« 瞼板法と挙筋法 | メイン | 人の手術の失敗例に手をつけるな »

2017年11月27日

リハビリ・バンバン

 平成29年11月27日、朝日新聞朝刊、天声人語です。
 リハビリ・バンバン
 今秋刊行された闘病記『さよなら涙 リハビリ・バンバン』の著者は、伸びやかなハーモニーで知られる兄弟デュオ「ビリー・バンバン」である。菅原孝さん(73)と進さん(70)。兄は脳出血に倒れ、弟もがんに見舞われた。二人を訪ねた。
▼3年前の春、弟が大腸がんの手術を受ける。2カ月後、今度は兄が夜中に搬送される。「さすがに一時は僕らもおしまいかと思いました」と弟が言えば、兄は「いまも毎朝起きるとアーッと声を出して自分の生死を確認しています」と話す。
▼デビューから48年。低音の兄がベースを弾き、高音の弟がギターを奏でる。「白いブランコ」「さよならをするために」。ヒットにも恵まれた。だが葛藤に悩んだ時期も長い。弟は「目指す音楽が違ってギクシャクする。兄弟は正面からぶつかっちゃうんです」。
▼リハビリに耐えて兄が声を取り戻し、音楽活動を再開した。兄は車イスで登場し、不自由な左手を隠さない。「半身マヒなんかにへこたれないと伝えたくて」。
▼3年遅れで実現した結成45周年コンサートはさながら闘病報告会のよう。弟が歩み寄り、兄を支える。数秒間、立ち姿を見せた兄は「病気でもっと大変な人がいっぱいいる。僕も頑張るからみんなも頑張って」と語る。
▼脳血管疾患をわずらう人は全国に110万人以上、がん患者は160万人を超す。これまで通り恋や愛を歌うビリー・バンバンに加え、病と闘う人々を勇気づける新デュオ「リハビリ・バンバン」の境地を広げてほしい。
 (以上、朝日新聞より引用)

      ■         ■
 若い人に、
 ビリー・バンバン
 白いブランコ

 …と言っても知っているかなぁ~?
 私が高校生の頃、
 もう半世紀も前の歌です。
 今聴いてもいい曲だと思います。
 あのビリー・バンバンが
 リハビリ・バンバンとは知りませんでした。
      ■         ■
 お兄様の、
 菅原孝さん(73)が脳出血
 弟さんの、
 菅原進さん(70)が大腸がん
 とても他人事とは思えません。
 医師仲間でも、
 脳出血やがんで倒れた先生がいます。
 亡くなってしまった先生もいます
      ■         ■
 親子や兄弟は難しいものがあります。
 正面からぶつかっちゃうんです
 とてもよくわかります。
 医者同士でも難しいことがあります。
 兄弟で開業していて、
 離れた先生たちを知っています。
 親子や兄弟は似ているので、
 喧嘩になることもあると想像します。
      ■         ■
 リハビリ・バンバンの、
 結成45周年コンサート
 闘病報告会を聴きに行きたくなりました。
 弟が歩み寄り、
 兄を支える。
 兄は
 病気でもっと大変な人がいっぱいいる。
 僕も頑張るからみんなも頑張って

 月曜日の朝に天声人語で元気をもらいました。
 がんばって生きようではありませんか。

投稿者 sapporobiyou : 2017年11月27日 20:44

コメント

コメントしてください




保存しますか?