« 方波見先生、第71回北海道新聞文化賞受賞 | メイン | ヒアルロン酸のトラブル2017 »

2017年11月04日

ヒアルロン酸は吸収されない?

 私がはじめて美容の世界を見たのは、
 日航ジャンボ機が墜落した、
 1985年でした。
 今から32年前です。
 ヒアルロン酸は100%安全か?
 2015年8月15日の院長日記です。
 米国のベンチャー企業が作った、
 ザイダームという牛コラーゲン注入剤の臨床試験を担当しました。
      ■         ■
 米国で製品化された商品を、
 日本に輸入して販売するための臨床試験です。
 臨床試験の責任者が、
 北大形成外科の大浦武彦先生でした。
 北大形成外科、
 東大形成外科、
 京大形成外科、
 …という国立大学の形成外科が担当しました。
      ■         ■
 米国では美容目的に使われていたコラーゲン注入剤ですが、
 当時の厚生省は美容目的に使うことを禁止して認可しました
 実際には美容目的で多く使われていました。

 この牛コラーゲンは、
 アレルギー反応が問題でした。
 うちの奥さんに皮内テストをして、
 注射した部位が、
 蚊に刺されたように赤くなりました。
 たいそうお怒りでした。
      ■         ■
 うちの奥さんが赤く腫れたので、
 それ以降は、
 目立たない部位(上腕内側など)で皮内テストをしました。
 アレルギー反応以外には、
 大きな問題がなかったザイダームでしたが、
 ザイプラスとという製品が出てから、
 眉間のシワに注射して、
 皮膚が壊死になる例が報告されました。
 血管内にコラーゲン注入剤が入るためです。
      ■         ■
 時代は変わって、 
 コラーゲンからヒアルロン酸になりました
 札幌美容形成外科を開業した頃は、
 コラーゲンもヒアルロン酸も使っていましたが、
 今はコラーゲンは使っていません。
 札幌美容形成外科のHPにも、
 ヒアルロン酸は効果が約6ヵ月から1年です。
 吸収され自然に元に戻るので安全だとお考え下さい。

 …と書きましたが間違っているようです。
      ■         ■
 エビデンスがない本間仮説です、
 長年通院してくださっている患者さんを見ると、
 コラーゲンからヒアルロン酸にしたことにより、
 明らかに注射の回数が減っているのです。
 中には吸収されやすいヒアルロン酸もあるようですが、
 私の感触では、
 ヒアルロン酸は吸収されにくく、
 効果が減るのは、
 周囲組織へ拡がるためだと思います

      ■         ■
 近年は、
 ヒアルロン酸をより深い層に注射する方法が流行りました。
 その結果として、
 顔が丸くなる、
 ヒアルロン酸顔貌
 …と呼ばれる患者さんがいらっしゃいます。
 いろいろなクリニックで、
 ヒアルロン酸は吸収されるから
 安全
 …と注射を受けた方たちです。
 札幌美容形成外科のHPも次回の更新時に書き換えます。
 ヒアルロン酸は吸収されません

投稿者 sapporobiyou : 2017年11月04日 20:48

コメント

コメントしてください




保存しますか?