« 2016年09月 | メイン | 2016年11月 »

2016年10月31日

食事変えただけで

 平成28年10月30日、朝日新聞朝刊、
 男のひといきへの投稿です。
 食事変えただけで
 昨年の人間ドックで、コレステロール値や尿酸値などの項目で「イエローカード」が出た。体重も前年より3キロ増えた。再診で医師から「薬を処方するまでではないが、運動をし、酒はやめるように」と言われた。
 酒をやめるのは嫌だが、運動ならできると思い、休日や長期休暇中の空き時間を使ってウォーキングをやった。だが週に数回では、全く効果はなかった。
 今年4月、元同僚が転勤してきて再び一緒に働くことになり、驚いた。がっちりタイプだった彼がスリムになっていたのだ。「どうやって?」と問うと「食生活を変えた」の一言。それしかやっていないという。
 すぐに、飲食量をコントロールすることにした。昼はご飯を少なめにし、コンビニで買うおにぎりは三つだったのを二つに。ラーメンは大盛りをやめた。夕飯の際の発泡酒はできるだけ2缶にとどめ、それ以上はノンアルコールビールに。もったいないと思ってすべて食べるようにしていたが、それもやめた。
 今年8月の人間ドック。驚いたことに全ての数値は標準値になり、体重も2.5キロ減となった。これほど体のことで変化があったのは初めてだ。同僚の実践伝授に感謝したい。
 (静岡県牧之原市 池ケ谷八州志 高校教員 59歳)
 (以上、朝日新聞より引用)

      ■         ■
 とても参考になります。
 飲食量をコントロールすることにした。
 昼はご飯を少なめにし、
 コンビニで買うおにぎりは三つだったのを二つに。
 ラーメンは大盛りをやめた
 夕飯の際の発泡酒はできるだけ2缶にとどめ、
 それ以上はノンアルコールビールに。
 もったいないと思ってすべて食べるようにしていたが、
 それもやめた。

      ■         ■
 なるほど
 …と思いませんか?
 もったいないと思って
 すべて食べる

 お気持ちはとてもよく理解できます。
 でも、
 自分の健康が一番大切です。
      ■         ■
 つい先日、
 私がお聞きしている、
 NHKの実践ビジネス英語
 次のような会話がありました。
 We are what we eat, and what you eat for breakfast can determine what kind of person you'll be for the rest of the day.
 食べたものが私たちの体を作るのですから、朝食に何を食べるかによって、その日1日の調子が決まることがあるのです。
 食生活が大切です
 静岡県牧之原市の池ケ谷八州志先生、
 いいお話しをありがとうございました。

投稿者 sapporobiyou : 21:06 | コメント (0)

2016年10月30日

日ハム日本一おめでとう!

 平成28年10月30日、北海道新聞朝刊の社説です。
 日ハム日本一
 熱い声援が生んだ快挙
 2006年以来、10年ぶりに日本一を手にした。その喜びを道民みんなで分かち合いたい。
 プロ野球の北海道日本ハムがきのうの日本シリーズ第6戦で、セ・リーグの覇者広島を下し、シリーズを4勝2敗で制した。
 両チームとも第5戦まで、ファンの強力な後押しを受け、それぞれ本拠地で勝利を収めてきた。
 そうした流れの中、日本ハムが敵地での第6戦を勝ち切ることができたのは、地元・札幌ドームで3連勝した勢いを広島に持ち込めたのが大きかったといえる。
 勝敗を別にしても、両チームのプレーは見応え十分だった。全力を出し尽くした選手たちに拍手を送りたい。
 シーソーゲームとなった第6戦は、八回2死走者なしから6点をもぎ取った。持ち味の粘りを存分に発揮した。
 今季の両チームの特徴は、地元での強さだ。レギュラーシーズンの勝率は日本ハムが6割5分で、広島は7割を超えている。
 日本シリーズにもその特徴が表れた。ともに地域密着を掲げ自前で選手を育ててきただけに、ファンの支持は熱烈で、その声援が選手を奮い立たせたのは確かだ。
 日本ハムにとって大きかったのは、2連敗で迎えた札幌ドームでの3連戦を、すべて逆転勝ちしたことだ。
 リードを許しても、投手陣が踏ん張りを見せた。それが、延長となった第3戦における大谷翔平選手のサヨナラ安打、第5戦の西川遥輝選手のサヨナラ満塁本塁打につながった。
 今季限りで引退する広島の黒田博樹投手と大谷選手との対決も、新旧交代の舞台として語り継がれることだろう。
 今夏、北海道は大きな台風被害を受けた。そんなときに、白星を積み重ね、首位を追い詰めていった日本ハムの姿は励みとなった。
 ペナントレースの劇的な逆転優勝とそれに続く日本一が、道民に元気を与えたのは間違いない。
 球団は昨季終了後、「みらい創造ミーティング」を札幌ドームで開き、幹部らがチームの運営方針を直接、ファンに語りかけた。経営収支も明らかにし、選手の育成について意見を交換している。
 こうした姿勢がチームとファンの距離をこれまで以上に縮めた。
 2016年11月20日には札幌市内で優勝パレードが予定されている。快挙を祝うとともに、これからもチームと道民が互いに支え合う関係であり続けたい。

20161030
 

(以上、北海道新聞より引用)

      ■         ■
 北海道民として、
 これほど嬉しいことはありません。
 日本一です。
 ほんとうにおめでとうございます。
 10年ぶりです。
 10年前、
 札幌美容形成外科は開院2年目でした
      ■         ■
 札幌駅前通りの優勝パレードを、
 今でも忘れません。
 札幌美容形成外科の職員が、
 NHKテレビで全国中継されました
 今年は札幌ドームで3連勝。
 しかも
 第5戦は西川遥輝選手のサヨナラ満塁本塁打です。
 88歳の私の母親も応援しているようです。
 札幌美容形成外科もサヨナラ満塁本塁打で、
 大同生命との裁判に勝ちたいです。
 絶対に負けません

投稿者 sapporobiyou : 16:53 | コメント (0)

2016年10月29日

脂肪吸引をやめた理由

 美容外科医を辞めようと思う時
 2016年10月28日の院長日記です。
 私だけではなく、
 他の美容外科医も、
 美容外科をやめよう
 …と思う時があるようです。
 美容外科医の悲哀
 美容外科医は、
 決して楽でもうかる仕事ではありません。
      ■         ■
 私は目の手術が好きです。
 自分には何の責任もないのに、
 生まれつき目が細くて小さいと
 損をします
 ちびまる子ちゃんに出てくるキャラクター、
 みぎわ花子さん
 永沢くん(永沢君男)
 二人とも目が小さいです。
      ■         ■
 目の手術は繊細です。
 0.1㎜でも左右差の原因になります。
 眉の位置
 眉の動き、
 おでこのしわ
 黒目の大きさ
 まつ毛の向き
 顔全体の左右差、
 とにかくよく見ながら手術をします。
      ■         ■
 手術用顕微鏡を使って、
 62歳でも職人の技を生かしています
 同じ美容外科手術でも、
 脂肪吸引は違います。
 0.1㎜の誤差は許されます。
 脂肪吸引は体力勝負です。
 超音波を使った機器など、
 最新の機器を使っても疲れます。
      ■         ■
 脂肪吸引で一番大切なのは、
 事故を起こさないこと
 死亡吸引
にしないことです。
 目の手術が0.1㎜の時計職人だったら、
 脂肪吸引は身体の彫刻家です
 余っている皮下脂肪を、
 脂肪吸引の管で彫刻します。
      ■         ■
 彫刻の時に、 
 間違って管をお腹に突き刺すと、
 死亡吸引
 脂肪吸引を一日に2件もやると、
 右手も左手もくたくたになります
 ふつうは、
 利き手の右手で脂肪吸引管をがっちり握ります。
 左手で脂肪をがっちりつかみます。
 左手でつかんだ脂肪層に右手の管を入れて吸引します。
      ■         ■
 手もとが狂って、
 お腹に突き刺すとアウトです。
 範囲が広いと、
 だんだん疲れてきます。
 脂肪吸引の手術ビデオを見ると、
 術者の術衣が汗だらけになっていることがあります。
 大変だなぁ~と思います。
 62歳には無理です。
      ■         ■
 一番こわい合併症は、
 脂肪塞栓しぼうそくせんです
 吸引でこわれた脂肪のつぶが、
 肺につまってしまいます。
 大腿骨骨折などで起こることがあります。
 脂肪吸引でも起こる可能性があります。
 こんなことをHPに書いている美容外科はないと思います。
 脂肪注入で、
 目の血管に脂肪が入って失明もあります
 簡単に細くなれると思うととんでもないことになります。
 裁判事例もあります
 私が脂肪吸引をやめた理由です。

投稿者 sapporobiyou : 17:50 | コメント (0)

2016年10月28日

美容外科医を辞めようと思う時

 京都の第39回日本美容外科学会から札幌に帰ってきました。
 札幌は寒いです。
 学会長の出口正巳先生は私と同年代です
 診療をしながら、
 手術をしながら、
 これだけの学会を準備するのは大変なことです。
 出口先生に心から感謝しています。
 ありがとうございました。
      ■         ■
 学会で知り合いの先生と話しました。
 美容外科はストレスが多い職種です。
 何人もの先生から、
 リスクの高い手術やめました
 …とお聞きしました。
 訴訟になったりすると大変です。
 私も脂肪吸引や豊胸術はやめました。
      ■         ■
 印象に残ったのが、
 私のように形成外科出身の美容形成外科医は、
 形成外科は国民医療に必要だが、
 美容外科はほんとうに必要なの?
 ぜいたく品の医療じゃないの?

 …こんな疑問をいだくことがあります。
 美容外科をやめようと思ったこともあります。
      ■         ■
 美容外科医の悲哀
 2009年4月14日の院長日記です。
 美容外科の先生は、
 高給で…
 当直がなくて…
 キレイな女の人を相手にして…
 さぞ優雅な生活だろうと…
 思っていらっしゃる方は?
 いらっしゃいませんか?
      ■         ■
 当直がないのは事実ですが、
 朝から深夜まで働いています。
 私からのメール返信が深夜で、
 驚かれた方も少なくないと思います。
 一年365日、
 一日も休まずに働いています。
 有給休暇もありません。
 代診を頼んだこともありません。
      ■         ■
 私はキレイな花を見るのも、
 作るのも好きです。
 高校生の時から趣味の園芸を見ていました。
 (最近は時間がないので見ていません)
 毎日診療をしていると、
 患者さんから…
 励ましていただくことが多いのですが、
 たまに凹むことがあります。
      ■         ■
 昔、北大形成外科の先輩が
 口唇癌の手術をして、
 手術部位から糸が出てきました。
 何度か続けて糸が出たので、
 どうせ安い糸つかってんだべさ!
 と言われて凹んでいました
 当時、使っていたのは最高級の糸でした。

      ■         ■
 美容形成外科をやっていて、
 安い糸使ってるというクレームはありませんが、
 ちょっとした左右差は、
 保険診療で眼瞼下垂症手術をしても気になるものです
 黒いシミを取ってくださいと言われて、
 悪性黒色腫だったら大変です。
 建物明渡し訴訟の被告は仕方がないですが
 医療裁判の被告にだけはなりたくありません
      ■         ■
 多くの先生が、
 美容外科医を辞めようと思った時に、
 患者さんから、
 先生のおかげで
 きれいになれました
 …と言われて、
 やっぱ俺やろうと思うそうです。
 私も同じです。
 100万ドルの笑顔で、
 先生ありがとうと言われると嬉しいです。
 他の先生たちも美容外科医を続けられるのは、
 患者さんのおかげです
 患者さんに感謝しています

投稿者 sapporobiyou : 20:42 | コメント (0)

