« 浜作 | メイン | 裏ハムラ法(^^)1 »

2007年08月18日

顎のプロテーゼ

 盆・暮は美容外科医は一番忙しい季節かもしれません。当院と札幌、実は小耳症のお子さんも夏休みの手術をご希望のことが多いので、独協医科大学とここ一週間強走り回っておりました(すみません、言い訳ですね^0^;)。移動距離はたいしたもんです。

 本日は顎プロテーゼをお受けになった方のご紹介です。実はちょっとした有名人ですが、ここでは内緒(^^)。なんて、HP上や体験談には載っておりますが。。。

岡野さん写真.jpg

 体験談は、こちらです。http://www.e-489.net/user_blog.php?mypage_no=9&page=4
はじめ、顎のたるみを一番きにされており、フェイスリフトをお勧めしたのですが、大きなお休みが取れないのと、少し大きな手術になるので、敬遠されました(^^;)。首の脂肪吸引等も検討したのですが、皮膚がたるたるになるとこまるので、これは将来、きちんとフェイスリフトの手術をするときに一緒にしましょう、ということになりました。そこでお勧めしたのが、顎へのプロテーゼ挿入術です。二重顎が治るわけではありませんが、顎がすっきりと出ることにより多少カモフラージュされているのがお分かりかと思いますし、顎のバランスがよくなるとちょっと上品な印象を与えます。ちなみに、顎にプロテーゼを入れることで、多少のたるみがカモフラージュできるために、えらのボトックス治療もおこなっています。美人は全体のバランスが非常に大切であることが、よくお分かりいただける症例です。今度は(やはりきるのは怖いということで)ハッピーリフトに挑戦されるそうですが、また、体験談等、期待したいですね(^^)。

投稿者 y.mitoma : 2007年08月18日 16:29