« 2014年10月 | メイン | 2014年12月 »

2014年11月27日

CRF豊胸(大腿外側から脂肪採取3か月)

bustup_crf_00_031781_ba3m_01_1.jpg
bustup_crf_00_031781_ba3m_06_1.jpg

投稿者 y.mitoma : 18:39 | コメント (0)

CRF豊胸(腰、ウエストから脂肪採取3か月)

bustup_crf_00_26597_ba3m_01_1.jpg
bustup_crf_15_26597_ba3m_06_1.jpg

投稿者 y.mitoma : 18:33 | コメント (0)

CRF豊胸(腰・ウエストと、大腿外側から脂肪採取)

まだひと月で左乳輪の下に脂肪注入時にこすった色素沈着がありますが、これは必ず治っていきます。

ウエストと、大腿の外の張りも解消してぐっとグラマーな印象になりました。

bustup_crf_00_26457_ba2m_01_1.jpg
bustup_crf_00_26457_ba2m_02_1.jpg

投稿者 y.mitoma : 18:30 | コメント (0)

CRF豊胸(脂肪採取部大腿部・ひざ)

bustup_crf_00_26391_ba6m_03_1.jpg
bustup_crf_00_26391_ba6m_06_1.jpg
候補3.jpg

投稿者 y.mitoma : 17:00 | コメント (0)

鼻中隔延長+鼻プロテーゼ入れ替え

 本日はお鼻の他院での修正の方です。
鼻プロテーゼを適切な高さに入れ替えて、鼻中隔を、鼻先が前と下に向くように延長しました。
鼻中隔延長の手術だけは、(あと、内部がどうなっているかわからない難しそうな修正手術)オープン法と言って、皮膚切開のアプローチを鼻の穴だけでなくそれをつなげて鼻柱も切らせていただいています。鼻中隔延長は繊細な操作が必要なのと、非常に長期でゆがみが出てきたり、ということもあるので、なるべく正確に手術を行うためです。鼻中隔延長は鼻尖形成も必ず伴うので、鼻の丸い感じもよくなったと思います。
 実はトラコンハムラとミッドフェイスリフトもやっています(^^)。クマもすっきりして、法令線の上のぽてっとしたお肉も上に上がっていると思います。
 お写真はすべて術前と術後半年のものです。
tarumi_TH+ML+NP+N入替_00_23956_ba6m_01_0.jpg
tarumi_TH+ML+NP+N入替_00_23956_ba6m_03_0.jpg
tarumi_TH+ML+NP+N入替_00_23956_ba6m_06_0.jpg

投稿者 y.mitoma : 16:49

眼瞼下垂・目頭切開・目じり切開・たれ目形成6か月

イセアクリニック総力をあげてでか目をつくろうモニターさんの仕上がりができました。(^^)
以前、一月半のお写真をご紹介した方です。
上段のお写真は術前、術後半年です。
ちなみに下の段のお写真は術前、術後3.5か月、半年です。
やはり、結果が出るには手術は半年かかりますね。
eye AD+GK+Awi+TRK+Aout_00_030533_ba6m_01.jpg
eye AD+GK+Awi+TRK+Aout_00_030533_before-6m_01.jpg

投稿者 y.mitoma : 16:42

ミッドフェイスリフトの重要性4(トラコンハムラ時)

30代半ばの患者様です
皮膚が薄いので、青クマが残ってますが、ヨーク見ていただくと、やはり法令線の上のお肉が上がって、クマのへこみの矯正に役に立っているのがお分かりになると思います。(^^)
tarumi_THL+ML_00_26281_ba3m_01_0.jpg
tarumi_THL+ML_00_26281_ba3m_03_0.jpg

投稿者 y.mitoma : 16:36

2014年11月16日

ミッドフェイスリフトの重要性3(トラコンハムラ時)

今日は比較的時間があり、もうお一方(^^)
この方も30歳ちょっとです。
ミッドフェイスリフトをしなくていいのは、20代前半で皮膚のあつい、クマの膨れたタイプの方(へこみは一切ない方)だけと思っています。
tarumi_TH+MID_00_24319_ba6m_01_0.jpg
tarumi_TH+MID_00_24319_ba6m_03_2.jpg

投稿者 y.mitoma : 14:17

ミッドフェイスリフトの重要性5(トラコンハムラ時)

この方は50台なので、ミッドフェイスリフトの効果は絶大ですね。
法令線だけでなく、フェイスラインもひきしまっているのがお分かりかと思います。
tarumi_TH+MID_00_22482_ba3m_01_0.jpg
tarumi_TH+MID_00_22482_ba3m_03_0.jpg

投稿者 y.mitoma : 14:13

ミッドフェイスリフトの重要性2(トラコンハムラ時)

この方も、まだまだ三十代前半ですが、特に斜めから見ると、凹凸のクマがひどい方は、クマの下の部分(我々はナゾジャガールグルーブといいます)にボリュームかないのがわかります。
ミッドフェイスリフトの併用が非常に効果的であるのが非常によくわかる良い症例と思います。
さて、年末のご予約が立て込んでまいりました。特に12/26-30に手術をお考えの方はかなり埋まってきておりますので、まずは早めにカウンセリングにお越しください。

tarumi_TH+MID_00_13438_ba_01_0.jpg
tarumi_TH+MID_00_13438_ba_03_0.jpg

投稿者 y.mitoma : 14:09

ミッドフェイスリフトの重要性(トラコンハムラ時)

 さて、トラコンハムラとミッドフェイスリフト、術前と術後半年のお写真です。
患者様は約30歳です。
 現在まで、眼窩脂肪をいかに温存するかが大切なことをお話してきましたが、
それと同時にミッドフェイスリフトの重要性もお伝えしたいと思います。
 もともと影くまの目立つ方は、目を閉じる筋肉がくまの凹みの部分に強めについていることが多いので、目の下のふくらみの直下は非常にボリュームが足りないのです。
 また、もちろん、目頭のへこみのところもボリュームも少ないものです。
 これをより補い、法令線まで解決するのがミッドフェイスリフトです。
当院では、非常に強めの(とける糸ですが)糸で、がっちりとミッドフェイスリフトを行います。
ただ、これは下手にやるとゴルゴライン(ミッドチークライン)をより目立たせてしまうので、
コツというか技術が必要で、術者に自信がないと、ミッドフェイスリフトはほとんど効果がないということになってしまいます。
特にななめ、横でほほがあがり、若返っている感じがお分かりになるでしょうか?
また、表から皮膚を切ったアプローチではこんなにくまの凹凸の矯正もできませんし、
まして、ミッドフェイスリフトなんて目の下の外反が怖くてできません。
経結膜法だからこそできることです。
tarumi_TH+MID_00_10480_ba6m_01_0.jpg
tarumi_TH+MID_00_10480_ba6m_03_0.jpg
tarumi_TH+MID_00_10480_ba6m_02_0.jpg

投稿者 y.mitoma : 12:09