« 2008年03月 | メイン | 2008年05月 »

2008年04月26日

美容外科医の想い

 いろいろとご紹介したい、お写真もあるのですが、なにぶん組み写真(ほぼ同じ条件で並べないといけません^^;)をつくるのが結構手間なので、今日は美容外科医をやっていて忘れられないエピソードを書いてみようと思います。

 もう4年ほど前になるでしょうか。今は、美容外科の施術はダンピングが激しいのですが、その当時は美容外科手術は高いのが当たり前の時代でした。だからこそ、特に個人クリニックなどにいらっしゃる患者さんは手術自体を受けることを本当に真剣に考えて、調べてからいらしていたように思います。その中で、当時うちは埋没法が73500円(相場は10-12万円程度だったと思います)と、安いほうでした。

 基本的には脱毛や埋没(もちろん、適応が見れるか等々本来はおくが深いのですが、言い換えてしまえば、糸をかけるだけの施術なので^^)など、あまり技術を要しないものについてはリーズナブルに提供しよう、というコンセプトが当時あったからなのです。

 ある、30歳くらいの女性の患者さんがその73500円を多分必死にかき集めて、当院へいらっしゃいました。非常に清楚なきれいな方で、もともと二重だし、そのままでも十分ぐらいの方でした。そんなことを思いつつご希望を伺うと、本当に気持ち二重の幅を広げたいということでしたので、もちろん埋没法の適応は十分にありましたし、どれくらい腫れるとか内出血等々、多少のリスク(埋没には取り返しのつかないリスクはほぼありませんが、何回も繰り返しているといろいろおきて来ます^^;)もご理解いただけたようでしたので、手術をお受けすることにしました。

 施術の直前彼女の口から、「先生、学割とかってないんですよね?」

 私は「そうですね、うちでは残念ながらそういう制度はとってないんです。でも、どうしてですか?」と答えつつ、30歳で学生さんをやれるのはむしろ贅沢なんじゃないかなあ、なんてちょっぴり心の中で思っていました。

 彼女は「私、●●っていう目の病気で、盲学校へ通っているんです。」

 一瞬、私は言葉を失ってしまいました。●●は原因不明の難病で、少しずつ、でも確実に視力がほぼゼロになっていく、しかも治療法がまったくない病気だったからです。失明していくにあたり、準備のために点字等勉強に通っていたのですね。

 さらに彼女は続けて「今はまだ近くは見えますし、お化粧もできるのですが、そのうちほとんど見えなくなってしまうので、何もしなくても(お化粧ができなくなっても)少しでも綺麗でいられたらと思って、今のうちに手術をしておきたいんです。」

 彼女の事情も知らずに、学割なんて贅沢だ、と思った自分を非常に恥じたと同時に、彼女の切ない女心を考えると、私はこの人にどうしてあげたらいいんだろう、と思い、看護師さんたちが準備を整えている間の数分間、非常に悩みました。情けない話、手は震えてくるし、涙も出てくるし、簡単な手術ではあるものの、施術自体できるかな?と、自分の震える手をみて悩みました。手が震えるなんてことは私はめったにないのですが。。。

 自分で自分を抑えつつ、「私は美容外科医なんだ。」と、何度も頭の中で唱えました。そう、私は彼女の保護者でも、友人でもなく、医療の助けを求めてこられた美容外科医なんです。これから私が彼女の面倒を見てあげられるわけでもないし、唯一私が彼女にやってあげられるのは、彼女の切ない気持ちと必死にかき集めてきたであろう金額に対し、少なくとも恥じない仕事をすることなんだ、と思いなおして必死に自分の気持ちを切り替え、御代をいただいて手術をさせてもらいました。

