« 目頭切開の修正(逆z法) | メイン | 年末のご挨拶 »

2007年12月24日

脂肪吸引(太腿全周・臀部移行部・膝下全体)

 今日はクリスマスイブですね(^^)。当クリニックにもツリーは飾ってあるのですが、私自身にはクリスマスなんて関係ないのさ(. . )。。。と少しだけいじけつつも、一年で一番美容外科医らしい季節を満喫しております。そういえば、最近目元のブログがおおかったなあ、と思い、脂肪吸引(きちんと適応を選んで丁寧に行えば、皆さん必ずよくはなるので、外科医としてはうれしい手術です)をご紹介してみようと思います。
 この方はもともと、サイズを落とすというよりは、ラインを整える、という適応の患者さんです。脂肪吸引は、非常に脂肪の多い方の場合にはサイズを落とすことが一番ですが、ボディースカルプチュア、いいかえれば体の彫刻、という別名もあるほど、この方のようにダイエットではどうにもならないシルエットを整える、という場合にも最適です。究極の部分やせ、というのが一番近い意味合いでしょうか。術後三ヶ月ですので、もっとしまってきますし完全に完成ではありませんが、内腿のラインをなるべくストレートに近づける(内転筋群があるので、完全にストレートは無理なのですが)、ひざ上をすっきりさせる(ミニスカートが似合うようになります)、太腿外側の膨らみを削ってかつ足を長く見せ、小尻にみせる、というのが目標です。横から見ていただいたラインからもわかるように、前後径はほぼ変わっていませんが、お尻が高くなっているのがお分かりでしょうか。こういう方の場合には特に(もちろんサイズを落とすときも注意をするのですが)お尻がたれないよう最大限の注意を払って吸引を行っていきます。後ろからのシルエットもまったく違ってきているのがわかると思います。
 ひざ下も引き締まり始めているのがお分かりでしょうか。ひざ下はもっとも効果が出るのが遅いところで、特にこういうもともと細い方ですと、半年をすぎて忘れたころにそういえばブーツがゆるくなった、という感じの変化が多いです。もう少しはしまっていきます。ただ、モニターさんですので金銭的なご負担が少ないので施術をしましたが、一般の方で術前がこれくらい細い方ですと、変化がコストに合うかどうかは患者様のご希望によりますね(^^;)。。。ひざ下は、通常は両側で300ml以上の脂肪が吸引できると判断できなければ、私自身は一応不適応としています。このかたは吸引量が200mlちょっとでした。参考にしていただけますと幸いです。ちなみに、まだ三ヶ月ですので吸引した傷口は黒く色がついています。無傷とはいいませんが、時間とともに真っ白になり、ほぼ目立たなくなっていきます。

脂肪吸引太腿.jpg

投稿者 y.mitoma : 2007年12月24日 17:17