« 美しい目をつくる手術④(まつ毛の向き) | メイン | 育児休業中にわきが手術2018 »

2018年08月10日

美しい目をつくる手術⑤(全体のバランス)

 美しい目をつくる手術①(皮膚切除)
 美しい目をつくる手術②(左右差)
 美しい目をつくる手術③(腱膜固定)
 美しい目をつくる手術④(まつ毛の向き)
 美しい目
 シリーズの最後です。
      ■         ■
 やればやるほど難しい手術だと思います。
 美容外科のメニューに、
 二重部分切開ぶぶんせっかい
 二重全切開ぜんせっかい
 …があります。
 埋没法で二重が取れた患者さんが、
 よし、
 今度は全切開でやろう!
 保証付だし、
 TVでCMを流しているし、、、

 …と考えることがあります。
      ■         ■
 もともと眼瞼下垂症で目を開く力が弱い人は、
 全切開の手術をしても、
 美しい目
 …にはなれません。
 全切開のキズが残るだけです。
 ただ切ればいいってもんじゃありません
 2018年8月現在では、
 手術ロボットには絶対にできない手術です。
      ■         ■
 私の考えです。
 エビデンスはありません。
 美しい目は、
 顔全体とのバランスが大切だと思います。
 日本人と欧米人では、
 顔の骨格が違います。
 鼻の高さも違います。
 額ひたいの骨の形も違います。
      ■         ■
 神様は不公平です。
 生まれつき、
 目の大きさが小さい人がいます。
 目が入る骨の部分、
 眼窩がんかという、
 がいこつの目のくぼんだ部分が小さい人がいます。
 眼球の大きさ自体も小さいです。
      ■         ■
 目の大きな美人
 …と、
 目の小さな
 大きさ自体は1㎝も違いません。
 でも、
 小さな目の人に、
 派手な平行型の二重は合いません。
 どうがんばっても無理です。
      ■         ■
 私は形成外科医ですから、
 外人顔は作りません。
 イメージは自然
 神様の不公平をなおすのが仕事です。
 世の中には悪い美容外科があります。
 モニター患者という名の練習台もあります。
 整形は悪いことではありません
 私のおすすめは、
 元の自分の顔に合った手術です。
 やりすぎはよくありません。 
20160306-12koma 

投稿者 sapporobiyou : 2018年08月10日 18:58

コメント

コメントしてください




保存しますか?