 後にも先にも、これだけ冷や汗をかいた埋没法はありませんでした(苦笑)。。。

 技術を売る、しかも相手は生身の人間で、医師免許がなければ手術、つまり人を切るのは犯罪です。我ながら因果な商売です。

 研修医時代、一年救命救急センターにいたときには、あらゆる人(多分1000人に近いと思います)の死に直面してきました。もちろん、形成外科医になってからも悪性腫瘍等で亡くなられる患者さんを目の当たりにしてきました。

 それも苦しかったですが、相手が元気でしかも綺麗になることを求められること、これが美容外科医の仕事であり宿命です。しかも軟部組織は時にわれわれ外科医の言うことを聞いてくれません。特に修正などは、瘢痕組織のためにさらにわれわれの言うことを聞いてくれなくなります。もちろん、手術結果にお互い首をかしげることもあり、修正をさせていただいたり(私もプロなので、取り返しのつかない失敗はしたことがありませんが)、当然ですが、もう一度苦痛を味あわせなければいけないこともときにあります。
もともと、手術は魔法ではないので患者さんのご希望に添えないこともあります。きちんとカウンセリング時にご希望を汲み取ってあげられなくて、施術は成功だけど患者さんにとっては不本意、ということもあります(ですのでなるべくカウンセリングには時間をかけることにしているのですが)。

 こういう時の患者さんの悲しむ姿を見たときの敗北感は言いようもないのですが、ただ、ぴたっと決まったときの喜びと患者さんの笑顔は他の科では味わえない醍醐味があります。自分が施術をした患者さん(失礼ながら作品)へのなんと言ったらいいか、愛着(?)は、美容外科医・形成外科医ならではでしょう。

 で、その醍醐味率を限りなく高いものにするために、日々努力をします。本来なまけものの私が努力ができるのは、この分野だけかもしれません(笑)。

 どうか、あの方(おそらく今はほぼ全盲に近いのではないかと思われます)の埋没が取れていませんように。「私はお化粧をしなくても、綺麗なのよ」、と自信をもって生活をしていただけていれば、美容外科医にとってこれほど冥利に尽きることはありません。
 

投稿者 y.mitoma : 15:18

2008年04月20日

AROUND 40

昨日はかなり広範囲の刺青を除去し、植皮といって他から皮膚を植えてくるという手術を、黙々と長時間やっておりました。

 刺青はレーザーで薄くしていくか、切除しかありません。
 切除も ①単純切除 ②何回かに分けて切除 ③皮弁という皮膚を入れ替えて何とか傷を覆う方法 ④それでもだめなら植皮、という順番で考えていきます。

 手術は埼玉医大の高橋が術者で、東大から医局の後輩が手伝いに来てくれて、それに直接介助・間接介助のナースを合わせ、本当に黙々と単純作業をやっていました。それでも、終了がすごく遅くなったので、みんなで久々に飲みにいったのですが、大学の状況を聞けたり、いろいろ楽しかったです。

 で、中でもかなり笑えたのが、医局の後輩が、「AROUND 40って、いうドラマ始まったの知ってますか?あれって、先生そのものですよね(^^)。」 私、「。。。そうだねぇ。。。」

 先週から始まったドラマですが、うちの母が、その予告をみて、「葉子(私のことです)!このドラマ、貴女のこといってるわよ、是非見なさい!」

 で、見たら確かに。。。自分でもちょっとそうだなぁ、と思っていたら、医局の後輩やスタッフからも笑われたので、本当にそうなんだと思います(ToT)。

 「私って不幸だったの?」って、感じですが、「仕事は捨てられないし、誇りをもっている」のも確かなので、是非このドラマがハッピーエンドで終わってくれることを願っています(^^)。アーメン。

投稿者 y.mitoma : 11:56

2008年04月18日

ちなみに(^^;)、、、

 目頭の傷の修正(凹凸をレーザーでなるべく平らにしたり、ぼかしたり等々)も行っておりますが、なんといっても、個々の状態とご希望がわからないとアドバイスの仕様がありません。
 修正ご希望の方は是非一度、カウンセリングは無料となっておりますので、お電話にてご予約の上診察においでくださいm(_ _)m。なにとぞよろしくお願い申し上げます。