2016年10月27日

第39回日本美容外科学会(京都)④

 京都で開催された第39回日本美容外科学会
 私はよく学会に参加していますが、
 はじめて学会で落語を聞きました。
 実にいい経験でした。
 招請講演
 ①江戸古典落語 演目「目黒のさんま」
 春雨や落雷
 ②笑いの医療 (笑いと免疫力 、、、 そして健康)
 安部正之先生(元松江赤十字病院形成外科部長)

      ■         ■
 私が知っている安部正之先生は、
 松江赤十字病院形成外科部長でした。
 学会発表を積極的になさっていらっしゃいました。
 安部先生は長崎大学形成外科のご出身です。
 第39回日本美容外科学会会長の出口先生の先輩です。
 出口先生が長崎大学形成外科に入局した時には医局長でした。
 仕事にはとても厳しい先生だったが、
 当時から落語で皆を和ませてくださったと、
 出口先生が紹介されました。
      ■         ■
 春雨や落雷
 日本でただ一人、
 医師免許を持った真打の先生です。
 先生のHPから引用させていただきます。
 平成21年、安部整形外科医院を後進にゆずった後、
 “古典落語”と“いきいき医学講話”の
 二部構成からなる“お達者落語会”を主宰。
 全国各地に出向いて年間100回以上の口演をし、
 “笑って免疫を高め、病気に打ち勝ちましょう”と、
 笑いの不思議な力について面白おかしく語る。

      ■         ■
 とても勉強になりました。
 安部先生のような生き方もあるのだなぁ~
 すごいなぁ~

 正直な感想です。
 講演の最後に、
 会場で全員が起立して、
 笑いの練習をしました。
 一日5回、
 わ~はっはっは
 わ~はっはっは
 わ~はっはっは

 …とお腹から笑うんだそうです。
 やってみると身体がぽかぽかしました
 とてもいい健康法だと思います。
 安部先生と会長の出口先生に感謝しています。

投稿者 sapporobiyou : 18:31 | コメント (0)

2016年10月26日

第39回日本美容外科学会(京都)③

 学会は勉強の場です。
 旧知の先生と情報交換の場でもあります。
 医学は日々進歩するので、
 たとえ美容形成外科医でも、
 勉強を続けないとダメだと思います
 京都の第39回日本美容外科学会でも勉強しました
      ■         ■
 学会初日の続きです。
 特別講演
 黒色を呈する皮膚病変の鑑別
 -ダーモスコピーの補助的診断への重要性-
 中川秀己
 (東京慈恵会医科大学皮膚科学教室)

      ■         ■
 美容外科学会なのに、
 どうして皮膚科の先生が講演?
 しかも、
 黒色を呈する皮膚病変
 肌の若返りの勉強じゃなくて、
 皮膚腫瘍の勉強なの?
 …なんて思わないでください。
      ■         ■
 女性がとても気にする、
 お肌のしみ
 ちゃんと勉強した先生にかからないと、
 大変なことになります。
 はっきり言って、
 学生時代に皮膚科をまじめに勉強しない人がいます。
 そんな人がお金もうけをしたくて、
 なんちゃって先生になると悲劇が起こります。
      ■         ■
 中川先生のところには、
 悪性黒色腫をしみと誤診された患者さんが来院されます。
 ちゃんと診断する機器(ダーモスコピー
 診断する目
 診断する能力、 
 …がない医師

 レーザー屋さんがすすめるままに、
 もうかる機器を買うことがあります。
      ■         ■
 レーザー機器でやけどはよくあります
 あとが残ることはありますが、
 命を落とすことはありません。
 中川先生のご講演で、
 悪性黒色腫をしみと誤診して、
 亡くなられた30代の方がいると聞きました。
 訴訟になったら100%医療者側が敗訴です
      ■         ■
 東京慈恵会医科大学皮膚科学教室
 中川秀己教授と、
 第39回日本美容外科学会長の出口正巳先生は、
 鹿児島ラサール高校で同級生だったそうです。
 出口先生の人脈で、
 とても素晴らしいご講演をを聞くことができました。
 昔はなかった黒や茶色のしみが、
 顔や身体にできたら、
 保険診療でダーモスコピーを受けてください。
 無料相談の、
 なんちゃってはダメです。

投稿者 sapporobiyou : 19:56 | コメント (0)

2016年10月25日

第39回日本美容外科学会(京都)②

 第39回日本美容外科学会会長は、
 大阪のカリスクリニック院長出口正巳先生です。
 出口先生は、
 長崎大学形成外科のご出身で、
 大阪の白壁美容外科にいらした先生です。
 今年の学会のテーマは、
 良い結果を得るための智恵と工夫
 患者さんに寄り添って十分な説明をしたうえで
 治療法を選択すると同時に、
 学会が綱領として掲げる
 「社会倫理を重んじる」心構え
です。
      ■         ■
 2日間の学会で、
 たくさんのことを学んで帰ります。
 一日目は8:00~9:00美容レーザー適正認定講座
 イチゴ状血管腫(乳児血管腫)治療の最前線
 プロプラノロール内服療法VSレーザー

 斗南病院形成外科の佐々木 了ささきさとる先生のご発表をお聞きしました。
 勉強になりました。
      ■         ■
 イチゴ状血管腫という病気があります。
 過去の院長日記でも取り上げています。
 苺状血管腫(いちごじょうけっかんしゅ)
 2009年5月18日の院長日記です。
 このイチゴ状血管腫の治療が大きく変わりました。
 病気の名前も、
 いちご状血管腫から
 乳児血管腫(Infantile Hemangioma:IHになりました。
      ■         ■
 第57回日本形成外科学会【長崎】①
 2014年4月9日の院長日記でご紹介しています。
 プロプラノロールという飲み薬が、
 乳児血管腫治療薬として認可されました。
 ヘマンジオルシロップという商品名です。
 2016年7月4日
 商品名ヘマンジオルシロップ小児用0.375%の製造販売が承認されました。
      ■         ■
 1日あたり1mg/kg~3mg/kgを2回に分割し、
 経口投与します。
 投与は1日1mg/kgから開始し、
 2日以上の間隔を空けて1mg/kgずつ増量、
 1日3mg/kgで維持するのが、
 添付文書に書かれた投与法です。
      ■         ■
 気をつけなければいけないのが、
 低血糖と低血圧です。
 喘息様の発作にも要注意です。
 顔に大きな血管腫がある患者さんは、
 頸部にも血管腫できていることがあります。
 声門近くの下咽頭に血管腫があるとやばいです。
      ■         ■
 投与後に喘鳴が聞こえたら注意です。
 佐々木了先生の結論は、
 ヘマンジオルシロップは効きます。
 でも効き目が悪いこともあります。
 そんな時はレーザーをかけます。
 そうすると薬で治らなかった患者さんが
 よくなっていました。
 赤ちゃんに赤いアザができたら、
 このページを読んでください。
 第一選択はヘマンジオールシロップの内服です。
 効かない症例にはVビームレーザーです。

投稿者 sapporobiyou : 22:48 | コメント (0)

2016年10月24日

第39回日本美容外科学会(京都)①

 日本美容外科学会に参加するため京都に来ました。
 雪の札幌から来ると京都はあたたかいです。
 昨日の朝ANA772便で来ました
 札幌→大阪(伊丹)への便です。
 札幌から京都に来るには、
 伊丹空港が便利です。
 空港からバスで京都まで来ました。
      ■         ■
 伊丹空港に着くと、
 昔のことを思い出します。
 子供が小さいころ、
 義父がよく迎えに来てくれました。
 残念なことに、
 64歳で心筋梗塞で亡くなりました
 残された義母は82歳になり、
 札幌市西区のマンションで暮らしています。
      ■         ■
 私が結婚する前が、
 人生で一番楽しかった頃でした。
 研修医の給与は安く…
 お金もありませんでしたが…
 胸をときめかせた頃でした。
 研修医の休日は…
 月に2回程度の休みだけ…?
 土曜日の夕方の便で…
 千歳→大阪へ行き。
 日曜日の午後の便で…
 大阪→札幌に戻るという…
 短時間のデートでした。
      ■         ■
 土曜日に心ときめかして搭乗したのが…
 ANA778便でした。
 日曜日の帰りの便が…
 ANA776便です。
 伊丹空港への着陸は、
 大阪市内上空から進入します。
 左側の窓際(座席番号A)に座っていると…
 着陸する前に大阪城が見えます。
 皆様、当機は間もなく着陸いたします。
 シートベルトをしっかりとお締めください。
 という機内アナウンスが聞こえてきます。
 昨日も大阪城がよく見えました。

こんな日もありました
結納の日1981

投稿者 sapporobiyou : 21:12 | コメント (0)

2016年10月23日

院長日記10周年

 私の院長日記は、
 2006年10月22日からはじまりました。
 ちょうど満10周年です。
 われながらよく続けたものです。
 院長日記を続けられたのは、
 さくらんぼさんからのコメントが原動力です
 荻野利彦先生の裁判がはじまりでした
      ■         ■
 まさか10年後に、
 自分が大同生命との裁判の被告になるとは
 夢にも考えていませんでした。
 しかも、
 私の院長日記を標的にされました。
 日本初のブログ裁判です
 この裁判は負けられません。
 全国の老朽化したビルで細々と営業する、
 全国の中小企業のためです。
      ■         ■
 おもしろいことに、
 中小企業の味方だという大同生命が、
 絶対に負けないというTVCMまで流してくれてています
 大同生命のやり方が正しいのか、
 大同生命保険
 執行役員
 小川琢磨広報部長
HTBテレビの取材で言われたように
 第三者の司法という目で、
 きっちりと判じてもらいます

      ■         ■
 それにしても、
 世の中はわからないものです。
 私の高校の同級生、
 すみれさんからも、
 コメントをいただくようになりました。
 本間くんと呼ばれた頃を思い出して
 楽しく院長日記を書いています。
 今日は日本美容外科学会のために京都に行きます。
 これからもつたない院長日記をつづけます。
 さくらんぼさん
 なっちゅんさん

 すみれさん、
 くくるんさん
 読んでいただきありがとうございます。

投稿者 sapporobiyou : 06:06 | コメント (0)

2016年10月22日

小陰唇肥大は外国人も困ってます

 札幌美容形成外科で多い手術が、
 小陰唇縮小手術です
 女性は、
 他人と比較することはありません。
 でも、
 ネットで検索するとたくさん出てきます。
 他人と比較すると…
 でかい
      ■         ■
 米国形成外科学会誌にも、
 小陰唇縮小手術のことが掲載されます。
 Labia Minora Reduction: A Growing Female Need
 2016年6月の
 Plastic & Reconstructive Surgeryの論文です。
 日本語に翻訳すると、
 小陰唇縮小手術:高まる女性のニーズ
 あまり上手な訳ではありませんが、
 こんな内容です。
      ■         ■
 マンガページ37
 他人に打ち明けづらい体の悩み
 足を閉じた状態での陰部のはみだし部分が大きいため、
 和式トイレで用を足すときに尿が飛び散り不潔になる、
 下着がこすれて痛みが出る、
 炎症をくりかえすため黒ずんでしまうなどの問題点があります

 悩んでいても解決しません。
      ■         ■
 性器の手術_男女差
 …に書いたように、
 女性小陰唇肥大は、
 痛かったり、
 かゆかったりすることがあります。
 中には保険適応にしてあげたいと思うほど、
 重度の小陰唇肥大もあります。
 いわゆる小陰唇肥大ではなく、
 恥骨部分から、
 会陰部まで肥大している患者さんもいらっしゃいます。
      ■         ■
 どんなに重度の肥大でも、
 女性の手術は、
 健康保険に手術点数がありません
 お母さんが心配するような状態でも、
 保険点数がない手術は、
 公立病院ではできません。
 かと言って、
 中学生の女の子に
 美容外科で手術を受けてくださいも言えません

