思わず笑ってしまう、心がなごむ。そんなお年寄りの言葉や振る舞いを職員がカードに残している。ひな人形を前に「これを見るとうれしくなるなんて、私もまだまだ女の子だねえ」との言葉がある。「食欲がない。物欲ならあるのだけど」とは、食事前の冗談である。
 ▼昔のあだ名を教えてもらった、夫の思い出話をしてくれた、なども。「ヒヤリハットだけではマイナス面ばかりが見えがち。プラス面をみんなで共有しようとしています」と、職員の金子彩香(あやか)さん(25)は言う。
 ▼小さな子のいる家庭は、あらゆる瞬間が「にやりほっと」かもしれない。甘えるしぐさに目を細め、おませな言葉に驚く。忘れないよう書き留めている方もおられよう。
 ▼同僚でも夫婦や親子でも、一緒の時間を過ごせば心がなごむような出来事は訪れる。でも忙しかったり、関係がよくなかったりして微笑(ほほえ)み合う余裕を失うこともある。距離がもっと近くなる機会なのに。
 ▼この老人ホームでは、にやりほっとの記録から「へえ、こんなことあったんですか」と話が弾むことが多いそうだ。一緒にいる空間がその分温かくなる。「介護者」と「入居者」という立場を少しだけ忘れて。
 (以上、朝日新聞より引用)

      ■         ■
 にやり、ほっとはいいです。
 昔は大きな病院の院長に就任すると、
 先生おめでとうございます
 …と言ったものです。
 最近は、
 先生ご苦労様です
 (先生、大変ですね)
 (先生、事故がないことを祈ります)
 (先生、訴訟がないことを祈ります)

 院長在任中に
 謝罪記者会見に出ることもあります
      ■         ■
 私もJA帯広厚生病院形成外科主任部長の時に、
 菓子折りを持って、
 患者さんのお宅まで謝罪に行ったことがありました
 六花亭の、 
 一番大きな十勝日誌でした。
 今でもあの箱を見るたびに思い出します。
 患者さんに謝りました。
 申し訳ございませんでした
      ■         ■
 医療や介護の現場も大変です。
 ヒヤリハット
 インシデントレポート
 医療事故報告書

 書類を作成するのも大変です。
 他の先生が関わった事故で、
 カルテを証拠保全されたこともあります。
 私が報告書を書きました。
 一週間近く毎日何時間もかけて書きました。
      ■         ■
 にやり、ほっとはいいです。
 これを見るとうれしくなるなんて、
 私もまだまだ女の子だねえ

 食欲がない。
 物欲ならあるのだけど

 こんなレポートはいいです。
      ■         ■
 私が将来入所するなら、
 「ヒヤリハット」レポートがある施設より、
 分厚い、
 にやり、ほっと報告集がある施設を選びます。
 朝から気分のいい天声人語を書いてくださった、
 朝日新聞社に感謝します。
 また素敵なコラムを楽しみにしています。

投稿者 sapporobiyou : 19:27 | コメント (0)

2016年06月05日

眼瞼下垂の再発予防と保湿

 手術後に目をこする
 2011年5月22日の院長日記です。
 私が眼瞼下垂症手術を受けてから、
 半年後の頃です。
 その院長日記に次のように書いてあります。
 ようやく落ち着いてきた
 …と感じています。
 それでも、
 まだ目はこすっていません
      ■         ■
 私は手術から半年しても、
 キズにヒルドイドローションを塗っていました
 そうすると、
 ピリピリ感が減りました。
 昔、北大形成外科では、
 やけどの後や、
 皮膚移植の後にも、
 よくヒルドイドを塗っていました。
 そうすると皮膚がしっとりとして、
 きれいに治ったからです。
      ■         ■
 人間は、
 無意識のうちに目をこすります
 眠い時…
 朝起きた時…
 目をこすることがあります。
 この目をこする動作が、
 目によくありません
      ■         ■
 私は手術から最初の2ヵ月くらいは、
 寝ている時に目に触らないように、
 アイマスクをしていました。
 腫れが取れてきても、
 まだキズは落ち着いていません。
 触ると…
 何となくぴりぴりします。
      ■         ■
 ぴりぴりするのは、
 キズが触らないでと言っている証拠だと、
 私はよく患者さんに説明します。
 何となく違和感があるのは、
 切って…
 縫った…
 …からです。
      ■         ■
 眼瞼下垂症や、
 二重埋没法で、
 一番、目に良くないのが、
 目をこすることです
 ラインが消える時という、
 2010年4月29日の院長日記に書いてあります。
 目をこすると、
 二重のラインが消えます
      ■         ■
 生まれつき二重の人でも、
 アトピー性皮膚炎などで、
 毎日まいにち目をこすっていると
 二重が三重になったり、
 目の上がくぼんできます。
 眼瞼下垂症になる人もいます
      ■         ■
 眼瞼下垂症手術は、
 まぶたを切って
 眼瞼挙筋(がんけんきょきん)という筋肉を調節して、
 丁寧に縫います。
 目をこすっていると…
 眼瞼下垂が再発することがあります。
 アレルギーの人は、
 花粉症の時期には、
 特に気をつけてください。
 目をこするとラインが消えます
      ■         ■
 第42回日本熱傷学会(浦安)②の特別講演で、
 お聞きした。
 かゆみを科学する
 順天堂大学医学部附属浦安病院皮膚科学名誉教授、
 順天堂大学大学院医学研究科環境医学研究所_所長
 高森建二先生
のお話しで、
 キズを保湿してかゆみを防ぐと、
 眼瞼下垂症の再発予防に役立つと思いました。
 手術後のキズにヒルドイドローションをおすすめします。
 エビデンスはありませんが、
 肥厚性瘢痕の予防に適応症があります。

