« 2008年07月 | メイン | 2008年09月 »

2008年08月31日

過大重瞼(広すぎる二重瞼)修正経過

 八月も最後の日になりました(^^)。夏休みシーズンがひと段落して、本日はのんびりムードの当院です。本日は過大重瞼(広すぎる二重瞼)の修正のご紹介です。

 実はこの患者さんは術前のお写真で、二本の二重の線がついていると思いますが、他院ではじめその二本の切開線の上のほうの二重手術をお受けになりました。まったく気に入っていないわけではなかったようですが、少し二重の幅が広すぎるような気がしたために、二重の幅を狭めたいというご希望で一度同じクリニックにて修正を受けられました。いわゆるこれも過大重瞼の修正です。
 ただ、この術式は当時の二重の下に新たな切開線をつけ、上方にあった二重の癒着をはずす、という術式だったようで、結果、下のほうに切開線はついたものの、上方の癒着をはずすことができず、下のほうに傷(切開線)がついただけで、開眼時のラインは癒着の残った上方のラインのままでかわらずということになってしまいました。

過大重瞼術前閉眼.jpg

 術式のストラテジーは正しいですし、しいていえば左目(向かって右側)の上方のラインはかなり薄くなっているものの、左右どちらも上方の二重ラインの癒着はそのままになってしまっています。
実際問題として、そのライン上で少しでも癒着ラインが残ってしまうと(すべて癒着をはずすのは通常不可能です)この方法はこのように失敗に終わってしまうので、当院では広すぎる二重の修正では、上方の切開ラインから希望ラインの間の皮膚を切除し、上方の癒着を下方に下げてくる方法を通常とっています。

 お写真は向かって左が開眼時、右が閉瞼時となっており、それぞれ上から、術前、術後一週間、術後一月、術後二月の順に並んでいます。二月の声をきくと傷も赤からピンクになり、だいぶ開眼時も自然になってきます。また、経過をご報告しますね(^^)。

過大重瞼経過.jpg

投稿者 y.mitoma : 13:02

2008年08月23日

目頭切開+埋没法 術後7日

先日の方の抜糸時一週間後のお写真です。
 まだ、腫れていますが、完成のイメージに少し近づいてきました。よくも悪くも(適正に目頭を切った方にとっては「よく」ですね。修正にこられる方にとっては「悪く」ですが^^;)ほりが深くなったかんじがしますね(^^)。

目頭切開埋没術前術後7日.jpg

投稿者 y.mitoma : 15:31

2008年08月15日

目頭切開+埋没法

本日は目頭切開+埋没法(フルモニターさん)の患者さんのご紹介です(^^)。

 まず、ある程度の埋没のデザインを考慮しつつ、目頭切開の施術を行います。その後、解除された蒙古ヒダにあわせて細かくデザインをしなおし、埋没法を行いました。術前と術直後の写真です。

 他院で切開法の二重をされているのですが、左右差があるのと、切開二重が効いていないので、二重を作り直しました。直後で目頭切開の局所麻酔のため、目頭側の二重の幅が妙に広いですが、かなり雰囲気が違ってくるのがわかると思います。これは二重形成もですが、目頭切開(それでもほんの1.5ミ程度ずつしか切っていません!)の影響が大きいです。目頭切開は適応とご希望を選び適切に行うと非常に洗練された印象をうけるよい施術ですが、特有のアジア人らしさをある意味失うことになるため、思ったよりふけた印象・怖い印象になった、と修正にこられる方が後を絶ちません。。。

 今回はお顔全体の雰囲気を出していただけるフルモニターさんにご協力いただき、目頭切開がいかに微妙でも効果あるかを見ていただきました。また、経過をご報告したいと思います。
目頭切開埋没術前術直後.jpg

投稿者 y.mitoma : 18:51

2008年08月07日

裏ハムラ法+ミッドフェイスリフト

術後半年のお写真です。唇の横辺りのたるみもなんだかすっきりしていると思います(^^)。

 こういうタイプは脱脂では非常に矯正が困難なので、ハムラが威力を発揮します。それにしても、毎日オペ三昧です。夏ですね。。。

seハムラ6m.jpg

投稿者 y.mitoma : 18:08

2008年08月01日

メールのお返事

最近たくさんのメールでの質問をいただいています。

 通常2-3日ですべての質問にご返信させていただいておりますが、中には何かのトラブルでこちらに届いていなかったり、もしくはメールアドレスの不備や携帯メールですと拒否されたりすることもあり、ご返信できないケースがあります。一週間を超えてメールの返信がない場合には何かのトラブルが起きていることが考えられます。そういう場合には一度お電話いただけますと非常に助かります。

 当院では10時から20時まで年中無休でお電話を受け付けておりますので、なにとぞよろしくお願い申し上げますm(_ _)m。

投稿者 y.mitoma : 18:11