 女性国会議員の方にお願いします
 (医師免許と持った男性国会議員にもお願いします
 将来は保険点数に、
 女子外性器縮小手術を入れてください。
 困っている女性がたくさんいらっしゃいます。 
0912-1

投稿者 sapporobiyou : 20:32 | コメント (0)

2016年10月21日

日本を休もう

 平成28年10月21日、北海道新聞朝刊の卓上四季です。
 休もう
日本を休もう」。バブル最盛期に、風変わりなキャッチコピーの広告が話題を呼んだ。JR東海がテレビやポスターで観光地を紹介し、著名人の言葉とともに旅を勧める内容だった。
▼ちょうど「24時間戦えますか」のCMが放送された翌年。仕事もいいけどゆったり休んでは、と受け止める向きが多かった。
▼その広告に関わったのが電通である。先頃、過労自殺が明らかになった電通の女性社員は1カ月の残業時間が過労死の目安とされる80時間を超えていた。関西電力でも社員の過労自殺が労災認定されたとの報道があった。なぜ、悲劇は後を絶たぬのか。
▼昔はこの程度の残業は当たり前だったと思う人もいるかもしれない。今や労働時間だけでは心身への負担を量れない。人減らしによる仕事の過密化やパワハラの横行。ゆとりがなくなり、人間関係にもしわ寄せが及ぶ。働けばさまざまな重圧がのしかかる。
▼遅きに失した感はあるが、政府が初の「過労死白書」をまとめたのも危機感の表れだろう。今こそ皆の知恵を集め働く人を死に追いやる社会を変えなければ、この国は持たないかもしれない。
▼冒頭の広告のポスターに、演出家の故蜷川幸雄さんが書いている。「休むヤツは馬鹿(ばか)だ。そう思っていた私が馬鹿だ。いいものをつくるには、働くことがすべてじゃない」。大事なのは、仕事よりも人間。改めて胸に刻む。「日本を休もう」と。2016・10・21
 (以上、北海道新聞より引用)

      ■         ■
 若い人たちにはなじみがない言葉だと思います。
 私が市立札幌病院で24時間働いていた頃、
 35歳から40歳くらいだったでしょうか?
 黄色いリゲインというドリンクを飲んでいました。
 三共さんという製薬メーカーが作りました。
 ロキソニンの会社です。
      ■         ■
 日本を休もうは、
 ちょっとだけ記憶があります。
 私には、
 30代も
 40代も
 50代も
 あまり休みはありませんでした。
 60代になっても働いています。
 ありがたいことだと思っています。
      ■         ■
 それにしても、
 演出家の故蜷川幸雄さんが書いている。
 「休むヤツは馬鹿(ばか)だ。
 そう思っていた私が馬鹿だ。
 いいものをつくるには、
 働くことがすべてじゃない」。
 大事なのは、
 仕事よりも人間

 改めて胸に刻む。
 「日本を休もう」と。

      ■         ■
 つくづくその通りだと思います。
 東京大学を卒業して、
 電通に入社し、
 電通女子寮で亡くなった
 高橋まつりさん(当時24
 だれか休もうと言ってくれたらよかったのにと思います。
 心からご冥福をお祈りしています。

投稿者 sapporobiyou : 21:12 | コメント (0)

2016年10月20日

イオンお客様感謝デー

 今日は寒い一日でした。
 札幌ではあられが降りました。
 早朝からかみなりが鳴っていて、
 朝起きた時も暗かったです。
 一日家にいました。
 夕方にでかけました。
 今日は10月20日です。
 イオンのお客様感謝デーです。
 じーじーのワオンカードを持っているので5%オフです
      ■         ■
 昨日の奥さんとの会話です。
 奥さん:卵がなくなったけど、
  明日が5%オフなので買わなかった。

 :ふーん、
 5%オフでいくら安くなるの?

 奥さん:卵は200円くらいだから、、、
  でも安いほうがいいでしょ。

 :そうだね、
  今日、卵を食べなくてもいいしね。

      ■         ■
 よく喧嘩をする夫婦ですが、
 2人ともケチなので
 2人とも5%オフに惹かれます
 たまたま私が夕方に外出したので、
 今日は私がイオンで卵を買いました。
 たくさんの卵があります。
 どの卵を買うか、
 奥さんに電話で確認します(通話料は無料です)。
      ■         ■
 奥さん:トップバリューの、
  茶色の卵。

 一番安い卵より、
 ちょっとだけ高い卵です。
 これも喧嘩にはなりません。
 最高級の卵でなくてもいいです。
 奥さんから買物の指令が来ます。
 SBの塩こしょうの詰め替え用を買ってきて
      ■         ■
 塩こしょうの売り場に行って、
 また確認の電話です。
 SBの塩こしょうだけで、
 3種類もある。
 どれを買うの?
 オレンジの?
 黒いの?
 白いの?
 オレンジのがたくさん入っていてお得だょ。
      ■         ■
 こんな調子です。
 よく喧嘩をするのに、
 買い物では喧嘩しません。
 賞味期限が近くなって、
 割引になっているのは、
 好んで買う夫婦です。
 お店の人にも、
 きっとケチだと思われています。
 たまにクリニックのお客さんに会うこともあります。
 ちょっとだけ恥ずかしいです。
20161020

投稿者 sapporobiyou : 21:05 | コメント (0)

2016年10月19日

裁判所に行って思うこと

 昨日の院長日記、
 裁判の影響2016年10月
 大同生命から建物明渡訴訟を起こされて半年です
 ご声援に感謝しています。
20160620
 2016年6月20日HTB北海道テレビの番組、
 イチオシ!
 どう変わる札幌中心部再開で取材を受けました。
 YouTubeでご覧いただけます
      ■         ■
 上の写真やYouTubeで見ていただけるように、
 私は元気です
 へこたれていません
 むしろ、
 たくさんの人に応援していただいてうれしいです。
 日本初のブログ裁判です
 後世にしっかり記録を残します
 それが自分の使命だと信じています。
      ■         ■
 裁判所に行くのは大変ですが、
 役立つことがたくさんあります。
 私にとって一番勉強になるのが、
 世の中には、
 こんなに訴訟があるんだ

 …ということがわかることです。
 ほんとうにたくさんの訴訟があります。
      ■         ■
 私は裁判所に行くと、
 一階に掲示してある予定表を見ます。
 大学にある掲示板のようです。
 授業が休講になるとか、
 試験の成績が悪い学生を呼び出すとか、
 とにかく掲示板を見落とすと大変なのが大学生です。
 昔は定期試験の合否も掲示板でした。
 誰が落としたかわかりました。
      ■         ■
 裁判所の掲示板には、
 原告、
 被告、
 担当裁判官、
 法廷の場所
 …が書かれています。
 被告人の名前が出ています。
      ■         ■
 医療訴訟もあります。
 裁判は公開が原則ですから、
 誰でも傍聴ができます。
 自分の口頭弁論の前の裁判や、
 同じ時間帯の裁判は、
 傍聴席で聞くことになります。
 他の裁判を聞いていると、
 自分だけじゃないんだ
 もっと大変な人がいる

 …と感じます。
      ■         ■
 病院に入院して、
 他にも入院している人がいて、
 自分だけじゃないんだ

 …と思うのに似ています。
 病院と違うところは、
 他の人の病気の説明も全部聞けるところです。
 個人情報もプライバシーもなく聞けます。
 弁護人や裁判官の言葉も全部聞けます。
      ■         ■
 私が感じたことです。
 医療訴訟の被告でなくてよかった
 つくづくそう思います
 裁判所で傍聴した医療訴訟は多くはありませんが、
 毎月届く、
 医療事故情報センターのセンターニュースを読んで、
 明日は我が身と、
 毎回心が引き締まる思いです。
 裁判は大変ですが、
 これも私の人生です。
 日々勉強して平成28年11月4日(金)16:00からの
 第2回弁論準備手続に備えます。

投稿者 sapporobiyou : 18:31 | コメント (0)

2016年10月18日

裁判の影響2016年10月

20160620
 2016年6月20日HTB北海道テレビの番組、
 イチオシ!
 どう変わる札幌中心部再開で取材を受けました。
 YouTubeでご覧いただけます
 大同生命から建物明渡訴訟を起こされて半年です
      ■         ■
 大同生命との裁判①
 平成28年4月23日に、
 特別送達という郵便物が届きました。
 分厚い郵便物です。
 1000円切手が2枚も貼ってある郵便は、
 はじめて見ました。
 特別送達の郵便物は、
 札幌地方裁判所、
 民事第5部4係からでした。

      ■         ■
 最初は驚きましたが、
 裁判にも慣れました。
 裁判所には失礼かとも思いますが、
 裁判は試験に似ています
 裁判所からの書類です。
 原告から訴状が提出されました
 当裁判所に出頭する期日が下記のとおり定められましたので、
 同期日に出頭してください。
 なお、訴状を送達しますので、
 下記答弁書提出期限までに答弁書を提出してください。
    
 期日 平成28年5月30日(月)午後1時30分
    口頭弁論期日
 出頭場所 703号法廷(7階)
 答弁書提出期限 平成28年5月23日(月)

      ■         ■
 裁判を知らなかった私は、
 TV番組のように、
 法廷で、
 裁判長
 異議あり

 …という場面を想像していました。
 現実は違いました。
 裁判所は静かです
 裁判長もおだやかな方です。
 優しい目をしていらっしゃいます。
      ■         ■
 私の運が良かっただけなのかもしれませんが、
 札幌美容形成外科の担当、
 札幌地裁民事第5部4係
 根本宜之裁判官
は、
 法律を守る裁判官として、
 紛争を早く解決してあげたい

 …という熱意が感じられます
 ありがたいことです。
      ■         ■
 裁判が試験に似ていると言ったのは、
 裁判所で行われる
 口頭弁論
 弁論準備手続
 …が試験当日だとします。
 試験に合格するかどうかは、
 試験前の勉強をどれだけするか?にかかっています。
 医師国家試験も司法試験も同じです。
      ■         ■
 試験前の勉強が、
 準備書面という書類の作成です。
 期日までの間に、
 どれだけ丁寧に準備書面を作成して、
 論点を整理して、
 試験(弁論)に臨むかで結果が決まります。
 難関の入試
 医師国家試験、
 専門医試験、
 博士論文の審査を経験したことが役立ちます。
      ■         ■
 こちらは、
 札幌市弁護士会の高橋智先生と、
 綿密に連絡をとっています。
 準備書面は、
 何度も確認して提出しています。
 相手方は大きな法律事務所ですが、
 こちらには小さな診療所と
 小さな法律事務所というメリットがあります。
      ■         ■
 次回は平成28年11月4日(金)16:00から
 第2回弁論準備手続
 です。
 裁判は時間がかかります。
 相手方から、
 膨大な証拠が提出されています
 それを調べるだけでも時間がかかります。
 分厚い証拠の大部分は当院のHPです。
 書いた本人が私ですからよくわかっています。
      ■         ■
 前回は当院の防犯ビデオを証拠として提出しました。
 かなり鮮明に音声も画像も残っていました。
 すごいことです。
 よくTVに出る、
 コンビニ強盗のビデオより、
 よほど鮮明に映っていました。
 SECOMの防犯ビデオに感謝しています。
      ■         ■
 裁判になっていることで、
 札幌美容形成外科の診療に影響が出ています
 いかに準備書面を綿密に作成しても、
 最終的な判断は裁判所が出します。
 もし敗訴して診療が続けられなくなったら、
 患者さんに迷惑をかけることになります。
 残念ですが、
 開院以来続けてきた、 
 保険診療による腋臭症手術わきが手術は、
 現在はお引き受けしていません。
      ■         ■
 腋臭症手術は手術後に通院が必要です。
 色素沈着になることもあります。
 傷が残ることもあります。
 もし札幌美容形成外科が閉院してしまうと、
 治療の継続が困難になります。
 大変申し訳ございませんが、
 腋臭症手術をご希望の患者さんには、
 市立札幌病院形成外科をご紹介しています
      ■         ■
 レーザー脱毛の、
 2年間フリープランもお引き受けしていません
 たとえこのビルに残っているのが、
 札幌美容形成外科一軒だけになっても、
 2年後にも診療を継続していると、
 (私は)考えています。
 でも裁判所の判断が違う可能性もあります。
 私は金銭での解決は一切考えていません
 仮診療所→新ビルへの入居だけです。
 この問題の解決に数年はかかると読んでいます。
 みなさまからのご支援に感謝しています。