投稿者 y.mitoma : 14:46

目頭切開の修正(逆Z法)末広

 目頭切開や眼瞼下垂、そしてその修正が多く、なかでもリクエストの多いのが、他院ではあまり行われていない目頭切開の修正です。今回は、二重の幅を考え、末広の二重になるよう、また、目の幅と目と目の距離のバランスを考え、何度ものカウンセリングの上、2ミリちょっとずつ戻しました。36ミリという目頭間距離になっており、この方には美的には、適正かと思います。

 お写真は術前、一月後、術直後と並んでいます。順調な経過ですし、やさしくかっこよくなっていくと思うのですが、患者さんも術前の話あいの通りの結果になっているので、手術としては成功だけど、もしかしたらもう少し戻したいかも、、、といっておられて、悩ましいところです(^^;;)。
 傷はまだ赤く盛り上がっていきますが、3-6ヶ月でかなり目立たなくなっていきそうです。

目頭切開男性.jpg


 どうしても(患者さんのお顔は患者さんご自身が一生おつきあいしていくものですし、あまりこちらの主観がはいるのもかんがえものです。が、第三者から見て明らかに変な目をつくるのもはばかられるので、たまに悩んでしまいます)、ということでしたら半年を待って微調節をいたしますが、あれだけお時間をとって戻し幅も決めたのですし、バランス的にはベストに近い状態に仕上がっていくと思いますので、少々、見慣れる努力をしてみてください、とお話しました。

 そのうち、この方の経過や、平行を保ったままの修正、さらに他の方法での修正等、アップしていきますので、修正をお考えのかたは、こんな感じが好み、等具体的にイメージを伝える参考にしていただけますと幸いです。

 もちろん、この修正ばっかりやっているいるわけではないので、患者さんたちのご協力をえつつ、美容外科・美容皮膚科部門でさまざまに参考になるブログを作っていけたらと考えておりますので、ご協力いただける方がいらっしゃいましたら、診察時におっしゃってください。

投稿者 y.mitoma : 14:15

2008年04月17日

耳つくりの本

 二年前までは、東大の耳鼻科の加我(かが)教授と形成外科の朝戸(あさと)助教授がお互いくんで、耳つくり(小耳症という耳が小さいかほとんどなくて生まれてくる病気の治療です)チームを結成していました。このときまでは私も毎週東大病院で手術をお手伝いしていました。

 今では、耳鼻科の教授はある総合病院の耳鼻科の教授になられ、形成外科の助教授は独協医大の教授になられたので、その耳つくりチームは栃木県にうつり、で、まったく同じ体制で行われています。私は(耳作りチームといっても、もちろんそれ以外の手術もたくさんありましたが)当時から朝戸チームにおり、今でも一月に1回程度、手術にいっているので(教授職は会議やら雑用やらで、本当に大変のようです。私は教授にそういうお時間を提供するためにいっているようなものですね^^)確かに今でも耳チームなのですが。。。

 耳鼻科と形成外科が組んで小耳症という先天奇形に取り組んでいる施設は他にあまりないので、本を出そうということになりました。で、それはもちろんいいのですが、「君も原稿書いてね(^^)」と、親分(朝戸教授と加我教授)ににっこりといわれ、ブルーです(T0T)。。。私は手を動かす(手術)のはすきだし、どこにでも行きますけど、文章や論文等をかくのは限りなく苦手なんだよぉ(;;)、と心で叫んでみましたが、抵抗できなさそうでした。がっくり(_ _)。

 でも、あるきちんとした仕事を学問にして、後世に伝えるというのは非常に大切なことですよね(^^)。たくさんの形成外科や耳鼻科の先生方に読んでいただいて、是非勉強になるような本(もちろん、世界でトップクラスの両親分が原則執筆者兼監修を務めるので、かなりのレベルの本になると思います)つくりに参加できることを、光栄に思います(^^)。でも、ちょっとつらい。来月は美容外科学会の座長や発表もあるのに。。。

 が、やるしかありません。がんばります!

