« 2008年10月 | メイン | 2008年12月 »

2008年11月28日

鼻中隔延長

 最近流行り(?!)の鼻中隔延長術。医局の先輩、菅原先生(知る人ぞ知る骨きりの大家です!美容も手がけますが、手先が器用でセンスがとってもいい)をして、この施術をするようになってから、鼻の綺麗という概念がかわったよ、といわしめた施術です。また、浜崎あゆみさんはじめ「矢印のような鼻」が流行ったこともこの施術が増えている理由でしょうか。

 通常鼻中隔延長術をおこなう方は、それ以外の施術(鼻プロテーゼ、鼻翼縮小等々)も同時に行うことがおおいのですが、この方はまず鼻中隔延長術のみをやって様子を見たいということでしたので、この施術単独で行った際の特徴が非常にわかりやすいかとおもいます。鼻孔の間の鼻柱という組織が下に出て、鼻先が下に向くようになります。

 鼻先の皮膚は非常にかたく、あまりのびず、人工物(L型のプロテーゼ等)で、鼻先を高くしたり、伸ばしたりしようとすると非常にトラブルの多いところです。このために、この施術には、しっかりとした支持組織がひつようで、主には耳介軟骨、鼻中隔軟骨、肋軟骨等が用いられます。今回はかなり鼻の先端が上を向いているタイプなので、肋軟骨(乳房の下に3センチ程度の傷ができます)を使用させていただきました。このケースでは鼻先は約6ミリ下に下がっています。これ以上は皮膚や鼻の粘膜の関係できびしかったです(^^;)。

 この施術は、しっかりとした支持組織が鼻柱にはいるために、鼻のさきが固くなります。また、長期の合併症としては、支持組織が徐々には吸収されてくるので、若干鼻のゆがみがでたりする可能性もあり、支持組織をしっかりと固定すること、過度にやりすぎないことなどの注意が必要でしょうか。

 さて、もう少し全体の形を整えたいというとどういう施術があるか、ということですが、好みによって薄いプロテーゼを鼻筋に積んでシャープさを出したり(高さを変えたくなければ骨きりで幅寄せをしてもいいかもしれません)、鼻翼を若干倒したりするのがよいでしょうか。もう少しマニアックにがんばるとすれば、鼻の穴のふちを延長したりしてこないといけないかもしれません。ただ、この施術は結果が意外と安定しないので、美容目的の施術としてはどうかな、と個人的にはおもっています。

鼻中延長.jpg

投稿者 y.mitoma : 15:17

2008年11月18日

お知らせ

 ただいまの時点で昨日午前中までのメールのお返事が完了いたしました。
 なるべくもれなくお返事を差し上げているつもりではございますが、17日付の午前中までにメールでのお問い合わせをされている方で、お返事が現時点でお返事が届いていない方は、何かのトラブルが考えられますので、大変お手数ではありますが、もう一度メールをいただくか、お急ぎの場合にはお電話(03-3580-7820)をいただけますと大変恐縮でございます。

 ちなみに26から30日は大き目の施術がかなりうまっており、特に26日、27日は2時間以上の施術はお受けするのが難しい状態です。年末施術をお考えのかたは、特にお早めにお願いいたします。術後の診察、点滴、注射類はまったく問題ございませんので、ご安心ください。

投稿者 y.mitoma : 16:04

裏ハムラ+ミッドフェイスリフト 術後半年

 フルモニターさんの術後半年の写真がそろいましたので、紹介します(^^)。ミッドフェイスリフトがよく効いています。しばらく、この施術のアップが目下の仕事になりそうな私でした。。。

 皆さんは年末はどう過ごされますか(^^)?私は例年クリスマスはなく、年末は手術三昧、年始はのんびりというパターンにやはりなりそうです。

 ちなみに左が術前、右が術後半年です。全ての施術が半年でおよそ完成といってよろしいかとおもいます。逆に半年まではまってみないと結果はわからないものです。もちろん、一年近くかかる方もいらっしゃいます(他の人が気づくほどの変化ではないのですが)。

ハムラ6M目元.jpg
ハムラ6M正面.jpg
ハムラ6M斜.jpg

投稿者 y.mitoma : 15:56

2008年11月14日

ちりめんジワの治療

 つい先日まで、イタリアの方へちょっと出張に行ってきました。メールのご相談等、遅れまして皆様にもご迷惑をおかけいたしましたが、これから2-3日で必ずお返事いたしますので、もう少々お待ちくださいね(^^)。ユーロが安くてちょっと得をした気分でしたが、やはり食は日本のほうがぐっとおいしいですね。私が日本人だからかもしれませんが。

 出張のちょっと前にスタッフに手術をしたりしたので、毎日経過をみれて私も楽しい(どきどき?!)日々を送っています。スタッフも「患者さんの気持ちがわかりますー」、といっていました。非常にカモフラージュにはよいめがねをかけていて、ぱっと見た目にはわからないかんじで、すでに出勤しています。患者さんの鏡です(^^)。スタッフを(身内を)切るというのは、手術になれたわれわれでもちょっと緊張しますが、術者に選んでいただいて私自身は非常に光栄におもっています。外科医にとってこれ以上の名誉はないですよね。いつも私の施術と結果を見ているのですから。

 実はこのスタッフにさらに協力してもらって、眼の下のちりめんジワのレーザーをトライアルしています。今のところとってもよい経過を得ています。患者さんにも好評ですが、できれば数回試してみてお写真もアップしていけたらとおもいます。手術では(これは表ハムラになりますが)皮膚の大きなたるみはとれるものの、ちりめんジワは難しく、かといって他にこれといった治療法もなく、美容外科業界では眼の下(実は眼の上もですが)のちりめんジワの治療は目下の課題です。よい結果が出て発表等できるといいなとおもっております。私もやったらご紹介しますね(^^)!私は絶対やります。

 ただ、眼のふちだけに自分ではできないので、百澤先生にお願いしようっと。

投稿者 y.mitoma : 13:34