投稿者 sapporobiyou : 21:21 | コメント (0)

2016年10月17日

手術後の腫れとアレルギー

 北海道は秋です。
 札幌市内でも紅葉がはじまっています。
 私の通勤路にある、
 桜やナナカマドの葉が赤くなってきました。
 毎朝暖房を入れても、
 奥さんに怒られなくなりました
 10月中旬になると暖房を入れます。
      ■         ■
 北海道には味覚の秋もあります。
 今年は不漁だと言われていますが、
 旬の味にいくらがあります。
 サザエさんのいくらちゃんです。
 回転寿司では年中いくらがありますが、
 秋のイクラは美味しいです。
 鮭の魚卵です。
      ■         ■
 美味しいいくらですが、
 世の中には、
 いくらアレルギーの人がいます。
 お弁当に数粒入っていただけで、
 のどがかゆくなります。
 大量に食べると呼吸困難になる恐れがあります。
 食物アレルギーはこわいです
      ■         ■
 前置きが長くなりました。
 メール相談で、
 手術後の腫れがとれない
 傷ががたがた
 数ヵ月間ずっと違和感がある
 ずっと痛みがある

 …こんな相談を受けることがあります。
      ■         ■
 札幌美容形成外科で眼瞼下垂症手術をした患者さんから、
 わたし、いつになったら
 先生みたいな傷になるんですか
 
 …こんな患者さんが今までに数人いらっしゃいます。
 頻度としては1%以下だと思います。
 原因はアレルギーです。
 アレルギーを治す軟膏で、
 かぶれる人がいます
      ■         ■
 札幌美容形成外科で多い小陰唇縮小手術
 手術後に確認してから帰宅していただきます。
 それでも、
 一年にお一人くらいは、
 手術後にかぶれる人がいらっしゃいます
 年齢や職業は関係ありません。
 もともとかぶれやすい人は、
 手術後にもかぶれることがあります

      ■         ■
 手術後に通院不要の美容外科ではわかりません。
 軽度のアレルギーは、
 外用剤を替えると治ります。
 何もつけないようにして、
 治る人もいます。
 外用剤ではなく、
 下着や生理用品でかぶれる人がいます。
 女性用に売っている軟膏でかぶれる人がいます。
 治らない腫れを診たら、
 私はアレルギーを疑います

 よく見るとわかります。

投稿者 sapporobiyou : 20:31 | コメント (0)

2016年10月16日

札幌市形成外科医会2016

 昨夜(2016年10月15日)、札幌市形成外科医会が開催されました。
 今年はどうしようかなぁ~?
 欠席しようかなぁ~?
 …と考えながら、
 返信のFAXをそのままにしていました。
 幹事の、
 札幌スキンケアクリニックの松本敏明先生から電話がありました。
 先生の出欠が?になっている。
      ■         ■
 松本敏明先生は北大形成外科の先輩であり、
 札幌医大の先輩です
 直接お電話をいただいたので、
 『申し訳ありません。出席します。』
 …と出席することになりました。
 形成外科医の集まりです。
 共通した話題や問題がたくさんあります。
 困っていることも共通しています。
      ■         ■
 ある開業医の先生から、
 職員が、
 寿退社
 産休
 …と重なり、
 人が足りなくなって大変だったとお聞きしました。
 6年前に開業した時は、
 受付を募集したら50人も応募があったのに、
 今回はゼロ
      ■         ■
 途方にくれて、
 人材派遣会社にお願いしても、
 派遣できる人がいません
 不況の北海道でも、
 求人難です。
 有効求人倍率は、
 かつてないほどに上がっているそうです。
 経営者にとっては大変です。
      ■         ■
 札幌美容形成外科も求人で苦労しています。
 幸いなことに今は大丈夫ですが、
 寿退社
 産休
 …は避けて通れない道です
 開業後してしばらくして、
 開業医の大先輩にお聞きしたことがあります。
 どうしたら…?
 いい人に長く勤務してもらえますか?

      ■         ■
 先輩から伺った言葉です。
 求人は永遠のテーマです。
 私以外は全員女性の職場です。
 寿退社
 産休
 …はうれしいことです。
 私は自分の娘
 寿退社
 産休を取ると思っています。
      ■         ■
 寿退社
 産休
 …は退社までに時間があります。
 できるだけのことを引き継いでもらい、
 お互いに協力し合って何とかやっています。
 新しい人を見つけるのは大変です。
 できるだけ快適な職場になるように心がけています。 

投稿者 sapporobiyou : 17:37 | コメント (0)

2016年10月15日

電通、労基法違反容疑で立件視野_本支社一斉抜き打ち

 平成28年10月14日と15日の朝日新聞の記事です。
 WEB版から引用しています。
 死んでしまいたい電通の女性新入社員自殺
 2016年10月8日の院長日記、
 社内の飲み会の準備は仕事?
 2016年10月9日の院長日記の続きです。
 亡くなられた高橋まつりさんのご冥福を心からお祈りいたします。
      ■         ■
 電通に労働局が立ち入り_長時間労働、全社で常態化疑い
 広告大手、電通の女性新入社員(当時24)が昨年末に過労自殺し、労災認定されたことを受け、東京労働局と三田労働基準監督署は10月14日午後、労働基準法違反の疑いで電通の本社(東京都港区)と支社数カ所に一斉に立ち入り調査に入った。違法な長時間労働が全社的に常態化していた疑いがあるとみて、労務管理の実態を詳しく調べる。
 この日の立ち入り調査は、労基法に基づく「特別監督指導」と呼ばれるもので、調査の結果、法令違反が見つかり、悪質と判断されれば刑事事件として立件することができる。今回の労災認定は、過労自殺した新入社員の問題にとどまらず、雇用者の刑事責任が問われる事態に発展する可能性が出てきた。
 労災認定を受けたのは、入社1年目だった高橋まつりさん。2015年12月25日、都内の電通の女子寮で自殺した。三田労基署は「仕事量が著しく増加し、時間外労働も大幅に増える状況になった」と認め、9月30日に労災認定した。三田労基署は、高橋さんの1カ月(2015年10月9日~11月7日)の時間外労働を約105時間と認定している。
 遺族側の代理人弁護士によると、高橋さんの時間外労働は、電通が労基署に届け出た上限の時間を大幅に超えていた。東京労働局はこうした事実が労基法違反にあたるとみて問題視している。電通では、1991年にも入社2年目の男性社員(当時24)が長時間労働が原因で自殺し、遺族が起こした裁判で最高裁が会社側の責任を認定した。若手社員の過労自殺が繰り返されたことも重くみている。
 全社的に労働時間の把握がずさんで、長時間労働が野放しになっている可能性もあるとみて、抜き打ちで調査に入って実態解明に乗り出す。本社には午後1時から、長時間労働の調査を専門に行う「過重労働撲滅特別対策班」のメンバーなど8人が立ち入り調査に入った。
 塩崎恭久厚生労働相は10月12日の衆院予算委員会で、「(同じ企業で)再び自殺事案が発生したことは本当に遺憾の至りだ」と述べ、「過労死等に関する労災請求があった事業場に対し、監督・指導を徹底したい」と強調していた。東京労働局長は10月11日、電通の幹部を呼び、再発防止に向けて労働時間の適正管理や、実効性のある過重労働の防止対策を講じるよう求めていた。(千葉卓朗)
 平成28年10月15日の記事です。
 電通、労基法違反容疑で立件視野 本支社一斉抜き打ち
社員「過労自殺2度目なので…」 電通の労務管理焦点に
日本を代表する広告会社の電通に対し、東京労働局が抜き打ち調査に踏み切った。女性新入社員の過労自殺をきっかけに、違法な長時間労働が常態化していた疑いが表面化し、刑事事件に発展する可能性が出てきた。今回の調査には、長時間労働の是正に取り組む安倍政権の姿勢も垣間見える。
 「自分も当然のように深夜残業をしている。過労自殺は2度目なので、労基署が入ることは意外とは思わない」。電通の中堅社員は14日、こう漏らした。
 別の30代の社員も「ここ3カ月は残業が月100時間を超える。何とかしてほしいと思っていた。労基署が入って会社が変わってくれるならいい」と話す。
 電通の労働時間の管理はどうなっているのか。広報部は、社員が始業・終業の時刻を申告し、上司が承認して管理していると説明する。
 労働基準法は、1日8時間、週40時間が労働時間の上限と定める。ただ、労使で結んだ協定を労働基準監督署に届ければ、上限を超えてもいい。電通が届けている時間外労働は原則として月50時間。この範囲で残業させるように管理職に指導しているという。
 しかし、自殺した高橋まつりさんの時間外労働は月100時間を超えていた。労基署に届け出ている時間を大きく上回る。入退館記録などをもとにした遺族側の代理人弁護士による集計では130時間に達したこともあった。
 広告業界をとりまく環境変化が働き過ぎを助長しているとの見方もある。スマートフォンの普及、オンライン動画やソーシャルメディア(SNS)の利用者の増加につれてネット広告が急増。電通の調べでは、国内の2015年のネット広告費は1兆1594億円で、5年前より49.6%伸びた。電通の売上高に占めるネット・モバイル広告関連の割合も増加傾向にある。
 ただ、条件が事前に決まる新聞やテレビなどの広告と違い、ネット広告は表示や閲覧回数などを踏まえて代金が決まる。社員の多くは「ネット広告への理解度が薄い」(業界関係者)との見方もある。
 9月にはネット広告を扱う部署で、一部の広告を契約通り掲載しないといった取引が判明。山本敏博常務執行役員は記者会見で「仕事量に対して力量と時間が足りていなかった」と、管理体制の不備を認めた。
 電通の社内では、経営環境の変化のスピードに対応しきれず、長時間労働が常態化していた可能性がある。今後の労働局の調査では、電通が労働時間の実態を正しく把握して労務管理をしていたかが焦点になるとみられる。
■特別チーム「かとく」が抜き打ち調査
 本社への抜き打ち調査には、東京労働局の「過重労働撲滅特別対策班」が加わっていた。通称「かとく」と呼ばれる特別チームだ。所属メンバーは労基署が行う日常的な業務はせず、過重労働が疑われる企業を集中的に調査している。ターゲットの企業を徹底して調べるのが特徴で、東京・大阪の両労働局だけにあるチームだ。
 発足したのは昨年4月。働き手を酷使する「ブラック企業」の問題の深刻化を受けて、悪質なケースの取り締まりを強化するのが狙いだ。主なターゲットは全国規模で事業展開する大企業。事業所ごとの案件を調べるのではなく、会社全体の労務管理の実態を解明し、過重労働を防ぐことをめざしている。行政指導にとどまらず、企業や経営陣の刑事責任を追及するケースが目立つ。
 最初に手がけた案件は靴チェーン店「ABCマート」の違法残業。都内2店舗で横行していた月100時間前後の違法残業について、東京の「かとく」が昨年7月、店の責任者やチェーンを運営する会社の役員を労基法違反の疑いで東京地検に書類送検した。
 東京の「かとく」は今年1月、ディスカウント店を展開する「ドン・キホーテ」の違法残業も立件。大阪の「かとく」も全国チェーンの飲食店の運営会社2社を立件した実績がある。
 電通への調査では、関西支社(大阪市)に大阪の「かとく」のメンバーも加わった。厚生労働省の担当者は「省としてしっかり取り組む案件だという認識の表れ」と解説する。
■政府の「働き方改革」、議論始まったばかり
 「電通の社員の方が過労死、いわば働き過ぎによって尊い命を絶たれた。二度と起こしてはならない。働く人の立場に立った『働き方改革』をしっかりと進めていきたい」
 立ち入り調査前日の13日夜。安倍晋三首相は、自ら議長を務める「働き方改革実現会議」に関連して開かれた多様な働き手との意見交換会で、社名を挙げて過労自殺の防止に言及した。
 首相は働き方改革を政権の「最大のチャレンジ」と位置づけ、改革に向けた議論を9月末に本格化させたばかり。主要テーマの一つとして、長時間労働の是正を挙げている。
 過労自殺した電通の新入社員が労災認定されたのは、その矢先の出来事だった。それからわずか2週間後に行われた抜き打ち調査。厚労省幹部は「働き方改革で長時間労働を是正しようという流れがあり、首相も『働く人の立場に立った改革』と言っている。塩崎恭久厚労相にも(電通に)厳しい対応をしなければいけないという思いがあったと思う」と解説する。
 政府は長時間労働を是正するため、残業時間の上限を厳しくする新たな規制の導入を検討している。実現会議が年度末にまとめる実行計画に具体策を盛り込む予定だ。菅義偉官房長官も14日夕の記者会見で、「働き過ぎによって尊い命を落とすことは決してないように、長時間労働の是正を行いたい」と話した。
20161015-1
(以上、朝日新聞より引用)

