« めげない力を子どもたちへ 瀬戸内寂聴さん | メイン | 新幹線札幌駅ホーム「大東案」で決着 »

2018年03月09日

引っ越しの春

 平成30年3月9日、朝日新聞朝刊、天声人語です。
 引っ越しの春
 江戸の絵師、葛飾北斎は大変な転居癖があったらしい。数えの90歳で亡くなるまでに、93回すまいを変えたとされる。1日のうちに3回引っ越しをしたこともあるというから、相当の猛者である。
▼絵に熱中するあまりだろう、部屋は散らかり放題で、どうにもならなくなると家を変えた。新しい環境に身を置くことも好きだったようで、生涯で100回の転居を目指すと語っていた。住み替えが、晩年まで変化を続けた画風の活力になったのだろうか。
▼入学、就職、転勤……。春は引っ越しの季節である。住む場所を変えると、新しい自分になる気がする。そんな経験をお持ちの方もおられよう。だからこそ荷物を出すときには、今までの自分を置いていくような寂しさもある。
▼〈この部屋を出てゆく/ぼくの時間の物指しのある部屋を〉。詩人の関根弘さんが、慣れ親しんだ場所を去る気持ちをつづっている。使わなくなった炬燵(こたつ)や火鉢を残していくが〈ぼくがかなしいのはむろん/そのためじゃない/大型トラックを頼んでも/運べない思い出を/いっぱい残してゆくからだ〉。
▼この春いつもと違うのはドライバーの不足だという。希望日に転居できない「引っ越し困難者」が生まれそうだと昨日の経済面にあった。いつにもまして落ち着かないシーズンになりそうだ。
▼詩人は置いていった思い出を〈かならず/とりにくるよ〉と書いた。新天地での忙しさが一段落したら戻ってくるといい。たとえ心の中だけの旅であったとしても。
(以上、朝日新聞より引用)

      ■         ■
 私も数多く引越しをしました。
 多くは医局人事という
 北大形成外科からの指示でした。
 民間企業でしたら、
 転勤しても退職することはありません。
 私たち医師は、
 たとえ大学医局の指示でも、
 自己都合退職でした。
      ■         ■
 朝日新聞に、 
 葛飾北斎は
 1日のうちに3回引っ越しをしたこともあるという

 …と書いてありました。
 私の最高記録は、
 一年間に3回転勤だったと記憶しています。
 年金も、
 雇用保険も、
 その都度自己都合退職でした。
      ■         ■
 2018年2月は、
 一度決まった引越し先がダメになりました
 設計図も、
 家具も、
 ダメになってしまいました。
 私自身は、
 もう二度と引越したくない
 …が本音です。
 引越しまであと11日です。

投稿者 sapporobiyou : 2018年03月09日 21:25

コメント

コメントしてください




保存しますか?