« きずが目立たない縫い方 | メイン | 飲食店の「無断キャンセル」対策は? »

2017年08月08日

うさんくさくない形成外科

 うさんくさい美容整形
 2014年6月11日の院長日記です。
 美容
 …の2文字がついただけで、
 何となく
 うさんくさい
 …と思われます。
 美容整形、
 美容形成、
 美容皮膚科、
 美容内科、

 どこを信用していいのかわかりません。
      ■         ■
 日本形成外科学会専門医でも、
 手術が下手な先生がいます
 現在の専門医試験には、
 実技試験はありません。
 ほんとうに手術が上手か?わかりません。
 私が美容外科を標榜するようになって10年以上になりました。
 最近思うことです。
 私は美容外科より形成外科が好きです。
 2014年6月11日の院長日記では、
 うさんくさくない美容形成を目指します。
 …と書いてありますが好きなのは形成外科の手術です。
      ■         ■
 私が形成外科を志した理由の一つが、
 医学生だった40年前のことです。
 実習で手術を見学していた頃です、
 顔を縫うのにどう見てもキズが残りそうな縫い方を見ました。
 『病気が治ってもキズが残ったらこの人の人生はどうなるのだろう?
 …と思って、図書館で形成外科の教科書を見つけました。
 当時、札幌医大には形成外科はなく講義もありませんでした。
 仲が良かった同級生の福岡君に形成外科ってどうだろうと話すと
 『僕も興味があるので北大に話を聞きに行ってみよう』
 …ということになりました。

      ■         ■
 ここが私の形成外科を志したルーツです。
 少しでもキズをきれいに治したい
 こう思って形成外科を続けている先生がいます。
 美容整形の先生は、
 どうしても、
 もうけ
 …のにおいがします。
      ■         ■
 同業者として、
 うさんくさい
 いんちきくさい
 ○○くさい

 …と思われるのは残念なことです。
 私の残された人生は、
 少しでも、
 うさんくさくない形成外科
 …を世の中に広めたいと思っています。
 62歳もあと一ヵ月です。
 まだまだがんばりたいと思っています。

投稿者 sapporobiyou : 2017年08月08日 19:08

コメント

コメントしてください




保存しますか?