« 顔面神経麻痺による下垂② | メイン | 顔面神経麻痺による下垂④ »

2018年09月01日

顔面神経麻痺による下垂③

 顔面神経麻痺による下垂①
 顔面神経麻痺による下垂②
 …の続き3回目です。
 顔面神経麻痺で、
 片側だけまぶたが下がってしまった患者さんは、
 ふつうの眼瞼下垂症よりつらいです。
      ■         ■
 顔面神経麻痺になったほうの目だけ、
 下垂しているのに、
 目を閉じる力が弱いからです。
 動物にも、
 人間にも、
 目を守るために、
 瞬間的に目を閉じる機能があります。
 瞬目しゅんもくとか
 瞬目反射しゅんもくはんしゃ
 …と呼ばれています。
      ■         ■
 目を閉じる機能は、
 眼輪筋というまぶたの皮膚のすぐ下にある、
 筋肉の働きです。
 眼輪筋に収縮する命令を出すのが、
 顔面神経です。
 顔面神経には、
 5つの枝があります。
 外傷などで顔面神経が切れた場合は、
 5本の枝の一部だけ切れることもあります。
      ■         ■
 水痘帯状疱疹すいとうたいじょうほうしんウイルス
 …というヘルペスウイルス
が原因でなった、
 ハント症候群の患者さんは、
 5本の顔面神経の枝が、
 全部麻痺しています。
 額にしわができなくなって、
 まぶたが閉じにくくなって、
 口角からものがこぼれます。
 口笛も吹けなくなります。
      ■         ■
 目を閉じる機能が弱くなっているのに、
 ふつうの眼瞼下垂症手術をすると、
 大変なことになります。
 風が吹いた程度の、
 ちょっとした刺激で涙が出ます。
 涙で視界が悪くなって、
 かえって見えにくくなります。
 顔面神経麻痺で片目だけ下垂した患者さんには、
 ふつうの眼瞼下垂症手術はしません。

投稿者 sapporobiyou : 2018年09月01日 20:42

コメント

コメントしてください




保存しますか?