« メイク落としたら目は別人 | メイン | ワーキング妊婦はつらいよ »

2017年10月07日

子育てに寛容に

 平成29年10月7日、朝日新聞朝刊、ひとときへの投稿です。
 子育てに寛容に
 「赤ちゃん、泣いていいよ!」 そんな記事を読み、小躍りするようなうれしさを感じました。先天性股関節脱臼で生まれた私に最良の医療を受けさせようと、母は電車で1時間かかる大学病院に通いました。朝一番の診察のため、通勤ラッシュの電車に乗っていたそうです。
 ある朝、固いギプスで股関節を大きく広げた赤ん坊の私は、混んだ車内で大泣き。乗客から「こんな時間に赤ん坊を乗せるなんて非常識」と怒鳴られたそうです。
 そのとき、ある紳士が「ごらんなさい、このお子さんは足が不自由なようです。混んだ電車に乗らなければならないのは、理由があるのでしょう」と一言。車内はしーんとし、母は降りるとき、何度もその紳士に頭を下げたそうです。
 私は、この話を母から涙ながらに、何度も聞かされました。
 私も母になり、似た体験をしました。車内で泣き出した我が子に困惑し、身の細る思いでいたとき、笑顔であやしてくれた年配の女性に、どれほど心救われたことでしょう。子育てに寛容な世の中こそ、誰にとっても住みよい世の中。そんな思いで「赤ちゃん泣いていいよ」という言葉を心に刻みました。
 (川崎市 千葉久美子 非常勤職員 67歳)
 (以上、朝日新聞より引用)

      ■         ■
 通勤時間帯に、
 小さな子供さんを連れて通院は大変です。
 赤ちゃんでも、
 ギプスを股関節につけていると、
 かなり重くなります。
 昔のギプスは、
 白い石膏でできていました。
      ■         ■
 私も幼稚園の時に、
 ペルテスという病気になりました
 股関節にギプスを巻かれると、
 排泄が大変です。
 ギプスの中が超かゆくなります。
 おできもできました。
 おできの処置はとても痛かったです。
      ■         ■
 今は子供さんは診ていませんが、
 大きな病院の形成外科では、
 よく子供さんの手術や処置をしました。
 赤ちゃんは泣くのが仕事です。
 泣いている赤ちゃんを、
 看護師さんが上手におさえてくれて、
 抜糸などの処置もうまくできます。
      ■         ■
 赤ちゃんがかわいそうでも、
 しっかりおさえて、
 短時間で終わるほうが赤ちゃんのためです。
 処置が終わって抱っこすると、
 さっきまで泣いていた赤ちゃんが、
 にっこり笑ってくれます
 そんな処置を北大形成外科病棟チーフの時に、
 ほぼ毎日していました。
      ■         ■
 自分の子供を抱っこする時間はありませんでしたが、
 患者さんは毎日抱っこしていました。
 そのおかげで63歳でも、
 意外と赤ちゃんを抱っこするのが上手です。
 赤ちゃんは上手に支えてあげると、
 泣きません。
 とてもかわいいです。
      ■         ■
 朝の満員電車で、
 赤ちゃんの鳴き声がうるさいというのも、
 わからないことはないです。
 ある紳士が、
 ごらんなさい、
 このお子さんは足が不自由なようです。
 混んだ電車に乗らなければならないのは、
 理由があるのでしょう

 なんて素晴らしい紳士なんだろう、
 今から67年も前のことです。
      ■         ■
 新米ママへの助言です。
 赤ちゃんは泣いていいです
 泣くのは赤ちゃんの仕事です。
 この世に生まれた時に、
 おぎゃあ!
 …と泣いて、
 肺に空気をいっぱい吸い込むのです。
 そこから赤ちゃんの生命がはじまります。
 泣くのは赤ちゃんの仕事なのです。

投稿者 sapporobiyou : 2017年10月07日 16:47

コメント

コメントしてください




保存しますか?