« 解雇のパイロット活かせないか? | メイン | 42年間の新聞配達 »

2018年02月09日

苦難の人生2018

 昨日の院長日記、
 解雇のパイロット活かせないか?
 …とても他人事とは思えませんでした。
 投稿者のJALの機長さんの奥様は、
 63歳で私と同年代です。
 私たちの世代で、
 JALの機長は超花形でした。
 夢のまた夢でした。
      ■         ■
 私たちが高校生や大学生の頃は、
 日本航空が経営破たんするなんて、
 誰も思いませんでした。
 私が搭乗するANAは、
 JALより下に見られていました。
 全日本空輸株式会社より、
 日本航空株式会社が上だと、
 世間的には思われていました。
      ■         ■
 昔のANAは国内路線だけでした。
 JALの国際線は、
 機長さんも、
 CA♡さんも、
 輝いていました。
 その日本航空が2010年に経営破綻しました。
 経営破綻は経営者の責任です。
 機長さんやCAさんのせいではありません。
      ■         ■
 人生なかなかうまくいきません
 2015年8月2日の院長日記です。
 私の人生は、
 2002年に、
 48歳で経営破たんしました。
 札幌医大をくびになりました 
 職を失ってほんとうに困りました。
      ■         ■
 私は1954年9月生まれです。
 安倍晋三首相と同じ月に生まれました。
 昭和29年9月は、
 北海道に洞爺丸台風が来た年です
 私たちの世代の人には、
 北海道拓殖銀行が倒産して職を失った人も
 山一證券が倒産して職を失った人もいます。
 みんな苦難の人生です。
      ■         ■
 私の残りの人生がどのくらいあるかわかりません。
 私は自分にできることを精一杯努力して、
 できれば若い人に自分の技術を伝えて、
 少しでも私の力を必要としている人たちに、
 先生ありがとう
 …と言ってもらえる手術をします。
 苦難の人生を乗り越えた分だけ、
 他の人の苦難もわかると(私は)思っています。

投稿者 sapporobiyou : 2018年02月09日 16:35

コメント

コメントしてください




保存しますか?