« 目頭切開修正逆z法一ヶ月 | メイン | 裏ハムラ法+ミッドフェイスリフト »

2008年01月20日

目頭切開修正(VY法斜め術後4ヶ月)

 目頭切開修正は、もともと、この修正を行っているクリニックが少なく、当院では多いご相談なのです。移転して手術をご紹介するために募ったモニターさんたちの結果が出つつあり、最近ブログでご紹介したところ、本当にお問い合わせが多いので、別の方法による蒙古ひだ再建もご紹介してみようと思います。

 はじめが目頭切開後、つまり修正直前です。この方は決して施術が失敗しているわけではありません。術前のコミニュケーション不足により、おもわぬ怖いふけた顔になってしまった、ということでした。傷をなるべく小さく、かつ丸いかんじに、ということでVY法を一番傷のめだちにくい目の下の方向に持っていく方法で蒙古ひだを再建しています。体質的にこの方は、傷の赤みや盛り上がりが非常に起こりやすいタイプです。

 写真は上から修正前、修正直後、抜糸時一週間後、二ヵ月後(お化粧あり)、四ヶ月後(お化粧あり)、四ヵ月後(お化粧なし)という順に並んでいます。傷の落ち着きがやや遅い方で、一週間後は結構かわいそうな状況ですが、それでも二ヶ月たつとお化粧をするとだいぶきずは目立ちにくくなってきます。四ヶ月ではお化粧をしてしまえば、間近でみてもきずはわかりません。ただ(とくにお化粧おとしでこすった直後ですので)お化粧をとるとまだ赤みがあり、少し傷が白く光っている感じです。半年をこしてくるともっと改善して、すっぴんでも素人さんレベルだとわからないくらいにはなっていきます(ご本人さんや我々はすっぴんでよくみればわかりますが。。。)。

 私は実は個人的には微妙に戻しすぎではないかと思うのですが、ご本人さんは実はできるなら本当はもう少し(特に右を。はじめから右のほうが切れ込みが深いので、その影響が残っています)戻したいとおっしゃっており、微調節も検討中ですが、蒙古ひだ形成は、皮膚を切り取るまたは解除されているために、元の幅ではなく、ややたりないかな、という程度に戻すのが一番自然で第三者から見たときは自然です。それでも、いろいろと細かい点はあるものの、術前よりは精神的に少し楽になりました、といっていただいているのが救い、といったところでしょうか。目頭はほんの0.5から1ミリで印象が違います。目頭切開も、修正も、あまり安易におこなわず、担当医と本当によく相談の上施術を行ってください。

 目頭切開じたいは、きちんと適応を選んできちんとおこなうと、垢抜けて非常によいせじゅつなのですけれどね(是非目頭切開のブログ等も参照してみてください)。。。ほとんどの方が術前のコミニュケーション不足が原因です。美容外科の施術は術前のカウンセリングが本当に大切だと思います。


目頭修正VY4mまで.jpg

投稿者 y.mitoma : 2008年01月20日 13:53