« 2007年07月 | メイン | 2007年09月 »

2007年08月21日

裏ハムラ法(^^)1

 最近、経結膜式(要するに下瞼の裏から行う)ハムラ法のお問い合わせの患者様がすごく多いです。通称「裏ハムラ」というんだそうです。術後長い経過の症例が見たいです、といわれ私自身の顔をみると納得される方が多いので、ちょっと写真を掲載してみることにしました。4ヶ月半近く経ったものです。
ハムラ4M.jpg

投稿者 y.mitoma : 15:46

2007年08月18日

顎のプロテーゼ

 盆・暮は美容外科医は一番忙しい季節かもしれません。当院と札幌、実は小耳症のお子さんも夏休みの手術をご希望のことが多いので、独協医科大学とここ一週間強走り回っておりました(すみません、言い訳ですね^0^;)。移動距離はたいしたもんです。

 本日は顎プロテーゼをお受けになった方のご紹介です。実はちょっとした有名人ですが、ここでは内緒(^^)。なんて、HP上や体験談には載っておりますが。。。

岡野さん写真.jpg

 体験談は、こちらです。http://www.e-489.net/user_blog.php?mypage_no=9&page=4
はじめ、顎のたるみを一番きにされており、フェイスリフトをお勧めしたのですが、大きなお休みが取れないのと、少し大きな手術になるので、敬遠されました(^^;)。首の脂肪吸引等も検討したのですが、皮膚がたるたるになるとこまるので、これは将来、きちんとフェイスリフトの手術をするときに一緒にしましょう、ということになりました。そこでお勧めしたのが、顎へのプロテーゼ挿入術です。二重顎が治るわけではありませんが、顎がすっきりと出ることにより多少カモフラージュされているのがお分かりかと思いますし、顎のバランスがよくなるとちょっと上品な印象を与えます。ちなみに、顎にプロテーゼを入れることで、多少のたるみがカモフラージュできるために、えらのボトックス治療もおこなっています。美人は全体のバランスが非常に大切であることが、よくお分かりいただける症例です。今度は(やはりきるのは怖いということで)ハッピーリフトに挑戦されるそうですが、また、体験談等、期待したいですね(^^)。

投稿者 y.mitoma : 16:29

2007年08月05日

浜作

 昨日は、私の形成外科の元師匠と(師匠が70歳のお誕生日でもあったので)銀座の、浜作というところにお食事に行ってきました。この師匠も、非常に腕のよい形成外科医で、先天奇形などはめちゃうまです。たとえば、口唇裂の手術にマンチェスター法というのがあるのですが、その人に直接教えを請いに留学してきたような人なのです。マンチェスターはわれわれの世代では教科書のなかにのみ出てくる偉い幻のような人なのですが。。。
 それはさておき、とにかく魚料理のおいしいお店で、はもなどいただいたのですが、おそらく包丁の使い方がうまいんだと思いますが、どこに骨があるんだろう、と感心するぐらいおいしかったです。鮎の焼いたものや、スズキの頭の煮付けなど、本当においしかったです(^^)。その師匠はもともとグルメなひとで、また、当たり前ですがその店主も味の違いのわかる人ですから(たぶん私が一番違いが分からない人だと思います)、店主がすすめるおいしいてんぷら屋はどこか、というような話でもりあがり、いろいろと名前も挙がったのですが、最後のしめに天茶をいただいて帰りました。
 ただ、本日から多少ダイエットをしないといけないかもです。。。

投稿者 y.mitoma : 11:35