« ヒアルロン酸のトラブル2017 | メイン | 臆病者の美容形成外科医になる »

2017年11月06日

失明の原因2017

 昨日の院長日記、
 ヒアルロン酸のトラブル2017
 …の続きです。
 私が院長日記で取り上げても、
 なかなか原因究明も、
 対策もできていないのが日本です。
 残念なことです。
      ■         ■
 下に引用したのは、
 2014年のAesthetic Surgery Journalに投稿された論文です。
 カナダのClaudio DeLorenzi先生が書いたものです。
 ネットで検索すると、
 全文を読むことができます。
 その中には、
 ヒアルロン酸が血管内に入って、
 それが原因で失明したり、
 皮膚が壊死になったりする例が出ています。
      ■         ■
 安全対策として、
 ヒアルロン酸溶解剤が推奨されています。
 残念なことに、
 日本で認可されたヒアルロン酸溶解剤がありません。
 厚生労働省は、
 いくつくかのヒアルロン酸注入剤を認可しています
 私は、
 国とメーカーの責任で、
 ヒアルロン酸溶解剤を、
 すぐに準備するべきだと思います。
      ■         ■
 失明の医療事故は、
 一瞬でおきます。
 なんちゃって美容外科医
 なんちゃって美容皮膚科医
 英語の論文を読んで、
 すぐに対処できる準備をするべきです。
 YouTubeには、
 ヒアルロン酸トラブルの動画も出ています
 勉強していただきたいです。
      ■         ■
 Complications of Injectable Fillers, Part 2:Vascular Complications
 Claudio DeLorenzi, MD, FRCS
 Aesthetic Surgery Journal, 2014, Vol. 34(4) 584–600
 Abstract
 Accidental intra-arterial filler injection may cause significant tissue injury and necrosis. Hyaluronic acid (HA) fillers, currently the most popular, are the focus of this article, which highlights complications and their symptoms, risk factors, and possible treatment strategies. Although ischemic events do happen and are therefore important to discuss, they seem to be exceptionally rare and represent a small percentage of complications in individual clinical practices.
 However, the true incidence of this complication is unknown because of underreporting by clinicians. Typical clinical findings include skin blanching, livedo reticularis, slow capillary refill, and dusky blue-red discoloration, followed a few days later by blister formation and finally tissue slough. Mainstays of treatment (apart from avoidance by meticulous technique) are prompt recognition, immediate treatment with hyaluronidase, topical nitropaste under occlusion, oral acetylsalicylic acid (aspirin), warm compresses, and vigorous massage. Secondary lines of treatment may involve intra-arterial hyaluronidase, hyperbaric oxygen therapy, and ancillary vasodilating agents such as prostaglandin E1. Emergency preparedness (a “filler crash cart”) is emphasized, since early intervention is likely to significantly reduce morbidity.  A clinical summary chart is provided, organized by complication presentation.



Aesthetic Surgery Journalより引用

投稿者 sapporobiyou : 2017年11月06日 15:14

コメント

コメントしてください




保存しますか?