« 第33回日本眼窩疾患シンポジウム(東京上野)① | メイン | 第33回日本眼窩疾患シンポジウム(東京上野)③ »

2018年09月10日

第33回日本眼窩疾患シンポジウム(東京上野)②

 北海道胆振東部地震いぶりとうぶ地震
 たくさんの方がお亡くなりになりました。
 心からご冥福をお祈りいたします。
 今朝の札幌市内は曇りの肌寒い天気です。
 予想最高気温19℃
 予想最低気温15℃
 …です。
      ■         ■
 被災地では懸命の救出作業が続いています。
 TVで見ると、
 仙台市消防局など、
 全国各地から応援に来ていただいています。
 ほんとうにありがとうございます。
 被災者の方が、
 お風呂に入れていただいて、
 よろこんでいる様子が映っていました。
 ありがたいことです。
      ■         ■
 私は東京であった、
 第33回日本眼窩疾患シンポジウム
 …の学会報告を書きます。
 参加者の半数以上が、
 眼の手術を得意とする眼科医です。
 形成外科医の私にとって、
 とても勉強になる学会です。
 知らないことがたくさんありました。
      ■         ■
 形成外科医から眼科医への情報提供もあります。
 私の印象に残った講演です。
 17:05 ~17:20 緊急提言
 座長:酒井 成身(新宿美容外科・歯科)
 「眼形成外科とフィラー」
 顔面に用いたフィラーの功罪
 野本俊一(日本医科大学付属病院 形成外科・再建外科・美容外科)

 美容外科で用いられた、
 ヒアルロン酸やレディエッセなどによる失明
 …事故についてです。
      ■         ■
 2018年9月8日の学会では、
 眼窩疾患を専門とする眼科医から、
 とても貴重なご意見をいただきました。
 ヒアルロン酸のトラブル2017
 …でご紹介した、
 Filler Crash Kitに、
 Vision loss/blindness
 –Urgent ophthalmology consult
 –Retrobulbar hyluronidase injection

 …と書かれている部分です。
      ■         ■
 もし視力低下や失明になったら、
 すぐに眼科医に相談して、
 ヒアルロニダーゼの球後注射をする
 …という部分です。
 若い眼科医は、
 球後注射をしたことがないのでできない。
 球後注射で眼球穿刺をする危険性があるので、
 自分だったらヒアルロニダーゼの球後注射は引き受けない
 …という眼科医のお話しを聞けたことです。
      ■         ■
 学会会場で、
 お一人だけ、
 もし事故が起こったら私に相談してください
 …という眼科医がいらっしゃいました。
 また1970年代より前に眼科のトレーニングを受けた眼科医は、
 球後注射はできる
 今の若い眼科医は、
 球後注射のトレーニングを受けていないので、
 できない人がいても不思議ではない、
 …という貴重なお話しも聞けました。
      ■         ■
 もし失明事故が起きて困った先生がいらしたら、
 私に相談してくだされば、
 引き受けてくださる眼科医をご紹介いたします。
 網膜は血管が閉塞してから数時間で不可逆的変化を起こすそうです。
 もしフィラーで失明事故を起こしたら、
 最初の1時間が勝負です。
 私が震災で大変な中を学会に行ったのは、
 こうした貴重な情報を得るためです。

投稿者 sapporobiyou : 2018年09月10日 19:30

コメント

コメントしてください




保存しますか?