« 溶ける糸と溶けない糸 | メイン | うさんくさくない形成外科 »

2017年08月07日

きずが目立たない縫い方

 昨日の院長日記、
 溶ける糸と溶けない糸の続きです。
 患者さんからのご質問です。
 あるクリニックで、
 抜糸ありの手術だと糸の締め付けによって
 糸の痕がぼこぼこに残ってしまい、
 抜糸なしの手術だと痕が残りにくいと言われたのですが、、、

      ■         ■
 残念なことです。
 まったく逆です。
 顔のキズを目立たなく縫う方法は、
 抜糸ありの手術です。
 顔のキズを縫うのに、
 抜糸なしの手術はありません。
 せいぜい鼻腔粘膜とか、
 口腔粘膜だけです。
      ■         ■
 縫合法は形成外科基本中の基本です。
 何針縫ったか?ではありません
 抜糸しない糸で、
 真皮縫合を上手にするのが難しいのです
 痛くないように抜糸するのも難しいです
 見えないところを丁寧に手術するのが形成外科医です
      ■         ■
 私たち形成外科医が皮膚を縫う時は、
 真皮縫合しんぴほうごうというのを必ずします。
 顔の傷を縫う時、
 真皮縫合をして皮膚をしっかりくっつけてから、
 皮膚表面をナイロン糸で縫合します。
 顔ですと、
 7-0ななぜろという髪の毛くらいの太さの、
 黒い糸で縫うのがふつうです。
      ■         ■
 問題なのは、
 糸をしばる時です。
 専門的には、
 結紮けっさつといいます
 上手な先生は、
 適切な強さで、
 きつくなく
 ゆるくなく縫います

      ■         ■
 強すぎて、
 糸が食い込んでいると、
 糸の痕がぼこぼこに残る原因になります。
 いつまでたっても、
 傷が痛い原因になります。
 男性の包茎手術は、
 包皮という薄い皮膚を縫合します。
 包茎手術では、
 真皮縫合はしません。
      ■         ■
 女性の小陰唇縮小手術は、
 小陰唇の皮膚が比較的厚い部分は、
 皮下縫合をしっかりします。
 皮膚を縫う時は、
 創縁を合わせる程度に、
 きつくなく
 ゆるくなく縫います

 創部に炎症を抑える軟膏を外用して、
 きれいに治るようにします。
 これが形成外科のきずが目立たない縫い方です。

投稿者 sapporobiyou : 2017年08月07日 19:00

コメント

コメントしてください




保存しますか?