« はしか、「排除」したはずがなぜ流行? | メイン | さようならコンタクトオフビル »

2018年05月13日

5億円「相続より若者に。お金が生きる」 印刷業の創業者、九州大に奨学金

 平成30年5月13日、朝日新聞朝刊の記事です。
 5億円相続より若者にお金が生きる」 印刷業の創業者、九州大に奨学金
 学生の支援に役立ててもらおうと、福岡市の男性が九州大学に5億1600万円の寄付をした。「財産を残すより若い方に渡した方が、お金が生きる」と考えた。九大はこれを元に奨学金制度をつくり、学生の留学や修学を支援する。
 男性は中本博雄さん(80)=福岡市城南区。11日、久保千春・九大総長に寄付金の目録を手渡した。
 中本さんは小倉西高校在学中、恩師に九大進学を強く勧められた。だが家庭が貧しく、泣く泣くあきらめた。「先生が家に5回も来てくれたが、おやじは返事をしてくれなかった」
 勉強したいという思いは消えず、働きながら独学。1972年ごろ、静電気を使ったコピー機関連の特許を米国で取ったという。「情熱が執念に変わるまで勉強すれば道は開ける」。1987年に福岡市で印刷会社「青陽社」を創業。財産を築いた。
 子どもも孫もいるが、「相続しすぎると独立心が育たない」と考え、かつて進学を目指していた大学への寄付を決めた。高校の恩師も、22年前に脳梗塞(こうそく)で入院した際の担当医も、九大卒という縁もあった。妻の稔恵さん(74)も二つ返事で賛成してくれた。
 「死んで財産を残すよりも若い方に渡した方が、お金が生きる。そこから新しい発明や発見が出て、日本が栄えていけばいい。あの世に行ったときは財産ゼロという死に方をしたい」
 九大によると、奨学金名目の寄付では過去最高額。文部科学省によると、全国でもまれな金額だという。
 九大は「中本博雄賞」を創設し、来年度から20年間、学生の留学や海外渡航費を毎年35人に、給付型奨学金を毎年30人に支給する予定。
 (渡辺純子)

中本博雄さん
(以上、朝日新聞より引用)

      ■         ■
 朝日新聞の朝刊を読んでいて、
 すごいなぁ~
 …と思いました。
 私には絶対に無理です。
 医学界でも聞いたことはありません。
 すばらしいことだと思います。
 さすが九州男児です。
 これだけでも驚きでした。
      ■         ■
 院長日記を書くためにネットで調べて、
 もっと驚きました。
 ふつうの印刷会社ではありませんでした。
 青陽社のHPを見ると、
 情報入力
 ・CAD入出力
 ・各種アプリケーション入出力
 •Microsoft Word®
 •Microsoft Excel®
 •Microsoft PowerPoint®
 •Microsoft Access®
 •Adobe Illustrator®
 •Adobe Photoshop®
 •ソフト開発
 ・電子ファイリング

      ■         ■
 私たちがして欲しいことが、
 すべて掲載されています。
 コピプリ
 …という会社を運営していることもわかりました。
 福岡市・北九州市・佐賀市・鹿児島市の印刷会社が運営している高品質で格安なコピー・プリントサービスです。
 さすが、
 働きながら独学
 1972年ごろ、
 静電気を使ったコピー機関連の特許を米国で取った

 …という社長さんは違います。
 病院の紙カルテを電子化するのも、
 この会社なら何とかしてくれるのでは?
 …と思いました。
      ■         ■
 九州大学の、
 「中本博雄賞」で、
 2019年度から20年間、
 学生の留学や海外渡航費を毎年35人に、
 給付型奨学金を毎年30人に支給

 きっと素晴らしい研究成果が出ることと思います。
 日曜日の朝に、
 とても気分がいい記事をありがとうございました。

投稿者 sapporobiyou : 2018年05月13日 18:09

コメント

コメントしてください




保存しますか?