投稿者 y.mitoma : 16:40

2008年04月12日

エラ削り1ヵ月後

 本日はエラ削りの患者さんのご紹介です(^^)。
お写真は上段から術前、術後一月、術後一週間と並んでいます。一週間のお写真をみると骨系はやはりダウンタイムがかかりますね。1-2週間はお休みがほしいところです。

 まだ一月ですので、もっともっとしまっていきます。最終的な完成には半年かかります(^^)。

 が、えらがとれるとやさしい雰囲気になりますね。このかたは、顎の正中のすぐ横からエラの部分の骨を削っていってますので、術後かなりしびれが強いと思いますが、顎からつながるラインを大事に削っていきましたので、もう少しがんばってください(^^)。ただ、一番つらいところは過ぎましたね。お疲れ様でした。エラの左右さもかなり減っていると思います。

 ちなみにえら削りは、運動神経麻痺は出ませんが、唇の感覚をつかさどる神経をいじることが多いので、かなり顎に近いところからエラを落としてくる場合にはどうしてもこの感覚神経をいじるために、術後数ヶ月感覚の痺れがでます。この方の場合には特に左のほうが張っていたので、ひだりの症状がつよいです。エラの角を少しだけ落としたい場合には症状がでないか、経度ですむのですが。。。

エラ削り1M.jpg

投稿者 y.mitoma : 16:38

2008年04月05日

しみの治療ー雀卵斑(そばかす)

俗に言う、そばかすの治療ですが、いくつか選択肢が考えられます。
①Qスイッチ系(強い)のレーザーで一つ一つしみを焼いていく方法
②トレチノイン等の軟膏治療を行う方法
③フォトフェイシャルやそれに準じた機械を用いて、徐々に薄くしていく方法

①や②は確実な方法であるのですが、①ですとテープを貼らなければいけなかったり、その後、今あるそばかすは治療できてもレーザーを当てたことによるしみ(炎症後色素沈着といいます)が一時的に出るなど、患者さんの負担は結構大変です。②も、治療中は結構広い範囲が赤く皮がむけているので、お化粧はできるのですが、少々つらいです。

そこで当院ではそばかすの治療に関しては、数がたくさんあるので、①、②の方法の前に、フォトフェイシャルより黒に特化した脱毛のレーザーを使って(といっても通常の出力の2-3倍を用いますが)、徐々に薄くしていく方法をとっています。これですと、テープも貼らなくていいですし、患者さんのご負担があらゆる意味で非常に少ないので。

 ただ、欠点は一度ですべて取れるわけではない、ということです。三回治療後の写真をご紹介しますが、かなり取れたり薄くなってはいるものの、すべてがなくなっているわけではありません。このレーザーはフォトフェイシャルよりはずっと黒への特異度がたかく、こうしたぱらぱらとあるそばかすや老人性の色素斑には非常に高価を示しますが、このレーザーを五回やって取れないものはそれ以上はこの方法では厳しいので、さらにこだわる方は①や②の治療に移っていきます。それでも、数が圧倒的に減っているので、非常に楽なようです。

 お顔のシミはレーザーとトレチノイン軟膏の組み合わせにより、ほぼすべてのものが治療可能になっています。ただ、フォトフェイシャルをはじめ、当院の(レーザーフェイシャルとでもいいましょうか)こういった治療は、肝斑があるとそれを悪化させる可能があります。きちんとしみの診断をしてもらったうえで、是非治療に挑戦してみてはいかがでしょうか?ちなみにお写真はそばかすレーザーを一月に一度三回目を行い、一月が経過した状況です。

そばかすジェントルレース3回.jpg

投稿者 y.mitoma : 11:18