« 第132回日本美容外科学会(JSAPS)学術集会(沖縄)⑤ | メイン | 道内大雨 道央道八雲で土砂崩れ »

2018年07月04日

メラノーマ患者会代表、徳永寛子さんご逝去

 私が沖縄に行っている間に、
 FBにとても悲しい知らせが届きました。
 メラノーマ患者会Over the RAINBOW
 2017年6月8日の院長日記でご紹介した、
 メラノーマ患者会
 代表、徳永寛子さんが、
 平成30年6月29日にご逝去されました。
 心からご冥福をお祈りいたします。
      ■         ■
 昨年6月7日に市立札幌病院でお会いしました。
 とても明るく元気な女性でした。
 私の子供と同年代です。
 ほんとうに残念です。
 メラノーマはこわい病気だと、
 あらためて思いました。
 ご自分の病気や体験を、
 メラノーマの治療や啓蒙に生かした
 徳永寛子さんをご立派だと思います。
 もっともっと生きていてほしかった。
 私の正直な気持ちです。
      ■         ■
 メラノーマ患者会訃報です。
 平成30年6月29日、
 メラノーマ患者会 【Over The Rainbow】の代表である徳永寛子が逝去いたしました。
 どんな状況であっても「希望を持って最後まであきらめない。」と、闘ってきた徳永でした。
 彼女の「メラノーマの患者が、自分はひとりじゃないんだと思える心の拠り所を作りたい。」
 という切なる願いから生まれた患者会ですが
 そうして集まった患者会の仲間が同じように頑張っていることが
 彼女にとって大きな励みになり、そして生きる力になりました。
 また、きっと多くの仲間が彼女の頑張りや意志の強さに励まされ
 生きる力をもらったことでしょう。
 徳永は旅立ちましたが、彼女の遺志はこれからも受け継がれていきます。
 彼女を失った哀しみをいつか乗り越えられるよう
 患者会として頑張っていきたいと思います。
 患者会スタッフ一同

 葬儀のご案内
 日時:
 通夜 7月5日(木)18時00分〜
 告別式 7月6日(金)10時00分〜11時00分
 場所:
 式場 堀ノ内斎場 
 住所 東京都杉並区雨梅里1丁目2番27号
 電話 03-3311-2324
 喪主:徳永武志
 ◎生花、供物等のご注文、葬儀に関するお問い合わせは下記へ
 株式会社セレスト
 電話:03-6783-0986
 FAX: 03-6781-9179
 住所:東京都板橋区桜川2-6-11
 担当者:吉江

      ■         ■
 徳永さんのメラノーマがわかったのが、
 2012年でした。
 30歳を目前にして、
 人生で一番充実していて、
 女性として美しい時期です。
 徳永さんの体験談です。
 家族の「そのホクロ変じゃない?」っていう言葉がきっかけでした。
 自分では見えない場所だった事もあり気にしていませんでした。
 そのときは、ただのホクロだと思っていましたし、
 むしろ、頭のてっぺんにあった別のホクロの方が気になっていたぐらいで、
 すぐには病院に行きませんでした。

 現在、考えられる、
 最高の治療を受られたのが徳永寛子さんでした。
 それなのに亡くなってしまいました。
      ■         ■
 私はホクロのレーザー治療はしていません。
 学生時代に、
 皮膚科の先生から、
 黒いものは、
 安易に焼いたりしないほうがいい

 …と教えられたからです。
 ダーモスコピーも持っていない美容皮膚科医が、
 安易にホクロを焼くのは危険です。
      ■         ■
 皮膚科専門医ですら誤診することがあるのがメラノーマです。
 最先端の、
 一番いい治療を受けられた、
 徳永寛子さんがご逝去されました。
 ほんとうに難しい病気です。
 医学の無力さを感じます。
 徳永寛子さんのご冥福をお祈りしています。
 いつかメラノーマが治る時代になってほしいです。
 ほんとうに残念です。



徳永寛子さんの体験談から引用

投稿者 sapporobiyou : 2018年07月04日 17:07

コメント

コメントしてください




保存しますか?