« 2014年11月 | メイン | 2015年09月 »

2014年12月10日

眼瞼下垂

眼瞼下垂の方のお写真です。
術後一月なのでまだちょっともったりしてますが、もう少しあいてくると思われます。
やはり目がパッチリあくと若々しい印象になりますね。
くぼみ目も改善しています。
ganken_GK_00_28833_ba1m_01_1.jpg

投稿者 y.mitoma : 18:38

2014年12月08日

CRF二回目

CRF二回目.jpg

投稿者 y.mitoma : 19:31 | コメント (0)

鼻翼縮小と鼻翼幅寄せ

 今回は鼻翼縮小と鼻翼幅寄せです。
 この方は非常に他のお鼻の形はいいので、鼻翼さえ直せば、、、という非常に我々外科医の手術意欲を掻き立てる方です。
鼻翼縮小はわたくしはよほどのことがない限り、外側法は傷が汚くなるので、行いません(もちろんゼロではありません)。
 ですので、内側というか鼻翼の基部に傷を入れさせていただいて、鼻翼を倒すようにするだけの方と、この方のように鼻翼自体の横幅を狭めたい場合には、鼻翼の余った皮膚を用いて、これを鼻の鼻柱部のほうへ入れ込み固定して、(フラップ法とか勝手に呼んでいますが)鼻翼自体の幅が小さくなるようにします。
 術前と術後一年のお写真ですが、適度に鼻翼が縮小され、幅寄せも戻りも少なく、かっこよくなっていると思います。
 鼻翼縮小のみなら特に問題ありませんが、幅寄せも一緒に行うと、初めの1月は多少幅が狭すぎるような感じがすることがあったり、笑いにくいです。同時にするかどうかは、患者さんのお鼻の状態をみて決めていきます。あまりに鼻の皮膚の暑い方で鼻先も丸い方だと、幅寄せをするとかえってお鼻の形を悪くすることになるからです。
nose_nw_00_26355_ba1y1m_01_0.jpg
nose_nw_00_26355_ba1y1m_03_0.jpg
nose_nw_00_26355_ba1y1m_06_0.jpg

投稿者 y.mitoma : 14:43