      ■         ■
 何度読んでも涙が出ます。
 電通というとなじみがない会社に聞こえますが、
 私たちが毎日見ているTVやネットの広告の多くは、
 電通が代理店をしています。
 東京オリンピックにも、
 電通が大きく関与していると報道されています。
 美容外科の広告も扱っていたと記憶しています。
      ■         ■
 問題なのは、
 社員のことなんか…
 どうでもいいと感じられる姿勢です。
 休日返上で作った資料をボロくそに言われた
 もう心も体もズタズタだ

 どんなにつらかったことか、
 会社の体質としか考えられません。
      ■         ■
 二度と同じような事件が起きないように、
 徹底的に解明していただきたいです。
 3時間の特番で放送してほしいです。
 見開き2面の全面広告で
 高橋まつりさんに謝罪してください
 企業は電通を代理店に使わないでください。
 高橋まつりさんのご冥福をお祈りしています。

投稿者 sapporobiyou : 16:54 | コメント (0)

2016年10月14日

簡単な手術はありません

 遠方からのメール相談です。
 簡単な手術だという話から、
 ○○術を受けました。
 まだ痛みます
 腫れも残っています…涙

 こんな相談メールが来ます。
 残念なことです。
      ■         ■
 手術は、
 身体に傷をつける行為です。
 小さなピアスの穴から、
 大きな耳垂ケロイドになることもあります
 ケロイドの治療は簡単ではありません。
 個人差といえば個人差ですが、
 はっきりとした原因は2016年10月でもわかっていません。
      ■         ■
 埋没法の二重が取れたから、
 全切開の手術をしました
 それでも眠たそうな目は治りません。
 眼瞼下垂症手術をしても、
 下垂が再発することがあります

 簡単ではありません。
      ■         ■
 粉瘤ふんりゅうという皮膚のできものがあります。
 感染して、
 粉瘤の袋がとけていることがあります。
 化膿して熱が出ていることもあります。
 札幌美容形成外科で手術をしているのは、
 硬くてころころした粉瘤だけです
 感染している粉瘤は、
 手術で袋を全部取り出すことは難しいのです。
      ■         ■
 注射で鼻を高くしようとしました。
 簡単だと説明されて、
 レディエッセという注射をしました
 直後に意識障害、
 注射をした先生もおろおろして、
 救急車で脳神経外科病院に搬送されました。

 近くの大学病院に転院して、
 目の血管にレディエッセが入ったことがわりました。
 こんな有害事象があります
 …という警告を発信するために、
 毎日院長日記を書いています
 ほんとうは厚生労働省の仕事だと思います。
inchou-asa

投稿者 sapporobiyou : 19:16 | コメント (0)

2016年10月13日

無理をしないことにしています

 昨日の院長日記、
 後期高齢者」を別の呼称にして
 私はあと3年で前期高齢者。
 市立札幌病院の医師定年が65歳。
 札幌医大の教授の定年も65歳です。
 でも、
 市立札幌病院を退職して開業される先生もいますし、
 札幌医大を退職して開業される先生もいます。
      ■         ■
 病気さえしなければ、
 開業医に定年はありません

 老害と言われたくないので、
 手術ができなくなったら廃業しますが、
 まだまだ目も手も元気です。
 手術用顕微鏡があるので、
 老眼になってもよく見えます。
      ■         ■
 大同生命との裁判があるので、
 簡単には廃業できません

 絶対に負けないというCMを見て、
 家内と笑っています。
 あれは、
 うちのためのCMなんだって思っています。
 タイミングよくいいCMを作ってくれました。
      ■         ■
 札幌美容形成外科で行う手術は、
 目の手術が大部分になりました
 その次に多いのが、
 皮膚腫瘍の手術や、
 小陰唇縮小手術です
 月に2件くらい、
 陥没乳頭の手術があります。
      ■         ■
 あと3年で65歳なので、
 自分のペースで、
 患者さんに喜んでいただける手術をしています。
 メール相談はたくさんいただきます
 たまには失礼なメールも来ます
 私にできる範囲で返信を書いています。
 昔、よく祖母に言われました。
 無理すんでない
 しっかり教えを守っています。

投稿者 sapporobiyou : 19:19 | コメント (0)

2016年10月12日

声_どう思いますか?「後期高齢者」を別の呼称にして

 平成28年10月12日、朝日新聞朝刊、声の欄です。
 どう思いますか)8月27日付掲載の投稿『「後期高齢者」を別の呼称にして
■「後期高齢者」を別の呼称にして
 主婦 延島晶子 (東京都 77)
 体のあちこちに不具合はあるものの、一応自分のことは自分でできることに感謝しています。ただ、「後期高齢者」の呼称に違和感を抱き続けています。「そろそろこの世を去るべきですよ」というメッセージが含まれている気がするのは私のひがみでしょうか。
 少子高齢化社会になり、若い世代に負担をかけていることは申し訳なく思います。でも、健康で生活を楽しんでいる80代、90代の方も大勢いらっしゃいます。一方、「要介護」「要支援」の方もいらっしゃいます。どちらも戦中戦後を苦労して生き抜き、日本が貧しい時代に国の礎を築いてきた方たちばかりです。
 その人たちがつらい思いをしないように、例えば65歳以上を「シルバー・エイジ」、75歳以上を「ゴールデン・エイジ」というように、呼称を変えていただけないでしょうか。この国の発展に寄与してきた老人も身を縮めることなく、少し明るい気持ちになれると思うのですが。
 (8月27日付掲載の投稿〈要旨〉)
      ■         ■
 国家公務員 田添京子(長崎県 65)
 前期高齢者になった私は、たまにこの言葉を使うが、半ば自虐としての範疇(はんちゅう)であり、納得しているわけではない。
 老いの入り口にいるのは確かで、身の動きなど日常の様々な事象に、人生の黄昏(たそがれ)時にある自分を意識する。でも、それを認めたくない自分もいる。若い人が座席を譲るなど優しくしてくれると、かえって気持ちがへこむことだってある。
 誰でも年老いるが、その複雑な心情はなってみないとわからない。気持ちを奮い立たせながら生きている。
 ある老人施設では、90歳以上を高齢者と決め、敬老の日を祝うという。他の方はお祝いする側に回り、90歳になるのを楽しみに待つそうだ。何と、老いの心に寄り添った心配りだろう。
 ご提案の「シルバー・エイジ」「ゴールデン・エイジ」。何だかすてき。たかが呼称、されど呼称だと思う。
      ■         ■
 ◆焦らず、怒らず、諦めず
 プロデューサーの石井ふく子さん(90)
「後期高齢者」といった呼称は、いかにもお役所言葉。気にしなくていい。人は年代ではくくれません。元気な90歳もいる。なのに「後期」「高齢者」などと呼ばれると、消極的になりがちです。
 そうではなく、「まだ出来る」という気持ちが大事。以前、女優の杉村春子先生に「お元気ですか」とお聞きしたら、「元気じゃいけないの?」と叱られたことがあります。今は先生のお気持ちがわかります。私は「九十歳になりましたね」と言われたら、数字を逆にして「いえ、十九です」と答えます。高齢者は生きているだけで尊いのです。自信を持ちましょう。
 また、目標や張り合いがあるといいですね。私は良い作品づくりが使命と考え、「焦らず 怒らず 諦めず」の精神で過ごしています。
(以上、朝日新聞より引用)

      ■         ■
 私はこの後期高齢者医療制度ができた時から、
 だれがつけたんだ、
 こんな名前
と怒っていました。
 私は後期高齢者という名前が嫌いです
 62歳の私は、
 あと3年で前期高齢者です。
 男でも
 あ~ぁ、
 前期高齢者か

 …と思います。
      ■         ■
 石井ふく子さんはさすがです。
 「後期高齢者」といった呼称は、
 いかにもお役所言葉
 気にしなくていい。

 その通りです。
 医者仲間の先輩でも、
 保険証が後期高齢者に変わったとなげいています。
      ■         ■
 医療機関にとって、
 前期高齢者も、
 後期高齢者も関係ないんです。
 自己負担割合が何割かわかれば、
 医療費の計算はできます。
 将来は紙の受給者証ではなく、
 ICチップにたくさんの情報が入ったカードがいいです。
      ■         ■
 指紋認証や、
 顔認証で、
 ICカードからお薬や病気の情報が入手できるといいです。
 役所ともオンラインでつながって、
 クレジットカードのように認証ができると便利です。
 今の健康保険証では、
 たとえ他人が使ってもわかりません。
 後期高齢者受給者証ではなく、
 医療カードでいいです。
 「後期高齢者」といった呼称は、
 いかにもお役所言葉
 大嫌いです

投稿者 sapporobiyou : 17:08 | コメント (0)