消えかかっているライン

20140821
眼瞼下垂症手術マンガ

投稿者 sapporobiyou : 17:18 | コメント (0)

2016年06月04日

赤ちゃんのアトピーと保湿

 北海道で行方不明になっていた、
 7歳の田野岡大和(やまと)君が見つかりました。
 私もしつけに厳しい親でした。
 見つかってほんとうによかったです。
 昨日は安心して眠れました。
 またお父さんとファイターズの応援に来てほしいです。
      ■         ■
 子を思う親の気持ちはみな同じです。
 ご両親がアトピー性皮膚炎だと、
 自分の子供には、
 かゆい思いをさせたくないと思います。
 親が苦しんだ分だけ、
 子供への思いも強いです。
      ■         ■
 第42回日本熱傷学会(浦安)②の特別講演で、
 とても参考になるお話しを聞きました。
 かゆみを科学する
 順天堂大学医学部附属浦安病院皮膚科学名誉教授、
 順天堂大学大学院医学研究科環境医学研究所_所長
 高森建二先生
のお話しです。
 温厚で真面目な皮膚科の先生です。
 とても勉強になりました。
      ■         ■
 やけどは、
 ある程度よくなってくると、
 とてもとてもかゆくなります。
 かゆくなってひっかくと、 
 また悪くなります。
 かゆみ対策は、
 とても大変です。
 皮膚科の先生に相談しても、
 よくならないこともあります。
      ■         ■
 私もそうですが、
 年をとると、
 身体がかゆくなります。
 夜中に無意識のうちにかくことがあります。
 身体をかいていて、
 目がさめることもあります。
 かゆいのはつらいです。
      ■         ■
 高森先生のお話しで、
 どうしてかゆくなるのか?
 よく理解できました。
 神経が活発に伸びてくることが、
 高森先生のスライドでよくわかりました。
 かゆみを防ぐには、
 保湿がいいこともわかりました。
      ■         ■
 一番印象的だったのは、
 赤ちゃんのうちからしっかり保湿をしてあげると、
 アトピー性皮膚炎になるのを防ぐことができるという研究です。
 小児科領域でも、
 エビデンスがある論文があるそうです。
 確かに赤ちゃんには皮膚トラブルが多いです。
 しっかり保湿をしてあげて、
 皮膚が傷つくのを防ぐと、
 アトピーにならないそうです。
 これからお母さんになる女性に教えてあげたいです。
 高森建二先生ありがとうございました。

投稿者 sapporobiyou : 16:39 | コメント (0)

2016年06月03日

第42回日本熱傷学会(浦安)②

 第42回日本熱傷学会(浦安)は、
 今日までの2日間です。
 残念ですが、
 私は一日目だけを聞いて、
 昨夜の飛行機で札幌に戻りました。
 快晴であたたかな浦安とは違って、
 6月だというのに札幌は寒いです。
      ■         ■
 今年は少し遅く、
 リラ冷えがやってきたようです。
 寒い北国では、
 暖房が不可欠です。
 私が子供の頃は、
 石炭ストーブでした
 いろりこたつでは、
 北海道の寒さ対策にはなりません。
      ■         ■
 昔の暖房は、
 いろりにしても火を使うものでした。
 危険な熱源が家庭にありました。
 有名な野口英世が手をやけどしたのは、
 いろりに落ちたからでした。
 昔の暖房やお風呂は、
 よくやけどの原因になっていました。
 世の中が進歩して、
 安全♡な設備が増えました。
      ■         ■
 北海道は寒いので、
 火を使う暖房が多くありました。
 炭鉱もたくさんあったので、
 炭鉱事故で大やけどになる方もいらっしゃいました。
 時代が変わって、
 重症熱傷の患者さんが減りました。
 それでも事故で重症熱傷が発生することがあります。
      ■         ■
 子供さんがやけどをすると、
 親は必ずあとが残りますかと質問されます。
 残念ですが、
 ある程度の深さのやけどは、
 必ずあとが残ります
 でも治療方法も進歩しました。
 少しでもあとを少なくする治療法があります。
 日本は熱傷治療の先進国です。
      ■         ■
 私が日本熱傷学会に入会して、
 35年以上が経過しました。
 毎年、熱傷学会に参加するのは、
 最新の治療法を勉強するためです。
 ネットには間違った情報がたくさんあります。
 2016年6月現在の、
 あとが残りにくいやけどの治療法をお教えします。
      ■         ■
 親が一番気にする子供のやけどです。
 少しでもあとを残さないようにするには、
 フィブラストスプレーを受傷早期から使います
 ②トップドレッシングというキズを保護する材料です。

