« 二重の手術~ご希望に沿うために | メイン | 裏ハムラ法(^^)3 »

2007年10月29日

裏ハムラ法(^^)2

 最近、ももさわはほとんど毎週この手術をしています。私も一週間に何度かは手がけている感じです。十月半ばから十一月上旬はほぼ毎日あるような感じで、うちのスタッフたちにも「裏ハムラ」という患者様のおつくりになった言葉が定着してきました。
 私自身、この手術をして半年ちょっと経過しました。また、うちのスタッフが受けて五ヶ月ちょいがたちました。結果をきちんと掲載しなければ、と思うのですが、少々時間がたりず、なるべく早くに掲載しますので、いましばらくお待ちくださいませ(^^;)。仕事の合間にすっぴんで写真を撮る勇気がでないのと、きちんと比較できるように写真を並べるのって意外と手間隙がかかってしまって。。。
 さて、今までの患者さんやスタッフ、私自身が受けた経験からいいますと、この手術はいろんな意味で今までの脱脂にかわるよい手術だと思います。目をまもる脂肪(眼窩脂肪)を無駄にせず(ですからちりめんジワも減りはしませんが、増えもしません)、脂肪注入のように皮膚の薄い方では凹凸になったりせず、結果が安定しています。現段階でこの手術以上に目のくまの矯正力がたかくて、合併症の少ない施術はないと思います。他院で脱脂や表からのたるみとりで満足されなかった方々の矯正も非常によい結果が出ています。ちなみに、皮膚をいじらず、アッカンベーととなる合併症がないために、表からのハムラ法より術者が思い切って脂肪移行をできる分、くまの矯正力は高いと思います。
 ただ、表を切らないので社会復帰をするまでの時間は、皮膚を切らせていただいたときに比べ早いとは思いますが、やはり皆さんをみていて5-7日程度はかかります。これは、通常の脱脂に比べるとやはりダウンタイムは長いといえるでしょう。思った以上に腫れが長引いたり、ひどい内出血が出ることももちろんあり、逆に、こちらがびっくりするほど早く落ち着く方もいらっしゃいますが、誤解していただきたくないのは、やはり人間の体は落ち着くまでのには最低3-6ヶ月程度かかるということです。自覚的にも強く押すと多少圧痛があったり、かゆみがあったり、むくみを固く触れたり等々意外とかかるものです。また、手術の結果についても、落ち着くのに左右差があったり、もちろん左右の眼窩脂肪の多さや微妙な構造的違いから多少結果も違ったりするものです。
 100%の方が非常に満足しているとはいえませんし、完全に平らにするのは不可能ですが、少なくとも3-6ヶ月以上経った方々(そのうち統計をとらないといけませんが、ももさわは100人以上は施術しているのではないでしょうか。私自身も100人目前といった感じです)では、術前と比べて客観的にみると改善は著しく、やらないほうがよかった、という患者さんはいらっしゃらないのが、手間隙と時間はかかるものの、この手術のメリットでしょうか。

 ももさわの感想というかコメントですが、「やっぱり目の下と頬とのくぼみを埋めるという意味で、義務ではないけれど、ミッドフェイスリフトは行ったほうがよい気がする。あと、静脈麻酔もあったほうが、気兼ねなく術者もできてうれしいね。」ということでした。参考にしてください。ただ、手間隙かかり、時間がかかるので、これ以上安価にはできないと思います。。。すみません。それと、まだ全国に広まっていない、とうのもデメリットですね。ただ、今年は形成外科学会総会で発表しましたし、来年は十仁系の美容外科学会でもももさわがシンポジストを務めますので、徐々に広まってくるのではないかと思います。ちなみに当院は形成外科ベースですが、十仁外科系美容外科学会では、下瞼はももさわが、上瞼は高橋がシンポジストを務めます(^^)V。お互いの美容外科学会に交流ができつつあり、私自身はよい流れなのではないかと思います。

投稿者 y.mitoma : 2007年10月29日 15:07