2016年10月11日

本間くんだった頃

 すみれさんからコメントをいただくようになり、
 昔のことをなつかしく思い出しています。
 私は夕張市の山奥、大夕張から
 15歳の時に札幌に来ました。
 私が生まれたのは昭和29年(1954年)です。
 洞爺丸台風が来た年
 市立札幌病院で生まれました
 62年前です。
      ■         ■
 小学校2年生までは、
 札幌郡手稲町字金山栄町に住んでいました
 父親が手稲療養所という、
 三菱鉱業の結核療養所に勤めていました
 父親は、
 満90歳で、
 今年3月29日に自分が昔勤めていた場所で亡くなりました
 イムス札幌内科リハビリテーション病院という病院になっています。
      ■         ■
 小学校3年生から中学校1年生の5月まで、
 美唄市茶志内(びばいしちゃしない)に住みました
 茶志内炭鉱(ちゃしないたんこう)という炭鉱の町でした。
 茶志内炭鉱が閉山したため、
 中学校1年生の5月に、
 大夕張に引越して
 鹿島中学校に転校しました
      ■         ■
 高校から札幌に出ました。
 夕張の高校から大学に入るのは大変という親の考えでした
 私もそう思っていました。
 62歳になって振り返ってみると、
 地元に残って夕張東高校に入学した同期生が、
 北大に現役合格しました。
 札幌医大に入学してお医者さんになった人もいます。
 人生はわからないものです。
      ■         ■
 札幌に出てきたけんいち少年は、
 勉強ができなくて苦労しました
 英語が赤点でした
 医学部なんて絶対に合格できない成績でした
 私が医師になれたのは、
 予備校で教えてくださった
 矢野雋輔やのしゅんすけ先生のおかげです
 今でも感謝しています。
      ■         ■
 よく風邪をひいて、
 大きなマスクをして、
 青白い顔をしていました。
 保健室にもよくお世話になりました
 美容形成外科の医者になるなんて、、、
 夢にも考えていませんでした。
 人生とは不思議なものです。
      ■         ■
 すみれさんから同期のことを教えてもらいました。
 東京に行かれた女子が、
 その後どうしていらっしゃるのか?
 私はまったく知りません。
 北海道にいる方でもわかりません。
 本間くんだった頃は
 62歳になってみるととてもなつかしいです。
 11月23日にクラス会をします。

投稿者 sapporobiyou : 20:05 | コメント (0)

2016年10月10日

斗南病院新築移転

 札幌の斗南病院が2016年10月11日に新築移転します
 私の通勤路に、
 新しい斗南病院があります。
 道庁の北西側にあります。
 北大植物園の近くです。
 ポールスター札幌というホテルの、
 道路をはさんで西側です。
      ■         ■
 昔、JA札幌厚生病院があった場所です。
 JA札幌厚生病院が移転してからは、
 青空駐車場になっていました。
 私は、
 青空駐車場の時から、
 毎日横を歩いて通っていました。
 今朝も横を通ってきました。
      ■         ■
 斗南病院には形成外科があります。
 形成外科科長は、
 元北大形成外科准教授の、
 佐々木 了(ささき さとる)先生です
 日本血管腫血管奇形学会理事長です
 日本全国から患者さんが集まっています。
 朝日新聞で紹介されたことがある先生です。
      ■         ■
 斗南病院には、
 札幌美容形成外科からも患者さんをご紹介しています。
 紹介状がなくても診てもらえますが、
 初診時特定療養費が3,000円(+消費税)がかかります。
 形成外科専門医も複数在籍しています。
 とてもいい病院です。
 今朝の北海道新聞には全面広告が出ていました。
 斗南病院のご発展を祈念しています。
20161010-1
20161010-2

投稿者 sapporobiyou : 17:10 | コメント (0)

2016年10月09日

社内の飲み会の準備は仕事?

 昨日の院長日記、
 2016年10月8日、朝日新聞の記事、
 死んでしまいたい
 電通の女性新入社員自殺
の続きです。
 電通では、
 社内の飲み会の準備をする幹事業務
 新入社員に担当させており、
 「接待やプレゼンテーション
 企画・立案・実行を実践する重要な訓練の場
 と位置づけている。
 飲み会の後には「反省会」が開かれ、
 深夜まで先輩社員から細かい指導を受けていた。

      ■         ■
 酒が飲めない私は、
 病院の宴会や飲み会が苦手でした。
 特に毎年12月は、
 連日忘年会がありました。
 一次会だけならまだしも、
 二次会→三次会は過酷でした。
 あっ
 先生また寝てる

 …とよく言われました。
      ■         ■
 大学の忘年会幹事は、
 優秀な同期にお任せして、
 私はもっぱら写真係りをしていました
 写真係りは飲まなくてもいいし、
 どうせ本間は飲めないからで許されました。
 いい医局でした。
 今でもだいたい一次会で帰ります。
      ■         ■
 電通の新入社員、
 高橋まつりさん(当時24)は2015年12月25日、
 住んでいた都内の電通の女子寮で自殺
 高橋まつりさんも、
 私と同じで宴会が苦手だったのかも?
 そんなことを思ってしまいました。
 担当部署の人数が14人から6人に減り、
 新入社員に宴会の幹事までさせるのは過酷です。
 接待やプレゼンテーション
 企画・立案・実行を実践する重要な訓練の場とは思いません。 
 心からご冥福をお祈りしています。
20161009

高橋まつりさんの遺影を掲げて記者会見する母親の幸美さん
=東京・霞が関の厚生労働省(以上、朝日新聞より引用)

投稿者 sapporobiyou : 16:18 | コメント (0)

2016年10月08日

「死んでしまいたい」 電通の女性新入社員自殺

 平成28年10月8日、朝日新聞朝刊の記事です。
 亡くなられた高橋まつりさんのご冥福をお祈りいたします。
 死んでしまいたい」過労自殺の電通社員、悲痛な叫び
 広告大手、電通の新入社員だった高橋まつりさん(当時24)が、過労自殺だったとして労災認定された。母親の幸美さん(53)は10月7日、厚生労働省で記者会見し、「労災認定されても娘は戻ってこない。いのちより大切な仕事はありません。過労死を繰り返さないで」と訴えた。
 遺族側の代理人弁護士によると、高橋さんが配属されたのはインターネット広告を担当する部署だった。自動車保険などの広告を担当し、クライアント企業の広告データの集計・分析、リポートの作成などが主な業務だったという。
 業務が大幅に増えたのは、試用期間が終わり、本採用になった昨年10月以降。部署の人数が14人から6人に減ったうえ、担当する企業が増えた。月100時間を超える時間外労働をこなしたこともあり、高橋さんは精神障害による労災認定の基準の一つを超えたと判断された。
 電通では、社内の飲み会の準備をする幹事業務も新入社員に担当させており、「接待やプレゼンテーションの企画・立案・実行を実践する重要な訓練の場」と位置づけている。飲み会の後には「反省会」が開かれ、深夜まで先輩社員から細かい指導を受けていた。上司から「君の残業時間は会社にとって無駄」「髪がボサボサ目が充血したまま出勤するな」「女子力がない」などと注意もされていたという。
 「本気で死んでしまいたい」「寝たい以外の感情を失った」「こんなストレスフルな毎日を乗り越えた先に何が残るんだろうか」。高橋さんはSNSなどで友人や母親に、仕事のつらさを打ち明けていた。
 心配した幸美さんが電話すると、まつりさんは「転職するか休職するか、自分で決断する」と答えた。11月には上司に仕事を減らしてもらうよう頼んでいた。幸美さんは「自分で解決してくれる」と娘を信じた。
 昨年12月25日朝、まつりさんから幸美さんに「今までありがとう」とメールが来た。幸美さんが電話で「死んではだめ」と呼びかけると、まつりさんは「うん」と答えた。それが、最後のやりとりになった。
■電通、再発防止を誓うも…
 電通では1991年にも入社2年目の社員(当時24)が自殺。電通は当時、会社としての責任を認めなかったが、2000年3月の最高裁判決は「会社は過労で社員が心身の健康を損なわないようにする責任がある」と認定。過労自殺で会社の責任を認める司法判断の流れをつくった。電通はその後、遺族と和解。責任を認めて再発防止を誓った。
 この裁判を担当したのが、高橋さん側の代理人を務めている川人博弁護士だ。川人氏は7日の会見で、労働時間の把握がずさんだったり、上司の安全配慮に対する意識が十分でなかったりした可能性を指摘。「企業責任は重大。抜本的な企業体質の改善が必要だ」と強調した。
 「過労死・過労自殺のない社会をつくりたい」という遺族の願いから生まれた過労死等防止対策推進法が2年前に施行され、7日には初の「過労死等防止対策白書」が閣議決定された。
 しかし、過労死・過労自殺は後を絶たない。最近は高橋さんのような若い世代が、心の病で自ら命を絶つケースが目立つ。
 2008年6月にはワタミグループの居酒屋で働く新入社員が自殺。月141時間の時間外労働があったとして、労災認定された。遺族が会社の法的責任を追及して提訴し、2015年12月には会社や創業者の渡辺美樹氏(現自民党参院議員)が法的責任を認めている。
 川人氏は「防止法の成立後も、職場の深刻な実態が続いている。国と企業が過労死防止に全力で取り組むよう心より訴えたい」と話した。(千葉卓朗、編集委員・沢路毅彦)

20161008

高橋まつりさんの遺影を掲げて記者会見する母親の幸美さん=東京・霞が関の厚生労働省

 電通の女性新入社員自殺、労災と認定 残業月105時間
 広告大手の電通に勤務していた女性新入社員(当時24)が昨年末に自殺したのは、長時間の過重労働が原因だったとして労災が認められた。遺族と代理人弁護士が7日、記者会見して明らかにした。電通では1991年にも入社2年目の男性社員が長時間労働が原因で自殺し、遺族が起こした裁判で最高裁が会社側の責任を認定。過労自殺で会社の責任を認める司法判断の流れをつくった。その電通で、若手社員の過労自殺が繰り返された。
 亡くなったのは、入社1年目だった高橋まつりさん。三田労働基準監督署(東京)が労災認定した。認定は2016年9月30日付。
 高橋さんは東大文学部を卒業後、昨年4月に電通に入社。インターネット広告を担当するデジタル・アカウント部に配属された。代理人弁護士によると、10月以降に業務が大幅に増え、労基署が認定した高橋さんの1カ月(10月9日~11月7日)の時間外労働は約105時間にのぼった。
 高橋さんは昨年12月25日、住んでいた都内の電通の女子寮で自殺。その前から、SNSで「死にたい」などのメッセージを同僚・友人らに送っていた。三田労基署は「仕事量が著しく増加し、時間外労働も大幅に増える状況になった」と認定し、心理的負荷による精神障害で過労自殺に至ったと結論づけた。
 電通は先月、インターネット広告業務で不正な取引があり、広告主に代金の過大請求を繰り返していたと発表した。担当部署が恒常的な人手不足に陥っていたと説明し、「現場を理解して人員配置すべきだった」として経営に責任があるとしていた。高橋さんが所属していたのも、ネット広告業務を扱う部署だった。
 電通は2000年の最高裁判決以降、社員の出退勤時間の管理を徹底するなどとしていたが、過労自殺の再発を防げなかった。代理人弁護士によると、電通は労基署に届け出た時間外労働の上限を超えないように、「勤務状況報告書」を作成するよう社員に指導していたという。電通は「社員の自殺については厳粛に受け止めている。労災認定については内容を把握していないので、コメントは差し控える」としている。(千葉卓朗)
(以上、朝日新聞より引用)

      ■         ■
 大切に育てたお嬢さんが、
 過労死
 なんてむごいこと。
 新聞を読んでいて、
 涙が出ました。
 学生時代には、
 楽しそうにしている写真が載っていました。
 ほんとうに残念です。
      ■         ■
 上司に腹が立ちます。
 髪がボサボサで、
 目が充血したまま出勤するのは、
 あんたのせいだょ
 あんたが、
 新入社員に過酷な労働を示指したから、
 髪がぼさぼさで出勤しなきゃいけなかったんだょ!

