« 2009年02月 | メイン | 2009年05月 »

2009年03月25日

SRS

さて、わたしの大学での仕事の一つであるGIDの手術治療ですが、先週のジェンダー医療推進会議で、“埼玉医科大学総合医療センター形成外科におけるGID治療の本格再開”を近日中に実現することでコンセンサスが得られました。今後は、私が中心となって、GIDの形成外科治療を行っていきます。

ここ半年ほどの間、FTMの乳房切除術のみ行うという、中途半端なGID治療を行ってきたわけですが、そろそろ、“やるなら、やるで本格再開する”という時期がきたと、私は思っています。
実際には、いまだ、SRS手術の値段が決まっていないなど問題も残っているのですが、再開すると決めてしまえば、事務側も動いてくれるでしょう。
今後は、実際のジェンダークリニック診療を行っている当大学附属の川越クリニックに毎週火曜日にGID治療の形成外科外来診療を開始する予定です(具体的日時はまだ未定)。
そうすることで、今までは、川越クリニックのジェンダークリニック通院中の患者様で手術の希望がある場合に、何度も、総合医療センターと川越クリニックを行ったり来たりしてもらうという煩わしさを改善できると考えられます。

具体的な、診療状況については、今後随時お知らせしていきます。

投稿者 momosawa : 13:28

スポーツ

こんにちは、

昨日のWBC 韓国戦には、大変感動しました。
昨日は、埼玉医科大学総合医療センターで勤務の日で、私の手術日でした。
1例目の患者様の手術が終わって、部屋に戻りネットで確認したところ、いい場面で、しばらくネットで現況を見守っていたのですが、10回の場面では、我慢できずに、病棟のテレビをみに行ってしまいました。患者様達にまじって、イチロー選手の世紀のタイムリーヒットを映像で見ることができました。あの緊張する場面で、ヒットを打てるんだからさすがです。

スポーツといえば、私は父の影響で小学校時代には野球をしていたのですが、中学入学からはこれまた父の薦めで、ソフトテニスをしてきました。大学を卒業するまで続けました。一昨年より、娘がジュニアのテニスクラブに入りソフトテニスをはじめたのをきっかけに、私もコーチとしてテニス活動を再開しました。最近では、休みの週末はほとんどテニスをしています。平日の夜練もあり、可能な範囲で参加しています。自分の子供のみならず、人んちのこども相手にも、“もっと、気合い入れろ!!、もっと、声出せ!!”とか、言っています。
週末は、体動かして、なかなかいいストレス発散になっています。

投稿者 momosawa : 13:11

2009年03月07日

GID

私の近況や美容外科以外の仕事などについても、記していきたいと思います。

私は、現在、埼玉医科大学総合医療センターという、埼玉医科大学系列の大学病院に勤務しております。本センターは、形成外科・美容外科を標榜しているにもかかわらず、保険の関係で美容外科の全身麻酔の手術が行えませんので、実際には、ほとんど本当の美容外科の診療は行っておりません。
そもそも、総勢9人の医師が勤務しておりますが、外傷、熱傷、皮膚腫瘍などの一般形成外科診療で手一杯なので、正直なところ、美容外科治療を行っている余裕はありません。
なので、あえて美容外科の保険を整備して、美容外科診療を本格開始する必要がないともいえます。
一方、当科(埼玉医科大学総合医療センター形成外科・美容外科)は、前任の原科孝雄教授時代に日本に先駆けてはじめた性同一性障害患者に対する性転換手術で有名なのです。
私が、一昨年(平成19年7月)に赴任した際には、すでに性転換手術、一旦休止状態に入っていたのですが、
いろいろな、問題が解決され、昨年夏ごろまずは、女性から男性への性転換手術の1つである、乳房切除術から再開しました。現在では、ほぼ毎週、乳房切除の手術が実施されております。

性同一性障害は、最近では、テレビドラマやコミックなどでも取り上げられ、広く知られるようになってきました。Gender Indentity Disorderの略でGIDと呼ばれます。ちなみに、性転換手術というのは正式な呼び方ではなく、Sex Reassignment Surgeryを略してSRS、性別適合手術と呼はれます。

大学病院では、主に戸籍を変更するために必要なSRS手術を行っていくことになりますが、GIDの患者様の悩みはそれだけでは終わらないはずです。
それ以後の人生を、女性あるいは男性として生きていくために、
女らしくあるいは男らしくなるために、
例えば、
・男顔を女顔にする、あるいはその反対
・ウエストラインを形成する
・乳房の形成  など
私の持っている形成外科と美容外科の知識と技術をフル活用して行きたいと思っています。
百澤 明
akira@momosawa.org

投稿者 momosawa : 15:06