2017年04月15日

この火曜日から金曜日

は、形成外科で一番大きな学会で、大阪に行って来ました。
最終日は仕事でしたけれども。
いろいろな発表をきいたり、沢山の昔の知り合いに会って話したりすると、
様々な気付きや発見があって、日頃の診療や手術に活かせそうです。

ヴェリテは本当に手術の患者様が多くて忙しく、やり甲斐があります。(^ ^)
またご報告しますね。

そういえば、テレビで取材も受けたのでした。いつにも増して忙しい一週間でした。

投稿者 y.mitoma : 10:22

2017年03月28日

こだわり鼻1

さて、私がこちらに来て一番使いやすくて凄いなとおもっているのは、
オーダーメイドプロテーゼです。
勿論今までも患者様に合うよう、鼻、あご、額、尾翼基部など既製品からその方に合うように削っていたのですが、これが、患者様のお顔の骨のモデルを作らせていただいて、いわゆる粘土みたいなものでプロテーゼの型を作成し、この型をそのままの形で業者さんにお願いして、プロテーゼにしてもらうのです。
通常プロテーゼは、骨の直上に入れますから、凄くぴったりのものが自由自在にできるんですねー。
欠点は、一度業者さんに出すので、多少時間がかかるこでしょうか?
でも、今私はこのオーダーメイドプロテーゼに夢中です。笑。

投稿者 y.mitoma : 09:25

2017年03月10日

お詫びと訂正

まずはお詫びから。
 私は現在ヴェリテクリニックの銀座院というところにおりますが、こちらではカウンセリングが有料です。(1080円、シミュレーション等を行う場合には3240円等かかることがあります)

 このブログの左端に、無料となっていますが、お詫びして訂正させていただきます。

 いろんな美容外科がありますが、無料のところも多いですよね。それはそれで患者さんにとってはいいことも多いです。たくさんの美容外科を訪れることもできます。ただ、ヴェリテクリニックでは、本格的な手術を受けられる患者さんも多いものですから、よく調べたうえである程度(気持ち的に)覚悟を持て来てほしいということみたいです。

 ということで、(勿論埋没も意外とありますが)目も鼻も額も顎も体も、こだわりの大きい患者さんと手術が多いです。おいおいご紹介していきますね。

 中でも鼻のオーダーメイドプロテーゼは本当にオーダーメイドプロテーゼなので、素敵です!

投稿者 y.mitoma : 15:06

2017年03月02日

決意

大学時代の同級生が亡くなりました。
最後まで仕事も治療も手を抜かずにやりきり、笑顔で逝ったということでした。
彼らしくて涙が出てしまいました。
ご冥福をお祈りいたします。

そういう年齢になったんだなあと思いつつ、主人からは
「なんの楽しみも面白味もないひと」と思われるほど、私は手術職人らしいので、
本当にせめて手術は頑張ろうと思ったのでした。

幸いヴェリテにはこだわれる環境と機材がそろってますしね。

次回から、こだわりについて、自分なりにいくつか書いてみたいと思います。

投稿者 y.mitoma : 11:26

2017年02月16日

お知らせー裏ハムラについて

さて、早いものでヴェリテに来てから二か月半がたちました。
ちょこちょこ裏ハムラ(トラコンハムラ)のお問い合わせをいただきます。
さて、裏ハムラで検索してみると、ずいぶんやっているところがふえたなあという印象です。
それぞれ先生方には考え方の違いはあるようですが。。。

 もちろん、表に傷がない、脂肪を取らないのでちりめんじわを最小限に抑えられる、矯正力がつよいなど、メリットはいくつかありますが、実はたくさんこの手術を手掛けてきた中で私が一番ハムラ法を裏からやるメリットとして感じているのは、ミッドフェイスリフトが一緒にできることです。

 もちろん同時にしなくてもいいかたもまれにはいらっしゃいますが、通常クマの目立つ方は、クマのふくらみの部分の下側はボリュームが少なく、それよりさらに下のほほのボリュームは下がり、法令線の深さを強調していて、より目元から口元のいわゆるミッドラインがクマとともに貧相に見えることが多いので、よほど必要な方以外はかなりがっちりミッドフェイスリフトをやっています。結果については、今まで、たくさん症例をご紹介しているので、裏ハムラプラスミッドフェイスリフトのページをいくつかご覧ください。

 で、実はいまヴェリテでは、料金をどうしようかと言っているのですが、現在のところ、ミッドフェイスリフトは無料で同時にさせていただいているので、とてもお得です。

 クマでお悩みの方はぜひ一度カウンセリングにいらしてください。

 また、最近ドレーンという血を抜く管をルーティンで入れることにしました。これで術後の腫れがぐっと少なくて済みます。日々、良い方法はないかなあと考えています。

投稿者 y.mitoma : 09:15