      ■         ■
 過酷な労働現場でも、
 だれか相談にのってくれる人がいたら、
 自殺は防げたかも?と考えます。
 電通だけの問題ではないと思います。
 公務員も疲れています。
 経費削減という名の人員削減です。
 困ったら、
 だれかに相談しましょう
 私には飯田和典先生という先輩がいて
 北大形成外科の過酷な勤務に耐えられました
 高橋まつりさんのご冥福を心からお祈りいたします。

投稿者 sapporobiyou : 18:44 | コメント (0)

2016年10月07日

今日から暖房を入れました2016

 札幌は寒くなりました。
 私の家で一番寒いのは、
 おそらく玄関近くのトイレです。
 今朝トイレで温度計を見ると、
 18.8℃でした。
 冬はトイレにも暖房を入れます。
 10月はトイレの暖房は入れません。
      ■         ■
 札幌美容形成外科は、
 今日から暖房を入れました。
 エアコンのSWを、
 モードボタンを押して、
 暖房にするだけです。
 ありがたいことです。
 すぐに暖かくなります。
      ■         ■
 毎年、本間家では、
 奥さんと暖房をめぐっての闘いがあります。
 もう一枚着たら
 2014年10月5日の院長日記です。
 寒がりの私は、
 寒い寒いを連発。
 暖房を入れたいなぁ~
 …と思いながら、
 奥さんの目を恐れて入れられません。
      ■         ■
 関西生まれの奥さんと、
 私の体感温度が違います。
 職場でも、
 体感温度が違う人と同じ部屋だと、
 いろいろ大変なことが多いです。
 私は暑がりで
 寒がりです
      ■         ■
 2014年は大変な年でした。
 電気料金値上げ
 リッター100円以上する灯油
 …のために、
 家では寒くてもがまんの生活でした。
 奥さんには、
 寒いんだったら
 もう一枚着たら?
 …と言われます。
 もう一枚着ても寒いので、
 2014年はもう2枚着ることにしました。 
      ■         ■
 北海道は灯油価格で景気が変わります。
 リッター100円以上する灯油では、
 どうしても財布のひもはかたくなります。
 灯油がないと冬が越せません。
 ちょっとくらい具合が悪くても病院へは行きません。
 外食も減らします。
 スーパーでも一円でも安いものを買います。
 当然、美容形成外科なんて行けません。
      ■         ■
 札幌美容形成外科は2014年11月が、
 開院以来一番売上が少ない月でした。
 私は電気と灯油のせいだと思っています。
 幸いなことに、
 今年の灯油価格はふつうです。
 お客さんの数もふつうです。
 年末の予約はかなり混んできています。
 老朽化したビルでも
 暖かい暖房と、
 温かいスタッフがお待ちしています。

投稿者 sapporobiyou : 18:13 | コメント (0)

2016年10月06日

藤枝正道先生の3年7組

 昨日の院長日記で、
 私の同級生すみれさんからのコメントをご紹介させていただきました。
 62歳になっても、
 本間くんと呼ばれた時代はなつかしいものです。
 3年7組はいい学級でした。
 下の写真は当時の藤枝正道先生です。
       ■         ■
 藤枝先生は、
 2017年1月1日に満80歳になられます。
 傘寿さんじゅ
 …というそうです。
 私が18歳だった頃は、
 今から44年前です。
 藤枝先生は35歳だったことになります。
      ■         ■
 藤枝先生は日本史の先生です。
 札幌西高校で、
 女子生徒
 圧倒的人気
 …だったそうです。
 今だっらよくわかります。
 先生はかっこいいです。
      ■         ■
 藤枝先生大好きで、
 日本史が大好きになった女の子がいると聞きました。
 西高祭という学校祭で、
 すみれさんが主演をなさって、
 見事に優勝した記憶があります。
 西高には、
 運動会や、
 行燈行列という行事もありました。
 来年傘寿をお迎えになる先生をお祝いするため、
 平成28年11月23日にクラス会を企画しています
 私が幹事です。
1977

藤枝正道先生1977年

投稿者 sapporobiyou : 19:28 | コメント (0)

2016年10月05日

すみれさんからのコメント

 大手美容外科の先生
 2016年10月3日の院長日記に、
 すみれさんからコメントをいただきました。
 はじめまして、すみれです。今日から仲間入りさせていただきます。先日からこのブログを読んでいます。実は本間さんと高校の同級生です。この前クラス会の連絡をいただきブログを知りました。人生には何があるかわからないもので55歳に難病になり今は外は歩けず、書くことも、会話する事も出来ません。月末にはショートステイに行きますので、コメントできませんが、よろしくお願いします。本間さんは、高校時代から優秀でした。立派な先生になられたのですね。
      ■         ■
 コメントをいただき感慨深いものがあります。
 すみれさんは、
 札幌西高校でアイドルような存在でした。
 西高祭という学校祭で主演をなさり、
 3年7組が優勝しました。
 脚本を書いた男子生徒は、
 その後、北海道放送に勤務しました。
      ■         ■
 私は青白い顔をした、
 不健康そうな男子でした
 いつも風邪をひいていました。
 熱を出して学校を休んだこともよくありました。
 一浪して受けた自治医大の面接で、
 きみは高校をよく欠席しているが、
 そんなに身体が弱くて僻地の医師になれるのか?

 …と面接官から質問されたくらいでした。
      ■         ■
 私たち札幌西高校23期は、
 1970年4月(昭和45年4月)入学
 1973年3月(昭和48年3月)卒業です。
 私は夕張市の山奥、
 大夕張の鹿島中学校から
 札幌西高校に入学しました。
 札幌の高校に入学したものの、
 山奥から出てきたけんいち少年
 勉強ができませんでした。
 英語のテストは赤点でした
      ■         ■
 当時の札幌西高校は一学年450人でした。
 45人のクラスが10組ありました。
 おおよそ男子300人、女子150人程度で、
 圧倒的に女子が少ない学校でした。
 北海道の高校ランキングでは、
 ①札幌南
 ②札幌北
 ③札幌西
 …という順位でした。
 自由な校風が特徴でした。
      ■         ■
 3年7組が私たちのクラスでした。
 下の写真は2007年9月8日に開催された男子ばかりのクラス会です
 残念なことに、
 写真に写っている2人が故人となってしまいました。
 健康不良児だった私がまだ働いているのは、
 何か不思議な気がします。
 すみれさんに応援していただき、
 少しでも長く続けたいと思います。
 コメントをいただきありがとうございました。
20070908

投稿者 sapporobiyou : 17:23 | コメント (0)

2016年10月04日

大手美容外科のその後

 昨日の院長日記、
 大手美容外科の先生に、
 私が48歳で失業した時のことを書きました
 私は2002年7月に札幌医科大学を退職しました。退職というと聞こえはいいですが、事実上は医学部長に追い出されました
 私を札幌医科大学へ招いてくれたのも、追い出してくれたのも同じ人でした。
 48歳の時でした。子供はようやく大学に入ったばかりと、高校生の2人でした。2人とも私立で、お金がかかる時期なのに困りました。
      ■         ■
 その前から、嫌な予感がしていたので退職しようと考えていましたが、突然、解雇通告を受けたようなものでした。
 開業を考えましたが、資金も準備期間もありませんでした。
 その4年前に、美容外科医になろうと思っていました。
 解雇通告を受けてから、紹介していただいたり、自分で応募して、ほとんどの大手美容外科に面接に行きました
 たくさん募集広告が出ていたので、簡単に就職できるだろうと安易に考えていました。結果は、不合格やら条件が合わないなどで、惨憺さんたんたるものでした。
      ■         ■
 技術的に問題があるとか、大学をクビになったからとかの理由ではありませんでした。
 私のように、大学の形成外科講師になってしまった人間は、チェーン店ではとても使いづらいのです。
 経営者の言う通りに、なんでもハイハイと手術を引き受ける先生でなければ、チェーン店の美容外科医としては失格なのです。
      ■         ■
 チェーン店の美容外科は医師が経営しているところと、医師以外が経営しているところがあります。
 医師が経営しているチェーン店は、全て私よりも若い先生が経営者でした。
 自分より年長の、うるさそうな形成外科医を採用しても、うまく仕事をしてくれそうもない。今なら、よく理解できます。
      ■         ■
 大学は追い出されるは、次の就職先は見つからないは、開業するにも資金はないは、で本当に困りました。
 その時に助けていただいたのが、親しくしていた医療機器メーカーの社長さんでした。
 JMECの故森下純一社長さんが、中央クリニックの社長さんを紹介してくださいました。
 ようやく、私の就職先が見つかりました。
 今でも、紹介してくださった森下純一社長さんと、採用してくださった中央クリニックの社長さんに心から感謝しています。
      ■         ■
 当時の私は形成外科医として十分な経験と知識があり、札幌の老舗美容外科で副院長も経験していました
 ところが、チェーン店の美容外科は、手術件数の桁が違いました
 普通、市立札幌病院などの総合病院では、手術日が決まっています。
 形成外科の手術日は多くて、週に3日、少ないところでは2日です。
 年間の手術件数も、数人の形成外科医がいて、多くても1,000件程度でした。
      ■         ■
 中央クリニック札幌院に私が在籍していた時は、一人でそれまでの数倍の手術をしました。
 毎日、朝から夜まで手術をしていました。
 医師になってはじめて、手術のしすぎで手に豆ができました。
 形成外科医の時は、手術する相手は患者さんでしたが、美容外科ではお客様でした。
 スタッフも美人の若い女性ばかりでした。私の生活はそれまでと一変しました。
      ■         ■
 今になって思うと、大学を辞めてよかったと、私を追い出してくれた医学部長にも感謝しているくらいです。
 人生には、予期できないことがたくさんあります。自分が正しいと思ってしていたことでも、他人からは悪く思われ、職を失うこともありました。
 医師免許は、簡単に手に入れられるものではありませんが、医師免許があるからといって安泰ではありません。
 自分を助けてくれる人、自分を陥れるおとしいれる人。さまざまな人がいます。
 どんなことがあっても、しっかりと自分の考えを持ち、信念を貫くことが大切だと私は考えています。

      ■         ■
 2002年に私が面接に行った美容外科の中には、
 倒産してしまったところもあります
 2010年5月にネットに掲載されていた記事です。
 レーシック「神奈川クリニック眼科」など運営医療法人社団博美会破産手続き開始決定受ける負債68億円
 「東京」医療法人社団博美会(資産総額2億9851万1987円、新宿区西新宿6-5-1、理事長山子大助氏<やまご・だいすけ>)は、2010年5月6日に東京地裁へ自己破産を申請し、破産手続き開始決定を受けた。
 申請代理人は尾崎純理弁護士(東京都千代田区二番町9-8)。
 1982年(昭和57年)1月創業、96年(平成8年)8月に法人改組。神奈川クリニックグループの中核法人で、美容外科「神奈川クリニック」を中心に事業を拡大、その後、「神奈川クリニック眼科」を東京、大阪、名古屋で開院、医療用レーザーによる視力回復手術「レーシック」事業に参入したことで業容を順調に拡大させ、2008年7月期には年収入高約116億7100万円を計上していた。
 その一方で、レーシック事業への先行投資が負担となり、2005年7月期には債務超過に転落、その後2008年7月期には債務超過を解消したものの、美容整形部門における競争激化などから2009年7月期までにクリニックの閉鎖を進め、2009年4月時点のクリニック数は14ヵ所にまで縮小していた。その後、美容外科クリニックに関しては別法人に事業譲渡し、直近では眼科事業のみでの営業となっていた。
 その間、2009年2月に「銀座眼科」(東京都中央区)でレーシック手術を受けた患者639人の約1割に当たる67人が感染性角膜炎などを発症していたことが発覚、同手術の安全性が注目された。加えて、8月にはレーシック業界最大手の「品川クリニック」とともに、公正取引委員会より料金表示について景品表示法の規定に違反する恐れがあるとして、誤認するような表示を行わないよう警告を受けるなど、経営環境が悪化していた。
 また、2009年7月にはクリニックの広告宣伝を手がけていたグループ会社の(株)サザンウインド・インターナショナル(資本金1000万円、同所、代表藤井眞美子氏)に対して、広告関係の業者によってドメイン名の仮差押がなされるなど、取引業者との支払に関するトラブルが表面化していた。
 なお、眼科事業に関しては医療法人社団稜歩会(兵庫県神戸市)に譲渡する予定としている。負債は約68億円

