« 年始のご挨拶 | メイン | 目頭切開修正逆z法一ヶ月 »

2008年01月06日

裏ハムラ+ミッドフェイスリフト+埋没法

 本日は当院で今もっとも人気のある施術、経結膜式眼窩脂肪移行術(裏ハムラ法)+ミッドフェイスリフトの患者さんのご紹介です。上瞼の軽度のたるみも気になるということで、埋没法でたるみを少し改善させています。まつげにかかる皮膚も奥に引き込まれるので、下瞼のクマの改善、頬のボリュームアップに加え、ぐっと若々しい印象になったと思います。
 向かって左がそれぞれフラッシュをたいた写真です。右がフラッシュをオフにした写真で、影がよくわかると思います。また、それぞれ上段が術前、二段目が術後三ヶ月(この施術はご本人さんの微妙な違和感はあるものの、おおよそ三ヶ月で完成とお考えいただいてよろしいでしょう)、ちなみに一番下の段が術後1週間です。裏からのアプローチですので、結膜刺激症状がつよく、この方も一週間目も涙目っぽいです(私は三日くらいでほぼ平気だったのですが。。。)。お化粧をすると、他の人からは「ちょっと調子がわるいの?」という感じでしょうか。でも、術後5日目のときに、お電話ではお叱りを受けました。「ぜんぜん外にでれません!」と。腫れや内出血は一日一日よくなっていきますので、一週間後はお写真のような感じに落ち着きましたが、美意識の高い方が多いので、詳しく患者さんのお話をきいていると、10日前後いろいろ気になるようです。この方法のよいところは、効果が比較的安定していて合併症が少なく、ミッドフェイスリフトもあわせてできるので、目のくまの改善だけではなく、中顔面(いわゆる目の下から口元少し上まで)の若返り効果が期待できる点でしょうか。(術者 三苫)

48裏ハムラ+ミッドフェイス.jpg

投稿者 y.mitoma : 2008年01月06日 15:39