« 人の手術の失敗例に手をつけるな | メイン | 美容手術前後の写真、説明あれば掲載容認 »

2017年11月29日

11月にもう大雪 ツルツル路面、札幌で137人搬送

 平成29年11月29日、北海道新聞朝刊の記事です。
 11月にもう大雪 ツルツル路面、札幌で137人搬送
 11月後半の道内は異例の降雪と寒さに見舞われている。北極点付近から強烈な寒気を伴う低気圧が南下し、北海道の北に居座っているためで、札幌の降雪量は平年の3.6倍に達した。市街地には早くもつるつる路面が現れ、転倒事故が続出。靴修理店には滑り止め加工の依頼が相次ぐ。29日は午後から再び全道で大荒れとなる見通しで、札幌管区気象台は警戒を呼び掛ける。
 気象台によると、11月後半の16~27日は日本海側などで大雪となり、累積降雪量は札幌が62センチ、函館が55センチでともに平年の3.6倍を記録した。日平均気温は軒並み平年より1~3度低く、日によっては真冬並みの寒さに。降雪と低温が重なり、28日の最深積雪も上川管内幌加内町79センチ、後志管内倶知安町41センチ、旭川市17センチ、札幌市9センチなど平年を上回っている。
 幌加内町では車道脇に除雪された雪が大人の背丈ほどに積み上がった。団体職員鈴木藤雄さん(59)は「豪雪地帯とはいえ、11月からこれでは先が思いやられる」と悲鳴を上げる。
 27日までに路面凍結による転倒で救急搬送されたのは、札幌市が137人で過去5年の11月平均の2.3倍。帯広市を管轄する帯広消防署が23人(速報値)で同7.1倍、函館市が8人で同3倍に上った。
 札幌市北区の靴修理店「シュリーの店 パセオ店」では今月、靴底の滑り止め加工の注文が多い日で例年の倍近い約160件舞い込んでいる。折舘徳勝店長(59)は「いつもより出足が早い。着脱式の滑り止め用品を購入する外国人観光客も目立つ」と話す。
 毎年12月から札幌の道の滑りやすさを示す「つるつる予報」を出している研究団体「ウインターライフ推進協議会」によると、今月は降雪後に寒さと暖気が交互に来たため、解けた雪が凍って滑りやすくなっている。28日も滑りやすい状態は続いたといい、「荷物を手に持たず、帽子や手袋を身につけるなどのけが防止策を」と注意を促す。
 気象台によると、寒さの要因となっている低気圧は「極(きょく)うず」と呼ばれ、通常は北極点付近を覆っている。しかし、11月後半から北欧の高気圧の勢力が強くなり、東シベリアに押し出された。このため、前線などが北海道に近づくたびに寒気を送り込んでいる。
 こうした状態は来月上旬まで続く。29日の道内は午前に気温が上がるものの、急速に発達する低気圧が接近して午後から冷え込み、30日まで真冬並みの寒気に覆われる。日本海側を中心に雪が降りやすく、気象台は高波や猛吹雪、吹きだまりによる車の立ち往生などへの警戒を呼び掛けている。


11月としては異例の降雪と寒さで滑りやすくなった路面
28日午後6時45分、札幌市中央区(野沢俊介撮影)


(以上、北海道新聞より引用)

      ■         ■
 今朝の札幌は久しぶりに少し雪が融けています。
 昨日の帰りも、
 とにかく転倒しないように
 気をつけて歩いています。
 道産子の私でも、
 冬に何回か転びます
 日本海側大雪 倶知安39センチ、留萌・幌糠37センチ
 2017年11月20日にも雪のことを書いています。
 11月なのに雪が多く寒いです。
      ■         ■
 北海道新聞によると、
 寒さの要因となっている低気圧は
 「極きょくうず」と呼ばれ、
 通常は北極点付近を覆っている。
 しかし、11月後半から北欧の高気圧の勢力が強くなり、
 東シベリアに押し出された。
 このため、前線などが北海道に近づくたびに寒気を送り込んでいる。

 北欧の高気圧が関係しているとは知りませんでした。
      ■         ■
 私たち医療機関に関係があるのが、
 転倒事故です。
 雪道で転倒し顔面骨骨折
 顔の骨が折れることがあります。
 顔面骨骨折がんめんこつこっせつは形成外科です。
 顔を強打して、 
 口を開けなくなったら骨折の疑いがあります
 片側の口唇がしびれていれば、
 まず骨折しています。
 転倒しないためには、
 滑らない靴です。
 気をつけてください。

投稿者 sapporobiyou : 2017年11月29日 16:21

コメント

コメントしてください




保存しますか?