      ■         ■
 当時は毎日TVでCMを流していました。
 ♪かーながわクーリニック♪
 今でもそのフレーズを覚えています。
 神奈川クリニックには優秀な形成外科医も勤務していました。
 元神奈クリの医師で、
 今はご自分で開業して繁盛している先生が、
 何人もいらっしゃいます。
      ■         ■
 神奈川クリニックは技術的に問題があるとかではなく、
 美容外科の低価格競争
 その後にレーシック事業を拡大したのが
 倒産の一つの原因だと(私は)思っています。
 大手美容外科だから安心はありません。
 私は美容外科にかかるなら、
 地味でも、
 お医者さんが一人でこつこつやっているクリニックをすすめます。
 TVで宣伝しているのは、
 美容整形も弁護士もすすめません

投稿者 sapporobiyou : 19:00 | コメント (0)

2016年10月03日

大手美容外科の先生

 最近、他院で診察や手術を受けた後で、
 困ってメール相談をいただくことがあります。
 私は根が正直で真面目です
 困っている人には、
 なるべく親切に返信を書いています。
 62歳の役割だと思っています。
 あと何年続けられるかわかりませんが、
 がんばれるだけ続けます。
      ■         ■
 大手美容外科にはたくさんの先生がいます。
 初期研修終了後のお兄ちゃんみたいな先生、
 お化粧が上手なお姉ちゃん先生もいます。
 お化粧は上手でも、
 患者さんがショックになったとか、
 心配停止になった時に、
 おろおろするだけの先生もいます。
 こわいことです。
      ■         ■
 若くて開業した先生の中には、
 業者さんにすすめられるままに、
 外国から個人輸入で最新の機器を買って、
 患者さんのほっぺにぱしぱし打って、
 Ⅱ度熱傷を起こしてしまった先生もいます。
 先生を選ばないと、
 大変なことになります。
      ■         ■
 大手美容外科には、
 自分がチェーン店の美容外科に勤務した後で、
 若くして開業した先生もいれば、
 医師ではない方が経営しているところもあります。
 私は48歳で失業しました
 札幌医大を追い出されました
 下の子はまだ高校生でした。
 ほんとうに困りました。
      ■         ■
 当時の大手美容外科チェーン店には、
 ほぼすべて面接に行きました
 たくさん医師募集広告が出ていたので、
 簡単に就職できるだろうと安易に考えていました。
 結果は不合格やら条件が合わないなどで、
 惨憺さんたんたるものでした。

 後になって考えてみると、
 不採用の理由は簡単でした。
      ■         ■
 技術的に問題があるとか、
 大学をクビになったからとかの理由ではありませんでした。
 私のように大学の形成外科講師になってしまった人間は、
 チェーン店ではとても使いづらいのです。
 経営者の言う通りに、
 なんでもハイハイと手術を引き受ける先生でなければ、
 チェーン店の美容外科医としては失格なのです。
      ■         ■
 医師が経営しているチェーン店は、
 全て私よりも若い先生が経営者でした。
 自分より年長のうるさそうな形成外科医を採用しても、
 うまく仕事をしてくれそうもない。
 大切な腕のいい受付さんともうまくできそうにない
 今なら、よく理解できます。
      ■         ■
 大学は追い出されるは、
 次の就職先は見つからないは、
 開業するにも資金はないはで本当に困りました。
 その時に助けていただいたのが、
 親しくしていた医療機器メーカーの社長さんでした。
 JMECの故森下純一社長さんが
 中央クリニックの社長さんを紹介してくださいました。
 残念なことに
 森下社長は2009年に60歳でお亡くなりになってしまいました。
      ■         ■
 森下社長のおかげで、
 ようやく私の就職先が見つかりました。
 ご恩は一生忘れません
 採用してくださった中央クリニックの社長さんにも、
 心から感謝しています
 中央クリニックの社長さんは、
 医療のことには一切示指はされません。
 これは今でも同じです。
      ■         ■
 2016年10月現在、
 日本にはたくさんの美容外科があります。
 私の推測では、
 およそ数百人の医師が働いています。
 大手美容外科チェーン店には、
 お兄ちゃん先生
 お姉ちゃん先生
 腕のいい形成外科専門医の先生もたまにいます。
      ■         ■
 残念なことですが、
 腕のいい形成外科専門医の先生でも、
 若い経営者の先生が決めた通りに、
 あんしん麻酔や、
 つけなくてもいいオプションをつける先生もいます
 それは売上のためです
 自分の身内だったら絶対にしない手術でも、
 引き受けなければならないチェーン店もあります。
 クリニックや先生はくれぐれも慎重に選んでください。
 練習台のモニター患者では受けないでください
 私からの忠告です
20160306-12koma

投稿者 sapporobiyou : 14:44 | コメント (0)

2016年10月02日

担当医の名前は書いてください

 メール相談への礼儀
 2016年5月16日の院長日記です。
 私は自他共に認める、
 ばかが10個くらいつく、
 くそ真面目な人間です
 曲がったことは大嫌いです。
 人をだますのも大嫌いです。
 自分もだまされたことがあります

      ■         ■
 メール相談へのお願い
 2015年7月30日の院長日記です。
 最低限必要なのは、
 いつ、
 どこで、
 どんな治療を受けたか?
 お名前もフルネームで、
 住所も電話番号もしっかり記載してください。

 そうしないと正確に回答できません。
      ■         ■
 メールの送信は、
 相談フォームからその都度送信してください
 そうすると、
 自動返信メールが届きますし、
 セキュリティーがしっかりしたメールになります。
 もし心配なことがあれば、
 治療を受けたクリニックに、
 何という薬を、
 どれだけ注射したか聞いてください。
      ■         ■
 法律で定められたカルテの保存期間は5年間です。
 どんなクリニックでも、
 法律で、
 治療内容を記載する義務があります。
 自分がどんな治療を受けたのか?
 何という薬を注射してもらったのか?
 正確に知っておくことが大切です。
 ネットの情報にはうそもたくさんあります
 注意してください。

      ■         ■
 困るのが、
 次のようなメールです。
【お名前】:はなこ
【性別】:女性
【年齢】:22
【ご住所】:〒 0600001 北海道札幌市
【電話番号】:060-000-0000
【メールアドレス】:hanakokomattemasu@gamail.com
【ご相談項目】:眼瞼下垂
【ご相談内容】:自分の目が眼瞼下垂と他の病院で言われました。その病院では保険適応にならないと言われました。保険適応になるかどうか写真で見てもらえますか?

      ■         ■
 メールでいくら相談してもらっても、
 実際に診察をしてみないとわかりません。
 北海道以外からの相談メールも多数届きます。
 どこの病院で手術を受けたのか?
 今までに何回手術を受けたのか?
 詳しくわからなければ正確な回答はできません。
 せめて姓名くらいは入力するのが、
 最低限の礼儀だと私は思います。
      ■         ■
 奥さんと喧嘩しながら返信することもあります
 メールの返事書いているから静かにして!
 『考えているから黙っていて!』
 家内も負けじと反論します。
 『あなたは四六時中仕事をしている。』
 家庭の団欒(だんらん)というのがない。』
 じゃぁ、あんた代わりに書いてょ!』
      ■         ■
 私は働き者の頑固おやじです。
 メールのご返事も…
 ためてしまうと書けなくなるので、
 時間がある時に…
 すぐに、ご返事をするようにしています。
 返事に困るメールもいただきます。
 できる限り、
 親切にご返事を書くようにしています。
 最低限の礼儀はわきまえて送信してください。
 そのほうがいっぱい返信を書いてもらえます
      ■         ■
 最近はセカンドオピニオンを求めるようなメールもいただきます。
 こんにちは。
 この医師の見解について先生のご意見をお伺いしたいと思うのですが、
 よろしいでしょうか?

 私はある美容外科にカウンセリングに参りました。
 いただいた見積りに、なぜか静脈麻酔が入っておりました
 静脈麻酔について質問をしたところ担当の先生から次のような回答が来ました。
 以下は、そのコピペです。

 相談者からのメールには、
 どこのクリニックに行ったのかも?
 担当医の名前も書いていませんでした
      ■         ■
 はぁ~またかぁ~
 相談者のお名前は書かれていましたが、
 行ったクリニックの名前
 先生の名前も書いていませんでした
 もし無料で静脈麻酔がついているのでしたら、
 その先生はいい先生の可能性があります。
 でも【見積り】と書かれていたので、
 おそらく【無料相談】【無料カウンセリング】の美容外科で、
 腕のいい受付さんが作成した見積もりだと思います
      ■         ■
 美容外科は簡単ではありません。
 『切る手術』はキズが残ります。
 相談者の方には、
 目の手術は眠る麻酔を避けてください
 オプションをすすめる美容外科は避けて
 …をぜひ読んでいただきたいです。
 くそ真面目な62歳の(美容)形成外科医からの助言です。
20150303-1

投稿者 sapporobiyou : 17:41 | コメント (0)

2016年10月01日

レディエッセによる失明(その後)2016

 早いもので今日から10月です。
 一年はあっという間です。
 札幌は寒くなってきています。
 半袖では無理です。
 長袖の上に一枚必要です。
 大雪山の旭岳に冠雪した写真が新聞に出ていました。
 ホームセンターや家電量販店では、
 暖房器具が販売されています。
      ■         ■
 私は毎日実直に生きています。
 大同生命との裁判にも負けません。
 2016年10月24日(月)25日(火)には、
 京都で日本美容外科学会があります。
 京都まで行きます。
 正直なところ、
 京都は宿泊が高いです。
 同じ関西でしたら大阪がいいです。
      ■         ■
 レディエッセを中止しました2015
 2015年9月3日の院長日記です。
 「プチ整形」まさか失明
 2016年6月12日に朝日新聞が取り上げてくれました。
 「プチ整形」のつもりが失明・鼻欠損、包茎手術でも性器壊死…フィラー注射の事故多発
 2016年7月9日には産経新聞が掲載してくれました。
      ■         ■
 残念なことですが、
 厚生労働省からの通達は何もありません
 札幌美容形成外科ではレディエッセを中止しましたが、
 他の美容外科では続けているところあります。
 失明や、
 鼻の壊死について説明している美容外科は少ないです。
 残念なことだと思っています。
 フィラーは100%安全ではありません
      ■         ■
 レディエッセを中止しました2015に、
 さくらさんからご質問をいただきました。
 レディエッセを打ち続けて4年になります。
 最近鼻先に少し流れてきているみたいで
 鼻先の皮膚全体が固くなっているのですが、
 流れてきているのでしょうか?
 鼻先に入って壊死だったり、
 失明だったりとの情報があるので少し怖くて連絡してみました。

      ■         ■
 私からの回答です
 レディエッセによる失明は、
 注射直後に起こります。
 注入剤の中に入っている、
 ハイドロキシアパタイトという微小粒子が、
 血管の中に入ってしまい、
 血管がつまることが原因です。
      ■         ■
 鼻の壊死も同じです。
 注入方法が不適切だと、
 レディエッセやフィラーを注入する際に、
 鼻に行く血管に粒子を入れてしまったり、
 フィラーで鼻に行く血管を圧迫してしまうのです。
 鼻の皮膚が循環障害になり、
 鼻が壊死になります。
      ■         ■
 相談者のさくらさんのように、
 注入からある程度の時間経過した場合は、
 レディエッセの粒子が血管に入ることは、
 まず考えられません。
 鼻先の皮膚がかたくなってきている原因は、
 実際に診察をしてみなければわかりません。
 ふつうは全体が硬くなることはまれです。
 注入を受けたクリニックか、
 ご心配でしたら日本医大形成外科のように、
 注入物による健康被害をたくさん診ている、
 形成外科にご相談ください

投稿者 sapporobiyou : 21:03 | コメント (0)