« 引っ越しの春 | メイン | 東日本大震災から7年 »

2018年03月10日

新幹線札幌駅ホーム「大東案」で決着

 平成30年3月10日、北海道新聞朝刊の記事です。
 新幹線札幌駅ホーム大東案で決着 鉄道機構一転容認
 北海道新幹線札幌駅のホーム位置が、現札幌駅から200~300メートル離れた「大東(おおひがし)案」で決着することが3月9日、固まった。現札幌駅に併設する「現駅案」を推す建設主体の鉄道建設・運輸施設整備支援機構が大東案容認に転じた。これにより、問題を協議してきた機構とJR北海道、道、札幌市、国の足並みが大筋でそろった。3月12日の5者協議で技術的な課題などを詰め、今月中に正式決定する。
 大東案はJRが提案し、道が支持、札幌市は同案を軸に検討している。国も地元意見を重視する方針。機構は現駅案を推していたが、北海道新聞の取材に幹部が「われわれは地元意見を尊重する。JRが(現駅案との工費の)差額を負担するのであれば、おのずと結論は見えている」と述べた。
 複数の関係者によると、機構とJRは9日まで断続的に協議。新幹線ホームから在来線への乗り換え通路となる連絡橋が大型の構造物になることなど大東案の課題を機構側が指摘し、JR側は設計の修正などで対応可能と説明した。現駅案との工費の差額については、精査の結果、JRが示した55億円を上回る見通しになったものの、JRが負担可能な範囲に収まったもようだ。
 道と札幌市は、近く地元経済界の意見を聞く場を設けて了承を得て、5者協議を開き大東案を正式決定する。その後、国が2012年に認可した認可案の変更手続きを進め、4月以降に駅ホーム設置に向けた工事が始まる見通しだ。
 ホーム位置を巡っては、現駅東側にホームを造る従来の「東側案」や、地下にホームを造る「地下案」などが浮上しては検討対象から外れるなど2年半にわたって議論が迷走。最終的にはJRが今年2月に正式提案した大東案と現駅案に絞り込み、5者は3月末までに結論を出すことで合意していた。

(以上、北海道新聞より引用)

      ■         ■
 新幹線のホームがようやく決まったようです。
 大東案おおひがし案と読むようです。
 私は雪の心配がない、
 地下ホーム
 …がいいと思っていました。
 私と同じ考えの札幌市民は多いと思います。
 現在の札幌駅の東側になりました。
 駐車場になっている広い空き地があります。
      ■         ■
 札幌中央郵便局の近くです。
 DO夢DO-MUという、
 私も利用しているパソコン屋さんがあります
 全国的にも、
 知る人ぞ知るパソコン屋さんです。
 さくらんぼさんのご子息様も、
 ご利用なさったことがあるとお聞きしました。
 現在のJR札幌駅からは連絡橋を作るようです。
      ■         ■
 北海道新幹線の開通予定は、
 2030年です。
 今から12年後です。
 私は75歳になっている予定です。
 75歳でも現役の形成外科医はいらっしゃいます。
 移転でかなりくたびれているので、
 75歳まで元気でいる自信がありません。
 今まで以上に健康に気をつけて働きます。
 北海道新幹線に乗って、
 山形へ行きたいです

投稿者 sapporobiyou : 2018年03月10日 18:45

コメント

コメントしてください




保存しますか?