 昨日の熱傷学会をお聞きすると、
 軟膏を使う先生と、
 創傷被覆材を使う先生がいらっしゃいます。
 私が発表を見た限りでは、
 創傷被覆材がいいと思いました。
      ■         ■
 一番問題なのは、
 やけどの深さや部位に合わせて、
 適切な材料を使って、
 適切な処置をすることです。
 先生のきずを見る目によります。
 一度処置を受けたからと言って、
 安心してはダメです。
 ちゃんと診ていただいて、
 しっかりフォローしてくださる先生がおすすめです。

投稿者 sapporobiyou : 21:07 | コメント (0)

2016年06月02日

第42回日本熱傷学会(浦安)①

 第42回日本熱傷学会で浦安に来ました。
 会長は順天堂大学浦安病院救急診療科の田中裕教授です。
 メインテーマは
 Science of ARTs
 次世代への襷(たすき)

 たすきという漢字を知りませんでした。
 浦安は東京ディズニーランドとディズニーシーがある都市です。
 1988年(昭和63年)にも、
 第14回日本熱傷学会が浦安で開催されました。
      ■         ■
 昨夜は評議員会がありました。
 学会が一般社団法人になったので、
 今は評議員会と言わず、
 社員総会と呼んでいます。
 91人の評議員がいて私もその一人です。
 65歳が定年なので、
 あと3年あります。
      ■         ■
 日本の重症熱傷の患者さんは減っています。
 ただ、
 いつ事故や災害で重症熱傷が発生するかわかりません。
 台湾での爆発事故のように、
 多数の重症熱傷患者さんが発生した時に、
 適切な治療ができることが大切です。
 日本の熱傷治療のレベルは世界的に見ても高いです。
      ■         ■
 昨日の社員総会で、
 フィブラストスプレー
 使用上の注意】が、
 本剤は熱傷潰瘍を適用としているので、潰瘍がみられない熱傷に対しては、他の適切な療法を考慮すること。

 …に変更になったと聞きました。
 以前は
 本剤は熱傷潰瘍を適用としている。新鮮熱傷に対しては本剤を使用せず、他の適切な療法を考慮すること。
 でした。
      ■         ■
 効能・効果に新鮮熱傷が追加されたのではありませんが、
 新鮮熱傷に対しては本剤を使用せず
 の文言が無くなっただけでも進歩です。
 薬の適応拡大は難しいようです。
 小児の新鮮熱傷には、
 フィブラストスプレーが効きます

 あとを残したくなかったら、
 早期からフィブラストスプレーを使うことです。
 早く効能・効果に新鮮熱傷が追加されて、
 小児への投与が正式に認可されるといいです

 今日は一日熱傷学会を聞いて、
 これから札幌に戻ります。
 空港バスの中で院長日記をUPしています。

投稿者 sapporobiyou : 18:01 | コメント (0)

2016年06月01日

調停申立と裁判

 さくらんぼさんから、
 原告が大同生命なんですね。。
 では 本間先生は訴えられてる事になるんでしょうか?
 訴える側だと思いました。
 長い期間かかると思いますが頑張ってください!

 …と第1回口頭弁論2016年5月30日(札幌地裁)に、
 原告が札幌美容形成外科だったらと思うのは私だけでしょうか?
 これでは先生が出て行かないのでなんとかしてくれ裁判みたいで、、、
 逆だったらよかったのに。

 …と第1回口頭弁論記録(札幌地裁)に、
 コメントをいただきました。
      ■         ■
 実は、
 医療法人札幌美容形成外科は、
 大同生命が訴状を提出する前に、
 札幌簡易裁判所に調停を申立てました。
 賃借権存在確認調停申立事件です。
 私は裁判のことは詳しくありません。
 弁護士の高橋智先生から、
 まず調停を申立てましょうと提案されました。
      ■         ■
 調停は、
 調停委員を前にして、
 原告と被告が同じテーブルで話し合うものです。
 裁判より費用が少なくて済みます。
 調停委員には、
 不動産の専門家も加わりますので、
 お互いに冷静にお話しができます。
 (…とお聞きしました)
      ■         ■
 話し合いがうまく進めば、
 裁判よりも短期間で解決することができます。
 私はすべて高橋智先生にお任せしています。
 大同生命側は、
 訴訟を提起されました。
 これから準備書面のやり取りが繰り返されます。
 高橋智先生は温厚な弁護士さんです。
 常に冷静沈着です。
 とても頼りになります。
 私は高橋先生にお願いして安心しています。

投稿者 sapporobiyou : 16:41 | コメント (0)