« 第61回日本形成外科学会(福岡)① | メイン | 第61回日本形成外科学会(福岡)③ »

2018年04月12日

第61回日本形成外科学会(福岡)②

 福岡は暖かでいいお天気です。
 札幌と2ヵ月くらい違う印象です。
 芝桜が咲いています。
 学会初日にお聞きした、
 特別講演が印象的でした。
 わざわざサンフランシスコからいらしてくださった、
 広島原爆の被爆者で、平和の語り部
 笹森恵子様の講演です。
      ■         ■
 特別講演1
 4月11日(水)11:00~12:00 第1会場
 司会:平野明喜(日本赤十字社長崎原爆病院)
 SL1 笹森恵子ヒロシマ・ナガサキ平和プロジェクト
 笹森恵子ささもりしげこ( 名誉人文学博士、広島原爆の被爆者、語り部)

 今年6月のお誕生日が来ると86歳だそうです。
 とてもしっかりした女性でした。
      ■         ■
 笹森さんが、
 広島の原爆によって熱傷を受傷し、
 ご両親が熱傷の治療をしてくれたこと、
 東大分院で、
 林田先生に手術をしていただいたこと、
 米国で25人の仲間とともに、
 熱傷瘢痕拘縮の治療を受けたこと、
 原爆の悲惨さを全身で説明してくださいました。
      ■         ■
 私が一番驚いたのは、
 私の恩師、
 大浦武彦先生が発言され、
 昭和32年に笹森さんのことが新聞に載り、
 形成外科というのがまだ知られていない時に、
 米国で治療を受けたと新聞記事で知って、
 形成外科医への道を選んだ
 …とお聞きしたことでした。
 今までお聞きしたことがありませんでした。
 日本に形成外科がなかった時代に、
 米国まで行かれて治療を受け、
 世界平和のために貢献していらっしゃる、
 笹森恵子しげこさんのお話しが印象的でした。

投稿者 sapporobiyou : 2018年04月12日 21:46

コメント

コメントしてください




保存しますか?